仮想通貨Substratum(サブストラタム/SUB)の特徴・チャート・購入方法(買い方)・取引所・将来性

データの空き容量をシェアして対価を得られる!画期的な仮想通貨Substratum(SUB)のチャート、取引所、購入方法を解説!仮想通貨Substratum(SUB)のチャートの推移のほか、おすすめの取引所・購入方法をご紹介します。

仮想通貨Substratum(サブストラタム/SUB)の特徴・チャート・購入方法(買い方)・取引所・将来性のイメージ

目次

  1. 1PCやスマホの空き容量を活用して仮想通貨を貰える!仮想通貨Substratum(SUB)
  2. 2仮想通貨Substratum(サブストラタム/SUB)とは?
  3. 3Substratum(SUB)の特徴
  4. 4Substratum(SUB)の相場チャート・価格推移
  5. 5Substratum(SUB)が購入できる取引所一覧
  6. 6Substratum(SUB)の購入方法の手順
  7. 7Substratum(SUB)のおすすめウォレット
  8. 8Substratum(SUB)のロードマップ
  9. 9Substratum(SUB)の今後の将来性
  10. 10仮想通貨Substratum(サブストラタム/SUB)まとめ
LINEで情報をゲット!
仮想通貨関連の注目サービスや海外ニュース、その他投資情報を配信!!


仮想通貨最新ニュース btcfeed line@

当サイトで人気の仮想通貨取引所ランキング!
まだ一つしか取引所を持っていない人は必ず複数に登録をして安全に取引をしましょう!
【1位】Zaif(ザイフ)

取引手数料の安さNO.1!本サイト1番のオススメ取引所!

【2位】bitFlyer(ビットフライヤー)

ビットコイン取引量、国内ユーザー数が日本一の信頼できる取引所!

【3位】GMOコイン

初心者の人に1番おすすめ!簡単に取引ができて、しかも手数料も超お得!

【当サイトで今一番人気!】QUOINEX

人気のリップルとネムを両方を日本で唯一現物取引できる取引所!注目のQASHも取引できる!

【今大注目!】DMM Bitcoin

日本で世界で注目のアルトコインを唯一レバレッジ取引できる大注目の取引所!

※【注意】絶対に複数取引所に登録して資産を分散しておきましょう!資産を失うリスクがあります!

PCやスマホの空き容量を活用して仮想通貨を貰える!仮想通貨Substratum(SUB)

仮想通貨Substratum(SUB)は、使用していないPCやスマートフォンのデータ容量を使って分散型ネットワークを作ることを目指しているプロジェクトです。

空き容量をシェアして、それに対して対価を得ることができるというのが仮想通貨Substratum(SUB)になります。

この記事では、そんな仮想通貨Substratum(SUB)について以下の点に注目してご紹介していきます!
 

  • 仮想通貨Substratum(SUB)の特徴
 
  • 仮想通貨Substratum(SUB)の価格チャート
 
  • 仮想通貨Substratum(SUB)を扱う取引所購入方法将来性

今回見る仮想通貨は海外の取引所で購入ができる通貨です。
海外取引所を利用する際に必要となるビットコインなどを購入するならザイフの講座を持っておくことをお勧めします!

Zaif(ザイフ)は日本最大級の仮想通貨取引所です。

国内取引所では手数料が圧倒的に安く、ビットコインは取引すれば取引するほどビットコインをもらえます!
Zaif(ザイフ)で購入できる通貨はZaif(ザイフ)で買うのが最もおすすめです!
また、海外取引所を利用する際にもZaif(ザイフ)を利用するのが最もお得と言えます!

しかしZaif(ザイフ)は、サーバーが弱く、取引が途中できなくなることがあります。
長期保有ではなくトレードをするという人は、他の取引所との併用がおすすめです!
併用にはサーバーが強いGMOコインDMM Bitcoinがおすすめです!

Zaif(ザイフ)がおすすめの人はこちら!
 
 
  • 手数料を安く抑えたい人
 
  • 頻繁に取引をする人
 
  • 海外取引所を利用する人
 
  • アルトコインを多く取引したい人
   

Thumbzaifの口座開設からビットコインの入金・買い方まとめ | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

仮想通貨Substratum(サブストラタム/SUB)とは?

