ジハンウー氏が中央銀行の仮想通貨について語る:アメリカの首都にて

仮想通貨業界でもっとも影響力があると言われるジハンウーがワシントンでのイベントで中央銀行の仮想通貨について語りました。このイベントでは、ジハンウーだけでなく多くの有力者が集まり、仮想通貨とブロックチェーンについて議論します。

ジハンウー氏が中央銀行の仮想通貨について語る:アメリカの首都にてのイメージ

目次

  1. 1ジハンウー氏が中央銀行の仮想通貨について語る
  2. 2仮想通貨界で最も影響のあると言われるジハンウー氏とは?
  3. 3ジハンウー氏が中央銀行の仮想通貨を作るプロジェクトに投資すると発言
  4. 4ジハンウーが語った内容とは?
  5. 5ジハンウー氏が仮想通貨の市場と規制について語る
  6. 6ジハンウー氏が仮想通貨の将来について語る会議とはどのような会議?
  7. 7ジハンウーの立ち上げたBitmainとは?
LINEで情報をゲット!
仮想通貨関連の注目サービスや海外ニュース、その他投資情報を配信!!


仮想通貨最新ニュース btcfeed line@

当サイトで人気の仮想通貨取引所ランキング!
まだ一つしか取引所を持っていない人は必ず複数に登録をして安全に取引をしましょう!
【1位】Zaif(ザイフ)

取引手数料の安さNO.1!本サイト1番のオススメ取引所!

【2位】bitFlyer(ビットフライヤー)

ビットコイン取引量、国内ユーザー数が日本一の信頼できる取引所!

【3位】GMOコイン

初心者の人に1番おすすめ!簡単に取引ができて、しかも手数料も超お得!

【当サイトで今一番人気!】QUOINEX

人気のリップルとネムを両方を日本で唯一現物取引できる取引所!注目のQASHも取引できる!

【今大注目!】DMM Bitcoin

日本で世界で注目のアルトコインを唯一レバレッジ取引できる大注目の取引所!

※【注意】絶対に複数取引所に登録して資産を分散しておきましょう!資産を失うリスクがあります!

ジハンウー氏が中央銀行の仮想通貨について語る

仮想通貨ビットコイン(BTC)のマイニングを行うハードウェアメーカーBitmainの共同CEOで、賛否両論の声が上がることでも有名なジハンウーは、水曜日のスピーチで中央銀行の仮想通貨について登壇しました。

ジハンウーは、開発者イベントを皮切りに火曜日に始まった3日間に及ぶD.C.ブロックチェーンサミットでおそらく最も期待されている講演者でしょう。

 

仮想通貨界で最も影響のあると言われるジハンウー氏とは?

2017年、ジハンウーはCoinDeskの仮想通貨業界で最も影響力のある人物に選ばれています。Fortuneによると、ジハンウーはアナリストが昨年利益約4228億円を達成したと予測される世界最大の仮想通貨ビットコイン(BTC)マイニングのハードウェアプロバイダーのトップです。

賛否両論のあるジハンウーは誰に尋ねるかによって全く意見が変わります。
ジハンウーは一番の敵だという人もいれば、Roger Verが言うように、「何年も仮想通貨の世界に人生と魂を注ぎ込んだ」人物という人もいます。

ジハンウーが議題として選んだ、中央銀行が作る仮想通貨に対してはジハンウー自身と同じぐらい賛否両論の意見があるでしょう。

世界各地の多くの機関が、中央銀行がビットコイン(BTC)の基礎となる技術を使ってお金をさらにデジタル化することに注目してきました。

しかし、金融界からの支持にもかかわらず、評論家は、2018年に中央銀行が仮想通貨を作る可能性は低いと言います。

ジハンウー氏が中央銀行の仮想通貨を作るプロジェクトに投資すると発言

ビットコイン(BTC)マイニングの大手Bitmainは、ブロックチェーンを使用する「私営中央銀行」を作ろうとする30もの新興企業に投資する予定であると水曜日に発表しました。

共同設立者のジハンウーはデジタル商工会議所とジョージタウン大学の金融市場と政策センターが主催するDCブロックチェーンサミットで初めての基調講演をしました。

ジハンウーは講演で、法定通貨を支持する中央銀行と増え続ける世界中の仮想通貨のたくさんのサービスの違いについて吟味しました。

おそらく最も注目すべきことは、ジハンウーの講演が、Bitmainはこれらの2つの世界をつなぐであろう20~30の新興企業に投資する考えであるとの公表で終えたことでしょう。

ジハンウーは、私営中央銀行は、法律上は私営であるもののアメリカ政府とつながっている連邦準備銀行のような機関とは異なり、「消費者のためにより利便性の高い顧客体験を提供することができます」と言いました。

ジハンウーが語った内容とは?

