仮想通貨IOStoken(IOST)の特徴・チャート・購入方法(買い方)・取引所・将来性

仮想通貨IOStoken(IOST)でオンラインサービスの安定した提供が可能に! これからのチャートが気になる仮想通貨IOStoken(IOST)の特徴やチャート、取引所での購入方法をご紹介します! 購入にオススメの取引所も一緒にご紹介!

仮想通貨IOStoken(IOST)の特徴・チャート・購入方法(買い方)・取引所・将来性のイメージ

目次

  1. 1仮想通貨IOStoken(アイオーエストークン/IOST)でオンラインサービスをより良いものに!
  2. 2仮想通貨IOStoken(アイオーエストークン/IOST)とは?
  3. 3IOStoken(IOST)の特徴
  4. 4IOStoken(IOST)の相場チャート・価格推移
  5. 5IOStoken(IOST)が購入できる取引所一覧
  6. 6IOStoken(IOST)の購入方法の手順
  7. 7IOStoken(IOST)のロードマップ
  8. 8IOStoken(IOST)の今後の将来性
  9. 9仮想通貨IOStoken(アイオーエストークン/IOST)まとめ
LINEで情報をゲット!
仮想通貨関連の注目サービスや海外ニュース、その他投資情報を配信!!


仮想通貨最新ニュース btcfeed line@

当サイトで人気の仮想通貨取引所ランキング!
まだ一つしか取引所を持っていない人は必ず複数に登録をして安全に取引をしましょう!
【1位】Zaif(ザイフ)

取引手数料の安さNO.1!本サイト1番のオススメ取引所!

【2位】bitFlyer(ビットフライヤー)

ビットコイン取引量、国内ユーザー数が日本一の信頼できる取引所!

【3位】GMOコイン

初心者の人に1番おすすめ!簡単に取引ができて、しかも手数料も超お得!

【当サイトで今一番人気!】QUOINEX

人気のリップルとネムを両方を日本で唯一現物取引できる取引所!注目のQASHも取引できる!

【今大注目!】DMM Bitcoin

日本で世界で注目のアルトコインを唯一レバレッジ取引できる大注目の取引所!

※【注意】絶対に複数取引所に登録して資産を分散しておきましょう!資産を失うリスクがあります!

仮想通貨IOStoken(アイオーエストークン/IOST)でオンラインサービスをより良いものに!

仮想通貨IOStoken(アイオーエストークン/IOST)はご存じですか? オンラインサービスをより安定した形で提供できるプラットフォームを持つアルトコインです。

Airdropをしたり、バイナンスに上場した時は大きく話題になりました!

今回は仮想通貨IOStoken(IOST)について以下の3点を中心にどんな通貨なのか確認していきましょう!

  • 仮想通貨IOStoken(IOST)の特徴 
 
  • 仮想通貨IOStoken(IOST)の価格チャート 
 
  • 仮想通貨IOStoken(IOST)​​​​​​​の取引所の購入方法(買い方)将来性

仮想通貨IOStoken(アイオーエストークン/IOST)とは?

①仮想通貨IOStoken(IOST)の概要

発行日 2018年1月
アルゴリズム PoB
名称 IOST
上限 210億IOST
時価総額(2018/02/17現在) 約320億円               
時価総額ランキング 80位
現在価格 約5円

②仮想通貨IOStoken(IOST)の基本情報

仮想通貨IOStoken(IOST)は時価総額ランキング80位に位置付く、2018年1月に生まれたばかりのアルトコインです。

IOStoken(IOST)はオンラインサービスプロバイダに、安定さとセキュリティを兼ね備えた場を提供するエコシステムプラットフォームです。

オンラインサービスはツイッターフェイスブックのようなSNSやAmazonなどの通販サイトといったサービスを指します。

オンラインサービスを提供する開発者は、手数料、プライバシー侵害や不正行為などの中央集権型特有の問題を抱えています。

それらはブロックチェーンがあればその問題は解決できる問題なのですが、ブロックチェーンの技術力が必要になりなかなか移動できずに困っている企業が多いのが現状となっているようです。

