仮想通貨トロン(Tron/TRX)が上場:今回は中国取引所のHuobi(フオビ)

仮想通貨トロン(Tron/TRX)は中国の仮想通貨取引所のHuobi(フオビ)に上場しました。最近上場を繰り返すトロン(Tron/TRX)はイーサリアム(ETH)に似たものですが、イーサリアム(ETH)の欠点を改善しより優れた仮想通貨をなると期待されています。

仮想通貨トロン(Tron/TRX)が上場:今回は中国取引所のHuobi(フオビ)のイメージ

目次

  1. 1仮想通貨トロン(Tron/TRX)が上場!上場したのは中国のHuobi(フオビ)
  2. 2最近頻繁に上場をして注目を集める仮想通貨トロン(Tron/TRX)とはどのような仮想通貨?
  3. 3仮想通貨トロン(Tron/TRX)は今年上場だけでなく提携も大きなニュースに!
  4. 4仮想通貨トロン(Tron/TRX)といえば、日本の取引所への上場の噂があったが。
  5. 5様々な取引所に上場し将来有望な仮想通貨トロン(Tron/TRX)を購入するなら?
LINEで情報をゲット!
仮想通貨関連の注目サービスや海外ニュース、その他投資情報を配信!!


仮想通貨最新ニュース btcfeed line@

当サイトで人気の仮想通貨取引所ランキング!
まだ一つしか取引所を持っていない人は必ず複数に登録をして安全に取引をしましょう!
【1位】bitFlyer(ビットフライヤー)

ビットコイン取引量、国内ユーザー数が日本一の信頼できる取引所!

【2位】GMOコイン

初心者の人に1番おすすめ!簡単に取引ができて、しかも手数料も超お得!

【当サイトで今一番人気!】QUOINEX

人気のリップルとネムを両方を日本で唯一現物取引できる取引所!注目のQASHも取引できる!

【今大注目!】DMM Bitcoin

日本で世界で注目のアルトコインを唯一レバレッジ取引できる大注目の取引所!

※【注意】絶対に複数取引所に登録して資産を分散しておきましょう!資産を失うリスクがあります!

仮想通貨トロン(Tron/TRX)が上場!上場したのは中国のHuobi(フオビ)

3月9日金曜日、中国の大手仮想通貨取引所Huobi(フオビ)は仮想通貨トロン(Tron/TRX)を上場させると発表しました。現在、トロン(Tron/TRX)とテザー(Tether/USDT)の取引ができます。

最近頻繁に上場をして注目を集める仮想通貨トロン(Tron/TRX)とはどのような仮想通貨?

仮想通貨トロン(Tron/TRX)はイーサリアムを超える?

仮想通貨トロン(Tron/TRX)は、2017年8月のICOから大幅なアップダウンを経験しました。

トロン(Tron/TRX)の価格は、元々0.16円だったところから2018年1月には32円に上昇し、現在の3.95円まで下落しました。

現在は、coinmarketcap.comによると、時価総額では、主要な15の仮想通貨のひとつです。

「ブロックチェーンと分散型ストレージを利用して世界中でフリーコンテンツのエンターテイメントシステムを構築することを目標とする、分散型ブロックチェーンを基盤としたプロトコルです」

「これにより、ユーザーは自由にデータを公開、保管、保持できるようになります。トロン(Tron/TRX)を使うことによって、制作物などのコンテンツの所有権はそれらを消費する人達に移るわけではなく、コンテンツの制作者、つまりアーティストや脚本家が所有権を持つことができるのです。」

要するに、仮想通貨トロン(Tron/TRX)の目標はブロックチェーン技術を利用してエンターテイメントと消費者市場で成功することです。トロン(Tron/TRX)計画はイーサリアム(ETH)と似ています。

イーサリアム(ETH)のように、トロン(Tron/TRX)はスマートコントラクトを管理するプラットフォームとなり、分散型アプリケーション(DApp)とイニシャル・コイン・オファリング(ICO)をトロン(Tron/TRX)上で提供することができるようになります。

