Binance(バイナンス)はハッキングをしたものに合計で10億円の懸賞金をかける!

Binance(バイナンス)は先日のフィッシングを行ってからハッキングという手の込んだ詐欺をした者に対して懸賞金をかけました。実際にハッキングをした者が起訴される可能性は低いですが、Binance(バイナンス)のこの行為はハッカーへの警告となるでしょう。

Binance(バイナンス)はハッキングをしたものに合計で10億円の懸賞金をかける!のイメージ

目次

  1. 1Binance(バイナンス)がハッキングをした犯人に懸賞金10億円を懸ける!
  2. 2Binance(バイナンス)のハッキング事件~懸賞金の発表までの流れ
  3. 3Binance(バイナンス)をハッキングした犯人は捕まったらどうなる?
  4. 4Binance(バイナンス)のハッキングに対する強い姿勢
  5. 5Binance(バイナンス)はハッキングへのセキュリティ対策が最高の仮想通貨取引所
  6. 6Binance(バイナンス)の3/7のハッキングの噂に対する対応
  7. 7Binance(バイナンス)はハッキングの対策のコメント以外にもフィッシングに対するコメントも
  8. 8Binance(バイナンス)にはハッキング用のシステムがありどんな詐欺も効かない!
  9. 9Binance(バイナンス)のハッキングの噂とSECの発言による3/7の仮想通貨暴落の状況
  10. 10世界最高水準のセキュリティ対策を行っているBinance(バイナンス)
  11. 11海外取引所を利用するならチェックすべき国内仮想通貨取引所!
  12. 12ハッキング対策はハードウェアウォレットが結局一番!
LINEで情報をゲット!
仮想通貨関連の注目サービスや海外ニュース、その他投資情報を配信!!


仮想通貨最新ニュース btcfeed line@

当サイトで人気の仮想通貨取引所ランキング!
まだ一つしか取引所を持っていない人は必ず複数に登録をして安全に取引をしましょう!
【1位】Zaif(ザイフ)

取引手数料の安さNO.1!本サイト1番のオススメ取引所!

【2位】bitFlyer(ビットフライヤー)

ビットコイン取引量、国内ユーザー数が日本一の信頼できる取引所!

【3位】GMOコイン

初心者の人に1番おすすめ!簡単に取引ができて、しかも手数料も超お得!

【当サイトで今一番人気!】QUOINEX

人気のリップルとネムを両方を日本で唯一現物取引できる取引所!注目のQASHも取引できる!

【今大注目!】DMM Bitcoin

日本で世界で注目のアルトコインを唯一レバレッジ取引できる大注目の取引所!

※【注意】絶対に複数取引所に登録して資産を分散しておきましょう!資産を失うリスクがあります!

Binance(バイナンス)がハッキングをした犯人に懸賞金10億円を懸ける!

Binance(バイナンス)は、様々な損害を引き起こした3月14日の水曜日の市場操作事件を受けて、ハッキングをした者に懸賞金がかけられました。

合計で10億円がハッキングをした者やその他の法に反する攻撃を仕掛けたものたちの逮捕に充てられ、先週のビアコイン(VIA)の価格操作の加害者の起訴に繋がる情報を提供した人には2665万円が提供されます。

Binance(バイナンス)のハッキング事件~懸賞金の発表までの流れ

ハッキングをした者は、ハッキングのために乗っ取ったBinance(バイナンス)のアカウントを使用して、ビアコイン(VIA)の価格を引き上げました。ハッキングが止められる前に、最高価格で売却し、ビットコイン(BTC)ですぐに引き出すというのが計画でした。

Binance(バイナンス)によると、その計画は成功しませんでした。実際には、ハッキングをした者たちは引き出しが停止され、不正取引が逆転したため、取引でお金を失うことになりました。

被害を抑えただけでは満足せず、Binance(バイナンス)は今やハッキングをした者を追うことを発表しました。そして、Binance(バイナンス)は一般市民に助けを求めています。

今日、Binance(バイナンス)は、「2018年3月7日にBinance(バイナンス)のハッキングを試みたハッカーの法的逮捕につながる情報を提供するすべての人に、2665万円相当の懸賞金を提供しています」と発表しました。

懸賞金はBinance(バイナンス)が発行するバイナンスコイン(BNB)トークンで支払われます。

Binance(バイナンス)をハッキングした犯人は捕まったらどうなる?