仮想通貨Substratum(SUB)の概要

仮想通貨Substratum(SUB)は2017年に公開された、比較的新しい仮想通貨です。
ここでは、仮想通貨Substratum(SUB)の概要を表でみてみましょう。
 

発行日 2017年7月30日
名称 Substrarum(SUB)
発行上限枚数 532億 SUB
時価総額(2018年2月20日現在) 約16兆542億円
時価総額ランキング 165位
現在価格 1SUB=約72円

仮想通貨Substratum(SUB)の基本情報

仮想通貨Substratum(SUB)は、使用していないPCやスマートフォンのデータ容量を使って分散型ネットワークを作ることを目指しているプロジェクトです。

空き容量をシェアしてもらい、それに対して対価が支払われることで、世界中のインターネットを公平にしようと試みています。

Substratum(SUB)ネットワークは、VPNやTorを必要とせずに安全にコンテンツを配信するノードの世界的な集まりです。Substratum(SUB)は分散型ネットワークを構築していますが、このネットワークには誰もが参加・公開・閲覧することができます。これらはホスト、ノード、Webユーザーと呼ばれています(詳細は後述します)。

Substratum(SUB)が提供する「空き容量の貸し出しシステム」は非常に魅力的で、いわば空き地を駐車場にして貸し出すシステムのWebバージョンだと言えるでしょう。

このシステムは今は競合がありませんが、この先インターネットの世界においてもこの考え方が浸透していく可能性は十分に考えられます。

仮想通貨Substratum(SUB)の2018年2月20日現在の時価総額ランキングは165位となっています。

Substratum(SUB)の特徴

続いて、仮想通貨Substratum(SUB)の特徴をみていきましょう。仮想通貨Substratum(SUB)には次のような特徴があげられます。

ノード

ノード(SubstratumNode)は、Substratum(SUB)を機能させる要素の一つです。

ノードはSubstratum(SUB)のインタラクションの全てを結ぶコンピュータネットワークで、ホスト(Host)からWebユーザーへコンテンツを転送する役目を持ちます。その役目は、ネットワーク上の転送ポイントのようなものです。

ノードになるための技術的な専門知識は必要ありません。ノードは非常にシンプルなシステムで、バックグラウンドでノードが実行されるようになっています。

ノードソフトウェアは、PC等の容量の空き状況によって貸し出す容量を調整するように開発されているため、ユーザーは帯域幅を失わずにPC等を利用することができます。

また、ノードでコンテンツが配信されるたびに収益を得ることができます。

ホスト

ホストもまた、Substratum(SUB)を構成する要素の一つです。

誰もが自分のウェブサイトやアプリケーションを分散したWeb上に公開することができます。ここで公開されるコンテンツには閲覧や規制の制限はありません

また、Substratum(SUB)のホストはAWSなどのホスティングプロバイダとは異なり、1回のクリックごとに料金を支払うことができます

AWSやRackspaceなどのプロバイダとは異なり、Substratum(SUB)ネットワーク上のホストは稼働時間ではなくクリックごとに課金されます。

webユーザー

webユーザーもまた、Substratum(SUB)を構成する要素の一つです。

Substratum(SUB)では分散されたweb上にサイトがホストされますが、ユーザーはこれらのサイトをsafariやgoogle chromeなどの他のサイトと同じように利用することができます。

分散web上のコンテンツは、誰もが検閲されることなく、普段利用しているブラウザで閲覧することができます。

デベロッパーツール

Substratum(SUB)では、開発者に向けてSubstratumのプラットフォーム上でアプリケーションツールを開発するためのAPIとSDKが提供されています。

CryptoPay

Substratum(SUB)にはCryptoPay機能が実装されています。

CryptopayはStripeやPaypalのように機能しますが、ユーザーが利用したい通貨での支払いが可能となっています。仮想通貨のほか、法定通貨での支払いも可能です。

ここでは全てのプロセスが瞬時に表示され、全てのホストがCryptopayを支払い窓口として自らのwebサイトに組み込むことができます。

Substratum(SUB)の相場チャート・価格推移

ここで、仮想通貨Substratum(SUB)の相場チャート・価格推移をみてみましょう。Substratum(SUB)の相場チャート・価格推移は以下のようになっています。

チャートを見てみると、仮想通貨Substratum(SUB)は2018年1月2日から徐々に価格が上昇し始め、暴騰の兆しを見せています。2018年1月9日には価格が最高値に達し、1SUB=$3.11を記録しています。

その後は反動で価格が下落し、2017年2月6日には1SUB=$0.45まで下降。これ以降はやや横ばい傾向にあり、2018年2月21日現在の価格は1SUB=$0.64となっています。

