アメリカで仮想通貨取引所への規制:SECが仮想通貨取引所は取引所としての登録をとコメント

アメリカのSECは仮想通貨取引所の規制を発表しました。ビットコイン(BTC)の価格低下はアメリカで見られる仮想通貨に対する課税、SECによる仮想通貨規制のためのユニット結成、仮想通貨の商品化など仮想通貨規制への動きが原因であると考えられます。

アメリカで仮想通貨取引所への規制:SECが仮想通貨取引所は取引所としての登録をとコメントのイメージ

目次

  1. 1アメリカで仮想通貨取引所への規制を発表
  2. 2アメリカの仮想通貨取引所への規制の内容とは?
  3. 3アメリカのこれまでの仮想通貨取引所の規制に至るまでの動き
  4. 4アメリカの仮想通貨規制やその他の対応のこれまでの流れ
  5. 5各国の仮想通貨の規制
  6. 6アメリカで仮想通貨取引所への規制まとめ
LINEで情報をゲット!
仮想通貨関連の注目サービスや海外ニュース、その他投資情報を配信!!


仮想通貨最新ニュース btcfeed line@

当サイトで人気の仮想通貨取引所ランキング!
まだ一つしか取引所を持っていない人は必ず複数に登録をして安全に取引をしましょう!
【1位】Zaif(ザイフ)

取引手数料の安さNO.1!本サイト1番のオススメ取引所!

【2位】bitFlyer(ビットフライヤー)

ビットコイン取引量、国内ユーザー数が日本一の信頼できる取引所!

【3位】GMOコイン

初心者の人に1番おすすめ!簡単に取引ができて、しかも手数料も超お得!

【当サイトで今一番人気!】QUOINEX

人気のリップルとネムを両方を日本で唯一現物取引できる取引所!注目のQASHも取引できる!

【今大注目!】DMM Bitcoin

日本で世界で注目のアルトコインを唯一レバレッジ取引できる大注目の取引所!

※【注意】絶対に複数取引所に登録して資産を分散しておきましょう!資産を失うリスクがあります!

アメリカで仮想通貨取引所への規制を発表

アメリカの仮想通貨取引所への規制の発表によりビットコイン(BTC)価格は10%もの急落

アメリカの米証券取引委員会(SEC)は、オンライン仮想通貨取引プラットフォームを取引所として登録しなければならないようにするつもりであるとの規制を本日発表しました。

SECは、「プラットフォームが、連邦証券法に定義されているように、証券である仮想通貨の取引を提供する「取引所」として機能する場合、国家証券取引所としてSECに登録するか免除を受ける必要があります」と言いました。

価格の低下は、SECがより連邦的な規制の枠組みを作り出していることを示唆するアメリカ国内で見られるいくつかの最近の動向が原因だと考えられます。

アメリカの仮想通貨取引所への規制の内容とは?

アメリカの仮想通貨への規制の動き①

まず、IRSは主要な取引所であるCoinbase(コインベース)に対し、課税のために数千人の高収益を得た顧客の記録を提出するように命じました。

 

仮想通貨の課税は制定されていません。ほとんどの場所で仮想通貨はまだ明確な法的定義がなされていないからです。しかし、当局は仮想通貨の普及に対応しようとしています。

仮想通貨は小規模なすき間産業であったため、仮想通貨はもともと課税の対象ではありませんでした。しかし、現在、市場価値は数十億に達しており、その技術は一般の公共金融機関にも導入されています。

そう考えると、アメリカが仮想通貨の課税に踏み切るのは当たり前のことです。

言うまでもなく、突然ビットコイン(BTC)に税金を払わなければならないとなると、ビットコイン(BTC)を取引する魅力が減ることになります。

アメリカの仮想通貨への規制の動き②

第二に、アメリカのSECは、ブロックチェーン技術やICOに関連する違反行為をターゲットにして、9月にサイバー・ユニットを結成しました。SECのユニットは以来積極的に規制活動を行なっています。

SECのユニットは、最近では、ダラスのAriseBankのICOへ中断を命じました。

SECのユニットは、プロジェクトは「ソーシャルメディア、有名人の支持、および他の大規模な普及戦術を使ってわずか2ヶ月で同社が言うに1060億円の目標のうち636億円を調達しました」と述べています。

SECのユニットがこのような対応をするのは3回目です。

アメリカの仮想通貨への規制の動き③

第三に、アメリカの連邦裁判官は昨日、仮想通貨を合法的に商品として分類すると裁定しました。

この判決は、詐欺的な投資勧告を行う個人に対する特定の訴訟の中で下されたものですが、前例ができたと言う点では仮想通貨の規制を初めているアメリカのSECにとって重要なことです。

アメリカのこれまでの仮想通貨取引所の規制に至るまでの動き

SECは、情報を収集するために数十の仮想通貨関連企業に召喚状を送ってきたと報告されています。これもまた当たり前のことです。

SECのトップ、Jay Claytonは、法律の規制範囲外で運営する仮想通貨関連のベンチャー企業に対して不快感を長年示してきました。彼は、最近の上院聴聞会で、多くのICOが違法に行われていることは知っていると言いました。

