仮想通貨の半減期一覧!仮想通貨の価格は高騰は確実?【2018年】

半減期は仮想通貨が高騰しやすいタイミングでもあります。せっかくなら2018年以降に半減期を迎える仮想通貨を一覧で一気にチェックしたいですよね。この記事では2018年以降に半減期を迎える、高騰しそうな仮想通貨を一覧にして一気にご紹介します!

仮想通貨の半減期一覧!仮想通貨の価格は高騰は確実?【2018年】のイメージ

目次

  1. 12018年以降に半減期を迎える仮想通貨一覧!半減期について確認しよう
  2. 2そもそも半減期って何?
  3. 3仮想通貨に半減期が設定されている理由
  4. 42018年に予想される仮想通貨の半減期一覧
  5. 5半減期は価格が高騰する?
  6. 6半減期がない仮想通貨もある!?
  7. 7仮想通貨の半減期は高騰のチャンス!早めに購入しよう!
  8. 8仮想通貨の半減期一覧まとめ
LINEで情報をゲット!
仮想通貨関連の注目サービスや海外ニュース、その他投資情報を配信!!


仮想通貨最新ニュース btcfeed line@

当サイトで人気の仮想通貨取引所ランキング!
まだ一つしか取引所を持っていない人は必ず複数に登録をして安全に取引をしましょう!
【1位】bitFlyer(ビットフライヤー)

ビットコイン取引量、国内ユーザー数が日本一の信頼できる取引所!

【2位】GMOコイン

初心者の人に1番おすすめ!簡単に取引ができて、しかも手数料も超お得!

【当サイトで今一番人気!】QUOINEX

人気のリップルとネムを両方を日本で唯一現物取引できる取引所!注目のQASHも取引できる!

【今大注目!】DMM Bitcoin

日本で世界で注目のアルトコインを唯一レバレッジ取引できる大注目の取引所!

※【注意】絶対に複数取引所に登録して資産を分散しておきましょう!資産を失うリスクがあります!

2018年以降に半減期を迎える仮想通貨一覧!半減期について確認しよう

皆さんは半減期という単語を聞いたことがありますか?

ビットコインやそれに準じるシステムを採用している仮想通貨の多くには半減期というものがあります。この半減期は価格が高騰しやすいため、利益を出したい場合は半減期を狙って購入するのがベストです。

この記事では、まず半減期とは何かを確認した後、2018年以降に半減期を迎える仮想通貨を一覧にしてご紹介していきます!過去に半減期を迎えた仮想通貨の例もあげていますので、実際のチャートの値動きとともに確認してみたい方は必見です!

そもそも半減期って何?

「半減期」とは、仮想通貨をマイニングする際にマイナーが得られる報酬が半分になる時期のことです。

仮想通貨はマイナー(採掘者)がマイニング(採掘)を行うことによってブロックチェーン上にトランザクションが記録されていきます。この時に、マイニングに最も貢献したマイナーが一定数の仮想通貨を報酬として得られるのですが(報酬額は各仮想通貨によって異なります)、この際に得られる報酬の額はずっと一定なのではなく、ブロックごとに増減がある場合があります。

半減期は、最初にご説明した通り「マイナーが得られる報酬額が半分に減少する時期」のことで、仮想通貨によってその時期はまちまちです。

仮想通貨に半減期が設定されている理由

なぜ、仮想通貨に半減期が設定されているのでしょうか?せっかくマイニングするのなら、報酬額は下がらないほうが良いように思えますよね。これにはきちんとした理由があります。

ビットコインを例にとってご説明しましょう。

ビットコインをはじめとした仮想通貨は、マイナーによるマイニングによって新たな通貨が採掘されていきます。

ビットコインは発行上限枚数が決まっている仮想通貨で、上限枚数である2100万枚のうち、現在すでに約1690万枚(2018年3月18日現在)が発行されています。発行上限枚数が無限ではないのは、無制限にビットコインが市場に供給され続けることにより起こるインフレを防止するためです。

例えば、ビットコインの半減期は4年に一度に設定されており、発行当初は50BTCだった報酬が二度の半減期を経て現在は12.5BTCとなっています。このように報酬が減少していくと、マイニングのペースが下がり、市場に新たに出回るビットコインの量が減ることになります。

これに対し、ビットコインへの需要が変わらなければ、需要と供給のバランスにより「供給量が減るためビットコインの価値が上がる」という現象が起き、ビットコインの価値が下がることを防止することが可能となるのです。

