仮想通貨Stellar(ステラ/XLM)とは?特徴・チャート・購入方法(買い方)・取引所解説

仮想通貨Stellar(ステラ/XLM)は世界を繋ぐ!リップル同様チャートが伸びている仮想通貨Stellar(ステラ/XLM)の特徴やチャート、取引所での購入方法(買い方)をご紹介! おすすめの取引所での購入方法(買い方)もお教えします!

仮想通貨Stellar(ステラ/XLM)とは?特徴・チャート・購入方法(買い方)・取引所解説のイメージ

目次

  1. 1リップルに次ぐ世界のネットワーク!仮想通貨Stellar(ステラ/XLM)
  2. 2仮想通貨Stellar(ステラ/XLM)とは?
  3. 3仮想通貨Stellar(ステラ/XLM)の最新情報|2018年3月22日追記
  4. 4Stellar(ステラ)とRipple(リップル)の違い
  5. 5仮想通貨Stellar(XLM)の特徴
  6. 6Stellar(XLM)の相場チャート・価格推移
  7. 7Stellar(XLM)が購入できるおすすめ取引所
  8. 8Stellar(XLM)の購入方法の手順
  9. 9Stellar(XLM)のおすすめウォレット
  10. 10Stellar(XLM)の今後の将来性
  11. 11仮想通貨Stellar(ステラ/XLM)まとめ
LINEで情報をゲット!
仮想通貨関連の注目サービスや海外ニュース、その他投資情報を配信!!


仮想通貨最新ニュース btcfeed line@

当サイトで人気の仮想通貨取引所ランキング!
まだ一つしか取引所を持っていない人は必ず複数に登録をして安全に取引をしましょう!
【1位】Zaif(ザイフ)

取引手数料の安さNO.1!本サイト1番のオススメ取引所!

【2位】bitFlyer(ビットフライヤー)

ビットコイン取引量、国内ユーザー数が日本一の信頼できる取引所!

【3位】GMOコイン

初心者の人に1番おすすめ!簡単に取引ができて、しかも手数料も超お得!

【当サイトで今一番人気!】QUOINEX

人気のリップルとネムを両方を日本で唯一現物取引できる取引所!注目のQASHも取引できる!

【今大注目!】DMM Bitcoin

日本で世界で注目のアルトコインを唯一レバレッジ取引できる大注目の取引所!

※【注意】絶対に複数取引所に登録して資産を分散しておきましょう!資産を失うリスクがあります!

リップルに次ぐ世界のネットワーク!仮想通貨Stellar(ステラ/XLM)

仮想通貨Stellar(ステラ/XLM)はご存じですか? リップルをベースに作られた、国際送金に特化したアルトコインです。

世界的に人気なリップルをベースにしたというだけでも気になりますが、そのリップルをさらに改良しているというアルトコインで注目が集まっています。

今回はメジャーなアルトコインでもある仮想通貨Stellar(ステラ/XLM)について、以下の3点を中心に見ていきましょう!
 

  • 仮想通貨Stellar(ステラ/XLM)の特徴、リップルとの違い
 
  • 仮想通貨Stellar(ステラ/XLM)の価格チャート
 
  • 仮想通貨Stellar(ステラ/XLM)の取引所の購入方法をご紹介(買い方)将来性

仮想通貨Stellar(ステラ/XLM)とは?

①仮想通貨Stellar(ステラ/XLM)の概要

発行日 2014年7月
アルゴリズム SCP
名称 XLM
ブロック生成時間
(送金速度)
約2~5秒
上限 なし(1000億XLM+年1%増加)
時価総額(2018/02/14現在) 約8150万円               
時価総額ランキング 8位
現在価格 約45円

②仮想通貨Stellar(ステラ/XLM)の基本情報

仮想通貨Stellar(ステラ/XLM)は時価総額ランキング8位に位置付く、メジャーなアルトコインです。

Stellar(ステラ/XLM)は同じくアルトコインのリップルをベースに開発されました。リップル同様国境を越えた送金や決済を行えるプラットフォームを備え、低コストで素早い送金が可能になっています。

