仮想通貨Dragonchain(ドラゴンチェーン/DRGN)の特徴・チャート・購入方法(買い方)・取引所・将来性

仮想通貨Dragonchain(DRGN)はディズニーが開発していた仮想通貨です。今回はDragonchain(DRGN)のチャートや購入できる取引所などについてご紹介します。購入をお考えの人は取引所選びやチャートのチェックなどの参考にしてください!

仮想通貨Dragonchain(ドラゴンチェーン/DRGN)の特徴・チャート・購入方法(買い方)・取引所・将来性のイメージ

目次

  1. 1仮想通貨Dragonchain(ドラゴンチェーン/DRGN)とは?
  2. 2Dragonchain(DRGN)の特徴
  3. 3Dragonchain(DRGN)の相場チャート・価格推移
  4. 4Dragonchain(DRGN)が購入できる取引所一覧
  5. 5Dragonchain(DRGN)の購入方法の手順
  6. 6Dragonchain(DRGN)のおすすめウォレット
  7. 7Dragonchain(DRGN)のロードマップ
  8. 8Dragonchain(DRGN)の今後の将来性
  9. 9Binanceへの上場の可能性がある
  10. 10仮想通貨Dragonchain(ドラゴンチェーン/DRGN)まとめ
  11. 11この記事を読んだ人はこちらも読んでいます
LINEで情報をゲット!
仮想通貨関連の注目サービスや海外ニュース、その他投資情報を配信!!


仮想通貨最新ニュース btcfeed line@

当サイトで人気の仮想通貨取引所ランキング!
まだ一つしか取引所を持っていない人は必ず複数に登録をして安全に取引をしましょう!
【1位】Zaif(ザイフ)

取引手数料の安さNO.1!本サイト1番のオススメ取引所!

【2位】bitFlyer(ビットフライヤー)

ビットコイン取引量、国内ユーザー数が日本一の信頼できる取引所!

【3位】GMOコイン

初心者の人に1番おすすめ!簡単に取引ができて、しかも手数料も超お得!

【当サイトで今一番人気!】QUOINEX

人気のリップルとネムを両方を日本で唯一現物取引できる取引所!注目のQASHも取引できる!

【今大注目!】DMM Bitcoin

日本で世界で注目のアルトコインを唯一レバレッジ取引できる大注目の取引所!

※【注意】絶対に複数取引所に登録して資産を分散しておきましょう!資産を失うリスクがあります!

仮想通貨Dragonchain(ドラゴンチェーン/DRGN)とは?

Dragonchain(DRGN)は海外の取引所でしか購入できない仮想通貨です。海外の取引所で取引をするためには国内の取引所からビットコインを送る必要があります。

国内取引所でセキュリティーがしっかりしていて安心してビットコインを購入できるのはビットフライヤーです。まだ口座開設をされていない方はこの機会にぜひどうぞ!

ThumbbitFlyerの口座開設からビットコインの入金・買い方まとめ | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

仮想通貨Dragonchain(DRGN)の概要

通貨名 Dragonchain
通貨記号 DRGN
発行日 2014.07
ブロック生成時間 最短5秒程度
発行上限 433,494,437 DRGN
時価総額 430,152,864 USD
37,563 BTC
時価総額ランキング 87位
現在価格 1DRGN=1.79USD
2018.02.20現在
 

仮想通貨Dragonchain(DRGN)の基本情報

2018.02.20現在、仮想通貨Dragonchain(DRGN)は時価総額ランキング87位となっており、それなりに注目されているアルトコインとなっています。

Dragonchain(DRGN)はイーサリアムベースで開発されています。また、スマートコントラクトの利用も可能なシステムになっています。

これらの技術を活用すればプライベートチェーン上でスマートコントラクトを利用するなど多種多様な使い方ができるでしょう。

また、Dragonchain(DRGN)の開発初期にはディズニーが参加していたというのも注目を集めるポイントの一つとなっています。ディズニーのプライベートチェーンとして活用することを目的としていたようです。
ディズニーが開発していたと聞くと魅力的に感じる人もいるかもしれませんね。

Dragonchain(DRGN)はとても将来性に期待できる仮想通貨の一つになっています。

Dragonchain(DRGN)の特徴

それでは早速Dragonchain(DRGN)の特徴を見ていきましょう!
Dragonchain(DRGN)には注目したい特徴がいくつもありますので必見ですよ!

