仮想通貨Po.et(ポーエット/POE)の特徴・チャート・購入方法(買い方)・取引所・将来性

Po.et(ポーエット/POE)のチャートが好調!これからのチャートが気になる仮想通貨Po.et(POE)の特徴やチャート、取引所での購入方法をご紹介します! 仮想通貨購入にオススメの取引所も一緒にご紹介! Po.et(POE)で所有権を簡単に管理しよう!

仮想通貨Po.et(ポーエット/POE)の特徴・チャート・購入方法(買い方)・取引所・将来性のイメージ

目次

  1. 1仮想通貨Po.et(POE)の価格チャートが上昇し注目を集めています!
  2. 2仮想通貨Po.et(ポーエット/POE)とは?
  3. 3Po.et(POE)の特徴
  4. 4Po.et(POE)の相場チャート・価格推移
  5. 5Po.et(POE)が購入できる取引所一覧
  6. 6Po.et(POE)の購入方法の手順
  7. 7Po.et(POE)のおすすめウォレット
  8. 8Po.et(POE)のロードマップ
  9. 9Po.et(POE)の今後の将来性
  10. 10仮想通貨Po.et(ポーエット/POE)まとめ
LINEで情報をゲット!
仮想通貨関連の注目サービスや海外ニュース、その他投資情報を配信!!


仮想通貨最新ニュース btcfeed line@

当サイトで人気の仮想通貨取引所ランキング!
まだ一つしか取引所を持っていない人は必ず複数に登録をして安全に取引をしましょう!
【1位】bitFlyer(ビットフライヤー)

ビットコイン取引量、国内ユーザー数が日本一の信頼できる取引所!

【2位】GMOコイン

初心者の人に1番おすすめ!簡単に取引ができて、しかも手数料も超お得!

【当サイトで今一番人気!】QUOINEX

人気のリップルとネムを両方を日本で唯一現物取引できる取引所!注目のQASHも取引できる!

【今大注目!】DMM Bitcoin

日本で世界で注目のアルトコインを唯一レバレッジ取引できる大注目の取引所!

※【注意】絶対に複数取引所に登録して資産を分散しておきましょう!資産を失うリスクがあります!

仮想通貨Po.et(POE)の価格チャートが上昇し注目を集めています!

Po.et(ポーエット/POE)はご存じですか? 仮想通貨Po.et(POE)であればオンライン上で公開している自分の作った作品の権利を安全に管理が出来るようになります。

今回は、これからの価格チャートが気になる仮想通貨Po.et(POE)について以下の3点について詳しく解説していきます。
 

  • 仮想通貨Po.et(POE)の特徴 
 
  • 仮想通貨Po.et(POE)の価格チャート
 
  • 仮想通貨Po.et(POE)の取引所の購入方法(買い方)将来性

なおPo.et(POE)は日本の仮想通貨取引所で取り扱いがなく海外取引所での購入になります。

仮想通貨Po.et(POE)を購入できる取引所でおすすめはBinance(バイナンス)ですので、口座開設がまだの方はしっかりと口座開設しておきましょう!!!

ThumbBinance(バイナンス)取引所の登録方法から口座開設までの使い方まとめ! | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

仮想通貨Po.et(ポーエット/POE)とは?

仮想通貨Po.et(POE)の概要

発行日 2017年8月
名称 POE
アルゴリズム PoE(Proof of Existence)
ブロック生成時間
(送金速度)
約10分(ビットコインに依存)
上限 3,141,592,653(約31億)POE
時価総額(2018/02/27現在) 約130億円               
時価総額ランキング 119位
現在価格 約6円

仮想通貨Po.et(POE)の基本情報

Po.et(POE)は時価総額ランキング119位に位置付くアルトコインです。

Po.et(POE)は、ブロックチェーン上で所有権や帰属先を管理できる、権利を管理するプラットフォームです。ビットコインのブロックチェーンを利用しており、クリエイターはPo.et(POE)を利用することで不正の心配なく安全に自身の作品の権利を守ることができます。

