IMFの理事:仮想通貨の規制は不可欠と発言。世界中が仮想通貨の規制へ?

世界金融の中心組織であるIMFのトップが、仮想通貨の規制は不可欠と発言。次の主要国の財務大臣が集まるサミットで世界的な規制の枠組みを話し合う必要性があることを表明しました。世界中で吹き荒れる仮想通貨の規制の嵐は今後どうなるのか?そして価格への影響は?

IMFの理事:仮想通貨の規制は不可欠と発言。世界中が仮想通貨の規制へ?のイメージ

目次

  1. 1この記事のポイント
  2. 2IMFトップの「仮想通貨の規制」発言の内容とは?
  3. 3今後世界の「仮想通貨の規制」はどのような動きになっていくのか?
当サイトで人気の仮想通貨取引所ランキング!
まだ一つしか取引所を持っていない人は必ず複数に登録をして安全に取引をしましょう!
【1位】Zaif(ザイフ)

取引手数料の安さNO.1!本サイト1番のオススメ取引所!

【2位】bitFlyer(ビットフライヤー)

ビットコイン取引量、国内ユーザー数が日本一の信頼できる取引所!

【3位】GMOコイン

初心者の人に1番おすすめ!簡単に取引ができて、しかも手数料も超お得!

【今大注目!】DMM Bitcoin

日本で世界で注目の通貨を安く手に入れられる最近大注目の取引所!

※【注意】絶対に複数取引所に登録して資産を分散しておきましょう!資産を失うリスクがあります!

この記事のポイント

  • 世界金融の中心組織であるIMFのトップが「仮想通貨への世界的な規制が不可欠」と発言

世界金融に大きな影響力を持つ組織であるIMFのトップが「仮想通貨への規制は必要」と言う発言をしたことが大きな波紋を呼んでいます。
一体この「規制」とはどのようなものなのか、その発言から解説します。
 
  • 次に行われるG20(主要国首脳会議)で財務大臣や国立銀行の代表とともに規制の枠組みを作るか?

世界中の国で仮想通貨の規制への動きが激しくなっている中、国ごとの規制ではなく、グローバルな枠組みでの規制の必要性を示唆しました。

IMFトップの「仮想通貨の規制」発言の内容とは?

IMF(国際通貨基金)のトップである、Christina Lagarde氏は日曜日に行われていたドバイで行われたサミットでのCNNの取材に対し、次のようにコメントをしました。

仮想通貨の規制は不可欠です
それは、仮想通貨がもたらした革新的な技術が犯罪などの違法な手段に利用されているからです。」

そしてそれに続けて

「仮想通貨にはおそらく犯罪での利用がかなりされているでしょう。
IMFや世界の金融機関はこうしたテロリスト集団の犯罪収益などのマネーロンダリング対策を強化しており、これらの観点から仮想通貨の規制は必要と判断しました」

と規制の動きの理由を語りました。

さらにIMFのトップは今回の仮想通貨の規制は2008年の金融危機で起きた時のような対応ではなく、さらに積極的な規制が必要とコメントをしました。

IMFはこれまで仮想通貨に対して寛容だった?

IMFのトップのコメントは以前までのものとはかなり変わってきています。

これまでは仮想通貨やその基盤技術であるブロックチェーン技術については、問題視していないという姿勢でした。
事実2015年のLagarde氏の世界の銀行関係者へ向けた、仮想通貨の意見は次のようなものでした。

「仮想通貨は大したものではなく心配する必要はない」



しかし、仮想通貨は世界金融を大きく揺るがしうる存在であるということを認識したのでしょうか。

2017年の終わりのころには、
「仮想通貨は現在の金融システムを根底から破壊するかもしれない危険性持った、無視しがたい存在だ」とコメントをしています。

今後世界の「仮想通貨の規制」はどのような動きになっていくのか?

