仮想通貨Eidoo(エイドゥ/EDO)の特徴・チャート・購入方法(買い方)・取引所・将来性

仮想通貨Eidoo(EDO)は、ユーザーフレンドリーを目指す、多通貨対応ウォレットを開発しているプロジェクトです。そのチャート、取引所、購入方法はどうなっているのか?この記事では、仮想通貨Eidoo(EDO)のチャート・取引所・購入方法などを解説します!

仮想通貨Eidoo(エイドゥ/EDO)の特徴・チャート・購入方法(買い方)・取引所・将来性のイメージ

目次

  1. 1仮想通貨Eidoo(エイドゥ/EDO)とは?
  2. 2Eidoo(EDO)の特徴
  3. 3Eidoo(EDO)の相場チャート・価格推移
  4. 4Eidoo(EDO)が購入できる取引所一覧
  5. 5Eidoo(EDO)の購入方法の手順
  6. 6Eidoo(EDO)のおすすめウォレット
  7. 7Eidoo(EDO)の今後の将来性
  8. 8仮想通貨Eidoo(エイドゥ/EDO)まとめ
LINEで情報をゲット!
仮想通貨関連の注目サービスや海外ニュース、その他投資情報を配信!!


仮想通貨最新ニュース btcfeed line@

当サイトで人気の仮想通貨取引所ランキング!
まだ一つしか取引所を持っていない人は必ず複数に登録をして安全に取引をしましょう!
【1位】bitFlyer(ビットフライヤー)

ビットコイン取引量、国内ユーザー数が日本一の信頼できる取引所!

【2位】GMOコイン

初心者の人に1番おすすめ!簡単に取引ができて、しかも手数料も超お得!

【当サイトで今一番人気!】QUOINEX

人気のリップルとネムを両方を日本で唯一現物取引できる取引所!注目のQASHも取引できる!

【今大注目!】DMM Bitcoin

日本で世界で注目のアルトコインを唯一レバレッジ取引できる大注目の取引所!

※【注意】絶対に複数取引所に登録して資産を分散しておきましょう!資産を失うリスクがあります!

仮想通貨Eidoo(エイドゥ/EDO)とは?

ユーザーフレンドリーを目指す仮想通貨Eidoo(EDO)。草コインの一つですが、今後化ける可能性が高いとして期待が高まりつつあります。

ここでは、そんな仮想通貨Eidoo(EDO)の基礎情報をみていきましょう!

Eidoo(EDO)は海外の取引所でしか購入できない仮想通貨です。海外の取引所でEidoo(EDO)を購入するためには日本の取引所からビットコインを送金する必要がありますセキュリティにこだわるならビットフライヤーでの口座開設がおすすめです。

ThumbbitFlyerの口座開設からビットコインの入金・買い方まとめ | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

仮想通貨Eidoo(EDO)の概要

では早速、仮想通貨Eidoo(EDO)の概要をみてみましょう。仮想通貨Eidoo(EDO)の概要を表にすると以下のようになります。
 

仮想通貨名 Eidoo
通貨単位 EDO
発行上限枚数 90,708,327 EDO
主な取引所 Binance, Bitfinex, HitBTC等
公開日 2017年9月26日

仮想通貨Eidoo(EDO)の基本情報

仮想通貨Eidoo(EDO)は、ビットコインやイーサリアム等の多通貨対応ウォレットを開発している、ブロックチェーンとユーザーフレンドリーなインターフェイスによって設計されたモバイルアプリケーションです。

仮想通貨Eidoo(EDO)はウォレットに特化したプロジェクトで、ERC20ウォレットというウォレットを提供しています。ここでは、ビットコイン、イーサリアムをはじめとした全ての仮想通貨を単一のウォレットで管理できるようにしようという試みがなされています。

また、アプリケーションの動作が非常に軽いのが特徴で、現時点でiOS、Androidアプリがリリースされているほか、今後デスクトップ版も公開される予定になっています。

仮想通貨Eidoo(EDO)のERC20ウォレットは優れたUIUXから非常に使いやすいと評判で、今後に期待する声が多く上がっている仮想通貨だと言えます。

仮想通貨Eidoo(EDO)の現在の仮想通貨ランキングは以下の通りです。

Eidoo(EDO)の特徴

仮想通貨Eidoo(EDO)には様々な特徴があります。ここでは、仮想通貨Eidoo(EDO)の特徴のうちいくつかをみていきましょう。

共通のウォレットで管理ができる

仮想通貨Eidoo(EDO)の特徴の中で特に注目したいのが、複数の仮想通貨を共通のウォレットで管理できるという点です。

仮想通貨Eidoo(EDO)はウォレットに特化したプロジェクトで、ERC20ウォレット(Automatic Wallet for ERC20)というウォレットを利用しています。ここでは複数の仮想通貨を単一のウォレットで管理しようという試みがなされていますが、特に以下のような特徴があげられます。
 

