仮想通貨Civic(シビック/CVC)とは?特徴・チャート・購入方法(買い方)・取引所・将来性

仮想通貨Civic(CVC)とは?仮想通貨Civic(CVC)の特徴や購入できる取引所、チャートについて解説しています!特徴だけでなくチャートや購入できる取引所もまとめてますので、これを読めばCivic(シビック/CVC)についてはバッチリです!

仮想通貨Civic(シビック/CVC)とは?特徴・チャート・購入方法(買い方)・取引所・将来性のイメージ

目次

  1. 1仮想通貨Civic(シビック/CVC)とは?
  2. 2仮想通貨Civic(CVC)の特徴
  3. 3Civic(CVC)のアプリの使い方
  4. 4Civic(CVC)の相場チャート・価格推移
  5. 5Civic(CVC)が購入できるおすすめ取引所
  6. 6Civic(CVC)の購入方法の手順
  7. 7Civic(CVC)のおすすめウォレット
  8. 8Civic(CVC)の今後の将来性
  9. 9仮想通貨Civic(シビック/CVC)まとめ
LINEで情報をゲット!
仮想通貨関連の注目サービスや海外ニュース、その他投資情報を配信!!


仮想通貨最新ニュース btcfeed line@

当サイトで人気の仮想通貨取引所ランキング!
まだ一つしか取引所を持っていない人は必ず複数に登録をして安全に取引をしましょう!
【1位】bitFlyer(ビットフライヤー)

ビットコイン取引量、国内ユーザー数が日本一の信頼できる取引所!

【2位】GMOコイン

初心者の人に1番おすすめ!簡単に取引ができて、しかも手数料も超お得!

【当サイトで今一番人気!】QUOINEX

人気のリップルとネムを両方を日本で唯一現物取引できる取引所!注目のQASHも取引できる!

【今大注目!】DMM Bitcoin

日本で世界で注目のアルトコインを唯一レバレッジ取引できる大注目の取引所!

※【注意】絶対に複数取引所に登録して資産を分散しておきましょう!資産を失うリスクがあります!

仮想通貨Civic(シビック/CVC)とは?

仮想通貨Civic(シビック/CVC)の概要

  ビットコイン シヴィック
発行日 2009年1月 2017年7月
アルゴリズム SHA-256  -
名称 BTC CVC
発行上限 2100万BTC 10億CVC
創業者 不明 ビーニー・リンガム
時価総額 16,369,434,206,929.84円 12,064,863,269.97円
現在価格(3/13) 967,651.55円 35.21円

Civic(CVC)は2017年に発行されたばかりのアルトコインです。認知度の低さからまだ価格はビットコインと比較すると大きく差があります。ですが、発行上限枚数はビットコインをはるかに上回る枚数です。

Civic(CVC)は、セキュリティシステムの利用を簡易なものにした仮想通貨です。

セキュリティの問題が騒がれる昨今、プライバシーの保護は様々な分野で重要視されていています。Civic(CVC) の安全性と利便性が世界に認知された時には価格の上昇が期待できる将来性のあるアルトコインの1つと言えます。

以下で紹介していますが、Civic(CVC)が海外取引所での購入になります。
海外取引所で仮想通貨を購入するには、国内取引所から仮想通貨を送金する必要があります。

ビットコインの送金は取引手数料がなんとマイナス取引をすればするほどビットコインがもらえる上、取り扱っている仮想通貨の種類が国内で最も多く人気のZaif(ザイフ)がおすすめです。

手数料は気がつけば大きくかさんでいます。損をしないようにZaifに登録してお得に仮想通貨を手に入れましょう。

Zaif(ザイフ)の登録に関して不明点などがあれば【Zaifの登録、口座開設、本人確認、二段階認証のやり方】を参考にしてください!

ThumbZaifの評判・口コミ・信頼度は?使ってみた感想も同時に解説! | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

急いで送金したい方はbitbankに登録してリップルを送金するのがおすすめです。

bitbankは2018年6月まで取引手数料が無料のキャンペーン中で人気急上昇中の、日本で唯一リップルを板取引でお得に購入できる取引所です。

仮想通貨はいつどの取引所に上場するかわからないので、チャンスを逃さないためにできるだけ多くの取引所に登録しておくことは仮想通貨取引の基本と言えます。

bitbankの登録がまだの方はZaifと一緒に登録しておきましょう。

bitbank(ビットバンク)の登録に関して不明点などがあれば【bitbankの登録、口座開設、本人確認、二段階認証のやり方】を参考にしてください!

