仮想通貨Raiden Network(ライデンネットワーク/RDN)の特徴・チャート・購入方法(買い方)・取引所・将来性

仮想通貨のスケーラビリティ問題を解決!イーサリアムのオープンソースプロジェクト、仮想通貨Raiden Network(RDN)のチャートや取引所、購入方法をご紹介!Raiden Network(RDN)を購入できるおすすめ取引所、現在のチャートを解説します。

仮想通貨Raiden Network(ライデンネットワーク/RDN)の特徴・チャート・購入方法(買い方)・取引所・将来性のイメージ

目次

  1. 1イーサリアムのオープンソースプロジェクト!期待の仮想通貨Raiden Network(ライデンネットワーク/RDN)
  2. 2仮想通貨Raiden Network(ライデンネットワーク/RDN)とは?
  3. 3Raiden Network(RDN)の特徴
  4. 4Raiden Network(RDN)の相場チャート・価格推移
  5. 5Raiden Network(RDN)が購入できる取引所一覧
  6. 6Raiden Network(RDN)の購入方法の手順
  7. 7Raiden Network(RDN)のおすすめウォレット
  8. 8Raiden Network(RDN)のロードマップ
  9. 9Raiden Network(RDN)の今後の将来性
  10. 10仮想通貨Raiden Network(ライデンネットワーク/RDN)まとめ
LINEで情報をゲット!
仮想通貨関連の注目サービスや海外ニュース、その他投資情報を配信!!


仮想通貨最新ニュース btcfeed line@

当サイトで人気の仮想通貨取引所ランキング!
まだ一つしか取引所を持っていない人は必ず複数に登録をして安全に取引をしましょう!
【1位】bitFlyer(ビットフライヤー)

ビットコイン取引量、国内ユーザー数が日本一の信頼できる取引所!

【2位】GMOコイン

初心者の人に1番おすすめ!簡単に取引ができて、しかも手数料も超お得!

【当サイトで今一番人気!】QUOINEX

人気のリップルとネムを両方を日本で唯一現物取引できる取引所!注目のQASHも取引できる!

【今大注目!】DMM Bitcoin

日本で世界で注目のアルトコインを唯一レバレッジ取引できる大注目の取引所!

※【注意】絶対に複数取引所に登録して資産を分散しておきましょう!資産を失うリスクがあります!

イーサリアムのオープンソースプロジェクト!期待の仮想通貨Raiden Network(ライデンネットワーク/RDN)

Raiden Network(ライデンネットワーク/RDN)という仮想通貨をご存知でしょうか?

Raiden Network(RDN)は、ビットコインに次ぐ時価総額を誇る仮想通貨「イーサリアム(ETH)」の機能を拡張するために開発されているトークンです。

このRaiden Network(RDN)が開発されることで、現在話題となっているスケーラビリティに関する問題を解決できるようになると期待が寄せられています。

この記事では、そんなRaiden Network(RDN)について以下の点に注目してみていきましょう!
 

  • Raiden Network(RDN)の特徴
  • Raiden Network(RDN)の相場チャート・価格推移
  • Raiden Network(RDN)の将来性

なお、Raiden Network(RDN)の購入は海外取引所での購入になります。
海外取引所での仮想通貨の購入には、国内取引所からの送金が必要になります。

ビットコインの送金は手数料が圧倒的に安く最もお得に取引できるだけでなく、取り扱っている仮想通貨の種類も国内で一番多いZaif(ザイフ)がおすすめです。

手数料は気がつけば大きくかさんでいるので、損をしないようにZaif(ザイフ)に登録してお得に仮想通貨を手に入れましょう!

Zaif(ザイフ)の登録に関して不明点などがあれば【Zaifの登録、口座開設、本人確認、二段階認証のやり方】を参考にしてください!

