モナコイン(monacoin)とは?評判と買い方や使い道を徹底解説!

最近話題となっている仮想通貨のひとつであるモナコイン(monacoin)をご存知でしょうか。モナコイン(monacoin)の評判は?買い方は?どのような使い道があるでしょうか?おすすめな取引所から今後の将来性まで徹底的に解説致します。

モナコイン(monacoin)とは?評判と買い方や使い道を徹底解説!のイメージ

目次

  1. 1モナコイン(monacoin)とは?
  2. 2モナコイン(monacoin)とビットコインの違い
  3. 3モナコイン(monacoin)の歴史
  4. 4モナコイン(monacoin)の口コミと評判
  5. 5モナコイン(monacoin)の仕様
  6. 6モナコイン(monacoin)相場
  7. 7モナコイン(monacoin)今までのチャート変動
  8. 8モナコイン(monacoin)高騰はbitflyerが原因!?
  9. 9モナコイン(monacoin)のメリット
  10. 10モナコイン(monacoin)のデメリット
  11. 11モナコイン(monacoin)の買い方
  12. 12モナコイン(monacoin)取り扱いできる取引所
  13. 13モナコイン(monacoin)おすすめ取引所
  14. 14モナコイン(monacoin)使い道
  15. 15モナコイン(monacoin)はSegWit(セグウィット)採用通貨
  16. 16モナコイン(monacoin)の今後の将来性
  17. 17モナコイン(monacoin)まとめ
当サイトで人気の仮想通貨取引所ランキング!
まだ一つしか取引所を持っていない人は必ず複数に登録をして安全に取引をしましょう!
【1位】Zaif(ザイフ)

取引手数料の安さNO.1!本サイト1番のオススメ取引所!

【2位】bitFlyer(ビットフライヤー)

ビットコイン取引量、国内ユーザー数が日本一の信頼できる取引所!

【3位】GMOコイン

初心者の人に1番おすすめ!簡単に取引ができて、しかも手数料も超お得!

【当サイトで今一番人気!】QUOINEX

人気のリップルとネムを両方を日本で唯一現物取引できる取引所!注目のQASHも取引できる!

【今大注目!】DMM Bitcoin

日本で世界で注目のアルトコインを唯一レバレッジ取引できる大注目の取引所!

※【注意】絶対に複数取引所に登録して資産を分散しておきましょう!資産を失うリスクがあります!

モナコイン(monacoin)とは?

モナコイン(monacoin)は、仮想通貨のひとつで、通貨単位をMONAと言います。
掲示板で有名な『2ちゃんねる』から2013年に誕生し、2014年1月1日にリリースされました。

モナコイン(monacoin)は成り立ちに特徴があり、コインの発行者や管理者が存在しません。当初は『採掘するゲーム』もしくは『掲示板での質問や回答次第で得ることができるコイン』という独特な使い道があります。モナコイン(monacoin)は、時価総額第5位のライトコイン(Litecoin)をもとに開発されており、セキュリティーにおいても信頼性が高く将来性を期待された仮想通貨です。

発行枚数は1億枚超で、取引処理スピードを表すブロック生成サイクルは約90秒。ビットコイン(bitcoin)よりも処理速度が速く実用的なライトコイン(Litecoin)よりもモナコイン(monacoin)の方が取引処理スピードが速いと評判の将来性がある仮想通貨です。

モナコイン(monacoin)とビットコインの違い

モナコイン(monacoin)は、スタートしたばかりのコインなので、ビットコイン(bitcoin)のような流動性があるわけではありません。しかし、モナコイン(monacoin)は、取引処理スピードを表すブロック生成サイクルが約90秒で、ビットコイン(bitcoin)よりも処理速度が速く実用的なライトコインよりもモナコイン(monacoin)の方が取引処理スピードが速いので、発行枚数は1億枚を超えています。

ビットコイン(bitcoin)は、認知度が高く、市場価値もモナコイン(monacoin)とは比べものになりませんが、これからが楽しみな将来性がある仮想通貨です。

モナコイン(monacoin)の歴史

モナコイン(monacoin)は、掲示板で有名な『2ちゃんねる』から2013年に誕生し、2014年1月1日にリリースされました。モナコイン(monacoin)は成り立ちに特徴があり、当初使い方としては『採掘するゲーム』もしくは『掲示板での質問や回答次第で得ることができるコイン』として使われていました。

