中国の仮想通貨取引所は規制をされたが縮小はせず、成長した!

中国人民銀行が仮想通貨取引の厳しい規制を始めたことで、仮想通貨取引所が大きなダメージを受けるかに思えました。しかし、中国最大の仮想通貨取引所であるHuobi(フオビ)は成長を続け、Binance(バイナンス)という新たな仮想通貨取引所も台頭してきました。

中国の仮想通貨取引所は規制をされたが縮小はせず、成長した!のイメージ

目次

  1. 1中国政府の規制と仮想通貨取引所の歴史
  2. 2中国の仮想通貨取引所の規制のいきさつとは?
  3. 3中国の仮想通貨取引所は規制の目を逃れ海外へ拡大:Huobi(フオビ)の成長
  4. 4中国の仮想通貨取引所のHuobi(フオビ)さらなる成長戦略:トークン発行とは?
  5. 5中国の規制によりBinance(バイナンス)という新たな仮想通貨取引所の台頭
LINEで情報をゲット!
仮想通貨関連の注目サービスや海外ニュース、その他投資情報を配信!!


仮想通貨最新ニュース btcfeed line@

当サイトで人気の仮想通貨取引所ランキング!
まだ一つしか取引所を持っていない人は必ず複数に登録をして安全に取引をしましょう!
【1位】bitFlyer(ビットフライヤー)

ビットコイン取引量、国内ユーザー数が日本一の信頼できる取引所!

【2位】GMOコイン

初心者の人に1番おすすめ!簡単に取引ができて、しかも手数料も超お得!

【当サイトで今一番人気!】QUOINEX

人気のリップルとネムを両方を日本で唯一現物取引できる取引所!注目のQASHも取引できる!

【今大注目!】DMM Bitcoin

日本で世界で注目のアルトコインを唯一レバレッジ取引できる大注目の取引所!

※【注意】絶対に複数取引所に登録して資産を分散しておきましょう!資産を失うリスクがあります!

中国政府の規制と仮想通貨取引所の歴史

2017年1月6日、それまで順調に伸びていた仮想通貨の市場は突如としてその価値が約40%ほども下落しました。

原因はそれまで90%のシェアを誇っていた中国で規制をすると言うニュースが流れたからです。

その後、9月にも同じように中国がICOの規制や仮想通貨取引所への規制などを発表して、またも価格を40%も落としたのです。

その時は中国元の仮想通貨市場での流通量が高くなかったにも拘わらずこのような状態になりました。
それほど中国の取引所への規制は影響力があると考えられていたのです。

しかし、これだけの規制をしてきた中国で運営されている取引所は規制によって、衰退したのではなく、むしろ成長をしているというのです。

いったいこれはどういうことなのか?
中国の規制の舞台裏の話を紹介します!

中国の仮想通貨取引所の規制のいきさつとは?

中国人民銀行の役員が中国で一番大きな仮想通貨取引所を訪れ、幹部との会議を行いました。

その際、役員たちはアンチマネーロンダリングと資本規制の命令が遵守されているかどうかを確認したいと申し出ました。

また、中国人民銀行は取引所の取引量およびユーザー数に関する情報を要求しました。これにHuobi(フオビ)の最高執行責任者であるRobin Zhuは胸騒ぎを覚えました。

Zhuの不安は的中し、9月には、中国人民銀行がイニシャル・コイン・オファリング(ICO)を禁止し、国内の法定通貨から仮想通貨への取引を中止したという発表がありました。
この禁止は、中国での仮想通貨取引に甚大な影響、つまり完全に取引ができなくなるということを意味していると思われました。

CoinDeskによるインタビューで、Huobi(フオビ)の創業者兼CEOのLeo Liは取引量にその影響が出ていると報告しました。 2017年11月1日、取引量は、規制直前の9月15日の5%に留まりました。

しかし、Huobi(フオビ)のような中国の取引所はビジネスを成長させる新しい方法を模索しながら成長し続けてきました

さらに、Zhuは、「今後仮想通貨取引の禁止が解除される可能性が高い」と述べています。

中国の仮想通貨取引所は規制の目を逃れ海外へ拡大:Huobi(フオビ)の成長

事実、中国最大の取引所の二つであるHuobi(フオビ)とOKCoinはすでに、取引量において世界でトップ10圏内に位置する仮想通貨取引所の、「Huobi Pro」と「OKEx」持っています。

