Dapps(分散型アプリケーション)とは?仮想通貨の将来性や今後の可能性を解説!

今回はDapps(分散型アプリケーション)について詳しく見ていきます。仮想通貨が今後発展していくに連れてDapps(分散型アプリケーション)への注目はさらに高まることでしょう!仮想通貨の今後の発展に備えて今のうちにしっかりチェックしておくことをオススメします。

Dapps(分散型アプリケーション)とは?仮想通貨の将来性や今後の可能性を解説!のイメージ

目次

  1. 1Dapps(分散型アプリケーション)とは?
  2. 2Dapps(分散型アプリケーション)の仕組み
  3. 3Dapps(分散型アプリケーション)のメリット
  4. 4Dapps(分散型アプリケーション)のデメリット
  5. 5Dapps(分散型アプリケーション)の事例紹介
  6. 6Dapps(分散型アプリケーション)の課題と今後の将来性
  7. 7Dapps(分散型アプリケーション)まとめ
LINEで情報をゲット!
仮想通貨関連の注目サービスや海外ニュース、その他投資情報を配信!!


仮想通貨最新ニュース btcfeed line@

当サイトで人気の仮想通貨取引所ランキング!
まだ一つしか取引所を持っていない人は必ず複数に登録をして安全に取引をしましょう!
【1位】bitFlyer(ビットフライヤー)

ビットコイン取引量、国内ユーザー数が日本一の信頼できる取引所!

【2位】GMOコイン

初心者の人に1番おすすめ!簡単に取引ができて、しかも手数料も超お得!

【当サイトで今一番人気!】QUOINEX

人気のリップルとネムを両方を日本で唯一現物取引できる取引所!注目のQASHも取引できる!

【今大注目!】DMM Bitcoin

日本で世界で注目のアルトコインを唯一レバレッジ取引できる大注目の取引所!

※【注意】絶対に複数取引所に登録して資産を分散しておきましょう!資産を失うリスクがあります!

Dapps(分散型アプリケーション)とは?

Dappsという言葉を聞いたことがあるでしょうか?

Dappsは"Decentralized Applications"の略で、日本語では分散型アプリケーションと呼ばれます。

Dappsは仮想通貨の基幹技術であるブロックチェーンを用いて稼働するアプリケーションで、中央管理者が存在しないという特徴があります。

ブロックチェーン技術を最大限に活かすことができるシステムとして注目されています!

ブロックチェーンの詳細についてはこちらもチェックしてみてください。

Thumbブロックチェーンとは?仕組み・特徴をわかりやすく解説【初心者向け】 | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

Dapps(分散型アプリケーション)の定義

Dappsの定義は以下の通りです。
 

  • オープンソースであること
 
  • 非中央集権型であること
 
  • トークン(仮想通貨)を利用しており、それによって報酬が支払われること
 
  • ユーザー主導の改善が行われること


以上の条件を満たしたものがDappsと呼ばれます。

Dappsの話でよく出てくるのは、スマートコントラクトを実装しているイーサリアム(ETH)です。
イーサリアム(ETH)上では様々なプログラムを動かすことができ、その特徴からイーサリアム(ETH)は将来様々な分野で利用されるとされる将来有望な通貨と言われています。

イーサリアム(ETH)を購入するなら、GMOコインが簡単に購入ができておすすめです!
GMOコインは上場企業のGMOグループの会社です!

親会社のGMOがFx取引で世界一のため、取引所の安定感は最も高いといえます!
さらに初心者でも簡単な操作で取引ができるので仮想通貨取引が難しそうと思っている人におすすめです!

また人気通貨のリップル(Ripple/XRP)も取り扱っていて、人気通貨は一通り購入ができます!

ビットコインFxをアプリで簡単にできる「ビットレ君」を提供していて、どこにいてもFx取引ができるのでトレードをしている中~上級者も利用しやすい通貨と言えます!

Fx取引ができるのはビットコインだけなので、人気通貨のリップル(Ripple/XRP)やネム(NEM/XEM)のFx取引をできるDMM Bitcoinも同時の口座開設をおすすめします!

