Electrumの使い方とは?高機能と評判のビットコイン用ウォレットを紹介!

ビットコイン用ウォレットであるElectrumの使い方をご紹介します!Electrumウォレットは使い方も簡単で高機能と評判です。ビットコインを手軽に安全管理したい人には是非おススメのソフトウェアですので、本記事を参考に使用してみてください。

Electrumの使い方とは?高機能と評判のビットコイン用ウォレットを紹介!のイメージ

目次

  1. 1Electrum(エレクトラム)とは?
  2. 2Electrumの特徴
  3. 3Electrumの使い方
  4. 4自己資産は分散管理することが必須
  5. 5Electrumのよくある質問
  6. 6Electrumの使い方まとめ
LINEで情報をゲット!
仮想通貨関連の注目サービスや海外ニュース、その他投資情報を配信!!


仮想通貨最新ニュース btcfeed line@

当サイトで人気の仮想通貨取引所ランキング!
まだ一つしか取引所を持っていない人は必ず複数に登録をして安全に取引をしましょう!
【1位】Zaif(ザイフ)

取引手数料の安さNO.1!本サイト1番のオススメ取引所!

【2位】bitFlyer(ビットフライヤー)

ビットコイン取引量、国内ユーザー数が日本一の信頼できる取引所!

【3位】GMOコイン

初心者の人に1番おすすめ!簡単に取引ができて、しかも手数料も超お得!

【当サイトで今一番人気!】QUOINEX

人気のリップルとネムを両方を日本で唯一現物取引できる取引所!注目のQASHも取引できる!

【今大注目!】DMM Bitcoin

日本で世界で注目のアルトコインを唯一レバレッジ取引できる大注目の取引所!

※【注意】絶対に複数取引所に登録して資産を分散しておきましょう!資産を失うリスクがあります!

Electrum(エレクトラム)とは?

Electrum(エレクトラム)はデスクトップウォレット

今回ご紹介するElectrum(エレクトラム)とは、ビットコインウォレットの中でも有名なものの一つです。
Electrumウォレットの開発は2012年ごろから始まり、比較的歴史のあるウォレットと言えるでしょう。

特徴としては、仮想通貨取引所のようにオンライン上で管理するWebウォレットに対して、ElectrumウォレットはPCにソフトウェアをダウンロードしてローカル環境で利用するデスクトップタイプのウォレットです。

なお現在では、デスクトップウォレットにも大きく分けて「完全型」「簡易型」の2種類が普及していますが、Electrumウォレットは「簡易型にあたります。

簡易型の場合、ビットコインのトランザクション(取引履歴)を全てダウンロードする必要がないため、パソコンへの負担が少なく手軽に利用できるといったメリットがあります。

Thumbデスクトップウォレットはおすすめと使い方!メリット・デメリットを紹介 | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

Electrumの対応している通貨

Electrumウォレットが対応している通貨は、ビットコイン(BTC)のみです。(2018年2月現在)

ただ、同じ開発者が管理するモナーコイン(MONA)に対応した「Electrum-mona」ライトコイン(LTC)を扱っている「Electrum-LTC」といったデスクトップウォレットもあります。

各仮想通貨毎にデスクトップウォレットをインストールする必要があるので注意しましょう。

Electrumの特徴

Segwitにいち早く対応した

2017年8月24日にビットコインのソフトフォークでSegwitが実装されましたが、Electrumウォレットでは11月1日にはSegwit対応のバージョンがリリースされ、現在使えるようになっています

Segwit対応のビットコインアドレスを利用する最大のメリットは、トランザクションが早くなることと送金手数料が安くなる点です。

日本語対応している

Electrumウォレットは日本語にも対応しています

大概の海外製のウォレットは英語がメインですが、日本人にとっては利便性の面でありがたいことです。

Electrumの公式サイトからダウンロードしたりインストールする際には英語でしかできませんが、ソフト起動後には簡単に日本語化することが可能ですので、慣れない人にも安心です。