2018年に予想される仮想通貨の半減期一覧

2018年現在、すでに次の半減期がいつ来るかが予想されている仮想通貨があります。

ここでは、それらの仮想通貨をピックアップし、一覧にしました。以下、2018年に予想される仮想通貨の半減期をざっと見ていってみましょう。

【2018年3月】仮想通貨OKCash(オーケーキャッシュ)の半減期

公開日 2015年4月17日
半減期 1,523,771ブロック
最大供給量 105,000,000 OK

OKcashは、PIMPcashとして作られた仮想通貨がリブランディングされた仮想通貨です。公開日は2015年4月17日でした。

OKcashは全ての仮想通貨の中で最高速レベルを誇るトランザクションスピードが特徴で、世界中どこでもほぼ即時取引が可能な上に手数料が不要となっています。

なお、このOKcashはこの3月に半減期をすでに迎えており、次回の半減期は2019年5月となっています。

OKcashの購入は海外取引所になりますので、海外取引所に送金するための国内取引所を用意しておきましょう。

ビットコインの送金は手数料がなんとマイナスで取引をすればするほどビットコインがもらえる最もお得なZaif(ザイフ)がおすすめです。

Zaif(ザイフ)の登録に関して不明点などがあれば【Zaifの登録、口座開設、本人確認、二段階認証のやり方】を参考にしてください!

Thumb仮想通貨OKcash(オーケーキャッシュ/OK)の特徴・チャート・購入方法(買い方)・取引所・将来性 | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

送金におすすめの取引所はこちらでまとめています。

価格が高騰する仮想通貨を価格が低いうちに購入できるように、チャンスを逃さず掴むためにはできるだけ多くの取引所に登録しておくことは仮想通貨取引の基本です。

登録していない取引所がある方は全て登録しておきましょう。
 


おすすめ国内取引所〜海外への送金編〜
 

・BTCの取引手数料が格安!BTCをお得に購入するならZaif(特徴)

・簡単操作がいい!初心者でも簡単送金
bitFlyer(特徴)

・送金手数料が無料!何度も送金するならDMM Bitcoin(特徴)

・リップルで高速送金!とにかく速く送金したいなら
GMOコイン(特徴)

・アルトコインの取引手数料が格安!BTC以外のお得な購入は
bitbank(特徴)

 
※用途に合わせた複数の取引所の利用をおすすめします。
※取引所はエラーでしばらく取引できないことがよくあるので、買い時を逃さないためにも複数利用をおすすめします。

Thumb仮想通貨OKcash(オーケーキャッシュ/OK)の特徴・チャート・購入方法(買い方)・取引所・将来性 | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

【2018年11月】仮想通貨Lisk(リスク)の半減期

公開日 2016年5月
半減期 約1年
最大供給量 発行上限なし

Liskは発行上限のない仮想通貨で、インフレ通貨に分類されます。しかしながら、Liskには半減期が設定されており、半減期を迎えるごとに供給量は減少していきます。

公開日から1年間のマイニング報酬は5LSKでしたが、半減期ごとに1LSKずつ減少するようになっています。Liskは2017年に一度目の半減期を迎えたため、現在のマイニング報酬は4LSKとなっています。次回の半減期は2018年11月頃の予定です。

LiskはcoincheckbifFlyerもしくは海外取引所での購入になります。
bitFlyerは簡単に購入できて初心者でもおすすめで、セキュリティが世界一と評されたこともある人気の取引所なので登録がまだの方は登録しておきましょう。

bitFlyer(ビットフライヤー)の登録に関して不明点などがあれば【bitFlyerの登録、口座開設、本人確認、二段階認証のやり方】を参考にしてください!

ThumbbitFlyerの評判・口コミ・信頼度は?使ってみた感想も同時に解説! | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

【2018年12月】仮想通貨Vertcoin(バートコイン)の半減期

公開日 2014年1月8日
半減期 約4年
最大供給量 84,000,000 VTC

vertcoinは、主にASIC対策を目的に開発されている仮想通貨です。公開日は2014年1月8日でした。

発行当初のマイニング報酬は50VTCで、840,000ブロック(約四年)ごとに半減期を迎えます。vertcoinが初めて半減期を迎えるのは2018年12月で、現在の報酬の半分となる25VTCにマイニング報酬が減少します。