2017年10月にビットフライヤー(bitFlyer)に上場し、相場が高騰したことにより、将来性のある仮想通貨であることが世界的に評判となりました。

モナコイン(monacoin)の口コミと評判

2017年10月にビットフライヤー(bitFlyer)で取引を開始してから、価格が高騰し、将来性のある仮想通貨として、世界的な認知度を一気に上げることとなり評判となっています。

一部のコアなファンが主に使用し、また、その使い道も独自性があるモナコイン(monacoin)ですが、本格的な仮想通貨として、今後は取引されていくことになりそうです。また、モナコイン(monacoin)ならではのイベントが秋葉原で開催され大いに盛り上がり、評判となりました。ますます将来性を期待したいところです。

ビットフライヤー(bitFlyer)での取引開始後の2017年10月にモナコイン(monacoin)は高騰し、一部のユーザーのみへの認知から将来性のある本格的な仮想通貨として取引されていくことを期待された仮想通貨です。

モナコイン(monacoin)の仕様

モナコイン(monacoin)の仕様は
 

  • 平均ブロック作成間隔がおよそ90秒でブロックが承認されるので、送金スピードが非常に速いです。一方、ビットコインはおよそ10分でブロックが作られますので、とても頻度が高くブロックが作られていことがわかります。
 
  • 発行総数は、約1億500枚です。モナコイン(monacoin)はブロック生成速度が速いため発行枚数も多くなります。
 
  • 発掘(マイニング)の方法は、ビットコインと同じproof of Works(プルーフ・オブ・ワークス)を採用しています。よって、マイニングで稼ぐには、コンピューターの能力が高ければ高いことで得られる結果です。

モナコイン(monacoin)相場

取引所によって、価格が変動することがわかります。仮想通貨は、取引所での取引の量で価格が変動しますので、取引がたくさんある取引所を使うといいでしょう。将来性がある仮想通貨を信頼できる取引所で取引することをお勧めします。

下の写真はモナコイン(monacoin)2017年11月18日から11月19日までの価格チャートです。

3時間ごとのチャート見てみますと、短時間で相場が大きく変動していることがわかります。
モナコイン(monacoin)は週末に価格変動をするといわれていますが、これを見ると納得できます。24時間365日取引ができる仮想通貨ですので、相場に一喜一憂してしまいがちですが、相場には、特徴がありますので特徴をつかんで取引をするといいでしょう。
 

モナコイン(monacoin)今までのチャート変動

2014年1月1日から取引が開始したモナコイン(monacoin)ですが、相場はどうだったでしょうか。
2014年8月と2017年7月に、相場が大きく動き高騰しましたが、高値は100円弱でした。長期的に見ても、モナコイン(monacoin)は100円を上限とした相場の値動きになりやすいということが予測できます。

しかし、600円まで相場が高騰したことがありました。知名度が低かったモナコイン(monacoin)は、日本で有名な取引所のひとつであるビットフライヤー(bitFlyer)で取り扱いを開始したことで、知名度が上がり、相場での価格が高騰した要因が考えられます。

日本で初めての仮想通貨ということと、国内最大手のビットフライヤー(bitFlyer)で取引を開始したことで、買い付ける人が圧倒的に増えて、モナコイン(monacoin)の価格が劇的に動いたということでしょう。今後も将来性を期待され相場が気になる仮想通貨のひとつで目が離せませんね。

モナコイン(monacoin)暴落事件

モナコイン(monacoin)の相場が、数日で10倍以上になり、その後一気に暴落する事件が起こりました。
相場が急激に高騰したモナコイン(monacoin)を買ってしまったことにより、相場が急激に暴落したと考えられます。過去3か月に遡って相場を見てみますと、10月からビットフライヤー(bitFlyer)に上場した影響を確認することができます。200円をも下回っていた価格が、600円近くまで急激に高騰しています。

しかし、11月に入り、約半分ほど値が落ちています。
仮想通貨は、上昇、下降が激しいことがわかります。決済としての機能もある仮想通貨モナコイン(monacoin)ですので、大きな価格変動は、予定した決済ができなくなることも考えられます。

しかし、まだ流動性に不安が残るモナコイン(monacoin)ですので、まだまだ相場の予測が難しいといったところでしょう。
 

モナコイン(monacoin)の買い方としては、取引所で買う場合と販売所で買う場合があります。
取引所で買う場合は、指値注文ができますが、販売所の場合は、成り行き注文となります。
価格に差が出ることがありますので、登録している取引所でのモナコイン(monacoin)の買い方を確認しておくといいでしょう。

モナコイン(monacoin)高騰はbitflyerが原因!?

