Zaif(ザイフ)の評判と特徴!メリット・デメリット徹底解説!

日本初の仮想通貨取引所Zaif(ザイフ)の評判は?Zaif(ザイフ)が他の取引所と何が違うのかをメリット、デメリット、手数料を比較して解説します。また、Zaif(ザイフ)は他の取引所ではないような面白いサービスがあり、評判もとても良いです。

Zaif(ザイフ)の評判と特徴!メリット・デメリット徹底解説!のイメージ

目次

  1. 1Zaif(ザイフ)とは?
  2. 2Zaif(ザイフ)の運営会社?
  3. 3Zaif(ザイフ)のSNSでの評判と口コミ!
  4. 4Zaif(ザイフ)の著名人の評判!
  5. 5Zaif(ザイフ)の取り扱い通貨
  6. 6Zaif(ザイフ)独自の取引通貨
  7. 7Zaif(ザイフ)のメリット
  8. 8Zaif(ザイフ)のデメリット
  9. 9Zaif(ザイフ)で出来る取引
  10. 10Zaif(ザイフ)の口座開設方法
  11. 11Zaif(ザイフ)の手数料と比較
  12. 12Zaif(ザイフ)の取引画面とトレード
  13. 13Zaif(ザイフ)の追証とロスカットルール
  14. 14Zaif(ザイフ)の評判まとめ
当サイトで人気の仮想通貨取引所ランキング!
まだ一つしか取引所を持っていない人は必ず複数に登録をして安全に取引をしましょう!
【1位】Zaif(ザイフ)

取引手数料の安さNO.1!本サイト1番のオススメ取引所!

【2位】bitFlyer(ビットフライヤー)

ビットコイン取引量、国内ユーザー数が日本一の信頼できる取引所!

【3位】GMOコイン

初心者の人に1番おすすめ!簡単に取引ができて、しかも手数料も超お得!

【今大注目!】DMM Bitcoin

日本で世界で注目の通貨を安く手に入れられる最近大注目の取引所!

※【注意】絶対に複数取引所に登録して資産を分散しておきましょう!資産を失うリスクがあります!

Zaif(ザイフ)とは?

Zaif(ザイフ)とはビットコインなどの仮想通貨取引所の大手のひとつです。2ちゃんねる発祥の仮想通貨を取り扱っていたりビットコインの積立が可能など、他の取引所ではないような面白いサービスが集まっています。
実は国内初の仮想通貨取引所で、日本では一番歴史の深い取引所となっております。運営会社のアドバイザーにホリエモンこと堀江貴文氏が関わっていたことでも有名になりました。
仮想通貨の取引所が日本でも増えつつある中、Zaif(ザイフ)は他と何が強みなのか?評判やメリットデメリットは?今回は他の取引所と比較しながら解説させていただきます。

Zaif(ザイフ)の運営会社?

Zaif(ザイフ)はテックビューロという会社が管理しています。会社という名前がついていますが、HPには「テクノロジーラボ」と書かれています。

テックビューロ株式会社はブロックチェーン技術を独自に開発、研究し、それを提供する会社です。

仮想通貨トークンを発行、「管理できるブロックチェーン構築プラットフォーム(mijin)」の開発に加え、仮想通貨の取引、為替、ウォレットの提供をする取引所「Zaif(ザイフ)」の管理を行っています。

代表である朝山貴生氏は、ブロックチェーンプロジェクトNEMを推進するNEM.io財団の理事でもあります。もっともブロックチェーンに詳しい取引所といえますね。

まだ、Zaif(ザイフ)のアカウントを持ってない方はこちらからアカウント作成!
▼Zaif(ザイフ)の公式ページはこちら

Zaif(ザイフ)のSNSでの評判と口コミ!

twitterでの評判と口コミ

ツイッターでは全体的にZaif(ザイフ)トークン自動積立の記事が目立っていました。また取引通貨が多いこともメリットになり、良い評判が目立っています。

Zaif(ザイフ)トークンZaif(ザイフ)独自のトークンで、株価投資のように使えるコインを買うことができます。自動積立もcoincheck(コインチェック)など行っている取引所はありますが、Zaif(ザイフ)はビットコイン以外も積立が可能であるので、比較して自由さがあり評判も良いようです。トークンや積立については後述に詳しく説明させていただきます。