同時に、公開プラットフォームなので、SNSにアップするような感覚で作品を公開できます。

SNSやクリエイターの作品投稿サイトなどからビジネスに発展したり、有名になることが増えていますが、同時に盗作や、知らない間に権利が移動してしまうような状況に陥るクリエイターも増えています。

同時に信頼性の高いビジネスや契約を行えます。Po.et(POE)はブロックチェーンを利用することで、クリエイターが安心してオンライン上に作品を公開できることを目的としています。

これらを可能にしたブロックチェーン技術についてはこちらで解説しています。

Thumbブロックチェーンとは?仕組み・特徴をわかりやすく解説【初心者向け】 | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

仮想通貨Po.et(POE)の仕組み

Po.et(POE)はビットコインのブロックチェーンで管理されます。Po.et(POE)の仕組みは、データ化した作品を暗号化し、「Claim(クレーム)」を作成します。

ClaimはPo.et(POE)に管理して貰うよう申請を行えるシステムです。作品それぞれにClaimは発行され、それらはまとめてビットコインのブロックチェーンのネットワークに送られます。

あとはビットコインのブロックチェーンで承認されれば、正式にブロックチェーン内で管理されることとなります。

ビットコインのブロックチェーンは送金速度が10分ですので、送信後10分待つだけで権利の管理が完了します。

Thumbビットコインの使い方はさまざま?おすすめの使い方をご紹介! | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

Po.etとFactomの違い

Po.et(POE)のような権利を守るプラットフォームで有名な仮想通貨に「Factom(ファクトム/FCT)」があります。

Factom(FCT)は法人向けですが、Po.et(POE)は個人向けのプラットフォームであることが大きな違いです。また、Factom(FCT)はネットワークに貢献すると同時に通貨「Factoid」を得られますが、Po.et(POE)は既にすべて発行されています。

Po.et(POE)は新規発行はなく、ネットワークは既存のPo.et(POE)トークンが循環することで保たれています。

Thumb仮想通貨Factom(ファクトム)とは?特徴・チャート・購入方法(買い方)・取引所・将来性 | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

Po.et(POE)の特徴

Proof of Existenceを採用している

Po.et(POE)は「PoE(Proof of Existence)」を採用しています。Proof of Existenceは「存在証明」という意味です。

PoEを利用すると、登録された作品を不正に書き換えできないブロックチェーン上に、タイムスタンプ(作成日時)を加えて保存されます。

また、ハッシュ関数を利用した暗号「ハッシュ値」を作品に利用することで、作品自体は画像データや音声であっても、ネットワーク上では暗号化されており盗み取っても活用されにくくなっています。

もしも盗作にあったときでも、同じ作品が載っているかハッシュ値を利用してどうか照らし合わせられます。タイムスタンプからどちらがオリジナルかを判断でき、自身が作ったことを証明することができます。

ライセンス申請・管理が簡単

Po.et(POE)はライセンスの作成も発行も手続きを自動で行うことができます。

現在では、ライセンスの申請や管理は個人情報の登録や申請書の作成など、手順も時間もかかっていました。それらがブロックチェーンであれば「データ化した情報を送る」だけで完了します。

不正な書き換えが不可能なブロックチェーンの記録は信頼性が高いです。ブロックチェーンそのものが正しいことを証明してくれるため、承認もいままでよりグッと早く行え、セキュリティの高いネットワークで管理することができます。

スマートコントラクトを実装している

Po.et(POE)では「スマートコントラクト」を利用できます。

スマートコントラクトとはイーサリアムにも導入されているシステムで「ブロックチェーンにあらかじめ書き込んでおいたプログラムや情報、契約条件などを自動的に実行する」システムです。

スマートコントラクトを利用すれば、作品が購入された際の権利条件などを自動的に渡すなどの契約を自動的に行えます。ネットワーク管理につきっきりになる必要もありませんし、複数の作品を提供することになっても対応できます。

