仮想通貨STRAKS(ストラクス/STAK)の特徴・チャート・購入方法(買い方)・取引所・将来性

草コインながらも注目を集めている仮想通貨STRAKS(STAK)。その特徴やチャート、将来性は?取り扱っている仮想通貨取引所と購入方法は?注目を集めながら情報が少ないSTRAKS(STAK)の特徴・チャート・購入方法・取引所・将来性を徹底解説いたします。

仮想通貨STRAKS(ストラクス/STAK)の特徴・チャート・購入方法(買い方)・取引所・将来性のイメージ

目次

  1. 1仮想通貨STRAKS(ストラクス/STAK)とは?
  2. 2STRAKS(STAK)の特徴
  3. 3STRAKS(STAK)の相場チャート・価格推移
  4. 4STRAKS(STAK)が購入できる取引所一覧
  5. 5STRAKS(STAK)の購入方法の手順
  6. 6STRAKS(STAK)のロードマップ
  7. 7STRAKS(STAK)の今後の将来性
  8. 8仮想通貨STRAKS(ストラクス/STAK)まとめ
当サイトで人気の仮想通貨取引所ランキング!
まだ一つしか取引所を持っていない人は必ず複数に登録をして安全に取引をしましょう!
【1位】Zaif(ザイフ)

取引手数料の安さNO.1!本サイト1番のオススメ取引所!

【2位】bitFlyer(ビットフライヤー)

ビットコイン取引量、国内ユーザー数が日本一の信頼できる取引所!

【3位】GMOコイン

初心者の人に1番おすすめ!簡単に取引ができて、しかも手数料も超お得!

【当サイトで今一番人気!】QUOINEX

人気のリップルとネムを両方を日本で唯一現物取引できる取引所!注目のQASHも取引できる!

【今大注目!】DMM Bitcoin

日本で世界で注目のアルトコインを唯一レバレッジ取引できる大注目の取引所!

※【注意】絶対に複数取引所に登録して資産を分散しておきましょう!資産を失うリスクがあります!

仮想通貨STRAKS(ストラクス/STAK)とは?

「草コイン投機」という言葉を耳にしたことはありませんか?「草コイン投機」とは1000種類以上あるアルトコインの中でも無名で時価総額が低い雑草のような仮想通貨に将来性を見通して投資することです。

そんな「草コイン投機家」たちの間で注目を集めているのが、STRAKS(ストラクス/STAK)です。STRAKS(STAK)が注目を集めている理由は新技術を多数取り入れているところにあります。

仮想通貨STRAKS(STAK)の概要

  STRAKS(STAK)
公開日 2017年12月17日
発行上限 1億5,000万枚
マイニングシステム PoW(Proof of Work)
マイニング報酬 不明
マスターノード 15,000枚
創業・開発者 SIGT開発コミュニティの
残った人達
取り扱い取引所 1.CryptoBridge
2.Stocks.Exchange
銘柄種類 匿名通貨

発行からの歴史は浅いためまだまだ認知度は低いですが注目度はかなり高いのがSTRAKS(STAK)です。匿名通貨であるためデメリットも存在しますので敬遠する方もいるのが現状ですが伸びしろはかなりあるのではないでしょうか。

まだまだ認知度の低いアルトコイン(草コイン)のため取り扱っている取引所は限られますが、今のうちに所持しておくといつの間にか…ということもあるかもしれません。

取引所の利用方法はこの後詳しく解説いたします。

仮想通貨STRAKS(STAK)の基本情報

STRAKS(STAK)は2017年12月17日に発行された仮想通貨です。元々はSignatum(SIGT)開発メンバーだった人たちが生み出しました。※この事については後述で詳しく記載します。

2018年2月12日現在の時価総額は$4,283,000(USD)で、仮想通貨の時価総額ランキングでは588位となっています。現在の相場価格は$2.68(USD)となっておりまだまだ市場価値は低いですがこのまま注目度がさらに高くなれば価格が高騰する可能性もあります。

冒頭にも述べましたが、STRAKS(STAK)は今までにはない新技術を多数盛り込まれていることが魅力です。作られた目的が、電子商取引ユーティリティに焦点を当てており、将来的に仮想通貨が電子取引のメイン通貨となった時の強みになる技術性の高さを誇っています。

STRAKS(ストラクス/STAK)とはデンマークの言語です。デンマーク語でSTRAKSは「すぐに」という意味を持っています。その言葉の意味通り、電子商取引アプリケーション競争に勝てるアルトコインを目指しスムーズな取引が行える技術が込められた通貨を生み出しています。