Thumbbitbank(ビットバンク)取引所の評判や特徴まとめ【保存版】 | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

仮想通貨Civic(シビック/CVC)の基本情報

Civic(CVC)は、ブロックチェーン技術を利用しスマホアプリやパソコンにてスムーズな個人認証を行う事を可能とした仮想通貨です。

今までは、個人認証と言えばIDやパスワードをいちいち入力しなければならなかったのですが、Civic(CVC)ではその面倒な作業を省く事を可能としました。

Civic(CVC)は利用可能なIDV(Identify Vertification)の開発により、2017年にK(NO)Wアイデンティティ・カンファレンス2017において最優秀新人賞を受賞した経歴を持っています。

2017年に仮想通貨取引所に上場してから少しずつ価格をあげていき、2018年3月13日現在の仮想通貨ランキングは194位と、まだ発展途上のアルトコインとしては比較的良い位置につけています。

時価総額も、ランキングでみるとCivic(CVC)以下の仮想通貨よりも大幅に多く、その資金力が伺えます。

仮想通貨ジャーナリストVinny Lingham(ビニーリングハム)

仮想通貨Civic(CVC)のCEOであり、仮想通貨ジャーナリストであるVinny Lingham(ビニーリングハム)はご存知ですか?

実は、かなり世界的に有名な仮想通貨ジャーナリストなのです。CIvic(CVC)の他にもデジタルギフトカードを取り扱うGyftという会社も所有しています。

10年以上オンライン販売業に携わった経験から顧客情報の保護性についていち早く気が付いた人です。2015年には世界のトップCEO500に選ばれています。

そのため、Civicは上場前からかなりの評判となっていました。実績には十分すぎるほどで、Civic(CVC)の将来性は十分と言えます。

仮想通貨Civic(CVC)の特徴

従来の個人認証システムとは違う

Civic(CVC)は、個人認証において革命的な仮想通貨です。
従来の個人認証システムとは違う新しいシステムで認証が可能です。

従来の個人認証システムについて以下で解説していきます。

<知識認証>

従来の個人認証システムのうちの1つが「知識認証」です。

「知識認証」とは、IDとパスワードでの個人認証システムです。その人しか知り得ない情報を個人認証に利用するシステムです。

私たちの日常でも多く利用されている知識認証ですが、IDとパスワードが盗まれた場合には簡単に個人情報が流出してしまう恐れがあります。

②<所有物認証>

電子証明書など、その人しか持ち得ない所有物を認証に利用します。社員証やIDカードなどがそれにあたります。ですが、そのリスクとしては、首所有物が盗まれた場合には簡単に他人になりすますことができます。

③<生体認証>

生体認証とは、バイオメトリック認証やバイオメトリクス認証とも言われる認証システムです。その名前の通り、その人の身体的特徴や行動的特徴の情報を利用して個人を認証します。身体的特徴として利用されるのは、指紋がもっとも有名です。

その他にはDNAや掌形、網膜などが認証に用いられます。セキュリティとしてはもっとも効果が高いとされますが、とても難しい技術なので普及しづらいのが難点です。

メンバー登録で機能が多く使える

Civic(CVC)にはメンバー制度があります。CIvic(CVC)メンバーに登録する事で様々な機能が利用できるようになります。

その目玉として、100万ドルの個人情報盗難保険があります。何らかの理由で個人情報の盗難被害にあった際には、弁護士や会計士、捜査官を雇うために100万ドルを負担してくれる制度です。

メンバー登録するといつでも利用する事ができます。そのほかにも金融業や医療においても様々な機能を利用する事ができます。

近日公開予定となっているその他の機能は、「盗難資金の交換」、「データ侵害の通知」、「闇市場監視(ハッカーが不正に個人情報を入手するのを防ぐ)」そして、「セキュアID認証アプリケーション(Civicが提供するCivic business customerネットワークへの容易なアクセスが可能となる)」です。

このようにCivic(CVC)では今後、様々な機能が公開される予定です。Civic(CVC)の利用者の増加によりさらに様々な機能が追加されるかもしれません!