  • 全てのトークンを自動認識(各ウォレットの設定が必要ない)
  • ETH、全てのERC20、ERC223トークンに適した単一アドレス
  • Bitcoin、LiteCoin、Zcashなどの仮想通貨を統合予定

また、仮想通貨Eidoo(EDO)はERC20規格の仮想通貨(トークン)をインデックスする機能が実装されおり、以下のような特徴があります。
 
  • ERC20規格の仮想通貨(トークン)を共通のウォレットで管理することが可能
  • それぞれのウォレットの残高を可視化
  • 仮想通貨(トークン)およびウォレットを所有者別にグループ分けし、信頼できるものか否かを可視化
  • 同一の持ち主のウォレットを全て紐付け

安全性が非常に高い

仮想通貨Eidoo(EDO)の特徴の一つには安全性の高さもあげられます。

仮想通貨Eidoo(EDO)は独自のリカバリーツールで高いセキュリティが保たれており、秘密鍵はデバイスによって暗号化され、ユーザー自身によって管理されます。また、政府が個々人に対して発行する公開鍵よEidooウォレットを紐づけることで、ウォレットが使えなくなった場合でも復旧を可能にする機能が実装される予定です。

昨今はプライバシーや匿名性を重視する仮想通貨が流行していますが、仮想通貨Eidoo(EDO)はその真逆で、安全性を高めることを最優先課題としている仮想通貨だと言えます。

Eidooハイブリッド交換

仮想通貨Eidoo(EDO)ではロードマップが示されており、今後の展開として分散型取引所のような機能も実装される予定となっています。

分散型取引所とは、管理人が存在せず、自分の資産を取引所のウォレットに預ける必要もないタイプの取引所のことです。現在稼働している仮想通貨取引所の中にも分散型取引所があり、CryptoBridgeなどがその一例としてあげられます。

予定としては、最初にETH/ERC20トークン、次いでETH/BTCの順で取り扱いを行なっていくようです。

スマホデバイスでICO参加が可能

仮想通貨Eidoo(EDO)では、スマホデバイスでICOに参加することが可能です。

参加方法は非常に簡単です。Eidoo(EDO)アプリをダウンロードし、所定の手続きを行なってアカウント開設を行います。その後、Eidoo(EDO)アプリにログインし、参加したいICOを選んでトークンを購入するだけです。

パソコンを立ち上げなくとも、スマホ一つでICOに参加できるのは手頃でいいですね!

UIUXが非常に優れている

仮想通貨Eidoo(EDO)はUIUXが非常に優れていることも特徴です。

非常に見やすくデザイン・レイアウトされたアプリケーション内の画面(=UI)と、直感的・感覚的に理解して操作できる(=UX)ことが相乗効果となり、とても利用しやすいアプリケーションになっています。

この点は仮想通貨Eidoo(EDO)が好評価を得ているポイントの一つでもあります。

R

(28)

実際に仮想通貨Eidoo(EDO)のページを見てみましたが、とても見やすく、感覚的に操作することができました!これは確かにかなり使いやすいかもしれません。

デビットカードの発行を予定

仮想通貨Eidoo(EDO)のロードマップに示されている項目の一つに、デビットカードの発行があります。

これは、ウォレットに貯蔵されている仮想通貨をデビットカードにチャージできる機能として実装される予定となっています。

実現すれば、実生活で仮想通貨を利用する割合が増えていくかもしれません。

Eidoo(EDO)の相場チャート・価格推移

ここで、仮想通貨Eidoo(EDO)の相場チャート、価格推移をみてみましょう。仮想通貨Eidoo(EDO)の相場チャート、価格推移は以下のようになっています。

仮想通貨Eidoo(EDO)は2017年12月25日にバイナンス上場を果たしました。チャートをみてみると、これにより価格が暴騰して2倍近く上昇をみせ、1EDO=$4.39を記録したことが分かります。

また、2018年1月7日には更なる暴騰が起こり、1EDO=$7.21と過去最高価格を記録しました。

その後、価格は下落したものの、ここ数日はやや上昇傾向にあり、2018年2月17日現在は1EDO=$2.84となっています。1度目の暴騰以降は、公開当初よりはやや高めの価格を推移していると言えそうです。

仮想通貨Eidoo(EDO)はロードマップでビットコイン対応ウォレットの開発やデビットカードの発行を掲げており、これらによって価格の変動が起こり得る可能性が考えられます。公式からの情報や新機能リリースのタイミングに注意し、チャートの動きに注目しておくと良いでしょう。

Eidoo(EDO)が購入できる取引所一覧

仮想通貨Eidoo(EDO)は現在国内の取引所ではまだ取り扱いがありません。

仮想通貨Eidoo(EDO)を購入できる取引所には、海外取引所であるBinance, Bitfinex, HitBTCなどがあげられます。

Eidoo(EDO)を購入できる取引所で特におすすめは、Binanceです!