【2018年12月】仮想通貨Namecoin(ネームコイン)の半減期

公開日 2011年4月18日
半減期 210,000ブロック(約4年)
最大供給量 21,000,000 NMC

NamecoinはDNS技術を発展させることで自由なインターネットを構築することを目的として開発された仮想通貨です。公開日は2011年4月18日でした。
(DNS技術とはDomein Name Systemの略で、サーバーのIPアドレスにわかりやすい名前をつけることで目的のサーバーへのアクセスを簡易にするシステムのこと)

発行時のマイニング報酬は50NMCで、半減期は約4年となっています。次回の半減期は2018年12月の予定で、マイニング報酬は12.5NMCに減少する見通しです。

【2019年6月】仮想通貨Foldingcoin(フォールディングコイン)の半減期

公開日 2014年
半減期 約5年
最大供給量 1,000,000,000 FLDC

Foldingcoinは「スタンフォード大学の研究者達へPCの空き容量を提供し、その対価としてFoldingcoin(FLDC)を貰うことができる」というプロジェクトです。このプロジェクト自体は2000年代初めから始まっていたようですが、当初は空き容量を提供してもらっても報酬が渡せなかったものが、仮想通貨プロジェクトとなることで協力者へ報酬を渡せるようになったようです。

このプロジェクトのPC容量の提供先の研究者らは、アルツハイマー病、パーキンソン病、癌などの研究を行なっています。

Foldingcoinの半減期周期は不明ですが、ブロック生成速度から半減期をカウントダウンするサイトの予測によると、次回の半減期は2019年6月頃の予定とされています。

【2019年8月】仮想通貨Litecoin(ライトコイン)の半減期

公開日 2011年10月7日
半減期 840,000ブロック(約4年)
最大供給量 84,000,000 LTC

Litecoinは元googleのエンジニアであるCharlie Lee氏によって開発された仮想通貨です。ビットコインが抱える問題を解決するために開発された仮想通貨で、素早い決済スピードが特徴となっています。

半減期は840,000ブロックごとで、約4年ごとに半減期が訪れます。マイニング報酬は最初は50LTCでしたが、発行日から4年が経過する少し前の2015年7月に一度目の半減期を迎え、現在のマイニング報酬は25LTCとなっています。次回の半減期は2019年8月で、マイニング報酬は12.5LTCとなる予定です。

ライトコインの購入は、2018年6月まで取引手数料が無料のキャンペーン中で人気が急上昇中のbitbankがおすすめです。

bitbank(ビットバンク)の登録に関して不明点などがあれば【bitbankの登録、口座開設、本人確認、二段階認証のやり方】を参考にしてください!

Thumbbitbank(ビットバンク)取引所の評判や特徴まとめ【保存版】 | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

【2019年10月】仮想通貨GameCredits(ゲームクレジット)の半減期

公開日 2014年9月
半減期 約3年
最大供給量 84,000,000 GAME

GameCreditsは、その名の通りゲームを基軸とした仮想通貨です。ゲーム同士で共通の通貨として利用できることが大きな特徴で、異なるゲーム出会ってもGameCreditsが導入されているゲームであればわざわざ別々に入金をしなくてもGAMEで支払いを行うことが可能です。

GameCreditsの半減期は約3年で、2017年5月に一度目の半減期を迎えました。次回の半減期は2019年10月頃の予定です。

GameCreditsの購入は海外取引所になります。
送金におすすめの取引所は以下にまとめています。
 

おすすめ国内取引所〜海外への送金編〜
 

・BTCの取引手数料が格安!BTCをお得に購入するならZaif(特徴)

・簡単操作がいい!初心者でも簡単送金
bitFlyer(特徴)

・送金手数料が無料!何度も送金するならDMM Bitcoin(特徴)

・リップルで高速送金!とにかく速く送金したいなら
GMOコイン(特徴)

・アルトコインの取引手数料が格安!BTC以外のお得な購入は
bitbank(特徴)

 
※用途に合わせた複数の取引所の利用をおすすめします。
※取引所はエラーでしばらく取引できないことがよくあるので、買い時を逃さないためにも複数利用をおすすめします。

お得な送金はZaifでのビットコインの送金が、速い送金はbitbankでのリップルの送金がおすすめです。

ThumbZaifの評判・口コミ・信頼度は?使ってみた感想も同時に解説! | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]
Thumbbitbank(ビットバンク)取引所の評判や特徴まとめ【保存版】 | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