2017年から、モナコイン(monacoin)は、ビットフライヤー(bitFlyer)での取引を開始しました。ビットフライヤー(bitflyer)とは、日本で最も有名な取引所のひとつです。

モナコイン(monacoin)は日本で初めての国産仮想通貨ですが、ビットコイン(bitcoin)やイーサリアム(Ethereum)ほど知名度が高くありませんでした。しかし、ビットフライヤー(bitFlyer)での取引が開始され、世界的な認知度が上がったことで将来性が感じられ、相場が大きく動いたと考えられます。

モナコイン(monacoin)のメリット

モナコイン(monacoin)のメリットはどういうところにあるのでしょうか。これからメリットについて2つお伝えいたします。

①いつでも取引ができる

モナコイン(monacoin)の最大のメリットは、24時間、365日相場が動いていますので取引が出来ます。株取引と違い、タイミングを見ながら買い付けることができます。また、送金スピードにメリットあります。ブロック作成間隔がおよそ90秒で承認されるので、売買することができます。
そして、送金スピードが非常に速いです。一方、ビットコイン(bitcoin)はおよそ10分でブロックが作られますので、とても高い頻度でブロックが作られていことがわかります。

②モナコイン(monacoin)決済ができる

モナコイン(monacoin)の通貨を物品やサービスと交換するという使い道があり、イラストの投稿が多いことも注目です。モナコイン(monacoin)を擬人化した『モナコインちゃん』というキャラクターのイラストがシンボルとなっているのも特徴の一つです。

また、モナコイン(monacoin)を使ってオークションに参加できる「モナオク!」や、モナコイン(monacoin)を投げ銭し合う文化なども発達しています。

ハンドメイドのものから、食品など、さまざまなものが、モナコイン(monacoin)で決済することができますので、使い道がこれから広がってくると期待できる仮想通貨です。

モナコイン(monacoin)のデメリット

①相場が安定しない

デメリットの1つ目は、流動性という視点で見ると、相場が安定しないというところです。
株取引やその他の金融商品と比較して、まだ、全体的な取引数が少ない仮想通貨ですので、相場価格の変動が大きく、また、それに伴いリスクが大きくなりますので自分自身で資産を管理することが重要で、注意が必要です。

②安全性の問題と法規制

デメリットの2つ目は、安全性の問題と法規制です。
安全性については、セキュリティの問題と、そもそも仮想通貨へのイメージとして、現物がないので分かりにくいと言われています。法規制については、株やその他の投資商品、金融商品は、法律が定められており、資産を守る仕組みが国として出来ていますが、仮想通貨においては、まだ、発展途上であり、倒産すれば、ゼロになる可能性もあります。
自分で自分の資産を守らなければなりません。

モナコイン(monacoin)の買い方

モナコイン(monacoin)は、どのような買い方があるのでしょうか。ここでは、ビットフライヤー(bitFlyer)を例に買い方をご紹介します。
日本では、2017年4月、仮想通貨に関する法律が施行され、顧客を守るための仕組みとなっており、そこでこの仕組みを遵守する会社で取引することで安心を得ることができます。
ビットフライヤー(bitFlyer)は、日本で最も有名な取引所で、ユーザー数も極めて多く、流動性があります。ビットフライヤー(bitFlyer)でもモナコイン(monacoin)を売買することができます。
 

ビットフライヤー(bitFlyer)のアプリ

ビットフライヤー(bitFlyer)のアプリを起動し、アルトコインをタップします。

ビットフライヤー(bitFlyer)のアプリ

モナコイン(monacoin)をタップします。

ビットフライヤー(bitFlyer)のアプリ

購入したい数量をを入力します。

ビットフライヤー(bitFlyer)のアプリ

最終画面です。取引内容を確認して注文確定をタップしてください。

ビットフライヤー(bitFlyer)は、販売所での買い方と取引所での買い方があります。
販売所は、成り行き注文のことで、買値を指定することがない買い方です。一方、取引所は、指値注文ができるので、自分が買いたい金額になって初めて取引が成立するという買い方です。株の買い方と同じです。
モナコインは、前者の販売所のみとなりますので、簡単な買い方ですが、自分で値段を見極めて注文することをお勧めします。

matsukos2

(45)

初めて取引所の登録を、国内最大手と評判のビットフライヤー(bitFlyer)に決めました。金融機関並みの個人情報の開示が必要でしたが、スムーズに登録が完了し、アカウントが作成されました。すぐに取引することができ、スマートフォンのアプリを使いますと、簡単に取引ができ、買い方も簡単です。使い道もこれからもっと広がると思われる仮想通貨の取引をこれから慎重にしながらも楽しみたいと思います。