最近、IMFトップのLagarde氏は仮想通貨の経済に与えるマイナス面を気にしています。
それは大きく2つあります。
 

  • 仮想通貨が違法なトランザクション(犯罪収益移転等)に利用されていること
 
  • マイニングによって莫大な電気を消費していること

これらのような仮想通貨がもたらす世界的なマイナス面は、IMFと世界の金融組織(各国の財務当局や銀行等)との協調的な規制作りへと動かしていきます。

ちょうど、先週末にドイツとフランスが連署でG20(主要国首脳会議)で仮想通貨の国の枠組みを超えた規制作りについて議論をすることを呼びかけました。

ほぼ時を同じくして、世界金融機関の中心ともいえるIMFの仮想通貨への規制の発言は今後世界的な仮想通貨規制への前兆ともとらえられます。

この動きは仮想通貨をより成長させるものになるのか、それともその革新性を止めてしまい価格へも大きく影響するのか?

注目が集まります。

Cryptocurrency Regulation ‘Inevitable,’ Says IMF Chief Christine Lagarde

CCN FEBRUARY 12, 2018 14:59

日本では世界に先駆けて仮想通貨への規制の枠組みを作った国です。

法律を施行した当時、世界はその動きを注視するという態度でしたが、約1年がたち、世界も日本のような規制の枠組みを方向に動いています。

今後それらの規制によって世界の仮想通貨取引所がどうなっていくかは注目です。

日本はすでに仮想通貨取引所はマネーロンダリング対策に則った取引所しか利用ができないようになっており、世界の動きがどうであろうと、安心して利用ができると言えます。

この機会にまだ日本の取引所を活用をあまりしていない人はぜひ利用してみてはいかがでしょうか?

アルトコインを多く取り扱っているザイフやビットフライヤーは長く運営をしており今後も安心して利用できる取引所と言えます。

この記事を読んだ方はこちらも読んでいます

Thumbインドで仮想通貨規制が今年3月末にも施行か? | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]
Thumb日本でICOプロジェクトを推進していた無登録業者に警告!国内初の規制事例となるか | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]
Thumbドイツとフランスが世界的な仮想通貨の規制を呼び掛ける | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

仮想通貨取引所ランキング

仮想通貨取引所ランキング

  • No.1bitFlyer(ビットフライヤー)
    Bitflyerビットフライヤーは私もビットコイン取引で頻繁に使っている取引所の一つです!ビットフライヤーのおすすめポイント3つ!
    • ビットコイン取引日本一の使いやすさ!
    • 手数料が安い
    • 保障もあり安心の取引所
    ビットフライヤーの公式サイトはこちら!
  • No.2Zaif(Zaif)
    Zaifザイフは初心者に優しく日本で一番最初にできた仮想通貨取引所です!ザイフのおすすめポイント3つ!
    • 手数料安さ日本一!
    • 独自のサービスで魅力満点!
    • 老舗の信頼できる取引所!
    ザイフの公式サイトはこちら!
  • No.3GMOコイン
    GmoGMOコインは上場企業のグループ会社で安心の取引所です!初心者の簡単にお得に利用ができます!
    • 手数料が安く操作も簡単!
    • 上場会社のグループで安心!
    • FX取引はアプリでもできる!
    GMOコイン公式サイトはこちら!

管理人について

Widget1
仮想通貨のバブルに乗ってミリオネアを目指す26歳の仮想通貨トレーダーです。国立大学を卒業し総合系コンサル会社に入社→仮想通貨にハマり2年で退職し仮想通貨投資暦2年
50万の初期投資から貯金1200万(※2017年11月現在)
元々はフィンテック関連企業のアサイン経験からブロックチェーンの勉強をし、途中から投資を始めました。情弱だったことから起きた個人的な失敗談や、技術的な話を理解せずに投資をする友人達の失敗を見て本当に必要な情報を初心者〜中/上級者の方に向けて発信して行こうと思います。
僕が使っている取引所/トレード・保有してるコイン/参加したICOはこちら!

管理人のツイート

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ
Bitflyer side