仮想通貨ETHlend(イーサレンド/LEND)の特徴・チャート・購入方法(買い方)・取引所・将来性

仮想通貨ETHlend(LEND)は仮想通貨の貸し借りを行うための通貨であり、プラットフォームです。ETHlend(LEND)の気になる価格チャートや購入方法、取引所はどうなっているのでしょうか。主な特徴や価格チャート、おススメの取引所と購入手順をご紹介!

仮想通貨ETHlend(イーサレンド/LEND)の特徴・チャート・購入方法(買い方)・取引所・将来性のイメージ

目次

  1. 1仮想通貨ETHlend(イーサレンド/LEND)とは?
  2. 2ETHlend(LEND)の特徴
  3. 3ETHlend(LEND)のエアドロップ
  4. 4ETHlend(LEND)の相場チャート・価格推移
  5. 5ETHlend(LEND)が購入できる取引所一覧
  6. 6ETHlend(LEND)の購入方法の手順
  7. 7ETHlend(LEND)のおすすめウォレット
  8. 8ETHlend(LEND)の今後の将来性
  9. 9仮想通貨ETHlend(イーサレンド/LEND)まとめ
LINEで情報をゲット!
仮想通貨関連の注目サービスや海外ニュース、その他投資情報を配信!!


仮想通貨最新ニュース btcfeed line@

当サイトで人気の仮想通貨取引所ランキング!
まだ一つしか取引所を持っていない人は必ず複数に登録をして安全に取引をしましょう!
【1位】Zaif(ザイフ)

取引手数料の安さNO.1!本サイト1番のオススメ取引所!

【2位】bitFlyer(ビットフライヤー)

ビットコイン取引量、国内ユーザー数が日本一の信頼できる取引所!

【3位】GMOコイン

初心者の人に1番おすすめ!簡単に取引ができて、しかも手数料も超お得!

【当サイトで今一番人気!】QUOINEX

人気のリップルとネムを両方を日本で唯一現物取引できる取引所!注目のQASHも取引できる!

【今大注目!】DMM Bitcoin

日本で世界で注目のアルトコインを唯一レバレッジ取引できる大注目の取引所!

※【注意】絶対に複数取引所に登録して資産を分散しておきましょう!資産を失うリスクがあります!

仮想通貨ETHlend(イーサレンド/LEND)とは?

以下は仮想通貨ETHlend(イーサレンド/LEND)の公式紹介動画です。(英語)

■日本語字幕設定
 設定→字幕→自動翻訳→日本語(一番下)

仮想通貨ETHlend(LEND)の概要

通貨名 ETHlend(イーサレンド)
通貨単位 LEND
発行日 2017年Q2(α版リリース)
発行上限 1,000,000,000LEND(10億LEND)
1通貨の価格 約14円(2018年2月時点)
時価総額 約151億円(2018年2月時点)
プラットフォーム イーサリアム(Ethereum)
開発者 CEO:Stani Kulechov
COO:Jordan Lazaro Gustave
CMO:Nolvia Serrano
など25名、他アドバイザー6名

ETHlend(イーサレンド)とは、自由に個人間でお金の融資を行うために開発された金融プラットフォームです。

個人間で借入・貸出を行うため仲介料がかからず手数料は安いということと、たった数秒から数分という短時間で融資を受けることができるという特徴があります。

そして仮想通貨LEND(レンド)とは、ETHlendプラットフォーム内で手数料の支払いなどに利用できるトークンのことです。

仮想通貨ETHlend(LEND)の基本情報

ETHlend(LEND)は2017年12月に上場後、現在では時価総額は約151億円相当で、ランキングは131位となっています。
上場してから間もないため、正直まだ目立った通貨ではありません。

ETHlend(LEND)はブロックチェーンによって分散管理されるため仲介者が入らないため手数料が安いのです。
また、ほんのわずかな時間で取引できる理由は、スマートコントラクト(自動契約)を採用しているためです。

そして、”イーサ”レンドとあるように、2018年2月時点ではイーサリアム(ETH)の融資を行うためのプラットフォームとして機能しており、将来的にはビットコインや他のアルトコイン、様々な”物”の貸し借りにも利用できることを目指しています。

今回見る仮想通貨は海外の取引所で購入ができる通貨です。
海外取引所を利用する際に必要となるビットコインなどを購入するならザイフの講座を持っておくことをお勧めします!

Zaif(ザイフ)は日本最大級の仮想通貨取引所です。

国内取引所では手数料が圧倒的に安く、ビットコインは取引すれば取引するほどビットコインをもらえます!
Zaif(ザイフ)で購入できる通貨はZaif(ザイフ)で買うのが最もおすすめです!
また、海外取引所を利用する際にもZaif(ザイフ)を利用するのが最もお得と言えます!