日本語化設定については後ほど詳しく説明していますのでご確認ください。

操作性に優れており、使いやすい

Electrumウォレットは操作性が優れ、使い方も簡単です。

後ほど設定画面について説明していきますが、非常にシンプルなUIでコンパクトな作りになっており、操作に慣れるにも時間はかからないでしょう。

非常に高いセキュリティ

Electrumウォレットは高いセキュリティ対策も備えています。

ウォレットの秘密鍵は暗号化されパソコンから持ち出されることはなく、コールドストレージ(オフライン保管)でハッキング対策もされています。

さらに2段階認証も設定することができて、万が一パスワードを知られてしまっても簡単にはビットコインを盗まれないような対策が施されています。

もちろん、自分で管理するため自己の責任は大きいですが、取引所だけでビットコインを管理するよりもはるかに安全性は高まるでしょう。

二段階認証ができる

前述しましたが、Electrumウォレットでは2段階認証ウォレットも作成することができます。

Electrumでの2段階認証システムは、信頼のおける外部(TrustedCoin社)のサーバーを利用したマルチシグによる多段階認証です。

利用するには小額の手数料と、Google Authenticator(認証アプリ)をインストールしたスマホも必要になりますが、高額なビットコインを所有していてセキュリティレベルをできだけ高くしたい人にはおススメです。

様々なデバイスで利用可能

Electrumウォレットを利用できるOSは、LinuxWindowsOSXAndroidスマートフォンに対応していますので自身の環境に合ったアプリケーションが使えます。

以前はAndroidには対応しておらずデスクトップ専用ウォレットでしたが、現在では利用可能です。
iOSには未対応ですので、iPhoneユーザーは今後の開発を待ちまちょう。

デスクトップウォレット持ち運びには向いていない

Electrumウォレットは最近までデスクトップ専用ウォレットでしたが、Androidアプリにも対応し始めています。
ですが、アプリの評価を見ると★3ほどで利便性は今一つといったところです。

長い間デスクトップ専用だったこともあり、現時点ではPCにインストールして利用することをメインにしたい人向けのソフトウェアと言えるでしょう。

けれども、Androidアプリもアップデートは継続していますので、今後はさらに持ち運びにも使えるウォレットになっていくと思います

Electrumの使い方

ここからはElectrumの以下の4点の使い方について説明していきます。

・インストール方法
・初期設定
・日本語化設定
・ビットコインの受け取り方法

Electrumのインストール方法

まずはElectrumの公式サイトへアクセスし、画面上の方にある「Download」をクリックします。

2018年2月16日現在、Electrumの最新バージョンは3.0.6です。
より新しいバージョンが出ている場合は、そちらをインストールしてください。

Windows版では
・Standalone Executable
・Windows Installer
・Portable version
の3つがありますが、今回はPCにインストールして使用するため標準的な「Windows Installer」で説明します。
まずはリンクをクリックしてダウンロードします。

[electrum-3.0.6-setup.exe]というファイルがダウンロードされるので、ファイルを実行します。
すると以下のようなセットアップ画面が表示され、インストール先は指定されてあるのでそのまま「Install」をクリックします。

すぐにインストールが完了しますので、「Close」をクリックして終了します。

Electrumの初期設定

次はElectrumの初期設定について説明していきます。

インストール完了後、自動ではソフトウェアは起動しませんので、デスクトップ上にできたショートカットアイコンから起動します。

初回起動時には、以下のようにまずElectrumサーバーへの接続方法を選びます。

Auto connect」(自動接続)が選択されていますが、特に自分でサーバーを選びたいのでなければ、このまま「Next」をクリックして次にいきます。
 

次はウォレットの選択ですが、まだウォレットがありませんので「Next」をクリックしてウォレットを作成します。

初めに設定するウォレットは、以下の4つの中から選びます。

  • Standard wallet(標準ウォレット)
  • Wallet with two-factor authentication(2段階認証ありのウォレット)
  • Multi-signature wallet(マルチシグありのウォレット)
  • Import Bitcoin addresses or private keys(ビットコインアドレスか秘密鍵のインポート)

今回は「Standard wallet」のままで「Next」をクリックして次へいきます。
2段階認証などは後からでも設定することができます。

次に新たにseed(シード)を作成するため、「Create a new seed」の選択のまま「Next」で次へ行きましょう。

今度はseedタイプを選択します。seedについては後ほど説明します。

・Standard(通常)
・Segwit


の2種類がありますが、今のところは「Standard」を選択の方が良いかと思います。

なぜかと言いますと、Electrumのウォレットのアドレスはこのseedタイプに依存しており、Segwitにすると、ご自身で利用している取引所サイトや別のウォレットがSegwitに対応していない場合、Electrumウォレットで受け取りができない場合があるからです。