世界最大の取引所で、今回見たEidoo(EDO)以外にも将来有望な通貨を多く取り扱っているBinanceはぜひ口座開設をしておきたい取引所です!

ThumbBinance(バイナンス)取引所の登録方法から口座開設までの使い方まとめ! | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

Eidoo(EDO)の購入方法の手順

仮想通貨Eidoo(EDO)は国内の取引所では扱われておらず、日本円での購入ができません。仮想通貨Eidoo(EDO)を購入するためには、まず国内の仮想通貨取引所でビットコインを日本円で購入し、用意したビットコインを利用して海外の仮想通貨取引所で仮想通貨Eidoo(EDO)を購入する、という手順を踏む必要があります。

 

以下、その手順をみていきましょう。

 

ここでは、国内取引所にはzaif、海外取引所にはBinanceを例として使用します。

zaifは国内の取引所の中では取引手数料が一番お得な取引所で、ビットコインの取引をすればするほどビットコインが溜まるというマイナス手数料の取引所です

頻繁にビットコインの取引をする人はぜひ口座を持っておきたい取引所の一つです

Thumbzaifの口座開設からビットコインの入金・買い方まとめ | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

国内取引所で、日本円でビットコインを買う

まず、国内取引所(ここではzaif)で日本円でビットコインを購入しましょう。手順は以下の通りです。

  1. zaifにログイン
  2. チャートの左上に表示されている通過欄からBTC/JPYを選択
  3. チャートの右側に表示されている売買注文パネルに「価格」「数量」を入力
  4. 「買い注文」をクリック
  5. 購入完了

 

これで、日本円でビットコインの購入が完了しました。

Binanceへビットコインを送金

続いて、zaifからBinanceへビットコインを送金しましょう。

国内取引所(ここではzaif)からBinanceへビットコインを送金するためには、送金先となるBinanceのアドレスが必要となります。以下の手順で、Binanceのアドレスを確認しておきましょう。

  1. Binanceにログイン
  2. ホーム画面上部のメニューバー右側にある「資産」→「預金の引き出し」をクリック
  3. 自分の資産が表示されるので、一覧の中から「ビットコイン(BTC)」を選択
  4. アドレスが表示されるので、それをコピーする

 

ここまでで、Binanceのアドレスの確認ができました。
続いて、zaif側からの手続きの手順です。

  1. zaifにログイン
  2. 上部のメニューバーから「入出金」→「出金」を選んでクリック
  3. 「出金アドレス」欄にBinanceのデポジットアドレスをペースト、「出金金額」を入力
  4. 「出金」をクリック
  5. 送金(出金)完了

 

zaifでの送金が完了したら、Binanceの口座を確認してきちんと着金しているかチェックしておきましょう。

BinanceでEidoo(EDO)を購入

最後に、Binanceで仮想通貨Eidoo(EDO)を購入する手順を解説します。

  1. Binanceにログイン
  2. 上部のメニューバーから「取引センター」をクリック(ベーシック、アドバンスどちらでも可)
  3. 上部右側に表示される通貨の種類から「EDO/BTC」を選択
  4. 購入したい分の「価格」「数量」を入力
  5. 「購入」をクリック
  6. 無事成約すれば、左下の「購入歴史」ページに記録が掲載されるので要確認

 

以上で、仮想通貨Eidoo(EDO)の購入手続きは完了です。

Eidoo(EDO)のおすすめウォレット

仮想通貨Eidoo(EDO)は複数の仮想通貨を保管できるモバイルウォレットです。

現時点では、イーサリアム、ERC20、ERC223トークンに対応しており、今後ビットコインへの対応も予定されています。

仮想通貨Eidoo(EDO)のウォレットアプリは現在iOSとAndroidでリリースされており、それぞれのストアで入手可能です。
 

Eidoo(EDO)の今後の将来性

それでは最後に、仮想通貨Eidoo(EDO)の今後の将来性をみておきましょう。

仮想通貨Eidoo(EDO)はロードマップを提示しており、それによって今後の開発等の方向性を知ることができます。

このように示されている仮想通貨Eidoo(EDO)のロードマップですが、表に抜き出すと以下のようになります。
 

2018年Q1 ウォレットのビットコイン対応
2018年Q1 DAppモジュール実装
2018年Q2 Eidooデビットカードのリリース
2018年Q3 政府の個人情報との紐付け昨日実装
2019年 その他のブロックチェーン対応ウォレットのリリース

