仮想通貨Bread(ブレッド/BRD)の特徴・チャート・購入方法(買い方)・取引所・将来性

仮想通貨Bread(BRD)は「世界最大の分散型金融機関」を目指す仮想通貨です。そのチャート、取引所、購入方法はどうなっているのか?この記事では、仮想通貨Bread(BRD)のチャート・取引所・購入方法などを解説します!

仮想通貨Bread(ブレッド/BRD)の特徴・チャート・購入方法(買い方)・取引所・将来性のイメージ

目次

  1. 1仮想通貨Bread(ブレッド/BRD)とは?
  2. 2Bread(BRD)の特徴
  3. 3Bread(BRD)の相場チャート・価格推移
  4. 4Bread(BRD)が購入できる取引所一覧
  5. 5Bread(BRD)の購入方法の手順
  6. 6Bread(BRD)のロードマップ
  7. 7Bread(BRD)の今後の将来性
  8. 8仮想通貨Bread(ブレッド/BRD)まとめ
LINEで情報をゲット!
仮想通貨関連の注目サービスや海外ニュース、その他投資情報を配信!!


仮想通貨最新ニュース btcfeed line@

当サイトで人気の仮想通貨取引所ランキング!
まだ一つしか取引所を持っていない人は必ず複数に登録をして安全に取引をしましょう!
【1位】bitFlyer(ビットフライヤー)

ビットコイン取引量、国内ユーザー数が日本一の信頼できる取引所!

【2位】GMOコイン

初心者の人に1番おすすめ!簡単に取引ができて、しかも手数料も超お得!

【当サイトで今一番人気!】QUOINEX

人気のリップルとネムを両方を日本で唯一現物取引できる取引所!注目のQASHも取引できる!

【今大注目!】DMM Bitcoin

日本で世界で注目のアルトコインを唯一レバレッジ取引できる大注目の取引所!

※【注意】絶対に複数取引所に登録して資産を分散しておきましょう!資産を失うリスクがあります!

仮想通貨Bread(ブレッド/BRD)とは?

仮想通貨Bread(BRD)は、「顧客の資金や個人データを一切保有しない、世界最大の分散型金融機関」を目指す仮想通貨です。モバイルウォレット「Bread Wallet」の開発チームによって開発が進められている仮想通貨で、Binance上場銘柄でもあります。

ここでは、そんな仮想通貨Bread(BRD)の基礎情報をみていきましょう。

仮想通貨Bread(BRD)の概要

まず最初に、仮想通貨Bread(BRD)の概要をみてみましょう。仮想通貨Bread(BRD)の概要を表にまとめると以下のようになります。
 

仮想通貨名 Bread
通貨単位 BRD
発行上限枚数 160,000,000 BRD
アルゴリズム ERC20
取扱取引所 Binance
公開日 2017年12月24日

仮想通貨Bread(BRD)の基本情報

仮想通貨Bread(BRD)は、モバイルウォレット「Bread Wallet」の開発チームによって開発が進められている「顧客の資金や個人データを一切保有しない、世界最大の分散型金融機関」を目指す仮想通貨です。

Bread Walletがすでに世界120ヶ国以上でリリースされている実績を持つことから、仮想通貨Bread(BRD)は信頼性と安定感のある仮想通貨として注目が集まっています。昨年末にBinanceで行われたICOでは僅か数分でトークンが完売し、その人気ぶりが伺える結果となりました。

仮想通貨Bread(BRD)の特徴は、シンプルかつ安全なビットコインウォレットだという点にあります。

BRDトークンによって分散型銀行としての機能を備えることで、給与の受け取りや支払い、貯金や取引等、これまで銀行などを介して行なっていた様々な業務をユーザー自身が自分のモバイル端末一つで完結させられるようになることを目指しています。様々な仮想通貨をBread(BRD)一つで管理できるようにしよう、という試みです。

