仮想通貨Etherparty(イーサパーティ/FUEL)の特徴・チャート・購入方法(買い方)・取引所・将来性

Etherparty(イーサパーティ/FUEL)は2017年10月に登場した仮想通貨です。Etherparty(FUEL)の特徴や価格チャート、仮想通貨の購入方法、取引所はどうなっているのでしょうか。価格チャート、おススメの取引所と購入手順をご紹介します。

仮想通貨Etherparty(イーサパーティ/FUEL)の特徴・チャート・購入方法(買い方)・取引所・将来性のイメージ

目次

  1. 1仮想通貨Etherparty(イーサパーティ/FUEL)とは?
  2. 2Etherparty(FUEL)の今の課題
  3. 3Etherparty(FUEL)が解決できること
  4. 4Etherparty(FUEL)の相場チャート・価格推移
  5. 5Etherparty(FUEL)が購入できる取引所一覧
  6. 6Etherparty(FUEL)の購入方法の手順
  7. 7Etherparty(FUEL)のおすすめウォレット
  8. 8Etherparty(FUEL)のロードマップ
  9. 9Etherparty(FUEL)の今後の将来性
  10. 10仮想通貨Etherparty(イーサパーティ/FUEL)まとめ
LINEで情報をゲット!
仮想通貨関連の注目サービスや海外ニュース、その他投資情報を配信!!


仮想通貨最新ニュース btcfeed line@

当サイトで人気の仮想通貨取引所ランキング!
まだ一つしか取引所を持っていない人は必ず複数に登録をして安全に取引をしましょう!
【1位】bitFlyer(ビットフライヤー)

ビットコイン取引量、国内ユーザー数が日本一の信頼できる取引所!

【2位】GMOコイン

初心者の人に1番おすすめ!簡単に取引ができて、しかも手数料も超お得!

【当サイトで今一番人気!】QUOINEX

人気のリップルとネムを両方を日本で唯一現物取引できる取引所!注目のQASHも取引できる!

【今大注目!】DMM Bitcoin

日本で世界で注目のアルトコインを唯一レバレッジ取引できる大注目の取引所!

※【注意】絶対に複数取引所に登録して資産を分散しておきましょう!資産を失うリスクがあります!

仮想通貨Etherparty(イーサパーティ/FUEL)とは?

以下は仮想通貨Etherparty(イーサパーティ/FUEL)の公式紹介動画です。(1分15秒/英語)

■日本語字幕設定
 設定→字幕→自動翻訳→日本語(一番下)

仮想通貨Etherparty(FUEL)の概要

通貨名 Etherparty(イーサパーティ)
通貨単位 FUEL
発行日 2017年10月
発行上限 1,000,000,000FUEL(10億FUEL)
1通貨の価格 13.53円(2018年2月26日時点)
時価総額 約65億円(2018年2月26日時点)
プラットフォーム イーサリアム(Ethereum)
開発者 CEO:Kevin Hobbs
CFO:STEVEN LEE
他22名+犬1匹

Etherpartyとは、FUELトークンを搭載したスマートコントラクト作成ツールを開発する企業のことであり、ツール名でもあります

Etherpartyが提供するプラットフォームは、ユーザーがプログラミングの知識を持たなくてもスマートコントラクトを扱えることを目指して開発が進められています

そしてFUEL(フューエル)トークンとは、Etherpartyプラットフォーム内でスマートコントラクトの作成やセキュリティテスト、ネットワーク手数料など、プラットフォーム全体の管理に関わる費用の支払いに使うための仮想通貨です。

Etherpartyは現在国内取引所での取り扱いはなく、海外取引所のみでの取り扱いとなります。

他の多くの注目草コインも同様に、海外取引所のみでの取り扱いとなっている場合が多いです。
そういった仮想通貨の購入には国内取引所から海外取引所にビットコインを送金して購入する方法が主流です。

海外取引所への送金は手数料が安いZaifがおすすめですので、口座開設がまだの方は早めに口座開設をしておきましょう!!