提携企業や利用する銀行も多く、リップルも現在3位に位置付いていることから、Stellar(ステラ/XLM)のような送金システムはかなり需要が高まっていることが分かります。

ではベースとなったリップルと、Stellar(ステラ/XLM)との違いを見ながら、特徴をご紹介します。

Thumbリップル(Ripple)とは?仮想通貨の購入方法(買い方)と価格!今後は? | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

仮想通貨Stellar(ステラ/XLM)の最新情報|2018年3月22日追記

仮想通貨Stellar(ステラ/XLM)がライトニングネットワークを採用か

ブロックチェーンプロジェクト仮想通貨Stellar(ステラ/XLM)の開発チームは、年末までにライトニングネットワーク(LN)のメインネットを実装する予定であることを明らかにしました。

月曜日、仮想通貨Stellar(ステラ/XLM)チームは、ライトニングネットワークの実装に関する技術仕様書と計画案を発表しました。

ライトニングネットワークを使えば、「オフチェーン」(ブロックチェーンの外)で決済を行うことで、仮想通貨ネットワークの速度と効率を向上させることができます。

仮想通貨Stellar(ステラ/XLM)の開発者らは、Stellar(ステラ/XLM)によるLNの実装はビットコイン(BTC)や他の同じような仮想通貨によるものよりもしっかりしているだろうと、言いました。

仮想通貨Stellar(ステラ/XLM)がLNを実装すれば、ユーザーは「Stellar(ステラ/XLM)ネットワーク上のあらゆる操作(決済だけでなく、またはアカウントのアクセス権を作成、消去、変更する操作など)をペイメントチャネル内で」完了することができます。

投稿には以下のように書かれています。

「Stellar(ステラ/XLM)がライトニングネットワークの実装を行うためには、Stellar(ステラ/XLM)で行われるすべてのトランザクションで、どのアカウントから行われているのか?そしてそのトランザクションを特定するする番号を認識技術を必要とします。

すでにStellar(ステラ/XLM)ではライトニングネットワークでのトランザクションにおいてトランザクションを特定する番号を搭載することができるようになっています。

簡単な例で言いかえると、これは銀行が小切手が有効なものかどうかを確認するのと同じような作業です。」

LNの支持者は、いつか、この技術を利用して、ユーザーが「アトミックスワップ」を使用してブロックチェーン間で仮想通貨を取引するようになると予測しています。

+ アトミックスワップとは?

異なるブロックチェーン間での、仮想通貨のやり取りを行う技術で、取引所を介さずに仮想通貨を可能にする技術です。

仮想通貨Stellar(ステラ/XLM)のライトニングネットワークはどんなものか?

仮想通貨Stellar(ステラ/XLM)の開発者らは次のように述べています。

私たちは、仮想通貨Stellar(ステラ/XLM)を世界のデジタル決済システムの基盤にしたいと思っています。私たちはすでに、主要なプラットフォームの中でデジタル決済の基盤になるのに最も近いプラットフォームです(下の図を参照)。

しかし、仮想通貨Stellar(ステラ/XLM)の未来の規模を考えれば、技術を発展させ続ける必要があること明らかです。

Stellar(ステラ/XLM)のさらなる拡大をどのようにして達成するのかは、ブロックチェーン業界で最も意見が分かれる問題です。私たちは、様々なアイデアに目を向けながらこの問題に対処しようとしてきました。

私たちは、ユーザーが最も気にしているトランザクションスピード、処理能力、プライバシーを改善するためにシステムの拡張性について探求しています。また、私たちがいつもライトニングネットワークに興味があったのは、一般的なライトニング決済には以下のような特徴があるからです。

  • 即座に承認される
  • 手数料が非常に安い
  • 公開する必要がない

私たちの2018 Roadmapで言ったように、ライトニングを採用することがStellar(ステラ/XLM)にとって良い選択であることは明らかです。

仮想通貨Stellar(ステラ/XLM)と他の仮想通貨の比較

仮想通貨Stellar(ステラ/XLM)でLNが実装されることは何も驚くことではありません。このプロジェクトは、まず2015年にステートチャネルの採用を提案しています。

