仮想通貨CoinDash(コインダッシュ/CDT)の特徴・チャート・購入方法(買い方)・取引所・将来性

仮想通貨CoinDash(コインダッシュ/CDT)の特徴、チャート、そして取引所での購入方法、リブランド、将来性などをまとめました。「通貨を管理するための通貨」仮想通貨CoinDash(コインダッシュ/CDT)のチャートは? 取引所での購入方法は? 価格は?

仮想通貨CoinDash(コインダッシュ/CDT)の特徴・チャート・購入方法(買い方)・取引所・将来性のイメージ

目次

  1. 1仮想通貨CoinDash(コインダッシュ/CDT)とは?
  2. 2CoinDash(CDT)の歴史
  3. 3CoinDash(CDT)の特徴
  4. 4CoinDash(CDT)の相場チャート・価格推移
  5. 5CoinDash(CDT)が購入できる取引所一覧
  6. 6CoinDash(CDT)の購入方法の手順
  7. 7CoinDash(CDT)のおすすめウォレット
  8. 8CoinDash(CDT)のロードマップ
  9. 9CoinDash(CDT)の今後の将来性
  10. 10さらなるアップデートも予定
  11. 11仮想通貨CoinDash(CDT)まとめ
LINEで情報をゲット!
仮想通貨関連の注目サービスや海外ニュース、その他投資情報を配信!!


仮想通貨最新ニュース btcfeed line@

当サイトで人気の仮想通貨取引所ランキング!
まだ一つしか取引所を持っていない人は必ず複数に登録をして安全に取引をしましょう!
【1位】Zaif(ザイフ)

取引手数料の安さNO.1!本サイト1番のオススメ取引所!

【2位】bitFlyer(ビットフライヤー)

ビットコイン取引量、国内ユーザー数が日本一の信頼できる取引所!

【3位】GMOコイン

初心者の人に1番おすすめ!簡単に取引ができて、しかも手数料も超お得!

【当サイトで今一番人気!】QUOINEX

人気のリップルとネムを両方を日本で唯一現物取引できる取引所!注目のQASHも取引できる!

【今大注目!】DMM Bitcoin

日本で世界で注目のアルトコインを唯一レバレッジ取引できる大注目の取引所!

※【注意】絶対に複数取引所に登録して資産を分散しておきましょう!資産を失うリスクがあります!

仮想通貨CoinDash(コインダッシュ/CDT)とは?

仮想通貨CoinDash(CDT)は、「決済通貨」というよりユーザーの仮想通貨資産を管理するための「ツール」としての性格が強い通貨です。ひと味違うCoinDash(CDT)はどんな通貨か。特徴を説明していきます。

仮想通貨CoinDash(CDT)の概要

 

CoinDash(CDT) ※「Blox」とも表記

発行日 2017年3月
アルゴリズム
名称 CDT
発行上限数 10億枚
時価総額 約53億円
現在価格 約5円
公式HP https://www.coindash.io/

仮想通貨CoinDash(CDT)の基本情報

CoinDashは、後に述べますが、リブランドをして「Blox」という表記もされます。

時価総額ランキングは2018年3月時点で246位。決してボリュームが大きい仮想通貨ではありません。近い位置にいる、日本の投資家に馴染み深い通貨はぺぺキャッシュ(Zaifに上場)です。ぺぺキャッシュは250位と、CoinDashの少し後ろにつけています。

現在の価格は5円前後です。

ぺぺキャッシュをはじめとしてZaif(ザイフ)他の国内取引所で取り扱っていない珍しいトークンを多数取り扱っており、仮想通貨の取り扱い数は国内で最も多くなっています

仮想通貨取引では、価格の高騰が期待できる仮想通貨を価格が安いうちにかつよりお得に購入することが非常に大切です。

珍しいトークンや仮想通貨の価格の高騰が期待された時に素早く購入して価格高騰のチャンスを逃さないように、どの仮想通貨も購入できるようにできるだけ多くの取引所に登録しておくことは仮想通貨取引の基本です。

価格高騰のチャンスを掴んでしっかりと利益を出すためにZaif(ザイフ)の登録がまだの方はすぐに登録しておきましょう。

簡単1分で登録できます。

Zaif(ザイフ)の登録に関して不明点などがあれば【Zaifの登録、口座開設、本人確認、二段階認証のやり方】を参考にしてください!