なにより機械的な送金、受け渡しができるため、不正を行う隙を与えないことも信頼性が高いです。スマートコントラクトはPo.et(POE)だけでなく、多くの仮想通貨に取り入れられている将来性高いシステムです。

Thumbイーサリアムとは?仕組みや購入方法などの基本的なことを解説! | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

記録されたデータの透明性・検証も可能

Po.et(POE)はオープンネットワークです。第三者に作品の情報を公開することができます。

検索もできるので、作品を作った人物を知ることができるだけでなく、ビジネスとして出版社やデザイン会社に自分の作品を知って貰える重要なツールでもあります。

使用権や所有者などの必要な情報も不正不可なネットワークで可視化されるため、確かめるために役所に赴くなどの手間を省くことができます。

Po.et(POE)であれば、クリエイターにとっても企業にとっても、効率的にビジネスを広げることが可能です。

トークンの使い道

Po.et(POE)のトークンは、おもにPo.et(POE)のマーケットプレイス(市場)に参加することで活躍します。

Po.et(POE)のマーケットプレイスに参加し、自身の作品を公開するときには、保証金として一定のPo.et(POE)トークンを支払う必要があります。さらに任意でPo.et(POE)トークンを払うと、検索時に閲覧者が発見しやすくなります。

また、作品に評価を付けるためにPo.et(POE)トークンを払うことが出来、インセンティブに繋げることもできます。もしマーケットプレイス内でトラブルが発生した場合も、所有者が投票を行える権利も得られます。

Po.et(POE)の相場チャート・価格推移

Po.et(POE)の特徴をご覧頂いたところで、次にPo.et(POE)の価格チャートを見てみましょう。

Po.et(POE)は2017年11月末からゆっくりとした上場傾向を維持しています。安定したチャートと言えるでしょう。Po.et(POE)は11月20日に大手仮想通貨取引所「Binance(バイナンス)」に上場し、注目を徐々に集めているようです。

価格上昇は0円近い価格から、2ヶ月で現在の約6倍の6円に伸びています。

Po.et(POE)が購入できる取引所一覧

Po.et(POE)は現在、日本の仮想通貨取引所では取り扱っているところがありません。

もしPo.et(POE)を購入するのであれば、日本の仮想通貨取引所でビットコインを購入後、海外の仮想通貨取引所でビットコインで取引する、という買い方になります。

海外の仮想通貨取引所で取り扱いがあるのは、中国の大手取引所「Binance(バイナンス)」、また「KuCoin(クーコイン)」「HitBTC」などがあります。

今回は世界でも大手であるBinance(バイナンス)を中心にPo.et(POE)の買い方をご紹介していきます。

Binance(バイナンス)は世界でも最も人気の取引所の一つです!

Binance(バイナンス)の良さは、
 

  • 手数料が素晴らしく安い!(0.05%)
 
  • 日本では手に入らない人気の通貨をたくさん取り扱っている!(約100種類以上)
 
  • 取引所としても信頼できる大手取引所!(開設から半年で世界一になるほどの人気)

世界で最も人気の取引所のBinance(バイナンス)は今後も多くの将来有望通貨を取り扱っていくので、まだ口座開設していない人はぜひこの機会に口座開設をおすすめします!

Binance(バイナンス)は日本円では取引ができないため、国内の取引所でビットコインやアルトコインを購入する必要があります。
海外取引所を利用するならそういった通貨を安く購入できるZaif(ザイフ)bitbank(ビットバンク)の口座開設をおすすめします!