Thumbzaifの口座開設からビットコインの入金・買い方まとめ | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]
ThumbZaifの評判・口コミ・信頼度は?使ってみた感想も同時に解説! | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]
Thumbzaif(ザイフ)の取り扱い通貨・コインの銘柄(種類)を解説! | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

仮想通貨Etherparty(FUEL)の基本情報

Etherparty(FUEL)は2017年10月に上場後、現在では時価総額は約65億円相当で、ランキングは184位となっています。
上場してから日も浅いため、まだ比較的規模の小さい通貨です。

Etherpartyは、”Ether(イーサ)”とあるように、イーサリアムのプラットフォーム上で稼働するツールです。

そしてイーサリアムのスマートコントラクト機能の課題である、「作りにくさ」を解決するために開発が進められています。

例えば、以前はホームページを作り込むにはHTML言語を深く理解する必要がありましが、現在ではツールを使えばHTMLを知らなくても簡単にサイトやブログを作成することができます。

スマートコントラクトにおいては、Etherpartyを利用することによってプログラミング知識が不要でスマートコントラクトを作成でき、スマートコントラクトの使い勝手を向上させ、普及を加速させることが期待できます。

スマートコントラクトとは?

スマートコントラクトとは、複雑な契約を自動化して簡単に行えるようにする仕組みのことです。

スマートコントラクトの例としてよく引き合いに出されるのが、街中にある自動販売機です。
自動販売機で飲み物を購入する時の流れは、

 ①お金を入れる → ②商品を選ぶ → ③商品が提供される

となっており、あまり意識されることなく自動で売買契約を結んでいるのです。

本来であれば人同士で売買のやり取りを行うため、時間や人件費等などがかかりますが、スマートコントラクトを利用すればほとんど時間や手間がかかりません

このスマートコントラクトが浸透し、様々な取引(銀行手続き・融資、貿易、保険、不動産など)の場で普及されれば、世界規模で大幅な時間と費用の削減を行うことができます。

また、イーサリアムのようにブロックチェーンによって管理されるため、データの改ざんや不正な契約を行われるリスクは極限まで低減されます

スマートコントラクトはあらゆる契約システムの改善に役立つ技術と言えるでしょう。

Etherparty(FUEL)の今の課題

Etherparty(FUEL)開発チームは、今日のスマートコントラクトについて以下のような6つの課題を上げています。
 

  1. プログラミング技術が必要(言語:Solidity)
  2. 多くの機能とプロパティがあり設定が複雑
  3. 不具合(バグ)につながる要因が多く、対処が必要
  4. クラウド上での開発ができず、パソコンに開発ソフトウェアのインストールが必要
  5. システム構築・維持費が高い(プログラマーを雇う必要もある)
  6. ユーザーの使い勝手が悪い(取引手数料・使いづらい監視ツール)

Etherpartyではこれらの課題に対応するため、次の項で紹介する解決案を提示しています。

Etherparty(FUEL)が解決できること

Etherparty(FUEL)は、前項で紹介した6つの課題に対して主に以下の解決法でアプローチしています。
 

  1. プログラミングが不要
  2. シンプルな入力フォームを埋めていくだけで契約が作成できる
  3. カスタマイズ可能なテンプレートが用意されている
  4. 複数の仮想通貨に対応
  5. 継続的なセキュリティテストをしてくれる

プログラミングの知識がなくても簡単にスマートコントラクトが作成できれば、より手軽に導入できるようになるでしょう。

Etherparty(FUEL)の相場チャート・価格推移

Etherparty(FUEL)は2017年11月に仮想通貨取引所Binanceへ上場し、取引価格は1FUEL=約$0.04からスタートしました。

仮想通貨全体の価格が高騰した1月12日には、最高値となる1FUEL=$0.44の価格を付け11倍の値上がりを見せました。

その後、他の仮想通貨とも同様に反動の売りで価格は暴落。一時は1FUEL=$0.08まで下がります。
そして再度少し上昇を見せましたが現在は1FUEL=$0.12で落ち着いているようです。