ThumbZaifの評判・口コミ・信頼度は?使ってみた感想も同時に解説! | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

世界中で大人気の通貨であるリップルの購入は、国内で唯一リップルを板取引でお得に購入できるだけでなく、2018年6月まで取引手数料が無料のキャンペーン中で人気が急上昇中のbitbank(ビットバンク)がオススメです。

こちらも登録がまだの方は、Zaifと一緒に登録しておきましょう。
簡単1分で登録できます。

bitbank(ビットバンク)の登録に関して不明点などがあれば【bitbankの登録、口座開設、本人確認、二段階認証のやり方】を参考にしてください!

Thumbbitbank(ビットバンク)取引所の評判や特徴まとめ【保存版】 | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

CoinDash(CDT)の歴史

CoinDash(CDT)が生まれたのは2017年。生まれはイスラエルです。余談ですが、イスラエルと言えば先日国家をあげて仮想通貨の発行を検討している、という報道がありましたね。日本には馴染みのない国ですが、仮想通貨先進国という点では共通していると言えるかもしれません。

CoinDash(CDT)は、まだ発行からあまり時間が経っていないこともあり、日本での知名度は低いです。しかし、大手取引所Binanceに上場を果たしており、今後の動向に目が離せません。今後価格が高騰する可能性も十分あります。

技術的な面では、CoinDash(CDT)はイーサリアムのブロックチェーン上で機能する「ERC20トークン」と呼ばれるトークンになります。様々なサービスへの課金に使用されます。

続いて、CoinDash(CDT)の具体的な特徴を見ていきましょう。

CoinDash(CDT)の特徴

①仮想通貨投資ポートフォリオ管理

まず、大きな特徴が資産の「ポートフォリオ」管理が可能になるということです。取引アドレスを入力するだけで、ユーザーが保有している種々の仮想通貨の一元化管理が可能になります。

皆さんも身に覚えがあると思いますが、仮想通貨投資をしていると、各通貨を取引所、ウォレット、それぞれバラバラに置いているので「自分がいまどれだけの仮想通貨を全体で持っているか」が分かりづらくなりがちです。その悩みを解決する機能をCoinDash(CDT)は持っています。

②投資家のSNS

そして、このポートフォリオは他人と共有できるのです。

CoinDash(CDT)のSNSで、投資家は自分のポートフォリオを公開することができるのです。これによって、ビギナー投資家は自分の取引の参考にすることができますし、CoinDash(CDT)を支払えば、投資家の売買情報までをリアルタイムで受け取ることができるようになります。

ビギナーはベテラン投資家の投資手法を参考にすることができ、ベテラン投資家はその対価として、CoinDash(CDT)を受け取ることができる。まさしくWin-Winの仕組みですね。

③マーケットプレイス

他には、下のようなサービスを提供しています。

  ・ICOダッシュボード
現在、ICOは詐欺まがいのものが多くあると言われていますが、このダッシュボードでは正確かつ、信頼できる情報を提供していくとのこと。過去、現在、未来のICO情報をもれなく得ることができ、投資家はCoinDash(CDT)を使って投資ができます。

 ・トレンドアセット
CoinDash(CDT)は市場のトレンド、仮想通貨の動向、価格。それに台頭するための情報をワンストップで提供します。

 ・サードパーティ統合
サードパーティの投資を一元化して、ユーザーがCoinDash(CDT)から直接投資することを可能にする開発者専用のSDK(ソフトウェア開発キット)を作ります。

