Jaxxウォレットの使い方!初期設定方法からバックアップまでを解説!

様々な種類の仮想通貨のウォレットとして注目されているJaxxウォレットをご存知でしょうか?Jaxxウォレットの使い方やメリット、デメリット、その他デスクトップウォレットやモバイルウォレットととしての使い方、初期設定方法、バックアップの仕方をご紹介します。

Jaxxウォレットの使い方!初期設定方法からバックアップまでを解説!のイメージ

目次

  1. 1Jaxxウォレットとは?
  2. 2Jaxxウォレットの仕組みと特徴
  3. 3Jaxxのメリット
  4. 4Jaxxのデメリット
  5. 5Jaxxの使い方
  6. 6Jaxxの手数料
  7. 7Jaxxの注意点
  8. 8Jaxxに関するよくある質問
LINEで情報をゲット!
仮想通貨関連の注目サービスや海外ニュース、その他投資情報を配信!!


仮想通貨最新ニュース btcfeed line@

当サイトで人気の仮想通貨取引所ランキング!
まだ一つしか取引所を持っていない人は必ず複数に登録をして安全に取引をしましょう!
【1位】Zaif(ザイフ)

取引手数料の安さNO.1!本サイト1番のオススメ取引所!

【2位】bitFlyer(ビットフライヤー)

ビットコイン取引量、国内ユーザー数が日本一の信頼できる取引所!

【3位】GMOコイン

初心者の人に1番おすすめ!簡単に取引ができて、しかも手数料も超お得!

【当サイトで今一番人気!】QUOINEX

人気のリップルとネムを両方を日本で唯一現物取引できる取引所!注目のQASHも取引できる!

【今大注目!】DMM Bitcoin

日本で世界で注目のアルトコインを唯一レバレッジ取引できる大注目の取引所!

※【注意】絶対に複数取引所に登録して資産を分散しておきましょう!資産を失うリスクがあります!

Jaxxウォレットとは?

仮想通貨の保管場所はみなさんそれぞれ違うと思います。一般的なものでは、ウェブウォレットやハードウェアウォレット、デスクトップウォレット、モバイルウォレットといったものがあります。

ウォレットというのは「財布」と同じような意味合いです。仮想通貨の保管先としてウォレットと呼ばれています。

それぞれ安全性や保管できる仮想通貨の種類も異なります。自分に合ったウォレットを利用しましょう。今回はウォレットの中でも利便性が高く、保管できる仮想通貨の種類が多いJaxxというウォレットをご紹介します。

Jaxxウォレットは、2018年2月15日現在、62種類の仮想通貨の保管が可能となっています。ほかのウォレットよりも圧倒的に種類が多いのが特徴です。

後述しますが、JaxxはMac OSやWindows、Linuxにも対応しています。モバイルウォレットにも対応しており、Android、iOSでインストールすることができます。

また、JaxxはGoogleの拡張機能としても利用することができます。今後さらに保管できる仮想通貨の種類が増えたり、セキュリティー面も強化されていくので注目のウォレットです。

モバイルウォレットとは?

デスクトップウォレットやウェブウォレット以外で仮想通貨を保管したい、外出先でも仮想通貨の確認がしたいという方はモバイルウォレットを利用しましょう。モバイルウォレットはスマフォにアプリ(ソフトウェア)をインストールすることで利用できます。

Jaxxのモバイルウォレットは複数端末で同期できますので、必要なときは同期をして最新の状態に更新しておきましょう。

Thumbモバイルウォレットの使い方・仮想通貨(ビットコイン)の保管方法 | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

デスクトップウォレットとは?