ThumbZaifの評判・口コミ・信頼度は?使ってみた感想も同時に解説! | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

送金におすすめの他の国内取引所はこちらで紹介しています。
 


おすすめ国内取引所〜海外への送金編〜
 

・BTCの取引手数料が格安!BTCをお得に購入するならZaif(特徴)

・簡単操作がいい!初心者でも簡単送金
bitFlyer(特徴)

・送金手数料が無料!何度も送金するならDMM Bitcoin(特徴)

・リップルで高速送金!とにかく速く送金したいなら
GMOコイン(特徴)

・アルトコインの取引手数料が格安!BTC以外のお得な購入は
bitbank(特徴)

 
※用途に合わせた複数の取引所の利用をおすすめします。
※取引所はエラーでしばらく取引できないことがよくあるので、買い時を逃さないためにも複数利用をおすすめします。

仮想通貨Raiden Network(ライデンネットワーク/RDN)とは?

仮想通貨Raiden Network(RDN)の概要

まず最初に、仮想通貨Raiden Network(RDN)の概要を確認しておきましょう。
仮想通貨Raiden Network(RDN)の概要を表にまとめると以下のようになります。
 

発行日 2017年11月8日
名称 Raiden Network Token(RDN) 
発行上限 100,000,000 RDN
時価総額(2018年3月13日現在) 約10兆667億円
時価総額ランキング 41位
現在価格 1RDN=約212円

仮想通貨Raiden Network(RDN)の基本情報

Raiden Network(RDN)は、State Channel技術を使用してEthereumを拡張することを目指すオープンソースプロジェクトで、イーサリアムブロックチェーン上でERC20準拠のトークン転送を実行するためのオフチェーン転送ネットワークです。

ビットコインにおけるLightning Networkのイーサリアムバージョンとして開発され、安い手数料で高速に支払いや送金が可能でスケーラビリティ問題も解決します。またプライバシー保護型の支払いを可能にします。

Raiden Network(RDN)の最大の特徴は、最初のワンタイムチェーン作成時と最後のチャンネル終了時にのみイーサリアムブロックチェーンにアクセスし、その他のトークン転送時はブロックチェーンを介さずに決済が行われるという点にあります。

これにより決済のスピードが非常に早くなり、以前から問題となっていたイーサリアムのスケーラビリティ問題を解消するための手立てとして活用されています。

Raiden Network(RDN)の時価総額ランキングは2018年3月13日現在41位で、トークンの中ではかなり高い順位となっています。

Thumbイーサリアム(ETH)のブロックチェーンを使って次々人気ゲームが開発される!【仮想通貨のニュース】 | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

Raiden Network(RDN)の特徴

続いて、Raiden Network(RDN)の特徴をみていきましょう。Raiden Network(RDN)には以下のような特徴があげられます。

イーサリアムのスケーラビリティ問題を解消する

Raiden Network(RDN)の最大の特徴は、イーサリアムブロックチェーンの外で高速処理が行われるという点にあります。

仮想通貨は通常、取引時にトランザクションをブロックに記録していく形で決済が行われていきます。

その仮想通貨の流通数が少ない場合はこの方法でも取引の処理時間や取引手数料をそれほど要しませんでしたが、市場が大きくなるにつれてトランザクションが混雑するようになり、それに伴って取引の処理時間の遅延・取引手数料の増加などの問題が発生するようになりました。

これをスケーラビリティ問題と呼んでいますが、Raiden Network(RDN)が開発しているシステムはこの問題を解消するものとなり得ます。

Raiden Network(RDN)のシステムの流れは、「最初のワンタイムチェーン作成時と最後のチャンネル終了時にのみイーサリアムブロックチェーンにアクセスし、その他のトークン転送時はブロックチェーンを介さずに決済が行われる」というものです。

これにより、ブロックチェーンにアクセスするのは最初と最後の2回のみで済むようになりますので、決済のスピードが非常に早くなります。これにより、トランザクションの混雑を回避することができるというわけです。

μRaiden(マイクロライデン)

μRaiden(マイクロライデン)は、Ropsten testnetで開発者向けに実装されたRaiden Network(RDN)の簡略版です。

このμRaiden(マイクロライデン)はユーザーとユーザー間のマイクロペイメント(少額決済)として利用することができますが、簡略版のためチャンネルが一方向となっています。

例えば、ユーザーAとユーザーBが相互にやり取りしたい場合、Raiden Network(RDN)であれば一つのチャンネル内で双方向のやり取りができますが、μRaidenでは「ユーザーA→ユーザーB」のチャンネルと、「ユーザーB→ユーザーA」のチャンネルの2つが必要となります。