ジハンウーは次のように説明しました。

「Bitmainは、合法的に、私営の通貨を発行し、サービスとして提供するためにブロックチェーン技術を使用する私営中央銀行の新興企業に非常に関心があります。私たちはこのユニークな新興経済に焦点を当てている20~30の新興企業に投資したいと考えています」

ジハンウーはまた、こうしたベンチャー企業は潜在的に有利であると主張し、連邦準備銀行が得た収益を強調し、「中央銀行が非常に有益な事業であることは誰もが知っています」と発言しました。

ジハンウーの発言は、Quartzが以前に報道したように、人工知能分野での応用も検討しているBitmainの野望が大きくなっている証拠です。

また、中央銀行に焦点をあてた戦略によって、聞くところによると、Bitmainはカナダを視野に入れて、マイニングの規模を拡大しようとしています。

ジハンウー氏が仮想通貨の市場と規制について語る

ジハンウーは、経済学者のFriedrich Hayekの話題からトークンによる動機作りまで、多くの話題に言及した後、最後に新興企業へ投資を発表しました。

特に、彼は、いくつかの仮想通貨ネットワークが急成長していることを指摘し、仮想通貨市場はいくつかの重要な仮想通貨を中心として統合することになるだろうという理論に異議を唱えました。

「事実、ビットコイン(BTC)の支配力は低下しており、イーサリアム(ETH)やダッシュ(Dash)のような他の仮想通貨が大きく急成長しています。そのため、仮想通貨市場が統合するという理論が正しいということを説明することはできないのです」とジハンウーは言いました。

実際、ジハンウーは、「完璧な」仮想通貨など存在せず、そのため、仮想通貨市場では数多くの選択肢(数多くの様々なサービスに特化した仮想通貨)が求められていると主張しました。

「市場には完璧な仮想通貨は存在しないため、仮想通貨市場はより多くの仮想通貨を必要とするでしょう」とジハンウーは出席者に語りました。

ジハンウーはまた、特に規制やトークンに関する話題に触れました。
これは、米国証券取引委員会(SEC)が、ICOで集まったトークンの取引サービスを提供する取引プラットフォームは、該当するトークンが証券であると見なされる場合、政府に登録しなければならない、と水曜日に発表しそれらのトークンを調査するという噂があり大きな話題となっているものです。

それに対して、Bitmainの共同設立者ジハンウーは、現在の仮想通貨市場の多くのトークンが証券の定義に該当すると思うと言いました。

「ほとんどのトークンが証券の定義に該当すると思われ、証券の規制の対象となるでしょう」といい、次のように主張しました。

「しかし、規制当局は、こうしたビジネス革新にどう対処するか、良い方法を用意する必要があると私は思います」

ジハンウー氏が仮想通貨の将来について語る会議とはどのような会議?

ジハンウーのスピーチは、規制当局、政府関係者、新興企業、ビジネスリーダー等がブロックチェーンと仮想通貨について話すために集まるワシントンでの大きなイベントの一部にすぎません。

このイベントは、デジタル商工会議所とジョージタウン大学の金融市場と政策センターが主催しています。また、商工会議所は、3日間のイベントのために、知的財産問題とブロックチェーンに関するホワイトペーパーを発表しました。

米国商務省下にある国際貿易管理局のサービス担当副補佐官であるJames Sullivanなどの政府関係者もまた、注目すべき出席者である。

CFTCのBrian Quintenz長官と議会のブロックチェーン議員会の代表を務めるEmmerとSchweikertをはじめとする他の講演者は、以前にも仮想通貨規制に関する論争に参加しており、すでに仮想通貨業界では馴染みのある人物が多いでしょう。

Jihan Wu to Talk Central Bank Crypto at DC Summit

Coindesk、Snnaliese Milano、6 Mar 2018

Bitmain Wants to Invest in Blockchain-Powered 'Central Banks'

Coindesk、Annaliese Milano and Stan Higgins、7 Mar 2018

ジハンウーの立ち上げたBitmainとは?

Bitmain(ビットメイン)社はジハンウー(Jihan Wu)氏とMicree Zhan氏が共同で創業したマイニング会社で、ASIC(Application-Specific Integrated Circuit)というビットコイン(BTC)のマイニング専門の半導体を開発した会社です。

現在は事業としては以下の2つをしています。

 

  • Bitmain(ビットメイン)が開発したASICを利用したAntMinerというビットコイン(BTC)マイニング専用機の販売
 
  • Mining poolsという一般の人がマイニングをできるようにする個人向けマイニングサービス

Bitmain(ビットメイン)の開発したASICは世界で最も効率よくマイニングをすることができる機械のため世界中の人がASICを購入しようとしているほどです!