また、トロン(Tron/TRX)はユーザーに分散型ストレージソリューションも提供するでしょう。

一方で、仮想通貨トロン(Tron/TRX)は、スケーラビリティ、スピード、ユーザビリティに関するイーサリアム(ETH)の欠点を改善するつもりです。

たとえば、トロン(Tron/TRX)のプロトコルは、仮想通貨イーサリアム(ETH)の~15取引/秒(TPS)およびビットコイン(BTC)の取引/秒(TPS)~7と比較して、およそ1,000取引/秒(TPS)の速さで取引を処理することができます。

さらに、トロン(Tron/TRX)のインテリジェントコントラクトは、Javaなどの一般的なプログラミング言語にも対応する予定です。
※イーサリアム(ETH)は独自の言語を利用する必要がありプログラマーに負担が大きいプラットフォームになっている。

最近、トロン(Tron/TRX)のテクニカルチームがライブストリーミングを行い、トロン(Tron/TRX)の基盤技術を細かく説明しました。

ライブストリーミングの内容は要約したものを以下で説明します。

仮想通貨トロン(Tron/TRX)は今年上場だけでなく提携も大きなニュースに!

今まで、いくつかの企業がすでに、今後トロン(Tron/TRX)のプロトコルを使用するため、トロン(Tron/TRX)との提携を発表しました。

提携を発表した企業は、
 

  • Obike(主要なバイクシェア会社の1つ)
  • GIFTO(国際的ギフトプラットフォーム)
  • Game.com(新しいブロックチェーンゲーム会社)
  • Peiwo(ライブストリーミングオーディオアプリ)
  • Global Social Chain(新しいブロックチェーンソーシャルメディア会社)

などです。


これらの企業は、さまざまなエンターテイメントおよび消費者市場から数千万人のアクティブユーザーを持っています。

これらの最初の提携は、励みにもなり、トロン(Tron/TRX)のエコシステムがどのように様々なことに役立つかを示せる機会でもあります。

Tron is now Available for Trading at Huobi Pro Exchange

RippleNews、Staff、10 Mar 2018

仮想通貨トロン(Tron/TRX)といえば、日本の取引所への上場の噂があったが。

いつトロン(Tron/TRX)は日本の仮想通貨取引所へ上場する?

仮想通貨トロン(Tron/TRX)は日本でも年末年始特に熱の入ったファンが多かった仮想通貨です。

その熱の原因となった一つにはトロン(Tron/TRX)の創業者が、
「トロン(Tron/TRX)を日本の仮想通貨取引所へ上場する予定がある」
とツイートをしたことが大きな原因と言えるでしょう。

このツイートによって、一体どの取引所へいつ上場をするのかということが大きく噂されました。

その後、仮想通貨市場全体の熱が一旦冷え込んだためにいつ上場するの?という話はあまり聞かれなくなりました。

仮想通貨取トロン(Tron/TRX)は日本の取引所へいつ上場するのか?
そしてどの取引所へ上場するのか、、
正直その話は全く分かりません。

というのも、トロン(Tron/TRX)財団もトロン(Tron/TRX)の創業者も、世界への進出を加速させており、現在は、インドやヨーロッパの国への動きを加速させているからです。


いつかはわかりませんが、Lisk(リスク/LSK)がbitFlyer(ビットフライヤー)に上場したように、プラットフォーム通貨は上場する可能性が高いと言えます!

ただそのころにはトロン(Tron/TRX)の価格が上がっていてもおかしくないので、今のうちに海外の取引所で購入しておくことをおすすめします。

様々な取引所に上場し将来有望な仮想通貨トロン(Tron/TRX)を購入するなら?

仮想通貨トロン(Tron/TRX)は先日もbittrexという世界最大級の取引所に上場したり、アジアで有望な取引所に上場したりと、その上場のスピードを速めています。

多くの取引所に上場するということは、その取引所を利用する多くの人がトロン(Tron/TRX)を売買することになり、トロン(Tron/TRX)の価格上昇に大きく起因します。

さらに、記事でも説明をしましたが、将来が有望なプラットフォーム通貨になろうとしている仮想通貨トロン(Tron/TRX)は今後も楽しみな通貨と言えるでしょう。

そんな将来有望なトロン(Tron/TRX)を購入をしたいと考えている人は、ぜひトロン(Tron/TRX)をBinance(バイナンス)で購入することをおすすめします!

Binance(バイナンス)は世界でも最も人気の仮想通貨取引所の一つです!

