イギリスの中央銀行総裁が仮想通貨について金融制度基準で受け入れるべきと主張

イギリスの中央銀行総裁は、仮想通貨関連の問題を指摘しつつ、既存の金融システムの脅威ではないと言いました。また、イギリスの中央銀行総裁は仮想通貨の完全なる禁止には反対し、他の金融資産と同様の基準に基づいて規制されるべきだと述べました。

イギリスの中央銀行総裁が仮想通貨について金融制度基準で受け入れるべきと主張のイメージ

目次

  1. 1イギリスの中央銀行総裁が仮想通貨には厳しいコメント
  2. 2イギリスの中央銀行総裁が仮想通貨に厳しい理由とは?
  3. 3イギリスの中央銀行総裁は仮想通貨はまだ恐れるに足らないともコメント
  4. 4イギリスの中央銀行総裁の意見では仮想通貨は単に全てを規制するものではない
LINEで情報をゲット!
仮想通貨関連の注目サービスや海外ニュース、その他投資情報を配信!!


仮想通貨最新ニュース btcfeed line@

当サイトで人気の仮想通貨取引所ランキング!
まだ一つしか取引所を持っていない人は必ず複数に登録をして安全に取引をしましょう!
【1位】bitFlyer(ビットフライヤー)

ビットコイン取引量、国内ユーザー数が日本一の信頼できる取引所!

【2位】GMOコイン

初心者の人に1番おすすめ!簡単に取引ができて、しかも手数料も超お得!

【当サイトで今一番人気!】QUOINEX

人気のリップルとネムを両方を日本で唯一現物取引できる取引所!注目のQASHも取引できる!

【今大注目!】DMM Bitcoin

日本で世界で注目のアルトコインを唯一レバレッジ取引できる大注目の取引所!

※【注意】絶対に複数取引所に登録して資産を分散しておきましょう!資産を失うリスクがあります!

イギリスの中央銀行総裁が仮想通貨には厳しいコメント

2018年3月2日、イギリスのイングランド銀行のMark Carneyは、仮想通貨問題と急成長している仮想通貨に合うより大きな金融エコシステムの問題について語りました。

「わたしが思うに、有価証券の取引所と同じ厳格な基準で、仮想通貨取引所を取り締まることで、規制問題の大きな欠点を解消することができるでしょう」とCarneyは言いました。

イギリスの中央銀行総裁Carneyはまた、ICOに従事する企業が、「投資家を守るために作られた証券法を回避するために意味論を提唱することは許されない」と警告しました。

イギリスの中央銀行総裁が仮想通貨に厳しい理由とは?

イギリスの中央銀行総裁Carneyは、銀行関係者にとっては常識になりつつあるいくつかの点に言及しました。

彼は、「消費者投資家の保護、市場の健全性、マネーロンダリング、テロ資金の調達、脱税、資本規制と国際制裁の迂回」などの仮想通貨に関連する「多数の問題」について警告しました。

イギリスの中央銀行総裁Carneyが強調したもう一つの大きな懸念事項は、仮想通貨市場の大きな変動性です。

イギリスの中央銀行総裁は仮想通貨はまだ恐れるに足らないともコメント

 

しかし、これらのリスク要因を考慮し、イギリスの中央銀行総裁Carneyは、仮想通貨が既存の金融システムの安定性に対する脅威だとは思わないと述べました。

「その理由の一つは、既存の金融システムに対して仮想通貨市場は小規模だからです。最近のピーク時でさえ、国際時価総額の合計は世界のGDPの1%にも満たないものでした。」

「比較すると、インターネットマニアの絶頂期、テクノロジー株は世界のGDPの3分の1を占めました」

規制当局が様々な選択肢を検討している間、イギリスの中央銀行総裁Carneyは、市場の監督を担当する役員は岐路に立っていると述べました。「当局は何らかの決定を下す必要があります」と彼は説明しました。

