Zaif(ザイフ)トークンのチャートの買い方と見方【今後の可能性】

Zaif(ザイフ)トークンのチャートの見方と買い方について解説していきます。最近ちょっと話題になっているZaif(ザイフ)トークンですが、一体どのようなものなのか。どうやって買えばいいのか、買い方はどのようなのか。それらについて詳しく説明していきます。

Zaif(ザイフ)トークンのチャートの買い方と見方【今後の可能性】のイメージ

目次

  1. 1Zaif(ザイフ)トークンとは?
  2. 2トークンと仮想通貨の違いは?
  3. 3Zaif(ザイフ)トークンの評価・口コミ
  4. 4Zaif(ザイフ)トークンの買い方
  5. 5Zaif(ザイフ)トークンのチャートの見方
  6. 6Zaif(ザイフ)トークンの過去から現在までのチャート推移
  7. 7チャートから見るとZaif(ザイフ)トークンは?
  8. 8Zaif(ザイフ)トークンのチャート見極め方
  9. 9Zaif(ザイフ)トークンのチャート変動はcomsaの影響?
  10. 10 Zaif(ザイフ)トークンの価格変動させたcomsaとは?
  11. 11Zaif(ザイフ)トークンの発行量
  12. 12Zaif(ザイフ)トークンの今後の可能性と将来性
  13. 13Zaif(ザイフ)トークンチャートまとめ
当サイトで人気の仮想通貨取引所ランキング!
まだ一つしか取引所を持っていない人は必ず複数に登録をして安全に取引をしましょう!
【1位】Zaif(ザイフ)

取引手数料の安さNO.1!本サイト1番のオススメ取引所!

【2位】bitFlyer(ビットフライヤー)

ビットコイン取引量、国内ユーザー数が日本一の信頼できる取引所!

【3位】GMOコイン

初心者の人に1番おすすめ!簡単に取引ができて、しかも手数料も超お得!

【当サイトで今一番人気!】QUOINEX

人気のリップルとネムを両方を日本で唯一現物取引できる取引所!注目のQASHも取引できる!

【今大注目!】DMM Bitcoin

日本で世界で注目のアルトコインを唯一レバレッジ取引できる大注目の取引所!

※【注意】絶対に複数取引所に登録して資産を分散しておきましょう!資産を失うリスクがあります!

Zaif(ザイフ)トークンとは?

今話題となっている仮想通貨。最近ではビットコインの急騰により、その注目度も一段と高まったかと思います。まさに今は「仮想通貨バブル時代」とでも呼べる時代に入っています。

そんなビットコインを始めとする仮想通貨を購入するには、仮想通貨取引所での取引がおすすめです。取引所では、簡単にビットコインなどの仮想通貨を購入することが可能です。そんな取引所の中でも、日本で大規模な取引所に「Zaif(ザイフ)」というものがあります。Zaif(ザイフ)は取引時の手数料の安さなどが売りの仮想通貨取引所です。

▼手数料の安さが売りのZaif取引所はこちら!

そんなZaif(ザイフ)が発行するトークン、「Zaif(ザイフ)トークン」をご存知でしょうか。トークンとは、仮想通貨を使って発行された仮想のお金、のようなものです。トークンには必ず発行者がいます。簡単に言ってしまえば、既存のブロックチェーン技術をそのまま使って作った仮想通貨みたいなものだという認識で大丈夫だと思います。

Zaif(ザイフ)トークンは「comsa」や「Zaif(ザイフ)」を運営するテックビューロ社がXEMのブロックチェーンを用いて発行したトークンになります。comsaについては後述します。現在、Zaif(ザイフ)トークンはZaif(ザイフ)でのみ購入することが可能です。今回はそんなZaif(ザイフ)トークンのチャートの見方や買い方について紹介していきます。

ThumbZaif(ザイフ)トークンとは?買い方からチャートの見方を徹底解説! | BtcFeed

トークンと仮想通貨の違いは?