 ・ブロックチェーンサポート 
現在の実装では、イーサリアムをサポートしています。

④ハッキング被害を受けた

CoinDash(CDT)はハッキング被害を受けた過去があります。2017年7月17日、コインダッシュのICO時にウェブサイトがハッキングされ、トークンセールの送金先のアドレスがハッカーによって書き換えられてしまいました。この余波でCoinDash(CDT)はICOの中止を余儀なくされました。

スタートで少しケチがついてしまいましたが、その後無事サービスが開始。現在に至ります。

上のツイートを見てください。なんと最近、ハッカーがだまし取ったイーサリアムをCoinDashICOに返還したそうです。2600万ドル相当の3万イーサリアムを返還したとのことです。

日本でも、ネムが580億円分、コインチェックからハッカーによって不正出金されたニュースが記憶に新しいですが、こうしたケースもあるのです。

上記のように盗難された仮想通貨を回収できた例もありますが、仮想通貨はしっかりと自分で管理しておくことが大切です。

以下で紹介しているオススメのハードウォレットなどで管理することはもちろん、取引所もセキュリティがしっかりしているところを選びましょう。

セキュリティは、世界一セキュリティがしっかりしていると評価されたことがあるbitFlyerがオススメです。

CoinDash(CDT)の相場チャート・価格推移

価格の推移はどうでしょうか。チャートを分析するとCoinDash(CDT)の価格は、昨年の10月は5円付近で推移していました。そして12月になると価格が急騰。年始まで値を上げ続け、1月6日には30円にタッチしました。

そしてその後は、チャートをご覧いただければわかるように急落してしまいました。現在の価格は5~8円で推移しています。

CoinDash(CDT)が購入できる取引所一覧

CoinDash(CDT)が購入できる取引所はまだ一部に限られています。日本の仮想通貨取引所での取扱はまだありません。現状、
・Binance
・Big One
・HitBTC
などで取引が可能になっています。

海外取引所で仮想通貨を購入するには国内取引所からビットコインなどの仮想通貨を送金する必要があります。

ビットコインの送金は取引手数料がなんとマイナスで、取引すればするほどビットコインがもらえる最もお得なZaif(ザイフ)がおすすめです。

手数料は気がつけば大きくかさんでいるのでバカにはできません。
損をしないようにZaifに登録してお得に取引しましょう

簡単1分で登録できます。

Zaif(ザイフ)の登録に関して不明点などがあれば【Zaifの登録、口座開設、本人確認、二段階認証のやり方】を参考にしてください!

ThumbZaifの評判・口コミ・信頼度は?使ってみた感想も同時に解説! | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

送金にオススメの取引所は以下に紹介しています。
 


おすすめ国内取引所〜海外への送金編〜
 

・BTCの取引手数料が格安!BTCをお得に購入するならZaif(特徴)

・簡単操作がいい!初心者でも簡単送金
bitFlyer(特徴)

・送金手数料が無料!何度も送金するならDMM Bitcoin(特徴)

・リップルで高速送金!とにかく速く送金したいなら
GMOコイン(特徴)

・アルトコインの取引手数料が格安!BTC以外のお得な購入は
bitbank(特徴)

 
※用途に合わせた複数の取引所の利用をおすすめします。
※取引所はエラーでしばらく取引できないことがよくあるので、買い時を逃さないためにも複数利用をおすすめします。

CoinDash(CDT)の購入方法の手順

先に見たように、CoinDash(CDT)はまだ日本の取引所に上場していません。つまり日本円での直接購入はできないということです。

こうした通貨の場合、まずZaifなど手数料の低い日本の仮想通貨取引所でビットコインを買います。そしてビットコインを上場している海外取引所に送金し、ビットコイン建てで購入する流れが一般的です。