しかしZaif(ザイフ)は、サーバーが弱く、取引が途中できなくなることがあります。
長期保有ではなくトレードをするという人は、他の取引所との併用がおすすめです!
併用にはサーバーが強いGMOコインDMM Bitcoinがおすすめです!

Zaif(ザイフ)がおすすめの人はこちら!
 

 
  • 手数料を安く抑えたい人
  • 頻繁に取引をする人
  • 海外取引所を利用する人
  • アルトコインを多く取引したい人
   

ETHlend(LEND)の特徴

ETHlend(LEND)の主な特徴についてご紹介していきます。

貸し借りに銀行口座が必要ない

通常、国や銀行から融資を受ける場合や、離れた相手(国をまたいだ相手)と貸し借りするには銀行口座が必要となります。

また、若者や発展途上国の人々などは銀行口座自体が持てなかったり、ローンを組もうとしても多くが銀行に断られてしまう現状です

ETHlend(LEND)は、そういった銀行口座を持っていない人やお金を借りたくても借りられない人たちにも、融資のチャンスが得られるための仕組みなのです

ETHLendで融資を受ける

銀行口座が不要なETHlend(LEND)で「融資を受ける」とは、どういうことなのでしょうか。

ETHlendで融資を受けるとは、「イーサリアム(ETH)を借りたい人が金額・条件を提示して、その条件で貸してもいいという人が合意して貸し借りを行う」ということです。

今はまだETHlendではイーサリアムだけの融資であり、またイーサリアムで直接モノを購入できるといった店はまだほとんどないため、実際のところは借りたイーサリアムは日本円など法定通貨へ交換する必要があり、銀行口座も用意しなければなりません

けれども今後、決済手段としてイーサリアムが普及すれば、本当に銀行口座なしで融資が受けられるといえるようになるでしょう。

直接取り引きが可能

ETHlend(LEND)ではプラットフォーム上で、直接個人間で取引き(貸し借り)を行います。
ETHlendの開発チームが仲介するという訳ではなく、開発チームは貸し借りの場を提供しているということです。

お金(イーサリアム)の「借り手(borrower)」と「貸し手(lender)」は、スマートコントラクト機能によってほぼリアルタイムで貸し借りを行うことができるのです。

ETHLendによる融資の流れ

ETHlendでどのように融資が行われるのか流れを見ていきましょう。

①借り手が「借入金額」「借用期間」「希望する金利」「担保とするLENDトークン」を提示する

②貸し手は、提示された借入条件の中から自由に選んで融資する

③借り手は借入期間内に返済を行うが、返済が完了しなかった場合、担保として預けていたLENDトークンが貸し手に送金される


以上が大まかな流れになります。

金利の決め方

前述しましたが、ETHlendでは融資を受けたい「借り手」が金利を自由に設定できます。
ETHlendのプラットフォーム側で金利を固定したりすることはありません。

「借り手」が金利を設定できるというところがETHlendの大きな特徴で、これによって市場原理が働く仕組みとなっているのです。

ただし、金利が自由に決められるということは、借り手が多いと金利を高く設定しないと貸し手が現れず、逆に、借り手が少なければ低金利でも借りられるという状態なります。

金利は借り手が相場を意識して決めるということですね。

一例として、「3ETH」を「20日間」借りて「金利5%」で返済するという取引が成立していました。
これは正直、貸し手にとってはメリットの大きい取引だと思います。

すでにプロダクトがリリース済み

多くの仮想通貨(トークン)の場合、ICOによってまず資金調達をしてから、その資金を元手に開発を進めていくケースが多いですが、ETHlend(LEND)の場合はすでに2017年Q2の段階でプロダクトがリリース済みです。

ただし、まだ機能が不十分なα版(試作段階)であり、正式版までには今しばらく時間がかかります。
それでも既にユーザー同士で融資が頻繁に行われており、2018年2月20日現在までに4,000ETH(約4億円)の貸付額となっています。

LENDトークンを使用すると25%OFF

ETHlendプラットフォーム内で貸し借りを行うと、借り手は貸し手に対して手数料を支払うことになります。
その際、LENDトークンによって支払いを行うと手数料が25%割引を受けることができます。

これは借り手にとっては嬉しいことで、より多くの融資を受けるきっかけとなるでしょう。
また、このLENDトークンを配布されることで、ETHlendユーザーの参入者が増えることに繋がっています。

今後はビットコインの貸し借りも可能に

現時点ではイーサリアム(ETH)だけの貸し借りしかできませんが、2018年Q2(第2四半期)にはビットコインの貸し借りにも対応する予定となっています。

世界最大の流通量のビットコインの貸し借りが可能になれば、ETHlend(LEND)の価値も飛躍的に高まるのは想像に難くありません。

まだLENDトークンの価格が安いうちに購入するチャンスと言えそうです!