IOStoken(IOST)はそのような問題を解決する架け橋となり、ブロックチェーンを用いた企業のオンラインサービスのインフラストラクチャー(場所)となることを目的としています。

IOStoken(IOST)の特徴

①IOSの基本システム

IOStoken(IOST)の主な働きは3つです。

<Scaleout(スケールアウト)>
IOStoken(IOST)では並列処理が行うことができ、多くの取引を同時進行することができます。

<Atomix(アトミックス)>
クロスシャードというデータベースが違う者同士でも取引を高速で一貫性を持ったトランザクションを可能にします。

<BRDR(Bias Resistant Distributed Randomness)>
「ランダム性」を用いることでIOSネットワークの分散性と、セキュリティ性能を上げています。

②承認アルゴリズムはPoB(Proof of Believability)を採用

IOStoken(IOST)は「PoB(Proof of Believability)」という独自のアルゴリズムを導入しています。

「信頼の証明」と訳せるこのアルゴリズムは、ユーザーが使用しているノードの「貢献度」で判定されます。
 

  • IOStoken(IOST)インターネットをどれほど利用したか
  • IOStoken(IOST)トークンの保有量
  • どのような行動を行ったか、不正などは行っていないか
  • 取引時の対応はどうだったか

を総合的に計算し、評価の高いノードが尊重されます。マイニング仕事量の高さで評価する「PoW」と保有量や期間で評価する「PoS」を併せたようなアルゴリズムです。

③オンラインサービスプロバイダー向け

IOStoken(IOST)がオンラインサービスプロバイダに提供する技術の一つに「EDS(Efficient Distributed Sharding)」があります。

「効率的分散型分割機能」といい、リアルタイムで部分空間を作り送信できます。

部分空間とは数学の分野に出てくる言葉で、ある空間のなかで、空間を壊さないように集合体を作ることを言います。要するに、システムが崩れない形でデータの一部をまとめ送信することができます。

この方法であれば、送信のデータも単純化でき、ネットワークも速くなります。さらにIOStoken(IOST)はトランザクションを並行処理しますので、ほとんど一瞬で完了します。

オンラインサービスプロバイダは現在のサービスを保ったまま、より早い送受信が可能になり、利用者に快適な動作と手数料の低コスト化を実現できます。

④拡張性とネットワークの透明性

他にもIOStoken(IOST)には、
 

  • データを保管しているストレージを検索したり、複数のノードにデータを分けて保存することで不正防止やシステムの崩壊を防ぐ「HUDS(Hyper Universe Distributed System)」
  • スマートコントラクトによりDAppsを主流なプログラミング言語で開発
  • サービス完了後にフィードバッグを取得できる「FTFS(Fair and Transparent Feedback System)」

が備わっており、オンラインサービスプロバイダの将来性も引き上げることができます。

IOStoken(IOST)の相場チャート・価格推移

IOStoken(IOST)の特徴をご覧頂いたところで、次にIOStoken(IOST)の価格チャートを見てみましょう。

IOStoken(IOST)は2018年1月上旬に大きく伸びています。4円前後の価格が14円と約4倍近いの高騰です。

こちらは公開してすぐに、世界でも注目される大手の取引所「Binance(バイナンス)」に上場したことから、期待感で伸びたと予想されます。

IOStoken(IOST)が購入できる取引所一覧

ここからはおすすめの取引所とIOStoken(IOST)の購入方法(買い方)をご紹介します。

IOStoken(IOST)は現在、日本の仮想通貨取引所では取り扱っているところがありません。もし購入するのであれば、日本の仮想通貨取引所でビットコインを購入後、海外の仮想通貨取引所でビットコインで取引する、という買い方になります。

海外の仮想通貨取引所で取り扱いがあるのは、中国の大手取引所「Binance(バイナンス)」「Houbi」などがあります。

今回は世界でも大手であるBinance(バイナンス)を中心にIOStoken(IOST)の買い方をご紹介していきます。

ThumbBinance(バイナンス)取引所の登録方法から口座開設までの使い方まとめ! | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]
Thumb海外仮想通貨取引所で注目の取引所を比較しおすすめを特徴とともに解説! | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