ThumbZaif(ザイフ)トークンとは?買い方からチャートの見方を徹底解説! | BtcFeed

2ちゃんねるでの評判と口コミ

2ちゃんねるでもZaif(ザイフ)トークンの評判が持ち上がっているようです。実は、Zaif(ザイフ)は2ちゃんねるにとても縁が深い仮想通貨を取引しています。そちらも後でご説明いたしますね。

Zaif(ザイフ)の著名人の評判!

ホリエモンの評判

ホリエモンこと堀江貴文氏はZaif(ザイフ)を管理するテックビューロ・ラボのアドバイザーを務めていたことがあります。そのため、Zaif(ザイフ)モナーコインとあわせて応援しているとお話しています。

日本はあまり仮想通貨が浸透していないことを言及しており、2ちゃんねるで始まった「モナーコイン」からビットコイン長者が生まれるのではと予想しています。投資に無縁だった人が興味をもつきっかけとしては、2ちゃんねるという繋がりがある分、ビットコインなどと比較しても国内では盛り上がりやすいかもしれません。なによりホリエモンが関わっていて、応援も受けているZaif(ザイフ)、この関係性だけでも信頼性があり、評判もどんどん上がっていきそうです。

②ビットガールズとの関係と評判

ビットガールズとは、テックビューロの開発しているブロックチェーン技術の魅力を集めた番組「採掘!ビットガールズ」にでていたガールズメンバーです。

「トレカブ」とよばれるトレーディングカードを取引所を通じて取引し、保有されているトレカブの量に応じて投票券や握手券を配っていました。このトレカブの取引所がZaif(ザイフ)だったそうです。

既に終了してしまいましたが、検索するとこの番組の記事が出てきますので、深夜番組とはいえ注目されていたのだと思われます。この番組で仮想通貨を知ったり始めた方も多いかと思いますので、Zaif(ザイフ)は仮想通貨の評判アップに強い影響を与えていますね。

Zaif(ザイフ)の取り扱い通貨

Zaif(ザイフ)は13種類の取引通貨があります。

  • ビットコイン(Bitcoin)
  • ビットコインキャッシュ(Bitcoin Cash)
  • イーサリアム(Ethereum)
  • ネム(NEM)
  • モナコイン(MonaCoin)
  • ザイフ(Zaif)
  • カウンターパーティー(CounterParty)
  • ビットクリスタル(BitCrystal)
  • ストレージコイン(Storj)
  • フィスココイン
  • ぺぺキャッシュ
  • カイカコイン
  • ネクスコイン
 

bitflyer(ビットフライヤー)は6種類ほど、coincheck(コインチェック)も同じく13種類ありますが、Zaif(ザイフ)は独自の仮想通貨も多いですので、他の取引所と比較しても個性が強いといえます。

Zaif(ザイフ)独自の取引通貨

上記のうち、Zaif(ザイフ)にとても関連深い仮想通貨をご紹介します。

ネム(NEM)

ネム(NEM)はZaif(ザイフ)を運営しているテックビューロ株式会社が作った仮想通貨のひとつです。ネム(NEM)を利用したブロックチェーンが「mijin」と呼ばれ、NEMは現在Zaif(ザイフ)とコインチェックで取引が可能となっています。

実はネム(NEM)には「ハーべスティング(収穫)」というものがあり、ビットコインのマイニング(採掘)の技術を応用し「XEMを持っているとその保有量と取引量に応じて配当みたいにその一定割合のXEMが貰える」というシステムがあります。つまり保有や取引に使うだけで、増える機会がとてもおおいという強いメリットを持った仮想通貨なんですね。

他の仮想通貨と比較してもお財布にうれしい通貨です。

ThumbZaif(ザイフ)取引所でXEM/NEM(ネム)を購入すべき4つの理由! | BtcFeed

モナコイン(Monacoin)

