仮想通貨のトークンとは?仮想通貨との違いをどこよりも詳しく解説!

仮想通貨とともによく聞かれるトークン、どのような違いがあるのでしょうか。ビットコインは仮想通貨でもZAIFやXCPはトークンと呼ばれていますよね。仮想通貨に詳しくない方にもわかりやすく、トークンと仮想通貨の違いを解説いたします!

仮想通貨のトークンとは?仮想通貨との違いをどこよりも詳しく解説!のイメージ

目次

  1. 1そもそもトークンとは?
  2. 2トークンと仮想通貨の違い
  3. 3トークンが作られた目的
  4. 4トークンのメリット
  5. 5トークンのデメリット
  6. 6個人でトークンを作ることも可能!?
  7. 7どんなトークンがあるの?
  8. 8日本で購入可能なおすすめトークン3つを紹介
  9. 9トークンの今後の将来性
  10. 10仮想通貨のトークンまとめ
LINEで情報をゲット!
仮想通貨関連の注目サービスや海外ニュース、その他投資情報を配信!!


仮想通貨最新ニュース btcfeed line@

当サイトで人気の仮想通貨取引所ランキング!
まだ一つしか取引所を持っていない人は必ず複数に登録をして安全に取引をしましょう!
【1位】bitFlyer(ビットフライヤー)

ビットコイン取引量、国内ユーザー数が日本一の信頼できる取引所!

【2位】GMOコイン

初心者の人に1番おすすめ!簡単に取引ができて、しかも手数料も超お得!

【当サイトで今一番人気!】QUOINEX

人気のリップルとネムを両方を日本で唯一現物取引できる取引所!注目のQASHも取引できる!

【今大注目!】DMM Bitcoin

日本で世界で注目のアルトコインを唯一レバレッジ取引できる大注目の取引所!

※【注意】絶対に複数取引所に登録して資産を分散しておきましょう!資産を失うリスクがあります!

そもそもトークンとは?

仮想通貨におけるトークンとはどのようなものなのかを確認する前に、そもそもトークンとはどのようなものを指すのかについても、簡単に見ておきましょう。

経済学や心理学の実験などでも報酬としてトークンが用いられているので、仮想通貨に詳しくないという方も「トークン」という語句は聞いたことがあるという方も少なくないかもしれませんね。

トークンとは代理貨幣のことです。行動療法などの心理セラピーでは良い行動を行えば何らかのほうびが与えられたりしますが、本当のお金をあげるわけにいかないので代理貨幣(トークン)が用いられます。カードゲームでもトークンが使われています。

トークンが代理貨幣を指すということは仮想通貨自体がトークンだとも言えそうなのですが、厳密な定義はないもののトークンと仮想通貨は異なるものと認識されているようです。取引所でも通貨とトークンは別にされています。

Zaifトークンなど「トークン」と呼ばれるものは既存のブロックチェーンから発生する代理通貨を指します。ブロックチェーンということは仮想通貨っぽいイメージを持たれそうですが、両者には違いがあります。

なお、トークンの購入は主に海外の取引所になります。

海外取引所でトークンを購入するためのビットコインの送金には、ビットコインの取引手数料がなんとマイナスで取引すればするほどビットコインがもらえるお得なZaif(ザイフ)がおすすめです。

手数料は気がつけば大きくかさんでいるので、損をしないようにZaifに登録してお得にトークンを手に入れましょう。

また、国内の取引所ではトークンを多く取り扱っている取引所はZaifなので、そういった意味でもおすすめできる取引所です。

簡単1分で登録できます。

Zaif(ザイフ)の登録に関して不明点などがあれば【Zaifの登録、口座開設、本人確認、二段階認証のやり方】を参考にしてください!