その後、1月の仮想通貨の開発者によって作られた計画案には、2018年の開発目標の中にライトニングが含まれていました。

しかし、開発者がこれほどまでに早くライトニングネットワークを実装できると考えていることは注目すべきことです。

事実、ライトニング研究所がビットコイン(BTC)によるLN実装の最初のベータ版を公開したのはわずか1週間前のことです。

さらに、ビットコイン(BTC)ベースのLNのソースコードを、単純に移行し、微調整を加えてStellar(ステラ/XML)に使用することはできません。Stellar(ステラ/XML)の開発者は、独自のソフトウェアを作成する必要があります。

しかし、仮想通貨Stellar(ステラ/XML)はビットコイン(BTC)コアの開発者Jeremy Rubinに協力を得て、Stellar(ステラ/XLM)のライトニングネットワークの実装のベータ版は10月1日までに公開され、12月1日には完全版が公開される予定です。

Stellar Preps Lightning Network Implementation for December Release

CCN、Josiah Wilmoth、20 Mar 2018

Lightning on Stellar: Technical Spec and Roadmap

Stellar、Christian、19 Mar 2018

Stellar(ステラ)とRipple(リップル)の違い

①決済システムについて

リップル(Ripple/XRP)
  • 団体・企業向け
  • ブロックチェーン不使用
ステラ(Stellar/XLM)
  • 個人でも利用可能
  • ブロックチェーン使用

まずリップルは銀行や金融などの企業中心のプラットフォームです。また専用の「リップルネットワーク」を利用しており、ブロックチェーン技術は使用していません。

世界各地にリップルの「ゲートウェイ」が存在し、リップルを送金するときはゲートウェイを仲介します。第三者が関わることで、送金記録は「誰から誰へ」という初めと終わりのみの単純なデータ量で済ませられます。

一方Stellar(ステラ/XLM)は、他のアルトコイン同様ブロックチェーンを利用しています。誰も介さずP2P(直接取引)が可能となっているため、個人間での送金や不正介入のスキを与えず信頼性の高い送金が可能です。

Thumbリップル(Ripple)とは?仮想通貨の購入方法(買い方)と価格!今後は? | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

②発行上限について

リップル(Ripple/XRP) 1000億XRP(すべて発行済)
ステラ(Stellar/XLM) なし(初期に1000億XLM発行+年1%増)

リップルは初期にすべて発行しており、その量だけで送金を行います。また、リップルは使い捨てのコインとなっており、一度利用すると破棄されます。

そのため二重送金が防止できるうえ、希少性が高まることから、価格が上りやすくなっています

Stellar(ステラ/XLM)はリップル同様、初期に1000億枚発行されていますが、加えて年1%増えていきます。インフレが起こりにくく、安定したチャートで価格が突然暴騰したりする可能性が低いアルトコインです。

一方リップルは大きく価格が変わることが度々あります。

Thumb【超緊急速報】OKcoinがリップル上場!リップルが10分間で20%アップ! | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

③アルゴリズムについて

リップル(Ripple/XRP) RCL(Ripple Consensus ledger)
ステラ(Stellar/XLM) SCP(Stellar Consensus Protocol)

リップルは「リップルコンセンサスレジャー(Ripple Consensus ledger)」というアルゴリズムを利用し、承認者は「UNL」と呼ばれます。セキュリティを考慮し、80%以上が合意しないとリップルネットワークが分岐する可能性があります。

一方、Stellar(ステラ/XLM)の「ステラコンセンサスプロトコル(Stellar Consensus Protocol)」はRCLがベースですが、80%以下でもブロックチェーンが分岐しません。

元帳にしっかり記録される分、ネットワークが安定しやすいといえます。承認者は「Quorum slices(定足数の小団体)」と呼ばれます。

④管理団体

リップル(Ripple/XRP) Ripple,INC(企業が管理)
ステラ(Stellar/XLM) Stellar Development Foundation(非営利団体)