デスクトップウォレットとは、ウェブウォレットとは違い独立した保管方法です。デスクトップウォレットとして必要なソフトウェアをインストールして利用することができます。

デスクトップウォレットは、他のウォレットに比べると比較的安全と言えます。PC上ではオフラインの状態でも保管できますので、インターネットにつながっていない間は、ハッキングなどの被害を受けることがありません。

普段仮想通貨の確認をあまりしないという方はこのデスクトップウォレットをおすすめします。またマイニングの報酬先としてもデスクトップウォレットを利用することもできます。

Thumbデスクトップウォレットはおすすめと使い方!メリット・デメリットを紹介 | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

ウォレットと安全性

仮想通貨を管理するのに利用するウォレットにはそれぞれ安全性の高い低いというものがあります。

仮想通貨取引所はいわゆるウェブウォレットで、常にハッキングの危険性を持ちます。
また、秘密鍵の管理などもすべて任せる状態で、何が起きてもその取引所の責任と言えます。

そのため、ウォレットは自分で作成してそこで管理するのをおすすめします。

今回紹介するモバイルウォレット、デスクトップウォレットは、ウェブウォレットよりも安全性が高く、さらにモバイルウォレットは持ち運びをしているスマホで利用ができるので利便性も高いです。

そのため、常に売買をするような通貨以外は置いておくのに適しています。

しかし、長期保有をする通貨を保存するのならハードウェアウォレットがおすすめです!
利便性ではモバイルウォレットなどには勝てませんが、セキュリティは圧倒的に高くなります。

ハードウェアウォレットの中でもLedger Nano Sをおすすめします!
日本でも人気のリップルに対応しているハードウェアウォレットで安心できるウォレットです。

まだハードウェアウォレットを持っていない人には絶対に持っておくことをおすすめします!
自分の資産は自分で守りましょう!

Jaxxウォレットの仕組みと特徴

Jaxxはモバイルウォレット、デスクトップウォレットとして利用できる他、Google Chromeの拡張機能としても利用できます。比較的に操作が簡単で、利便性がいいのが特徴と言えます。

Jaxxウォレットの仕組みとその特徴について紹介します。

Jaxxウォレットの仕組み

Jaxxウォレットの仕組みは、デスクトップウォレット、モバイルウォレット両方に対応していることと、Google Chromeの拡張機能としても利用できます。

モバイルウォレットとデスクトップウォレットの中で端末同士で同期することもできます。


またJaxxは簡単に仮想通貨の送金、受け取りができることや、バックアップ方法もシンプルでわかりやすいです。仮想通貨どうしの交換もできるので便利です。

Jaxxウォレットの対応通貨

Jaxxウォレットでの対応通貨はお使いの端末により少し異なります。Jaxxのホームページにはその旨は掲載されていないので注意が必要です。Windowsでの2月15日時点での対応通貨の種類は62種類で、iOS端末の対応通貨の種類は58種類です。

以下62種類のJaxxウォレット対応通貨一覧です。
 

BTC,ETH,ETC,LTC,DSH,ZEC,RSK,DGE,BCH,ETHt,GNT,REP,BAT,GNO,
DGD,ICN,MCO,BNT,ANT,TKN,CVC,STX,BCP,EOS,1ST,SNT,POE,QTM,
WNG,EDG,MLN,CFI,GUP,CRB,RLC,MCI,SAN,ART,SLT,PAY,DPP,ENJ,
BCP,WRC,FUL,DRT,AON,PPP,UKG,STO,SWM,WAX,PRE,BBK,VIB,
SNM,UCA,CAT,DCN,SNS,PLY,ZAP

Jaxxのメリット

Jaxxのメリットは、なんといっても対応通貨の豊富さではないでしょうか?その他にもウォレットとしての画面の見やすさ、扱いやすいことがメリットとして挙げられます。それぞれのメリットについて紹介します。

対応している通貨が非常に多い

対応している通貨は2018年2月15日現在で、62種類とかなり多いです。対応通貨が多いので通貨の交換、送金、受け取りに非常に便利です。今後も対応通貨は増えていきますので、今からメインのウォレットとして利用するのもいいでしょう。

これから新しいアルトコインを購入しようという方やマイナーな仮想通貨を持っている人にはおすすめです。

UIが非常に見やすく、使いやすい

Jaxxの魅力は対応通貨が多いだけではなく、ソフトウェアの扱いやすさ、見やすさもメリットとして挙げられます。

UIはデスクトップウォレット、モバイルウォレット、Google Chromeの拡張機能どれも統一感があって見やすく、使いやすいです。

細かいセッティングもわかりやすく、英語が分からない人でも使えるようになります。

Jaxxのデメリット

Jaxxのデメリットして挙げられるのは、日本語に対応していないことです。

画面の操作はシンプルで分かりやすいですが、いざトラブルがあったときに日本語サポートがないので少し不安です。注意事項をあらかじめ知っておく必要があります。

日本語対応されていない

日本語に対応していない取引所も多いので、ウォレットに関しても日本語に対応していないものがたくさんあります。Jaxxは英語ですので、操作じたいは翻訳すればすぐわかります。