はじめに、トークンと仮想通貨の違いとはなんでしょうか。トークンと仮想通貨、名前は非なるものですが、実質的にはほとんど同じもの、といっても差し支えない存在同士です。そもそも、仮想通貨自体には二種類の分類がなされています。

カレンシータイプ

カレンシーとは「通貨」という意味になります。代表的なものでいうと、ビットコインやイーサリアムなどがこれに当てはまります。

カレンシータイプの仮想通貨は、発行者がいません。なので、発行量には限り(上限)が決められています。また、カレンシータイプの仮想通貨はコンピューターを使って採掘(マイニング)を行うことが可能です。

アセットタイプ

アセットとは「金融資産」という意味になります。金融資産というと堅苦しいイメージを抱きがちですが、身近な株式などを思い浮かべてもらえば大丈夫だと思います。代表的なものでいうと、リップルやZaif(ザイフ)トークンなどがこれに当てはまります。

アセットタイプには、カレンシータイプと違って発行者がいます。その発行者が流通量や発行量などを決める形になります。そのかわり、アセットタイプの仮想通貨は採掘(マイニング)を行うことはできません。あくまで、仮想通貨の売買取引のみとなります。

結局、仮想通貨とトークンはどう違う?

前述のとおり、仮想通貨の分類でいくと、Zaif(ザイフ)トークンはアセットタイプの仮想通貨、という扱いになります。そもそも、仮想通貨やトークンの定義自体が曖昧なもので、明確にこれが仮想通貨!これがトークンだ!という風に分けられてはいません。ただし、その使われ方には大きな差があると言えます。基本的にはカレンシータイプの方がアセットタイプに比べ、使い勝手もよく、資産価値も高いものだとされています。なぜならアセットタイプのトークンは、その使い道が限定的なことが多いからです。

Zaif(ザイフ)トークンの評価・口コミ

では、Zaif(ザイフ)トークンの評価・口コミなどはどうなっているのでしょうか。Twitterでリサーチしてみました。

Zaif(ザイフ)トークンの買い時についてのツイートです。Zaif(ザイフ)トークンは今が底で買い時のようです。

こちらはZaif(ザイフ)トークンのチャートについてのツイートです。Zaif(ザイフ)トークンのチャートを見てみると、大体0.5円台に張り付いているのが分かります。この方の見立てでは、運営がじわじわとZaif(ザイフ)トークンを売却しているのでは、という見立てのようです。短期では上がる見込みがないのだとか。

こちらもZaif(ザイフ)トークンに関するツイートです。確かに現在の規模では仮想通貨の方がトークンに比べて市場規模が大きいという意見にはうなずけます。今現在ではZaif(ザイフ)トークンは0.5円ほどで取引されています。これからに期待するにせよ、ネタで買ってみるにせよ、安いうちに買っておくなら、確かに今がおすすめであると思います。

Zaif(ザイフ)トークンの買い方

では、Zaif(ザイフ)トークンはどのように買うことが出来るのでしょうか。前述の通り、Zaif(ザイフ)トークンはZaif(ザイフ)でのみ購入することが可能です。

Zaif(ザイフ)でZaif(ザイフ)トークンやビットコインなどの仮想通貨を購入する場合には、Zaif(ザイフ)アカウントの作成およびZaif(ザイフ)での本人確認をすませておくことが必要になります。まだ、Zaif(ザイフ)のアカウントをお持ちでない方、もしくはZaif(ザイフ)の本人確認をすませていない方はそれぞれ手続きを進めておきましょう。

ただし、Zaif(ザイフ)の本人確認には時間がかかってしまいますので、余裕を持って早めに作成・本人確認しておくのがおすすめです。

Zaif(ザイフ)は日本でも有数の取引所なので、アカウントを作成しておく・本人確認をすませておくだけでも、これから仮想通貨取引を始める際にスムーズに取引ができるようになると思います。


Zaif(ザイフ)の本人確認などの詳しい手順はこちら>>

agasa

(21)