それらは、現在は仮想通貨のみを取引するプラットフォームとして世界の人から利用をされています。

この規制のおかげとも言えますが、Huobi(フオビ)はそれまでの法定通貨(中国元)と仮想通貨の取引から、仮想通貨と仮想通貨の取引にビジネスの主軸を移したことで大きく成長したのです。

Zhuは、Huobi Groupは9月から人員を400人以上と倍増させたと言っており、中国の仮想通貨取引所への厳格な規制に直面している中での懸命な努力がうかがえました。


また、中国の仮想通貨取引所への規制が弱まるまで、Huobi(フオビ)は積極的な海外への拡大計画を進めており、ここ数ヶ月間で、日本ではSBIグループと提携をし、韓国でもパートナーを見つけて、その他、シンガポール、米国にオフィスを開設しました。

Zhuは、海外での事業展開は常にHuobi(フオビ)の長期戦略の一環であったが、中国人民銀行の行動は間違いなく計画実行の迅速化を余儀なくさせた、と言いました。

現在、先述の仮想通貨と仮想通貨だけの取引所である、Huobi Proは300万人ものユーザー数を誇り、さらにその半分は中国本土のトレーダーとのことです。

Huobi(フオビ)はアメリカでも仮想通貨取引所の開設を検討していると言い、さらなる拡大が考えられます。

中国の仮想通貨取引所のHuobi(フオビ)さらなる成長戦略:トークン発行とは?

Huobi(フオビ)は既存のユーザーにサービスを追加することに依然として重点を置いており、顧客ロイヤリティを生み出し、さらなる収益をもたらす方法として、イーサリアム(ETH)ブロックチェーン上で取引される独自のトークンである、HTを作りました。

Huobi(フオビ)は、主流のICOモデルと異なり、プラットフォーム上でサービス料パッケージを購入するユーザーにトークンを無料でプレゼントしています。

HTトークンの発表後、14日間にわたって、3億ドルものをお金がHKトークンによって集まりました。

Huobi Proは独自のトークンを作った後、HADAXという新しい取引所を発表しました。HADAXを使えば、投資家はプラットフォームで取引するためにリストアップしたい新しい仮想通貨資産に対してHTで投票することができます。

Huobi(フオビ)のデータによると、2月24日、HADAXプラットフォームは75種類の仮想通貨資産に対して合計8500万票を投じた104,308人のユーザーから、850万HTを収集しています。

このことから、Huobi(フオビ)CEOのZhu氏は、
「長期的な視点に立つと、仮想通貨と仮想通貨のトレーディングの方が、法定通貨と仮想通貨の取引よりも成長余力があると言えます。」

中国の規制によりBinance(バイナンス)という新たな仮想通貨取引所の台頭

一方で、中国人民銀行による規制は、中国とつながりの深い新しい仮想通貨取引所の台頭を促しました。

中国人民銀行の規制が始まるわずが2ヶ月前の昨年7月、Binance(バイナンス)はOKCoinの元幹部らZhao Changpeng氏とHe Yi氏によって作られました。

その本拠地が中国本土の外にあったため、Binance(バイナンス)は、国内市場が不安に包まれ、中国の投資家が仮想通貨を引き出して、Binance(バイナンス)のような海外のプラットフォームに移行し始めた際に大きく利益を得ることができました。

CoinMarketCapによれば、設立から6ヶ月後、Binance(バイナンス)は過去24時間の取引活動で20億ドルの取引を達成したことで、トップの仮想通貨の1つに成長しました。

「Huobi(フオビ)は当時既にHuobi Proを設立していたが、Binance(バイナンス)と同じだけの数の、取引に使えるトークンを持っていなかった」とZhuは述べ、同サービスは日々の取引量で10億ドル以上を記録していると付け加えました。

戦略やタイミングの違いにより、それまで国内トップだったHuobi(フオビ)は新興取引所であるBinance(バイナンス)に追い抜かれたのです。

Binance(バイナンス)は以前に中国国内のユーザーのアクセスを制限すると発表したが、ZhuはユーザーのIPアドレスを隠すバーチャルプライベートネットワーク(VPN)について言及しながら「事実上、インターネットは誰でも使用することができる」と述べました。

結局のところ、仮想通貨取引所への徹底的な規制をすると発表した中国ではありましたが、取引所はそれまでよりも成長を続けて、世界のトップ取引所の一角を担っています。

今回話に出て来たBinance(バイナンス)は今でもその仮想通貨の種類の多さが魅力的な世界でも最も人気の取引所の一つです!