【2020年6月】仮想通貨Bitcoin(ビットコイン)の半減期

公開日 2009年
半減期 約4年
最大供給量 21,000,000 BTC

Bitcoin(ビットコイン)は2009年に公開された世界で最初の仮想通貨です。発行数は2100万枚と少ないのが特徴で、4年ごとに半減期を儲けることで価格が急激に下落することを防いでいます。

Bitcoinは2009年の公開日以降、現在までに二回半減期を迎えています。マイニング報酬は最初は50BTCでしたが、二回の半減期を経て現在は12.5BTCとなっています。次回の半減期は2020年6月の予定です。

【2020年中】仮想通貨Zcash(ジーキャッシュ)の半減期

公開日 2016年10月26日
半減期 約4年
最大供給量 21,000,000 ZEC

Zcashは「ゼロ知識証明」という暗号化技術を用いてブロックチェーン内のやり取りを暗号化する、非常に高い匿名性を持つことが特徴の仮想通貨です。

2016年に公開されたZcashの半減期は約4年で、2020年中に一度目の半減期を迎えると考えられています。

Thumb仮想通貨Zcash(ジーキャッシュ)の購入方法(買い方)とおすすめ取引所を紹介 | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

【2021年8月】仮想通貨Bitcoin Cash(ビットコインキャッシュ)の半減期

公開日 2017年8月1日
半減期 約4年
最大供給量 21,000,000 BCH

Bitcoin Cashは2017年8月にBitcoinのハードフォークにより生まれた仮想通貨です。最大供給量はBitcoinと同じく2100万枚に設定され、半減期も同じ約4年のサイクルとなっています。Bitcoin Cashの初めての半減期は2021年8月の予定です。

半減期は価格が高騰する?

さて、ここまで様々な仮想通貨の半減期をみてきました。半減期というと価格が下落しそうな印象がありますが、実は半減期は価格が高騰する可能性があるタイミングだったりします。

以下、これまでにすでに半減期を迎えたことがあるLiskとLitecoinの2つの事例をチャートを確認しながらみてみましょう。

Lisk(リスク)の過去の半減期のチャート推移と価格変動

Liskは2017年11月17日に半減期を迎えました。

2017年5月から2018年1月までのチャートをみてみると、Liskは2017年8月末までは1LSK=$2.3前後を推移していたことがわかります。2017年8月28日を境に大きく価格が上昇し1LDK=$7.4を記録しますが、その後価格は緩やかに下降していき、1LSK=$4.5前後まで落ち込みます。

さて、注目したいのはLiskの半減期である2017年11月17日前後のチャートの値動きです。

 

2017年11月8日時点でのLiskの価格は1LSK=$4.9です。ここから2017年11月16日の半減期に向け、価格が高騰していき、2017年11月16日には1LSK=$11.06を記録しました。

こうしてみると、Liskは半減期にかけて価格が高騰し、半減期に至る頃には2倍以上の価格となっていたことがわかります。

なお、半減期の高騰の波がすぎると緩やかに価格が下落する場合が多く、Liskも2017年11月25日頃には1LSK=$8.0前後まで価格を下げています。

Litecoin(ライトコイン)の過去の半減期のチャート推移と価格変動

Litecoinは2015年7月に半減期を迎えました。チャートをみてみると、半減期前は1LTC=$4.0前後で価格が推移していることがわかります。

ここで、半減期にあたる7月に特に注目してチャートをみてみましょう。

このように、半減期のおよそ5日ほど前から価格上昇の兆しを見せ始め、2017年7月10日には1LTC=$8.58を記録しています。半減期前の価格が1LTC=$4.0前後でしたので、Litecoinも半減期にかけて価格を2倍以上伸ばしていることがわかります。

なお、Litecoinでも半減期の後は反動での価格の下落がみられました。チャートからもわかる通り、半減期をすぎた後は上昇と下降の波を繰り返しながら半減期前の価格程度へ下落しています。

半減期がない仮想通貨もある!?

ここまでみてきたように、マイニングによって発行される仮想通貨には半減期がありますが、半減期のない仮想通貨もあります。

例えば、仮想通貨ランキングの上位にランクインしているリップル(XRP)やネム(NEM)がこれにあたります。これらの仮想通貨は発行当初に発行上限枚数まで発行しているためマイニングを行う必要がなく、従って半減期も存在しません。

仮想通貨の半減期は高騰のチャンス!早めに購入しよう!