ただ何か重要なトラブル(資産が紛失した等)が発生したときに、英語で問い合わせることになるので、その辺りは注意が必要です。

以前に盗難の被害があった

もうひとつデメリットがあります。それは2017年6月に$400,000相当の盗難被害がありました。バックアップの方法である12の単語を入力するシステムに抽出可能な脆弱性が発見され被害がありました。

この盗難被害があったことで、Jaxx社のCEOは「Jaxxに大金を保管しないように」と言及しました。

今でもハッキングの脅威は残っていますので、Jaxxを利用する際は自己責任でお願いします。

大金の保管はハードウェアウォレットにしておきましょう。

Jaxxの使い方

Jaxxへの登録方法、初期設定方法、バックアップ方法、通貨の送金、受け取り方法と端末どうしの同期の方法をご紹介します。とてもシンプルなので、すぐ利用できます。

Jaxxの使い方1:ダウンロードと初期設定方法

Jaxxの公式ホームページへアクセスしてオレンジ色のDownload Nowをクリックしてソフトウェアをダウンロードしてください。

モバイル端末からJaxxをダウンロード及びインストールする際はGoogle play又はApp StoreでJaxxと検索してダウンロード&インストールを行ってください。

JaxxのWindows版とGoogle Chromeの拡張機能好きな方をダウンロードしてください。どちらもデスクトップウォレットになります。

Jaxxが対応しているソフトウェア一覧です。できればデスクトップウォレット、モバイルウォレット両方をダウンロードしておくと同期することができるので便利です。

新しいウォレットを作るという「CREATE NEW WALLET」を選択し、「CONTINUE」をクリックして下さい。

EXPRESSかCUSTOMを選択してください。ここではEXPRESSを選択しています。カスタム機能を利用したい場合はCUSTOMを選択してください。

利用する通貨を選択して、「TAKE ME TO MY WALLET」をクリックしてください。

このホーム画面が表示されれば、ウォレットの完成です。

Jaxxの使い方2:バックアップ方法

Jaxxウォレットホーム画面の右上にある「三」をクリックしてください。

「Tools」をクリックしてください。

「Buckup Wallet」をクリックしてください。

左下にある注意事項を確認し、チェックを入れたら「CONTINUE」をクリックしてください。

オレンジ色の文字の単語が12個表示されます。この単語をメモして「CONTINUE」をクリックしてください。

先ほどメモをした12個の単語の入力画面がでます。単語と単語の間にスペースを空け入力の確認ができたら
エンターを押します、そうすれば入力欄の下にSUCCESS!という文字が出るとバックアップ完了です。

最後に「FINISH」をクリックしてJaxxウォレットホーム画面に戻ってください。

Jaxxの使い方3:通貨の受け取り方法

Jaxxウォレットホーム画面の「RECEIVE」をクリックしてください。受取金額を入力してください。相手にアドレスまたはQRコードを知らせて受取金額を送金してもらってください。

Jaxxの使い方4:通貨の送金方法

Jaxxウォレットホーム画面から「SEND」をクリックしてください。

そうすると相手の受け取りアドレスと送金金額の入力欄がでてきますので、それぞれ入力して「SEND」をクリックしてください。

Jaxxの使い方5:他のデバイスと同期する方法

まず、スマホにJaxxのアプリをダウンロード及びインストールしてください。
最初に「Pair/Restore Wallet」をタップして「CONTINUE」をタップしてください。
次にカメラマークが出るので待機します。
 