ハッキングをした者の身元が発覚したとしても、逮捕に至る可能性は低いように思われます。当局に仮想通貨交換所のハッキングに対処してもらうには、犯罪の有力な証拠を提出しなければいけません。

先日の事件は間違いなく違法ですが、実際に損失を被った被害者がいないことから、ハッキングをした者を起訴できる可能性は低いです。そのため、2665万円の懸賞金は、捕まえて懲らしめるなどのものではなくただの警告なのかもしれません。

このような行動は許されないとハッカーに強く警告することで、Binance(バイナンス)はハッキングをする者が次は監視が不十分なターゲットを狙うことを期待しています。

Binance(バイナンス)は厳重な顧客確認を行なっていないため、先週ハッキングをした者について唯一の情報はEメールアドレスとIPだけです。

Binance(バイナンス)のハッキングに対する強い姿勢

Binance(バイナンス)の発表は次のように締めくくられています。

「さらに、Binance(バイナンス)は、現在、Binance(バイナンス)に対する将来の違法のハッキングに備えて、仮想通貨で10億円相当の額を用意しました。私たちはまた、他の取引所や仮想通貨事業にも同じようにするように呼びかけています」

このプラットフォームの違法行為を抑止したいという気持ちは本物であり、ハッキングをした者の逮捕につながる情報に対して懸賞金を支払うのに躊躇はしないでしょう。しかし、大金をふりかざすのは、取引所がその富をひけらかしているとも言えます。

Coinbase(コインベース)は、最近、1人あたり27万相当の補助金を開発者らに授与したあと、厳しい非難を受けました。10億円を将来ハッキングをした者に対する懸賞金に充てることで、Binance(バイナンス)はその力と、邪魔するものは許さないという決意を見せました。

Binance Offers $10 million Hacker Bounty

Bitcoin.com、Kai Sedgwick、12 Mar 2018

Binance(バイナンス)はハッキングへのセキュリティ対策が最高の仮想通貨取引所

Binance(バイナンス)が自社ウェブサイトに、最近のハッキングに関する情報を公開し、また、Binance(バイナンス)がどのようにそれを阻止し、ユーザーの投資金を保護したかについて詳しく説明する投稿をしました。

サイバー犯罪(主にハッキング)によって複数の取引所が損失を出したなか、Binance(バイナンス)は安全な取引所であることを再度、確認しユーザーへ呼びかけました。

これにより、Binance(バイナンス)がトレーダーのために200を超えるコインを上場させた世界最大の仮想通貨取引所になった理由が少なくとも1つ実証されました。

Binance(バイナンス)の3/7のハッキングの噂に対する対応

「Fellow Binancians」にはじまり、Binance(バイナンス)はユーザーに多額の仮想通貨の損失を出したかもしれない最近のBinance(バイナンス)へのフィッシングに関する報告を全く隠さず行いました。

「3月7日、UTC 14時58分から14時59分の2分間でビアコイン(VIA)とビットコイン(BTC)の市場で異常な取引活動がありました。当社の自動リスク管理システムが作動し、直ちにすべての引き出しが停止されました」とBinance(バイナンス)は公表しました。

Binance(バイナンス)のハッキングの噂によって、何人かの評論家はビットコイン(BTC)の価値が大幅に下落した要因であるといい、他にもこの価格の下落は買いを入れるチャンスだとする悪い噂が出回りました。

しかし、以下の投稿によってBinance(バイナンス)のユーザーは仮想通貨取引所のセキュリティプロトコルが作動していることをはっきりと保証し、Binance(バイナンス)にハッキングは起きていないと明言しました。

@vidinhlang
「Binance(バイナンス)はハッキングされていません。FUDを拡散しないでください。ハッキングされたのは一部の人が使っていた人気の取引ボットです。ボットはビアコイン(VIA)を購入するためにすべてのアルトコイン(ALT)をビットコイン(BTC)に替えるように設定されました。もしもあなたが、このガセネタボットを使用していないなら問題はありません。」

