Zaif(ザイフ)トークンとは?買い方からチャートの見方を徹底解説!

Zaif(ザイフ)トークンの買い方やチャートの見方などを紹介していきます。Zaif(ザイフ)トークンは一見難しそうに見えるものですが、チャートの見方や買い方などを知れば、誰でも簡単に始めることができます。ぜひ、Zaif(ザイフ)トークンデビューしてみましょう。

Zaif(ザイフ)トークンとは?買い方からチャートの見方を徹底解説!のイメージ

目次

  1. 1Zaif(ザイフ)とは?
  2. 2トークンとは?
  3. 3Zaif(ザイフ)トークンの使い方
  4. 4Zaif(ザイフ)トークンの噂
  5. 5Zaif(ザイフ)トークンの価値
  6. 6Zaif(ザイフ)トークンの価格推移
  7. 7comsaとは?
  8. 8Zaif(ザイフ)トークンを購入できる取引所
  9. 9Zaif(ザイフ)トークンの買い方の流れ
  10. 10Zaif(ザイフ)トークンの買い注文の仕方
  11. 11Zaif(ザイフ)トークンのチャートから見る購入タイミング
  12. 12Zaif(ザイフ)トークンの発行量
  13. 13Zaif(ザイフ)トークンのウォレット
  14. 14Zaif(ザイフ)トークンの将来性
  15. 15Zaif(ザイフ)トークンのまとめ
LINEで情報をゲット!
仮想通貨関連の注目サービスや海外ニュース、その他投資情報を配信!!


仮想通貨最新ニュース btcfeed line@

当サイトで人気の仮想通貨取引所ランキング!
まだ一つしか取引所を持っていない人は必ず複数に登録をして安全に取引をしましょう!
【1位】Zaif(ザイフ)

取引手数料の安さNO.1!本サイト1番のオススメ取引所!

【2位】bitFlyer(ビットフライヤー)

ビットコイン取引量、国内ユーザー数が日本一の信頼できる取引所!

【3位】GMOコイン

初心者の人に1番おすすめ!簡単に取引ができて、しかも手数料も超お得!

【当サイトで今一番人気!】QUOINEX

人気のリップルとネムを両方を日本で唯一現物取引できる取引所!注目のQASHも取引できる!

【今大注目!】DMM Bitcoin

日本で世界で注目のアルトコインを唯一レバレッジ取引できる大注目の取引所!

※【注意】絶対に複数取引所に登録して資産を分散しておきましょう!資産を失うリスクがあります!

Zaif(ザイフ)とは?

ビットコインなどの仮想通貨を売買したりするためには、仮想通貨取引所などを介して取引を行うことが必要です。また、仮想通貨取引所を通して取引を行うことで、取引の安全性を高めることもできます。

日本で大きな仮想通貨取引所の一つに、Zaif(ザイフ)という取引所があります。今回はZaif(ザイフ)トークンという、Zaif(ザイフ)に関するトークンについて、買い方やcomsaなどとの関係性などを紹介していきます。

▼Zaifの登録はこちら!

トークンとは?

そもそも、「トークン」とは何なのでしょうか。トークン、または独自トークンとは、仮想通貨のブロックチェーン上で作られるポイントのようなものです。そのポイントを支払い等に使うことができたりする能力を持たせるとそのトークンは貨幣価値を持ち仮想通貨と呼ばれるようになります。

トークンには発行者(トークンを作る存在)がいます。その発行者の株のようなものが、トークンであるといった認識で大丈夫です。株と違うのは、トークンは仮想通貨によって作られたものである、といったところです。

チャートを見れば分かりますが、トークンの価値・価格は流動的です。人気が出れば価値・価格が上がりますし、反対に人気がなくなっていくとそれにつれて価値・価格は下がっていきます。トークンにはチャートがあるので、それを見ると「ああ、株に似てるなあ」と実感することができるかと思います。その価値・価格の仕組みも、どこか株や仮想通貨に似ているところもあるように思います。

Zaif(ザイフ)トークンとは?