IOStoken(IOST)の購入方法の手順

それでは、IOStoken(IOST)の買い方をご説明しましょう。まず日本の仮想通貨取引所でビットコインを購入するところから始めます。

日本の仮想通貨取引所は「coincheck(コインチェック)」「bitflyer(ビットフライヤー)」「Zaif(ザイフ)」などありますが、今回はZaif(ザイフ)を利用した購入方法をご紹介します。

Zaif(ザイフ)は国内大手の仮想通貨取引所で、ブロックチェーンの研究を行う会社が運営しており、セキュリティ面も信頼できます。また、取引時のサービスも多く、ビットコインは取引すればするほどビットコインをもらうこともできます。

非常に安定感の強いお得な取引所と言えますので、この機会に是非Zaif(ザイフ)のアカウントを作っておくことをオススメします。

Thumbzaifの口座開設からビットコインの入金・買い方まとめ | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]
ThumbZaif(ザイフ)の評判と特徴!メリット・デメリット徹底解説! | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

①国内取引所で、日本円でビットコインを買う

それでは早速、仮想通貨取引所Zaif(ザイフ)でビットコインを購入しましょう。Zaif(ザイフ)での買い方をご紹介します。

まずZaif(ザイフ)にログインしましたら、右上のメニューが表示から「簡単売買」をクリックします。画面が下の画像のように切り替わるはずです。

変わりましたら、下に続く画像のように、赤枠のところに希望のビットコインの量を入力しましょう。日本円でも指定ができます。

金額に問題がなければそのまま「BITCOINを買う」をクリックします。数分たてば、自身のZaif(ザイフ)ウォレットにビットコインが反映されます。

②Binanceへビットコインを送金

ビットコインの準備ができたら、取引所Binance(バイナンス)のウォレットにビットコインを送りましょう。

「簡単売買」のあったメニューに「アカウント」がありますのでそちらをクリック後、中央の①「入出金と履歴」という項目があるのでそちらをクリックします。すると下のような画面が表示されます。

②送る仮想通貨の種類と「送金」をクリックすると③「出金アドレス」「出金金額」「出金手数料」「2段階認証トークン」が表示されます。

アドレスはBinance(バイナンス)にある自身のウォレットアドレス、出金金額は送りたいビットコイン量を入力します。

出金手数料は無記入なら「0.0005BTC」になります。上乗せするとより速く送金が完了しますので、もし急ぎの場合は0.0005BTCより多い量を入力しましょう。

一番下の「2段階認証トークン」は、設定している人のみ表示されます。スマートフォンのアプリを利用した認証ですので、設定済の方はスマートフォンに表示される番号を入力して下さい。

すべて入力したら、一番下の「出金」をクリックしましょう。数分たてばBinance(バイナンス)に送金が完了します。

※仮想通貨は送金をミスすると戻ってきませんので、特にウォレットアドレスの間違いが無いようよく確認しましょう。

Thumbzaif(ザイフ)の2段階認証の設定と解除方法!【スマホ・PC】 | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

③BinanceでIOStoken(IOST)を購入

Binance(バイナンス)にビットコインが送れたら、最後にBinance(バイナンス)の取引所でIOStoken(IOST)とビットコインを交換しましょう!

Binance(バイナンス)はトップページからそのまま取引ができます。ログインし、ウォレットにビットコインが入っているかまず確認した後、①の上部を「BTC」に切り替えます。

そして、すぐ下のボックス(画像では小さくて見えませんがムシメガネのマークが入っています)に「IOST」と入力しエンターで検索すると、下に「IOST/BTC」と書かれた項目が表示されますのでクリックしましょう。

すると、中央のチャートが「IOST/BTC」に切り替わり、②の購入、売却もIOST/BTCに切り替わります。

②の購入、売却を拡大するとこのようなデザインになっています。ビットコインで購入する場合は左側に、購入に使う量のビットコインの価格を入力し購入することで、IOStoken(IOST)と交換することができます。