GMOコインがおすすめの人

 
  • 簡単な操作で仮想通貨取引をしたい人
  • 頻繁な取引をする人
  • Fx取引をしていて、スマホでもしたいと考えている人
 

ThumbGMOコインの口座開設(登録)・本人確認方法を徹底解説! | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

従来の中央集権型アプリケーションとは?

Dapps(分散型アプリケーション)の対義語は「中央集権型アプリケーション(Centralized Applications)」です。

中央集権型アプリケーションを簡単に説明すると「管理者がいるアプリケーションやシステム」のことです。

一例として法定通貨には中央銀行という中央管理者が存在しており、株式のトレードには株式市場という中央管理者が存在しています。

このように一定の管理者が存在しているシステムが中央集権型アプリケーションと呼ばれ、2018.03現在多くのシステムで採用されている仕組みです。

しかし、今後は様々なものがブロックチェーン技術を活用したDappsへと移行していくと考えられており、ビットコインを始めとする仮想通貨もその一つです。

Dapps(分散型アプリケーション)の仕組み

これまでの中央集権型アプリケーションは、特定の企業や団体が中央管理者としてサービスを提供していました。そのため、サービスの安全性や安定性は提供している企業や団体に依存しているといえます。

しかし、Dappsは不特定多数の参加者によって維持、管理されています。ブロックチェーン技術を活用し、参加者がそれぞれサービスの運用に加わっています。

参加者はDappsの運用に参加した報酬としてそのDapps(分散型アプリケーション)内で使用されているトークンを報酬として得ることができます。

つまり、トークンの価値がシステムの信頼性を担保するものということができます。
トークンの価値が上がれば上がるほど運用者の利益も増えますので提供しているサービスの品質が将来を左右するといえます。

そのため、参加者はそのサービスをより良いものとしようとして改善を重ねていくことが予想されます。それによってさらにトークンの価値が向上するという好循環が生まれることも期待できるでしょう。

まさに今後発展していきそうな技術といえます!
 

Dapps(分散型アプリケーション)のメリット

Dappsにはこれまでの中央集権型アプリケーションにはなかったメリットがいくつもあります。
ここではDappsのメリットをチェックしていきます!

中央管理者が存在しない

中央管理者が存在しないことがDappsの最大の特徴でした。その中央管理者が存在しないということはDappsの最大のメリットでもあります。

これまで見てきた通り、中央集権型アプリケーションではそのアプリケーションの信頼性や安定性、さらには提供されるかどうかは全て中央管理者に依存しています。

そのため中央管理者が破綻したりハッキング等の被害を受けたりするとサービスが停止するなどのダメージを受けることがあります。

さらに、中央管理者が悪意を持っていると情報が流出させられたりすることもあるでしょう。

しかし、Dappsには中央管理者が存在しないのでこのような心配は一切ありません。まさに安心、安全なアプリケーションと言えるでしょう!

応用範囲が広い

Dappsの応用範囲はとても広く、様々なシステムに使うことができます。

一例として、仮想通貨はDappsの一つです。ブロックチェーンを使用して分散型の決済システムとしての役割を果たしています。

他にもDappsを活用した分散型取引所やゲーム、さらにはクラウドストレージサービスなど様々なシステムに応用することができます!

今後は今まで存在しなかったDappsサービスが生まれることも期待できますね!Dappsはこれからもどんどん発展していくことに期待できます。

Dapps(分散型アプリケーション)のデメリット

Dappsにはメリットがたくさんありますがもちろんデメリットもあります。次にDappsのデメリットを少し見てみましょう!