国内取引所で、日本円でビットコインを購入

では、CoinDash(CDT)の購入方法を具体的に説明していきます。

まず国内の取引所でビットコインを購入します。取引所はZaifを例に説明します。

購入手順を順を追ってみていきましょう。

‹簡単売買›から、購入価格を確認して、数量を指定します。「BITCOINを買う」をクリックして購入します。

Binanceへビットコインを送金

つぎにビットコインをZaifからBinanceへ送金します。

まず、Binanceで作業をすすめましょう。

「Funds」→「Deposits」を選び、ビットコインの入金用アドレスを取得します。

「Deposit」画面で、「BTC」を選びます。そうすると下に入金用アドレスが表示されますので、コピーします。これが1文字でも違うと正しく送金されないので、確実にコピーしてください。

Zaifで「入出金と履歴」からビットコインの出金を選びます。
出金アドレスに、Binandeで取得したアドレスをペーストしましょう。同じくここも1文字でも間違うと正しく送金されないので、厳重にチェックしましょう。

あとは出金したい金額、出金手数料(指定しない場合は0.0005BTCがかかります)、2段階認証トークンを入力して、出金を押せば送金が開始します。

BinanceでCoinDash(CDT)を購入

「exchange」画面から、BTC建てでCDTを買うので、CDT/BTCを選びます。

上の操作画面から、「Price」で金額を指定し、「Amount」で買う数量を入力します。「Buy」を押せば購入が完了します。

CoinDash(CDT)のおすすめウォレット

MyEherWalletなどのウォレットで管理することができますが、ハッキングの可能性はゼロではありません。確実なのはハードウェアウォレットを利用することです。

仮想通貨CoinDash(CDT)を管理するのにおすすめのウォレットは、Ledger Nano Sです。

Ledger Nano Sはハードウェアウォレットになります。費用が掛かるのが難点ですが、ペーパーウォレットと同等の高いセキュリティを誇るため、堅牢なセキュリティを必要とする場合はこちらのウォレットがおすすめです。

ただし、Ledger Nano Sは非常に人気であるがゆえに、Ledger Nano Sに関係した詐欺も発生している点は注意しましょう。

詐欺に合わないためにも、Ledger Nano Sを購入する際は、正規品取扱の公式ページで購入するよう心がけてください。

CoinDash(CDT)のロードマップ

では今後CoinDash(CDT)はどう進化していくでしょうか。かなり詳細なロードマップが発表されています。

まず、2018年の4~9月は、ポートフォリオ管理の対応ブロックチェーンを追加、ICOツール(自動投資・予測)を追加、そしてトップ投資家を探して、自動取引できる機能の追加を予定しています。

そして、2019年の1~3月は税金計算のための、ポートフォリオ出力機能を追加、デジタルアセット管理の仮想通貨である「ICONOMI」や「Meronport」と統合シグナル取引を追加、トレンド通貨のダッシュボードの追加を予定しています。

最後に、2019年の4~9月で、法定通貨(円やドル)から仮想通貨を購入できる機能を追加、ICOダッシュボードなど、マーケットプレイス機能の拡充を予定しています。

CoinDash(CDT)の今後の将来性

仮想通貨CoinDash(CDT)は下に説明するようなリブランドや、新製品のローンチを実施しました。こういったプロダクトの開発には大きな、将来性を感じさせます。

「CoinDash」→「Blox」へリブランド!

CoinDashは2018年2月28日に、「Blox」という名前にリブランドをしました。
その理由について、広報ディレクターのYuval氏はブログでこう述べています。

「わたしたちは新しい斬新な見せ方、デザインを新しい名前によって与えたかった。Bloxとは、成長を続ける仮想通貨市場における代名詞となるようなブランドネームだ。シンプルで、クリーンで、直感に訴えかける名前だ」

個人的には、既存の仮想通貨「DASH」との混同を避けたいという狙いもあったと思っています。
こちらは、あのコインチェックにも上場していて、すでにかなり地名度だありますから。どうしても後発のCoinDashは後塵を拝してしまう、と開発者側も考えたのではないでしょうか。