ETHlend(LEND)のエアドロップ

ETHlend(LEND)では、エアドロップ(Air Drop)と呼ばれるLENDトークンの無料配布イベントが定期的に行われます。

LENDトークンの配布量は前期間(前月または前四半期)のプラットフォーム全体の取引量に基づいて決定され、借り手・貸し手全員がもらうことができます。
第1回目のエアドロップは2018年1月19日に行われ、総額15,000,000LENDが配布されました。

そこで気になるのが、1人当たりは一体いくらもらえたのか?ということですが、、

 1人につき 87LEND

でした!
1LEND14円の価格で計算すると 87LEND=1218円 となります。

ちょっと少ないなと思われたかもしれませんが、取引量が増えるに連れてエアドロップでもらえるLENDも増えますので、今後のユーザー数・取引数の伸びに期待しましょう。

なお、どうすればエアドロップでLENDトークンがもらえるかですが、後ほど「おすすめウォレット」でご説明します。

ETHlend(LEND)の相場チャート・価格推移

ETHlend(LEND)は2017年12月に仮想通貨取引所Binanceへ上場し、取引価格は1LEND=約$0.01からスタートしました。
仮想通貨全体の価格が高騰した1月7日には、最高値となる1LEND=$0.44の価格を付け44倍の値上がりを見せたことになります。

その後、他の仮想通貨とも同様に反動の売りで価格は暴落。一時は初値に近い1LEND=$0.05まで下がります。
そして現在は徐々に値を戻して1LEND=$0.12まで来ているところです。

ETHlend(LEND)は各四半期(または月)毎にエアドロップを行う予定であるため、その告知の際には価格の上昇が予測できますのでチャートを注目していきましょう。

ETHlend(LEND)が購入できる取引所一覧

ETHlend(LEND)を取り扱っている日本国内の取引所はまだありません。
購入できるのは海外取引所のみですが、おススメの取引所は

1.Binance
2.Bibox
3.Kucoin


の順に3つあります。
特にBinanceはETHlend(LEND)の取引量はダントツで1番多いですし、ビットコインなど他の仮想通貨の取扱い通貨の種類も豊富です。

ETHlend(LEND)を購入したいという人は、まずはBinanceの口座を持つのが良いでしょう。

ThumbBinance(バイナンス)取引所の登録方法から口座開設までの使い方まとめ! | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

ETHlend(LEND)の購入方法の手順

2018年2月時点では、ETHlend(LEND)は海外取引所から購入する方法しかありません
そしてETHlend(LEND)を購入できる仮想通貨は主にビットコインかイーサリアムとなっています。

購入手順は以下のようになります。

1.国内取引所でビットコイン(またはイーサリアム)を購入する
2.海外取引所へビットコインを送金する
3.海外取引所でETHlend(LEND)をビットコインで購入する


ここからは国内取引所はZaif、海外取引所はBinanceを例として手順を説明していきます。

Zaifは海外取引所を利用する際に必要になるビットコインを国内で最も安く手に入れることができる取引所です。

まだ口座を持っていない人はこの機会に口座開設をしておくことをお勧めします!

Thumbzaifの口座開設からビットコインの入金・買い方まとめ | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

国内取引所で、日本円でビットコインを買う

国内取引所Zaifを例としてビットコインの購入方法を説明します。
まずZaifにログインし、取引画面チャートの左上の「BTC/JPY」が選択します。

次にチャート右側の「ビットコイン/日本円取引」の注文パネルから「価格」「数量」を入力します。
そして「買い注文」をクリックして購入します。

以上でビットコインの購入は完了しました。

Binanceへビットコインを送金

次にBinanceへZaifで購入したビットコインを送金します。
まずBinanceへログインし、トップ画面の上にある「Funds」→「Deposits」(預入れ)をクリックします。

次に通貨選択で「BTC」を選択し、ご自身のBTC入金用アドレスを表示させます。
このアドレスをコピーしてZaifの画面へ戻ります。

Zaifからビットコインを送金するため、
①「アカウント」をクリック
②「入手金と履歴」をクリック
③ビットコインアイコンをクリック
④「出金」をクリック
の順に選択していきます。