また、仮想通貨Bread(BRD)はビットコインネットワークに接続された分散型であるため、万が一Bread(BRD)が破産したり、ハッキングなどの被害に遭ったとしても、ユーザーの資産は自分のデバイス内に保護されているため影響を受けません。この点で、仮想通貨Bread(BRD)は非常に安心感のあるウォレットだという評価を得ています。

さて、この項のまとめとして、仮想通貨Bread(BRD)の現在の仮想通貨ランキングをみておきましょう。2018年2月13日現在の仮想通貨Bread(BRD)の仮想通貨ランキングは以下のようになっています。

なお、開発者であるBreadはスイスのチューリッヒに本社を構えるベンチャー企業で、150ヶ国以上の顧客を抱えているということです。

Bread(BRD)の特徴

仮想通貨Bread(BRD)には様々なユニークな特徴があります。ここでは、そんな仮想通貨Bread(BRD)の特徴をみていきましょう。

新たな銀行の在り方を創出

仮想通貨Bread(BRD)の特徴の一つは、新たな銀行の在り方を創出しようとしている点にあります。

仮想通貨Bread(BRD)が目指しているのは世界最大の金融機関ですが、従来の金融機関と異なりユーザーの資産や個人データを一切持たないという点に大きな特徴があります。

Bread WalletはBRDトークンによって分散型金融機関として機能することが可能となります。分散型であることのメリットは、ユーザーの資産が直接ブロックチェーンに接続されることです。

これによりユーザーの資産は自分のデバイスの中で保護され、ハッキング等の脅威から守られることになります。ユーザーの資産は直接ピアツーピアネットワークに接続されるので、Bread Wallet自体が資産を保持する訳ではありません。

また、Breadは取引所ではなく、取引所と連携しているという点で他の競合と大きく異なります。これは、Breadが分散型銀行サービスを提供するのに必要な鍵となる機能の一つです。

Breadトークン(BRD)の使用用途

Breadトークン(BRD)の使用用途には以下のような例があげられています。
 

  • プラットフォーム上の様々な特典にアクセスすることができる
 
  • Breadトークン(BRD)を保有していると、手数料の割引などの特典を受けることができる
 
  • Breadトークン(BRD)の保有数のランクに応じて、様々な機能を無料または限定で利用することができる

Breadトークン(BRD)は無料配布やアンケートへの参加の他、様々なプロモーションで獲得することが可能です。

また、今後の開発予定として、銀行やクレジットカード会社、決済代行会社などのサードパーティーが行なっていることを、ユーザーが自身のモバイル端末で仮想通貨を用いて行うことができるようにするとされています。

これが実現すれば、ユーザーは銀行などへ行かずとも、スマートフォン一つで給与の受取りや公共料金の支払い、世界中の人々への送金、ローン借入や株式投資など、実に多様な事柄が出来るようになります。

ICOでの資金調達がうまくいった

仮想通貨Bread(BRD)は、ICOでの資金調達が非常に上手くいったというのも特徴の一つにあげられます。

昨年末のBinanceのICOで僅か数分のうちにBRDトークンが全て完売したことは記憶に新しいですが、仮想通貨Bread(BRD)はこれよりも前、「プレリリース」「クラウドセール」の時点でもかなりの資金を集めており、この時点で最終目標として掲げられていた32Mドル(32億円)のうち27Mドルが集まっていました。

このような好調な滑り出しの背景には、仮想通貨Bread(BRD)は後述するようにすでにサービスをリリースしていたこと、開発者であるBreadが150ヶ国以上に顧客を持つベンチャー企業であることなどが考えられます。

R

(28)

BinanceのTwitterでも話題になっていましたが、本当に数分以内で完売していて驚きました。コメントをみていると、参戦すらできなかった人も多かったようです。勢いのあるICOはとても活気があって魅力的ですね!

