ビットコイン決済サービスとは?日本で導入している店舗まとめ!

現在、ビットコインの保有者が増えるとともに、ビットコインで決済ができるお店が増えています。そして、この勢いでビットコインで決済可能なお店は増え続けるでしょう。また、一体どのようなお店でビットコイン決済サービスが使われているのでしょうか。

ビットコイン決済サービスとは?日本で導入している店舗まとめ!のイメージ

目次

  1. 1この記事のポイント
  2. 2ビットコイン決済とは?
  3. 3ビットコイン決済の仕方は?
  4. 4ビットコイン決済サービスって安全なの?
  5. 5ビットコイン決済サービスのメリット
  6. 6ビットコイン決済サービスのデメリット
  7. 7日本でビットコイン決済サービスを導入している店舗は?
  8. 8世界でビットコイン決済サービスを導入している店舗は?
  9. 9ビットコイン決済サービスのまとめ
当サイトで人気の仮想通貨取引所ランキング!
まだ一つしか取引所を持っていない人は必ず複数に登録をして安全に取引をしましょう!
【1位】Zaif(ザイフ)

取引手数料の安さNO.1!本サイト1番のオススメ取引所!

【2位】bitFlyer(ビットフライヤー)

ビットコイン取引量、国内ユーザー数が日本一の信頼できる取引所!

【3位】GMOコイン

初心者の人に1番おすすめ!簡単に取引ができて、しかも手数料も超お得!

【今大注目!】DMM Bitcoin

日本で世界で注目の通貨を安く手に入れられる最近大注目の取引所!

※【注意】絶対に複数取引所に登録して資産を分散しておきましょう!資産を失うリスクがあります!

この記事のポイント

この記事のポイントは、以下の3点です。

・ビットコインの決済とは何か
・ビットコイン決済の仕方
・ビットコインの決済はどこのお店でできるのか


それでは見ていきましょう!

ビットコイン決済とは?

ビットコイン決済サービスとは、仮想通貨であるビットコインで決済ができるサービスです。

私たちが電子マネーのSuicaやEdy等で瞬時に決済ができるのと同じように、ビットコインでも簡単に決済ができます。
現在、日本ではビットコインによる決済サービスの普及が増えており、今後も更なる普及が見込まれます。

ビットコイン決済の仕方は?

ビットコイン決済の仕方は、仮想通貨を取り扱っている取引所が提供するスマートフォン用のアプリを利用して行います。
日本だと、有名な取引所として、bitFlyer、CoinCheckがあります。どちらの取引所もビットコイン決済サービスのスマートフォン用アプリを提供しています。これらのアプリを用いて決済を行います。
ここでは、bitFlyerが提供するbitFlyerウォレットというアプリを使った場合を見ていきます。

まず、店側が保有する端末内のアプリで1000円という金額を入力すると、QRコードが出てきます。客側は、このQRをbitFlyerウォレットのトップページにあるQRコード読み取りボタンを押し、読み取ります。すると、1000円分のビットコイン価格が表示されて、「この請求金額を支払いますか?」という確認が表示されるので、同意すると支払いが完了します。

店側の端末内のアプリで入力をする→bitFlyerウォレットのトップページにあるQRコード読み取りボタンを押す→請求金額の確認に同意する。このわずか3タップで決済が完了するため、このビットコイン決済サービスはとても決済が効率的で、利便性が高いです。
CoinCheckの場合も同様に決済ができます。

ただ、少額の決済だと桁数が多くなってしまい、小数点以下の桁が多くなってしまうという問題もあり、新しい単位を用意する必要が出てくるという問題もあります。
とはいえ、この決済システムは多くの利点があり、とても便利なので今後普及するものと思われます。

ビットコイン決済サービスって安全なの?