またSTRAKS(STAK)はオープンソースになっており、所有権とアクセス権が分散されているので、個人ではなくコミュニティで支えあっています。その為長期的に安定したアルトコインとしての地位を築くかもしれません。

そしてSTRAKS(STAK)が重要視しているのは匿名性の向上です。電子商取引を引っ張る存在の仮想通貨になるには様々な技術を取り込み匿名性を向上させ安全な通貨を作ることが利用価値を高めると考えているようです。

Signatum(SIGT)との関係

STRAKS(STAK)は、元々Signatum(SIGT)という仮想通貨開発コミュニティのメンバーにより生み出されました。

しかし、その前身のSIGT開発コミュニティのあるメンバーが情報を操作し、不正に相場を操作したことが発覚して逃亡しました。

そこで、残った善良なコミュニティメンバーがリブランドという形で開発し誕生したのがSTRAKS(STAK)という仮想通貨です。

さらにSTRAKS(STAK)は、SIGTの情報操作を仲間のメンバーがしたことへの救済を兼ねて、4SIGTを1STAKにスワップしています。

スワップ作業は6年間かけゆっくりと行うのですが、理由としては一度にスワップをしてしまうと新規参入投資家たちに対し不公平となってしまうことへの配慮でもあります。

STRAKS(STAK)の特徴

何度も申し上げている通り、STRAKS(STAK)の注目度の高さは、既存の仮想通貨(ビットコインを含む)では実装できていない新技術をたくさん搭載していることです。

多くの新技術を搭載している

  STRAKS(STAK) Bitcoin(BTC)
セグウィット4x ×
ライトニングネットワーク互換性
アトミックスワップ互換性
i2p 〇※実装中 ×
ゼロコインプロトコル 〇※実装中 ×
スマートコントラクト ×

ビットコインとの比較でもわかる通り、これだけの搭載技術の差があります。現在、実装中の技術もありますが、仮想通貨の生みの親であるビットコインを超える技術力がSTRAKS(STAK)の最大の特徴です。それぞれの技術がどういったものなのかを知ると、STRAKS(STAK)の技術力の高さを更に実感できます。

セグウィット4x(Segwit4x)

セグウィット4xとは、トランザクションへの署名の仕方を変更し作業効率を上げる技術です。つまり、取引量が増えると当然、その取引に署名するという対応が遅くなります。

ですが、セグウィット4xという技術は簡単に言うとたとえ取引量が増えても決済するスピードを下げることなく行えるという技術なのでユーザーのストレスを大幅に軽減させてくれます。

ビットコインはセグウィット2xさえ対応していないので、主要アルトコインでもほぼ皆無な技術なのでこれだけでもSTRAKS(STAK)の技術の高さがわかります。

ライトニングネットワーク互換性とアトミックスワップ互換性

ライトニングネットワーク互換性とアトミックスワップ互換性という技術はビットコインでも搭載されている技術なのでご存知の方も多いかと思いますが、少額での支払いを既存のブロックチェーンを介さずコインをトレードできるという技術です。

ビットコインでは搭載されていますが、アルトコインではこの技術が搭載されているものが少ないため注目を集める要因となっています。

i2p(インビジブルインターネットプロジェクト)

とても便利なインターネットですが知識や技術がある人にとっては「鍵はしているが簡単に複製し開けられる金庫」のようなものです。セキュリティ問題は常にハッカーとのイタチごっこですが、i2pという技術は「通信を特定・追跡できてしまう」という問題を解消する技術です。

通信を暗号化し不透明にすることで、安全性という信頼をもたらす技術となっています。

ゼロコインプロトコル

STRAKS(STAK)の現在実装中の技術、「ゼロコインプロトコル」は特定の事実以外の情報以外はシャットダウンしつつ、その事実が真実であることを証明できるという技術です。

つまり、STRAKS(STAK)の追い求めている取引の匿名性になくてはならない技術になります。取引を匿名化できるというのはプライバシーを守るうえで欠かせない技術になってくるはずです。

最近は仮想通貨のプライバシー情報の問題に注目が集まっており、匿名性を搭載しているSTRAKS(STAK)は技術的にも重要な要点を抑えています。

スマートコントラクト

スマートコントラクトはイーサリアムが搭載しており話題になった技術です。

ブロックチェーン上でお金の送金などのやり取りだけを管理しているビットコインに比べ、STRAKS(STAK)が搭載しているスマートコントラクトでは取引を行うと自動的に契約内容まで管理してくれるため、中央機関がなくても契約内容を自動で行えます。