マイクロペイメント(少額取引)に向いている

これまで述べてきた通り、Raiden Network(RDN)ではチャンネルの開設時と終了時にのみイーサリアムブロックチェーンにアクセスするため、高速決済が可能かつ取引手数料が少なくて済むようなシステムになっています。

ビットコインやイーサリアムなどをマイクロペイメント(少額取引)しようとしても、実際に取引をすると売買した仮想通貨よりも手数料の方が高額になってしまうといったことが起こり得ます。

その点、Raiden Network(RDN)ではその他の仮想通貨に比べてイーサリアムブロックチェーンに書き込む回数が少ないため、取引手数料を安く抑えることができます。

取引手数料が高額なために損失が出てしまう可能性が低いRaiden Network(RDN)は、マイクロペイメント(少額取引)に向いている仮想通貨だと言えます。

手数料は2種類

Raiden Network(RDN)には、手数料が2種類あります。

一つは「プロトコルレベル手数料」で、もう一つは「ペリフェラル手数料」です。

まず、Raiden Network(RDN)は取引時に二度手数料がかかります。

①チャンネルの開設時と、②全ての取引が終了してチャンネルを閉じ、差し引き収支額をイーサリアムブロックチェーンに書き込む時、の二回です。この二回は「プロトコルレベル手数料」にあたります。

プロトコルレベル手数料各チャンネルの整備にかかる手数料で、比較的少額です。また、支払いはチャンネル内で扱われるトークンになります(イーサリアムを取り扱うチャンネルの場合は支払いはETH)。

これに対して、ペリフェラル手数料ネットワーク内で提供される種々の有料サービスを利用する場合にかかる手数料になります。

多くのICOと異なり、ダッチオークションの形式がとられた

Raiden Network(RDN)では、他の多くのICOとは異なり、ダッチオークションの形式がとられました。

ダッチオークションとは、通常のオークション(イングリッシュ・オークション)とは逆に、「売り手が高めに設定した価格から順に値を下げてゆき、最初に買い手がついた値段で商品を売る」というオークションの方式のことです。

この方式は取引スピードの高速化が可能で、米国財務省短期証券の入札方式にも導入されています。

Raiden Network(RDN)のICOは2017年10月18日〜11月1日にかけて行われ、最終的な価格は109,532ETHとなりました。

Raiden Network(RDN)の相場チャート・価格推移

さて、ここではRaiden Network(RDN)の相場チャートと価格推移をみていきましょう。Raiden Network(RDN)の相場チャート、価格推移のグラフは以下のようになっています。

Raiden Network(RDN)は上場後から少しずつ価格を上げ、2017年11月26日には1RDN=$5.38と一度目の高騰を記録しました。その後は反動による価格の下落と上昇を繰り返し、しばらく1RDN=$3.0あたりを推移します。

2018年の年始に差し掛かる頃から暴騰の兆しを見せ始め、2018年1月9日には最高価格となる1RDN=$8.65を記録。その後、反動により価格は下落していき、2018年2月6日には1RDN=$2.28まで落ち込みます。

2018年2月17日頃から価格がやや上り勾配になり、2018年2月20日に1RDN=$3.71を記録したものの、再び価格は下落。ここ数日は価格が低迷し、2018年3月13日現在の価格は1RDN=$1.93となっています。

Raiden Network(RDN)が購入できる取引所一覧

Raiden Network(RDN)は現在以下の取引所で購入することができます。
 

  • Binance
  • Huobi
  • Kucoin
  • Bibox
  • OKEx
  • Gate.io
  • Token Store
  • ForkDelta
  • Radar Relay

 これらの取引所のうち、大手の取引所を簡単にご紹介しておきましょう。
 

【Binance】
Binanceは中国系の仮想通貨取引所で、世界的にもメジャーな取引所の一つです。Binanceで取引されている仮想通貨の銘柄は70種類以上で、Binanceに上場することで価格を上昇させる仮想通貨も見られます。