Binance(バイナンス)がおすすめの人
 
  • たくさんのアルトコインに投資をしたい人
  • まだ価格の安い将来有望な通貨を購入したい人
  • 海外取引所を利用するときにも安心できるところがいいという人
 

Binance(バイナンス)を始めとする海外取引所については以下で詳しく紹介しています。

ThumbBinance(バイナンス)取引所の登録方法から口座開設までの使い方まとめ! | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]
Thumb海外仮想通貨取引所で注目の取引所を比較しおすすめを特徴とともに解説! | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

Po.et(POE)の購入方法の手順

それではPo.et(POE)の買い方をご説明しましょう。まず日本の仮想通貨取引所でビットコインを購入するところから始めます。

日本の仮想通貨取引所は「coincheck(コインチェック)」「bitflyer(ビットフライヤー)」「Zaif(ザイフ)」などありますが、今回はZaif(ザイフ)を利用した購入方法をご紹介します。

Zaif(ザイフ)は国内大手の仮想通貨取引所で、ブロックチェーンの研究を行う会社が運営しており、セキュリティ面も信頼できます。また、取引時のサービスも多く、ビットコインは取り引きすればするほどビットコインをもらえることもできます。

Zaif(ザイフ)については以下で詳しく紹介しています。

Thumbzaifの口座開設からビットコインの入金・買い方まとめ | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]
ThumbZaif(ザイフ)の評判と特徴!メリット・デメリット徹底解説! | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

またビットコインは手数料も高く送金に時間もかかるので、すぐに送金を済ませたい方はライトコイン(LTC)やリップル(XRP)で送金する方法がおすすめです。

ライトコイン(LTC)ならbitFlyer、リップル(XRP)ならGMOコインで送金するのがおすすめです。

Thumbライトコイン(Litecoin)の送金と円への換金方法!【bitFlyer編】 | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]
ThumbGMOコインが取り扱い開始したリップル(XRP)の購入方法 | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

国内取引所で、日本円でビットコインを買う

それでは早速、仮想通貨取引所Zaif(ザイフ)でビットコインを購入しましょう。Zaif(ザイフ)での買い方をご紹介します。

まずZaif(ザイフ)にログインしましたら、右上のメニューが表示から「簡単売買」をクリックします。画面が下の画像のように切り替わるはずです。

変わりましたら、下に続く画像のように、赤枠のところに希望のビットコインの量を入力しましょう。日本円でも指定ができます。

金額に問題がなければそのまま「BITCOINを買う」をクリックします。数分たてば、自身のZaif(ザイフ)ウォレットにビットコインが反映されます。

Binanceへビットコインを送金

ビットコインの準備ができたら、取引所Binance(バイナンス)のウォレットにビットコインを送りましょう。

「簡単売買」のあったメニューに「アカウント」がありますのでそちらをクリック後、中央の①「入出金と履歴」という項目があるのでそちらをクリックします。すると下のような画面が表示されます。

②送る仮想通貨の種類と「送金」をクリックすると③「出金アドレス」「出金金額」「出金手数料」「2段階認証トークン」が表示されます。

アドレスはBinance(バイナンス)にある自身のウォレットアドレス、出金金額は送りたいビットコイン量を入力します。

出金手数料は無記入なら「0.0005BTC」になります。上乗せするとより速く送金が完了しますので、もし急ぎの場合は0.0005BTCより多い量を入力しましょう。

一番下の「2段階認証トークン」は、設定している人のみ表示されます。スマートフォンのアプリを利用した認証ですので、設定済の方はスマートフォンに表示される番号を入力して下さい。

すべて入力したら、一番下の「出金」をクリックしましょう。数分たてばBinance(バイナンス)に送金が完了します。

※仮想通貨は送金をミスすると戻ってきませんので、特にウォレットアドレスの間違いが無いようよく確認しましょう。

ThumbZaif(ザイフ)のアカウント登録から口座開設までの方法【キャンペーン情報記載】 | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]
ThumbZaif(ザイフ)のアカウント作成・登録から入金方法まで詳しく解説! | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]
Thumbzaif(ザイフ)の2段階認証の設定と解除方法!【スマホ・PC】 | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

BinanceでPo.et(POE)を購入

Binance(バイナンス)にビットコインが送れたら、最後にBinance(バイナンス)の取引所でPo.et(POE)とビットコインを交換しましょう!