モナコインはこちらはイラストをみて分かる通り、なんと「2ちゃんねる」発祥の仮想通貨です。通貨のアイコンはAAキャラクターのモナーがくっきり描かれています。2ちゃんねる代表格のかわいいキャラクターですね。

元々は換金性もなく、ゲーム内で利用するだけでした。そのためしばらくはレートも停滞気味だったそうなのですが、ホリエモンが注目したこと、そしてTwitterで利用が可能となったことで需要が高まり、今は世界でも取引が増えています。


現在Zaif(ザイフ)、coincheck(コインチェック)、biflyer(ビットフライヤー)で取引可能となっていますが、Zaif(ザイフ)ではさらに手数料が-0.05になっており、取引時にボーナスでもえるメリットがついてきます

Thumbモナコイン(monacoin)の使い方・使い道9選と今後の将来性! | BtcFeed

Zaif(ザイフ)のメリット

①手数料が安い

なんといっても一番のメリットは、手数料がとても安いことです。よそと比較するまでもなくご覧のように、Zaif(ザイフ)の手数料は0だらけ。これはZaif(ザイフ)は販売所経由ではなく、ユーザー同士が取引する「取引所形式」であるため可能となっています。

また仮想通貨をを直接買う現物取引に至っては「-0.01」となっています。マイナスとはつまり、手数料を逆にもらうことまでできてしまうということです。本人確認が完了し、ビットコイン残高が最低30.BTCある方には取引価格の0.01%をプレゼントしてもらえます。

デメリット要素になりやすい手数料がまさか貰えるなんて、頻繁に取引する方にはとても嬉しいサービスですね。
 

②信用取引(FX)が出来る

Zaifの信用取引は日本円はもちろん、ビットコイン、XEM、モナコインなどを担保として預けることで仮想通貨の取引が可能となります。

FXですので、買うだけでなく売りからも取引を始められます。
FX特有の「レバレッジ」ももちろん有り、最大7.77倍となっています。少ない金額で多くの利益を得ることができますが、その代わり決済時にレバレッジに応じて最大0.7%の請求がありますのでご注意ください。(レバレッジ1倍であればなし)

また、一番安心なメリットは「追証無し」ということ。追証とは「証拠金の追加担保請求」の略で、暴落暴騰でロスカットなどがうまく入らず、証拠金を大きく上回る取引をしてしまった場合に支払わなければならない担保を指します。

追証がない、というだけで資金の損失や借金の心配が無くなるので、安心して取引することが可能になります。日本の会社で追証がないのはとても珍しいですので、他と比較してもこの制度のメリットは強く感じられますね。

③Zaif(ザイフ)独自のトークン

Zaif(ザイフ)には「Zaif(ザイフ)トークン」という独自のトークンがあります。
「トークン」とは「既存のブロックチェーンを使って発行されるもの」を指します。仮想通貨とは厳密な違いはまだはっきりしていないのですが、
 

  • 仮想通貨=あくまで新しくできたブロックチェーン技術でうまれた偶然のコイン(基軸通貨)
  • トークン=その後に改めて同じブロックチェーンで作られる故意的な仮想通貨
という線引きがあるようです。「代価紙幣」とも呼ばれるそうですね。

つまり発行が限定されている仮想通貨とは別に、ブロックチェーンを使っているところなら「株式」のように発行が可能なんです。このしくみを利用し、個人的にトークンを売り出せるのが最近話題の「VALU」なんですね。

Zaif(ザイフ)トークンはまだ使えるところが少なく、今まであまり評判もなく相場も盛り上がりが低かったのですが、手数料の低いZaif(ザイフ)のアフィリエイト利益を担う立場にあるため、開発のテックビューロも需要が高まるよう広げている最中にあります。

最近ですと、Zaif(ザイフ)トークンは「ICO」の購入に使うことが可能になりました。株式市場では多額の資金を集め、新しい事業に投資できる「IPO」というシステムがありますが、その仮想通貨が「ICO」と呼ばれます。

こちらを利用するためには「COSMA(CMS)」という仮想通貨を買う必要があり、日本円で買うよりお得なのですが、こちらの購入にZaif(ザイフ)トークンを利用することができます。