ビットコイン決済は安全なのか心配するユーザーも多いと思います。
ビットコイン決済は匿名で行われるので個人情報を扱うクレジットカードよりも決済が安全であると言えます。このことに関しては、bitFlyerの代表取締役である加納裕三氏も同じ見解を述べています。

ここで重要なのは、ビットコイン決済が匿名で行われるという点です。クレジットカードを利用した際は個人情報がデータセンターとやり取りをされますが、ビットコインで決済した際は個人情報がネットワークに載りません。
ビットコインのブロックチェーンのネットワーク上ではすべての取引はウォレットアドレスというものでやり取りされるために個人情報が守られるということです。

また、ビットコインにはブロックチェーンという素晴らしい技術が使われており、ブロックチェーン上ではハッキング等でデータを改ざんしたり変更したりすることは理論上不可能なので、とても安全に決済を利用できます。

ブロックチェーンは複数のデータベースから出来ているので、たとえ一つのデータベースを改ざんしても、その改ざんをすぐに発見できます。また、仮に一つのデータベースが壊れても他のデータベースから復元できるため、とても高性能な技術で安全を保証しています。
複数のデータベースは世界中に散らばっており、その世界中のデータベースが壊れない限り、ブロックチェーン上にあるデータは失われません。
このように、ブロックチェーンはハッキングなどのサイバー攻撃に強く、セキュリティー体制が優れていると言えます。

したがって、ビットコインを決済手段として、ビットコイン決済サービスを使うことはとても安全だといえます。
 

ビットコイン決済サービスのメリット

ビットコイン決済サービスのメリットとしては、4点挙げられます。

1点目は、決済がスムーズという点です。
先程の「ビットコイン決済の仕方は?」で見たとおり、店側の端末内のアプリで入力をする→bitFlyerウォレットのトップページにあるQRコード読み取りボタンを押す→請求金額の確認に同意する。このわずか3タップで決済が完了するため、とても決済が効率的にでき、利便性が高いと言えます。

2点目は、決済の手数料が少額という点です。
クレジットカードの手数料は2〜8%ですが、ビットコインを使えば1%です。かなり手数料が低いので、クレジットカードの手数料が高くてクレジットカードの決済システムの導入をためらっているお店や中小企業などにこれから普及する可能性もあります。

3点目は、ビットコインの決済に必要なウォレットの作成が非常に簡単という点です。
クレジットカードでの決済やデビットカードでの決済を利用したいと考えると、様々なクレジットカード会社やデビットカードのサービスを提供している会社に申し込みをして、審査を受けて、カードが届くまでは決済ができません。
仮想通貨取引所では、登録はたった1分ででき決済するために日本円を入金しすぐビットコインを買えば、それだけでどこでもビットコイン決済ができるようになります!


4点目は、煩わしい手続きが不要という点です。
銀行などの機関を通さないため、個人間で直接送金が可能です。通常、銀行で送金をしようとするとその銀行が希望する送金に対応していない場合、送金に対応している機関に問い合わせをして同意を得てから送金する等してとても手間がかかります。しかし、ビットコインはそのような煩わしい手続きがないので、お金の流通を自由に行えます。また、銀行での送金の場合は、送金の度に手数料がかかることが多いので、ビットコインでの送金で手数料がかからないことを考えるとかなりメリットは大きいと思います。

5点目に、利用の際に両替する必要がないということです。
例えば、日本に観光に来ている外国人が日本で買い物をしようとすると通常、その自国の通貨から日本円に両替して買い物をしなければなりません。
しかし、ビットコインを使えばこのような問題は解消されます。ビットコインは世界中で使われているので、お店にビットコイン決済サービスがあれば、ビットコインで決済ができるので、自国の通貨から日本円に両替する際の両替手数料や手間が省けるのでビットコイン決済サービスは、とても優れていると言えます。
実際、中国はビットコインの利用が世界一と言われていて多くの人々が決済手段として使っています。日本では、中国人観光客が多いため、中国人がよく訪れるとされている量販店では、ビットコイン決済サービスを導入しているところが多いです。

管理人もおすすめ!
たった1分でビットコイン決済のためのウォレットを作成!