PC版のJaxxを初期化します。右上の「三」をクリックして、MENU一覧から「Tools」をクリックしてください。

三段目に「Pair Devices」という項目があるのでそこをクリックしてください。

一段目にある「Pair/Restore Wallet」をクリックしてください。

3秒ほどのカウントダウンのあと右下に「I UNDERSTAND」という文字が表示されるのでそこをクリックしてください。

12個の単語を入力する欄がでてきますので、バックアップ時にメモした12個の単語を入力してください。

ウォレットのセッティングを「EXPRESSかCUSTOM」から選んでください。

利用する仮想通貨を選んで「TAKE ME TO MY WALLET」をクリックしてください。

下部に表示が出れば初期化が完了します。そのあとスマホでカメラを使ってPC画面のQRコードをスキャンすればウォレットの情報が更新され同期できます。以上で同期の方法は終わりです。

ヤマモト

(28)

JaxxのPC版とGoogle Chromeの拡張版、スマフォ版を利用してみて思ったことはどれもデザインや操作性に統一感があって扱いやすいことと、英語で書いてあることでもニュアンスで分かるので、バックアップの取り方、PINの設定方法も日本語がわからなくてもできました。使いやすいという印象でした。対応通貨の種類が多いのでこれからも使用してみたいと思っています。

Jaxxの手数料

Jaxxから仮想通貨を送金する際には手数料が発生します。具体的な手数料に関しては送金するときに反映されるかと思いますので送金の際に確認しましょう。

ウォレットの中に送金金額より少し多めに通貨をいれておいてから送金しましょう。

Jaxxの注意点

Jaxxを利用するにあたって注意しないといけないことがあります。大きく分けて3つあります。

まずShapeShiftに関して、それとOSによって取り扱いの通貨が違う(正確には4種類ほど)ことと多くの仮想通貨を預けてはならないことです。

それぞれについて説明します。

ShapeShiftに関して

JaxxはShapeShiftと連携しています。なので仮想通貨間の両替がほとんど無料で行えます。ほとんどというのはスプレッドという売値と買値のレートの差があるのでそのスプレッド分がShapeShift側に利益として入ります。

ShapeShiftは非常に便利なのでJaxxを使って両替を行い、他の仮想通貨にする方法はとてもお得になります。ぜひ使ってみてはいかがでしょうか。

OSによって取り扱いの通貨が違う

お使いのOSによってJaxxは取り扱い通貨が違います。ホームページには各OSの対応通貨が載っていないのでそれぞれの端末で調べる必要があります。ちなみにWindowsでの対応通貨は62種類でしたが、iOS端末では58種類と4種類ほど違いがありました。

マイナーな通貨が違うようですが、マイナーなアルトコインを購入しようとしている方や持っているという方は注意が必要です。

多くの通貨を預けすぎない

先ほども少し触れましたが、2017年6月に400000$相当の盗難被害がありました。バックアップのシステムの脆弱性から被害があったようです。なので、多くの資産をJaxxのみで保有するというのはリスクがあります。

分散して管理することをおすすめします。またウォレットのタイプでも安全性が違うので、より安全なウォレットに資産を多く保管しましょう。

Jaxxに関するよくある質問

Jaxxは日本語に対応していないので、気軽にお問合せができません。なにか深刻な事態が起きた場合は自己責任になるかもしれないので、利用する際は注意が必要です。Jaxxに関するよくある質問の代表的なものをご紹介します。

マイニングに使うことは可能ですか?

Jaxxは簡易的に仮想通貨を保管するウォレットとして開発されており、マイニングによる負荷には耐えられません。

なのでマイニング用のウォレットには使用できません。マイニングのウォレットは他のウォレットを使用してください。

復元することは可能ですか?

JaxxをPC版しかインストールしていない場合、PCが壊れてしまえばJaxxは復元用のキーワードを入れて復元をすることになります。
パソコンを購入して復元するまでの時間がかかります。

ただモバイル版があれば急ぎの場合でもすぐに対応できます。

ですので、PC版とスマホ版の両方のJaxxをインストールしておきましょう。そうすると片方が故障しても、もう片方から利用できるので、緊急の場合にも対応できます。
もちろん逆もしかりです。

できればPC版とスマフォ版両方インストールすることをおすすめします。

また、資産をハードウェアウォレット以外に入れる場合には、セキュリティが高いウォレットでの分散管理をしましょう!

例えば取引をしやすいから取引所に入れておくことがあると思いますが、それも一つの取引所にすべてを置くのではなく、複数取引所での管理をしましょう!