ともあれ、リブランドは開発側に「このコインをよくしたい」という意欲がある証拠なので、ポジティブな材料になり得ます。

新製品「Blox」をローンチ

そしてリブランドにあわせて、CoinDash(CDT)をベースにした、新製品「Blox」もリリースされました。

AndroidやiOS、webで利用可能になっています。

bloxはCDTによって提供される、ポートフォリオアプリです。これにより、バラバラに管理していたウォレットや取引を一元化して管理できるようになります。

先に書いたCoinDash(CDT)の性質がついに、商品として具体化されたわけです。

さらなるアップデートも予定

開発者チームのブログより

Bloxには、これから新しい機能がどんどん追加されていくそうです。
開発者のブログで触れられているものから、主だったものをピックアップします。

・ライトコインとの統合
・新しく、進化したグラフ
・2段階認証とセキュリティー手段の強化
・ウェブ版、モバイル版双方における劇的なユーザーインターフェイスの向上
・読み込み時間の向上と時間の短縮
・素早いロードとオフライン使用のための携帯ローカルストレージ
・アンロイド版のビットコインウォレットとの統合
・取引所Krakenとの統合
・NEOのフルサポートと統合


などです。また今後数週間でアムステルダムやロンドンなど、世界各国でイベントやミートアップを予定しているそう。

はっきり言えば、CoinDashはこれまで開発国のイスラエルやBinanceなどで上場している中国以外ではほどんど知名度がなかったはずです。こうした地道な活動によって、どんどんCoinDashが世界に知られていくことでしょう。楽しみですね。

仮想通貨CoinDash(CDT)まとめ

では、結局CoinDashは買うほど期待できるのでしょうか?わたしは以下の理由から期待ありだと考えます。
※あくまで個人の意見です

①サービスモデルがユーザーのニーズとマッチしている

CoinDashの特徴は、これまでバラバラに管理・取引していた仮想通貨を一元管理できる点にあります。このサービスを待ち望んでいた方も多いでしょう。最近は草コインも増え、カバーしなければならない仮想通貨の種類はどんどん増えています。しかし、それぞれ取引所が別々で、「結局自分はトータルでいくら仮想通貨を持っているのか」とわからなくなることも多いはず。CoinDashはそういった仮想通貨市場成熟期におけるユーザーの悩みを助けるツールになります。

②開発者側の意欲、ロードマップの充実

マイナーコインの中には、ホワイトペーパーが他の仮想通貨のコピーだったり、明確なロードマップが示されないものも多いです。その点、CoinDashは開発者側が積極的にブログなどで情報公開をしています。「こういうコインにしたい」という狙いがこちらに伝わってきます。

またロードマップも来年の秋を見据えて、かなり具体的なものが示されています。以上を踏まえると、今後の価格上昇も期待できるのではないでしょうか。

CoinDashは国内取引所からBinanceなどの海外取引所に仮想通貨を送金して購入する手順になります。
CoinDashに限らず他の多くの仮想通貨でも同じ手順での購入になります。

Binanceの仮想通貨には数百倍に高騰するような仮想通貨も潜んでいるので、ぜひいろんな仮想通貨をチェックしてみましょう。

Binanceへの送金は手数料が最も安くてお得なZaifがおすすめです。
手数料は気がつけば大きくかさんでいるので、損をしないようにZaifに登録してお得に取引をしましょう。

簡単1分
で登録できます。

Zaif(ザイフ)の登録に関して不明点などがあれば【Zaifの登録、口座開設、本人確認、二段階認証のやり方】を参考にしてください!

ThumbZaifの評判・口コミ・信頼度は?使ってみた感想も同時に解説! | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

早く送金を済ませたい方はリップルで送金するのがおすすめです。

リップルの購入は、国内で唯一リップルを板取引でお得に購入できるだけでなく、2018年6月まで取引手数料が無料のキャンペーン中bitbankがおすすめです。

登録がまだの方はZaifとどちらも登録しておきましょう。
こちらも簡単1分で登録できます。

bitbank(ビットバンク)の登録に関して不明点などがあれば【bitbankの登録、口座開設、本人確認、二段階認証のやり方】を参考にしてください!