また、提供しているマイニングプールも世界最大のマイニングプールとなり、そこで生まれた収益は参加しているマイナーと折半となるのですが、そちらも多大な利益を得ています。

現在はマイニングの収益が世界のマイニングの15%を占めている世界最大のマイニング会社でもあります。

Bitmain(ビットメイン)は世界でマイニングの需要が大きく伸びたことによって、大きく事業の収益がのびました。
2017年の収益はなんと4000億円とも言われています。
ビットコイン(BTC)価格の伸びによりマイニングは大きく稼げると注目を集めています。

ThumbBitmain(ビットメイン)社の年間利益は4000億円!ジハンウー率いるマイニング会社世界No.1は半導体大手のNdiviaを超える | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

このニュースを見た人はこちらのニュースも見ています

Thumbマネータップというリップル(Ripple/XRP)の送金アプリが誕生 | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

徹底比較!2018年度版オススメ取引所ランキング


LINEで有力情報をゲット!
仮想通貨関連の注目サービスや海外ニュース、その他有力投資情報を配信!!


仮想通貨最新ニュース btcfeed line@

迷ったらまずこの取引所!初心者の人にオススメ取引所をご紹介!

安心・安全が一番!という人ならbitFlyer

bitFlyerは世界で最もセキュリティの高い取引所!

国内で唯一ハッキングへの補償もしている安心の取引所!

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

☛bitFlyerの口座開設方法はこちらで解説!

☛bitFlyerの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

取引するのに難しい操作が心配という人はGMOコイン

初心者の人でも簡単な操作で、リップルなどの人気仮想通貨が購入可能!

運営企業も上場企業の子会社で運営面も安心!

☛GMOコインの口座開設方法はこちらで解説!

☛GMOコインの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

仮想通貨取引をしているなら持っておくべき取引所!

人気アルトコインの購入なら手数料無料のbitbank!

人気のリップル(Ripple/XRP)を手数料無料で購入ができる!

リップル以外のアルトコイン手数料も無料!

☛bitbankの口座開設方法はこちらで解説!

☛bitbankの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

手数料の安さぶっちぎり!Zaif!

日本の取引所で手数料が最もお得な取引所!

ビットコインは取引すればするほどビットコインをもらえる!

海外取引所を利用するならZaifでのビットコイン購入がおすすめ!!

☛Zaifの口座開設方法はこちらで解説!

☛Zaifの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

人気通貨を唯一レバレッジ取引できるDMM Bitcoin

人気のリップルとネム、ライトコイン等を唯一レバレッジ取引できる!

レバレッジ取引も安心してできる仕組みを取り入れていて安心!

☛DMM Bitcoinの口座開設方法はこちらで解説!

☛DMM Bitcoinの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

関連するまとめ

関連するキーワード

仮想通貨取引所ランキング

  • No.1bitFlyer(ビットフライヤー)
    Bitflyerビットフライヤーは私もビットコイン取引で頻繁に使っている取引所の一つです!ビットフライヤーのおすすめポイント3つ!
    • ビットコイン取引日本一の使いやすさ!
    • 手数料が安い
    • 保障もあり安心の取引所
    ビットフライヤーの公式サイトはこちら!
  • No.2Zaif(Zaif)
    Zaifザイフは初心者に優しく日本で一番最初にできた仮想通貨取引所です!ザイフのおすすめポイント3つ!
    • 手数料安さ日本一!
    • 独自のサービスで魅力満点!
    • 老舗の信頼できる取引所!
    ザイフの公式サイトはこちら!
  • No.3GMOコイン
    GmoGMOコインは上場企業のグループ会社で安心の取引所です!初心者の簡単にお得に利用ができます!
    • 手数料が安く操作も簡単!
    • 上場会社のグループで安心!
    • FX取引はアプリでもできる!
    GMOコイン公式サイトはこちら!

管理人について

Widget1
仮想通貨のバブルに乗ってミリオネアを目指す26歳の仮想通貨トレーダーです。国立大学を卒業し総合系コンサル会社に入社→仮想通貨にハマり2年で退職し仮想通貨投資暦2年
50万の初期投資から貯金1200万(※2017年11月現在)
元々はフィンテック関連企業のアサイン経験からブロックチェーンの勉強をし、途中から投資を始めました。情弱だったことから起きた個人的な失敗談や、技術的な話を理解せずに投資をする友人達の失敗を見て本当に必要な情報を初心者〜中/上級者の方に向けて発信して行こうと思います。
僕が使っている取引所/トレード・保有してるコイン/参加したICOはこちら!

管理人のツイート

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ
Bitflyer side