画面を下へスクロールしていき、
1.「出金アドレス」には先ほどBinanceで確認したアドレスをコピーし、
2.「出金金額」「出金手数料」「2段階認証トークン」を入力し、
3.「出金」をクリックすれば送金完了です。

以上でBinanceへビットコインの送金が完了しました。

BinanceでETHlend(LEND)を購入

ETHlend(LEND)を購入する準備ができましたので手順を見ていきましょう。

今回はBinanceの「Basic」(標準)取引所で購入していきます。(Advancedでも可能です)
トップ画面から「Exchange」→「Basic」の順にクリックします。

次に、チャートの右側にある「Favorites」パネルの検索窓で「lend」と入力し、「LEND/BTC」をクリックします。

最後にチャート画面下にある買い注文パネルで、
1.「Price」(価格)「Amount」(枚数)を入力し、
2.「Buy LEND」(LENDを購入)をクリックします。

以上でETHlend(LEND)の購入手順は完了です。

ETHlend(LEND)のおすすめウォレット

ETHlend(LEND)を保管するのにおススメのウォレットは「Eidoo」一択で決まりです!

EidooはイーサリアムERC-20準拠トークンなど複数の仮想通貨を保管することができるウォレットアプリです。
EidooウォレットはAndroid・iOSに対応しており、それぞれGoogle Play・App Storeからダウンロードできます。

そして何と言ってもEidooウォレットを持っていると、ETHlend(LEND)のエアドロップが受け取れるのです。
ですからEidooウォレットで決まりという訳なのです。

なお、今後は間もなくビットコイン(BTC)への対応する予定で、さらに将来的にはデビットカードにも対応する計画となっていますので、期待できるウォレットではないでしょうか。

Thumb仮想通貨Eidoo(エイドゥ/EDO)の特徴・チャート・購入方法(買い方)・取引所・将来性 | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

ETHlend(LEND)の今後の将来性

ETHlend(LEND)の今後のロードマップから将来性を見ていきたいと思います。

上記の図は2019年Q2までに計画しているETHlend開発プロジェクトの要点です。この他にも大きなイベントがいくつかあります。

■これまでに実施が完了していること
・クレジット・トークン(CRE)による信用貸付け
・LENDトークンのプレセール・公式セール
・FIATベース(USDなど)の貸付けと分割払い機能の実装
・2018年Q1のユーザーへのエアドロップ

■今後のロードマップ

2018年Q1 貸し手側からの条件提示による貸付け
2018年Q2 ビットコインによる貸付けを可能にする
・LENDトークンによる手数料支払い時に25%割引にする
2018年Q4 他のアルトコインやトークンによる貸し出しを可能に
2019年Q2 担保価値に応じた担保召喚や清算機能を追加
2019年Q4 開発の完了

現時点では、まだ借り手からローン申請をすることしかできませんが、間もなく貸し手側からも貸付けを提示することができるようになるようです。
これによってさらに融資の流動性は上がっていくでしょう。

また、2018年Q2にはビットコインの貸し借りも可能になることが1つの大きな注目点です。ビットコインは世界最大の流通量を誇りますから、ETHlend(LEND)の価値は飛躍的に上がると見込まれます。

そして2018年Q4にはイーサリアムやビットコイン以外のアルトコインも取扱いが始まり、2019年Q4には一通りの機能が実装され、開発が一区切りつく見通しのようです。

以上のようなロードマップ通りに開発が進めば、確実にユーザーを獲得しつつ、仮想通貨の貸し借りによる流動性は保たれますので将来に渡ってETHlendの存在意義は続いていくことでしょう
今後も多いに期待が持てます。

仮想通貨ETHlend(イーサレンド/LEND)まとめ

以上、仮想通貨ETHlend(イーサレンド/LEND)の特徴をご紹介しました。

ETHlend(LEND)は、銀行口座を持たない人やローンを組めない若者や発展途上国の人も含め誰でも自由にお金の貸し借りができることを目指したプロジェクトです。

現状ではまだイーサリアム(ETH)の貸し借りにしか利用できませんが、まだ開発は始まったばかりですので今後の発展が待ち望まれているところです。

それでも既に、現在までに4000ETH(=約4億円)の融資が行われていることは驚きでした。今後はさらに融資額は増えていくことは容易に想像できるでしょう。

今後の展開について、詳しくは上の「今後の将来性」をお読み頂きたいと思いますが、ETHlendは実態の薄い通貨などではなく、今後がとても楽しみな仮想通貨だと思います。

ぜひ今のうちにLENDトークンを持っておきたいところですので、おススメのBinanceで口座を持っておくと良いでしょう!