今すぐモナコインを購入したい方はこちら

モナコイン(monacoin)取り扱いできる取引所

将来性のあるモナコイン(monacoin)を買うにはどうすればいいでしょうか。モナコイン(monacoin)を取り扱っている取引所についてまとめました。
それぞれ評判や特徴があります。どの取引所もモナコイン(monacoin)の取引をするには最適な取引所です。初心者からプロの投資家まで対応していますので、仮想通貨の使い方など取引も目的によって選びましょう。

 

仮想通貨 特徴
ビットフライヤー(bitFlyer) ビットフフライヤー(bitFlyer)は、国内取引量、ユーザー数、資本金1位です。日本初の国内最大手の取引所で、2014年に設立されたあと、リクルート、三菱UFJキャピタル、SBIインベストメントなど、大手企業からの出資も受けている安心の取引所です。
ザイフ(Zaif) モナコイン(monacoin)の取引高で世界最大の取引所です。さらに、ザイフ(Zaif)で取引をすると手数料相当額(マイナスボーナス最大3.36%)をもらえますので、取引回数が多い方には最もおすすめできる取引所です。
ビットバンク(bitbank) ビットバンク(bitbank.cc)は、プロ向けの仮想通貨取引所で、50種類以上の豊富なテクニカル分析に対応しています。板情報を見ながら、自分の好きな価格で指値注文ができるのが特徴です。取引手数料マイナスボーナス0.05%が発生します。
フィスコ仮想通貨取引所 フィスコ仮想通貨取引所は、初めてでも簡単に仮想通貨を取引することができます。また、取引手数料がかかりません
ビットトレード(BitTrade) ビットトレード(BitTrade)は、仮想通貨の取り扱い銘柄が豊富にそろっています。多彩な取引ツールやテクニカル分析が可能です。スマートフォンユーザーに対応し、外出先からも逃さず取引ができます。

モナコイン(monacoin)おすすめ取引所

おすすめな取引所を選ぶ際のポイントは4つです。

・取引手数料の安さ
・使いやすいさ
・取引量の多さ(スプレッドの少なさ)
・取り扱い仮想通貨の多さ


上であげた仮想通貨取引所をそれぞれのポイントで比較していきます。

取引手数料の安さ

仮想通貨を取引する際にかかる手数料が安いことは重要です。小さな金額かもしれませんが、取引回数、取引金額によって、1年間に掛かるコストが大きな負担となることがあります。

取引手数料は以下の通りです。

※マイナスになっている手数料は、取引額の0.01%のボーナスが受け取れます。

取引所 Taker手数料 Maker手数料
ザイフ(Zaif) -0.01% -0.01%
ビットフライヤー(bitflyer) 無料 無料
ビットバンク(bitbank) 0.25% -0.01%
ビットトレード(BitTrade) 0.70% 0.30%
フィスコ仮想通貨取引所 無料 無料

また、仮想通貨のTaker手数料とMaker手数料とは、Takerとは並んだ注文を消費することMakerとは、板に注文を並べることをいい、Taker手数料とは成り行き注文のことを言います。一方、Maker手数料とは指値注文のことです。

手数料だけが取引所を選ぶ基準にはなりませんが、結論から言いますと、ザイフ(Zaif)が有利になります。

取引所を選ぶうえで重要なポイントとしては、安全性の高さ大切な資産を守るのは自分自身です。自分の大切な財産を守るためにも、取引所のセキュリテの高さと倒産のリスクなどは考慮しましょう。

使いやすさ

気軽に仮想通貨の取引をするなら使いやすさも大切です。特に、忙しい人なら隙間時間にスマートフォンで簡単に取引したいものですね。
素早く手続きができ、また分析ツールが充実していると、なお良いですね。

使いやすさも取引所を選ぶ重要なポイントです。

取引所 使いやすさ
ザイフ(Zaif) ◎ 独自サービスが充実
ビットフライヤー(bitflyer)
ビットバンク(bitbank) ◎ テクニカル分析が50種類以上
ビットトレード(BitTrade) ○ 高性能ツールTrade View
フィスコ仮想通貨取引所

取引量の多さ(スプレッドの少なさ)