「COSMA」もまた限られた仮想通貨で評判もあまり聞きませんが、個人株式に使えたり、金銭や投資のあたらしい需要のひとつとして、今後の期待は高いです。
「仮想通貨は分からないけど、株式は分かる!」と感じる方には触れやすい通貨になりそうですね。

ThumbZaif(ザイフ)トークンのチャートの買い方と見方【今後の可能性】 | BtcFeed

④テックビューロの体制

手数料が安かったり、むしろボーナスまでもらえてしまうZaif(ザイフ)。なぜここまでするのかといいますと、テックビューロが設立当初から数年間利益を得ず、ビットコインを広めることに活力をおいたビジネスプランで行っているからです。その理解の元、NTVPから多額の資金を受けているようです。

「NTVP」とは「日本テクノロジーベンチャーパートナーズ」という名称で、ベンチャー企業への投資や経営指導を行っています。テックビューロの他に、ゲームや球団で有名なDeNAや国際通信のアイピーエスなども投資を受けている会社です。それでも利益なしを承知で投資を受けられるというのはなかなか難しいことだと思います。テックビューロの技術の高さを感じさせられますね。

また投資を受けている会社もIT関係が多く、デジタル方面のつながりも強いですので、仮想通貨の提携も期待できるかも知れません。

⑤好評判! ローリスク積立が出来る

ビットコインはFXと同じように為替の差額で利益を得ることができますが、値動きが激しくなることも多く、慣れていないとトレードでのマイナスが積み重なってしまう可能性も強いです。仮想通貨の知識が浅いと馴染みにくいかもしれません。

しかし、Zaif(ザイフ)では「Zaif(ザイフ)コイン積み立て」があります。「ドル・コスト平均法」を利用し、相場が安く上がる可能性の高いときは多めに、高いときは少なめに買い、非常にローコストでお金を貯めることができます。

毎月固定金額を銀行から引き落としてくれるのでほったらかしで構まわない上、最低額も1000円から。楽ちんでローコストないいとこ取り積み立てです。
 

Zaif(ザイフ)のデメリット

①他の取引所に比べてアプリ性能が悪い

Zaif(ザイフ)はアプリ版もあるのですが、こちら独自自動積立などのメリットと反してデメリットが目立ちあまり評判がよくないようです。

どうやらWEBのブラウザをそのまま表示しているようで、表示が見づらかったりパスワード認証が面倒であったりと色々声があるようです。また、アプリの機能は主にビットコインの送受信売買であり、Zaif(ザイフ)の信用取引などが利用できないのも不便だという声も上がっていました。PCでのみ取引する方は問題ないですが、スマホしか持っていない人も多いですから、Zaif(ザイフ)アプリが使いにくいのはかなりデメリットになるかと思います。少し困ってしまいますね。

②カード手数料のデメリット

ビットコインとモナコインの購入のみですが、Zaif(ザイフ)はクレジットカードでも入金可能です。ただし、手数料がかかり、そのうえ非公開となっているのです。どうやら買うときに金額内にふくまれているようですね。

儲けを考えるのであれば、この手数料分を計算にいれてプラスを目指さなければいけないということにもなります。初めて買われる方は計算が難しく感じられるかも知れませんね。たいした金額ではないと分かっていても、わからないのは強いデメリットになりそうです。

③取引の参加人数が少ない

まだ仮想通貨の浸透が薄いのもあり、参加者が少ないというのもデメリットが強いようです。為替取引のFXと違い、仮想通貨は売った分を買ってくれる相手がいないと取引が成立しませんので、注文を出したのにいつまでも成立しない……ということもあるようです。

相場のチャンスを狙ったときは悔しく感じてしまいますね。ただ、テックビューロがボーナスをかけてまで仮想通貨のインフレを目指しているので、仮想通貨が活躍できる場所は今後増える可能性も高いです。次第にこのような心配はなくなるでしょう。

④ビットコインの出金手数料がかかる

Zaif(ザイフ)のビットコイン出金手数料は初期値が0.0005BTCとなっています。取引手数料と比較すると高く感じますが、この金額以下にも以上にも設定することが可能なのです。ですが、安いからといって金額をさげると、いつまでだっても口座に反映されないという自体になりかねません。