リップルは「リップル社」という企業が管理しています。

管理元がはっきりしているため信頼性は高いネットワークですが、中央集権型のネットワークとも言えますのでリップル社が崩れてしまうとネットワークそのものが崩壊してしまう可能性も秘めています。

Stellar(ステラ/XLM)は分散型ネットワークのブロックチェーン技術により、中心的に管理する人は存在しません。Stellar(ステラ/XLM)を支持する非営利の開発で運営されています。

団体がなくなってもStellar(ステラ/XLM)は残りますが、信頼されにくくなるデメリットがあります。

Stellar(ステラ/XLM)の団体も受け止めており、サイトでは出来る限り活動内容や提携会社などを丁寧に表記し、透明性を重視しているようです。

Thumbリップル(Ripple/XRP)社が仮想通貨の未来について語る:仮想通貨技術は絶対に広がる | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

仮想通貨Stellar(XLM)の特徴

①Lumensの役割

Stellar(ステラ/XLM)は通貨名を「Lumens(ルーメン)」と呼ばれます。元は同じく「ステラ」だったのですが、2015年頃にLumens(ルーメン/XLM)に名前が変わりました。

Lumens(ルーメン)は「ブリッジ機能」があり、直接的に他の仮想通貨と取引が可能になっています。

またLumens(ルーメン)は取引の基本手数料は0.0001XLMですが、ネットワークダウン目的の悪意ある取引と疑われる場合は手数料が上がる仕組みになっています。

Lumens(ルーメン)の手数料は報酬目的ではなく、抑止力として存在しています。手数料はインフレプールに預けられ、年1%の上昇に加えられます。

また、Lumens(ルーメン)保持者はこのプールの資金先を投票で決めることができ、投票数0.05%を締めるユーザーにはLumens(ルーメン)が配られます。

②各会社との提携

Stellar(ステラ/XLM)は提携企業が多く、サイトでも一覧表として詳しく表示しています。

例えばフランスに本拠地を置く、世界40カ国で利用されている送金業者の「TEMPO」、有名なテクノロジー企業「IBM」

また金融・テクノロジーコンサルティング会社の「Deloitte」など、国境を越えたビジネスやテクノロジーを支える大手企業と繋がっています。Stellar(ステラ/XLM)の信頼性と将来性が感じられますね。

③Parkwayでの採用

Stellar(ステラ/XLM)はナイジェリアの大手金融技術プロバイダー「PARKWAY」と提携しています。

ナイジェリア含むアフリカでは携帯の送金がかなり一般化しており、ケニアでは75%近い成人が一般的に利用しているようです。

PARKWAYではモバイルマネー(MM)を中心とした送金システムを運営しており、Stellar(ステラ/XLM)を利用することで異なるサービスでも簡単に送金できるようになっています。

Stellar(XLM)の相場チャート・価格推移

Stellar(ステラ/XLM)の特徴を見ていただいたところで、つぎにStellar(ステラ/XLM)の価格チャートを見てみましょう。

Stellar(ステラ/XLM)の最近の高騰は、2017年12月下旬です。30円ほどの価格が約3倍の100円近くまで伸びています。

このときTEMPO社が「Stellar(ステラ/XLM)を利用したブロックチェーンプログラムを東京へ広める」というニュースをTwitterで公開しています。この影響で将来性を期待され、大きく伸びたと考えられます。

Stellar(XLM)が購入できるおすすめ取引所

ここからはおすすめの取引所とStellar(ステラ/XLM)の購入方法(買い方)をご紹介します。

Stellar(ステラ/XLM)は現在、日本の仮想通貨取引所では取り扱っているところがありません。もし購入するのであれば、日本の仮想通貨取引所でビットコインを購入後、海外の仮想通貨取引所でビットコインで取引する、という買い方になります。

海外の仮想通貨取引所で取り扱いがあるのは、世界でも大手の「Poloniex(ポロニエックス)」「Bittrex(ビットレックス)」中国の「Binnance(バイナンス)」などがあります。