Binance(バイナンス)の良さは、
 

  • 手数料が素晴らしく安い!(0.05%)
 
  • 日本では手に入らない人気の通貨をたくさん取り扱っている!(約100種類以上)
 
  • 取引所としても信頼できる大手取引所!(開設から半年で世界一になるほどの人気)

世界で最も人気の取引所のBinance(バイナンス)は今後も多くの将来有望通貨を取り扱っていくので、まだ口座開設していない人はぜひこの機会に口座開設をおすすめします!

Binance(バイナンス)は日本円では取引ができないため、国内の取引所でビットコインやアルトコインを購入する必要があります。
海外取引所を利用するならそういった通貨を安く購入できるZaif(ザイフ)bitbank(ビットバンク)の口座開設をおすすめします!

Binance(バイナンス)がおすすめの人
 
  • たくさんのアルトコインに投資をしたい人
  • まだ価格の安い将来有望な通貨を購入したい人
  • 海外取引所を利用するときにも安心できるところがいいという人
 

ThumbBinance(バイナンス)取引所の登録方法から口座開設までの使い方まとめ! | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

What Ban? China's Crypto Exchanges Didn't Just Survive- They're Thriving

Coindesk、Wolfie Zhao、27 Feb 2018

このニュースを読んだ方はこちらも読んでいます

ThumbHERO Token(ヒーロートークン)とは?40億円を集めている注目ICOを特集【残り2日!】 | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]
Thumb仮想通貨リップル(Ripple/XRP)が上場!しかも2社同時! | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

徹底比較!2018年度版オススメ取引所ランキング


LINEで有力情報をゲット!
仮想通貨関連の注目サービスや海外ニュース、その他有力投資情報を配信!!


仮想通貨最新ニュース btcfeed line@

迷ったらまずこの取引所!初心者の人にオススメ取引所をご紹介!

安心・安全が一番!という人ならbitFlyer

bitFlyerは世界で最もセキュリティの高い取引所!

国内で唯一ハッキングへの補償もしている安心の取引所!

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

☛bitFlyerの口座開設方法はこちらで解説!

☛bitFlyerの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

取引するのに難しい操作が心配という人はGMOコイン

初心者の人でも簡単な操作で、リップルなどの人気仮想通貨が購入可能!

運営企業も上場企業の子会社で運営面も安心!

☛GMOコインの口座開設方法はこちらで解説!

☛GMOコインの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

仮想通貨取引をしているなら持っておくべき取引所!

人気アルトコインの購入なら手数料無料のbitbank!

人気のリップル(Ripple/XRP)を手数料無料で購入ができる!

リップル以外のアルトコイン手数料も無料!

☛bitbankの口座開設方法はこちらで解説!

☛bitbankの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

人気通貨を唯一レバレッジ取引できるDMM Bitcoin

人気のリップルとネム、ライトコイン等を唯一レバレッジ取引できる!

レバレッジ取引も安心してできる仕組みを取り入れていて安心!

☛DMM Bitcoinの口座開設方法はこちらで解説!

☛DMM Bitcoinの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

関連するまとめ

仮想通貨取引所ランキング

  • No.1bitFlyer(ビットフライヤー)
    Bitflyerビットフライヤーは私もビットコイン取引で頻繁に使っている取引所の一つです!ビットフライヤーのおすすめポイント3つ!
    • ビットコイン取引日本一の使いやすさ!
    • 手数料が安い
    • 保障もあり安心の取引所
    ビットフライヤーの公式サイトはこちら!
  • No.2GMOコイン
    GmoGMOコインは上場企業のグループ会社で安心の取引所です!初心者の簡単にお得に利用ができます!
    • 手数料が安く操作も簡単!
    • 上場会社のグループで安心!
    • FX取引はアプリでもできる!
    GMOコイン公式サイトはこちら!

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ
Bitflyer side