Coinbase(コインベース)とは?評判・特徴・取り扱い通貨・将来性を解説!

世界最大級の取引所Coinbase(コインベース)について、評判や特徴、取り扱い通貨、将来性を解説します!好意的な評判も多いCoinbase(コインベース)ですが、業界初のユニコーン企業となるなど際立った特徴があります。ぜひ本記事を参考にしてみてください。

Coinbase(コインベース)とは?評判・特徴・取り扱い通貨・将来性を解説!のイメージ

目次

  1. 1Coinbase(コインベース)とは?
  2. 2Coinbase(コインベース)の特徴
  3. 3Coinbase(コインベース)のメリット
  4. 4Coinbase(コインベース)のデメリット
  5. 5Coinbase(コインベース)の評判・口コミ
  6. 6Coinbase(コインベース)の取り扱い通貨
  7. 7Coinbase(コインベース)に関するよくある質問
  8. 8Coinbase(コインベース)の将来性
  9. 9まとめ
LINEで情報をゲット!
仮想通貨関連の注目サービスや海外ニュース、その他投資情報を配信!!


仮想通貨最新ニュース btcfeed line@

当サイトで人気の仮想通貨取引所ランキング!
まだ一つしか取引所を持っていない人は必ず複数に登録をして安全に取引をしましょう!
【1位】Zaif(ザイフ)

取引手数料の安さNO.1!本サイト1番のオススメ取引所!

【2位】bitFlyer(ビットフライヤー)

ビットコイン取引量、国内ユーザー数が日本一の信頼できる取引所!

【3位】GMOコイン

初心者の人に1番おすすめ!簡単に取引ができて、しかも手数料も超お得!

【当サイトで今一番人気!】QUOINEX

人気のリップルとネムを両方を日本で唯一現物取引できる取引所!注目のQASHも取引できる!

【今大注目!】DMM Bitcoin

日本で世界で注目のアルトコインを唯一レバレッジ取引できる大注目の取引所!

※【注意】絶対に複数取引所に登録して資産を分散しておきましょう!資産を失うリスクがあります!

Coinbase(コインベース)とは?

まずはCoinbase(コインベース)について、その概要と取扱い通貨などの基本情報について説明します。

Coinbase(コインベース)の概要

運営会社 Coinbase(コインベース)
取引所名 GDAX(ジーダックス)
設立日 2012年6月
利用者数 1,300万人以上
本拠地 米国・カリフォルニア州サンフランシスコ
資本金 1.17億米ドル(約130億円)
創業者  Brian Armstrong, Fred Ehrsam

Coinbase(コインベース)とは2012年6月に設立した、仮想通貨業界の中では歴史のある取引所の運営会社です。
なお、GDAX(ジーダックス)とは元々Coinbase(コインベース)の取引所の部門を独立させた取引所にあたり、実際の取引はGDAXを通して行います。

Coinbase(コインベース)の創業者でありCEOのBrian Armstrong(ブライアン・アームストロング)氏は、元は民泊支援サイトAirbnbのエンジニアであり、Fred Ehrsam(フレッド・エアサム)氏はゴールドマン・サックスの為替ディーラーでした。

Coinbase(コインベース)は、まだビットコインがほとんど知られていない2012年の創業から着実に利用者数を伸ばし、1300万人以上という世界最大級の取引所となっています。

背景にはニューヨーク証券取引所や日本の三菱東京UFJ銀行も出資しているなど、資金面での信頼性も高いといえます。

Coinbase(コインベース)の基本情報

■Coinbase(コインベース)の基本事項一覧

取扱い法定通貨 アメリカドル(USD)、ユーロ(EUR)、イギリスポンド(GBP)
取扱い仮想通貨 ビットコイン(BTC)、ビットコインキャッシュ(BCH)、
イーサリアム(ETH)、ライトコイン(LTC)
通貨ペア ■12通貨ペア
BTC/USD、BTC/EUR、BTC/GBP、
BCH/BTC、BCH/EUR、BCH/USD、
ETH/BTC、ETH/EUR、ETH/USD、
LTC/BTC、LTC/EUR、LTC/USD
スマートフォン対応 Android・iOSアプリに対応
売買手数料 Taker:0.1%~0.25% Maker:0%

Coinbase(コインベース)の取扱い法定通貨は、アメリカドル、ユーロ、イギリスポンドで、日本円には対応していません。(2018年2月時点)

そして、アメリカの身分証明書(パスポートなど)・運転免許証・銀行口座を持っていないと取引ができないので、日本では売買することはまだできません。
Coinbase(コインベース)は現在世界32ヵ国に対応していますので、日本も対応されるのを待ちましょう。

