仮想通貨Peercoin(ピアコイン/PPC)の特徴・チャート・購入方法(買い方)・取引所・将来性

世界で初めてPoSを採用!PoWとPoSを併用しているハイブリッド式の仮想通貨Peercoin(PPC)のチャート、取引所、購入方法を解説!仮想通貨Peercoin(ピアコイン/PPC)の現在のチャート推移やオススメの取引所、購入方法をご紹介します。

仮想通貨Peercoin(ピアコイン/PPC)の特徴・チャート・購入方法(買い方)・取引所・将来性のイメージ

目次

  1. 1PoWとPoSのハイブリッド!世界で初めてPoSを採用した仮想通貨Peercoin(PPC)
  2. 2仮想通貨Peercoin(ピアコイン/PPC)とは?
  3. 3Peercoin(PPC)の特徴
  4. 4Peercoin(PPC)の相場チャート・価格推移
  5. 5Peercoin(PPC)が購入できる取引所一覧
  6. 6Peercoin(PPC)の購入方法の手順
  7. 7Peercoin(PPC)のおすすめウォレット
  8. 8Peercoin(PPC)のロードマップ
  9. 9Peercoin(PPC)の今後の将来性
  10. 10仮想通貨Peercoin(ピアコイン/PPC)まとめ
LINEで情報をゲット!
仮想通貨関連の注目サービスや海外ニュース、その他投資情報を配信!!


仮想通貨最新ニュース btcfeed line@

当サイトで人気の仮想通貨取引所ランキング!
まだ一つしか取引所を持っていない人は必ず複数に登録をして安全に取引をしましょう!
【1位】bitFlyer(ビットフライヤー)

ビットコイン取引量、国内ユーザー数が日本一の信頼できる取引所!

【2位】GMOコイン

初心者の人に1番おすすめ!簡単に取引ができて、しかも手数料も超お得!

【当サイトで今一番人気!】QUOINEX

人気のリップルとネムを両方を日本で唯一現物取引できる取引所!注目のQASHも取引できる!

【今大注目!】DMM Bitcoin

日本で世界で注目のアルトコインを唯一レバレッジ取引できる大注目の取引所!

※【注意】絶対に複数取引所に登録して資産を分散しておきましょう!資産を失うリスクがあります!

PoWとPoSのハイブリッド!世界で初めてPoSを採用した仮想通貨Peercoin(PPC)

仮想通貨Peercoin(PPC)は、世界で初めてPoSを採用した仮想通貨です。

PoWとPoSを組み合わせて使用することによって、膨大なエネルギーを消費しなくてもマイニングができるように設計されています。

この記事では、そんな仮想通貨Peercoin(PPC)について以下の点に注目してご紹介していきます!

  • 仮想通貨Peercoin(PPC)の特徴
  • 仮想通貨Peercoin(PPC)の価格チャート
  • 仮想通貨Peercoin(PPC)を扱う取引所購入方法将来性

Peercoin(PPC)は現在国内取引所での取り扱いはなく、海外取引所のみでの取り扱いとなります。

他の多くの注目草コインも同様に、海外取引所のみでの取り扱いとなっている場合が多いです。
そういった仮想通貨の購入には国内取引所から海外取引所にビットコインを送金して購入する方法が主流です。

海外取引所への送金は手数料が安いZaifがおすすめですので、口座開設がまだの方は早めに口座開設をしておきましょう!!

Thumbzaifの口座開設からビットコインの入金・買い方まとめ | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]
Thumbzaif(ザイフ)の取り扱い通貨・コインの銘柄(種類)を解説! | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]
ThumbZaifの評判・口コミ・信頼度は?使ってみた感想も同時に解説! | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

仮想通貨Peercoin(ピアコイン/PPC)とは?

