リップル(Ripple/XRP)社が仮想通貨の未来について語る:仮想通貨技術は絶対に広がる

リップル社が仮想通貨の将来についての意見を公式HPにて発表しました。そこには「仮想通貨の技術は今後必ず利用される」と書いており、特に銀行はリップルの技術を必要とするようになるという予測が。サッカーワールドカップになぞらえてリップルの将来について語りました。

リップル(Ripple/XRP)社が仮想通貨の未来について語る:仮想通貨技術は絶対に広がるのイメージ

目次

  1. 1リップル社が発した世界的な決済市場の将来とは?
  2. 2今回のリップル(Ripple/XRP)のメッセージを踏まえて今後の国際決済市場はどうなる?
LINEで情報をゲット!
仮想通貨関連の注目サービスや海外ニュース、その他投資情報を配信!!


仮想通貨最新ニュース btcfeed line@

当サイトで人気の仮想通貨取引所ランキング!
まだ一つしか取引所を持っていない人は必ず複数に登録をして安全に取引をしましょう!
【1位】Zaif(ザイフ)

取引手数料の安さNO.1!本サイト1番のオススメ取引所!

【2位】bitFlyer(ビットフライヤー)

ビットコイン取引量、国内ユーザー数が日本一の信頼できる取引所!

【3位】GMOコイン

初心者の人に1番おすすめ!簡単に取引ができて、しかも手数料も超お得!

【当サイトで今一番人気!】QUOINEX

人気のリップルとネムを両方を日本で唯一現物取引できる取引所!注目のQASHも取引できる!

【今大注目!】DMM Bitcoin

日本で世界で注目のアルトコインを唯一レバレッジ取引できる大注目の取引所!

※【注意】絶対に複数取引所に登録して資産を分散しておきましょう!資産を失うリスクがあります!

リップル社が発した世界的な決済市場の将来とは?

リップル(Ripple/XRP)を開発したリップル社は自社の広報サイトにて、今後の国際決済、送金の世界の展望についてコメントをしました。

ここではその内容をまとめます。

リップル(Ripple/XRP)の将来だけでなく、仮想通貨全体についてのコメントであり、勢いのなくなった仮想通貨市場に向けてのエールともいえる内容です。

今は仮想通貨にとってさらなる飛躍のための準備期間?

数か月後に迫ったワールドカップを例えにして、リップル(Ripple/XRP)を含む仮想通貨は今は準備期間だとリップル社は主張しています。

2018年のロシアワールドカップでは、世界中の才能あるチームや選手が集まりそこでトーナメントが行われて競い合います。
国際決済はこの一連の流れから学ぶことがあるというのです。


今ワールドカップで優勝をするため、世界中の国が練習に励みそのコンディションを整えています。
出ること自体が素晴らしいことですが、優勝をすることに最も価値があります。


この状況が国際決済と同じだと主張します。

現在国際決済の市場は、様々な銀行や企業がいて、それらが競合に勝つためにさらなる良い決済サービスを求めています。

その競合に勝つためには仮想通貨(ブロックチェーン技術)が必要であり、ブロックチェーン技術によって、世界の決済はもっと速く、安くなり、世界の様々な経済活動が活発化されます。


この仮想通貨のブロックチェーン技術が世界を変えるということがほとんどわかっているにも拘わらず世界の金融機関はその技術を採用することをためらっています。

しかし、そうなってしまっては、先にその技術を応用して顧客に素晴らしいサービスを提供した会社だけが残っていくのです。

つまり、ワールドカップのような、国際決済市場の戦いはすでに始まりを迎えており、その戦いに向けて準備をしなければ世界の金融機関などは負けていくのだとリップル社は主張しています。

ブロックチェーン技術はすでに「利用するといい」ではなく「利用しなければならない」技術

ブロックチェーンはこれまでは、活用できれば武器になるというほどのものでした。

しかし、ブロックチェーン技術は今後決済の市場において絶対に必要な技術とまでになりました。

これまでの状況を見ても、金融関連の組織や企業がブロックチェーンを採用する動きは急激に加速しており、現在の大企業がもしブロックチェーン技術を採用できなければ、どれだけ大きい企業でも将来その競争力を保っていることはできないと考えられます。

