Goldman Sachs(ゴールドマンサックス)が仮想通貨はバブルと発言

Goldman Sachs(ゴールドマンサックス)は仮想通貨はバブル状態にあると発言。しかし、このバブル発言は、Goldman Sachs(ゴールドマンサックス)を含む金融業界が仮想通貨を脅威としてみなしているからだろう。

Goldman Sachs(ゴールドマンサックス)が仮想通貨はバブルと発言のイメージ

目次

  1. 1Goldman Sachs(ゴールドマンサックス)が仮想通貨はバブルと発言
  2. 2Goldman Sachs(ゴールドマンサックス)が仮想通貨をバブルと考える過去の事例との類似
  3. 3一方でGoldman Sachs(ゴールドマンサックス)は仮想通貨の価値も認めている
  4. 4Goldman Sachs(ゴールドマンサックス)が考える仮想通貨が従来の金融機関を壊滅させるシナリオとは?
LINEで情報をゲット!
仮想通貨関連の注目サービスや海外ニュース、その他投資情報を配信!!


仮想通貨最新ニュース btcfeed line@

当サイトで人気の仮想通貨取引所ランキング!
まだ一つしか取引所を持っていない人は必ず複数に登録をして安全に取引をしましょう!
【1位】bitFlyer(ビットフライヤー)

ビットコイン取引量、国内ユーザー数が日本一の信頼できる取引所!

【2位】GMOコイン

初心者の人に1番おすすめ!簡単に取引ができて、しかも手数料も超お得!

【当サイトで今一番人気!】QUOINEX

人気のリップルとネムを両方を日本で唯一現物取引できる取引所!注目のQASHも取引できる!

【今大注目!】DMM Bitcoin

日本で世界で注目のアルトコインを唯一レバレッジ取引できる大注目の取引所!

※【注意】絶対に複数取引所に登録して資産を分散しておきましょう!資産を失うリスクがあります!

Goldman Sachs(ゴールドマンサックス)が仮想通貨はバブルと発言

Goldman Sachs(ゴールドマンサックス)がまたも仮想通貨界に波風を立てるような発言をしました。

Goldman Sachs(ゴールドマンサックス)のプライベート・ウェルス・マネジメント・グループのCIOで、何億円もの法定通貨の投資を手がけているSharmin Mossavar-Rahmaniがインタビューの中で、

「ブロックチェーンという概念は好きですし、ブロックチェーンは企業や金融業界にとって有益なツールに発展するとは思うのですが、現在の仮想通貨の状態はバブルだと考えています」

と答えました。

Goldman Sachs(ゴールドマンサックス)では投資家が仮想通貨やその基盤となるブロックチェーン技術について強い興味を示しているため、仮想通貨はGoldman Sachs(ゴールドマンサックス)内で注目の話題であることも言及しています。

Goldman Sachs(ゴールドマンサックス)はブロックチェーン技術の可能性を認めている一方で、現在ある完全分散型の仮想通貨に対して弱気な態度は見せていません。
つまり、どれだけ技術として仮想通貨が優れていても、バブルの可能性は排除できないと考えています。

Goldman Sachs(ゴールドマンサックス)が仮想通貨をバブルと考える過去の事例との類似

彼女は続けて、現在の仮想通貨の状況を

1990年のTOPIX(東証株価指数)バブル(いわゆる日本のバブル景気)、
2000年のナスダック(.comバブルと呼ばれたITバブル)、
1600年代のチューリップ・マニア・バブルなどの、

有名なバブルと比較し、仮想通貨を「天文学的に」バブルであると説明しました。

しかし、Mossavar-Rahmaniは、その後、実際には仮想通貨が占める割合は世界のGDPの1%未満にしか満たないと認めており、上記の仮想通貨をバブルだとする声明とは矛盾しているように見えます。

他の金融商品に目を向けてみると、金の現在の推定時価総額は現在約842兆円、2000年のインターネットバブルは738兆円まで時価総額があったと推定されています。

一歩踏み込んで、最近起きた2008年のリーマン・ブラザーズの銀行グループが過度にリスクを取ったことと住宅市場の大幅なインフレによって起こったバブルが引き起こした世界的な金融危機を見てみましょう。

疑わしい値のサブプライムモーゲージ(低所得者向け住宅ローン担保証券)が、とてつもなく高い金額で売却され、市場に深刻なインフレを引き起こしバブルに突入しました。そして、バブル崩壊したとき、632兆円もの投資家のお金が同時になくなりました。

一方でGoldman Sachs(ゴールドマンサックス)は仮想通貨の価値も認めている

また、興味深いのは、金と住宅に対する投資は完全に投機的(実際の価値が存在しなかった)ですが、仮想通貨は実際に役割を持ち機能し始めています。

そしてこの仮想通貨の潜在能力は将来、様々な金融部門を含む、金融業界全体を混乱させるでしょう。
これが、Goldman Sachs(ゴールドマンサックス)のような大きな金融機関の恐怖、不安、および疑念の根底にあるのかもしれません。

分散型の仮想通貨を制御することはできず、Goldman Sachs(ゴールドマンサックス)のような大手銀行は定期的に連邦準備銀行から巨額の大金を受け取ることもできません。