Etherparty(FUEL)は新たな機能追加など四半期ごとにロードマップを策定していますので、業務提携など大きなイベントの際には価格上昇が期待できますのでチャートを注目していきましょう。

Etherparty(FUEL)が購入できる取引所一覧

Etherparty(FUEL)を取り扱っている日本国内の取引所はまだありません。
購入できるのは海外取引所のみですが、おススメの取引所は
 

  1. Binance
  2. Gate.io
  3. HitBTC

の順に3つあります。
特にBinanceはEtherparty(FUEL)の取引量の90%以上を占めており、かつビットコインなど他の仮想通貨の取扱い通貨の種類も豊富です。

Etherparty(FUEL)を購入したいという人は、まずはBinanceの口座を持つのが良いでしょう

Etherparty(FUEL)以外にも、価格が数百倍に高騰する可能性を秘めたマイナー草コインは基本的に海外取引所での購入となります。

海外取引所の中でもBinance(バイナンス)は取引高が世界一でかつ取り扱い通貨の種類も100種類以上の、世界で最も人気の取引所です。

Binance(バイナンス)の口座開設がまだの方は早めに口座開設をして、将来暴騰するような仮想通貨をチェックしておきましょう。

ThumbBinance(バイナンス)取引所の登録方法から口座開設までの使い方まとめ! | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

Etherparty(FUEL)の購入方法の手順

2018年2月時点では、Etherparty(FUEL)は海外取引所から購入する方法しかありません
そしてEtherparty(FUEL)を購入できる仮想通貨は主にビットコインかイーサリアムとなっています。

購入手順は以下のようになります。
 

  1. 国内取引所でビットコイン(またはイーサリアム)を購入する
  2. 海外取引所へビットコインを送金する
  3. 海外取引所でEtherparty(FUEL)をビットコインで購入する

ここからは国内取引所はZaif、海外取引所はを例として手順を説明していきます。

Etherparty(FUEL)に限らず、将来有望だけど日本ではまだマイナーなアルトコインを購入する際は、同じような手順で購入していきます。

気になる通貨が現れた時に、価格が安いうちにその通貨を手に入れられるように、国内取引所と海外取引所の口座開設がまだの方はしっかりと口座開設をして準備をしておきましょう!

海外取引所へ送金するための国内取引所は、手数料が安くお得なZaif(ザイフ)が、
海外取引所は出来高が世界一でかつ取り扱い通貨の種類が100種類以上のBinance(バイナンス)がそれぞれおすすめです!

Thumbzaifの口座開設からビットコインの入金・買い方まとめ | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]
ThumbZaifの評判・口コミ・信頼度は?使ってみた感想も同時に解説! | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]
ThumbBinance(バイナンス)取引所の登録方法から口座開設までの使い方まとめ! | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

国内取引所で、日本円でビットコインを買う

国内取引所Zaifを例としてビットコインの購入方法を説明します。

まずZaifにログインし、取引画面チャートの左上の「BTC/JPY」が選択します。

次にチャート右側の「ビットコイン/日本円取引」の注文パネルから「価格」「数量」を入力します。
そして「買い注文」をクリックして購入します。

以上でビットコインの購入は完了しました。

Binanceへビットコインを送金

次にBinanceへZaifで購入したビットコインを送金します。

まずBinanceへログインし、トップ画面の右上にある「Funds」→「Deposits」(預入れ)をクリックします。

次に通貨選択で「BTC」を選択し、ご自身のBTC入金用アドレスを表示させます。
このアドレスをコピーしてZaifの画面へ戻ります。

Zaifからビットコインを送金するため、
 

  1. 「アカウント」をクリック
  2. 「入手金と履歴」をクリック
  3. ビットコインアイコンをクリック
  4. 「出金」をクリック

の順に選択していきます。

画面を下へスクロールしていき、
 

  1. 「出金アドレス」には先ほどBinanceで確認したアドレスをコピーし、
  2. 「出金金額」「出金手数料」「2段階認証トークン」を入力し、
  3. 「出金」をクリックすれば送金完了です。