ということで、一先ず「Standard」のまま「Next」をクリックして次に進みましょう。

以下の赤枠の箇所に、seedを表す12個の英単語が自動生成され、表示されます。

ここでseedとは何かと言いますと、

  • Electrumウォレットの全てのアドレスと秘密鍵にアクセスできるマスターキーのようなもの
  • ウォレットを復元するために必要な値

のことです。
ですから、もしElectrumをインストールしたパソコンが故障してしまった場合でも、seedがあればウォレットを復元できてビットコインを失わずに済むのです

そのため、この12単語のseedは必ず紙に書いて保管するようにしてください
他にも、【誰にも教えないこと】【ウェブサイトには入力しないこと】【スマホなどで電子的に保管しないこと】を守るようにしましょう。

seedのメモが終わりましたら、「Next」をクリックして次に進みます。

今度は、先ほどメモしたseed(12個の英単語)を確認のための入力作業です。
書いた紙を見ながら間違いがないかチェックしながら入力していきましょう。

入力し終わりましたら、「Next」をクリックします。

seedが正しく入力されていれば、以下のようなパスワード設定画面に移ります。

このパスワードは不正送金を防ぐためと、Electrumウォレットファイルを暗号化してセキュリティを強化するための設定です。

Encrypt wallet file」(ウォレットファイルの暗号化)にチェックがされていることを確認し、「Next」をクリックして次に進みます。

以下の画面が表示されれば、Electrumウォレットの初期設定は完了です。

Electrumの日本語設定方法

Electrumウォレットは日本語に対応していますので、せっかくなので日本語に設定して使いやすくしましょう。
もちろん、英語のままで問題ない人は日本語に設定しなくてOKです。

日本語設定は非常に簡単で、まずElectrumウォレットを起動し、「Tools」→「Preferences」の順にクリックして設定画面を開きます。

Preferences(設定)のポップアップが表示されますので、「Appearance」(表示)タブをクリックし、「Language」で「Japanese」を選択します。

これで「Close」をクリックすれば完了です。簡単でしたね!

簡単ついでにLanguageの下の「Base unit」を「mBTC」から「BTC」に変更しておくのがオススメです。
mBTCはミリBTCのことで、ビットコインの単位を1000倍にして表示するもので、あまり馴染みがないかと思います。
「BTC」に変更すれば、普段目にするビットコインの単位になりますのでついでに設定しておくと良いでしょう。

終わりましたら、「Close」をクリックします。

Electrumウォレットの再起動を促すポップアップが表示されますので、「OK」をクリックし、ウォレットを終了して再度起動しましょう。

Electrumウォレットを起動すると表示が日本語となっていると思います。
日本語化の説明は以上です。

ビットコインの受け取り方法

取引所や他のウォレットに入れてあるビットコインを、Electrumウォレットに移す方法(受け取る方法)について説明します。

Electrumウォレットを日本語化した場合、アプリケーション起動後は以下の画面となりますので、まず「請求」タブをクリックします。

入金アドレス」に入金用のビットコインアドレスが表示されていますので、送金元の取引所やウォレットから、この入金アドレス宛に送金すれば受け取ることができます

ちなみに、「備考」や「請求金額」「請求の有効期限」などは特に設定する必要はありませんので無視して構いません。

以上、ビットコインの受取方法でした。

自己資産は分散管理することが必須

Electrumウォレットを使う理由について、資産の分散管理の面から見てみましょう。

資産を分散管理する理由とは

自己資産をしっかりと守るためには、分散管理によって予期せぬ資産喪失のリスクを減らす必要があります。

分散管理とは、その名の通り、仮想通貨をいくつかの場所(ウェブ上やPC、外部装置など)に分けて保有することです。

例えば、自分の全財産を1つのサイフに入れて持ち歩いている人は少ないでしょう。
もし失くしたり、盗られたりした場合は一度にすべてを失うことになりますし、その可能性は高くなります。

ですが、こと仮想通貨においては多くの人が1つの取引所にすべての財産(仮想通貨)を預けているのが現状です
これは大変危険だということをまずは認識することが大事です。

資産を分散管理する方法

それではどのように資産を分散管理すればより安全になるのでしょうか。

考え方は人それぞれだと思いますが、1つの方法としては、

決済や取引に使う資産 ⇒ 取引所
取引所より安全にかついつでも利用でき所に保管したいまとまった資産 ⇒ デスクトップウォレット
長期保有しておく資産 外部ウォレット・ハードウォレット・ペーパーウォレットなど

で使い分けると良いかと思います。
とにかく、1カ所に全ての資産を預けることだけは避けるようにしましょう

取引所はどこもハッキングの可能性は0ではありません。
取引所も利用するところは複数に分けて分散管理をしましょう!