スケーラビリティ問題

Dappsはブロックチェーン技術を使用しているのでスケーラビリティ問題が最大の懸念事項です。

スケーラビリティ問題とはブロックサイズの制限によってトランザクションデータがブロックに収まらず、処理に時間がかかる現象のことです。

ビットコインのスケーラビリティ問題は特に有名で、これを解消するためにハードフォークが行われたりしてきました。

Dappsも取り扱うデータ量が増えるにつれてスケーラビリティ問題が発生することが懸念されています。

トークン価値の担保

アプリケーション上で使われているトークンに価値があり、それで報酬が支払われることによって運営されているのがDapps(分散型アプリケーション)です。

そのため、Dapps(分散型アプリケーション)を維持させるためにはトークンの価値が継続することが必要です。

トークンの価値がなくなってしまえば報酬にもらっても意味がなくなってしまい、誰も参加しなくなってしまいます。

提供しているサービスの需要が減るとそれにともなってトークンの価値が下落し、参加者が減りサービスが成り立たなくなるという懸念も存在しています。

セキュリティ問題

中央管理者が存在しないDappsはサーバのハッキングなどの懸念はありません。とはいえ、セキュリティリスクが全く無いわけではありません。

アプリケーションやスマートコントラクトにバグがあったためにトークンが失われたりしたこともあります。(2016年のThe DAO事件など)
これによってイーサリアムクラシックが生まれたので覚えている人も多いかもしれませんね。

Dappsにはこのようなリスクがあることも覚えておきましょう!

また、全体がハッキングされることはないものの個人のウォレットがハッキングされてトークンが流出することも考えられますのでこちらも注意です。

Dapps(分散型アプリケーション)の事例紹介

分散型取引所(DEX)

Dapps(分散型アプリケーション)を利用したシステムの一つが分散型取引所(DEX)です。

分散型取引所は一般的な取引所とは異なり、管理者や中央サーバが存在しないので取引所がハッキングの被害に遭わないというメリットがあります。

ここでは代表的な分散型取引所についていくつか見ていきましょう!
 

1. EtherDelta

EtherDeltaはその名の通りイーサリアムのブロックチェーンを利用して運営されている分散型取引所です。

イーサリアムをベースとした仮想通貨(トークン)は全てEtherDeltaでトレードすることができますので分散型取引所の中でもオススメです。

2018年3月現在、新たなICOがイーサリアム上で行われることが多くなっています。そのため、この流れが続く限りEtherDeltaは新たに誕生した仮想通貨のトレードにも使える分散型取引所と言えるでしょう。
 

2. 0x

0xは分散型取引所を構築するためのプラットフォームとして使われます。0x上でいくつもの分散型取引所のプログラムが稼動するというイメージで理解することができるでしょう。

さらに、現在分散型取引所は様々なアクションをする度に手数料がかかりますが、0xはその手数料を低くすることを目標としています。

0xの開発が進展し、様々な分散型取引所が稼働するようになると多くの人がDapps(分散型アプリケーション)に注目するようになり、さらに発展するかもしれません!
 

3. KyberNetwork

KyberNetworkは仮想通貨の一つとして知られていますが、分散型取引所を運営するために用いられている技術でもあります。

さらに、KyberNetworkには「決算API」が搭載されているため、トレード相手がイーサリアムを要求していたとしてもここで使われているトークン(KNC)を送金すれば自動で変換してくれます。

今までのように一度トークンをイーサリアムに変換してから送金するという手間を省くことができますのでとても画期的な分散型取引所と言えるでしょう!
 

4. Bancor

Bancorは仮想通貨につきものの流動性の低下という問題を解決するためのプロトコルです。ここではBNTというトークンが使われています。

分散型取引所は知名度がまだ低いため流動性が低いという問題を抱えています。流動性が低いとトレードが成立しにくくなりますので困りますよね。

Bancorはそれを解決するための技術を採用していますので要注目です!

それぞれの分散型取引所についてもっと知りたい人はこちらも参照してください。

Thumb分散型取引所(DEX)とは?中央集権型取引所との違いやメリット・デメリット | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]
Thumb仮想通貨Kyber Network(カイバーネットワーク/KNC)の特徴・チャート・購入方法(買い方)・取引所・将来性 | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]
Thumb仮想通貨0x(ゼロエックス/ZRX)の特徴・チャート・購入方法(買い方)・取引所・将来性 | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]
Thumb仮想通貨Bancor(バンコール/BNT)の特徴・チャート・購入方法(買い方)・取引所・将来性 | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

Bancor(バンコール/BNT)を購入するなら取引量が多いHitBTCがおすすめです!