また、Binanceは取引手数料が0.1%と非常に安いのが特徴で、Binanceが独自で発行している仮想通貨BNBを利用して取引を行うことで取引手数料が最大で0.05%まで安くなります。


【Huobi】
Huobiは中国・上海に拠点をおく仮想通貨取引所です。ICO直後の銘柄を最も早く上場させることが多いことで有名な取引所で、ICOで注目された仮想通貨を購入するには打ってつけの取引所となっています。

【Kucoin】
Kucoinは2017年9月に開設された、香港に拠点をおく仮想通貨取引所です。独自トークンのKCS(KuCoinShares)を発行しており、このKCSは保有しているだけで毎日配当がもらえる仕組みになっています。

特にBinance(バイナンス)は上記の通り、手数料が圧倒的に安く取り扱っている仮想通貨の種類も約150種類となっています。

2017年末には取引高が世界一となりました。また、過去にハッカーに狙われたこともありましたが、完全に防ぎきったというセキュリティにも非常に安心できる世界で一番人気の取引所です。

あまりの人気で登録制限をしていたこともあるので、登録がまだの方は早めに登録しておきましょう。

Binance(バイナンス)の登録に関して不明点などがあれば【Binanceの登録、口座開設、本人確認、二段階認証のやり方】を参考にしてください!

ThumbBinance(バイナンス)の評判・メリット・デメリット・安全性・セキュリティを解説! | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

Raiden Network(RDN)の購入方法の手順

Raiden Network(RDN)は国内の取引所では扱われておらず、日本円での購入ができません

Raiden Network(RDN)を購入するためには、まず国内の仮想通貨取引所でビットコインを日本円で購入し、用意したビットコインを利用して海外の仮想通貨取引所でRaiden Network(RDN)を購入する、という手順を踏む必要があります。

 

以下、その手順をみていきましょう。

 

ここでは、国内取引所にはzaif、海外取引所にはHuobiを例として使用します。

国内取引所で、日本円でビットコインを買う

それでは、国内取引所(ここではzaif)で日本円でビットコインを購入しましょう。

Zaif(ザイフ)で登録している状態からのご説明になるので、登録がまだの方は今のうちに登録しておきましょう。
簡単1分で登録できます。

Zaif(ザイフ)の登録に関して不明点などがあれば【Zaifの登録、口座開設、本人確認、二段階認証のやり方】を参考にしてください!

まず、Zaifにログインします。続いて、右上のメニューから「簡単売買」をクリックしましょう。画面が以下の画像ように切り替わります。

画面がこのように切り替わったら、次の画像のように、赤枠内のフォームに購入したい寮のビットコインの数を入力しましょう。なお、ここでは日本円、ビットコインのどちらからでも数量が指定できます。
 

金額に問題がなければ「BITCOINを買う」をクリックしましょう。

トランザクションの混雑具合にもよりますが、およそ数分程度でZaifウォレットにビットコインが反映されますので、確認しておきましょう。

以上で、日本円でビットコインの購入が完了しました。

Huobiへビットコインを送金

まず、Huobiにログインし、送金先となるデポジットアドレスの確認をしましょう。デポジットアドレスの確認ができたら、ZaifからHoubiへビットコインを送金します。
 

「簡単売買」のあったメニューにある「アカウント」をクリックします。続いて、中央の①「入出金と履歴」という項目が表示されるのでそちらをクリックしましょう。すると下のような画面が表示されます。

②送る仮想通貨の種類を選んで「送金」をクリックすると、③「出金アドレス」「出金金額」「出金手数料」「2段階認証トークン」の入力欄が表示されます。

 

出金アドレスには先ほど確認したHuobiのご自身のウォレットアドレス、出金金額は送りたいビットコイン量を入力しましょう。

 

出金手数料は無記入なら「0.0005BTCになります。これに上乗せするとより速く送金が完了しますので、もし急ぎの場合は0.0005BTCより多い量を入力すると良いでしょう。

 

一番下の欄にある2段階認証トークン」は、設定している人のみ表示されます。Google Authenticiatorなどの認証アプリを利用しますので、設定済の方は認証アプリの画面に表示される6桁の番号を入力して下さい。

 

すべて入力したら、一番下の「出金」をクリックしましょう。数分たてばHuobiに送金が完了します。

 