「仮想通貨ICOの主催者や他の参加者は、アメリカで制定されている証券法に従っていません。法律が明確でないからだという人もいますが、私はそんな言い訳は信用していません」

Breaking: Value of Bitcoin Plummets by 10% Following SEC Announcement

Financemagnates、Simon Golstein、7 Mar 2018

アメリカの仮想通貨規制やその他の対応のこれまでの流れ

アメリカはこれまで仮想通貨に対してかなり厳しい対応してきた国でした。

“ビットコインの神様”ことロジャーバーやウィンクルボス兄弟のように多くのビットコイン長者を生み出し、彼らが仮想通貨をより広めるための行動をしてきたにもかかわらず、アメリカでは常に仮想通貨に対する規制を含めた厳しい態度に出てきました。

2017年のETF非承認

規制ではありませんが、今回同様にビットコイン価格が10%も落ちたアメリカのビットコインの事件と言えばこのビットコインのETF非承認です。

この時は、ビットコインで初めての億万長者となり、アメリカとカナダで取引所サービスを行っているジェミニの設立者のウィンクルボス兄弟が、ビットコインETFの承認に動き出しました。


しかし、ビットコインETFはSECにより否決されてしまいます。
この時の理由としては、ビットコインの価格のボラティリティが高すぎるためというものでした。

この時のビットコイン価格の相場

ビットコインの投資はその当時、今よりも注目度は低くほんの一部の人によってのみ行われていました。

もしもETFが認証されれば、多くの人が投資をする一つの選択肢となり、多くのマネーが流れ込むことになるため大幅な価格上昇をすると考えられていました。

そのためSECの議会の始まる前に期待からビットコインの価格はおおきく上昇していました。

しかし、SECによりビットコインETFは非承認となり価格は最も高いところから低いところで30%も急落をします。

2018年2月頃はアメリカの議会で仮想通貨へ肯定的な意見も


2018年2月、アメリカ上院議会にて、SECや、CFTC(商品先物委員会)の代表も集まり今後の仮想通貨への対応についての公聴会が開かれました。

その時CFTCの議長は、
「仮想通貨の基盤技術であるブロックチェーンは素晴らしいイノベーションだ。

その技術はビットコインがなければ存在しなかっただろう」

という発言をし仮想通貨会にアメリカは寛大な動きになるだろうと考えられ、大きく取り上げられました。

その発言もあってか、ビットコインの価格はその後大きく高騰をしました。

各国の仮想通貨の規制

今回仮想通貨取引所に規制をしたアメリカですが、世界各国でアメリカ同様に規制の動きを早めています。

韓国

韓国では、2月に仮想通貨取引所に対して、取引所は全て、日本でも行われているように、仮想通貨交換業社として登録をすることを発表しました。

その発表までは、韓国はかなり厳しい規制をするかもしれないといわれていたため、この発表は市場に大きく交換を持たれました。

Thumb韓国政府は仮想通貨取引所の運営にライセンス制を導入する可能性が | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

中国

中国では、国内取引所、海外取引所、マイニング事業社全ての活動をストップするようにという声明を発表しました。

これまで中国では、仮想通貨に対して何度も厳しい態度をとって来ました。
しかしそれでも中国マネーは仮想通貨の世界で大きな存在感を持っていると考えられてか、大きく価格が下がって来ました。

2月に発表された中国でのあらゆる仮想通貨に関わる事業への規制はその当時の価格にマイナスの影響を及ぼしたものの、それまでの価格変動ほどでのマイナスの影響はありませんでした。

Thumb中国がついに仮想通貨の全面禁止か?大暴落の原因は中国の規制か? | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

インド

インドもまた、仮想通貨界に大きな影響を及ぼす可能性を秘めた国です。
インドは既に仮想通貨の取引高における10%を占めると言われている国です。

そのような国であるためか、インドの仮想通貨に対する規制のニュースは価格に大きく影響を与えます。


前回、仮想通貨に対する財務大臣の発言が「仮想通貨を規制する」という誤報になった際には、価格が最大33%ほども下がりました。

その後その発言をメディアが誤って伝えたことがわかり、ビットコイン価格は回復しました。

しかし、インドもまたアメリカと同じように仮想通貨取引に関する規制を準備しており、今後そのニュースにも注目です。

Thumbインドで仮想通貨への規制が厳しくなるとの報道が【仮想通貨の最新ニュース】 | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

アメリカで仮想通貨取引所への規制まとめ

現在ビットコインは様々な情報ひとつで価格を大きく上下させます。

このボラティリティが仮想通貨は危険と考えさせる原因になっていますが、逆にこんなにも短期で価格が変動する金融商品はありません。

ハイリスク、ハイリターンのですが、価格が下がる時にも稼ぐことができるFX取引なら、これほどの価格変動する仮想通貨は魅力的な投資商品です。

仮想通貨のFX取引を行うなら、GMOコインがおすすめです。

GMOコインは上場企業のGMOグループの会社です!