おすすめの持っておきたい取引所は以下の取引所です!

<bitflyer>
世界で最もセキュリティが高いと評価された取引所です!
Liskを日本で唯一取引できる取引所でもあるため魅力も十分でぜひ持っていない人はこの機会に持っておきましょう!

ThumbbitFlyerの口座開設からビットコインの入金・買い方まとめ | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

<ザイフ>
ザイフは手数料の安さで日本で最もおすすめと言える取引所です!
ビットコインは取引すればするほどビットコインをもらえるお得すぎる取引所です!

Thumbzaifの口座開設からビットコインの入金・買い方まとめ | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

<DMM Bitcoin>
リップルやネムなど日本で人気の通貨を唯一レバレッジ取引ができる取引所です!
元々会社がFX取引で世界2位というネット金融サービスでは安定感のある取引所です!

Thumb仮想通貨取引所DMM Bitcoin(ビットコイン)の登録・口座開設方法【アプリ対応】 | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

<Binance>
海外の仮想通貨取引所です。
日本では扱っていない将来有望なアルトコインを多く扱っており、世界でもトップになるほどの仮想通貨取引量のある安定感のある取引所です。

ThumbBinance(バイナンス)取引所の登録方法から口座開設までの使い方まとめ! | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

また、長期保有用にハードウェアウォレットは必ず持っておきましょう!
取引所やデスクトップウォレットなどよりもはるかにセキュリティが高く、長期保有には最適です。

また、持ち歩くこともできるので、デスクトップウォレットくらいの利便性も持っています。

おすすめのハードウェアウォレットはLedger Nano Sです!
Ledger Nano Sは対応通貨が多いハードウェアウォレットで日本人に人気のリップルや、世界的に人気のNEOなど多くの通貨に対応しています!

まだ持っていない人はぜひこの機会に購入をおすすめします!

最近はLedger Nano Sを使った詐欺もありますので、必ず公式サイトから購入をしましょう!

Electrumのよくある質問

Bitcoin cash(ビットコインキャッシュ)は取り扱っているの?

ElectrumウォレットではBitcoin cash(ビットコインキャッシュ)には対応していません

ビットコイン(BTC)のみに対応していますので、ビットコインキャッシュのウォレットを利用したい場合は例えば「Electron Cash」というソフトウェアを利用しましょう。

こちらはElectrumビットコインと同じ開発者が提供しているソフトウェアですので、こちらを使ってみてはいかがでしょうか。

ウィルス感染などした場合保証されるの?

Electrumウォレットがウイルス感染などした場合の保証については公式サイトに記載は見当たりませんでした。

しかし、もしウイルス感染などでElectrumが使えなくなった場合でも、seedさえあれば他のPCを使ってウォレットを復元することができます

それほどseedは重要ですので、必ずパソコンとは別に管理するようにしましょう。

どういう人にElectrumは向いているの?

Electrumは以下のような人に向いているウォレットだと思います。

・取引所に全てのビットコインを預けるのが不安な人
・試しにビットコインウォレットを使いたい人
・ハードウェアウォレットよりも利便性が高い方がうれしい人


最近ではコインチェックで起きたような不正送金事件もありましたし、全ての仮想通貨を取引所に預けておくのは考え物だと思います。

大事な資産を守るためにも、Electrumのようなウォレットで管理する必要があるのではないでしょうか。

Thumbコインチェックの記者会見内容とは!ハッキング被害により倒産か? | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

Electrumの使い方まとめ

以上、Electrumウォレットの特徴と機能、使い方についてのまとめでした。

Electrumは安全性の高いウォレットとして評判で今も着実に開発が進められています。
そしてWindowsだけでなくLinuxやOSXにも対応しており、Androidスマホでも利用できて便利です。

どの取引所やウォレットもそうですが、100%安全ということはあり得ません
けれども、大事な資産を守るためには少しでもセキュリティを高めた管理をすることが必須になりますし、その必要性は以前よりも増してきています