スプレッド(Spread)とは、差額、広がるのことで、仮想通貨の取引で使用するスプレッドは、買値(ASK)と売値(BID)の価格差のことです。

売買差で利益を出す場合は、スプレッド分が利益になりますので、スプレッドが小さく、取引量が多い取引所であることが選ぶポイントです。

仮想通貨の多さ

仮想通貨はビットコイン(bitcoin)以外の仮想通貨をまとめてアルトコインといい、モナコイン(monacoin)をはじめ、ネム、リップル、イーサリアム、ライトコインなど、800種類以上の仮想通貨(アルトコイン)が存在します。

取引所 仮想通貨の取り扱い種類
ザイフ(Zaif) 13種類
ビットフライヤー(bitflyer) 6種類
ビットバンク(bitbank) 6種類
ビットトレード(BitTrade) 6種類
フィスコ仮想通貨取引所 3種類

値動きが大きく、リスクも高いですが、資産を大きく増やすことを期待して取引している場合は、取り扱い有価が豊富な取引所を選ぶことをお勧めします。

モナコイン(monacoin)使い道

公開された当時は、知名度が高くなく、価格も低かったので、使い道としては、『採掘するゲーム』や『掲示板でユーザーがお互いにチップをあげる』ためでした。そのチップAsk Mona(アスク・モナ)は、投稿すれば、チップとしてモナコインがもらえるという機能があり、もちろんあげることもできます。

大きなトラブルもなく稼働を続け、取引が活発化してくることでモナコイン(monacoin)に対する信頼度が高まり、2017年3月からは使い道が広がり、ビットコインとモナコインのみで支払い可能な通信販売のサイトが出来ました。円での支払いはできず、モナコイン(monacoin)での支払いのみを可とするサイトになりました。

また、秋葉原には、モナコインで決済することが出来るパソコンショップがあります。実店舗でも、Web通販でも決済が可能となっています。今後も使い道が広がることが期待されています。

▼モナコインの使い道を詳しく知りたい方はこちら>>

Thumbモナコイン(monacoin)の使い方・使い道9選と今後の将来性! | BtcFeed

モナコイン(monacoin)はSegWit(セグウィット)採用通貨

モナコイン(monacoin)は、取引処理スピードが速いのに加え、SegWit(セグウィット)に成功した世界初の通貨です。SegWit(セグウィット)とは同時に多くの送金処理ができるシステムです。仮想通貨は、一つ一つのブロックがチェーンのようにつながっていることからブロックチェーン技術いわれています。しかし、このブロックチェーンのひとつのブロックには容量がきまっており、取引できるデータ量も限られている所がデメリットでした。

そして、ビットコインは送金が多すぎてしまい、処理に時間がかかるようになったため、SegWit(セグウィット)を採用するか否かを判断していましたが、モナコイン(monacoin)がSegWit(セグウィット)を世界で初めて採用する仮想通貨となり、評判となりました。多くの送金処理ができ、多く取引される効果が期待され、注目されることとなりました。

Thumbビットコインが急落!原因はSegwit2xにかかわる開発者グループのごたごた | BtcFeed

モナコイン(monacoin)の今後の将来性

技術的に言えば、モナコイン(monacoin)の評判が上がらないのはなぜかと疑問視するところですが、一度高騰した現在、今後価格を高騰させることができるのか気になるところですね。一度価格が高騰し、世界的に認められると、調整が入り下落に推移していくことになります。しかし、今後、初めの価格まで下落することは考えにくいと思われます。

日本最大手の取引所であるビットフライヤー(bitFlyer)が、取引を開始したことで、価格が高騰したわけですが、世界的にみると、モナコイン(monacoin)を扱っている取引所は非常に少ないのが現状です。日本で、取引所のひとつが取引を開始したことによって価格が高騰したので、今後も、取引所が増えることで、価格変動に影響を与える可能性はあります。

ビットコイン(bitcoin)やライトコイン(Litecoin)よりも取引スピードが評判のモナコイン(monacoin)ですから、今後は、取引所が増えてくるでしょう。また、仮想通貨の時価総額は、評判に影響しますが、モナコイン(monacoin)の時価総額は、ライトコインの1/17です。

知名度が低いため、価格も割安で取引されています。今後は、評判がもっとよくなれば、時価総額が上がり、信頼度が高まり使え得るサービスが増える可能性があります。値動きが大きく、判断に悩むところではありますが、トラブルが起きないことが重要なポイントです。

モナコイン(monacoin)まとめ

モナコイン(monacoin)の評判や買い方、使い道について説明させていただきました。2017年10月以降、ビットフライヤー(bitFlyer)が取引を開始したことにより相場が高騰し、世界的に評判が格段に上がっています。将来性があるモナコイン(monacoin)の買い方、独特な使い道、将来性について大いに興味を持っていただけたと思います。

まだまだリスクが高いと感じる仮想通貨のモナコイン(monacoin)ですが、慎重に、かつ楽しみながら、今の時代の流れに乗って使い道を見出してみてはいかがでしょうか。

モナコイン(monacoin)購入はbitFlyerがおすすめ

bitFlyerは、とにかく安定感があるのが売りです!