というのは、送金時のビットコインはの採掘者(マイナー)が掘り出す必要があります。マイナーに支払われるビットコインがその手数料になりますので、金額が高い方はマイナーが狙いやすくなり、その分反映が速くなるのです。

なので、0.0005以下で送金することも可能ですが、反映に数日~数週間かかると書かれています。よってお急ぎの方は0.0005以上の手数料でお送りする必要がありますが、固定手数料の取引所と比較して、手数料が多くかかってしまう可能性があります

こちらもデメリットとしてはすこし不満に感じてしまうところかもしれませんね。

⑤サーバーが弱い

先ほどのZaif(ザイフ)アプリやtwitterの評判でもありましたが、Zaif(ザイフ)はサーバーが弱いようで頻繁に「メンテナンス中です」「取引は一時的に利用できません」と表示されてしまい、肝心の注文ができない、ということデメリットが多々あるようです。

Zaif(ザイフ)のホームページによると、混雑時に想定外の金額で約定してしまう危険は下げることが出来る、と表記あるそうです。ただ注文が殺到するときは相場がとてもいいポジションであるとも取れますので、やはり注文ができない状態になってしまうのはあまりいいことではないでしょう。

Zaif(ザイフ)で出来る取引

Zaif(ザイフ)には代表的な4つの取引が可能です。ひとつひとつ比較してみてみましょう。

現物取引 仮想通貨を日本円で買ったり、保有している仮想通貨を売ることが
できます。
仮想通貨といえど「現物」なので、必ず買うことから始まります。
シンプルでわかりやすく「簡単売買」も可能ですので、
はじめて仮想通貨の取引を行う方にはとても優しい取引です。
信用取引 仮想通貨の借り入れを行い、 借り入れた仮想通貨を一定期間保有し続け、
後に返還
する取引です。返還時の差益を受け取れます。
借り入れを行うには仮想通貨の価格に応じた証拠金を預け入れる必要が
あり、預け入れる必要がある証拠金の額は信用取引注文を行う時点で
計算されます。レバレッジを最大7.77倍かけることができ、
追証もありません。
FX取引 期間を決めない仮想通貨の取引です。信用取引同様に所定の
証拠金が必要になります。いつまでも保有していて問題はないですが、
ポジションのとるタイミングやペアの金利差により、スワップポイント
かかります。
先物取引 決済の期日の決まった取引です。信用取引との違いは
一定期間仮想通貨ペアを自由に何度も売買が可能ということです。
手放すときに利益が残ります。こちらもレバレッジが25倍まで
かけることができ、追証もありません。





















 

ちなみに、簡単売買はこのような画面です。ボタンの名称も難しくなく、文字通り簡単に取引ができます。

Zaif(ザイフ)の口座開設方法

作るために必要なもの

はじめに、必要なものはそろえておくと便利です。Zaif(ザイフ)ではこちらの書類があれば本人確認書類として認められます。
在留カード
運転免許証
● マイナンバーカード
(マイナンバー通知カードはNG)
日本国パスポート・ビザ(住所が記載されている面も必要)

お持ちでない場合は、こちらを組み合わせて2点送りましょう。

官公庁発行の公的証明書1点(健康保険証、住民票など)と公共料金の明細書1点(電気・ガス・水道料金、携帯電話・固定電話の請求書)
官公庁発行の公的証明書を2点

注意すべきは、公共料金の明細書。名前、住所、発行日(登録日から3ヶ月以内)が確認できるものを送りましょう。

アカウントの作り方はシンプル!