今回は世界で仮想通貨取引量1位を維持する、Poloniex(ポロニエックス)を中心にStellar(ステラ/XLM)の買い方をご紹介していきます。

ThumbPoloniex(ポロニエックス)とは?特徴と評判を徹底解説! | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]
ThumbPoloniex(ポロニエックス)の取り扱い仮想通貨一覧!国内取引所と比較 | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]
Thumb海外仮想通貨取引所で注目の取引所を比較しおすすめを特徴とともに解説! | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

Stellar(XLM)の購入方法の手順

それでは、Stellar(ステラ/XLM)の買い方をご説明しましょう。まず日本の仮想通貨取引所でビットコインを購入するところから始めます。

日本の仮想通貨取引所は「coincheck(コインチェック)」「bitflyer(ビットフライヤー)」「Zaif(ザイフ)」などありますが、今回はZaif(ザイフ)を利用した購入方法をご紹介します。

Zaif(ザイフ)は国内大手の仮想通貨取引所で、ブロックチェーンの研究を行う会社が運営しており、セキュリティ面も信頼できます。また、取引時のサービスも多く、取引するほどビットコインをもらうこともできます。

非常に安定感の強いお得な取引所と言えますので、この機会に是非Zaif(ザイフ)のアカウントを作っておくことをオススメします。

Thumbzaifの口座開設からビットコインの入金・買い方まとめ | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]
ThumbZaif(ザイフ)の評判と特徴!メリット・デメリット徹底解説! | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]
Thumbアルトコインの手数料が安いおすすめ取引所の比較一覧! | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

①国内取引所で、日本円でビットコインを買う

それでは早速、仮想通貨取引所Zaif(ザイフ)でビットコインを購入しましょう。Zaif(ザイフ)での買い方をご紹介します。

まずZaif(ザイフ)にログインしましたら、右上のメニューが表示から「簡単売買」をクリックします。画面が下の画像のように切り替わるはずです。

変わりましたら、下に続く画像のように、赤枠のところに希望のビットコインの量を入力しましょう。日本円でも指定ができます。

金額に問題がなければそのまま「BITCOINを買う」をクリックします。数分たてば、自身のZaif(ザイフ)ウォレットにビットコインが反映されます。

②海外の取引所口座へビットコインを送金

ビットコインの準備ができたら、海外の仮想通貨取引所Poloniex(ポロニエックス)のウォレットにビットコインを送りましょう。

「簡単売買」のあったメニューに「アカウント」がありますのでそちらをクリック後、中央の①「入出金と履歴」という項目があるのでそちらをクリックします。すると下のような画面が表示されます。

②送る仮想通貨の種類と「送金」をクリックすると、③「出金アドレス」「出金金額」「出金手数料」「2段階認証トークン」が表示されます。

アドレスはPoloniex(ポロニエックス)にある自身のウォレットアドレス、出金金額は送りたいビットコイン量を入力します。

出金手数料は無記入なら「0.0005BTC」になります。上乗せするとより速く送金が完了しますので、もし急ぎの場合は0.0005BTCより多い量を入力しましょう。

一番下の「2段階認証トークン」は、設定している人のみ表示されます。スマートフォンのアプリを利用した認証ですので、設定済の方はスマートフォンに表示される番号を入力して下さい。

すべて入力したら、一番下の「出金」をクリックしましょう。数分たてばPoloniex(ポロニエックス)に送金が完了します。

※仮想通貨は送金をミスすると戻ってきませんので、特にウォレットアドレスの間違いが無いようよく確認しましょう。

Thumbzaif(ザイフ)の2段階認証の設定と解除方法!【スマホ・PC】 | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

③PonloniexでStellar(XLM)を購入

Poloniex(ポロニエックス)にビットコインが送れたら、最後にPoloniex(ポロニエックス)の取引所でStellar(ステラ/XLM)とビットコインを交換しましょう!