ThumbBinance(バイナンス)取引所の登録方法から口座開設までの使い方まとめ! | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

またいろんなアルトコインを取引したいのであれば、HitBTCもおすすめです!

HitBTCはBinanceにない将来有望な通貨を多く扱っており、Binanceよりも取引所としても長く運営されているところです!

口座開設はメールアドレスだけで無料でできます!
ぜひこの機会に口座開設をおすすめします!

ThumbHitBTC取引所の特徴・評判・手数料・購入方法(買い方)を解説! | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

この記事を読んだ方はこちらの記事も読んでいます

Thumb40億円を集めている注目ICOの【HERO(ヒーロー) Token】を特集 | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]
Thumb仮想通貨Bancor(バンコール/BNT)の特徴・チャート・購入方法(買い方)・取引所・将来性 | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]
Thumb仮想通貨Hshare/Hcash(エイチシェア/エイチキャッシュ)とは?特徴・チャート・購入方法(買い方)・取引所 | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

徹底比較!2018年度版オススメ取引所ランキング


LINEで有力情報をゲット!
仮想通貨関連の注目サービスや海外ニュース、その他有力投資情報を配信!!


仮想通貨最新ニュース btcfeed line@

迷ったらまずこの取引所!初心者の人にオススメ取引所をご紹介!

安心・安全が一番!という人ならbitFlyer

bitFlyerは世界で最もセキュリティの高い取引所!

国内で唯一ハッキングへの補償もしている安心の取引所!

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

☛bitFlyerの口座開設方法はこちらで解説!

☛bitFlyerの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

取引するのに難しい操作が心配という人はGMOコイン

初心者の人でも簡単な操作で、リップルなどの人気仮想通貨が購入可能!

運営企業も上場企業の子会社で運営面も安心!

☛GMOコインの口座開設方法はこちらで解説!

☛GMOコインの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

仮想通貨取引をしているなら持っておくべき取引所!

人気アルトコインの購入なら手数料無料のbitbank!

人気のリップル(Ripple/XRP)を手数料無料で購入ができる!

リップル以外のアルトコイン手数料も無料!

☛bitbankの口座開設方法はこちらで解説!

☛bitbankの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

手数料の安さぶっちぎり!Zaif!

日本の取引所で手数料が最もお得な取引所!

ビットコインは取引すればするほどビットコインをもらえる!

海外取引所を利用するならZaifでのビットコイン購入がおすすめ!!

☛Zaifの口座開設方法はこちらで解説!

☛Zaifの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

人気通貨を唯一レバレッジ取引できるDMM Bitcoin

人気のリップルとネム、ライトコイン等を唯一レバレッジ取引できる!

レバレッジ取引も安心してできる仕組みを取り入れていて安心!

☛DMM Bitcoinの口座開設方法はこちらで解説!

☛DMM Bitcoinの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

関連するまとめ

仮想通貨取引所ランキング

  • No.1bitFlyer(ビットフライヤー)
    Bitflyerビットフライヤーは私もビットコイン取引で頻繁に使っている取引所の一つです!ビットフライヤーのおすすめポイント3つ!
    • ビットコイン取引日本一の使いやすさ!
    • 手数料が安い
    • 保障もあり安心の取引所
    ビットフライヤーの公式サイトはこちら!
  • No.2Zaif(Zaif)
    Zaifザイフは初心者に優しく日本で一番最初にできた仮想通貨取引所です!ザイフのおすすめポイント3つ!
    • 手数料安さ日本一!
    • 独自のサービスで魅力満点!
    • 老舗の信頼できる取引所!
    ザイフの公式サイトはこちら!
  • No.3GMOコイン
    GmoGMOコインは上場企業のグループ会社で安心の取引所です!初心者の簡単にお得に利用ができます!
    • 手数料が安く操作も簡単!
    • 上場会社のグループで安心!
    • FX取引はアプリでもできる!
    GMOコイン公式サイトはこちら!

管理人について

Widget1
仮想通貨のバブルに乗ってミリオネアを目指す26歳の仮想通貨トレーダーです。国立大学を卒業し総合系コンサル会社に入社→仮想通貨にハマり2年で退職し仮想通貨投資暦2年
50万の初期投資から貯金1200万(※2017年11月現在)
元々はフィンテック関連企業のアサイン経験からブロックチェーンの勉強をし、途中から投資を始めました。情弱だったことから起きた個人的な失敗談や、技術的な話を理解せずに投資をする友人達の失敗を見て本当に必要な情報を初心者〜中/上級者の方に向けて発信して行こうと思います。
僕が使っている取引所/トレード・保有してるコイン/参加したICOはこちら!

管理人のツイート

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ
Bitflyer side