親会社のGMOがFx取引で世界一のため、取引所の安定感は最も高いといえます!
さらに初心者でも簡単な操作で取引ができるので仮想通貨取引が難しそうと思っている人におすすめです!

また人気通貨のリップル(Ripple/XRP)も取り扱っていて、人気通貨は一通り購入ができます!

ビットコインFxをアプリで簡単にできる「ビットレ君」を提供していて、どこにいてもFx取引ができるのでトレードをしている中~上級者も利用しやすい通貨と言えます!

Fx取引ができるのはビットコインだけなので、人気通貨のリップル(Ripple/XRP)やネム(NEM/XEM)のFx取引をできるDMM Bitcoinも同時の口座開設をおすすめします!

GMOコインがおすすめの人

 
  • 簡単な操作で仮想通貨取引をしたい人
  • 頻繁な取引をする人
  • Fx取引をしていて、スマホでもしたいと考えている人
 

GMOコインの登録に関して不明点などがあれば【GMOコインの登録、口座開設、本人確認、二段階認証のやり方】を参考にしてください!

ThumbGMOコインの特徴と評判比較!仮想通貨(ビットコイン)FXや売買方法! | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

徹底比較!2018年度版オススメ取引所ランキング


LINEで有力情報をゲット!
仮想通貨関連の注目サービスや海外ニュース、その他有力投資情報を配信!!


仮想通貨最新ニュース btcfeed line@

迷ったらまずこの取引所!初心者の人にオススメ取引所をご紹介!

安心・安全が一番!という人ならbitFlyer

bitFlyerは世界で最もセキュリティの高い取引所!

国内で唯一ハッキングへの補償もしている安心の取引所!

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

☛bitFlyerの口座開設方法はこちらで解説!

☛bitFlyerの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

取引するのに難しい操作が心配という人はGMOコイン

初心者の人でも簡単な操作で、リップルなどの人気仮想通貨が購入可能!

運営企業も上場企業の子会社で運営面も安心!

☛GMOコインの口座開設方法はこちらで解説!

☛GMOコインの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

仮想通貨取引をしているなら持っておくべき取引所!

人気アルトコインの購入なら手数料無料のbitbank!

人気のリップル(Ripple/XRP)を手数料無料で購入ができる!

リップル以外のアルトコイン手数料も無料!

☛bitbankの口座開設方法はこちらで解説!

☛bitbankの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

手数料の安さぶっちぎり!Zaif!

日本の取引所で手数料が最もお得な取引所!

ビットコインは取引すればするほどビットコインをもらえる!

海外取引所を利用するならZaifでのビットコイン購入がおすすめ!!

☛Zaifの口座開設方法はこちらで解説!

☛Zaifの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

人気通貨を唯一レバレッジ取引できるDMM Bitcoin

人気のリップルとネム、ライトコイン等を唯一レバレッジ取引できる!

レバレッジ取引も安心してできる仕組みを取り入れていて安心!

☛DMM Bitcoinの口座開設方法はこちらで解説!

☛DMM Bitcoinの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

関連するまとめ

仮想通貨取引所ランキング

  • No.1bitFlyer(ビットフライヤー)
    Bitflyerビットフライヤーは私もビットコイン取引で頻繁に使っている取引所の一つです!ビットフライヤーのおすすめポイント3つ!
    • ビットコイン取引日本一の使いやすさ!
    • 手数料が安い
    • 保障もあり安心の取引所
    ビットフライヤーの公式サイトはこちら!
  • No.2Zaif(Zaif)
    Zaifザイフは初心者に優しく日本で一番最初にできた仮想通貨取引所です!ザイフのおすすめポイント3つ!
    • 手数料安さ日本一!
    • 独自のサービスで魅力満点!
    • 老舗の信頼できる取引所!
    ザイフの公式サイトはこちら!
  • No.3GMOコイン
    GmoGMOコインは上場企業のグループ会社で安心の取引所です!初心者の簡単にお得に利用ができます!
    • 手数料が安く操作も簡単!
    • 上場会社のグループで安心!
    • FX取引はアプリでもできる!
    GMOコイン公式サイトはこちら!

管理人について

Widget1
仮想通貨のバブルに乗ってミリオネアを目指す26歳の仮想通貨トレーダーです。国立大学を卒業し総合系コンサル会社に入社→仮想通貨にハマり2年で退職し仮想通貨投資暦2年
50万の初期投資から貯金1200万(※2017年11月現在)
元々はフィンテック関連企業のアサイン経験からブロックチェーンの勉強をし、途中から投資を始めました。情弱だったことから起きた個人的な失敗談や、技術的な話を理解せずに投資をする友人達の失敗を見て本当に必要な情報を初心者〜中/上級者の方に向けて発信して行こうと思います。
僕が使っている取引所/トレード・保有してるコイン/参加したICOはこちら!

管理人のツイート

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ
Bitflyer side