世界中の誰でも、分散されたブロックチェーンの取引契約内容を半永久的に監視できるので、改ざんなどの不正は困難なため信頼性の高いシステムとなります。

STRAKS(STAK)の相場チャート・価格推移

ここまで見ると、「STRAKS(STAK)ってすごい仮想通貨なのになぜ草コイン扱いなの?」と思われるかもしれません。

ですが、実際にSTRAKS(STAK)が発行されてからまだ2か月であり取り扱っている取引所が少ないことや新技術が完全に搭載されきっていないことが影響しているのかもしれません。

ここで2018年2月1日から13日現在までのSTRAKS(STAK)のチャート・価格推移を見てみたいと思います。チャートを見ると極端な波はなく、安定しています。

次に1月からの1か月半のチャートを見てみます。

2018年1月2日から2月13日までのチャートです。相場価格は¥304.12(JPY)で時価総額は¥491,456,748(JPY)となっています。最近のチャートを見ると価格推移ではゆったりとした下降傾向にありますが、まだまだ伸びしろは十分です。

現在までのピークは2018年1月8日の47.4(USD)/0.00249800(BTC)になります。チャートで見ると波が大きくなっているのが一目で分かります。その後チャートでは価格相場が下がっていますが、2018年2月にHitBTCへの上場がアナウンスされており、今後のチャートへの影響に期待も高まっています。

STRAKS(STAK)が購入できる取引所一覧

現在、STRAKS(STAK)を購入できる取扱所は

・CryptoBridge
・Stocks.Exchange


以上の2つになります。
 

CryptoBridgeは2017年8月にサービスを開始しており日本語にも対応しています。取り扱い銘柄はBTCやBTSを始め40種類以上になります。公式アプリはまだありません。

Stocks.Exchangeは仮想通貨ユーザーからは「地獄」と呼ばれる仮想通貨取引所です。仮想通貨取引所の「地獄」とは、まだ誰も知らないような草コインを多く取り扱っている仮想通貨取引所になります。取引所自体のセキュリティに不安があるものが多いようです。

STRAKS(STAK)の購入方法の手順

STRAKS(STAK)の購入方法を解説します。今回はCryptoBridgeでのSTRAKS(STAK)購入方法の解説となります。

まずはアカウント作成

①画面を下の方にスクロールします。

②この画面で「WEB-VERSION」をクリックします。WIN/MAC両OSでダウンロードし利用可能ですが、まずはアカウント登録からしましょう。

③「アカウント作成」をクリックします。

④アカウント名を入れ自動生成されたパスワードを確認欄に入力します。下の3つのチェック項目にチェックを入れ「アカウント作成」をクリックします。
※注意点としてはアカウント名は英語と数字の両方が入っていないとNGです。
※パスワード確認欄への入力は自動生成され表示されているパスワードの右側の青いボタンをクリックするとクリップボードへ張り付けてくれるのでコピペが楽です。

⑤パスワードを再表示させることができます。メモしていないとわからなくなった時にはどうすることもできないので確実にメモしましょう。手書きがおすすめです。

注意事項に納得したら「OKです。ダッシュボードに連れて行ってください」をクリックします。

入出金方法

CryptoBridgeでは日本円での入出金の直接取引は行えないため、他の仮想通貨を入金する必要があります。入金/出金をクリックするとこちらの画面になります。

①入金と出金をしたいほうへ切り替えます。
②入金したいコインを選択します。※出金も同じです。
③右下赤枠の塗りつぶし部分にアドレスがありますのでコピーし送金元の仮想通貨取扱所へペーストし送金します。

出金の場合は出金に切り替えてコインを選択し、「今すぐ出金」をクリックします。

この画面が出たら出金数量を入力し、出金したい取引所やウォレットのアドレスを入力またはコピペして、左下の出金をクリックし完了です。

「1.0STAK」を出金する場合、

・ゲートウェイ手数料:0.01STAK
・ブロックチェーン手数料:0.003518STAK


が引かれ、受取額は「0.986482STAK」となります。

国内取引所で、日本円でビットコインを買う

前述した通り、STRAKS(STAK)を購入するにはビットコインなど他の仮想通貨が必要になります。日本円での直接取引はできません。

なので、CryptoBridgeでSTRAKS(STAK)を購入するために国内取引所でビットコインなどを購入しましょう。※どの仮想通貨でもCryptoBridgeでSTRAKS(STAK)を購入できるわけではないので要注意です。

ここではzaif(ザイフ)を使ってビットコインを購入する方法を解説します。
zaif(ザイフ)は国内仮想通貨取引所で最もビットコインの手数料が安いため、海外取引所を利用するなら持っておきたいおすすめの取引所です!