それではアカウントを作ります。Zaif(ザイフ)のホームページのトップのボタン「無料登録はコチラ」をクリック、メールアドレスを入力しましょう。

メールアドレスを入力すると、Zaif(ザイフ)からメールが届いているはずですので、そちらに記載されているURLにアクセスしましょう。パスワードを入力する画面がありますので、わかりにくくかつ自身に覚えやすいパスワードを入力しましょう。これでもうZaif(ザイフ)アカウントは登録されました。

続けて基本情報を入力します。こちらを登録することで取引が可能になります!
Zaif(ザイフ)ホームページからアカウント→登録情報→基本情報の順にクリックして下さい。

該当ボックスに従い、情報を入力していきましょう。

続けて、「本人確認登録」をします。アカウントから「本人確認」をクリックしましょう。
クリックしたら「電話番号認証」をクリックします。

お持ちのスマートフォン、携帯電話の電話番号を入力します。
すると、Zaif(ザイフ)からSMSメールが折り返し届きます。そのメールに「電話番号認証コード」がありますので、横の「認証コード登録」を押して画面を切り替え、入力します。

最後に「本人確認書類」をzaif(ザイフ)に提出して完了となります。アカウントに一度戻り、こんどは「本人確認書類」をクリックします。
本人確認できる書類をスキャン、またはスマホなどで撮り、PCに送ってZaif(ザイフ)にアップロードします。必ずカラー画像、そして鮮明なものを使って下さい。

これで申請はすべて完了です! 最後に、Zaif(ザイフ)からしばらくするとはがきが届きます。そこに本人確認コードが記載指されていますので、そちらをアカウントから入力して下さい。

これですべて完了しました!他の取引所と比較しても多くがこのような方法を採っているようですので、はがきが届くまで多少時間は頂くかと思いますが、ビットコインを買うなどは可能ですのでお金の準備をして待つと丁度良いかも知れません。

▼まだ口座開設ができていない方はこちら

ThumbZaif(ザイフ)の本人確認までの時間が遅い!口座開設の手順と流れ! | BtcFeed
ThumbZaif(ザイフ)のアカウント作成・登録から入金方法まで詳しく解説! | BtcFeed

Zaif(ザイフ)の手数料と比較

入金手数料

Zaif(ザイフ) ◆銀行振込:ご利用銀行による
◆コンビニ入金、ペイジー入金:
3万未満 486円
3万以上 594円
bitflyer(ビットフライヤー) ◆銀行振込:ご利用銀行による
◆クイック入金(ネットバンク、コンビニ決済、ペイジー)
324円
coincheck(コインチェック) ◆銀行振込:ご利用銀行による
◆コンビニ入金、クイック入金:
3万円未満 756円
3~50万円 1000円
50万円以上 入金額×0.108%+486円
◆USドル入金:25USドル+振込手数料

まずは入金手数料の比較です。こちらはbitflyer(ビットフライヤー)が控えめですね。

出金手数料

Zaif(ザイフ) ◆日本円の銀行振込:
50万未満 350円
50万以上 756円
bitflyer(ビットフライヤー) ◆三井住友銀行へ出金:
3万未満 216円
3万以上 432円
◆三井住友銀行以外へ出金:
3万未満 540円
3万以上 756円
coincheck(コインチェック) 日本円出金:400円
USドル出金:2500円

こちらはZaif(ザイフ)が銀行も選ばず定額、というのが嬉しいですね!

送金手数料

Zaif(ザイフ) ◆BTC:0.0001BTC以上
(0.0006BTC以上だと早めに送金されやすい)
bitflyer(ビットフライヤー) ◆BTC:0.0004BTC以上
coincheck(コインチェック) ◆BTC:0.0005BTC

こちらは取引所で対応している仮想通貨がさまざまでしたので、ビットコインに限定しました。
先ほど書いたとおり、送金の速さがZaif(ザイフ)のデメリットに関わりますが、急ぎでなければ低くすることも可能ですので、お得なのはZaif(ザイフ)と言えますね。

取引所手数料

Zaif(ザイフ) 現物取引:-0.01%(ボーナスでもらえる)
信用取引:0%
AirFX取引:0%
先物取引:0%
bitflyer(ビットフライヤー) ◆ビットコイン簡単取引所、Lightning現物
10万未満 0.15%
5億以上 0.01%
◆ビットコイン取引所、LightningFX:現在無料
coincheck(コインチェック) ◆取引所
Taker(買う人に合わせて売る):無料キャンペーン中
Maker(売る人に合わせて買う):無料キャンペーン中