元々ディズニーが開発を行っていた

Dragonchain(DRGN)は一時期かなりの話題になった仮想通貨です。

その理由の一つが「ウォルト・ディズニーが開発を行っていた」仮想通貨というものです。Dragonchain(DRGN)の開発は2015年頃にディズニーのオフィスで行われ、ディズニーのプライベートチェーンとして利用することを想定していました。

2018.02.20現在、すでにディズニーは開発に参加していませんが、以前ディズニーが開発に参加していたという事実は多くの人に注目される理由となっています。

開発言語が豊富で、スマートコントラクトが開発しやすい

Dragonchain(DRGN)のスマートコントラクト開発に使われる言語は一般的なプログラミング言語が用いられているため、イーサリアムと違って多くの人が開発に参加できるというメリットがあります。

具体的には以下のような言語でスマートコントラクトを開発できます。
 

  • Java
  • C#
  • Python

どれも一般的に使われていて習得者が多い言語です。Dragonchain(DRGN)ではこうした言語で開発に参加できるのは今後の張って員に大きく役立つことでしょう!

イーサリアムよりプライバシーが高い

イーサリアムはビットコインと同様にパブリックチェーンを利用した仮想通貨です。パブリックチェーンは透明性が高いというメリットもありますが、セキュリティの脆弱性が見つかりやすいというデメリットも存在しています。

Dragonchain(DRGN)ではパブリックチェーンとプライベートチェーンを併用することによりセキュリティ性能を高めています。

Dragonchain(DRGN)のトレードの流れ自体はパブリックチェーンであるためオープンなものの、詳細な内容はプライベートチェーンを介するため公開されないという特徴があります。

Dragonchain(DRGN)のセキュリティ性能やプライバシー保護性能がイーサリアムより高いのは魅力的ですね!

Binanceへの上場が噂されている

Dragonchain(DRGN)の価格が上がる材料になりそうなものの一つがこれです。

Binanceでは新規上場してほしい仮想通貨聞くユーザー投票が行われています。2018.01.05に行われた投票では、得票数が3位となり、上場に期待されていることがわかります。

Binanceは世界最大の仮想通貨取引所ですので上場されれば多くの人の目に留まり、価格が大幅に上がるかもしれません!

2018年内に全てのプラットフォームが完成予定

Dragonchain(DRGN)の開発はロードマップなどを見ると2018年に完了する予定となっています。

予定通り完了すれば完全な形で成熟したDragonchain(DRGN)を見ることができるでしょう。開発がちゃんと進んでいくかわからない仮想通貨も多い中でこれはかなり期待できると言えるでしょう!

マイニングはイーサリアムのマイナーが行う

Dragonchain(DRGN)はERC20トークンです。そのため、マイニングなどはイーサリアムのマイナーが行うことになります。

この点でイーサリアムに依存した通貨と言えるでしょう。Dragonchain(DRGN)にはERC20トークンに共通したメリットとデメリットがあるのでこの点はしっかり覚えておいてください!

その他のERC20トークンについてはこちらの記事をお読みください

Thumb仮想通貨Binance Coin(BNB)とは?チャート・購入方法・取引所・将来性! | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]
Thumb仮想通貨OmiseGo(OMG)とは?特徴・チャート・購入方法(買い方)・取引所を解説 | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]
Thumb仮想通貨TRON(トロン/TRX)とは?特徴・チャート・購入方法(買い方)・取引所解説 | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

Dragonchain(DRGN)の相場チャート・価格推移

Dragonchain(DRGN)のこれまでの価格推移もとても気になりますよね!チャートを見つつこれまでの価格推移をチェックしてみましょう!