それはまるで、今回のワールドカップで出場を逃した、かつてのサッカー強豪国のイタリアやオランダのようなものです。

リップル(Ripple/XRP)やその技術を利用しなければ先はない

リップル社はリップル(Ripple/XRP)を利用しないことは、今後どれだけ大きな企業であろうとも致命的な打撃につながると言っています。

それはまるで、かつて最強と言われた、イタリア代表のサッカーチームが今はワールドカップのトーナメントにも出られていないという現状と似ているといいます。

大企業が、小さなフィンテック企業や中小金融企業を相手にしないことは簡単なことです。
しかし、仮想通貨が生まれて、そのブロックチェーン技術を活用したそれらのような会社は大きくその価値を高めているという現実があります。

例えば、リップル(Ripple/XRP)の技術を採用したSBI ホールディングスとその子会社のSBI Ripple Asiaは61もの日本の銀行を集めて行った会議の後、リップル(Ripple/XRP)を利用した送金テストを行い成功しました。

(SBIグループは他に仮想通貨取引所を作りリップル(Ripple/XRP)を上場させますが、それとは別のリップル(Ripple/XRP)を利用した送金サービス)

リップル(Ripple/XRP)を利用した送金テストが成功した後、SBIを含むリップル(Ripple/XRP)を採用した銀行のネットワークに韓国の最大規模の銀行2行が参加しました。

これまでの大企業がこうした新参者に取って代わられて、その地位を二度と取り戻せなくなるほどのインパクトをリップル(Ripple/XRP)や仮想通貨の技術は持っているのです。

リップル(Ripple/XRP)や仮想通貨の技術は飛躍のために必要!

今後の金融の世界で生き残るには新たな計画が必要なのです。

それは今回のワールドカップでアイスランドがまさかの出場を決めたことから学ぶことができます。


アイスランドは人口33万人という本当に小さな島国で、ワールドカップに出場した国で最小の人口です。
これまでは出場など考えられなかった小さな国でしたが、独自のワールドカップ出場のための行動計画を立て、環境や、監督、戦略をすべて変更することによって、驚きの出場を決めました。

このことと同じことが国際決済市場で起こせるのです。

何度も言うようにブロックチェーン技術はこれまでは中堅だったような銀行や企業がこれまでの大企業を打ち負かすほどの技術です。

その技術を利用してどのように、世界の決済市場を変えていくのかという行動計画があれば、大きく世界を変えられます。

リップル(Ripple/XRP)はそのような企業に活用され、今後の国際決済市場を変える重要な要素になるでしょう。

これからは仮想通貨の技術を採用する企業は必ず増えます。
なぜなら、その技術によって便利になることを顧客は知っていて、その便利さを望んでいるからです。

仮想通貨の技術を採用することは必要であるからするというものでもあるし、採用することによって大きくビジネスを飛躍させることができるものです。

今回のリップル(Ripple/XRP)のメッセージを踏まえて今後の国際決済市場はどうなる?

リップル(Ripple/XRP)が今回コメントしたことは過去にビットコイン、そしてブロックチェーン技術が初めて脚光を浴びたときのことを思い出させます。

その当時それらの技術が世界を変えると考えた人たちによって現在のイーサリアムや、リップル(Ripple/XRP)が生まれました。

その当時はほんの一部の人だけが「仮想通貨とその技術が世界を変える」という言葉を信じましたが、すでに、世界は仮想通貨の技術を利用しなければならないという一歩手前まで発展してきています。

今後すべての通貨が残らないにしても、仮想通貨によって多くのサービスがよりよくなり、これまでのサービスはなくなるかもしれません。

リップル(Ripple/XRP)はそのことを、まるでワールドカップのかつての超大国のイタリアやオランダ、そして新進気鋭の小国のアイスランドに例えました。

今後の仮想通貨の発展と、ロシアワールドカップでのアイスランドの活躍に注目ですね!

The World Cup of Global Payments: Get Off the Sidelines

Ripple Team Ripple Feb 12, 2018

今回のリップル(Ripple/XRP)のコメントは仮想通貨市場が今後なくなるのではないか?という批判的なコメントに向けての反論でしょうか?

これまで、様々な仮想通貨への反論がなされてきましたが、これまではどんな時も仮想通貨はその反論を覆す伸びを見せてきました。

リップル(Ripple/XRP)は今年に入って、世界の決済市場の中心になることを予感させる大型提携を繰り返してきています。

今は落ち着いている仮想通貨ですが、また大きく飛躍することでしょう!
今後のリップル(Ripple/XRP)に注目です!

将来有望なリップル(Ripple/XRP)を購入するには、日本ではGMOコインとビットバンク、DMM Bitcoinで購入ができます。

GMOコインは初心者でも簡単に購入ができることで人気です。

ビットバンクはリップルの売買手数料が無料で、とてもお得に取引ができます。

DMM Bitcoinは手数料が無料でさらにレバレッジ取引をすることができます!