仮想通貨Peercoin(PPC)の概要

仮想通貨Peercoin(PPC)は2012年に公開された仮想通貨です。
ここでは、仮想通貨Peercoin(PPC)の概要を表でみてみましょう。
 

発行日 2012年8月20日
名称 Peercoin(PPC)
アルゴリズム PoW, PoS
ブロック生成時間(送金速度) 約10分
発行上限 なし
時価総額(2018年3月3日現在) 約8兆104億円
時価総額ランキング 81位
現在価格 1PPC=約328円

仮想通貨Peercoin(PPC)の基本情報

仮想通貨Peercoin(PPC)は、世界で初めてPoSを採用した仮想通貨であるとともに、PoW(Proof of Work)とPoS(Proof of Stake)の両方を使用するハイブリッド型の仮想通貨でもあります。

仮想通貨Peercoin(PPC)の開発者たちは、従来のPoWにおける大量のエネルギー消費に問題を感じており、それを解決する手段としてPoSという形式を開発しました。

仮想通貨Peercoin(PPC)では、発行の初期段階ではPoWを使用し、発行枚数が増えてきた時点でPoSへ移行するというシステムになっています。

これにより、PoWのデメリットであった多量のエネルギーの消費が抑えられ、少ないエネルギーでマイニングを行うことが可能となっています。

また、仮想通貨Peercoin(PPC)には発行上限が設けられていません。定常的なインフレを目指して設計された仮想通貨ですが、デフレ傾向にも対応できるよう設計されています。

このような仮想通貨Peercoin(PPC)の2018年3月3日現在の時価総額ランキングは81位となっています。
 

Peercoin(PPC)の特徴

続いて、仮想通貨Peercoin(PPC)の特徴をみていきましょう。
仮想通貨Peercoin(PPC)の特徴には以下のようなものがあげられます。

世界で初めてProof of Stake(PoS)を採用した

これまで何度か述べてきた通り、仮想通貨Peercoin(PPC)は世界で初めてProof of Stake(PoS)を採用した仮想通貨です。

PoSはマイニング(採掘)の仕組みの一つで、コインの保有量の多さと、コインの保有期間の長さに比例してマイニング報酬を受け取れるシステムのことです。PoWに対して消費電力が少ないこと、51%攻撃に対する心配がないことなどが特徴です。

仮想通貨Peercoin(PPC)の開発者たちは、従来のPoWにおける大量のエネルギー消費に問題を感じていました。

PoSはPoWの代替案として2011年にはすでにBitcoinのコミュニティで議論されてきましたが、仮想通貨Peercoin(PPC)の開発者たちは2011年10月にPoSおよびコイン年数の概念を独自に考え出し、Bitcoinのコイン生成およびセキュリティモデルを再デザインしました。それが実用化されたのが仮想通貨Peercoin(PPC)です。

Proof of Work(PoW)とProof of Stake(PoS)のハイブリット式

仮想通貨Peercoin(PPC)はPoWとPoSを両方利用するハイブリッド式の仮想通貨です。

通貨発行の初期段階ではPoWが使用され、ある程度Peercoin(PPC)が発行された段階でPoSに移行していきます。

PoSがマイニングの主要な方法になることで、PoWのように大量の電力を消費することなくマイニングを行うことが可能になります。PoSは使用電力の少なさが特徴の一つですが、その使用エネルギーはBitcoinの約30%程度だと言われています。

このように、PoWとPoSを併用することで、仮想通貨Peercoin(PPC)はマイニング時のエネルギー効率化を目指しています。

発行枚数の上限がない

仮想通貨Peercoin(PPC)には発行枚数の上限がありません。このため、通貨価値が相対的に下がる「インフレ通貨」に分類されます。

仮想通貨Peercoin(PPC)では「発行の初期段階でPoWを、途中からPoSを使用する」というようにマイニングの手法を併用することによって、最終的に1%のインフレ率を達成するように設計されています。

取引手数料が破棄されるように設計

仮想通貨Peercoin(PPC)では、取引手数料の一部が自動的に破棄されるよう設計されています。破棄される取引手数料はプロトコルレベルで固定され、破棄分の取引手数料はマイナーの手には渡らないまま自動的に削除されます。

このシステムは、仮想通貨Peercoin(PPC)の発行上限がないために起こる可能性があるインフレに対する抑止力として作用しています。マネーサプライを減少させてインフレを相殺するための設計だと言えるでしょう。

Peercoin(PPC)の相場チャート・価格推移

それではここで、仮想通貨Peercoin(PPC)の相場チャートと価格推移をみてみましょう。
仮想通貨Peercoin(PPC)の相場チャート・価格推移は以下のようになっています。