既にサービスをリリースし、実績あり

先述したように、仮想通貨Bread(BRD)はBread Walletを既にサービスとしてリリースしています。

このBreead Walletは世界120ヶ国でリリースされており、ウォレット内には約2000億円相当の資金があります。このようにサービスが実際にリリース・利用されているという事実は、仮想通貨Bread(BRD)への大きな信頼感へと繋がっていると言えます。

今後さらに機能が充実していくことによって、Bread Walletがビットコインウォレットの中で地位を確立していくことも十分に考えられます。

Bread(BRD)の相場チャート・価格推移

ここで、仮想通貨Bread(BRD)のチャートを見てみましょう。仮想通貨Bread(BRD)のチャートはこのように推移しています。

仮想通貨Bread(BRD)は公開直後に見ての通り価格チャートが上がり、2018年1月12日にチャートのピークとなる1BRD=$2.78を記録しました。その後価格は徐々に下降傾向にあり、暴騰などはみられていません。

2018年2月13日現在の価格は1BRD=$0.83となっています。

現時点では激しい価格の変動などは見られず落ち着いた価格帯を推移していますが、ロードマップに提示されていた数々の機能が実装され、ウォレットの利用者が増えて注目度が上がれば、再度価格が上昇することも十分に考えられます。

Bread(BRD)が購入できる取引所一覧

仮想通貨Bread(BRD)を購入できる取引所はBinance(バイナンス)になります。

以下、Binanceについて少しみておきましょう。

仮想通貨取引所Binance(バイナンス)について

Binanceは中国系の仮想通貨取引所で、世界的にもメジャーな取引所の一つです。Binanceで取引されている仮想通貨の銘柄は70種類以上で、Binanceに上場することで価格を上昇させる仮想通貨も見られます。

また、Binanceは取引手数料が0.1%と非常に安いのが特徴で、Binanceが独自で発行している仮想通貨BNBを利用して取引を行うことで取引手数料が最大で0.05%まで安くなります。

まだBinanceの口座を持っていない人はこの機会に口座開設をおすすめします!

ThumbBinance(バイナンス)取引所の登録方法から口座開設までの使い方まとめ! | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

Bread(BRD)の購入方法の手順

仮想通貨Bread(BRD)は国内の取引所では扱われておらず、日本円での購入ができません。仮想通貨Bread(BRD)を購入するためには、まず国内の仮想通貨取引所でビットコインを日本円で購入し、用意したビットコインを利用して海外の仮想通貨取引所で仮想通貨Bread(BRD)を購入する、という手順を踏んでいくことになります。
 

以下、その手順をみていきましょう。
 

ここでは、国内取引所にはzaif、海外取引所にはBinanceを例として使用します。

zaifで説明をするのは海外取引所を利用するときに必要になるビットコインを国内仮想通貨取引所の中で最もお得に手に入れられるからです。
ぜひこの機会に口座開設をおすすめします!

Thumbzaifの口座開設からビットコインの入金・買い方まとめ | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

国内取引所で、日本円でビットコインを買う

まず最初に、国内取引所(ここではzaif)でビットコインを日本円で購入しましょう。手順は以下の通りです。

  1. zaifにログイン
  2. チャートの左上に表示されている通過欄からBTC/JPYを選択
  3. チャートの右側に表示されている売買注文パネルに「価格」「数量」を入力
  4. 「買い注文」をクリック
  5. 購入完了

 

これで、日本円でビットコインの購入が完了しました。

Binanceへビットコインを送金

続いて、国内取引所からBinance(バイナンス)へ仮想通貨を送金する手順をご説明します。

国内取引所(ここではzaif)からBinance(バイナンス)へビットコインを送金するためには、送金先となるBinance(バイナンス)のアドレスが必要となります。以下の手順で、Binance(バイナンス)のアドレスを確認しておきましょう。