2017.12~2018.02のチャートと価格推移

このチャートは2017.12.08~2018.02.20のDRGN/USDのチャートです。

当該期間で注目できるのは2017.12.30~2018.01.09にかけての高騰とその後の急落です。

急騰した期間は仮想通貨市場全体が大幅に上昇していたことを覚えている人も多いのではないでしょうか?BTCも一時2,400,000JPYの値をつけたこともありました。
ここでは1DRGN=5.46USDの高値を付けています

しかし、その後はドイツや韓国の規制報道、Coincheckの流出騒ぎなどで仮想通貨市場は一気に値下がりしました。
下落後は1DRGN=1.27USDに落ち込んでいます

それに合わせるようにDragonchain(DRGN)の価格も変動していますね。この期間はDragonchain(DRGN)自体に材料があったというよりは市場に引っ張られたと言えるでしょう。

Dragonchain(DRGN)が購入できる取引所一覧

Dragonchain(DRGN)はメジャーな取引所では取り扱っていません。
現在は以下の取引所で扱われていますので購入を考えている人はぜひ参考にしてみてください。

KuCoin

KuCoinは2017.09に中国・香港に設立された仮想通貨取引所です。

KuCoinはBinanceとよく似たレイアウトで使え、日本語にも対応しているのでとても使いやすい取引所と言えるでしょう。

2018.02.20現在、BinanceにはDragonchain(DRGN)が上場されていないのでKuCoiinが最も使いやすい取引所と言えるでしょう。

ThumbKucoin(クーコイン)の登録方法(口座開設)と入金・出金方法と使い方 | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

EtherDelta

EtherDeltaはイーサリアムベースのトークンを扱う分散型取引所です。
分散型取引所は中央管理者が存在しないため安全性がとても高く、今後もっと注目される可能性が高い取引所です。

ただし、現状では板が薄いため約定しにくいというデメリットを抱えています。分散型取引所で安全にトレードしたい人にはオススメですが、安定したトレードを望む人は前述のKuCoinがオススメです。

Thumb分散型取引所(DEX)とは?中央集権型取引所との違いやメリット・デメリット | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

Dragonchain(DRGN)の購入方法の手順

Dragonchain(DRGN)を購入する手順をチェックしてみましょう!
Dragonchain(DRGN)は現在、海外取引所または分散型取引所でしか取り扱っていませんのでそちらを利用する必要があります。

国内取引所で、日本円でビットコインを買う

まずは海外取引所に送金するためのビットコインを国内取引所で購入する必要があります。

今回は、Zaifを使用します。

Zaifは国内取引所の中で一番手数料がお得な取引所です。マイナス手数料と言って、ビットコインの取引をすればするほどビットコインが溜まっていきますので、ぜひ口座を持っておきたい取引所の一つです。

Zaifにログインしたらメニューから「簡単売買」を選択してください。上の画像のように「BITCOIN簡単売買」が左側に表示されます。

入力欄にBITCOINの数量または日本円の金額を入力して「BITCOINを買う」をクリックしてください。

購入手続きはこれで完了です!

Kucoinへビットコインを送金

無事にビットコインが変えたら海外取引所(今回はKuCoin)にビットコインを送金しましょう。

Zaifのアカウント情報を開き「入出金と履歴」をクリックしてください。
以下の画面が表示されたら次に進みます。

続いて送金する仮想通貨の種類を選択しましょう。今回はビットコインを選択します。

種類を選んだら出金先アドレス、送金するビットコインの数量、手数料を入力して出金手続きをおこなってください。

アドレスはKuCoinの入金用アドレスを間違いないようにコピペすることを推奨します!
アドレスが間違っているとコインが失われます。

KucoinでDragonchain(DRGN)を購入

KuCoinに無事にビットコインが着金したら上部の通貨ペア選択画面から「DRGN/BTC」の取引所を開き、Dragonchain(DRGN)を購入しましょう!

右下に表示されている「Buy DRGN」に購入したいレートと数量を入力して「Buy」をクリックしましょう。

無事に注文が約定すればDragonchain(DRGN)の購入は完了です!