HitBTCは口座開設が無料です!
将来有望な通貨を多く取引できるHitBTCの口座開設は下のボタンをクリック!

ThumbHitBTC取引所の特徴・評判・手数料・購入方法(買い方)を解説! | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

ゲーム

Dappsの中にはゲームもあります。2018.03現在、Dappsを用いたゲームは次の通りです。
 

1. Cryptokitties

Cryptokittiesはイーサリアムのブロックチェーン上で猫を育成するゲームです。育成ゲームとはいえ、育てるのにはイーサリアムが必要となり、育てた猫を売ることもできます

Dapps上で動くメリットは不正がしにくいということです、誰かが確率を操作したりすることはできませんので公平に楽しむことができます。
 

2. Etherion

Etherionは前述のCryptokittiesで育成していた猫をドラゴンに置き換えたものです。Cryptokittiesよりグラフィックなどは洗練されていますが、参加するために最低0.1ETHを支払わなければいけないので少しハードルが高くなっています。
 

3. CrypTrivia

CrypTriviaはブロックチェーン上でクイズに答え、正解するとトークンをもらうことができるDappsゲームです。

毎日出題されるので獲得機会も多く、オススメです。

分散型ストレージ【Storj】

Dappsを活用したクラウドストレージが「Storj」です。

クラウドストレージをDappsとして提供する最大のメリットはセキュリティが高く、費用も安くなることです。

こちらも今後発展することが期待できる分野です。

詳しく知りたい人はこちらもご覧ください。

Thumb仮想通貨Storj(ストレージ/STORJ)の特徴・チャート・購入方法(買い方)・取引所・将来性 | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

Storj(ストレージ/STORJ)の購入はBinance(バイナンス)がおすすめです!

Binance(バイナンス)は世界でも最も人気の取引所の一つです!

Binance(バイナンス)の良さは、
 

  • 手数料が素晴らしく安い!(0.05%)
 
  • 日本では手に入らない人気の通貨をたくさん取り扱っている!(約100種類以上)
 
  • 取引所としても信頼できる大手取引所!(開設から半年で世界一になるほどの人気)

世界で最も人気の取引所のBinance(バイナンス)は今後も多くの将来有望通貨を取り扱っていくので、まだ口座開設していない人はぜひこの機会に口座開設をおすすめします!

Binance(バイナンス)は日本円では取引ができないため、国内の取引所でビットコインやアルトコインを購入する必要があります。
海外取引所を利用するならそういった通貨を安く購入できるZaif(ザイフ)bitbank(ビットバンク)の口座開設をおすすめします!

Binance(バイナンス)がおすすめの人
 
  • たくさんのアルトコインに投資をしたい人
  • まだ価格の安い将来有望な通貨を購入したい人
  • 海外取引所を利用するときにも安心できるところがいいという人
 

ThumbBinance(バイナンス)取引所の登録方法から口座開設までの使い方まとめ! | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

予測市場【Gnosis】

予測市場とはある事柄について、将来の結果を予測するものです。そして、その予想が的中すればトークンを手に入れることができます

一見するとギャンブルのようなものですが、様々な情報に基づいて予想すれば当たりやすくなるものです。Dappsとしてこの予測市場を提供しているのが「Gnosis」です。

こちらも要注目です!

Thumb仮想通貨Gnosis(グノーシス)とは?特徴・チャート・購入方法(買い方)・取引所・将来性 | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

Dapps(分散型アプリケーション)の課題と今後の将来性

Dappsは先ほど見てきた通り、スケーラビリティ問題とセキュリティ問題、トークン価値の維持という課題を抱えています。
しかし、技術は日進月歩ですのでこれらの問題はどんどん解消されていくことが期待されます。

そのため、Dappsの将来性を考えると今後どんどん発展していくことに期待できるでしょう!特に分散型取引所はセキュリティにも優れる素晴らしいものですので利用者が増えそうです。

Dappsの将来性は充分期待できますのでこれからも注目していきましょう!