Zaif(ザイフ)の本人確認コードが郵送されてくるまでには5日~一週間ほどかかった、といった声も耳にしますね。結構根気強く待つ必要があるみたいです。

▼Zaifの公式ページはこちら▼

Zaif(ザイフ)でZaif(ザイフ)トークンを買うには、2つの買い方が存在しています。2つの買い方によって、Zaif(ザイフ)トークンをどう買うかが異なるので、しっかりと確認しておくようにしましょう。

それぞれの買い方について説明していきます。

まずZaif(ザイフ)トークンを購入する画面まで行くには、Zaif(ザイフ)のチャートのページの左の方にある「BTC/JPY」と書かれたボタンをクリックします。

その後、出てくるウインドウに主要通貨、トークン、イベント、と書かれたボタンがそれぞれあるので、その中の「トークン」を選び、「ZAIF/JPY」と書かれたボタンをクリックすれば、チャートと注文フォームがZaif(ザイフ)トークン用のものになります。

注文をする前には、きちんと変更されているか画面を確かめるようにしておきましょう。

成行で買う~買い方①~

一つ目の買い方は成行注文で買う買い方です。

成行注文とは特に価格を指定することなく、今現在の価格で買う買い方です。価格を指定しないので、注文するのがとても簡単です。その代わり、大きな額を注文してしまうと、買い板が厚くなってしまい、思わぬ高値で買ってしまう場合があるので注意するようにしてください。

指値で買う~買い方②~

二つ目の買い方は指値注文で買う買い方です。

指値注文とは価格と注文量を指定して買う買い方です。基本的には板にある「気配値」の価格を参考に注文することになります。あまりに低い価格を付けても注文が通ることはまれです。ちなみにリミット売りという項目もあり、リミット売りとは、指値注文で買ったZaif(ザイフ)トークンが指定した価格まで上がったら売る、という設定になります。

Zaif(ザイフ)トークンのチャートの見方

ここでは、Zaif(ザイフ)トークンのチャートの見方について説明していきます。チャートの見方と言っても、特に難しいチャートの見方はありませんので、基本的なチャートの見方を知ってしまえば大丈夫です。

チャートの見方

ではZaif(ザイフ)トークンのチャートの見方について解説していきます。

青い棒(ローソク)のところのチャートは、価格が上がっていることを示しています。反対に赤い棒(ローソク)のところのチャートは、価格が下がっていることを示しています。チャートは右に行くほど新しいものになり、チャートの高さが価格の高さを示しています。

基本的にはチャートが低いときに買って、チャートが高いときに買うのが良いとされています。

他の取引所のチャートも併用する

他の取引所のチャートの仕組みも似たようなものになっています。チャートの動き・チャートの見方に慣れるには、チャートをどんどん見ていくしかありません。チャートを見ていけばいくほど、チャートの見方というものが分かってくると思うので、まずはチャートの見方に慣れるようにすれば大丈夫だと思います。

▼他のおすすめ取引所

Zaif(ザイフ)トークンの過去から現在までのチャート推移

Zaif(ザイフ)トークンは2016年の7月下旬あたりから取引されるようになりました。Zaif(ザイフ)トークンは今後どうなるのか、過去から現在までのチャートの推移を見ていきたいと思います。

こちらは2016年8月から9月にかけてのチャートです。Zaif(ザイフ)トークンは最初、5円近くで取引されていたものの、急落してしまい、1円台ほどで推移しています。

こちらは2017年の8月から11月初旬にかけてのチャートです。8月の終わりには急騰しましたが、すぐに急落してしまっています。どうしても、Zaif(ザイフ)トークンの使い道が、今現在限定的であるという理由から上がってもすぐに下がってしまうようです。現在(記事執筆時)は0.5円台ほどで取引されているようです。

チャートから見るとZaif(ザイフ)トークンは?