Poloniex(ポロニエックス)にログインし、ウォレットにビットコインが入っているかまず確認した後、①で「XLM(Lumens)」と検索します。

そして、すぐ下の②タブをBTCに切り替えると「★XLM(Lumens)」と書かれた項目が表示されますのでクリックしましょう。中央のチャートが「XLM(Lumens)/BTC」に切り替わり、下部の購入、売却もXLM(Lumens)/BTCに切り替わります。

下にスクロールすると、こちらの購入、売却があります。ビットコインで購入する場合は一番左側に、購入に使う量のビットコインの価格を入力し購入することで、Stellar(ステラ/XLM)と交換することができます。

また、もし指定のレートで交換したい場合は、Stop-Limit(ストップリミット)をつかうとより細かい取引を行うことができます。

Poloniex(ポロニエックス)はアメリカの最大手仮想通貨取引所で、取引量世界1位です。取り扱い通貨も有名なビットコインやStellar(ステラ/XLM)の他、70種類以上の仮想通貨を取り扱っています。

Poloniex(ポロニエックス)の取引から仮想通貨全体の価格が高騰したり、価格推移の要因になることも多いでしょう。

海外の仮想通貨取引所なので日本語対応はしていませんが、取引に利用する通貨もドルや円ではなくビットコインで行うため、事前に送金するのも安く済みます。

もしZaif(ザイフ)に慣れたら、Poloniex(ポロニエックス)も利用してみることをおすすめします。

ThumbPoloniex(ポロニエックス)の取り扱い仮想通貨一覧!国内取引所と比較 | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

Stellar(XLM)のおすすめウォレット

Stellar(ステラ/XLM)のウォレットは公式サイトで数種類紹介されています。

この中で利用者が多いのは、おそらく「レジャー(Ledger)」です。特にUSBで持ち運べる「レジャーナノS」が有名で、Stellar(ステラ/XLM)の他ビットコインやイーサリアムも預けることができます。

セキュリティが高く信頼性のあるハードウェアウォレットです!

人気がゆえにLedger Nano Sを利用した詐欺も今は起きています。
購入は必ず公式サイトからしましょう!

Thumbハードウェアウォレットの仕組み・使い方とおすすめを徹底比較! | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

Stellar(XLM)の今後の将来性

リップルもランキング3位に入っていることを考慮すると、Stellar(ステラ/XLM)のような送金システムは今非常に需要が高いと考えられます。

提携企業もハッキリしていて信頼性も高く、Stellar(ステラ/XLM)は将来性が高いと言えます。

企業との提携が目立ちますが、Stellar(ステラ/XLM)は個人でも利用できることがメリットです。今後個人間でのネットワーク開発や宣伝が目立つと、Stellar(ステラ/XLM)の将来性はもっと高くなることでしょう。

仮想通貨Stellar(ステラ/XLM)まとめ

仮想通貨Stellar(ステラ/XLM)について特徴やチャートや将来性、取引所での購入方法をご紹介しましたが、いかがでしょうか?

かなり上位のアルトコインですので、聞いたことのある方も多いかも知れませんね。多くの取引所で取引が可能となっていますので、興味を持たれた方はぜひ、Stellar(ステラ/XLM)の購入も検討してみて下さい!

Stellar(ステラ/XLM)の購入は日本のMr.Exchangeでもできますが、Poloniexの方が安心できる取引所なのでおすすめです!

海外取引所を利用するにはビットコインを安く購入できるZaif(ザイフ)の口座開設もおすすめです!

Thumbzaifの口座開設からビットコインの入金・買い方まとめ | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

この記事を読んだ方はこちらも読んでいます

Thumbリップル(Ripple)とは?仮想通貨の購入方法(買い方)と価格!今後は? | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]
Thumb仮想通貨aeternity(エターニティ/AE)の特徴・チャート・購入方法(買い方)・取引所・将来性 | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]
Thumb仮想通貨DigixDAO(ディジックスダオ/DGD)の特徴・チャート・購入方法(買い方)・取引所・将来性 | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]
Thumb仮想通貨Kyber Network(カイバーネットワーク/KNC)の特徴・チャート・購入方法(買い方)・取引所・将来性 | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]
Thumbイーサリアムなどアルトコインが上昇中!価格が伸びている原因は? | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]
ThumbbitFlyer(ビットフライヤー)取引所・販売所でのアルトコインの買い方! | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]
Thumbアルトコイン(オルトコイン)とは?特徴やビットコインとの違い・将来性を解説! | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

徹底比較!2018年度版オススメ取引所ランキング


LINEで有力情報をゲット!
仮想通貨関連の注目サービスや海外ニュース、その他有力投資情報を配信!!