Electrumウォレットは、まだ取引所だけで資産管理をしていたり、デスクトップウォレットを使ったことがない人にはうってつけのソフトウェアだと思いますので、この機会に利用してみてはいかがでしょうか

この記事を読んだ方はこちらも読んでいます

ThumbJaxxウォレットの使い方!初期設定方法からバックアップまでを解説! | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]
Thumbハードウェアウォレットの仕組み・使い方とおすすめを徹底比較! | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]
Thumbビットコインのペーパーウォレットの作り方・使い方・保管方法を解説! | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

徹底比較!2018年度版オススメ取引所ランキング


LINEで有力情報をゲット!
仮想通貨関連の注目サービスや海外ニュース、その他有力投資情報を配信!!


仮想通貨最新ニュース btcfeed line@

迷ったらまずこの取引所!初心者の人にオススメ取引所をご紹介!

安心・安全が一番!という人ならbitFlyer

bitFlyerは世界で最もセキュリティの高い取引所!

国内で唯一ハッキングへの補償もしている安心の取引所!

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

☛bitFlyerの口座開設方法はこちらで解説!

☛bitFlyerの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

取引するのに難しい操作が心配という人はGMOコイン

初心者の人でも簡単な操作で、リップルなどの人気仮想通貨が購入可能!

運営企業も上場企業の子会社で運営面も安心!

☛GMOコインの口座開設方法はこちらで解説!

☛GMOコインの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

仮想通貨取引をしているなら持っておくべき取引所!

人気アルトコインの購入なら手数料無料のbitbank!

人気のリップル(Ripple/XRP)を手数料無料で購入ができる!

リップル以外のアルトコイン手数料も無料!

☛bitbankの口座開設方法はこちらで解説!

☛bitbankの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

手数料の安さぶっちぎり!Zaif!

日本の取引所で手数料が最もお得な取引所!

ビットコインは取引すればするほどビットコインをもらえる!

海外取引所を利用するならZaifでのビットコイン購入がおすすめ!!

☛Zaifの口座開設方法はこちらで解説!

☛Zaifの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

人気通貨を唯一レバレッジ取引できるDMM Bitcoin

人気のリップルとネム、ライトコイン等を唯一レバレッジ取引できる!

レバレッジ取引も安心してできる仕組みを取り入れていて安心!

☛DMM Bitcoinの口座開設方法はこちらで解説!

☛DMM Bitcoinの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

関連するまとめ

仮想通貨取引所ランキング

  • No.1bitFlyer(ビットフライヤー)
    Bitflyerビットフライヤーは私もビットコイン取引で頻繁に使っている取引所の一つです!ビットフライヤーのおすすめポイント3つ!
    • ビットコイン取引日本一の使いやすさ!
    • 手数料が安い
    • 保障もあり安心の取引所
    ビットフライヤーの公式サイトはこちら!
  • No.2Zaif(Zaif)
    Zaifザイフは初心者に優しく日本で一番最初にできた仮想通貨取引所です!ザイフのおすすめポイント3つ!
    • 手数料安さ日本一!
    • 独自のサービスで魅力満点!
    • 老舗の信頼できる取引所!
    ザイフの公式サイトはこちら!
  • No.3GMOコイン
    GmoGMOコインは上場企業のグループ会社で安心の取引所です!初心者の簡単にお得に利用ができます!
    • 手数料が安く操作も簡単!
    • 上場会社のグループで安心!
    • FX取引はアプリでもできる!
    GMOコイン公式サイトはこちら!

管理人について

Widget1
仮想通貨のバブルに乗ってミリオネアを目指す26歳の仮想通貨トレーダーです。国立大学を卒業し総合系コンサル会社に入社→仮想通貨にハマり2年で退職し仮想通貨投資暦2年
50万の初期投資から貯金1200万(※2017年11月現在)
元々はフィンテック関連企業のアサイン経験からブロックチェーンの勉強をし、途中から投資を始めました。情弱だったことから起きた個人的な失敗談や、技術的な話を理解せずに投資をする友人達の失敗を見て本当に必要な情報を初心者〜中/上級者の方に向けて発信して行こうと思います。
僕が使っている取引所/トレード・保有してるコイン/参加したICOはこちら!

管理人のツイート

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ
Bitflyer side