Binance(バイナンス)はハッキングの対策のコメント以外にもフィッシングに対するコメントも

このハッキングは巧みに偽装したフィッシングから始まりました。

このフィッシング詐欺はユーザーが詐欺だと認知するのが難しかっただけでなく、ユーザー情報を入れるサイトはほとんど見かけ上本物とは違いがなかったためフィッシングサイト内容は一見正しく見えるものだったと言えます。

この投稿では、続いて嬉しい報告がされました。

「これは大規模なフィッシングと盗難を試みるものでした。今のところ、すべての資金は安全であり、盗まれた資金はありません」

Binance(バイナンス)のCEO、Changpeng Zhaoは、LinkedInに最近、仮想通貨の将来について彼の考えを投稿しました。
よく考えられ、情熱的な一方で冷静な彼の投稿は、ユーザーにBinance(バイナンス)がハッキングなどに対するセキュリティ対策がしっかりしているということを再確認させるものでした。

2018年3月7日水曜日、Zhaoは、「すべての資金は安全です」とツイートしました。

サイトの投稿によると、「一番初めのフィッシングは、1月初めだったようです。しかし、Unicodeドメインを使用したフィッシングが集中して行われたのは2018年2月22日ごろでした。このドメインはbinance.comとよく似ていますが、2文字の下にドットが2つあるという違いがありました」。(latin-lookalike unicodeを利用してiとaによく似た文字を使っていた。)

フィッシングによって、ユーザーのアカウント情報を手に入れた後、ハッカーは「アカウントごとに取引APIキーを作成したにもかかわらず、ハッキングの直前まで行動を起こしませんでした」。

このことから、「多くのユーザーがこれらの罠やフィッシングにはまってしまった」このハッキングがいかに用意周到であったがわかります。

2018年3月7日、「前述の2分以内に、APIキーを使用し、ビアコイン(VIA)とビットコイン(BTC)の市場で多数の買収を行い、価格を押し上げました。そしてハッカーは31の入金預金口座でビアコイン(VIA)を最高値で売り抜けます。」

このハッキングは、ビットコイン(BTC)を「フィッシングされたアカウント」から31の「ハッカーアカウント」に移すという巧妙な手口でした。

また、取引を停止した時、不規則な動きや反動が見られ、取引で損失が出ていたであろうユーザーが突然の利益を得るということが起きました。そのため、多くの人がすでに安全に資金を引き出しました

@WhalePanda
「@ binance_2017は、昨日のハッキングから「恩恵を受けた」人々にメールを送信しているようです。彼らは取引が逆転したのを見て、すでに引き出したり、その利益を使って他の取引をしたりしています。Binance(バイナンス)にとっては問題です。これに、法的根拠はあるのでしょうか?」

Binance(バイナンス)にはハッキング用のシステムがありどんな詐欺も効かない!

プラットフォームのリスク管理システムによって引き出しは自動的に停止され、詐欺的な引き出しは食い止められました。

さらに、ハッキングに使われた、ビアコイン(VIA)コインが入っているアカウントは凍結され、ハッカーたちは今や表向きにはビアコイン(VIA)で得たビットコイン(BTC)等の資産を失いました。

報告書はまた、「ハッカーたちはよく組織されていました。彼らは辛抱強くすぐに行動を起こさず、最も適切な瞬間を待っていました。また、流動性の小さいコインであるビアコイン(VIA)を選んで、利益を最大化しようとしました」と言及しました。

フィッシングされたアカウントが凍結されたハッカーのアカウントと取引されていなかった一部のユーザーには損失が出てしましました。

しかし、リスク管理プロトコルの素早い対応により、フィッシング詐欺行為で失われたであろう小規模の財産のほぼすべてを守ることができました。

Binance(バイナンス)は、「このように、我々はこれらの取引を元に戻す立場にはありません」と述べ、精巧さサイバー犯罪者の動きに気を付けるようにとユーザーに警告しました。

ユーザーからの支持に感謝の意を表明し、この報告書は、次の一文で締めくくられました。

「トレーダーの皆さん、アカウント情報を安全に保管するため、特別な予防措置を講じてください」

Binance(バイナンス)のハッキングの噂とSECの発言による3/7の仮想通貨暴落の状況

仮想通貨取引所に関するSECの声明によると、2月26日以来、ビットコイン(BTC)の価格は初めて100万円を下回りました。3月7日に発表されたSECの声明では以下のように言い渡されました。