今日のMossavar-Rahmaniの仮想通貨をバブルだと批判するコメントは金融業界の不安を暗示しているのかもしれません。

「連邦準備銀行のような主要中央銀行の1つに支援してもらうなどして、仮想通貨が既存の金融業界に参入する余地はあるでしょうか?-はい。

仮想通貨はそれ自体が有益で、仮想通貨によって取引コストを削減できるでしょうか?-はい。

しかし、"このような仮想通貨"では使い物になりません」

彼女のいう"このような仮想通貨"とは、銀行や政府当局によって制御不能な通貨を指しています。

Goldman Sachs(ゴールドマンサックス)を含む金融業界がその経済力を奪われるかもしれないと、仮想通貨の開発に対して懸念を見せ始めたのは明らかです。

今週初めに流出した、Goldman Sachs(ゴールドマンサックス)からSEC宛の
「(既存の金融業界は)分散帳簿技術に関連するリスクにさらされているかもしれない、あるいはさらされるかもしれない」

と記されたメモが、Goldman Sachs(ゴールドマンサックス)を含む金融業界の仮想通貨に対する懸念を示しています。

Goldman Sachs(ゴールドマンサックス)は仮想通貨に対する懸念を示している唯一の企業ではありません。

今月初めには、Bank of Americaが仮想通貨を自社のビジネスモデルに対する脅威とみなしていることが明らかになりました。

さらに、同業である、世界のトップ金融企業のJP Morgan Chase(JP モルガン)も同様の報告をしています。

Goldman Sachs(ゴールドマンサックス)が考える仮想通貨が従来の金融機関を壊滅させるシナリオとは?

Goldman Sachs(ゴールドマンサックス)などの中央集権型の金融機関が、仮想通貨を恐れているのはもっともなことです。

現在、Goldman Sachs(ゴールドマンサックス)を含む金融機関は、世界の人々に対して(金融の面から)多大なる権力を持っていました。
金融機関は、加速する危険な投資活動(マネーゲーム)を通して利益を最大化することが現在はできています。

しかしバブルが弾け、世界経済が数年間に及ぶ下落に転じると、納税者である一般人のお金は銀行やGoldman Sachs(ゴールドマンサックス)のような巨大金融機関の救済のための何兆円もの大金を肩代わりすることになります。

仮想通貨の存在により、分散型で今までの銀行などを必要しない(信頼できる機関をわざわざ置かなくてもいい)、かつ低料金のグローバルネットワークを使って貸し借りや投資ができるようになると、中央集権型の機関はますますいらない存在になります。

つまり、納税者である世界の人々にとって仮想通貨の方が安全と言えるのです。

現在は仮想通貨はFUD(恐怖、不確実性、懐疑)の対象ではありますが、その対象は現在の金融機関でもなり得ます。(1931年の世界恐慌の時など)

一度でも既存の金融業界がFUD(恐怖、不確実性、会議)の対象でもなれば、それら金融機関は仮想通貨に取って代わられ、存在価値を失うでしょう。

Goldman Sachs(ゴールドマンサックス)などの巨大金融機関はそのことがわかっているのかもしれませんね。

Goldman Sachs Official: Cryptocurrencies in 'Current Format' Are in a Bubble

CCN、Lewis Gray、2 Mar 2018

このニュースを読んだ方はこちらのニュースも読んでいます

Thumb仮想通貨はJP Morgan Chase(JP モルガン)にとっての危機とCEOが発言 | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

徹底比較!2018年度版オススメ取引所ランキング


LINEで有力情報をゲット!
仮想通貨関連の注目サービスや海外ニュース、その他有力投資情報を配信!!


仮想通貨最新ニュース btcfeed line@

迷ったらまずこの取引所!初心者の人にオススメ取引所をご紹介!

安心・安全が一番!という人ならbitFlyer

bitFlyerは世界で最もセキュリティの高い取引所!

国内で唯一ハッキングへの補償もしている安心の取引所!

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

☛bitFlyerの口座開設方法はこちらで解説!

☛bitFlyerの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

取引するのに難しい操作が心配という人はGMOコイン

初心者の人でも簡単な操作で、リップルなどの人気仮想通貨が購入可能!

運営企業も上場企業の子会社で運営面も安心!

☛GMOコインの口座開設方法はこちらで解説!

☛GMOコインの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

仮想通貨取引をしているなら持っておくべき取引所!

人気アルトコインの購入なら手数料無料のbitbank!

人気のリップル(Ripple/XRP)を手数料無料で購入ができる!

リップル以外のアルトコイン手数料も無料!

☛bitbankの口座開設方法はこちらで解説!

☛bitbankの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

人気通貨を唯一レバレッジ取引できるDMM Bitcoin

人気のリップルとネム、ライトコイン等を唯一レバレッジ取引できる!

レバレッジ取引も安心してできる仕組みを取り入れていて安心!

☛DMM Bitcoinの口座開設方法はこちらで解説!

☛DMM Bitcoinの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

関連するまとめ

仮想通貨取引所ランキング

  • No.1bitFlyer(ビットフライヤー)
    Bitflyerビットフライヤーは私もビットコイン取引で頻繁に使っている取引所の一つです!ビットフライヤーのおすすめポイント3つ!
    • ビットコイン取引日本一の使いやすさ!
    • 手数料が安い
    • 保障もあり安心の取引所
    ビットフライヤーの公式サイトはこちら!
  • No.2GMOコイン
    GmoGMOコインは上場企業のグループ会社で安心の取引所です!初心者の簡単にお得に利用ができます!
    • 手数料が安く操作も簡単!
    • 上場会社のグループで安心!
    • FX取引はアプリでもできる!
    GMOコイン公式サイトはこちら!

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ
Bitflyer side