Binance(バイナンス)の良さは、
 

  • 手数料が素晴らしく安い!(0.05%)
 
  • 日本では手に入らない人気の仮想通貨をたくさん取り扱っている!(約100種類以上)
 
  • 取引所としても信頼できる大手仮想取引所!(開設から半年で世界一になるほどの人気)

世界で最も人気の取引所のBinance(バイナンス)は今後も多くの将来有望仮想通貨を取り扱っていくので、まだ口座開設していない人はぜひこの機会に口座開設をおすすめします!

Binance(バイナンス)は日本円では取引ができないため、国内の取引所でビットコインやアルトコインを購入する必要があります。
海外仮想通貨取引所を利用するならそういった仮想通貨を安く購入できるZaif(ザイフ)bitbank(ビットバンク)の口座開設をおすすめします!

Binance(バイナンス)がおすすめの人
 
  • たくさんのアルトコインに投資をしたい人
  • まだ価格の安い将来有望な仮想通貨を購入したい人
  • 海外取引所を利用するときにも安心できるところがいいという人
 

ThumbBinance(バイナンス)取引所の登録方法から口座開設までの使い方まとめ! | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

海外取引所を利用するなら押さえておきたい国内取引所!


おすすめ国内取引所〜海外への送金編〜
 

・BTCの取引手数料が格安!BTCをお得に購入するならZaif(特徴)

・簡単操作がいい!初心者でも簡単送金
bitFlyer(特徴)

・送金手数料が無料!何度も送金するならDMM Bitcoin(特徴)

・リップルで高速送金!とにかく速く送金したいなら
GMOコイン(特徴)

・アルトコインの取引手数料が格安!BTC以外のお得な購入は
bitbank(特徴)

 
※用途に合わせた複数の取引所の利用をおすすめします。
※取引所はエラーでしばらく取引できないことがよくあるので、買い時を逃さないためにも複数利用をおすすめします。

このニュースを見た人はこちらのニュースも見ています

ThumbHuobi.pro取引所の使い方!登録・口座開設・本人確認・入出金方法を解説! | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

徹底比較!2018年度版オススメ取引所ランキング


LINEで有力情報をゲット!
仮想通貨関連の注目サービスや海外ニュース、その他有力投資情報を配信!!


仮想通貨最新ニュース btcfeed line@

迷ったらまずこの取引所!初心者の人にオススメ取引所をご紹介!

安心・安全が一番!という人ならbitFlyer

bitFlyerは世界で最もセキュリティの高い取引所!

国内で唯一ハッキングへの補償もしている安心の取引所!

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

☛bitFlyerの口座開設方法はこちらで解説!

☛bitFlyerの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

取引するのに難しい操作が心配という人はGMOコイン

初心者の人でも簡単な操作で、リップルなどの人気仮想通貨が購入可能!

運営企業も上場企業の子会社で運営面も安心!

☛GMOコインの口座開設方法はこちらで解説!

☛GMOコインの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

仮想通貨取引をしているなら持っておくべき取引所!

人気アルトコインの購入なら手数料無料のbitbank!

人気のリップル(Ripple/XRP)を手数料無料で購入ができる!

リップル以外のアルトコイン手数料も無料!

☛bitbankの口座開設方法はこちらで解説!

☛bitbankの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

人気通貨を唯一レバレッジ取引できるDMM Bitcoin

人気のリップルとネム、ライトコイン等を唯一レバレッジ取引できる!

レバレッジ取引も安心してできる仕組みを取り入れていて安心!

☛DMM Bitcoinの口座開設方法はこちらで解説!

☛DMM Bitcoinの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

関連するまとめ

仮想通貨取引所ランキング

  • No.1bitFlyer(ビットフライヤー)
    Bitflyerビットフライヤーは私もビットコイン取引で頻繁に使っている取引所の一つです!ビットフライヤーのおすすめポイント3つ!
    • ビットコイン取引日本一の使いやすさ!
    • 手数料が安い
    • 保障もあり安心の取引所
    ビットフライヤーの公式サイトはこちら!
  • No.2GMOコイン
    GmoGMOコインは上場企業のグループ会社で安心の取引所です!初心者の簡単にお得に利用ができます!
    • 手数料が安く操作も簡単!
    • 上場会社のグループで安心!
    • FX取引はアプリでもできる!
    GMOコイン公式サイトはこちら!

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ
Bitflyer side