「プラットフォームが証券である仮想通貨の取引を提供し、連邦証券法が定める「取引所」として機能するならば、プラットフォームは国家証券取引所としてSECに登録するか、登録の免除を受けなければいけません」

3月7日の出来事は、仮想通貨取引所のBinance(バイナンス)がハッカーによって操られたボットやAPIなどのフィッシングによるハッキングによるビットコイン(BTC)に対するビアコイン(VIA)の価格の大幅な上昇から始まりました。

Binance(バイナンス)取引所の一部のユーザーが、取引所にある全ての仮想通貨が売却され、ビアコイン(VIA)を購入するために使用されたと報告しているように、ビアンコイン(VIA)は100%以上の急騰を記録しました。

バイナンス(Binance)が調査中だと主張している一方で、一部のユーザーは自分の保有している仮想通貨が自分のアカウントから消えたと主張していた人もいました。


@ 674ac
「#binanceがハッキングされました!多くのユーザーがハッキングされ、彼らの仮想通貨が投げ売りされ後、ハッカーは別のアカウントを使ってビアコイン(VIA)を高値にして引き出しの問題を回避しました。被害者たちは、2faという認証アプリを使用していたようです」

明らかになったこの事件から、自分の仮想通貨の守り、取引所を賢明に使用することの重要性がわかります。秘密鍵を保持していないと、その仮想通貨を所有していることにはなりません。

Binance Team Shows Why the Exchange Is Leading the Field Following Bitcoin 'Hack'

BTCmanager、Prlyeshu Garg、10 Mar 2018

Bitcoin Price Dips Below $10,000 on Regulatory Fears, Rumors of Binance Hack

BTCmanager、Jamle Holmes、7 Mar 2018

世界最高水準のセキュリティ対策を行っているBinance(バイナンス)

今回見た通り、Binance(バイナンス)は非常にセキュリティ対策をしっかりとしている取引所です。
それゆえ、開設からたった半年で世界一位になった取引所と言えます。

セキュリティ対策以外にもBinance(バイナンス)の良さは、
 

  • 手数料が素晴らしく安い!(0.05%)
 
  • 日本では手に入らない人気の仮想通貨をたくさん取り扱っている!(約200種類以上)
 
とたくさんあります。
世界で最も人気の取引所のBinance(バイナンス)は今後も多くの将来有望仮想通貨を取り扱っていくので、まだ口座開設していない人はぜひこの機会に口座開設をおすすめします!

Binance(バイナンス)は日本円では取引ができないため、国内の取引所でビットコインやアルトコインを購入する必要があります。
海外仮想通貨取引所を利用するならそういった仮想通貨を安く購入できるZaif(ザイフ)bitbank(ビットバンク)の口座開設をおすすめします!

Binance(バイナンス)がおすすめの人
 
  • たくさんのアルトコインに投資をしたい人
  • まだ価格の安い将来有望な仮想通貨を購入したい人
  • 海外取引所を利用するときにも安心できるところがいいという人
 

ThumbBinance(バイナンス)取引所の登録方法から口座開設までの使い方まとめ! | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

海外取引所を利用するならチェックすべき国内仮想通貨取引所!


おすすめ国内取引所〜海外への送金編〜
 

・BTCの取引手数料が格安!BTCをお得に購入するならZaif(特徴)

・簡単操作がいい!初心者でも簡単送金
bitFlyer(特徴)

・送金手数料が無料!何度も送金するならDMM Bitcoin(特徴)

・リップルで高速送金!とにかく速く送金したいなら
GMOコイン(特徴)

・アルトコインの取引手数料が格安!BTC以外のお得な購入は
bitbank(特徴)

 
※用途に合わせた複数の取引所の利用をおすすめします。
※取引所はエラーでしばらく取引できないことがよくあるので、買い時を逃さないためにも複数利用をおすすめします。

ハッキング対策はハードウェアウォレットが結局一番!

今回Binance(バイナンス)がいかに素晴らしい取引所かはわかりました!

しかし、ハッキングという仮想通貨取引所の問題で起こる資産の消滅もあれば、今回の事件の引き金のフィッシングという私たちが問題で資産がなくなることもあります。

それらに対する完全なる対策は、ハードウェアウォレットを利用することです。

ハードウェアウォレットを利用するならそのウォレットの対応通貨の数や利用のしやすさで選びましょう!