では、チャートから見るとZaif(ザイフ)トークンはどうなのでしょうか。チャートの動きが分かりやすい、暴騰チャートと暴落チャートを見てみることにしましょう。

暴騰チャート

今年、Zaif(ザイフ)トークンが暴騰したチャートになります。27日を迎えるまでは、特に大きな変化はなく、ほぼ横ばいの状態が続いていました。しかし、27日になると、いきなり暴騰し始め、2円台まで上り詰めました。

暴落チャート

しかし、Zaif(ザイフ)トークンの暴騰はそう長く続きませんでした。上のチャートを見ていただければ分かるかと思いますが、急騰したあとすぐに急落してしまっています。これには多くのZaif(ザイフ)トークンホルダーが悩まされ、あるいは泣かされてしまったことと思います。

Zaif(ザイフ)トークンのチャート見極め方

こんなに値動きが激しいZaif(ザイフ)トークン。そんなZaif(ザイフ)トークンにチャートの見極め方はあるのでしょうか。

今回は個人的におすすめするチャートの見極め方を紹介していけたらと思います。

チャートの見極め方

チャートの見極め方はずばり、Zaif(ザイフ)トークンに今後新たな使い道ができた時がカギだと思います。

Zaif(ザイフ)トークンの現在の主な使い道はCMSトークンと呼ばれるcomsaのトークンと交換できること、くらいにしかありません。ですが、今後のことを考えると、Zaif(ザイフ)はきっと社名を背負っているほどのZaif(ザイフ)トークンをこのままでは終わらせないことでしょう。なので、Zaif(ザイフ)トークンを使ったイベントなどが今後行われる場合があります。

チャートから見る購入タイミング

チャートを見てみると、暴騰しているときには、必ずと言っていいほどcomsa絡みのイベントが行われています。

comsaとの連携があるとの噂がたったときなどには、噂だけでZaif(ザイフ)トークンが暴騰してしまいました。このことからするに、Zaif(ザイフ)トークンに今後comsa絡みのイベント、もしくは他に新たな使い道ができるようなことになれば、暴騰する可能性は極めて高いと思います。

そして、何もイベントがない、使い道が限定的であるタイミングがZaif(ザイフ)トークンの購入タイミングなのではないかと考えています。

Zaif(ザイフ)トークンのチャート変動はcomsaの影響?

Zaif(ザイフ)トークンのチャートを見ていただければ分かると思うのですが、Zaif(ザイフ)トークンが大きな値動きを見せているときには、ある条件があります。それがcomsaが絡んできたときです。

comsaが絡んでくると、Zaif(ザイフ)トークンはそれにつられて、大きな値動きを見せています。普段は買い板が薄いZaif(ザイフ)トークンですので、イベント時には短時間で大きな値動きを見せることになります。

Zaif(ザイフ)トークンの価格変動させたcomsaとは?

ではさんざん名前が出てきている、Zaif(ザイフ)トークンを暴騰・暴落させたとまで言われるcomsaとは一体ナニモノなのでしょうか。

comsaはICOのプラットフォーム

comsaはICOのプラットフォームの一つです。ICOとは、仮想通貨を使ってトークンを発行し、それによって資金調達を行う、というやり方です。今年はICOも日の目を見て、結構な額の資金が動いています。comsaはそのICOを支援する組織、という認識で大丈夫だと思います。

Zaif(ザイフ)トークンの発行量

前述のように、Zaif(ザイフ)トークンはアセットタイプですので、Zaif(ザイフ)トークンの発行量についてはZaif(ザイフ)が管理・運営しています。ですが、今のところ、Zaif(ザイフ)トークンの発行量に上限はないようです。しかし、今後のZaif(ザイフ)の動きによっては発行量が制限されるという可能性もあります。

Zaif(ザイフ)トークンの今後の可能性と将来性

Zaif(ザイフ)トークンには今後の可能性と将来性はあるのでしょうか。今後、Zaif(ザイフ)トークンがどうなるかについては、今まで通り、comsaがカギを握っていると言って差し支えないでしょう。普段は使い道の限られているZaif(ザイフ)トークンですが、comsa絡みのキャンペーン時には暴騰・暴落を見せてくれます。

また、comsaの他にも、今後新たにZaif(ザイフ)トークンの使い道が生まれるかもしれません。その使い道によっては、今後Zaif(ザイフ)トークンの価値が上がっていく、といったことも、もちろん考えられます。