セキュアアイデンティティプラットフォーム(SIP)

Civic(CVC)が誇る個人情報保護システムがセキュアアイデンティティプラットフォーム(以下SIP)です。この個人情報保護システムでは、ユーザー名やパスワードを必要とせずWebアプリとモバイルアプリのマルチファクタ認証で設定されたIDを使用します。

Civic(CVC)の認証システムでは、IDやパスワードといった知識認証や所有物認証も必要としません。一度、情報をアプリに登録する事で新しいアカウントを作成する事も可能です。

グローバル企業と提携を進めている

Civic(CVC)の洗練された個人認証システムは様々なビジネスにおいて活用可能です。そのため、BitGo、Token Marketなどの仮想通貨ウォレットや取引所などとも提携をしています。

他にも金融業務や医療、電子商取引などの分野においても効果的なシステムですので、仮想通貨Civic(CVC)の将来性は十分と言えます。

Civic(CVC)を購入される方は海外取引所へ送金するための国内取引所をしっかり用意しておきましょう。

海外取引所へのビットコインの送金は、取引手数料がマイナスで取引するほどビットコインがもらえるお得なZaifがおすすめです。

Zaif(ザイフ)の登録に関して不明点などがあれば【Zaifの登録、口座開設、本人確認、二段階認証のやり方】を参考にしてください!

ThumbZaifの評判・口コミ・信頼度は?使ってみた感想も同時に解説! | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

送金におすすめの他の取引所は以下でまとめています。
 


おすすめ国内取引所〜海外への送金編〜
 

・BTCの取引手数料が格安!BTCをお得に購入するならZaif(特徴)

・簡単操作がいい!初心者でも簡単送金
bitFlyer(特徴)

・送金手数料が無料!何度も送金するならDMM Bitcoin(特徴)

・リップルで高速送金!とにかく速く送金したいなら
GMOコイン(特徴)

・アルトコインの取引手数料が格安!BTC以外のお得な購入は
bitbank(特徴)

 
※用途に合わせた複数の取引所の利用をおすすめします。
※取引所はエラーでしばらく取引できないことがよくあるので、買い時を逃さないためにも複数利用をおすすめします。

Civic(CVC)のアプリの使い方

Civic(CVC)アプリは身元確認書類のスキャンで利用可能!

Civic(CVC)のアプリをダウンロードしたら、Civic Business Customerの要件に合わせて個人情報の検証プロセスを完了していきます。

まず、パスポートや運転免許証、社会保障番号などの書類をスキャンします。

すると、Civic(CVC)が情報が正しいものかどうかの身元確認を行います。

提供した情報が本物と認められると、アプリの利用で様々な場面において手軽に個人情報の提供が可能となります。

現在、様々な仮想通貨取引所を中心にこの情報を利用する事が可能となっています。

Civic(CVC)の相場チャート・価格推移

一時約4倍ものチャートの急上昇があった!

Civic(CVC)のチャートの動きですが、公開当初は1CVC=20円程度で推移していました。2017年の8月にBittrexに上場後一時1CVC=80円前後まで急上昇しました。ですが、その後は元の水準に戻って来ています。

今後のチャートの動き

CIvic(CVC)の今後のチャートの動きはどうでしょうか?Civic(CVC)は現在かなり勢いがあって価格が急上昇中、という事ではありませんが、将来性はバッチリです。

個人情報の保護が重要視されている現代社会では、そのセキュリティの高さと利便性を持ち合わせているCivic(CVC)が今後注目を浴びる可能性は十分です。

その点を考えると現在価格はとても低いと言えます。購入のタイミングは価格が低い今が良いかもしれませんね。

Civic(CVC)が購入できるおすすめ取引所

34の仮想通貨取引所で購入が可能

 Civic(CVC)は2018年3月現在なんと34の仮想通貨取引所で購入が可能です

Civic(CVC)の購入方法の手順

国内取引所で、日本円でビットコインを購入する

それでは、実際にCivic(CVC)の購入方法について説明します。Civic(CVC)は海外の仮想通貨取引所でしか取り扱いがないため、国内の取引所にてビットコインを購入し、それを海外の取引所に送金した上で購入する、という手順を踏む必要があります。

今回はBittrexで購入するため事前にBittrexのアカウントを作成しておきましょう。国内でのビットコインの購入方法について、今回はcoincheckのクレジットカード払いでの購入方法を説明します。

コインチェックのトップ画面からログインを済ませたら、「クレジットカードで購入する」を選択します。好きな金額を選択します。

下の画像のように好きな金額を入力する方法もあります。

次に表示されるページにてクレジットカード情報を入力します。入力後、「決済開始」をクリックするとビットコインの購入が完了します。

海外の取引所口座へビットコインを送金

ビットコインの購入が完了したら、続いて購入したビットコインをBittrexへ送金します。コインチェックから Bittrexへビットコインを送金するには事前にBittrexにてビットコイン送金先のアドレスを取得しておく必要があります。

Bittrexへログインして「Wallets」を開きます、「 BTC」の隣に表示されている「+」をクリックすると画面が切り替わります。そこで「NEW Address」をクリックすると、ビットコインの送金先アドレスが表示されます。