・資金力があり安心
・セキュリティ体制と補償サービスが整っている

・利用者数が非常に多い


など様々な特徴があります。
是非この機会に開設してみてはいかがですか?

この記事を読んだ方はこちらも読んでます

Thumbモナコイン(monacoin)おすすめ取引所の手数料や評判を徹底比較! | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]
Thumbモナコイン(monacoin)の使い方・使い道9選と今後の将来性! | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

徹底比較!2018年度版オススメ取引所ランキング

迷ったらまずこの取引所!初心者の人にオススメ取引所をご紹介!

安心・安全が一番!という人ならbitFlyer

bitFlyerは世界で最もセキュリティの高い取引所!

国内で唯一ハッキングへの補償もしている安心の取引所!

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

☛bitFlyerの口座開設方法はこちらで解説!

☛bitFlyerの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

取引するのに難しい操作が心配という人はGMOコイン

初心者の人でも簡単な操作で、リップルなどの人気仮想通貨が購入可能!

運営企業も上場企業の子会社で運営面も安心!

☛GMOコインの口座開設方法はこちらで解説!

☛GMOコインの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

仮想通貨取引をしているなら持っておくべき取引所!

人気アルトコインの購入なら手数料無料のbitbank!

人気のリップル(Ripple/XRP)を手数料無料で購入ができる!

リップル以外のアルトコイン手数料も無料!

☛bitbankの口座開設方法はこちらで解説!

☛bitbankの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

手数料の安さぶっちぎり!Zaif!

日本の取引所で手数料が最もお得な取引所!

ビットコインは取引すればするほどビットコインをもらえる!

海外取引所を利用するならZaifでのビットコイン購入がおすすめ!!

☛Zaifの口座開設方法はこちらで解説!

☛Zaifの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

人気通貨を唯一レバレッジ取引できるDMM Bitcoin

人気のリップルとネム、ライトコイン等を唯一レバレッジ取引できる!

レバレッジ取引も安心してできる仕組みを取り入れていて安心!

☛DMM Bitcoinの口座開設方法はこちらで解説!

☛DMM Bitcoinの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

仮想通貨取引所ランキング

  • No.1bitFlyer(ビットフライヤー)
    Bitflyerビットフライヤーは私もビットコイン取引で頻繁に使っている取引所の一つです!ビットフライヤーのおすすめポイント3つ!
    • ビットコイン取引日本一の使いやすさ!
    • 手数料が安い
    • 保障もあり安心の取引所
    ビットフライヤーの公式サイトはこちら!
  • No.2Zaif(Zaif)
    Zaifザイフは初心者に優しく日本で一番最初にできた仮想通貨取引所です!ザイフのおすすめポイント3つ!
    • 手数料安さ日本一!
    • 独自のサービスで魅力満点!
    • 老舗の信頼できる取引所!
    ザイフの公式サイトはこちら!
  • No.3GMOコイン
    GmoGMOコインは上場企業のグループ会社で安心の取引所です!初心者の簡単にお得に利用ができます!
    • 手数料が安く操作も簡単!
    • 上場会社のグループで安心!
    • FX取引はアプリでもできる!
    GMOコイン公式サイトはこちら!

管理人について

Widget1
仮想通貨のバブルに乗ってミリオネアを目指す26歳の仮想通貨トレーダーです。国立大学を卒業し総合系コンサル会社に入社→仮想通貨にハマり2年で退職し仮想通貨投資暦2年
50万の初期投資から貯金1200万(※2017年11月現在)
元々はフィンテック関連企業のアサイン経験からブロックチェーンの勉強をし、途中から投資を始めました。情弱だったことから起きた個人的な失敗談や、技術的な話を理解せずに投資をする友人達の失敗を見て本当に必要な情報を初心者〜中/上級者の方に向けて発信して行こうと思います。
僕が使っている取引所/トレード・保有してるコイン/参加したICOはこちら!

管理人のツイート

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ
Bitflyer side