ThumbZaifの評判・口コミ・信頼度は?使ってみた感想も同時に解説! | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]
Thumb仮想通貨のトークンから12種類からおすすめTOP5をランキングで解説! | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

トークンと仮想通貨の違い

トークンの捉え方は人によって意見が異なるようですが、ビットコインやZaifトークンも仮想通貨で、前者は通貨タイプの仮想通貨、後者のような資産型の仮想通貨を特にトークンと定義されていることがあります。

トークンの方を広く捉えてビットコインもトークンの一種で、その中でも仮想通貨と定義されていることもあるようです。

実用的な通貨タイプが仮想通貨、実用的な通貨の意味合いが少ない仮想通貨(代理貨幣)がトークンとも呼ばれてますが、その各貨幣の成り立ちに違いがあります。

トークンは独自のブロックチェーン技術なしで発行

仮想通貨というのは台帳を分散管理するための「ブロックチェーン技術」を用いて作られた、代理貨幣を指します。ビットコインならビットコインの、イーサリアムならイーサリアムのブロックチェーン技術から副次的に発生した、法定通貨でない通貨が仮想通貨になります。

一方、トークンは独自のブロックチェーン技術から作られたコインではなく、もともとあったブロックチェーン技術を活かし発行されたものを指します。例えばカウンターパーティートークンはビットコインのブロックチェーンで発行されるトークンです。

仮想通貨は独自のプラットフォーム、ブロックチェーン技術というのがあってその中でできた通貨であり、トークンはその技術を借りて作られた代理貨幣という違いがあると言えます。

トークンは容易に発行できる

一企業や一個人が仮想通貨を発行しようとすると大変なことですが、トークンは既存のブロックチェーン技術を利用するものであり、簡単に発行することが可能です。

トークンと違い、仮想通貨は簡単に発行できるものではありません。また仮想通貨はマイナーがいないと発行できませんが、トークンはマイニングを必要としないという点も仮想通貨と違います。

トークンは管理者がいる

トークンは企業や個人でも比較的簡単に発行できるものです。ということはそのトークンを管理する企業や人がいるということになります。仮想通貨は供給量は定められていますが、増やしたり減らしたりする管理までが一個人や企業に委ねられているわけではありません。

トークンは発行量が決まっていないことも?

ビットコインなどの仮想通貨は予め発行される量が決まっています。発行量が上限に達すればそれ以上市場に出回ることがありません。それゆえ希少性があると言われてもいます。

一方トークンの発行量は仮想通貨と違い、管理者(発行者)が自由に決定することが可能です。しかし希少性がないというわけではなく、トークンの中には発行枚数が少なくて価値が上がる(と言われる)ものもあります。

トークンの中には配当や優待があるものも?

仮想通貨のサイトを見ていて「トークンの配当金で・・・」という記述を見たことがある方もいるかもしれません。

全てのトークンではありませんが、トークンの中には企業や個人が得られた利益を分配する配当型のトークン、トークンを保有しておくことで何らかの優待が受けられるトークンもあります。株のような感覚ですね。

ThumbHERO Token(ヒーロートークン)とは?40億円を集めている注目ICOを特集【残り2日!】 | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

トークンが作られた目的

トークンのタイプによってもその目的が異なってきます。トークンは①実用的な貨幣として使うことを目的とした仮想通貨としてのトークン、②ネットワーク上で使うことを目的にしたトークン、③資金を作ることを目的にしたトークンがあります。

おそらくトークンに関心があるという方は、③のタイプのトークンの噂を聞きつけたからかもしれませんね。株のIPOのように仮想通貨でもICOという資金調達の方法があります。

  • 企業がトークンを発行
  • 投資家がトークンを購入
  • 集まった資金で事業を進める
  • 収入が得られたら配当金を出す(あるいは優待などの特典)

中にはシンギュラリティーネットのAIトークンのように1分で40億円を集めたというトークンもあります。

トークンは発行者側にとっては資金を集める目的で、購入者は発行者に資金を提供することで後々得をする目的で利用でき、(うまくいけば)win-winのシステムと言っても良いかもしれません。

ThumbベネズエラのICO仮想通貨ペトロ(Petro/PTR)がプレセールで5000億円を集めたと発表 | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