一般的に、仮想通貨の半減期は高騰のチャンスだと言われています。先ほどのLiskやLitecoinの事例では、チャートを確認すると半減期にかけて価格が2倍以上になっていましたね。

仮想通貨の半減期を狙って購入する際は、早め早めに購入しておくことが大切です。チャートからもわかるように、半減期直前になると急激に価格が上昇する場合が多々あります。価格が上昇を初めてしまってからでは、せっかく仮想通貨を購入してもそれほど利益を出せないままに半減期を通り過ぎてしまうかもしれません。値動きのまだ少ない、半減期まで余裕のある時期に前もって購入しておくことがポイントです。

2018年内に半減期を迎える仮想通貨などは、チャートの動きをチェックしつつ、購入のタイミングを見計らい始めてもいいかもしれません。

仮想通貨の半減期一覧まとめ

以上、仮想通貨の半減期一覧をみてきました。

2018年以降に半減期を迎える仮想通貨はいくつもあり、タイミングを狙って購入することで利益を出せる可能性が高いと言えます。

半減期による高騰を狙って仮想通貨を購入するのであれば、早め早めに購入しておくことが大切です。2018年内に半減期を迎える仮想通貨もありますので、チャートの値動きを確認しつつ、ベストなタイミングを狙って購入していくようにしましょう。

それぞれ購入できる取引所が異なるので、高騰のチャンスを逃さないためにできるだけ多くの取引所に登録しておくことをお勧めします。

登録していない取引所がある方はこちらでまとめていますので登録しておきましょう。
 


おすすめ国内取引所~人気アルトコインの購入編〜
 

・BTCの手数料が格安!取扱アルトコイン数14種類と国内最多のZaif(特徴)

・初心者でも簡単操作!国内で唯一、人気通貨LISKが買える
bitFlyer(特徴)

・リップル、ネムなど人気アルトコインのレバレッジ取引ならDMM Bitcoin(特徴)

・入出金手数料無料!大手で安心!初心者でも簡単操作の
GMOコイン(特徴)

・アルトコインの取引手数料無料!徹底的にチャート分析できる
bitbank(特徴)

 
※用途に合わせた複数の取引所の利用をおすすめします。
※取引所はエラーでしばらく取引できないことがよくあるので、買い時を逃さないためにも複数利用をおすすめします。

徹底比較!2018年度版オススメ取引所ランキング


LINEで有力情報をゲット!
仮想通貨関連の注目サービスや海外ニュース、その他有力投資情報を配信!!


仮想通貨最新ニュース btcfeed line@

迷ったらまずこの取引所!初心者の人にオススメ取引所をご紹介!

安心・安全が一番!という人ならbitFlyer

bitFlyerは世界で最もセキュリティの高い取引所!

国内で唯一ハッキングへの補償もしている安心の取引所!

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

☛bitFlyerの口座開設方法はこちらで解説!

☛bitFlyerの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

取引するのに難しい操作が心配という人はGMOコイン

初心者の人でも簡単な操作で、リップルなどの人気仮想通貨が購入可能!

運営企業も上場企業の子会社で運営面も安心!

☛GMOコインの口座開設方法はこちらで解説!

☛GMOコインの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

仮想通貨取引をしているなら持っておくべき取引所!

人気アルトコインの購入なら手数料無料のbitbank!

人気のリップル(Ripple/XRP)を手数料無料で購入ができる!

リップル以外のアルトコイン手数料も無料!

☛bitbankの口座開設方法はこちらで解説!

☛bitbankの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

人気通貨を唯一レバレッジ取引できるDMM Bitcoin

人気のリップルとネム、ライトコイン等を唯一レバレッジ取引できる!

レバレッジ取引も安心してできる仕組みを取り入れていて安心!

☛DMM Bitcoinの口座開設方法はこちらで解説!

☛DMM Bitcoinの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

関連するまとめ

仮想通貨取引所ランキング

  • No.1bitFlyer(ビットフライヤー)
    Bitflyerビットフライヤーは私もビットコイン取引で頻繁に使っている取引所の一つです!ビットフライヤーのおすすめポイント3つ!
    • ビットコイン取引日本一の使いやすさ!
    • 手数料が安い
    • 保障もあり安心の取引所
    ビットフライヤーの公式サイトはこちら!
  • No.2GMOコイン
    GmoGMOコインは上場企業のグループ会社で安心の取引所です!初心者の簡単にお得に利用ができます!
    • 手数料が安く操作も簡単!
    • 上場会社のグループで安心!
    • FX取引はアプリでもできる!
    GMOコイン公式サイトはこちら!

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ
Bitflyer side