また、もし指定のレートで交換したい場合は、Stop-Limit(ストップリミット)をつかうとより細かい取引を行うことができます。

Binance(バイナンス)は中国の大手の取引所で、取り扱いのアルトコインも約100種類以上と大変多くの仮想通貨を取り扱っています。

中国は仮想通貨の取引がとても盛んですので、取引量も多く非常に利用しやすい取引所となっています。

Binance(バイナンス)は新規登録者が多く、以前一時的に新規アカウントの登録を停止していたことがあるほどですので、アカウントだけでも作っておくと良いかも知れません。メールアドレス一つで完了します!

ThumbBinance(バイナンス)取引所の登録方法から口座開設までの使い方まとめ! | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

IOStoken(IOST)のロードマップ

2017年 IOStoken(IOST)の開発開始
2018年四半期
①1~3月
MVPプライベートテストネットワーク立ち上げ
2018年四半期
②4~6月
EDS(Efficient Distributed Sharding)とPoB(Proof of Believability)の試験
テストネットワークに導入
2018年四半期
③7~9月
IOStoken(IOST)スマートコントラクトのドキュメントドラフト版公開
2018年四半期
④10~12月
IOStoken(IOST)VMのテストネットワーク導入
2019年四半期
①1~3月
HUDS(Hyper Universe Distributed System)と
モジュールをテストネットワーク導入
2019年四半期
②4~6月
IOStoken(IOST)ネットワークの試験、セキュリティ監査とウォレットを導入
2019年四半期
③7~9月
IOStoken(IOST)ネットワーク正式版リリース
2019年四半期
④10~12月
dAppsを立ち上げ、マシンラーニングを用いて最適化

IOStoken(IOST)の今後の将来性

IOStoken(IOST)のようなビジネスを繋ぐ仲介プラットフォームは需要が高まりやすく、またブロックチェーン技術が広まるきっかけにも繋がります。

IOStoken(IOST)プラットフォームは将来性が高いといえるでしょう。一ヶ月前に開始されたばかりであり、今後の変化に期待できます。

システムはやや難しいですが、ブロックチェーンを用いることでも今までのサービスはそのままで、さらに高速化コスト削減が実現できることは企業にとって大きなメリットとなるでしょう。

仮想通貨IOStoken(アイオーエストークン/IOST)まとめ

仮想通貨IOStoken(IOST)について、特徴やチャート、取引所での購入方法や将来性についてお話ししましたが、いかがでしょうか?

ブロックチェーン技術の導入を諦めていた方も、IOStoken(IOST)であれば可能となることがぐっと増えるかと思います。

企業が利用するプラットフォームと考えると、大きな資金が動くような取引が行われるかも知れませんね。今後の開発に期待しましょう!

他の企業が利用するプラットフォーム通貨となっているイーサリアムやリスク、IOTAなどを見ると、その将来性が高いことを感じさせます。

今後もこれらの通貨には注目です!

IOTAはバイナンスで取り扱いがあります!

また、プラットフォーム通貨として世界一と2,3位を行き来しているリスクはビットフライヤーで購入ができます。
まだ持っていない人はぜひこの機会に口座開設をおすすめします!

Thumb仮想通貨IOTA(アイオータ)とは?特徴・チャート・購入方法(買い方)・取引所・将来性 | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]
Thumbイーサリアムとは?仕組みや購入方法などの基本的なことを解説! | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]
Thumb仮想通貨Lisk(リスク/LSK)とは?特徴・価格推移・高騰理由を解説! | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

この記事を読んだ方はこちらも読んでいます

Thumbイーサリアムクラシック(Ethereum Classic)とは?価格チャートや今後の将来性を予想 | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]
Thumb仮想通貨Zcash(ジーキャッシュ)とは?価格チャートや今後の将来性 | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]
Thumb仮想通貨Dogecoin(ドージコイン)とは?特徴・チャート・価格・購入方法(買い方)・取引所を解説 | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]
Thumb仮想通貨PepeCash(ペペキャッシュ)とは?特徴やチャートから見た今後の価格や将来性 | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]
Thumb仮想通貨ADAコイン(エイダコイン)とは?特徴・価格チャート・取引所・今後の将来性を解説 | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]
Thumb仮想通貨Counterparty(カウンターパーティー/XCP)の特徴やチャートからみた今後の価格や将来性 | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

徹底比較!2018年度版オススメ取引所ランキング


LINEで有力情報をゲット!
仮想通貨関連の注目サービスや海外ニュース、その他有力投資情報を配信!!