ビットコイン決済サービスのデメリット

ビットコイン決済サービスのデメリットとしては、3点挙げられます。

1点目は、まだビットコインが決済としてあまり使われていないという点です。
これは、ビットコイン決済サービスを導入している店舗が少ないという点とビットコインを保有し、それで決済をしようと考えている個人が少ないという点から言えます。ビットコイン決済サービスを実現させるには、店側と客側のビットコイン決済サービスの利用が増え、双方が決済を受け付けている必要があります。

2点目は、日本円やドル等の法定通貨に比べるとビットコインが不安定であるという点です。
ビットコインは日本円やドル等の法定通貨に比べると、常に値動きが激しく、不安定であると言えます。よって、常に値動きが気になってしまう方も多いでしょう。
例えば、ビットコインを10万円で購入したのに、使いたいときには、8万円分の価値に下がっていたということもあると思います。このようにビットコインの価格が不安定であることで、決済手段としてビットコインを使っていけるのか疑問が残ります。

3点目は、ビットコインの取引所の口座に入金する際に、約200〜300円の入金手数料が発生してしまうという点です。
ビットコインの送金自体は手数料がかかりませんが、そもそもの取引所の口座に入金をする際に手数料が発生してしまいます。ビットコインの取引所の口座に一気に入金される方は大きな問題ではないと思いますが、こまめに入金される方は、手数料のデメリットが大きいと思います。
 

日本でビットコイン決済サービスを導入している店舗は?

日本でビットコイン決済サービスを導入している店舗は年々増えています。
通販や飲食店、家電量販店など様々な店舗で導入されています。

特に、有名なのがビッグカメラだと思います。ビッグカメラは2017年の4月7日から「ビッグカメラ有楽町店」と「ビックロ ビッグカメラ新宿東口店」での導入を開始しています。

ビッグカメラがビットコイン決済サービスを導入した背景としては2点あると言われています。
1点目は、2017年4月1日に改正資金決済法が施行されたという点です。これは、今までビットコインは通貨なのかどうなのかということの政府の見解が明確ではありませんでしたが、この改正資金決済法は、ビットコイン等の仮想通貨を支払手段として認める法律であり、政府が仮想通貨を通貨として認めました。
これにより、仮想通貨を大手の事業者が堂々と扱えるようになりました。

2点目は、外国人観光客の存在にあります。「ビットコイン決済サービスのメリット」でも述べたように、中国はビットコインの利用が世界一と言われていて多くの人々が決済手段として使っています。日本では、中国人観光客が多いため、中国人がよく訪れるとされている家電量販店では、ビットコイン決済サービスを導入しているところが多く、ビッグカメラもその一種です。

このような背景があり、ビットコイン決済サービスの導入を開始したと見られています。

また日本でビットコイン決済サービスを導入している店舗としては、11月8日時点で、通信販売51件、実店舗216件あると言われています。
通信販売での有名どころはDVDレンタル、通販、動画配信、オンラインゲーム等総合サイトなどで有名なDMM.COMやクラウドファンディングで有名なCAMPFIREがあります。実店舗では、飲食店から法律事務所、ネイルサロンなど様々です。

世界でビットコイン決済サービスを導入している店舗は?

先程は、日本でビットコイン決済サービスを導入している店舗を見てきましたが、世界ではどうなのしょうか?
 