以上でBinanceへビットコインの送金が完了しました。

BinanceでEtherparty(FUEL)を購入

Etherparty(FUEL)を購入する準備ができましたので手順を見ていきましょう。

今回はBinanceの「Basic」(標準)取引所で購入していきます。(Advancedでも可能です)
トップ画面から「Exchange」→「Basic」の順にクリックします。

次に、チャートの右側にある「Favorites」パネルの検索窓で「fuel」と入力し、「FUEL/BTC」をクリックします。

最後にチャート画面下にある買い注文パネルで、
 

  1. Price」(価格)を入力
  2. Amount」(枚数)を入力
  3. Buy FUEL」(FUELを購入)をクリック

以上でEtherparty(FUEL)の購入手順は完了です。

Etherparty(FUEL)のおすすめウォレット

Etherparty(FUEL)の保管におススメのウォレットはERC-20トークンに対応しているMyEtherWallet、MetaMask、Jaxxなどです。

特にMyEtherWalletはEtherpartyの公式サイトでも購入方法として紹介されており信頼がおけますのでEtherparty(FUEL)を購入する際にはこちらも用意しておくと良いでしょう。

なお、Etherparty(FUEL)には独自のEtherparty Wallet(イーサパーティウォレット)と呼ばれるウォレットがあり、Etherparty内の各種支払いに使用するためにはEtherparty WalletにFUELを保管する必要がありますので注意しましょう。

ThumbMyEtherWallet(マイイーサウォレット)の使い方!送金・入金・ログイン方法! | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

また、Etherparty(FUEL)を安全に管理したい方は「Ledger Nano S(レジャーナノS)」がオススメです。セキュリティも高く、MyEtherWalletと連携も可能です。

対応通貨も多く非常に人気があり、品薄気味だそうですので、利用される際は早めの購入をおすすめします。

「Ledger Nano S(レジャーナノS)」は人気であるがために、それを利用した詐欺が多発しています。詐欺に遭わないためにも必ず正規取扱店で購入しましょう。

Etherparty(FUEL)のロードマップ

Etherparty(FUEL)の今後のロードマップを見ていきたいと思います。

上記の図は2018年Q4までに計画しているEtherparty(FUEL)開発プロジェクトの要点です。この他にも大きなイベントがいくつかあります。

■これまでに実施が完了していること

  • バックエンド/フロントエンドシステムの構築
  • 2段階認証の実装
  • クラウド開発環境の構築


■今後のロードマップ

2018年Q2 ・モバイル(Android・iOS)対応
・通知機能の実装
・テンプレートと契約ライブラリの拡張
・サードパーティー製のAPIへの提供
2018年Q4 ・ドラッグ&ドロップ機能の実装
・モバイルアプリの企業向けサービスの実装
・ユーザーによるテンプレート作成機能
・開発チームの拡張

Etherparty(FUEL)の今後の将来性

Etherparty(FUEL)は現時点でβ版のプラットフォームを公開し、既にテストを兼ねた多くの利用者がいます

Etherpartyはイーサリアムプラットフォーム上で開発されており、スマートコントラクトの利便性を上げるために開発が行われているため、イーサリアム、そしてスマートコントラクトの普及度合いに大きく影響されると思われます

イーサリアムはビットコインに次ぐ世界第2位の取引量を誇る仮想通貨であり、2018年はイーサリアムの年になるのではと期待が高まっています。

また、スマートコントラクトは現在世界中で革新を起こす技術と捉えられているため、Etherpartyのようにスマートコントラクト作成を容易にするサービスは今後ますます需要が伸びていくことでしょう