では、トークンと名前の付いている、「Zaif(ザイフ)トークン」とはナニモノなのでしょうか。薄々お気づきの方もいらっしゃるかもしれません。名前の通り、Zaif(ザイフ)が発行しているトークンで、Zaif(ザイフ)トークンです。分かりやすく例えて言うなら、Zaif(ザイフ)の株のようなものがZaif(ザイフ)トークンにあたるという認識で大丈夫だと思います。

Zaif(ザイフ)トークンの使い方

そんな、Zaif(ザイフ)の株みたいなものであるZaif(ザイフ)トークンは、一体どのような使い方があるのでしょうか。さきほど、Zaif(ザイフ)トークンは仮想通貨に似たものである、といったような説明をしましたが、仮想通貨に比べて、Zaif(ザイフ)トークンの使い道は限定的です。

具体的に言うと、

  • ・ZaikaでGOに使える(現在は使えません)
  • ・CMSトークンと交換可能
  • ・Zaif(ザイフ)内のチャットにて投げ銭としてZaif(ザイフ)トークンを送り合える

といった具合になっています。

聞き慣れないCMSトークンといった単語が出てきましたので、解説していきたいと思います。CMSトークンとは、Zaif(ザイフ)を運営するテックビューロ社を中心にしてチームを作ったCOMSAというサービスで使われるトークンになります。comsaについては後述します。ここでは、Zaif(ザイフ)トークンが別のトークンと交換することが出来るくらいの認識で大丈夫だと思います。

他にも、Zaif(ザイフ)のチャットで投げ銭(チップ)を送り合う事ができるのですが、それをZaif(ザイフ)トークンにて行うことも可能です。このように、Zaif(ザイフ)トークンの使い方は現在小規模なものになっていると言えます。Zaif(ザイフ)トークンは買い方は簡単なのでぜひ使い道が増えてほしいところではあります。

そして、Zaif(ザイフ)側からは、今後Zaif(ザイフ)トークンの使い道・使い方を増やしていく、との発表もありました。これからにZaif(ザイフ)は大規模な仮想通貨取引所ですので、安心して期待が持てるトークンの一つである、とも言えると思います。

Zaif(ザイフ)トークンの噂

Zaif(ザイフ)トークンには一つの噂がありました。
それは「Zaif(ザイフ)トークンを持っているとcomsaのトークンが配布される」というものです。
このせいで、Zaif(ザイフ)トークンの価値が急騰したり、Zaif(ザイフ)のサーバーの接続が不安定になるなどの事態になりました。

この噂の流布に、さすがのZaif(ザイフ)運営も見かねたのか、上にあるようなツイートを行う羽目になりました。そのせいで、Zaif(ザイフ)トークンの価値は急騰したかと思うと急落するというきれいな乱高下を見せてくれました。噂の独り歩きというものは怖いものです。しかし、Zaif(ザイフ)からZaif(ザイフ)トークンでCMSトークン(comsaのトークン)が買えたり、COMSAトークンセールにてボーナスが付与されるなど、Zaif(ザイフ)トークンとCMSトークンの繋がりはゼロではありません。

実はこのcomsaがZaif(ザイフ)トークンの価値・価格を握っている
といっても過言ではないのです。

agasa

(21)

Zaif(ザイフ)トークンの値動きの激しさを見て、Zaif(ザイフ)トークンはcomsaに依存しているなと感じました。

Zaif(ザイフ)トークンの価値

さきほどもZaif(ザイフ)トークンの使い方についての紹介をしましたが、具体的な価値・価格はどのくらいなのでしょうか。現在は0.5円前後にて取引されているようです。Zaif(ザイフ)トークンは現在使用方法も限定的でただ単純に所持していることによる恩恵は少なそうです。

この価格が上がれば、その差で利益を生むことも可能ですが、現在の状況では急な高騰はあまり見込むことができないような状況です。ただし、先ほどから名前が挙がっているcomsa絡みで何かがあると、それにつれてもう一度価値が上がる、といったことはありそうです。今後のアナウンスを待つしかありません。