Binance(バイナンス)はトップページからそのまま取引ができます。ログインし、ウォレットにビットコインが入っているかまず確認した後、①の上部を「BTC」に切り替えます。

そして、すぐ下のボックス(画像では小さくて見えませんが虫メガネのマークが入っています)に「POE」と入力しエンターで検索すると、下に「POE/BTC」と書かれた項目が表示されますのでクリックしましょう。

すると、中央のチャートが「POE/BTC」に切り替わり、②の購入、売却もPOE/BTCに切り替わります。

②の購入、売却を拡大するとこのようなデザインになっています。ビットコインで購入する場合は左側に、購入に使う量のビットコインの価格を入力し購入することで、Po.et(POE)と交換することができます。

また、もし指定のレートで交換したい場合は、Stop-Limit(ストップリミット)をつかうとより細かい取引を行うことができます。

Binance(バイナンス)は中国の大手の取引所で、取り扱いのアルトコインも約100種類以上と大変多くの仮想通貨を取り扱っています。

中国は仮想通貨の取引がとても盛んですので、取引量も多く非常に利用しやすい取引所となっています。

Binance(バイナンス)は新規登録者が多く、以前一時的に新規アカウントの登録を停止していたことがあるほどですので、アカウントだけでも作っておくと良いかも知れません。メールアドレス一つで完了します!

ThumbBinance(バイナンス)取引所の登録方法から口座開設までの使い方まとめ! | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

Po.et(POE)のおすすめウォレット

Po.et(POE)はイーサリアムトークンERC20と互換性のあるアルトコインですので、イーサリアム公式の「MyEtherWallet(マイイーサウォレット)」を利用することができます。

イーサリアム自体とてもメジャーなアルトコインであり、Po.et(POE)以外でもイーサリアムと互換のあるアルトコインが多く存在します。

ウォレットをお持ちでない方は、MyEtherWallet一つあると、非常に利便性高く保管することが可能です。ぜひ利用してみて下さい。

また、Po.et(POE)を安全に管理したい方は「Ledger Nano S(レジャーナノS)」がオススメです。セキュリティも高く、MyEtherWalletと連携も可能です。

対応通貨も多く非常に人気があり、品薄気味だそうですので、利用される際は早めの購入をおすすめします。

「Ledger Nano S(レジャーナノS)」は人気であるがために、それを利用した詐欺が多発しています。詐欺に遭わないためにも必ず正規取扱店で購入しましょう。

ThumbMyEtherWallet(マイイーサウォレット)の使い方!送金・入金・ログイン方法! | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]
Thumbハードウェアウォレットの仕組み・使い方とおすすめを徹底比較! | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

Po.et(POE)のロードマップ

Po.et(POE)はロードマップでの準備段階を「○○時代」と表記しています。現在は、Po.et(POE)のトークン配布や土台となるシステムの開発、公開を行う「ロゼッタ時代」の最終段階です。

次の段階である「グッテンブルク時代」から、本格的なプラットフォームの稼働が始まる予定となっています。マーケットプレイス開始少額での支払実現、2019年にはポートフォリオの作成が可能になることが予定されています。

最終段階「アレクサンドリア時代」ではより快適なプラットフォームをめざして、画像や動画でのアピール向上や、制作会社や出版社、メディア関係の市場に繋がれるようになる予定です。

Po.et(POE)の今後の将来性

Po.et(POE)は自身の作品をオンライン上で無料で公開することで盗られてしまう不安を取り除く、重要なプラットフォームとなるでしょう。

ネットワークでのビジネスが一般化している今、作品の権利を守りながらオンライン上でどのようにアピールするかはとても大きな課題です。多くのジャンルのクリエイターが、Po.et(POE)に救われることでしょう。

個人でビジネスを行う人が増えていることをふまえても、今後長期的に需要が高いプラットフォームと予想できます。

仮想通貨Po.et(ポーエット/POE)まとめ

仮想通貨Po.et(POE)について、特徴やチャート、取引所での購入方法や将来性についてお話ししましたが、いかがでしょうか?