仮想通貨Peercoin(PPC)は公開当初は価格の変動がみられませんでした。

最初に大きく価格が変動するのは2013年11月で、2013年11月30日には1回目の暴騰の最高価格を記録し、1PPC=約798円となりました。

その後は反動で価格の下落と上昇を繰り返し、1年間かけて価格が下落していきます。2015年1月の時点では、1PPC=約40円程度にまで価格が下落しました。

その後、しばらく価格に大きな変動はありませんでしたが、2017年3月頃から次第に価格上昇の兆しを見せ始めます。

2017年11月〜2018年1月にかけて2度目の価格暴騰が起こり、2018年1月13日には過去最高価格となる1PPC=約999円を記録しました。この後反動で価格は下落していき、2018年3月3日現在の価格は1PPC=約328円となっています。

Peercoin(PPC)が購入できる取引所一覧

仮想通貨Peercoin(PPC)は現在25箇所の取引所で扱われています。ただし、これらの取引所は全て海外取引所で、日本国内の取引所では取り扱いがありません。

仮想通貨Peercoin(PPC)を取り扱う海外取引所のうち、著名な取引所には以下のようなものがあります。
 

  • HitBTC
  • Bittrex
  • Poloniex
  • Cryptopia
  • YoBit

それぞれの取引所を簡単にご紹介しておきましょう。
 

【HitBTC】
イギリスのBeta Business Solutions Inc (ベータ・ビジネス・ソリューションズ Inc)が運営する、2013年に開始した仮想通貨取引所です。海外取引所の一つとして人気があります。他の大手取引所に上場する前の、ICO直後の有望な仮想通貨を購入することができます。
 

【Bittrex】
世界最大手の仮想通貨取引所で、アメリカに拠点をおいています。取り扱う仮想通貨の種類は200種類以上と、非常に豊富な種類の仮想通貨を取り扱っています。

【Poloniex】
Bittrexと並ぶ、世界最大級の仮想通貨取引所です。取り扱う銘柄は70種類ほどとなっています。手数料はBittrexよりも少し安めに設定されています。
 

【Cryptopia】
Cryptopiaはニュージーランド系の取引所で、取り扱いのある仮想通貨は500種類以上と世界トップクラスです。他の取引所ではまだ取引されていない草コインの取り扱いが豊富で、草コイン発掘場として定評があります。
 

【YoBit】
こぢんまりとした規模の仮想通貨取引所ですが、草コイン発掘場として定評があります。大手の取引所では扱われていないような草コインを多数取り扱っていることが特徴です。

R

(28)

CoinMarketCapのサイトで確認すると、25箇所もの取引所が表示されました。大手の取引所にも上場されているので、ご自身が利用しやすい取引所で購入するのが良いでしょう。

ThumbHitBTC取引所の特徴・評判・手数料・購入方法(買い方)を解説! | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]
ThumbBittrex(ビットレックス)取引所とは?特徴と評判を徹底解説! | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]
ThumbPoloniex(ポロニエックス)とは?特徴と評判を徹底解説! | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]
Thumb仮想通貨取引所Cryptopia(クリプトピア)の登録方法・使い方・買い方解説! | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]
Thumb仮想通貨取引所Yobitの使い方は?登録・口座開設・入出金方法を解説! | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

Peercoin(PPC)の購入方法の手順

仮想通貨Peercoin(PPC)は国内の取引所では扱われておらず、日本円での購入ができません

仮想通貨Peercoin(PPC)を購入するためには、まず国内の仮想通貨取引所でビットコインを日本円で購入し、用意したビットコインを利用して海外の仮想通貨取引所で仮想通貨Peercoin(PPC)を購入する、という手順を踏む必要があります。

 

以下、その手順をみていきましょう。

 

ここでは、国内取引所にはzaif、海外取引所にはPoloniexを例として使用します。

海外取引所での仮想通貨の購入は、どの仮想通貨でも基本的に同じ手順で行います。
海外取引所への送金は、手数料が安いZaif(ザイフ)がおすすめです。

海外取引所での購入を考えている方は、Zaif(ザイフ)に登録しておくことをお勧めします。

国内取引所で、日本円でビットコインを買う

それでは、国内取引所(ここではzaif)で日本円でビットコインを購入しましょう。

 

まず、Zaifにログインします。続いて、右上のメニューから「簡単売買」をクリックしましょう。画面が以下の画像ように切り替わります。

画面がこのように切り替わったら、次の画像のように、赤枠内のフォームに購入したい寮のビットコインの数を入力しましょう。なお、ここでは日本円、ビットコインのどちらからでも数量が指定できます。
 