トークンのメリット

トークン発行の簡易性

トークン発行者側のメリットとして、簡易性が挙げられるでしょう。仮想通貨のようにトークンを発行するのには手間がかかりません。

既存のブロックチェーン技術を利用する上厳しい審査を通らないといけないというわけでもないので、株式発行よりもスムーズに資金を集めやすいです。このトークン発行による資金調達の容易性が、クラウドファンディングとも類似してると言われています。

トークンの価値が上がれば利益になる

トークンを購入した側からすると、トークンを発行した企業が成功すればそのトークンの価値も上がり、利益が得られます。

一般の仮想通貨はファンダメンタル的な分析は難しいですが、将来性のある事業絡みのトークンなら価値が上がる可能性大です。やはり株と似ていますね。

トークンは少ない額でも投資可能

株で投資を始めようとしたら、ある程度まとまったお金が必要となることが多いです。しかしトークンなら少ない額でも気軽に購入することも可能です。

Thumb仮想通貨トークンエコノミーとは?日本円がいらない時代が来る!? | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

トークンは国内ではZaifで多く取り扱われています。

また、海外取引所では圧倒的に多くのトークンが取り扱われています。

海外取引所でトークンを購入するためのビットコインの送金には、ビットコインの取引手数料がなんとマイナスで、取引すればするほどビットコインがもらえるお得なZaif(ザイフ)がおすすめです。

簡単1分で登録できます。

Zaif(ザイフ)の登録に関して不明点などがあれば【Zaifの登録、口座開設、本人確認、二段階認証のやり方】を参考にしてください!

ThumbZaifの評判・口コミ・信頼度は?使ってみた感想も同時に解説! | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

送金におすすめの他の取引所は以下にまとめています。

仮想通貨取引ではできるだけ多くの取引所に登録しておくことが基本ですので、登録していない取引所がある方はまとめて登録しておきましょう
 


おすすめ国内取引所〜海外への送金編〜
 

・BTCの取引手数料が格安!BTCをお得に購入するならZaif(特徴)

・簡単操作がいい!初心者でも簡単送金
bitFlyer(特徴)

・送金手数料が無料!何度も送金するならDMM Bitcoin(特徴)

・リップルで高速送金!とにかく速く送金したいなら
GMOコイン(特徴)

・アルトコインの取引手数料が格安!BTC以外のお得な購入は
bitbank(特徴)

 
※用途に合わせた複数の取引所の利用をおすすめします。
※取引所はエラーでしばらく取引できないことがよくあるので、買い時を逃さないためにも複数利用をおすすめします。

トークンのデメリット

トークンを発行した企業の事業が失敗する可能性も

事業内容に期待をこめてトークン投資をしたものの、残念なことに事業がうまくいかず価値が上がらないということもあります。事業撤退ということもあり得るでしょう。

購入したトークンが詐欺!?

ニュースでも小耳に挟んだことがあるかもしれませんが、ICO(トークンセール)詐欺が問題になっています。発行が容易な分、信頼できないような発行元のトークンもあるようです。情報収集はよく行なった方が良いでしょう。

トークンの使用用途が不明

勢いでトークンを購入したものの、そのトークンの使い道が特にないという場合もあります。なんとなくの期待感でトークンを長期保有していても、価値が上がらなかったら・・・という不安も残ります。

Thumb仮想通貨のホワイトペーパーの意味とは?ICO参加するには必読! | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

個人でトークンを作ることも可能!?

すでにご紹介しましたように、トークンは個人で作ることも可能です。個人で何か事業を行う場合はもちろんのこと、サイトを運営している人でもトークンを発行しているケースがよく見かけられます。

有名人の方ではイケハヤさん、ホリエモンさんもトークンを発行して話題になっていましたね。

独自のトークンはIndieSquare Walletなどのモバイルアプリを使って、簡単に発行することができます。IndieSquareではBTCとXCP(トークン)が必要となります。

どんなトークンがあるの?