セキュリティが高く、分散管理におすすめの仮想通貨取引所はこちらです!

この記事を読んだ方はこちらも読んでいます

Thumbハードウェアウォレットの仕組み・使い方とおすすめを徹底比較! | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]
Thumbビットコインのペーパーウォレットの作り方・使い方・保管方法を解説! | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]
Thumbブロックチェーンウォレット(Blockchain wallet)の作成方法とは?ログインなどの使い方マニュアル | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

徹底比較!2018年度版オススメ取引所ランキング


LINEで有力情報をゲット!
仮想通貨関連の注目サービスや海外ニュース、その他有力投資情報を配信!!


仮想通貨最新ニュース btcfeed line@

迷ったらまずこの取引所!初心者の人にオススメ取引所をご紹介!

安心・安全が一番!という人ならbitFlyer

bitFlyerは世界で最もセキュリティの高い取引所!

国内で唯一ハッキングへの補償もしている安心の取引所!

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

☛bitFlyerの口座開設方法はこちらで解説!

☛bitFlyerの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

取引するのに難しい操作が心配という人はGMOコイン

初心者の人でも簡単な操作で、リップルなどの人気仮想通貨が購入可能!

運営企業も上場企業の子会社で運営面も安心!

☛GMOコインの口座開設方法はこちらで解説!

☛GMOコインの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

仮想通貨取引をしているなら持っておくべき取引所!

人気アルトコインの購入なら手数料無料のbitbank!

人気のリップル(Ripple/XRP)を手数料無料で購入ができる!

リップル以外のアルトコイン手数料も無料!

☛bitbankの口座開設方法はこちらで解説!

☛bitbankの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

手数料の安さぶっちぎり!Zaif!

日本の取引所で手数料が最もお得な取引所!

ビットコインは取引すればするほどビットコインをもらえる!

海外取引所を利用するならZaifでのビットコイン購入がおすすめ!!

☛Zaifの口座開設方法はこちらで解説!

☛Zaifの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

人気通貨を唯一レバレッジ取引できるDMM Bitcoin

人気のリップルとネム、ライトコイン等を唯一レバレッジ取引できる!

レバレッジ取引も安心してできる仕組みを取り入れていて安心!

☛DMM Bitcoinの口座開設方法はこちらで解説!

☛DMM Bitcoinの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

関連するまとめ

仮想通貨取引所ランキング

  • No.1bitFlyer(ビットフライヤー)
    Bitflyerビットフライヤーは私もビットコイン取引で頻繁に使っている取引所の一つです!ビットフライヤーのおすすめポイント3つ!
    • ビットコイン取引日本一の使いやすさ!
    • 手数料が安い
    • 保障もあり安心の取引所
    ビットフライヤーの公式サイトはこちら!
  • No.2Zaif(Zaif)
    Zaifザイフは初心者に優しく日本で一番最初にできた仮想通貨取引所です!ザイフのおすすめポイント3つ!
    • 手数料安さ日本一!
    • 独自のサービスで魅力満点!
    • 老舗の信頼できる取引所!
    ザイフの公式サイトはこちら!
  • No.3GMOコイン
    GmoGMOコインは上場企業のグループ会社で安心の取引所です!初心者の簡単にお得に利用ができます!
    • 手数料が安く操作も簡単!
    • 上場会社のグループで安心!
    • FX取引はアプリでもできる!
    GMOコイン公式サイトはこちら!

管理人について

Widget1
仮想通貨のバブルに乗ってミリオネアを目指す26歳の仮想通貨トレーダーです。国立大学を卒業し総合系コンサル会社に入社→仮想通貨にハマり2年で退職し仮想通貨投資暦2年
50万の初期投資から貯金1200万(※2017年11月現在)
元々はフィンテック関連企業のアサイン経験からブロックチェーンの勉強をし、途中から投資を始めました。情弱だったことから起きた個人的な失敗談や、技術的な話を理解せずに投資をする友人達の失敗を見て本当に必要な情報を初心者〜中/上級者の方に向けて発信して行こうと思います。
僕が使っている取引所/トレード・保有してるコイン/参加したICOはこちら!

管理人のツイート

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ
Bitflyer side