おすすめはそのアドレスをコピペする事です。1つ1つ入力すると入力ミスの可能性が高いのでおすすめできません。

「ビットコインを送る」をクリックすると、上のような画面に切り替わります。Bittrexにて入手した送金先のアドレスを「宛先」に入力します。

そして、希望金額を入力します。下の欄にある、送金可能なビットコインのコイン枚数を確認した上で送金金額を決めましょう。

金額を入力した後で「送金する」をクリックしたら送金完了です。coincheckでは、専用のアプリでも送金ができるようなのでそちらを利用してみても良いかもしれません。

BittrexでCivic(CVC)を購入

国内でビットコインを購入して、Bittrexへの送金を完了したら早速Civic(CVC)を購入していきましょう!

Bittrexのトップページからログインをしたら、上のようにビットコインとアルトコインの組み合わせが書かれた表が表示されます。

Civic(CVC)はまだまだマイナーなアルトコインなのでここですぐに見つけることは難しいでしょう。そのため、この表の右上にある検索欄で「Civic」と入力しましょう。

すると、このようにビットコイン/Civicの価格が表示されます。ここで、「BTC-CVC」をクリックしましょう。

購入前にチャートの動きを確認しておこう

すると、この画面に切り替わります。Civic(CVC)の価格チャートが表示されます。短期間で利益を出すにはこの価格チャートの動きをチェックしておくことは欠かせません。

どのようなタイミングで価格のチャートが変化しているのかを把握しておくと短期間で利益を出せるかもしれません。

実際にCivic(CVC)を購入しよう

Civic(CVC)の購入は「TRADING」にある「buying」にて購入します。「Units」に購入したいコインの数量を入力しましょう。手持ちのコインすべてで購入する場合には「MAX」で購入可能です。

「Units」の下にある「Bid」で、「Price」をクリック、「Ask」を選択すると、早く購入できる可能性がある価格が自動的に入力されます。自分の購入したい価格を入力してもOKです。最後に「buy civic」をクリックすると購入が完了します。

購入が完了したら、それが反映されているかどうかを必ずチェックするようにしましょう。

Civic(CVC)のおすすめウォレット

イーサリアムウォレットのほとんどに対応

Civic(CVC)はERC20トークンなのでほとんどのイーサリアムウォレットに対応しています。有名なウォレットとしては、MyEtherWalletやJaxx、Trezorです。

中には有名なだけにウィルス対策が必要なものもありますのでしっかり情報収集してから利用するようにしましょう。

Civic(CVC)の今後の将来性

Civic(CVC)の機能は現代社会に適応しており将来性アリ

それでは、Civic(CVC)を購入する上で気になるのが、今後の将来性についてです。Civic(CVC)は個人情報認証に置ける手続きの簡素化を可能にする機能を持つアルトコインです。

セキュリティの機能を持つアルトコインは現在では珍しいと言えます。現代社会では個人情報の重要性は言うまでもありません。

個人情報を固く守るために手続きがかなり面倒な事も多いですよね。Civic(CVC)はそんな面倒を解消してくれる機能を持つアルトコインのため、その利便性と安全性が認知されれば世界中に拡大する可能性は十分です。

また、Civic(CVC)の開発者は世界的に有名な仮想通貨ジャーナリストであり起業家であるビニーリングハムであることも将来性が期待できる大きなポイントです。

影響力も知見もある人間がCEOであることは、安心して購入できるポイントかもしれません。

チャートの動きはまだ落ち着いており今後に期待

価格は過去に一時大きく上昇したこともありますが現在は比較的大きな変化はなく推移しています。ですが、先ほども説明したようにCivic(CVC)の将来性は十分と言えます。

認知度の広がりとともに価格は上昇していく事が予想されるため、価格が低い現在がCivic(CVC)購入のタイミングと言えます。

仮想通貨Civic(シビック/CVC)まとめ

Civic(CVC)は個人情報認証に関する機能を持つアルトコイン

Civic(CVC)は、個人情報の手続きの簡略化を可能にしたアルトコインです。また、個人情報の保護に関するセキュリティ体制も完備されています。

Civic(CVC)の利用により旅行や医療現場、金融取引など様々な場面で個人情報の提示をスムーズにできるようになります。

提携企業はグローバルに少しずつ拡大中なので、Civic(CVC)の今後の広がりが期待できます。

Civic(CVC)の購入は海外の取引所で!