この機会にまだ口座開設をしていない人は口座開設をおすすめします!

ThumbGMOコインの口座開設(登録)・本人確認方法を徹底解説! | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]
Thumbbitbank(ビットバンク)の口座開設方法~本人確認の手順【保存版】 | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]
Thumb仮想通貨取引所DMM Bitcoin(ビットコイン)の登録・口座開設方法【アプリ対応】 | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

この記事を読んだ方はこちらも読んでいます

Thumbリップル(Ripple/XRP)がまたも提携か?サウジアラビア最大の銀行が同技術で送金テストを完了 | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]
Thumbリップル(Ripple)がUAEの巨大両替、送金業者と提携!リップルがさらに拡大! | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

徹底比較!2018年度版オススメ取引所ランキング


LINEで有力情報をゲット!
仮想通貨関連の注目サービスや海外ニュース、その他有力投資情報を配信!!


仮想通貨最新ニュース btcfeed line@

迷ったらまずこの取引所!初心者の人にオススメ取引所をご紹介!

安心・安全が一番!という人ならbitFlyer

bitFlyerは世界で最もセキュリティの高い取引所!

国内で唯一ハッキングへの補償もしている安心の取引所!

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

☛bitFlyerの口座開設方法はこちらで解説!

☛bitFlyerの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

取引するのに難しい操作が心配という人はGMOコイン

初心者の人でも簡単な操作で、リップルなどの人気仮想通貨が購入可能!

運営企業も上場企業の子会社で運営面も安心!

☛GMOコインの口座開設方法はこちらで解説!

☛GMOコインの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

仮想通貨取引をしているなら持っておくべき取引所!

人気アルトコインの購入なら手数料無料のbitbank!

人気のリップル(Ripple/XRP)を手数料無料で購入ができる!

リップル以外のアルトコイン手数料も無料!

☛bitbankの口座開設方法はこちらで解説!

☛bitbankの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

手数料の安さぶっちぎり!Zaif!

日本の取引所で手数料が最もお得な取引所!

ビットコインは取引すればするほどビットコインをもらえる!

海外取引所を利用するならZaifでのビットコイン購入がおすすめ!!

☛Zaifの口座開設方法はこちらで解説!

☛Zaifの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

人気通貨を唯一レバレッジ取引できるDMM Bitcoin

人気のリップルとネム、ライトコイン等を唯一レバレッジ取引できる!

レバレッジ取引も安心してできる仕組みを取り入れていて安心!

☛DMM Bitcoinの口座開設方法はこちらで解説!

☛DMM Bitcoinの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

関連するまとめ

仮想通貨取引所ランキング

  • No.1bitFlyer(ビットフライヤー)
    Bitflyerビットフライヤーは私もビットコイン取引で頻繁に使っている取引所の一つです!ビットフライヤーのおすすめポイント3つ!
    • ビットコイン取引日本一の使いやすさ!
    • 手数料が安い
    • 保障もあり安心の取引所
    ビットフライヤーの公式サイトはこちら!
  • No.2Zaif(Zaif)
    Zaifザイフは初心者に優しく日本で一番最初にできた仮想通貨取引所です!ザイフのおすすめポイント3つ!
    • 手数料安さ日本一!
    • 独自のサービスで魅力満点!
    • 老舗の信頼できる取引所!
    ザイフの公式サイトはこちら!
  • No.3GMOコイン
    GmoGMOコインは上場企業のグループ会社で安心の取引所です!初心者の簡単にお得に利用ができます!
    • 手数料が安く操作も簡単!
    • 上場会社のグループで安心!
    • FX取引はアプリでもできる!
    GMOコイン公式サイトはこちら!

管理人について

Widget1
仮想通貨のバブルに乗ってミリオネアを目指す26歳の仮想通貨トレーダーです。国立大学を卒業し総合系コンサル会社に入社→仮想通貨にハマり2年で退職し仮想通貨投資暦2年
50万の初期投資から貯金1200万(※2017年11月現在)
元々はフィンテック関連企業のアサイン経験からブロックチェーンの勉強をし、途中から投資を始めました。情弱だったことから起きた個人的な失敗談や、技術的な話を理解せずに投資をする友人達の失敗を見て本当に必要な情報を初心者〜中/上級者の方に向けて発信して行こうと思います。
僕が使っている取引所/トレード・保有してるコイン/参加したICOはこちら!

管理人のツイート

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ
Bitflyer side