Zaif(ザイフ)トークンの価格推移

ここまで、Zaif(ザイフ)トークンとはナニモノなのか、Zaif(ザイフ)トークンの使い道などを紹介してきました。さきほど、Zaif(ザイフ)トークンは株のようなものだという話をしましたが、実際にZaif(ザイフ)トークンの価格はどのようになっているのでしょうか。チャートを見てみることにします。

Zaif(ザイフ)トークンの価格チャートはこのようになっています。画像左側が噂が流行った頃です。この頃にZaif(ザイフ)トークンの価格が急騰したことがチャートから見て取れると思います。その後、Zaif(ザイフ)からのアナウンスがあり、価格が暴落しています。その後は特に大きな値動きもなく、ほとんど横ばいに価格が推移しているのが分かるかと思います。

comsaとは?

では、さきほどから名前が出てきている「comsa」とは一体どんなものなのでしょうか。comsaとは、Zaif(ザイフ)を運営しているテックビューロという会社が立ち上げたプロジェクトの一つです。comsaを使うことで、仮想通貨を使った資金調達であるICOを行うことができます。その資金調達の方法がトークンを作り出し、それを売ることによって資金を調達するといったものが簡単な流れになります

一般的なICOでは詐欺コインと言われるような資金調達だけでビジネスの実体がないなどが多く
リスクが大きいものになっていましたが、その問題をcomsaは解消しています。また、comsaは仮想通貨やトークンを使った事業を法律面などからサポートしたりするコンサルタント的なことも行っています。

簡単に言うと、ICOのためのプラットフォームの仮想通貨であるのです。

Zaif(ザイフ)トークンを購入できる取引所

Zaif(ザイフ)トークンを購入出来る取引所についてですが、現在ではZaif(ザイフ)のみに限られています。Zaif(ザイフ)トークンを発行しているのがZaif(ザイフ)のため、現在はZaif(ザイフ)でのみ、購入できる形になっています。いずれ、購入できる取引所は増えるかもしれませんが、メインはやはりZaif(ザイフ)で取引されていくと思います。

▼Zaifトークンを購入できる取引所はこちら!

Zaif(ザイフ)トークンの買い方の流れ

では、実際にザイフトークンを購入してみることにしましょう。といっても買い方は簡単で簡単に注文・購入をすることができます。
大まかな流れとしては、

  1. 1.Zaif(ザイフ)アカウントを用意する
  2. 2.Zaif(ザイフ)のアカウント・口座に購入分の資金を用意する
  3. 3.Zaif(ザイフ)トークンを注文する

といった流れで購入することができます。流れだけ見れば、とても簡単な買い方ですよね。実際に、Zaif(ザイフ)トークンを購入するのも買い方も結構簡単です。Zaif(ザイフ)アカウントを用意していれば、誰でもすぐに購入することができます

Zaif(ザイフ)アカウントを用意するといっても本人確認が済んでいないといけません。Zaif(ザイフ)の本人確認には時間がかかってしまうので、もしZaif(ザイフ)トークンを購入したい、もしくは、Zaif(ザイフ)で仮想通貨取引をしてみたい、といった方は早めに本人確認を済ませておく方がいいと思います。

買い方自体は簡単なのですが、Zaif(ザイフ)の本人確認自体に時間がかかってしまうのが、ちょっと玉に瑕ではあります。Zaif(ザイフ)トークンの買い方・注文の仕方は下で説明します。

Zaif(ザイフ)トークンの買い注文の仕方

では、Zaif(ザイフ)トークンを購入するための買い注文の仕方を見ていきましょう。といっても、購入の仕組み・買い方を理解してしまえば簡単なので安心です。

前述の通り、Zaif(ザイフ)のアカウント・口座がないとZaif(ザイフ)トークンを購入することはできませんので、Zaif(ザイフ)トークンを購入したい場合には必ず用意するようにしてください。Zaif(ザイフ)トークンの買い注文の仕方には指値注文と成行注文の2種類が用意されています。それぞれ、詳しく解説していきます。

指値注文

指値注文は、購入したい値段を指定して購入する注文方法です。基本的には、チャートにある気配値を参考にしながら価格と、買いたいZaif(ザイフ)トークンの量を決めていきます。