◆両替:無料

 

こちらはどの取引所を比較してもほとんどお金はかからないようですね。加えてもらえるボーナスがある分、Zaif(ザイフ)がお得といえるでしょう。

借入手数料(スワップポイント)

Zaif(ザイフ) 0.039%
(信用取引のみ)
bitflyer(ビットフライヤー) 0.04%
coincheck(コインチェック) 0.05 %/日
(ビットコインのみ)

こちらは比較してもほとんど同じですね。送金にお金がかかるというデメリットもありますが、総合的に見ても。ボーナスもある分zaif(ザイフ)がお得といえるでしょう。

Thumbコインチェック(coincheck)の手数料が高い!手数料比較一覧まとめ! | BtcFeed

Zaif(ザイフ)の取引画面とトレード

トレードが画面は現物もFXも先物も、すべて同じような画面で行います。
この画面の下には現在の取引状況、twitterのようなチャットルームがあります。リアルタイムで考えていることや評判がながれてきますので、参考にして取引をするとミスが少なくなるでしょう。

信用取引・AirFX・先物取引の方法

信用取引もAirFXも先物取引も、基本的なやり方は同じですので、信用取引をメインに説明させていただきます。
先ほどのチャートの右横注文する画面がありますのでご覧下さい。

こちらは「信用売り」の画面です。上のタブで買いや現物取引に切り替えられます。
上から
「売りたい価格(タイミング)」と希望の「レバレッジ倍率」
「売る量(ビットコイン)」
「リミット買い」
「ストップ」

となっています。(信用買いの場合はこの逆です)

レバレッジは倍数をかけて取引することで、高い倍率にすると儲けも増やしやすくなります。反対にマイナスも大きく動くデメリットもありますので注意しましょう。
「リミット買い」「ここまで上がったら自動的に買う」という注文、「ストップ」「逆にマイナスになったとき、下がりすぎる前に資金を守るために買う」という注文をすることです。株やFXでは前者が指値注文、後者は逆指値注文と呼ばれます。
任意ですが、逆指値は入れておいた方が良いでしょう。
マイナスで確定されるなんて……そのうち上がるでしょう? と設定しないと、小銭ほどしか残らなくなってしまい、入金しなければ取引が出来なくなってしまいます。多少マイナスになっても取引できるお金は残さなければいけません。ぜひご注意ください。

現物取引はこのような画面になっています。上から同じく「買いたい値段(タイミング)」「買う量」「リミット売り」となっています。現物取引の場合は右上に指値と成行ボタンがあります。好みで切り替えましょう。
指値は先ほど説明したとおり、買いたい値段にきたら注文をとってくれます。成行は言葉の通り、注文ボタンを押したタイミングで注文する方法です。もし成行で注文されるのであれば、一番上の買いたい値段は空欄で構いません。
ちなみに、「使用残高」と書かれているタブがありますが、こちらは口座の残高から買う量を自動計算して入力してくれます。ここをクリックすると「100%」「50%」「30%」「10%」と選択肢が出ますので、余力を考えて好きなものを選びましょう。

注文が完了すると、このような画面を見ることができます。「詳細」をクリックすると、いつ取引したか、レバレッジはどれほどか、など確認することができますし、もし設定したリミットやストップの値を変えたいときもこちらから可能です。ある程度利益がでたら、すこしずつ底上げしていくとマイナスにならず安心に取引が可能です。こまめに変更しましょう。

先物取引とAirFXの画面はこちら。
画面上部の数字は「スプレッド」といい、取引時の手数料になります。ビットコインと日本円のFX取引ですと、売りでボーナスで+0.5%もらえるようですね。
こちらはレバレッジが最大25倍かけることが可能です。

簡単売買の取引方法

簡単売買現物取引にあたります。細かい設定が出来ないというデメリットはありますが、もっとシンプルな画面で取引できます。初めての方はこちらから始めましょう。
まず、赤枠部分の入力をします。購入したいビットコインの数、または日本円で入力しても受け付けてくれます。(1回につき時価総額50万まで)