仮想通貨は、送金先のアドレスを間違えるなどをミスすると失われてしまいます。特にウォレットアドレスの間違いが無いかどうか、よく確認するようにしましょう。

なお、送金におすすめの取引所はこちらでまとめています。
 


おすすめ国内取引所〜海外への送金編〜
 

・BTCの取引手数料が格安!BTCをお得に購入するならZaif(特徴)

・簡単操作がいい!初心者でも簡単送金
bitFlyer(特徴)

・送金手数料が無料!何度も送金するならDMM Bitcoin(特徴)

・リップルで高速送金!とにかく速く送金したいなら
GMOコイン(特徴)

・アルトコインの取引手数料が格安!BTC以外のお得な購入は
bitbank(特徴)

 

※用途に合わせた複数の取引所の利用をおすすめします。
※取引所はエラーでしばらく取引できないことがよくあるので、買い時を逃さないためにも複数利用をおすすめします。

HuobiでRaiden Network(RDN)を購入

最後にHuobiでRaiden Network(RDN)を購入しましょう。Huobiでは指値注文、成行注文の2パターンの注文方法がありますが、ここでは指値注文で解説します。

まずHu0biにログインし、タブを「BTC」に合わせた状態で検索窓に「RDN」と入力し、Raiden Network(RDN)の取引画面を表示させます。

画面下部に緑色で「買」と書かれているアイコンのあるフォームがあるので、そこに「注文価格(BTC)」「注文数(RDN)」を入力しましょう。

数量や価格を確認し、問題がなければ「買」のアイコンをクリックします。

取引成立すれば、Raiden Network(RDN)の購入完了です!

Raiden Network(RDN)のおすすめウォレット

Raiden Network(RDN)を管理するのにおすすめのウォレットは、Ledger Nano Sです!

 

Ledger Nano Sはハードウェアウォレットになります。費用が掛かるのが難点ですが、ペーパーウォレットと同等の高いセキュリティを誇るため、堅牢なセキュリティを必要とする場合はこちらのウォレットがおすすめです。

Ledger Nano Sはあまりの人気で、ウイルスを忍ばせたLedger Nano Sが売られるという詐欺も発生しています。大切な資産を安全に守るために、Ledger Nano Sは正規品取扱の公式ページから購入するようにしましょう。

Raiden Network(RDN)のロードマップ

Raiden Network(RDN)は、現在「μRaiden」「Raiden Network」「Raidos(状態チャンネルを一般化するために提案されたサイドチェーン技術)」の3つの独立したプロジェクトで構成されています。

公式サイトには「まもなくEthereumのメインネットに配備されるμRaidenの実用的な実装がある」と記載されていますが、具体的な時期は明記されていません。

また、Raiden Networkは開発中、Raidosは現在計画段階で開発はまだ開始されていません。

具体的な開発状況はGitHubのRaiden Networkのページから随時確認することができます。

Raiden Network(RDN)の今後の将来性

Raiden Network(RDN)は、Ethereum ERC20トークン用のオフチェーン転送ネットワークです。

これまで見てきたように、Raiden Network(RDN)の新しいシステムは従来問題となっていたスケーラビリティの問題に対処することができるシステムとなっています。

開発速度はやや遅めではありますが、Raiden Network(RDN)の開発が進み、目標としているシステムを実装することが可能となれば、Raiden Network(RDN)はイーサリアムにおいてビットコインのLightning Networkのような地位を得ることができるでしょう。

そうすると、Raiden Network(RDN)の地位は盤石なものとなるでしょうし、Raiden Network(RDN)は今後の開発次第では大いに成長に期待できる仮想通貨だと言えるでしょう。

R

(28)

Raiden Network(RDN)には現在ホワイトペーパーはありません。現在プロトコルの仕様を作成中で、最終的な設計がホワイトペーパーに提示されるそうなので、ホワイトペーパーの公開を待ちたいですね。

仮想通貨Raiden Network(ライデンネットワーク/RDN)まとめ

以上、Raiden Network(RDN)についてみてきました。

Raiden Network(RDN)は従来の仮想通貨が抱えるスケーラビリティ問題に対処することができる仮想通貨で、Raiden Network(RDN)が目標とするシステムが実現すれば、イーサリアムの低価格かつスピーディーな決済が可能となります。