Substratum(SUB)が購入できる取引所一覧

現在、仮想通貨Substratum(SUB)を購入できる取引所は以下の4ヶ所です。
 

  • Binance
  • KuCoin
  • COSS.IO
  • HitBTC

それぞれの取引所について、簡単に解説しておきましょう。

【Binance】
Binanceは中国系の仮想通貨取引所で、世界的にもメジャーな取引所の一つです。Binanceで取引されている仮想通貨の銘柄は70種類以上で、Binanceに上場することで価格を上昇させる仮想通貨も見られます。

また、Binanceは取引手数料が0.1%と非常に安いのが特徴で、Binanceが独自で発行している仮想通貨BNBを利用して取引を行うことで取引手数料が最大で0.05%まで安くなります。

【KuCoin】
香港系の仮想通貨取引所です。第二のBinanceと呼ばれることもあります。70種類以上の銘柄を取り扱っており、KuCoinにのみ上場していて時価総額の価格が上昇している仮想通貨も多くある、大注目の取引所です。

【COSS.IO】
マイナーな仮想通貨取引所ですが、他の取引所では扱っていないマイナーな仮想通貨(KINなど)の取引が可能です。また、COSS.IOは取引所だけではなく、ICOのプラットフォームとしての機能や、Eコマースのプラットフォームの機能、モバイルウォレットを実装する予定となっています。

【HitBTC】
イギリスのBeta Business Solutions Inc (ベータ・ビジネス・ソリューションズ Inc)が運営する、2013年に開始した仮想通貨取引所です。海外取引所の一つとして人気があります。他の大手取引所に上場する前の、ICO直後の有望な仮想通貨を購入することができます。

Substratum(SUB)の購入方法の手順

仮想通貨Substratum(SUB)は国内の取引所では扱われておらず、日本円での購入ができません。仮想通貨Substratum(SUB)を購入するためには、まず国内の仮想通貨取引所でビットコインを日本円で購入し、用意したビットコインを利用して海外の仮想通貨取引所で仮想通貨Substratum(SUB)を購入する、という手順を踏む必要があります。

 

以下、その手順をみていきましょう。

 

ここでは、国内取引所にはzaif、海外取引所にはBinanceを例として使用します。

Binance(バイナンス)は世界でも最も人気の取引所の一つです!

Binance(バイナンス)の良さは、
 

  • 手数料が素晴らしく安い!(0.05%)
 
  • 日本では手に入らない人気の通貨をたくさん取り扱っている!(約100種類以上)
 
  • 取引所としても信頼できる大手取引所!(開設から半年で世界一になるほどの人気)

世界で最も人気の取引所のBinance(バイナンス)は今後も多くの将来有望通貨を取り扱っていくので、まだ口座開設していない人はぜひこの機会に口座開設をおすすめします!

Binance(バイナンス)は日本円では取引ができないため、国内の取引所でビットコインやアルトコインを購入する必要があります。
海外取引所を利用するならそういった通貨を安く購入できるZaif(ザイフ)bitbank(ビットバンク)の口座開設をおすすめします!

Binance(バイナンス)がおすすめの人
 
  • たくさんのアルトコインに投資をしたい人
 
  • まだ価格の安い将来有望な通貨を購入したい人
 
  • 海外取引所を利用するときにも安心できるところがいいという人
 

Thumb

国内取引所で、日本円でビットコインを買う

それでは、国内取引所(ここではzaif)で日本円でビットコインを購入しましょう。

まずZaifにログインします。続いて、右上のメニューから「簡単売買」をクリックしましょう。画面が以下の画像ように切り替わります。

画面がこのように切り替わったら、次の画像のように、赤枠内のフォームに購入したい寮のビットコインの数を入力しましょう。なお、ここでは日本円、ビットコインのどちらからでも数量が指定できます。

金額に問題がなければ「BITCOINを買う」をクリックしましょう。

トランザクションの混雑具合にもよりますが、およそ数分程度でZaifウォレットにビットコインが反映されますので、確認しておきましょう。

以上で、日本円でビットコインの購入が完了しました。

Binanceへビットコインを送金

続いて、zaif側からの手続きの手順です。取引所Binance(バイナンス)のウォレットにビットコインを送りましょう。


「簡単売買」のあったメニューにある「アカウント」をクリックします。続いて、中央の①「入出金と履歴」という項目が表示されるのでそちらをクリックしましょう。すると下のような画面が表示されます。