金額に問題がなければ「BITCOINを買う」をクリックしましょう。

トランザクションの混雑具合にもよりますが、およそ数分程度でZaifウォレットにビットコインが反映されますので、確認しておきましょう。

以上で、日本円でビットコインの購入が完了しました。

Poloniexへビットコインを送金

続いて、用意できたビットコインを海外取引所(ここではPoloniex)に送金しましょう。
 

国内取引所(ここではzaif)からPoloniexへビットコインを送金するためには、送金先となるPoloniexのデポジットアドレスが必要となります。Poloniexのデポジットアドレスを確認した後、zaifからPoloniexへビットコインを送金しましょう。
 

zaifにログインし、「簡単売買」のあったメニューにある「アカウント」をクリックします。続いて、中央の①「入出金と履歴」という項目が表示されるのでそちらをクリックしましょう。すると下のような画面が表示されます。

②送る仮想通貨の種類を選んで「送金」をクリックすると、③「出金アドレス」「出金金額」「出金手数料」「2段階認証トークン」の入力欄が表示されます。

 

出金アドレスには先ほど確認したPoloniexのご自身のウォレットアドレス、出金金額は送りたいビットコイン量を入力しましょう。

 

出金手数料は無記入なら「0.0005BTCになります。これに上乗せするとより速く送金が完了しますので、もし急ぎの場合は0.0005BTCより多い量を入力すると良いでしょう。

一番下の欄にある2段階認証トークン」は、設定している人のみ表示されます。Google Authenticiatorなどの認証アプリを利用しますので、設定済の方は認証アプリの画面に表示される6桁の番号を入力して下さい。

 

すべて入力したら、一番下の「出金」をクリックしましょう。数分たてばPoloniexに送金が完了します。

PoloniexでPeercoin(PPC)を購入

最後に、PoloniexでPeercoin(PPC)を購入しましょう。

Poloniexにログインし、上部のメニューバーから「Exchange」を選択します。

続いて、右側にある入力フォームのタブで「BTC」を選択し、同じく右側にある検索フォームで「Peercoin(PPC)」を検索しましょう。

すると、面下部左側に注文フォームが表示されるので、「Buy PPC」の画面内の「Amount(数量)」「Price(価格)」に購入したいPPCの数量、価格を入力します。

金額や量を確認し、特に問題がなければ「購入」をクリック。取引が成立すれば、Peercoin(PPC)の購入手続きは完了です。

Peercoin(PPC)のおすすめウォレット

仮想通貨Peercoin(PPC)を管理するのにおすすめのウォレットは、Ledger Nano Sです。

 

Ledger Nano Sはハードウェアウォレットになります。費用が掛かるのが難点ですが、ペーパーウォレットと同等の高いセキュリティを誇るため、堅牢なセキュリティを必要とする場合はこちらのウォレットがおすすめです。

 

ただし、場合によっては入荷待ちであったり、なかなか入手できないこともあるので注意しましょう。

また、Ledger Nano Sは人気のあまり、ウイルスを忍ばせた偽物が販売されるなどの詐欺も発生しています。Ledger Nano Sを購入する際は、正規品取り扱い店舗である公式ページで購入するようにしましょう。

Peercoin(PPC)のロードマップ

仮想通貨Peercoin(PPC)では、以下のようにロードマップが提示されています。

Q1-Q3 2018(v0.7開発サイクル)

  • トランザクションタイムスタンプの削除
  • マルチシグティングプロトコルのサポート
  • OP_RETURN制限を増やす
  • スクリプトサイズの制約を緩和し、より複雑なP2SHスクリプトを可能にする
  • 出力不可能なゼロ値出力
  • v0.7のリリース

Q4 2018(v0.7以降の開発サイクル)
  • UIの統合とツールのマルチミング

Q1-2 2019(v0.8の開発サイクル)
  • 現代のコードベースにリベース
  • v0.8のリリース

Q4 2019-Q3 2020(v0.9の開発サイクル)
  • ペイメントチャネル技術との統合
  • 動的ブロックサイズ機構
  • インフォグラフィック

Peercoin(PPC)の今後の将来性

仮想通貨Peercoin(PPC)は、世界で初めてPoSを採用した仮想通貨で、PoW(Proof of Work)とPoS(Proof of Stake)の両方を使用するハイブリッド型の仮想通貨です。