おすすめはLedger Nano Sです!
Ledger Nano Sは世界でも最も利用されているハードウェアウォレットの一つでぜひこの機会にまだ持っていない人は自分の資産を守るためにも購入をしておきましょう!

Ledger Nano Sは最近人気のため、Ledger Nano Sを利用した詐欺もありますので必ず正規販売店で購入をしましょう!

このニュースを見た人はこちらのニュースも見ています

ThumbBinance(バイナンス)の評判・メリット・デメリット・安全性・セキュリティを解説! | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

徹底比較!2018年度版オススメ取引所ランキング


LINEで有力情報をゲット!
仮想通貨関連の注目サービスや海外ニュース、その他有力投資情報を配信!!


仮想通貨最新ニュース btcfeed line@

迷ったらまずこの取引所!初心者の人にオススメ取引所をご紹介!

安心・安全が一番!という人ならbitFlyer

bitFlyerは世界で最もセキュリティの高い取引所!

国内で唯一ハッキングへの補償もしている安心の取引所!

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

☛bitFlyerの口座開設方法はこちらで解説!

☛bitFlyerの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

取引するのに難しい操作が心配という人はGMOコイン

初心者の人でも簡単な操作で、リップルなどの人気仮想通貨が購入可能!

運営企業も上場企業の子会社で運営面も安心!

☛GMOコインの口座開設方法はこちらで解説!

☛GMOコインの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

仮想通貨取引をしているなら持っておくべき取引所!

人気アルトコインの購入なら手数料無料のbitbank!

人気のリップル(Ripple/XRP)を手数料無料で購入ができる!

リップル以外のアルトコイン手数料も無料!

☛bitbankの口座開設方法はこちらで解説!

☛bitbankの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

手数料の安さぶっちぎり!Zaif!

日本の取引所で手数料が最もお得な取引所!

ビットコインは取引すればするほどビットコインをもらえる!

海外取引所を利用するならZaifでのビットコイン購入がおすすめ!!

☛Zaifの口座開設方法はこちらで解説!

☛Zaifの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

人気通貨を唯一レバレッジ取引できるDMM Bitcoin

人気のリップルとネム、ライトコイン等を唯一レバレッジ取引できる!

レバレッジ取引も安心してできる仕組みを取り入れていて安心!

☛DMM Bitcoinの口座開設方法はこちらで解説!

☛DMM Bitcoinの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

関連するまとめ

仮想通貨取引所ランキング

  • No.1bitFlyer(ビットフライヤー)
    Bitflyerビットフライヤーは私もビットコイン取引で頻繁に使っている取引所の一つです!ビットフライヤーのおすすめポイント3つ!
    • ビットコイン取引日本一の使いやすさ!
    • 手数料が安い
    • 保障もあり安心の取引所
    ビットフライヤーの公式サイトはこちら!
  • No.2Zaif(Zaif)
    Zaifザイフは初心者に優しく日本で一番最初にできた仮想通貨取引所です!ザイフのおすすめポイント3つ!
    • 手数料安さ日本一!
    • 独自のサービスで魅力満点!
    • 老舗の信頼できる取引所!
    ザイフの公式サイトはこちら!
  • No.3GMOコイン
    GmoGMOコインは上場企業のグループ会社で安心の取引所です!初心者の簡単にお得に利用ができます!
    • 手数料が安く操作も簡単!
    • 上場会社のグループで安心!
    • FX取引はアプリでもできる!
    GMOコイン公式サイトはこちら!

管理人について

Widget1
仮想通貨のバブルに乗ってミリオネアを目指す26歳の仮想通貨トレーダーです。国立大学を卒業し総合系コンサル会社に入社→仮想通貨にハマり2年で退職し仮想通貨投資暦2年
50万の初期投資から貯金1200万(※2017年11月現在)
元々はフィンテック関連企業のアサイン経験からブロックチェーンの勉強をし、途中から投資を始めました。情弱だったことから起きた個人的な失敗談や、技術的な話を理解せずに投資をする友人達の失敗を見て本当に必要な情報を初心者〜中/上級者の方に向けて発信して行こうと思います。
僕が使っている取引所/トレード・保有してるコイン/参加したICOはこちら!

管理人のツイート

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ
Bitflyer side