Thumbbitbank(ビットバンク)取引所の評判や特徴まとめ【保存版】 | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

徹底比較!2018年度版オススメ取引所ランキング


LINEで有力情報をゲット!
仮想通貨関連の注目サービスや海外ニュース、その他有力投資情報を配信!!


仮想通貨最新ニュース btcfeed line@

迷ったらまずこの取引所!初心者の人にオススメ取引所をご紹介!

安心・安全が一番!という人ならbitFlyer

bitFlyerは世界で最もセキュリティの高い取引所!

国内で唯一ハッキングへの補償もしている安心の取引所!

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

☛bitFlyerの口座開設方法はこちらで解説!

☛bitFlyerの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

取引するのに難しい操作が心配という人はGMOコイン

初心者の人でも簡単な操作で、リップルなどの人気仮想通貨が購入可能!

運営企業も上場企業の子会社で運営面も安心!

☛GMOコインの口座開設方法はこちらで解説!

☛GMOコインの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

仮想通貨取引をしているなら持っておくべき取引所!

人気アルトコインの購入なら手数料無料のbitbank!

人気のリップル(Ripple/XRP)を手数料無料で購入ができる!

リップル以外のアルトコイン手数料も無料!

☛bitbankの口座開設方法はこちらで解説!

☛bitbankの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

手数料の安さぶっちぎり!Zaif!

日本の取引所で手数料が最もお得な取引所!

ビットコインは取引すればするほどビットコインをもらえる!

海外取引所を利用するならZaifでのビットコイン購入がおすすめ!!

☛Zaifの口座開設方法はこちらで解説!

☛Zaifの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

人気通貨を唯一レバレッジ取引できるDMM Bitcoin

人気のリップルとネム、ライトコイン等を唯一レバレッジ取引できる!

レバレッジ取引も安心してできる仕組みを取り入れていて安心!

☛DMM Bitcoinの口座開設方法はこちらで解説!

☛DMM Bitcoinの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

関連するまとめ

仮想通貨取引所ランキング

  • No.1bitFlyer(ビットフライヤー)
    Bitflyerビットフライヤーは私もビットコイン取引で頻繁に使っている取引所の一つです!ビットフライヤーのおすすめポイント3つ!
    • ビットコイン取引日本一の使いやすさ!
    • 手数料が安い
    • 保障もあり安心の取引所
    ビットフライヤーの公式サイトはこちら!
  • No.2Zaif(Zaif)
    Zaifザイフは初心者に優しく日本で一番最初にできた仮想通貨取引所です!ザイフのおすすめポイント3つ!
    • 手数料安さ日本一!
    • 独自のサービスで魅力満点!
    • 老舗の信頼できる取引所!
    ザイフの公式サイトはこちら!
  • No.3GMOコイン
    GmoGMOコインは上場企業のグループ会社で安心の取引所です!初心者の簡単にお得に利用ができます!
    • 手数料が安く操作も簡単!
    • 上場会社のグループで安心!
    • FX取引はアプリでもできる!
    GMOコイン公式サイトはこちら!

管理人について

Widget1
仮想通貨のバブルに乗ってミリオネアを目指す26歳の仮想通貨トレーダーです。国立大学を卒業し総合系コンサル会社に入社→仮想通貨にハマり2年で退職し仮想通貨投資暦2年
50万の初期投資から貯金1200万(※2017年11月現在)
元々はフィンテック関連企業のアサイン経験からブロックチェーンの勉強をし、途中から投資を始めました。情弱だったことから起きた個人的な失敗談や、技術的な話を理解せずに投資をする友人達の失敗を見て本当に必要な情報を初心者〜中/上級者の方に向けて発信して行こうと思います。
僕が使っている取引所/トレード・保有してるコイン/参加したICOはこちら!

管理人のツイート

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ
Bitflyer side