画像にある気配値をクリックすればフォームに気配値がそのまま入ります。ワンクリックで簡単に注文できるので、おすすめです。大量にZaif(ザイフ)トークンを購入する場合には、後述の成り行き注文だと値が動いてしまうので、指値注文で買うのがおすすめです。

成行注文

次は成り行き注文について説明していきます。成行注文では、価格は特に指定せず、買いたいZaif(ザイフ)トークンの数量だけを指定していきます。

成行注文の画面では、Zaif(ザイフ)トークンの価格を決める項目が入力できないようになっています。指値注文に比べ、Zaif(ザイフ)トークンの価格を決める必要がないので、簡単にZaif(ザイフ)トークンを購入することが出来るという利点があります。

Zaif(ザイフ)トークンのチャートから見る購入タイミング

では、Zaif(ザイフ)トークンの購入タイミングというのは、ずばりいつがおすすめなのでしょうか。チャートの動きから予測していきたいと思います。チャートの動きを見てみると、Zaif(ザイフ)トークンはcomsa絡みのイベントがあると価格が上がる傾向にあります。なので、チャートを見る限り、comsa絡みのイベントがない今のうちに買っておいたほうが、利益が出やすいのでは、と思っています。あくまで個人的な予測なので、保証するわけにはいかないのですが、Twitterなどでも今のうちに確保・ホールドしておこうという声はあちらこちらから聞こえてきます

Zaif(ザイフ)トークンの発行量

Zaif(ザイフ)トークンの発行はその名の通りZaif(ザイフ)が行っています。つまり、発行量については、Zaif(ザイフ)次第となっています。現在では発行量に特に制限は付いていませんが、Zaif(ザイフ)が発行を停止するといえば停止してしまいますし、増量するといえば増量します。

Zaif(ザイフ)運営としては、Zaif(ザイフ)をもっと盛り上げたい思いがあると思いますので、これからもどんどん発行されていくのであろうという見込みがあります。これらは今後のZaif(ザイフ)トークンの使われ方次第というところでしょうか。

Zaif(ザイフ)トークンのウォレット

Zaif(ザイフ)トークンのウォレットには「InsideSquare Wallet」というモバイルトークンウォレットを使うことができます。もちろんZaif(ザイフ)の口座でも管理することが出来るので好きな方を使うのがいいでしょう。特にこだわりのようなものがなければ、Zaif(ザイフ)で管理していて問題はないと思います。

Zaif(ザイフ)トークンの将来性

現時点では、特に主だった使い道のないZaif(ザイフ)トークンですが、将来性は果たしてあるのでしょうか。Zaif(ザイフ)トークンの将来性はZaif(ザイフ)がどれだけZaif(ザイフ)トークンに力を入れていくかにかかっていると言っていいでしょう。

Zaif(ザイフ)がZaif(ザイフ)トークンを使ったイベント・催しくを行っていくほど、Zaif(ザイフ)トークンの注目度は高まっていきます。Zaif(ザイフ)トークンの注目度が高まれば、必然、その価値・価格も高まっていくことでしょう。しかし、現状ではZaif(ザイフ)からZaif(ザイフ)トークンを盛り上げるイベントは特に発表されておらず、買い板も薄い、といった状況です。

とはいえ、Zaif(ザイフ)トークンを作ったまま放置するのではZaif(ザイフ)を盛り上げることには繋がりませんので、Zaif(ザイフ)トークンを使った何かしらのイベント・催しは行われてくるのではと思います。そういった意味では、Zaif(ザイフ)トークンの将来性は、希望を持てる程度にはあるといった状況です。

イケダハヤト氏も注目!?笑

IT界隈では有名なイケダハヤトさんもZiafトークンに注目しています。笑
とわ言え多くの方が今、注目している今後のテックビューロZAIFトークンに期待したいしたいと思います。

Zaif(ザイフ)トークンのまとめ

Zaif(ザイフ)トークンについて紹介させていただきました。現状、特に使い道もなく、ほったらかしにされているZaif(ザイフ)トークンですが、CMSトークンとの関りで次の展開があるかもしれません。Zaif(ザイフ)もこのままでは終わらせないと思いますので、これからにも注目の存在です。

Zaif(ザイフ)についての他の情報を詳しく知りたい方はこちら!