トークンも非常に多くの銘柄があります。下表はそのごく一部です。

トークン/トークンの種類(プラットフォーム)

ZAIF カウンターパーティー
XCP カウンターパーティー
PEPECASH(ぺぺキャッシュ) カウンターパーティー
BCY(ビットクリスタル) カウンターパーティー
SJCX(ストレージコインエックス) カウンターパーティー
QASH(キャッシュ) ERC-20
BNB(バイナンスコイン) ERC-20
CMS:ETH/CMS:XEM ERC-20/Mosaic
KCS(クーコインシェアーズ) ERC-20

カウンターパーティートークンにはZaifトークン、XCPなどがありますが、このカウンターパーティーはビットコインのブロックチェーン上に作られているプラットフォームです。ビットコイン同様セキュリティも高いというメリットがある一方で、送金詰まりも起きやすいとも言われてます。

BNBやCMS:ETHなどのトークンが代表的なERC-20はイーサリアムのトークン、Mosaic(モザイク)はNEMのブロックチェーン上発行のトークンです。COSMA発行のCMSトークンがERC-20とMosaicの両方があり、どっちが良いのかと話題になっていました。

Thumb仮想通貨XCPトークンの購入方法(買い方)とおすすめ取引所を解説! | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

日本で購入可能なおすすめトークン3つを紹介

トークンには多数の銘柄がありますが、日本国内で購入できるトークンの中でも特におすすめの3つのトークンをご紹介します!

Zaifトークン

テックビューロ株式会社(仮想通貨取引所Zaifを運営)が発行しているZaifトークン「ZAIF」はZaifでのみ購入可能なトークンです。「ザフト」とも呼ばれています。

Zaifトークンはビットコインの技術を利用、カウンターパーティーというプロトコルで作られたトークンです。企業系トークンとして先陣を切ったこと、代表の朝山貴生氏への信頼度と会社の将来性などを見越し、かなり期待度の高いトークンです。

Zaifトークンで億り人を夢見ているという声も聞かれるようですが、ZAIFトークンの買い時を狙っている人も少なくないようです。チャートでは落ち着いた状況を見せているようですが今後ガツンと来るかもしれませんね。トークンはZaifでのみ購入可能です。

XCPトークン

XCPトークンもカウンターパーティーで作られたトークンです。XCPに関しては発行量が決まっていて、上限が260万枚となっています。ホワイトリストに登録されてるトークンです。

XCPは消費することで独自の仮想通貨を作ることができるトークンです。つまり新しく通貨を発行すればXCPの量は元々少ないためさらに少なくなります。それだけ希少性が高くなると考えられ、価値も上がっていくとされています。XCPも国内ではZaifでのみ購入できるトークンです。

PEPECASH(ペペキャッシュ)

PEPECASH(ぺぺキャッシュ)はアメリカの掲示板4ch発のトークンで、日本のモナコインと似ていると言われています。見た目はジョークコインのようですが、爆上げを記録して話題になりました(このあたりもモナコインに似ているかも?)。

チャートでは現在4円台(2018年3月13日時点)を推移していますが、2017年に高値がついたときは20円を超え30円近くまで寄ったこともありました。

ぺぺキャッシュもカウンターパーティー上で発行されたもので、ホワイトリストにも載っているトークンです。

ぺぺキャッシュが何に使えるのかというと、レアぺぺと呼ばれるトレーディングカードを購入するのに使われます。実用性がなさそうで残念な感じがしますが、トレーディングカードには高値がつくこともあります。

おすすめトークンはいずれもZaifで購入可能

上で紹介したZAIF、XCP、PEPECASHの3つのトークンは、いずれもZaifで購入可能です。日本円かBTCで購入できます。

ThumbZaif(ザイフ)トークンのチャートの買い方と見方【今後の可能性】 | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

トークンの今後の将来性

トークンは発行者にも購入者にもさまざまなメリットがありますが、気軽に発行・購入できる分リスキーな部分もあります。トークンの使い道や特典もそれぞれ異なり、最悪価値のないトークンを掴んでしまうという恐れもあります。

トークンの法的整備が進み安心してトークンが安心して購入できること、またトークンの使用用途がもう少しはっきりすることで、より将来性が高まることが期待できるでしょう。

もちろんトークンだけでなく仮想通貨全体のイメージ向上も必須となると考えられます。まだまだ仮想通貨もトークンも黎明期、信頼性が高まり使用用途が増えて利用者も増えることで、より活気づいてくるものと考えられます。

Thumb韓国で仮想通貨のICOに対する規制:しかし今回の規制は仮想通貨にとってはプラスか | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

仮想通貨のトークンまとめ

仮想通貨とトークンの違いについて見てきましたが、その違いはご理解いただけたでしょうか?