Zaif(ザイフ)トークンチャートまとめ

Zaif(ザイフ)トークンのチャートを見れば、comsaの影があります。今はcomsaに依存してしまっているようなトークンですが今後のZaif(ザイフ)の動き次第では、化ける存在でもあるとも言えます。ぜひ新たな使い道が生まれ、Zaif(ザイフ)トークンがもっと知名度・有用度を上げてくれることを期待しておきます。

徹底比較!2018年度版オススメ取引所ランキング

迷ったらまずこの取引所!初心者の人にオススメ取引所をご紹介!

安心・安全が一番!という人ならbitFlyer

bitFlyerは世界で最もセキュリティの高い取引所!

国内で唯一ハッキングへの補償もしている安心の取引所!

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

☛bitFlyerの口座開設方法はこちらで解説!

☛bitFlyerの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

取引するのに難しい操作が心配という人はGMOコイン

初心者の人でも簡単な操作で、リップルなどの人気仮想通貨が購入可能!

運営企業も上場企業の子会社で運営面も安心!

☛GMOコインの口座開設方法はこちらで解説!

☛GMOコインの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

仮想通貨取引をしているなら持っておくべき取引所!

人気アルトコインの購入なら手数料無料のbitbank!

人気のリップル(Ripple/XRP)を手数料無料で購入ができる!

リップル以外のアルトコイン手数料も無料!

☛bitbankの口座開設方法はこちらで解説!

☛bitbankの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

手数料の安さぶっちぎり!Zaif!

日本の取引所で手数料が最もお得な取引所!

ビットコインは取引すればするほどビットコインをもらえる!

海外取引所を利用するならZaifでのビットコイン購入がおすすめ!!

☛Zaifの口座開設方法はこちらで解説!

☛Zaifの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

人気通貨を唯一レバレッジ取引できるDMM Bitcoin

人気のリップルとネム、ライトコイン等を唯一レバレッジ取引できる!

レバレッジ取引も安心してできる仕組みを取り入れていて安心!

☛DMM Bitcoinの口座開設方法はこちらで解説!

☛DMM Bitcoinの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

関連するまとめ

仮想通貨取引所ランキング

  • No.1bitFlyer(ビットフライヤー)
    Bitflyerビットフライヤーは私もビットコイン取引で頻繁に使っている取引所の一つです!ビットフライヤーのおすすめポイント3つ!
    • ビットコイン取引日本一の使いやすさ!
    • 手数料が安い
    • 保障もあり安心の取引所
    ビットフライヤーの公式サイトはこちら!
  • No.2Zaif(Zaif)
    Zaifザイフは初心者に優しく日本で一番最初にできた仮想通貨取引所です!ザイフのおすすめポイント3つ!
    • 手数料安さ日本一!
    • 独自のサービスで魅力満点!
    • 老舗の信頼できる取引所!
    ザイフの公式サイトはこちら!
  • No.3GMOコイン
    GmoGMOコインは上場企業のグループ会社で安心の取引所です!初心者の簡単にお得に利用ができます!
    • 手数料が安く操作も簡単!
    • 上場会社のグループで安心!
    • FX取引はアプリでもできる!
    GMOコイン公式サイトはこちら!

管理人について

Widget1
仮想通貨のバブルに乗ってミリオネアを目指す26歳の仮想通貨トレーダーです。国立大学を卒業し総合系コンサル会社に入社→仮想通貨にハマり2年で退職し仮想通貨投資暦2年
50万の初期投資から貯金1200万(※2017年11月現在)
元々はフィンテック関連企業のアサイン経験からブロックチェーンの勉強をし、途中から投資を始めました。情弱だったことから起きた個人的な失敗談や、技術的な話を理解せずに投資をする友人達の失敗を見て本当に必要な情報を初心者〜中/上級者の方に向けて発信して行こうと思います。
僕が使っている取引所/トレード・保有してるコイン/参加したICOはこちら!

管理人のツイート

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ
Bitflyer side