Civic(CVC)は現在、国内の仮想通貨取引所では直接購入する事ができないアルトコインです。そのため、海外の取引所へビットコインを送金してから購入する形となります。

今後、Civic(CVC)が成長して、国内の取引所でも容易に購入できるようなメジャーなアルトコインになる事を期待しましょう。価格の推移はまだ落ち着いているため、価格が低い今が購入のタイミングかもしれません。

現代社会に合ったCivic(CVC)の今後のチャートの動きに注目

仮想通貨Civic(CVC)の将来性はどうでしょうか?Civic(CVC)は、個人情報の提供や保護に関するアルトコインです。個人情報の保護が重要とされている現代社会にはCivic(CVC)の機能はとても利用価値があると言えます。

しかしまだ、実際にその利用範囲は仮想通貨取引所などで止まっていまが、金融業や医療、旅行においてもCivic(CVC)は応用可能です。簡単に自分の個人情報を提示できるため、手続きがスムーズになります。

個人情報が重要視されている現代だからこそこの利便性が世界中で認められる可能性があり、将来性は十分と言えます。Civic(CVC)の利便性が認められれば価格は徐々に上がっていくかもしれません。今後のチャートの動きに注目です。

Civic(CVC)だけでなく他の多くの仮想通貨はCivic(CVC)と同様に海外取引所での購入になります。
価格が500倍に高騰するような仮想通貨もたくさんあるので、そういった仮想通貨を掘り出して購入するためには送金のための国内取引所をしっかり用意しておきましょう。

海外取引所へのビットコインの送金は手数料がマイナスで取引をすればするほどビットコインがもらえるZaifがおすすめです。

Zaif(ザイフ)の登録に関して不明点などがあれば【Zaifの登録、口座開設、本人確認、二段階認証のやり方】を参考にしてください!

ThumbZaifの評判・口コミ・信頼度は?使ってみた感想も同時に解説! | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

送金を素早く済ませたい方はリップルを送金しましょう。

リップルの購入は2018年6月まで取引手数料が無料のキャンペーン中で、国内で唯一リップルを板取引でお得に購入できる、人気急上昇中のbitbankがおすすめです。

bitbank(ビットバンク)の登録に関して不明点などがあれば【bitbankの登録、口座開設、本人確認、二段階認証のやり方】を参考にしてください!

Thumbbitbank(ビットバンク)取引所の評判や特徴まとめ【保存版】 | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

徹底比較!2018年度版オススメ取引所ランキング


LINEで有力情報をゲット!
仮想通貨関連の注目サービスや海外ニュース、その他有力投資情報を配信!!


仮想通貨最新ニュース btcfeed line@

迷ったらまずこの取引所!初心者の人にオススメ取引所をご紹介!

安心・安全が一番!という人ならbitFlyer

bitFlyerは世界で最もセキュリティの高い取引所!

国内で唯一ハッキングへの補償もしている安心の取引所!

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

☛bitFlyerの口座開設方法はこちらで解説!

☛bitFlyerの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

取引するのに難しい操作が心配という人はGMOコイン

初心者の人でも簡単な操作で、リップルなどの人気仮想通貨が購入可能!

運営企業も上場企業の子会社で運営面も安心!

☛GMOコインの口座開設方法はこちらで解説!

☛GMOコインの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

仮想通貨取引をしているなら持っておくべき取引所!

人気アルトコインの購入なら手数料無料のbitbank!

人気のリップル(Ripple/XRP)を手数料無料で購入ができる!

リップル以外のアルトコイン手数料も無料!

☛bitbankの口座開設方法はこちらで解説!

☛bitbankの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

人気通貨を唯一レバレッジ取引できるDMM Bitcoin

人気のリップルとネム、ライトコイン等を唯一レバレッジ取引できる!

レバレッジ取引も安心してできる仕組みを取り入れていて安心!

☛DMM Bitcoinの口座開設方法はこちらで解説!

☛DMM Bitcoinの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

関連するまとめ

仮想通貨取引所ランキング

  • No.1bitFlyer(ビットフライヤー)
    Bitflyerビットフライヤーは私もビットコイン取引で頻繁に使っている取引所の一つです!ビットフライヤーのおすすめポイント3つ!
    • ビットコイン取引日本一の使いやすさ!
    • 手数料が安い
    • 保障もあり安心の取引所
    ビットフライヤーの公式サイトはこちら!
  • No.2GMOコイン
    GmoGMOコインは上場企業のグループ会社で安心の取引所です!初心者の簡単にお得に利用ができます!
    • 手数料が安く操作も簡単!
    • 上場会社のグループで安心!
    • FX取引はアプリでもできる!
    GMOコイン公式サイトはこちら!

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ
Bitflyer side