仮想通貨最新ニュース btcfeed line@

迷ったらまずこの取引所!初心者の人にオススメ取引所をご紹介!

安心・安全が一番!という人ならbitFlyer

bitFlyerは世界で最もセキュリティの高い取引所!

国内で唯一ハッキングへの補償もしている安心の取引所!

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

☛bitFlyerの口座開設方法はこちらで解説!

☛bitFlyerの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

取引するのに難しい操作が心配という人はGMOコイン

初心者の人でも簡単な操作で、リップルなどの人気仮想通貨が購入可能!

運営企業も上場企業の子会社で運営面も安心!

☛GMOコインの口座開設方法はこちらで解説!

☛GMOコインの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

仮想通貨取引をしているなら持っておくべき取引所!

人気アルトコインの購入なら手数料無料のbitbank!

人気のリップル(Ripple/XRP)を手数料無料で購入ができる!

リップル以外のアルトコイン手数料も無料!

☛bitbankの口座開設方法はこちらで解説!

☛bitbankの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

手数料の安さぶっちぎり!Zaif!

日本の取引所で手数料が最もお得な取引所!

ビットコインは取引すればするほどビットコインをもらえる!

海外取引所を利用するならZaifでのビットコイン購入がおすすめ!!

☛Zaifの口座開設方法はこちらで解説!

☛Zaifの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

人気通貨を唯一レバレッジ取引できるDMM Bitcoin

人気のリップルとネム、ライトコイン等を唯一レバレッジ取引できる!

レバレッジ取引も安心してできる仕組みを取り入れていて安心!

☛DMM Bitcoinの口座開設方法はこちらで解説!

☛DMM Bitcoinの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

関連するまとめ

仮想通貨取引所ランキング

  • No.1bitFlyer(ビットフライヤー)
    Bitflyerビットフライヤーは私もビットコイン取引で頻繁に使っている取引所の一つです!ビットフライヤーのおすすめポイント3つ!
    • ビットコイン取引日本一の使いやすさ!
    • 手数料が安い
    • 保障もあり安心の取引所
    ビットフライヤーの公式サイトはこちら!
  • No.2Zaif(Zaif)
    Zaifザイフは初心者に優しく日本で一番最初にできた仮想通貨取引所です!ザイフのおすすめポイント3つ!
    • 手数料安さ日本一!
    • 独自のサービスで魅力満点!
    • 老舗の信頼できる取引所!
    ザイフの公式サイトはこちら!
  • No.3GMOコイン
    GmoGMOコインは上場企業のグループ会社で安心の取引所です!初心者の簡単にお得に利用ができます!
    • 手数料が安く操作も簡単!
    • 上場会社のグループで安心!
    • FX取引はアプリでもできる!
    GMOコイン公式サイトはこちら!

管理人について

Widget1
仮想通貨のバブルに乗ってミリオネアを目指す26歳の仮想通貨トレーダーです。国立大学を卒業し総合系コンサル会社に入社→仮想通貨にハマり2年で退職し仮想通貨投資暦2年
50万の初期投資から貯金1200万(※2017年11月現在)
元々はフィンテック関連企業のアサイン経験からブロックチェーンの勉強をし、途中から投資を始めました。情弱だったことから起きた個人的な失敗談や、技術的な話を理解せずに投資をする友人達の失敗を見て本当に必要な情報を初心者〜中/上級者の方に向けて発信して行こうと思います。
僕が使っている取引所/トレード・保有してるコイン/参加したICOはこちら!

管理人のツイート

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ
Bitflyer side