Dragonchain(DRGN)のおすすめウォレット

Dragonchain(DRGN)はERC20トークンですので対応しているウォレットを使えば安全に保管することができます。
特にオススメのウォレットはハードウェアウォレットの「Ledger Nano S」です!

Ledger Nano SにDragonchain(DRGN)を保管する場合は「My Ether Wallet」を使用します。

My Ether Walletを開いたら上記の画面からLedger Walletを選択します。

その後表示される指示に従ってウォレットの設定をしてください。

無事に設定が完了したらLedger Nano SをDragonchain(DRGN)のウォレットとして活用することができます!

ハードウェアウォレットについて詳しく知りたい人はこちら

Thumbハードウェアウォレットの仕組み・使い方とおすすめを徹底比較! | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

Dragonchain(DRGN)のロードマップ

Dragonchain(DRGN)の今後のロードマップは上記の通りです。
順調に進めば2018年10月には開発が完了するようです。

今年前半には何らかの大きな動きが見られるようになるかもしれませんね。

また、Dragonchain(DRGN)のプラットフォームが完成すればより注目され、多くの人の目に留まるようになり、価格の上昇に期待することもできるでしょう!

さらに、Dragonchain(DRGN)を利用した新たな仮想通貨のICOを実施する動きもあるため、これらも価格の上昇に期待できる材料の一つとなっています!

Dragonchain(DRGN)の今後の将来性

続いて気になるDragonchain(DRGN)の将来性についても見ていきましょう!
Dragonchain(DRGN)の将来性に期待できるポイントには以下の2つがあります。

まもなく開発が完了する予定

Dragonchain(DRGN)の開発は2018年10月に完了し、プラットフォームが完成する予定になっています。

プラットフォームが完成すればスマートコントラクトを開発する多くの開発者がDragonchain(DRGN)のプラットフォームを使いやすくなります。

そうなるとさらにDragonchain(DRGN)が注目されるかもしれません!新たな仮想通貨のICOに使われようとしている動きもありますので必見ですよ!

Binanceへの上場の可能性がある

Dragonchain(DRGN)は世界最大級の仮想通貨取引所として知られるBinanceへの上場投票で3位を獲得するなど注目されている仮想通貨の一つです。

上場されれば今以上に多くの人に注目される仮想通貨になることでしょう!そうなればさらなる価格の上昇に期待できますね。

こちらも実現の可能性は充分にあるので期待できそうです!

Dragonchain(DRGN)は将来性の高い仮想通貨であると言えるでしょう。


Binanceは海外の取引所ですが、取引コインの多さやその使いやすさから日本人からも人気の高い取引所です。Dragonchain(DRGN)が上場される前に口座開設をしておいくことをおすすめします!

ThumbBinance(バイナンス)の評判・メリット・デメリット・安全性・セキュリティを解説! | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

仮想通貨Dragonchain(ドラゴンチェーン/DRGN)まとめ

今回は仮想通貨Dragonchain(DRGN)のプラットフォームやチャート、価格推移などを詳しく見ていきました。

Dragonchain(DRGN)はディズニーが開発に参加した仮想通貨として注目されました。現在ではディズニーは開発に参加していませんが、それでもなお注目を集めています。

まもなく開発が完了する予定となっており、Dragonchain(DRGN)のプラットフォームが今後もっと活用されることが期待されています。

新たな仮想通貨のICOに利用されるなどしてもっと注目が集まればさらに価格が上昇することでしょう!


Dragonchain(DRGN)を購入されたら、取引所に置いたままにせずにハードウォレットに移すをおすすめします。

先ほどのコインチェックの事件のようにオンラインの取引所は、ハッキングなどの被害の可能性は0ではありませんから、ハードウォレットで手元で管理するのが安心です

ハードウォレットのおすすめはLedger Nano Sです。Ledger Nano SはDragonchain(DRGN)のようなERC20のトークンには全て対応していますので、便利に使うことができます。

ただ、Ledger Nano Sを改造した詐欺の報告などもありますので、正規販売店から購入することを強くおすすめします。

この記事を読んだ人はこちらも読んでいます

Thumb仮想通貨Sprouts(スプラウト/SPRTS)の特徴・チャート・購入方法(買い方)・取引所・将来性 | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]
Thumbドージコイン(DOGE)とイーサリアム(ETH)が仮想通貨界に革命!仮想通貨の最新ニュース | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

徹底比較!2018年度版オススメ取引所ランキング


LINEで有力情報をゲット!
仮想通貨関連の注目サービスや海外ニュース、その他有力投資情報を配信!!