こうしてみると、Eidoo(EDO)はウォレットの開発に注力していきたいのだろうと読み取ることができます。

2018年には注目のデビットカードのリリースも予定されており、今後も順調に開発が進めば、更なるユーザーの獲得や価格の上昇も考えられます。

また、ユーザーの獲得という点において、ユーザーフレンドリーを謳うEidoo(EDO)が開発チームにUX関連に強いメンバーを迎えていることは大きな助力となるでしょう。優れたUIUXはユーザーを強く惹きつけます。今後の開発に大いに期待が持てると言えるでしょう。

仮想通貨Eidoo(エイドゥ/EDO)まとめ

以上、仮想通貨Eidoo(EDO)についてみてきました。

これまでみてきた通り、仮想通貨Eidoo(EDO)はユーザーフレンドリーを目指す多通貨対応ウォレットです。現在はイーサリアム、ERC20、ERC223トークンへの対応のみですが、今後ビットコインへの対応も予定されています。

また、年内にはデビットカードの発行も予定されており、期待が高まります。これはウォレットに貯蔵されている仮想通貨をデビットカードにチャージできる機能として実装される予定となっていますが、この通りに実装されれば実生活で仮想通貨を利用できる場面が増えていくかもしれません。そうなれば、新規ユーザーの獲得に繋がっていく可能性は大いにあり得ます。

ウォレット自体はすでにアプリケーションがリリースされていますが、今後開発が進めば更に様々な機能が充実していくと考えられます。デビットカードの発行や新機能のリリース等によってユーザーが増えれば、仮想通貨Eidoo(EDO)自体の価格の上昇も考えられます。

今後の開発動向やチャートの動きに気を配りつつ、仮想通貨Eidoo(EDO)の購入を検討されてみてはいかがでしょうか。

Eidoo(EDO)を購入できるバイナンスは海外の取引所ですが、その使いやすさから日本人のユーザーも多く、テレグラムなどにも日本語のコミュニティなどもあります。

使い方も簡単で国内では取引されていないアルトコインを多数取り揃えているので、仮想通貨取引をしていくなら、ぜひ口座開設をしておきましょう。

ThumbBinance(バイナンス)の評判・メリット・デメリット・安全性・セキュリティを解説! | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

この記事を読んだ人はこちらも読んでいます

Thumb仮想通貨XPとは?チャート・購入方法(買い方)・取引所・将来性 | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]
Thumb仮想通貨Binance Coin(BNB)とは?チャート・購入方法・取引所・将来性! | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

徹底比較!2018年度版オススメ取引所ランキング


LINEで有力情報をゲット!
仮想通貨関連の注目サービスや海外ニュース、その他有力投資情報を配信!!


仮想通貨最新ニュース btcfeed line@

迷ったらまずこの取引所!初心者の人にオススメ取引所をご紹介!

安心・安全が一番!という人ならbitFlyer

bitFlyerは世界で最もセキュリティの高い取引所!

国内で唯一ハッキングへの補償もしている安心の取引所!

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

☛bitFlyerの口座開設方法はこちらで解説!

☛bitFlyerの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

取引するのに難しい操作が心配という人はGMOコイン

初心者の人でも簡単な操作で、リップルなどの人気仮想通貨が購入可能!

運営企業も上場企業の子会社で運営面も安心!

☛GMOコインの口座開設方法はこちらで解説!

☛GMOコインの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

仮想通貨取引をしているなら持っておくべき取引所!

人気アルトコインの購入なら手数料無料のbitbank!

人気のリップル(Ripple/XRP)を手数料無料で購入ができる!

リップル以外のアルトコイン手数料も無料!

☛bitbankの口座開設方法はこちらで解説!

☛bitbankの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

人気通貨を唯一レバレッジ取引できるDMM Bitcoin

人気のリップルとネム、ライトコイン等を唯一レバレッジ取引できる!

レバレッジ取引も安心してできる仕組みを取り入れていて安心!

☛DMM Bitcoinの口座開設方法はこちらで解説!

☛DMM Bitcoinの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

関連するまとめ

仮想通貨取引所ランキング

  • No.1bitFlyer(ビットフライヤー)
    Bitflyerビットフライヤーは私もビットコイン取引で頻繁に使っている取引所の一つです!ビットフライヤーのおすすめポイント3つ!
    • ビットコイン取引日本一の使いやすさ!
    • 手数料が安い
    • 保障もあり安心の取引所
    ビットフライヤーの公式サイトはこちら!
  • No.2GMOコイン
    GmoGMOコインは上場企業のグループ会社で安心の取引所です!初心者の簡単にお得に利用ができます!
    • 手数料が安く操作も簡単!
    • 上場会社のグループで安心!
    • FX取引はアプリでもできる!
    GMOコイン公式サイトはこちら!

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ
Bitflyer side