ザイフについてもっと知りたい方はこちら!

ThumbZaif(ザイフ)の本人確認までの時間が遅い!口座開設の手順と流れ!
ThumbZaif(ザイフ)取引所でXEM/NEM(ネム)を購入すべき4つの理由!

徹底比較!2018年度版オススメ取引所ランキング


LINEで有力情報をゲット!
仮想通貨関連の注目サービスや海外ニュース、その他有力投資情報を配信!!


仮想通貨最新ニュース btcfeed line@

迷ったらまずこの取引所!初心者の人にオススメ取引所をご紹介!

安心・安全が一番!という人ならbitFlyer

bitFlyerは世界で最もセキュリティの高い取引所!

国内で唯一ハッキングへの補償もしている安心の取引所!

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

☛bitFlyerの口座開設方法はこちらで解説!

☛bitFlyerの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

取引するのに難しい操作が心配という人はGMOコイン

初心者の人でも簡単な操作で、リップルなどの人気仮想通貨が購入可能!

運営企業も上場企業の子会社で運営面も安心!

☛GMOコインの口座開設方法はこちらで解説!

☛GMOコインの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

仮想通貨取引をしているなら持っておくべき取引所!

人気アルトコインの購入なら手数料無料のbitbank!

人気のリップル(Ripple/XRP)を手数料無料で購入ができる!

リップル以外のアルトコイン手数料も無料!

☛bitbankの口座開設方法はこちらで解説!

☛bitbankの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

手数料の安さぶっちぎり!Zaif!

日本の取引所で手数料が最もお得な取引所!

ビットコインは取引すればするほどビットコインをもらえる!

海外取引所を利用するならZaifでのビットコイン購入がおすすめ!!

☛Zaifの口座開設方法はこちらで解説!

☛Zaifの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

人気通貨を唯一レバレッジ取引できるDMM Bitcoin

人気のリップルとネム、ライトコイン等を唯一レバレッジ取引できる!

レバレッジ取引も安心してできる仕組みを取り入れていて安心!

☛DMM Bitcoinの口座開設方法はこちらで解説!

☛DMM Bitcoinの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

関連するまとめ

仮想通貨取引所ランキング

  • No.1bitFlyer(ビットフライヤー)
    Bitflyerビットフライヤーは私もビットコイン取引で頻繁に使っている取引所の一つです!ビットフライヤーのおすすめポイント3つ!
    • ビットコイン取引日本一の使いやすさ!
    • 手数料が安い
    • 保障もあり安心の取引所
    ビットフライヤーの公式サイトはこちら!
  • No.2Zaif(Zaif)
    Zaifザイフは初心者に優しく日本で一番最初にできた仮想通貨取引所です!ザイフのおすすめポイント3つ!
    • 手数料安さ日本一!
    • 独自のサービスで魅力満点!
    • 老舗の信頼できる取引所!
    ザイフの公式サイトはこちら!
  • No.3GMOコイン
    GmoGMOコインは上場企業のグループ会社で安心の取引所です!初心者の簡単にお得に利用ができます!
    • 手数料が安く操作も簡単!
    • 上場会社のグループで安心!
    • FX取引はアプリでもできる!
    GMOコイン公式サイトはこちら!

管理人について

Widget1
仮想通貨のバブルに乗ってミリオネアを目指す26歳の仮想通貨トレーダーです。国立大学を卒業し総合系コンサル会社に入社→仮想通貨にハマり2年で退職し仮想通貨投資暦2年
50万の初期投資から貯金1200万(※2017年11月現在)
元々はフィンテック関連企業のアサイン経験からブロックチェーンの勉強をし、途中から投資を始めました。情弱だったことから起きた個人的な失敗談や、技術的な話を理解せずに投資をする友人達の失敗を見て本当に必要な情報を初心者〜中/上級者の方に向けて発信して行こうと思います。
僕が使っている取引所/トレード・保有してるコイン/参加したICOはこちら!

管理人のツイート

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ
Bitflyer side