仮想通貨市場の拡大による手数料の増加や処理速度の低下、トランザクションの混雑および遅延は度々問題として取り上げられてきました。Raiden Network(RDN)はこれらを解決するための大きな糸口となり得るでしょう。

開発速度はやや遅めではあるものの、時価総額ランキングの高さは期待値の現れだとも言えます。今後のRaiden Network(RDN)の開発と、イーサリアムおよびERC20トークンのスピーディーかつ快適な取引ができるようになることを是非期待したいものです。

Raiden Network(RDN)の購入には世界で最も人気なBinance(バイナンス)がおすすめです。

Binance(バイナンス)の登録に関して不明点などがあれば【Binanceの登録、口座開設、本人確認、二段階認証のやり方】を参考にしてください!

ThumbBinance(バイナンス)の評判・メリット・デメリット・安全性・セキュリティを解説! | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

お得に送金したい方はビットコインを最もお得に購入できるZaif(ザイフ)がおすすめです。

とにかく急ぎで送金したい方はリップルによる高速送金をしましょう。
リップルの購入は国内で唯一リップルの現物の板取引が可能で最もお得に手に入れられるbitbankがおすすめです。

お得に取引をするために、複数取引所に登録して特徴ごとに使い分けることは仮想通貨取引では基本となる重要なポイントです。
損をしたりチャンスを逃さないように登録がまだの方は早めに登録しておきましょう。

bitbank(ビットバンク)の登録に関して不明点などがあれば【bitbankの登録、口座開設、本人確認、二段階認証のやり方】を参考にしてください!
 

Thumbbitbank(ビットバンク)取引所の評判や特徴まとめ【保存版】 | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

徹底比較!2018年度版オススメ取引所ランキング


LINEで有力情報をゲット!
仮想通貨関連の注目サービスや海外ニュース、その他有力投資情報を配信!!


仮想通貨最新ニュース btcfeed line@

迷ったらまずこの取引所!初心者の人にオススメ取引所をご紹介!

安心・安全が一番!という人ならbitFlyer

bitFlyerは世界で最もセキュリティの高い取引所!

国内で唯一ハッキングへの補償もしている安心の取引所!

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

☛bitFlyerの口座開設方法はこちらで解説!

☛bitFlyerの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

取引するのに難しい操作が心配という人はGMOコイン

初心者の人でも簡単な操作で、リップルなどの人気仮想通貨が購入可能!

運営企業も上場企業の子会社で運営面も安心!

☛GMOコインの口座開設方法はこちらで解説!

☛GMOコインの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

仮想通貨取引をしているなら持っておくべき取引所!

人気アルトコインの購入なら手数料無料のbitbank!

人気のリップル(Ripple/XRP)を手数料無料で購入ができる!

リップル以外のアルトコイン手数料も無料!

☛bitbankの口座開設方法はこちらで解説!

☛bitbankの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

人気通貨を唯一レバレッジ取引できるDMM Bitcoin

人気のリップルとネム、ライトコイン等を唯一レバレッジ取引できる!

レバレッジ取引も安心してできる仕組みを取り入れていて安心!

☛DMM Bitcoinの口座開設方法はこちらで解説!

☛DMM Bitcoinの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

関連するまとめ

仮想通貨取引所ランキング

  • No.1bitFlyer(ビットフライヤー)
    Bitflyerビットフライヤーは私もビットコイン取引で頻繁に使っている取引所の一つです!ビットフライヤーのおすすめポイント3つ!
    • ビットコイン取引日本一の使いやすさ!
    • 手数料が安い
    • 保障もあり安心の取引所
    ビットフライヤーの公式サイトはこちら!
  • No.2GMOコイン
    GmoGMOコインは上場企業のグループ会社で安心の取引所です!初心者の簡単にお得に利用ができます!
    • 手数料が安く操作も簡単!
    • 上場会社のグループで安心!
    • FX取引はアプリでもできる!
    GMOコイン公式サイトはこちら!

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ
Bitflyer side