  1. Binance(バイナンス)にログイン
  2. ホーム画面上部のメニューバー右側にある「資産」→「預金の引き出し」をクリック
  3. 自分の資産が表示されるので、一覧の中から「ビットコイン(BTC)」を選択
  4. アドレスが表示されるので、それをコピーする

 

ここまでで、Binance(バイナンス)のアドレスの確認ができました。

続いて、zaif側からの手続きの手順です。

 
  1. zaifにログイン
  2. 上部のメニューバーから「入出金」→「出金」を選んでクリック
  3. 「出金アドレス」欄にBinanceのデポジットアドレスをペースト、「出金金額」を入力
  4. 「出金」をクリック
  5. 送金(出金)完了

 

zaifでの送金が完了したら、Binanceの口座を確認してきちんと着金しているかチェックしておきましょう。

BinanceでBread(BRD)を購入

最後に、Binanceで仮想通貨Bread(BRD)を購入する手順を解説します。

  1. Binanceにログイン
  2. 上部のメニューバーから「取引センター」をクリック(ベーシック、アドバンスどちらでも可)
  3. 上部右側に表示される通貨の種類から「BRD/BTC」を選択
  4. 購入したい分の「価格」「数量」を入力
  5. 「購入」をクリック
  6. 無事成約すれば、左下の「購入歴史」ページに記録が掲載されるので要確認

 

以上で、仮想通貨Bread(BRD)の購入手続きは完了です。

Bread(BRD)のロードマップ

仮想通貨Bread(BRD)は、ホワイトペーパーにおいて今後4期の4半期に渡るプロダクトロードマップを提示しています。

ホワイトペーパーで特に取り上げられているものを以下に列挙します。

【イーサリアム】
イーサリアム、およびERC20トークンの送信・受信・保管を可能にする。

【ポートフォリオ管理】
ポートフォリオプラットフォームの導入。既存の金融業界における資産管理・管理プラットフォームに類似した設計を行う。

【売買に関する追加機能】
既存の仮想通貨取引所と提携。仮想通貨の売買を可能にする。

【分散型の資産取引】
Breadのプラットフォームを利用した、お互いを知らず信頼関係がない場合でも自動的に様々な資産を交換できるような機能の開発。

【その他の金融サービス】
仮想通貨を直接ユーザーのウォレットに送る給与の直接振込や、個人間の融資、自動引き落とし、定期預金など、通常の銀行が提供している全てのサービスを分散型の方法で提供する。

【決済のオープンプラットフォームの開設】
ユーザーの個人情報を何度も入力することなく、安全に店舗に提供することを可能にする。

Bread(BRD)の今後の将来性

仮想通貨Bread(BRD)は、これまで述べてきたようにBread Walletですでに実績のある仮想通貨です。

公開されているロードマップに従えば、2018年内にイーサリアム等のトークンの利用、公共料金の支払いなど、更に充実した機能が実装されていくことになります。機能が充実することにより利用者が増え、その価値が認められれば今後更に価格が上昇することも考えられます。

Bread(BRD)は開発チームが定期的に情報をSNSやブログ等で発信しており、現在進行形で開発が行われていることが確認できます。2018年2月5日にはクレジットカードでビットコインが購入できる機能が実装されるなど、アップデートや新規機能の実装も比較的順調に進んでいるのではないでしょうか。

仮想通貨Bread(BRD)が掲げる理想は大変大きいものですが、ホワイトペーパー通りに開発が進むならば、Bread(BRD)は金融機関のあり方を大きく変えるターニングポイントとなり得るかもしれません。

仮想通貨Bread(ブレッド/BRD)まとめ

以上、仮想通貨Bread(BRD)についてみてきました。

仮想通貨Bread(BRD)は「顧客の資金や個人データを一切保有しない、世界最大の分散型金融機関」を目指す仮想通貨です。

Bread Walletは120ヶ国でリリースされ、既に多数の利用者がいるという実績をもつウォレットですが、2018年には様々な機能の実装が予定されており、更なる機能の充実が期待できます。2018年2月5日には早速クレジットカードでのビットコインの購入機能が実装されるなど、開発チームの意欲的な姿勢が伺えます。