Thumbzaifの口座開設からビットコインの入金・買い方まとめ | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

zaifの口座開設は時間がかかります。早めの口座開設をおすすめします!

①右上の「取引」をクリックするとこちらの画面になります。
②「チャート」横の左赤枠で取引したい仮想通貨を選択します。
③購入したいときは右の赤丸のように「現物買い」を選択しておきます。
1BTCの価格(JPY)を入力します。※価格は気配値クリックで選択できます。
⑤次に買いたい量(BTC)を選択します。
⑥最後に「買い注文」をクリックして終了です。

売買注文の気配値になります。緑枠が「売り気配数」でピンク枠が「買い気配数」です。真ん中が価格気配値(JPY)となっており、買いたい1BTC価格を選択すると、上記④の1BTCの価格(JPY)入力項目に反映されます。

価格は常に変動しているので買いたい価格によっては時間が掛かります。すぐに購入したいという方は価格気配値の真ん中の方の価格を選択しておくと早く購入することができます。

zaifではBitcoinとMonacoinは「簡単売買」という方法でシンプルな取引もできるのでおすすめです。

FXや株取引と基本的には取引方法は似ているので経験者にはそこまで難しくないと思います。初めて取引される方は色々と参考にして確実な取引をしましょう。

ThumbZaif(ザイフ)のアカウント作成・登録から入金方法まで詳しく解説! | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]
Thumbzaif(ザイフ)で信用取引をやる方法と手順とFXの特徴【最大7.77倍】 | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

CryptoBridgeへビットコインを送金

次に購入したビットコインをzaifからCryptoBridgeへ送金します。
まず右上の「アカウント」をクリックするとこちらの画面になります。

左赤枠部分の「入出金と履歴」を選択してください。

仮想通貨のロゴが並んでいるのでビットコインを選択し下の「出金」を選択します。スクロールすると画像下のような入力画面がありますので出金先アドレス(CryptoBridgeで入金の時に表示されたアドレス)を入力します。ミスを防ぐためにコピペを推奨します。あとは出金金額(BTC)と2段階認証トークンを入力し「出金」をクリックして完了です。

CryptoBridgeでSTRAKS(STAK)を購入

zaifからのビットコインの送金処理が認証されるとCryptoBridgeへの入金が反映されます。これでCryptoBridgeでSTRAKS(STAK)を購入することができるようになります。

CryptoBridgeへ戻り「取引所」をクリックすると以下の画面になります。

チャート右の赤枠内でBTCを選択したままスクロールし「STAK」をクリックします。そうすると左上赤丸がSTAKとBTCになります。ここで注意が必要なのは、このまま取引を行うと「STAKでBTCを購入する」ということになります。

BTCでSTRAKS(STAK)を購入を購入する際は画像のように「BTC→STAK」となっていなければいけないので、逆になっているときは真ん中の矢印をクリックすると入れ替わります。

チャート下にこのような画面があります。ここからの購入方法はzaifでビットコインを購入したのと同じように、購入したい価格を入力するか気配値から選び購入するかになります。

日本円での直接取引ができないために、国内取引所で仮想通貨を購入しCryptoBridge(Stocks.Exchangeでも可)へ仮想通貨を送金して初めてSTRAKS(STAK)を購入できるようになります。初めは苦戦することもあるかもしれませんが、仮想通貨取引の練習にもなりますので試してみてください。

STRAKS(STAK)のロードマップ

STRAKS(STAK)のロードマップになります。公開内容は

Q1 2018年:コアネットワークと取引統計が利用可能なネットワーク管理ができるダッシュボードの作成

Q2 2018年:STRAKS(STAK)ユーザーが商品・サービスなど商取引マーケットの作成

Q3 2018年:eコマースの利便性を上げSTRAKS(STAK)の実用化へ需要拡大

Q4 2018年:完全なる匿名性技術の実装化

以上となります。
先進的仮想通貨になるような技術力に目が向きがちですが、マーケティングへも手を抜かず更なる向上心が見えています。

STRAKS(STAK)の今後の将来性

STRAKS(STAK)の将来性は新技術の完装と仮想通貨決済のマーケット拡大とともに発展していくのではないかと予想できます。

あとはHitBTCに上場するなど、中間的知名度がある仮想通貨取引所から国内での人気が高い仮想通貨取引所、Binance(バイナンス)などの世界的知名度のある仮想通貨取引所へと取り扱われていけばおのずとその価値は高くなっていくのではないでしょうか。

仮想通貨STRAKS(ストラクス/STAK)まとめ

今回は草コインでありながらも今まで他の仮想通貨では実装できていない新技術を多数搭載した仮想通貨「STRAKS(STAK)」について解説いたしました。

何にでも言えることですが、必ず約束された未来があるわけではありません。ですが、それを信じて新たなものを生み出し発展していこうとする力は仮想通貨の世界にも存在します。

雑草から這い上がりきれいな花を咲かせられるのか、STRAKS(STAK)の今後の動向にも注目して行きたいです。

今後STRAKS(STAK)が上場するHitBTCはSTRAKS(STAK)以外にも多くの将来有望な仮想通貨を取り扱っています!
この機会に口座開設をして草コイン投資を始めてみては?