仮想通貨は独自のプラットフォームで発行された通貨であり、トークンはその技術を借りて作られた通貨であり、独自のブロックチェーンを基本的に持たないものということです。

配当や特典があるという株のような性質を持つトークンも多いのですが、その使い道がないと価値のないものになる恐れがあります。

またトークンを発行した企業の事業がうまくいかなかったとき、持ち逃げの恐れもあるので要注意です。選ぶなら信頼性の高いトークンを購入しましょう。

トークンの購入と、さらに多くのトークンを海外取引所で購入するためのビットコインの送金には手数料が安くてお得なZaifがおすすめです。

簡単1分で登録できます。

ThumbZaifの評判・口コミ・信頼度は?使ってみた感想も同時に解説! | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

海外取引所への送金を早く済ませたい方はリップルの送金がおすすめです。

リップルの購入は国内で唯一リップルを板取引でお得に購入できて2018年6月まで取引手数料が無料で人気が急上昇中のbitbankがおすすめです。

こちらも簡単1分で登録できます。

bitbank(ビットバンク)の登録に関して不明点などがあれば【bitbankの登録、口座開設、本人確認、二段階認証のやり方】を参考にしてください!

Thumbbitbank(ビットバンク)取引所の評判や特徴まとめ【保存版】 | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]
ThumbZaif(ザイフ)トークンとは?買い方からチャートの見方を徹底解説! | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

徹底比較!2018年度版オススメ取引所ランキング


LINEで有力情報をゲット!
仮想通貨関連の注目サービスや海外ニュース、その他有力投資情報を配信!!


仮想通貨最新ニュース btcfeed line@

迷ったらまずこの取引所!初心者の人にオススメ取引所をご紹介!

安心・安全が一番!という人ならbitFlyer

bitFlyerは世界で最もセキュリティの高い取引所!

国内で唯一ハッキングへの補償もしている安心の取引所!

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

☛bitFlyerの口座開設方法はこちらで解説!

☛bitFlyerの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

取引するのに難しい操作が心配という人はGMOコイン

初心者の人でも簡単な操作で、リップルなどの人気仮想通貨が購入可能!

運営企業も上場企業の子会社で運営面も安心!

☛GMOコインの口座開設方法はこちらで解説!

☛GMOコインの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

仮想通貨取引をしているなら持っておくべき取引所!

人気アルトコインの購入なら手数料無料のbitbank!

人気のリップル(Ripple/XRP)を手数料無料で購入ができる!

リップル以外のアルトコイン手数料も無料!

☛bitbankの口座開設方法はこちらで解説!

☛bitbankの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

人気通貨を唯一レバレッジ取引できるDMM Bitcoin

人気のリップルとネム、ライトコイン等を唯一レバレッジ取引できる!

レバレッジ取引も安心してできる仕組みを取り入れていて安心!

☛DMM Bitcoinの口座開設方法はこちらで解説!

☛DMM Bitcoinの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

関連するまとめ

仮想通貨取引所ランキング

  • No.1bitFlyer(ビットフライヤー)
    Bitflyerビットフライヤーは私もビットコイン取引で頻繁に使っている取引所の一つです!ビットフライヤーのおすすめポイント3つ!
    • ビットコイン取引日本一の使いやすさ!
    • 手数料が安い
    • 保障もあり安心の取引所
    ビットフライヤーの公式サイトはこちら!
  • No.2GMOコイン
    GmoGMOコインは上場企業のグループ会社で安心の取引所です!初心者の簡単にお得に利用ができます!
    • 手数料が安く操作も簡単!
    • 上場会社のグループで安心!
    • FX取引はアプリでもできる!
    GMOコイン公式サイトはこちら!

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ
Bitflyer side