世界中でビジネスを展開する大手旅行会社Expediaは、ビットコイン決済サービスを導入しており、旅券や宿などの決済がビットコインでできるようになりました。
ExpediaのCEOであるマーク・オカーズトム氏は「テクノロジーの力によって旅行に革命を起こします。私たちは規模拡大のスピードアップを行なって行く予定です。」とコメントしています。
もし、我々が海外旅行をした際に、決済を行おうとするとその国の自国通貨に両替する必要があります。ビットコインは世界中で使用されているので、その国で使おうとする時は両替が必要なくなり、両替手数料やその手間が省けます。
このような点から、ビットコインは旅行会社と相性がとても良いです。


他にも、大手コーヒーチェーンであるスターバックスや大手コンピューターメーカーであるDellがビットコインの決済を導入しています。
また、アメリカの大手自動車配車サービスであるUBERはビットコイン導入を目指す新たなCEOが選任され、これからビットコイン決済を導入していくと見られています。
このように大手でもビットコイン決済サービス導入の動きは加速しており、今後の展望が楽しみです。
これらはアメリカの企業ですが、ビットコイン決済サービスの導入は日本よりも進んでいるものと思われます。

ビットコイン決済サービスのまとめ

今回は、ビットコイン決済サービスを見てきました。
ビットコインでの決済は、まだまだ課題が残る部分もありますが、とても利便性が高く安全な決済方法だと言えます。

店側も客側も多くのメリットがあり、世界中で普及してきており、日本でも普及してきています。
ビットコインでの決済は海外旅行に行った時に使うと大きなメリットを感じられると思います。是非一回使用してみることをオススメします!

ビットコイン決済がすぐにできる!ビットコインウォレットを作れる取引所!

まだまだ改善の余地もありますが、ビットコイン決済はたくさんのメリットがあると言えます!世界に旅行にいってクレジットカードを利用するのが怖いとかクレジットカード自体に抵抗がある人は、
クレジットカードのように使えてより安全なビットコイン決済を今すぐ利用すると便利ですね!

そんなビットコイン決済ができる機能を持った取引所の登録はこちら!

「決済以外にビットコインってどう使えるの?」と思った方はこちらへ!

Thumbビットコインの使い方はさまざま?おすすめの使い方をご紹介! | BtcFeed
Thumbビットコイン(仮想通貨)で稼ぐには?稼ぐ・増やす方法と仕組みの入門ガイド!

仮想通貨取引所ランキング

関連するまとめ

仮想通貨取引所ランキング

  • No.1bitFlyer(ビットフライヤー)
    Bitflyerビットフライヤーは私もビットコイン取引で頻繁に使っている取引所の一つです!ビットフライヤーのおすすめポイント3つ!
    • ビットコイン取引日本一の使いやすさ!
    • 手数料が安い
    • 保障もあり安心の取引所
    ビットフライヤーの公式サイトはこちら!
  • No.2Zaif(Zaif)
    Zaifザイフは初心者に優しく日本で一番最初にできた仮想通貨取引所です!ザイフのおすすめポイント3つ!
    • 手数料安さ日本一!
    • 独自のサービスで魅力満点!
    • 老舗の信頼できる取引所!
    ザイフの公式サイトはこちら!
  • No.3GMOコイン
    GmoGMOコインは上場企業のグループ会社で安心の取引所です!初心者の簡単にお得に利用ができます!
    • 手数料が安く操作も簡単!
    • 上場会社のグループで安心!
    • FX取引はアプリでもできる!
    GMOコイン公式サイトはこちら!

管理人について

Widget1
仮想通貨のバブルに乗ってミリオネアを目指す26歳の仮想通貨トレーダーです。国立大学を卒業し総合系コンサル会社に入社→仮想通貨にハマり2年で退職し仮想通貨投資暦2年
50万の初期投資から貯金1200万(※2017年11月現在)
元々はフィンテック関連企業のアサイン経験からブロックチェーンの勉強をし、途中から投資を始めました。情弱だったことから起きた個人的な失敗談や、技術的な話を理解せずに投資をする友人達の失敗を見て本当に必要な情報を初心者〜中/上級者の方に向けて発信して行こうと思います。
僕が使っている取引所/トレード・保有してるコイン/参加したICOはこちら!

管理人のツイート

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ
Bitflyer side