仮想通貨最新ニュース btcfeed line@

迷ったらまずこの取引所!初心者の人にオススメ取引所をご紹介!

安心・安全が一番!という人ならbitFlyer

bitFlyerは世界で最もセキュリティの高い取引所!

国内で唯一ハッキングへの補償もしている安心の取引所!

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

☛bitFlyerの口座開設方法はこちらで解説!

☛bitFlyerの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

取引するのに難しい操作が心配という人はGMOコイン

初心者の人でも簡単な操作で、リップルなどの人気仮想通貨が購入可能!

運営企業も上場企業の子会社で運営面も安心!

☛GMOコインの口座開設方法はこちらで解説!

☛GMOコインの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

仮想通貨取引をしているなら持っておくべき取引所!

人気アルトコインの購入なら手数料無料のbitbank!

人気のリップル(Ripple/XRP)を手数料無料で購入ができる!

リップル以外のアルトコイン手数料も無料!

☛bitbankの口座開設方法はこちらで解説!

☛bitbankの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

手数料の安さぶっちぎり!Zaif!

日本の取引所で手数料が最もお得な取引所!

ビットコインは取引すればするほどビットコインをもらえる!

海外取引所を利用するならZaifでのビットコイン購入がおすすめ!!

☛Zaifの口座開設方法はこちらで解説!

☛Zaifの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

人気通貨を唯一レバレッジ取引できるDMM Bitcoin

人気のリップルとネム、ライトコイン等を唯一レバレッジ取引できる!

レバレッジ取引も安心してできる仕組みを取り入れていて安心!

☛DMM Bitcoinの口座開設方法はこちらで解説!

☛DMM Bitcoinの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

関連するまとめ

仮想通貨取引所ランキング

  • No.1bitFlyer(ビットフライヤー)
    Bitflyerビットフライヤーは私もビットコイン取引で頻繁に使っている取引所の一つです!ビットフライヤーのおすすめポイント3つ!
    • ビットコイン取引日本一の使いやすさ!
    • 手数料が安い
    • 保障もあり安心の取引所
    ビットフライヤーの公式サイトはこちら!
  • No.2Zaif(Zaif)
    Zaifザイフは初心者に優しく日本で一番最初にできた仮想通貨取引所です!ザイフのおすすめポイント3つ!
    • 手数料安さ日本一!
    • 独自のサービスで魅力満点!
    • 老舗の信頼できる取引所!
    ザイフの公式サイトはこちら!
  • No.3GMOコイン
    GmoGMOコインは上場企業のグループ会社で安心の取引所です!初心者の簡単にお得に利用ができます!
    • 手数料が安く操作も簡単!
    • 上場会社のグループで安心!
    • FX取引はアプリでもできる!
    GMOコイン公式サイトはこちら!

管理人について

Widget1
仮想通貨のバブルに乗ってミリオネアを目指す26歳の仮想通貨トレーダーです。国立大学を卒業し総合系コンサル会社に入社→仮想通貨にハマり2年で退職し仮想通貨投資暦2年
50万の初期投資から貯金1200万(※2017年11月現在)
元々はフィンテック関連企業のアサイン経験からブロックチェーンの勉強をし、途中から投資を始めました。情弱だったことから起きた個人的な失敗談や、技術的な話を理解せずに投資をする友人達の失敗を見て本当に必要な情報を初心者〜中/上級者の方に向けて発信して行こうと思います。
僕が使っている取引所/トレード・保有してるコイン/参加したICOはこちら!

管理人のツイート

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ
Bitflyer side