②送る仮想通貨の種類を選んで「送金」をクリックすると、③「出金アドレス」「出金金額」「出金手数料」「2段階認証トークン」の入力欄が表示されます。

出金アドレスには先ほど確認したBinance(バイナンス)のご自身のウォレットアドレス、出金金額は送りたいビットコイン量を入力しましょう。

出金手数料は無記入なら「0.0005BTC」になります。これに上乗せするとより速く送金が完了しますので、お急ぎの場合は0.0005BTCより多い量を入力すると良いでしょう。

一番下の欄にある「2段階認証トークン」は、設定している人のみ表示されます。Google Authenticiatorなどの認証アプリを利用しますので、設定済の方は認証アプリの画面に表示される6桁の番号を入力して下さい。

すべて入力したら、一番下の「出金」をクリックしましょう。数分たてばBinance(バイナンス)に送金が完了します。

※仮想通貨は、送金先のアドレスを間違えるなどをミスすると失われてしまいます。特にウォレットアドレスの間違いが無いかどうか、よく確認するようにしましょう。

BinanceでSubstratum(SUB)を購入

Binance(バイナンス)にビットコインを送金できたら、Binance(バイナンス)の取引所で仮想通貨Substrarum(SUB)を購入する手順に移っていきましょう。

まず、Binance(バイナンス)にログインし、ウォレットにビットコインが入っているか確認しましょう。確認ができたらトップページに戻り、上部のメニューバーから「Exchange」→「Basic」を選択します。すると、このようにチャートが表示されるページに切り替わります。

次に、右側の①の箇所のタブを「BTC」に切り替えておきます。

続いて、すぐ下の検索窓に目的の仮想通貨名を入れて検索しましょう。ここでは「SUB」と入力します。すると、下に「SUB/BTC」と書かれた欄が表示されますので、それをクリックします。

すると、中央のチャートが「SUB/BTC」に切り替わり、購入、売却フォームの表記も「SUB/BTC」に切り替わります。

最後に、画面下部に表示される②の箇所、「BUY SUB」の枠内に購入したい分の「Price(価格)」「Amount(数量)」を入力し、「BUY」をクリックすれば、仮想通貨Substrarum(SUB)の購入手続きは完了です!

Substratum(SUB)のおすすめウォレット

仮想通貨Substratum(SUB)を管理するのにおすすめのウォレットは、Ledger Nano Sです。

Ledger Nano Sはハードウェアウォレットになります。費用が掛かるのが難点ですが、ペーパーウォレットと同等の高いセキュリティを誇るため、堅牢なセキュリティを必要とする場合はこちらのウォレットがおすすめです。

ただし、場合によっては入荷待ちであったり、なかなか入手できないこともあるので注意しましょう。

Substratum(SUB)のロードマップ

仮想通貨Substratum(SUB)は以下のようなロードマップを提示しています。

BETA:
・2017年12月にベータ版をリリース

Version 1:
・SubstratumNode
・Developer Toolkit
・SubstratumStore
・SubstratumDNS

Version 2(早くて2018年半ば):
・Payment Gateway (SubstratumPay)

Substratum(SUB)の今後の将来性

これまでみてきたように、仮想通貨Substratum(SUB)が提供しようとしているのは分散web上で利用できる「空き容量の貸し出しシステム」です。

このシステムは非常に魅力的で、いわば空き地を駐車場にして貸し出すシステムのWebバージョンだと言えるにも関わらず、現時点では競合らしい競合がありません。しかしながら、今後のインターネットの世界において、こういった「シェアすることで利益を生み出す」という考え方や、サービスが浸透して主流になっていく可能性は十分に考えられます。

今後、Substratum(SUB)のようなサービスへの需要が増加する可能性は大いに考えられますし、それによってSubstratum(SUB)の価値が上昇する可能性も考えられます。今後の開発に期待を寄せたいものです。

仮想通貨Substratum(サブストラタム/SUB)まとめ

以上、仮想通貨Substratum(SUB)についてみてきました。

仮想通貨Substratum(SUB)は、使用していないPCやスマートフォンのデータ容量を使って分散型ネットワークを作ることを目指しているプロジェクトで、「空き容量をシェアして、それに対して対価を得ることができる」というのが仮想通貨Substratum(SUB)の最大の魅力になります。

現時点で競合がいないからこそ、サービスの独自性に大いに期待が持てる仮想通貨です。ここで目をつけておいて、長期ホールドしておくのも良いかもしれませんね。

Substratum(サブストラタム/SUB)が気になった人はぜひBinance(バイナンス)でチェックしてみましょう!