「仮想通貨を分離するのか、規制するのか、金融システムに統合するかを決定する必要があります」

イギリスの中央銀行総裁の意見では仮想通貨は単に全てを規制するものではない

続けてイギリスの中央銀行総裁Carneyは、仮想通貨の完全な禁止は、ブロックチェーンシステムによって実現される技術革新を制圧してしまう可能性があるので、回避すべきだと認めています。

「仮想通貨が広く取り入れられた場合、分離は前述したように基盤技術の開発の大きなチャンスを摘んでしまうかもしれません」

「私が提案するより良い方法は、不正行為に対抗し、市場の健全性を促進し、金融システムの安全性と健全性を守るために、仮想通貨エコシステムを規制することです」

イギリスの中央銀行総裁Carneyは、単純に仮想通貨を禁止するのではなく、「仮想通貨エコシステムを他の金融システムと同じ水準に保つ」時が来たと述べました。

そうすることで、「多大な利益が生まれると同時に、大きな責任もついてきます」とCarneyは言いました。

そのため、EUと米国は、他の金融機関と同じアンチ・マネー・ロンダリング基準とテロ対策基準を満たすように仮想通貨取引所に要求しています。

イギリスの中央銀行総裁Carneyは演説の最後に公平な評価を行いました。

「多くの理由から、私はデジタルウォレットにある仮想通貨が将来のお金となる可能性は低いと考えます。しかし、仮想通貨を退けるつもりはありません。仮想通貨の基盤技術はすでに大きな影響を与えています。そして、仮想通貨を規制下に置くことで、社会により多くの利益をもたらす革新を促進できるかもしれません」

Bank Of England Governor Mark Carney ON 'Crypto-Assets'

ETHNews、Jeremy Nation、3 Mar 2018

この記事を読んだ方はこちらも読んでいます

Thumb仮想通貨の規制に世界35カ国が動き出す!最も懸念すべきはマネーロンダリング | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

徹底比較!2018年度版オススメ取引所ランキング


LINEで有力情報をゲット!
仮想通貨関連の注目サービスや海外ニュース、その他有力投資情報を配信!!


仮想通貨最新ニュース btcfeed line@

迷ったらまずこの取引所!初心者の人にオススメ取引所をご紹介!

安心・安全が一番!という人ならbitFlyer

bitFlyerは世界で最もセキュリティの高い取引所!

国内で唯一ハッキングへの補償もしている安心の取引所!

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

☛bitFlyerの口座開設方法はこちらで解説!

☛bitFlyerの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

取引するのに難しい操作が心配という人はGMOコイン

初心者の人でも簡単な操作で、リップルなどの人気仮想通貨が購入可能!

運営企業も上場企業の子会社で運営面も安心!

☛GMOコインの口座開設方法はこちらで解説!

☛GMOコインの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

仮想通貨取引をしているなら持っておくべき取引所!

人気アルトコインの購入なら手数料無料のbitbank!

人気のリップル(Ripple/XRP)を手数料無料で購入ができる!

リップル以外のアルトコイン手数料も無料!

☛bitbankの口座開設方法はこちらで解説!

☛bitbankの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

人気通貨を唯一レバレッジ取引できるDMM Bitcoin

人気のリップルとネム、ライトコイン等を唯一レバレッジ取引できる!

レバレッジ取引も安心してできる仕組みを取り入れていて安心!

☛DMM Bitcoinの口座開設方法はこちらで解説!

☛DMM Bitcoinの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

関連するまとめ

仮想通貨取引所ランキング

  • No.1bitFlyer(ビットフライヤー)
    Bitflyerビットフライヤーは私もビットコイン取引で頻繁に使っている取引所の一つです!ビットフライヤーのおすすめポイント3つ!
    • ビットコイン取引日本一の使いやすさ!
    • 手数料が安い
    • 保障もあり安心の取引所
    ビットフライヤーの公式サイトはこちら!
  • No.2GMOコイン
    GmoGMOコインは上場企業のグループ会社で安心の取引所です!初心者の簡単にお得に利用ができます!
    • 手数料が安く操作も簡単!
    • 上場会社のグループで安心!
    • FX取引はアプリでもできる!
    GMOコイン公式サイトはこちら!

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ
Bitflyer side