ThumbHitBTC取引所の特徴・評判・手数料・購入方法(買い方)を解説! | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

この記事を読んだ方はこちらも読んでいます

Thumb仮想通貨NAGA COIN(ナガコイン/NGC)の特徴・チャート・購入方法(買い方)・取引所・将来性 | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]
Thumb仮想通貨SRN(SIRIN LABS Token)の特徴・チャート・購入方法(買い方)・取引所・将来性 | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

徹底比較!2018年度版オススメ取引所ランキング

迷ったらまずこの取引所!初心者の人にオススメ取引所をご紹介!

安心・安全が一番!という人ならbitFlyer

bitFlyerは世界で最もセキュリティの高い取引所!

国内で唯一ハッキングへの補償もしている安心の取引所!

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

☛bitFlyerの口座開設方法はこちらで解説!

☛bitFlyerの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

取引するのに難しい操作が心配という人はGMOコイン

初心者の人でも簡単な操作で、リップルなどの人気仮想通貨が購入可能!

運営企業も上場企業の子会社で運営面も安心!

☛GMOコインの口座開設方法はこちらで解説!

☛GMOコインの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

仮想通貨取引をしているなら持っておくべき取引所!

人気アルトコインの購入なら手数料無料のbitbank!

人気のリップル(Ripple/XRP)を手数料無料で購入ができる!

リップル以外のアルトコイン手数料も無料!

☛bitbankの口座開設方法はこちらで解説!

☛bitbankの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

手数料の安さぶっちぎり!Zaif!

日本の取引所で手数料が最もお得な取引所!

ビットコインは取引すればするほどビットコインをもらえる!

海外取引所を利用するならZaifでのビットコイン購入がおすすめ!!

☛Zaifの口座開設方法はこちらで解説!

☛Zaifの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

人気通貨を唯一レバレッジ取引できるDMM Bitcoin

人気のリップルとネム、ライトコイン等を唯一レバレッジ取引できる!

レバレッジ取引も安心してできる仕組みを取り入れていて安心!

☛DMM Bitcoinの口座開設方法はこちらで解説!

☛DMM Bitcoinの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

関連するまとめ

仮想通貨取引所ランキング

  • No.1bitFlyer(ビットフライヤー)
    Bitflyerビットフライヤーは私もビットコイン取引で頻繁に使っている取引所の一つです!ビットフライヤーのおすすめポイント3つ!
    • ビットコイン取引日本一の使いやすさ!
    • 手数料が安い
    • 保障もあり安心の取引所
    ビットフライヤーの公式サイトはこちら!
  • No.2Zaif(Zaif)
    Zaifザイフは初心者に優しく日本で一番最初にできた仮想通貨取引所です!ザイフのおすすめポイント3つ!
    • 手数料安さ日本一!
    • 独自のサービスで魅力満点!
    • 老舗の信頼できる取引所!
    ザイフの公式サイトはこちら!
  • No.3GMOコイン
    GmoGMOコインは上場企業のグループ会社で安心の取引所です!初心者の簡単にお得に利用ができます!
    • 手数料が安く操作も簡単!
    • 上場会社のグループで安心!
    • FX取引はアプリでもできる!
    GMOコイン公式サイトはこちら!

管理人について

Widget1
仮想通貨のバブルに乗ってミリオネアを目指す26歳の仮想通貨トレーダーです。国立大学を卒業し総合系コンサル会社に入社→仮想通貨にハマり2年で退職し仮想通貨投資暦2年
50万の初期投資から貯金1200万(※2017年11月現在)
元々はフィンテック関連企業のアサイン経験からブロックチェーンの勉強をし、途中から投資を始めました。情弱だったことから起きた個人的な失敗談や、技術的な話を理解せずに投資をする友人達の失敗を見て本当に必要な情報を初心者〜中/上級者の方に向けて発信して行こうと思います。
僕が使っている取引所/トレード・保有してるコイン/参加したICOはこちら!

管理人のツイート

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ
Bitflyer side