仮想通貨最新ニュース btcfeed line@

迷ったらまずこの取引所!初心者の人にオススメ取引所をご紹介!

安心・安全が一番!という人ならbitFlyer

bitFlyerは世界で最もセキュリティの高い取引所!

国内で唯一ハッキングへの補償もしている安心の取引所!

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

☛bitFlyerの口座開設方法はこちらで解説!

☛bitFlyerの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

取引するのに難しい操作が心配という人はGMOコイン

初心者の人でも簡単な操作で、リップルなどの人気仮想通貨が購入可能!

運営企業も上場企業の子会社で運営面も安心!

☛GMOコインの口座開設方法はこちらで解説!

☛GMOコインの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

仮想通貨取引をしているなら持っておくべき取引所!

人気アルトコインの購入なら手数料無料のbitbank!

人気のリップル(Ripple/XRP)を手数料無料で購入ができる!

リップル以外のアルトコイン手数料も無料!

☛bitbankの口座開設方法はこちらで解説!

☛bitbankの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

手数料の安さぶっちぎり!Zaif!

日本の取引所で手数料が最もお得な取引所!

ビットコインは取引すればするほどビットコインをもらえる!

海外取引所を利用するならZaifでのビットコイン購入がおすすめ!!

☛Zaifの口座開設方法はこちらで解説!

☛Zaifの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

人気通貨を唯一レバレッジ取引できるDMM Bitcoin

人気のリップルとネム、ライトコイン等を唯一レバレッジ取引できる!

レバレッジ取引も安心してできる仕組みを取り入れていて安心!

☛DMM Bitcoinの口座開設方法はこちらで解説!

☛DMM Bitcoinの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

関連するまとめ

仮想通貨取引所ランキング

  • No.1bitFlyer(ビットフライヤー)
    Bitflyerビットフライヤーは私もビットコイン取引で頻繁に使っている取引所の一つです!ビットフライヤーのおすすめポイント3つ!
    • ビットコイン取引日本一の使いやすさ!
    • 手数料が安い
    • 保障もあり安心の取引所
    ビットフライヤーの公式サイトはこちら!
  • No.2Zaif(Zaif)
    Zaifザイフは初心者に優しく日本で一番最初にできた仮想通貨取引所です!ザイフのおすすめポイント3つ!
    • 手数料安さ日本一!
    • 独自のサービスで魅力満点!
    • 老舗の信頼できる取引所!
    ザイフの公式サイトはこちら!
  • No.3GMOコイン
    GmoGMOコインは上場企業のグループ会社で安心の取引所です!初心者の簡単にお得に利用ができます!
    • 手数料が安く操作も簡単!
    • 上場会社のグループで安心!
    • FX取引はアプリでもできる!
    GMOコイン公式サイトはこちら!

管理人について

Widget1
仮想通貨のバブルに乗ってミリオネアを目指す26歳の仮想通貨トレーダーです。国立大学を卒業し総合系コンサル会社に入社→仮想通貨にハマり2年で退職し仮想通貨投資暦2年
50万の初期投資から貯金1200万(※2017年11月現在)
元々はフィンテック関連企業のアサイン経験からブロックチェーンの勉強をし、途中から投資を始めました。情弱だったことから起きた個人的な失敗談や、技術的な話を理解せずに投資をする友人達の失敗を見て本当に必要な情報を初心者〜中/上級者の方に向けて発信して行こうと思います。
僕が使っている取引所/トレード・保有してるコイン/参加したICOはこちら!

管理人のツイート

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ
Bitflyer side