Po.et(POE)と他のビジネス向きなプラットフォームが合わされば、よりネットワークでのビジネスが一般化するでしょう。それは同じネットワークを作っている、他の仮想通貨の発展にも繋がるかも知れません。今後のニュースに期待しましょう!

早めにPo.et(POE)を手に入れて発展を先取りしておくためにも、口座開設がまだの方は早めにZaif(ザイフ)とBinance(バイナンス)で口座開設をしておきましょう!

Thumbzaifの口座開設からビットコインの入金・買い方まとめ | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]
ThumbBinance(バイナンス)取引所の登録方法から口座開設までの使い方まとめ! | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

この記事を読んだ方はこちらも読んでいます

Thumb仮想通貨Factom(ファクトム)とは?特徴・チャート・購入方法(買い方)・取引所・将来性 | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]
Thumb仮想通貨Byteball(バイトボール)とは?特徴・価格推移・購入方法(買い方)・取引所を紹介 | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]
Thumb仮想通貨Lisk(リスク/LSK)とは?特徴・価格推移・高騰理由を解説! | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]
Thumb仮想通貨Zcash(ジーキャッシュ)とは?価格チャートや今後の将来性 | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]
Thumbモナコイン(monacoin)の使い方・使い道9選と今後の将来性! | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]
Thumbビットコインキャッシュ(BCH)の購入方法(買い方)とおすすめ取引所比較! | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

徹底比較!2018年度版オススメ取引所ランキング


LINEで有力情報をゲット!
仮想通貨関連の注目サービスや海外ニュース、その他有力投資情報を配信!!


仮想通貨最新ニュース btcfeed line@

迷ったらまずこの取引所!初心者の人にオススメ取引所をご紹介!

安心・安全が一番!という人ならbitFlyer

bitFlyerは世界で最もセキュリティの高い取引所!

国内で唯一ハッキングへの補償もしている安心の取引所!

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

☛bitFlyerの口座開設方法はこちらで解説!

☛bitFlyerの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

取引するのに難しい操作が心配という人はGMOコイン

初心者の人でも簡単な操作で、リップルなどの人気仮想通貨が購入可能!

運営企業も上場企業の子会社で運営面も安心!

☛GMOコインの口座開設方法はこちらで解説!

☛GMOコインの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

仮想通貨取引をしているなら持っておくべき取引所!

人気アルトコインの購入なら手数料無料のbitbank!

人気のリップル(Ripple/XRP)を手数料無料で購入ができる!

リップル以外のアルトコイン手数料も無料!

☛bitbankの口座開設方法はこちらで解説!

☛bitbankの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

人気通貨を唯一レバレッジ取引できるDMM Bitcoin

人気のリップルとネム、ライトコイン等を唯一レバレッジ取引できる!

レバレッジ取引も安心してできる仕組みを取り入れていて安心!

☛DMM Bitcoinの口座開設方法はこちらで解説!

☛DMM Bitcoinの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

関連するまとめ

仮想通貨取引所ランキング

  • No.1bitFlyer(ビットフライヤー)
    Bitflyerビットフライヤーは私もビットコイン取引で頻繁に使っている取引所の一つです!ビットフライヤーのおすすめポイント3つ!
    • ビットコイン取引日本一の使いやすさ!
    • 手数料が安い
    • 保障もあり安心の取引所
    ビットフライヤーの公式サイトはこちら!
  • No.2GMOコイン
    GmoGMOコインは上場企業のグループ会社で安心の取引所です!初心者の簡単にお得に利用ができます!
    • 手数料が安く操作も簡単!
    • 上場会社のグループで安心!
    • FX取引はアプリでもできる!
    GMOコイン公式サイトはこちら!

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ
Bitflyer side