すべて入力したら、下の「BITCOINを買う」をクリックするだけです。

すると確認画面がでますので、間違いがないか確認してOKを押します。
この画面を表示できる30秒は価格は変わらないようになっていますので、じっくりおちついて確認してくださいね。

Zaif(ザイフ)の追証とロスカットルール

先ほど説明したとおり、Zaif(ザイフ)には追証がありません口座残高以上のマイナスはZaif(ザイフ)が負担してくれます。至れりつくせりで驚かれるかもしれませんが、実は海外FXでは追証なしで行っているところがほとんどなのです。それでも手数料などはかかりますので、Zaif(ザイフ)のサービスはかなり前衛的であるといえます。
ただしもちろん、ロスカットは入ります。ロスカットとは信用取引やFXで入る「これ以上下がると危険です。決済します」というラインです。Zaif(ザイフ)は証拠金が30%下回ったところとなっているようですね。

Zaif(ザイフ)の評判まとめ

Zaif(ザイフ)の評判とメリット、デメリットをひととおりお伝えしました。いかがでしょうか?
Zaif(ザイフ)サーバーが弱かったり、仮想通貨やZaif(ザイフ)トークンの盛り上がりが低いから利益になりにくいのでは、という心配もありますが、Zaif(ザイフ)自身が仮想通貨を広めようと働きかけているので、近い将来大きく話題になるかも知れません
追証がなく、借金の心配もないというだけでも、かなり安心して取引しやすい取引所だと思います。慣れない方向けの簡単操作の取引や積立もありますので、手探りで投資を始めるにはとても易しいですよ。

Zaif(ザイフ)の口座開設がまだの方はこちら

売買すれば手数料として逆にコインが貰えるなど、今始めないともったいない!

初心者の方にも安心のサービスで、今、注目No.1のzaif(ザイフ)!
【おすすめポイント】

・取引をすればするほどお得!手数料がマイナス!
・国内最初の取引所という安心感!
・さまざまな独自サービスを立ち上げ中!


この機会に今すぐ始めましょう!

この記事を読んだ人におすすめな記事

Thumbコインチェック(coincheck)徹底解説【完全版】 | BtcFeed
Thumbbitflyer(ビットフライヤー)取引所の評判・口コミまとめ! | BtcFeed

仮想通貨取引所ランキング

関連するまとめ

仮想通貨取引所ランキング

  • No.1bitFlyer(ビットフライヤー)
    Bitflyerビットフライヤーは私もビットコイン取引で頻繁に使っている取引所の一つです!ビットフライヤーのおすすめポイント3つ!
    • ビットコイン取引日本一の使いやすさ!
    • 手数料が安い
    • 保障もあり安心の取引所
    ビットフライヤーの公式サイトはこちら!
  • No.2Zaif(Zaif)
    Zaifザイフは初心者に優しく日本で一番最初にできた仮想通貨取引所です!ザイフのおすすめポイント3つ!
    • 手数料安さ日本一!
    • 独自のサービスで魅力満点!
    • 老舗の信頼できる取引所!
    ザイフの公式サイトはこちら!
  • No.3GMOコイン
    GmoGMOコインは上場企業のグループ会社で安心の取引所です!初心者の簡単にお得に利用ができます!
    • 手数料が安く操作も簡単!
    • 上場会社のグループで安心!
    • FX取引はアプリでもできる!
    GMOコイン公式サイトはこちら!

管理人について

Widget1
仮想通貨のバブルに乗ってミリオネアを目指す26歳の仮想通貨トレーダーです。国立大学を卒業し総合系コンサル会社に入社→仮想通貨にハマり2年で退職し仮想通貨投資暦2年
50万の初期投資から貯金1200万(※2017年11月現在)
元々はフィンテック関連企業のアサイン経験からブロックチェーンの勉強をし、途中から投資を始めました。情弱だったことから起きた個人的な失敗談や、技術的な話を理解せずに投資をする友人達の失敗を見て本当に必要な情報を初心者〜中/上級者の方に向けて発信して行こうと思います。
僕が使っている取引所/トレード・保有してるコイン/参加したICOはこちら!

管理人のツイート

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ
Bitflyer side