仮想通貨Bread(BRD)は従来の金融機関のあり方を大きく変える可能性を秘めたプロジェクトで、今後も開発チームの動きに大いに期待できそうです。

現在の価格は最盛時よりも下落していますが、今後の動き次第では再び価格を上げる可能性が十分に考えられる仮想通貨だと言えます。

将来有望なBread(ブレッド/BRD)を購入するなら、Bread(ブレッド/BRD)以外にも多くの将来有望な通貨を取り扱っているBinanceの口座開設をしましょう!

口座開設はメールアドレスだけで無料でできます!
ぜひこの機会に口座開設をしておきましょう!

ThumbBinance(バイナンス)取引所の登録方法から口座開設までの使い方まとめ! | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

また、お得に海外取引所を利用するためにも、日本で最も手数料が安いZaifでのビットコイン購入をおすすめします!

Zaifならビットコイン購入すればビットコインをもらえるというキャンペーン中!
ぜひお得なうちにビットコイン投資をしてみては?

Thumbzaifの口座開設からビットコインの入金・買い方まとめ | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

この記事を読んだ方はこちらも読んでいます

Thumb仮想通貨SingularDTV(シンギュラーDTV/SNGLS)の特徴・チャート・購入方法(買い方)・取引所・将来性 | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]
Thumb仮想通貨STRAKS(ストラクス/STAK)の特徴・チャート・購入方法(買い方)・取引所・将来性 | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

徹底比較!2018年度版オススメ取引所ランキング


LINEで有力情報をゲット!
仮想通貨関連の注目サービスや海外ニュース、その他有力投資情報を配信!!


仮想通貨最新ニュース btcfeed line@

迷ったらまずこの取引所!初心者の人にオススメ取引所をご紹介!

安心・安全が一番!という人ならbitFlyer

bitFlyerは世界で最もセキュリティの高い取引所!

国内で唯一ハッキングへの補償もしている安心の取引所!

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

☛bitFlyerの口座開設方法はこちらで解説!

☛bitFlyerの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

取引するのに難しい操作が心配という人はGMOコイン

初心者の人でも簡単な操作で、リップルなどの人気仮想通貨が購入可能!

運営企業も上場企業の子会社で運営面も安心!

☛GMOコインの口座開設方法はこちらで解説!

☛GMOコインの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

仮想通貨取引をしているなら持っておくべき取引所!

人気アルトコインの購入なら手数料無料のbitbank!

人気のリップル(Ripple/XRP)を手数料無料で購入ができる!

リップル以外のアルトコイン手数料も無料!

☛bitbankの口座開設方法はこちらで解説!

☛bitbankの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

人気通貨を唯一レバレッジ取引できるDMM Bitcoin

人気のリップルとネム、ライトコイン等を唯一レバレッジ取引できる!

レバレッジ取引も安心してできる仕組みを取り入れていて安心!

☛DMM Bitcoinの口座開設方法はこちらで解説!

☛DMM Bitcoinの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

関連するまとめ

仮想通貨取引所ランキング

  • No.1bitFlyer(ビットフライヤー)
    Bitflyerビットフライヤーは私もビットコイン取引で頻繁に使っている取引所の一つです!ビットフライヤーのおすすめポイント3つ!
    • ビットコイン取引日本一の使いやすさ!
    • 手数料が安い
    • 保障もあり安心の取引所
    ビットフライヤーの公式サイトはこちら!
  • No.2GMOコイン
    GmoGMOコインは上場企業のグループ会社で安心の取引所です!初心者の簡単にお得に利用ができます!
    • 手数料が安く操作も簡単!
    • 上場会社のグループで安心!
    • FX取引はアプリでもできる!
    GMOコイン公式サイトはこちら!

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ
Bitflyer side