仮想通貨Peercoin(PPC)は、現在の仮想通貨で多く使用されるようになったPoSを最初に採用した画期的な仮想通貨だと言えます。

仮想通貨Peercoin(PPC)の開発者たちの目標は仮想通貨のマイニングにおいて使用されるエネルギーを効率化することであり、これはマイニングの際に大量の電力を必要としないPoSを採用することによって可能となります。

エネルギーの大量消費が問題視されている現代社会において、仮想通貨Peercoin(PPC)が採用したPoSという手法と、仮想通貨Peercoin(PPC)の開発者たちが掲げるビジョンは、これら現代社会の問題に対して非常に合っているものだと言えるでしょう。

仮想通貨Peercoin(PPC)が今後も「エネルギーの効率化」を目標に開発を進めていくのであれば、仮想通貨Peercoin(PPC)のあり方は仮想通貨業界の新たな道筋となり得るかもしれません。

仮想通貨Peercoin(ピアコイン/PPC)まとめ

以上、仮想通貨Peercoin(PPC)についてみてきました。

仮想通貨Peercoin(PPC)は世界で最初にPoSを採用した仮想通貨で、PoWとPoSをうまく併用して運用されていることが特徴です。発行上限がないことからインフレ通貨に分類されますが、インフレ傾向・デフレ傾向の双方に対処できるよう設計されています。

発行当初から2度の暴騰を経験し、現在は比較的安定した価格を推移しているものの、今後もリリースなどに合わせて価格の上昇が期待できる可能性があります。

開発チームも開発に非常に意欲的なので、今後の開発に大いに期待できそうです。

Peercoin(PPC)を購入される方はもちろん、Peercoin(PPC)に限らず海外取引所に有望な仮想通貨が上場した時により早くより安く購入するためにも、
海外取引所への送金のための国内取引所のご登録がまだの方はこの機会にしっかり口座開設しておきましょう!!

海外取引所へのビットコインの送金は、手数料が安くお得に取引できるZaifが最もおすすめです。

徹底比較!2018年度版オススメ取引所ランキング


LINEで有力情報をゲット!
仮想通貨関連の注目サービスや海外ニュース、その他有力投資情報を配信!!


仮想通貨最新ニュース btcfeed line@

迷ったらまずこの取引所!初心者の人にオススメ取引所をご紹介!

安心・安全が一番!という人ならbitFlyer

bitFlyerは世界で最もセキュリティの高い取引所!

国内で唯一ハッキングへの補償もしている安心の取引所!

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

☛bitFlyerの口座開設方法はこちらで解説!

☛bitFlyerの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

取引するのに難しい操作が心配という人はGMOコイン

初心者の人でも簡単な操作で、リップルなどの人気仮想通貨が購入可能!

運営企業も上場企業の子会社で運営面も安心!

☛GMOコインの口座開設方法はこちらで解説!

☛GMOコインの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

仮想通貨取引をしているなら持っておくべき取引所!

人気アルトコインの購入なら手数料無料のbitbank!

人気のリップル(Ripple/XRP)を手数料無料で購入ができる!

リップル以外のアルトコイン手数料も無料!

☛bitbankの口座開設方法はこちらで解説!

☛bitbankの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

人気通貨を唯一レバレッジ取引できるDMM Bitcoin

人気のリップルとネム、ライトコイン等を唯一レバレッジ取引できる!

レバレッジ取引も安心してできる仕組みを取り入れていて安心!

☛DMM Bitcoinの口座開設方法はこちらで解説!

☛DMM Bitcoinの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

関連するまとめ

仮想通貨取引所ランキング

  • No.1bitFlyer(ビットフライヤー)
    Bitflyerビットフライヤーは私もビットコイン取引で頻繁に使っている取引所の一つです!ビットフライヤーのおすすめポイント3つ!
    • ビットコイン取引日本一の使いやすさ!
    • 手数料が安い
    • 保障もあり安心の取引所
    ビットフライヤーの公式サイトはこちら!
  • No.2GMOコイン
    GmoGMOコインは上場企業のグループ会社で安心の取引所です!初心者の簡単にお得に利用ができます!
    • 手数料が安く操作も簡単!
    • 上場会社のグループで安心!
    • FX取引はアプリでもできる!
    GMOコイン公式サイトはこちら!

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ
Bitflyer side