Etherpartyの開発スピードや企業への導入が進めば、一気に価値が上がる通貨となる可能性を秘めていると思います。

仮想通貨Etherparty(イーサパーティ/FUEL)まとめ

以上、仮想通貨Etherparty(イーサパーティ/FUEL)の特徴をご紹介しました。

Etherparty(FUEL)は、将来有望なスマートコントラクトを簡単に利用できるようにするためのツールです。

スマートコントラクトを作成するためには今まで複雑なプログラミング知識や維持・管理に多くのコストが必要でしたが、Etherpartyを利用すればプログラミングの知識が無い人でも手軽に作成することができるという大きなメリットがあります。

近い将来、企業や行政の現場で行われている手作業による書類管理や契約をイーサリアムのブロックチェーン、およびスマートコントラクトを使うことによって時間・人件費を削減し、さらにはデータの安全性と透明性を向上させることにも貢献できるでしょう。

手始めとして銀行・金融業や保険、医療などからスマートコントラクトの導入が予定されており、Etherpartyによって導入の実現が加速されていくことも予想されます。

実体の無いICO通貨などが多くある中で、Etherparty(FUEL)はβ版まで開発が進められて実際に利用されているプラットフォームですから、今後の発展が期待できる仮想通貨だと思います。

まだトークン価格が安い今のうちにEtherparty(FUEL)を保有しておくことをおススメします!

海外取引所での仮想通貨の購入は出来高が世界一で取り扱い通貨の種類が100種類以上のBinance(バイナンス)が、国内取引所は手数料が安くお得に取引できるZaif(ザイフ)がおすすめです!

Thumbzaifの口座開設からビットコインの入金・買い方まとめ | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]
ThumbBinance(バイナンス)取引所の登録方法から口座開設までの使い方まとめ! | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

徹底比較!2018年度版オススメ取引所ランキング


LINEで有力情報をゲット!
仮想通貨関連の注目サービスや海外ニュース、その他有力投資情報を配信!!


仮想通貨最新ニュース btcfeed line@

迷ったらまずこの取引所!初心者の人にオススメ取引所をご紹介!

安心・安全が一番!という人ならbitFlyer

bitFlyerは世界で最もセキュリティの高い取引所!

国内で唯一ハッキングへの補償もしている安心の取引所!

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

☛bitFlyerの口座開設方法はこちらで解説!

☛bitFlyerの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

取引するのに難しい操作が心配という人はGMOコイン

初心者の人でも簡単な操作で、リップルなどの人気仮想通貨が購入可能!

運営企業も上場企業の子会社で運営面も安心!

☛GMOコインの口座開設方法はこちらで解説!

☛GMOコインの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

仮想通貨取引をしているなら持っておくべき取引所!

人気アルトコインの購入なら手数料無料のbitbank!

人気のリップル(Ripple/XRP)を手数料無料で購入ができる!

リップル以外のアルトコイン手数料も無料!

☛bitbankの口座開設方法はこちらで解説!

☛bitbankの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

人気通貨を唯一レバレッジ取引できるDMM Bitcoin

人気のリップルとネム、ライトコイン等を唯一レバレッジ取引できる!

レバレッジ取引も安心してできる仕組みを取り入れていて安心!

☛DMM Bitcoinの口座開設方法はこちらで解説!

☛DMM Bitcoinの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

関連するまとめ

仮想通貨取引所ランキング

  • No.1bitFlyer(ビットフライヤー)
    Bitflyerビットフライヤーは私もビットコイン取引で頻繁に使っている取引所の一つです!ビットフライヤーのおすすめポイント3つ!
    • ビットコイン取引日本一の使いやすさ!
    • 手数料が安い
    • 保障もあり安心の取引所
    ビットフライヤーの公式サイトはこちら!
  • No.2GMOコイン
    GmoGMOコインは上場企業のグループ会社で安心の取引所です!初心者の簡単にお得に利用ができます!
    • 手数料が安く操作も簡単!
    • 上場会社のグループで安心!
    • FX取引はアプリでもできる!
    GMOコイン公式サイトはこちら!

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ
Bitflyer side