Dapps(分散型アプリケーション)まとめ

今回はDappsについて詳しく見ていきました。Dappsはブロックチェーン技術を最大限に活用できる素晴らしいアプリケーションであることがわかったのではないでしょうか?

Dappsはメリット、デメリットがあるものの今後の技術進展とともにもっと発展していきそうです。Dappsの進展は今後の仮想通貨の発展にも関わりそうですのでぜひ、注目しておきましょう!

Dappsの発展も注目ですが、Dappsの基盤となるプラットフォーム通貨も注目です!
世界で人気のプラットフォーム通貨と言えば、イーサリアム(ETH)とLisk(リスク/LSK)です!

両方を購入できる取引所は現在国内ではbitFlyer(ビットフライヤー)だけです!

bitFlyer(ビットフライヤー)はユーザー数日本一の仮想通貨取引所です!

世界で最もセキュリティが高いと評価された取引所で最も信頼できる取引所です!
ハッキング被害への補償もしてくれる安心の取引所です!

ビットコイン取引量が日本で最も多く、ビットコインを頻繁に、大量に取引をするのならbitFlyer(ビットフライヤー)がおすすめです!

ただ、まだアルトコインの数は少なく手数料も高めなので、お得にアルトコインを取引するならZaif(ザイフ)bitbank(ビットバンク)も持っておくのをおすすめします!

bitFlyer(ビットフライヤー)がおすすめの人はこちら!

 
  • 多額のビットコイン取引をする人
  • 補償やセキュリティなど信頼感のある取引所がいいという人
  • 簡単な操作で仮想通貨取引をしたい人
  

ThumbbitFlyerの口座開設からビットコインの入金・買い方まとめ | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

この記事を読んだ方はこちらも読んでいます

Thumb仮想通貨トロン(TRON/TRX)が韓国大手取引所に上場し、音楽ストリーミングサービスと提携 | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

徹底比較!2018年度版オススメ取引所ランキング


LINEで有力情報をゲット!
仮想通貨関連の注目サービスや海外ニュース、その他有力投資情報を配信!!


仮想通貨最新ニュース btcfeed line@

迷ったらまずこの取引所!初心者の人にオススメ取引所をご紹介!

安心・安全が一番!という人ならbitFlyer

bitFlyerは世界で最もセキュリティの高い取引所!

国内で唯一ハッキングへの補償もしている安心の取引所!

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

☛bitFlyerの口座開設方法はこちらで解説!

☛bitFlyerの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

取引するのに難しい操作が心配という人はGMOコイン

初心者の人でも簡単な操作で、リップルなどの人気仮想通貨が購入可能!

運営企業も上場企業の子会社で運営面も安心!

☛GMOコインの口座開設方法はこちらで解説!

☛GMOコインの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

仮想通貨取引をしているなら持っておくべき取引所!

人気アルトコインの購入なら手数料無料のbitbank!

人気のリップル(Ripple/XRP)を手数料無料で購入ができる!

リップル以外のアルトコイン手数料も無料!

☛bitbankの口座開設方法はこちらで解説!

☛bitbankの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

人気通貨を唯一レバレッジ取引できるDMM Bitcoin

人気のリップルとネム、ライトコイン等を唯一レバレッジ取引できる!

レバレッジ取引も安心してできる仕組みを取り入れていて安心!

☛DMM Bitcoinの口座開設方法はこちらで解説!

☛DMM Bitcoinの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

関連するまとめ

仮想通貨取引所ランキング

  • No.1bitFlyer(ビットフライヤー)
    Bitflyerビットフライヤーは私もビットコイン取引で頻繁に使っている取引所の一つです!ビットフライヤーのおすすめポイント3つ!
    • ビットコイン取引日本一の使いやすさ!
    • 手数料が安い
    • 保障もあり安心の取引所
    ビットフライヤーの公式サイトはこちら!
  • No.2GMOコイン
    GmoGMOコインは上場企業のグループ会社で安心の取引所です!初心者の簡単にお得に利用ができます!
    • 手数料が安く操作も簡単!
    • 上場会社のグループで安心!
    • FX取引はアプリでもできる!
    GMOコイン公式サイトはこちら!

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ
Bitflyer side