ThumbBinance(バイナンス)取引所の登録方法から口座開設までの使い方まとめ! | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

この記事を見た方はこちらも見ています

Thumb40億円を集めている注目ICOの【HERO(ヒーロー) Token】を特集 | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]
Thumb仮想通貨Dragonchain(ドラゴンチェーン/DRGN)の特徴・チャート・購入方法(買い方)・取引所・将来性 | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]
Thumb仮想通貨Bluzelle(ブルゼル/BLZ)の特徴・チャート・購入方法(買い方)・取引所・将来性 | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

徹底比較!2018年度版オススメ取引所ランキング


LINEで有力情報をゲット!
仮想通貨関連の注目サービスや海外ニュース、その他有力投資情報を配信!!


仮想通貨最新ニュース btcfeed line@

迷ったらまずこの取引所!初心者の人にオススメ取引所をご紹介!

安心・安全が一番!という人ならbitFlyer

bitFlyerは世界で最もセキュリティの高い取引所!

国内で唯一ハッキングへの補償もしている安心の取引所!

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

☛bitFlyerの口座開設方法はこちらで解説!

☛bitFlyerの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

取引するのに難しい操作が心配という人はGMOコイン

初心者の人でも簡単な操作で、リップルなどの人気仮想通貨が購入可能!

運営企業も上場企業の子会社で運営面も安心!

☛GMOコインの口座開設方法はこちらで解説!

☛GMOコインの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

仮想通貨取引をしているなら持っておくべき取引所!

人気アルトコインの購入なら手数料無料のbitbank!

人気のリップル(Ripple/XRP)を手数料無料で購入ができる!

リップル以外のアルトコイン手数料も無料!

☛bitbankの口座開設方法はこちらで解説!

☛bitbankの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

手数料の安さぶっちぎり!Zaif!

日本の取引所で手数料が最もお得な取引所!

ビットコインは取引すればするほどビットコインをもらえる!

海外取引所を利用するならZaifでのビットコイン購入がおすすめ!!

☛Zaifの口座開設方法はこちらで解説!

☛Zaifの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

人気通貨を唯一レバレッジ取引できるDMM Bitcoin

人気のリップルとネム、ライトコイン等を唯一レバレッジ取引できる!

レバレッジ取引も安心してできる仕組みを取り入れていて安心!

☛DMM Bitcoinの口座開設方法はこちらで解説!

☛DMM Bitcoinの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

関連するまとめ

仮想通貨取引所ランキング

  • No.1bitFlyer(ビットフライヤー)
    Bitflyerビットフライヤーは私もビットコイン取引で頻繁に使っている取引所の一つです!ビットフライヤーのおすすめポイント3つ!
    • ビットコイン取引日本一の使いやすさ!
    • 手数料が安い
    • 保障もあり安心の取引所
    ビットフライヤーの公式サイトはこちら!
  • No.2Zaif(Zaif)
    Zaifザイフは初心者に優しく日本で一番最初にできた仮想通貨取引所です!ザイフのおすすめポイント3つ!
    • 手数料安さ日本一!
    • 独自のサービスで魅力満点!
    • 老舗の信頼できる取引所!
    ザイフの公式サイトはこちら!
  • No.3GMOコイン
    GmoGMOコインは上場企業のグループ会社で安心の取引所です!初心者の簡単にお得に利用ができます!
    • 手数料が安く操作も簡単!
    • 上場会社のグループで安心!
    • FX取引はアプリでもできる!
    GMOコイン公式サイトはこちら!

管理人について

Widget1
仮想通貨のバブルに乗ってミリオネアを目指す26歳の仮想通貨トレーダーです。国立大学を卒業し総合系コンサル会社に入社→仮想通貨にハマり2年で退職し仮想通貨投資暦2年
50万の初期投資から貯金1200万(※2017年11月現在)
元々はフィンテック関連企業のアサイン経験からブロックチェーンの勉強をし、途中から投資を始めました。情弱だったことから起きた個人的な失敗談や、技術的な話を理解せずに投資をする友人達の失敗を見て本当に必要な情報を初心者〜中/上級者の方に向けて発信して行こうと思います。
僕が使っている取引所/トレード・保有してるコイン/参加したICOはこちら!

管理人のツイート

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ
Bitflyer side