取引できる仮想通貨はビットコイン、ビットコインキャッシュ、イーサリアム、ライトコインの4通貨で、通貨ペアは上記表の12ペアがあります。

またスマートフォンアプリはAndroid/iOSのどちらにも対応しており、評判は上々です。
手数料もテイカー0.1%~0.25%(取引量によって異なる)、メイカー0%と安い設定となっています。

Coinbase(コインベース)の特徴

Coinbase(コインベース)の主な特徴についてご紹介します。

仮想通貨業界でとても歴史の長い取引所

Coinbase(コインベース)は2012年6月からビットコインを扱うサービスを開始しており、世界中の仮想通貨取引所の中でも早くから始まった企業です。

そのころの日本は、2011年の3.11震災からの復興がようやく落ち着いてきたころで、そんな中ビットコインや仮想通貨という話題は全くと言っていいほどありませんでした。

5年以上操業している古参の取引所ですから、ノウハウの蓄積やシステムの信頼性は一定程度あると見て良いでしょう。

ユニコーン企業

Coinbase(コインベース)は2017年に1億ドル(約110億円)を資金調達し、企業価値は16億ドル(約1750億円)と算出され、仮想通貨業界で初めてのユニコーン企業となりました。

ユニコーン企業とは、ベンチャー企業のような非上場会社のうち、企業価値が10億ドルを超えた企業が呼ばれる名称です。
神話に登場する伝説の生き物ユニコーンになぞらえた呼び名であり、見ることは不可能と言われるような希少価値の高さを表しています。

他の業界でユニコーン企業となった例は、Facebook(フェイスブック)社Twitter(ツイッター)社といった今では有名な上場企業が挙げられます。

利用者が1300万人以上にのぼる

Coinbase(コインベース)のユーザーは2018年2月現在で1,300万人を超える世界最大の取引所です。

この数がどれほどのものか、他社と比較してみましょう。

・中国最大手Binance600万人以上(2018年1月)
・日本最大取引所bitFlyer100万人以上(2017年12月)

日本で誰もが知るbitFlyerの13倍以上の規模にも成長しており、その巨大さが伺えます。

Coinbase(コインベース)のメリット

Coinbase(コインベース)・GDAX取引所のメリットについてご紹介します。

三菱東京UFJ銀行と提携

先に資金調達について述べましたが、Coinbase(コインベース)は2016年7月には三菱東京UFJ銀行(MUFG)三菱UFJキャピタルなど3社から総計1,050万ドルを調達しています。

さらに資金だけでなく、三菱東京UFJ銀行は独自の仮想通貨「MUFGコイン」を2018年度中に発行することを目標に、業界最大のCoinbase(コインベース)と業務提携をしています。

日本のメガバンクと米国の仮想通貨最大手の取引所が出資・業務提携の関係になっていることは、Coinbase(コインベース)ユーザーにとっては非常に安心感がありますし、今後の開発にも期待が大きいと思います。

ウォレットのアプリが使いやすい

Coinbase(コインベース)ではスマホ用のウォレットアプリも提供しており、Android・iOSのどちらにも対応しています。
このアプリは500万ダウンロードされているにもかかわらず評価は★4以上を付けていることから、かなり使いやすいアプリと言えるでしょう。

さらに、Coinbase(コインベース)の取引所は英語表示のみですが、ウォレットアプリの場合はなんと日本語にも対応していて日本人への利便性も評価できます。
できれば取引所のwebページの方も日本語に対応するとありがたいのですが、対応される日を期待して待ちましょう。

Coinbase(コインベース)のデメリット

反対に、Coinbase(コインベース)のデメリットについても触れておきましょう。

アメリカの銀行口座を持っていないと取引ができない

Coinbase(コインベース)を利用可能な国は2018年2月時点で32ヵ国あるのですが、日本はまだ対応されておらず、日本在住の人は売買取引できません。

より正確に言えば、ビットコインなどの仮想通貨の売買を行うためには、対応済みの32ヵ国(アメリカやイギリスなど)の発行する運転免許証や身分証明書、銀行口座が必要となっています。

それではCoinbase(コインベース)の口座開設はできないのでは?と思うかもしれませんが、口座開設を行うことは問題なくできます

前述のように、三菱東京UFJ銀行とも業務提携していますし、日本の仮想通貨市場も大きいので今後Coinbase(コインベース)が日本にも対応する日も近いでしょう。
そのため一先ず口座だけ作り、日本も対応されるのを予め待っておくというのも手です。

また、メールアドレスを登録しておけば対応されたときに通知を受け取ることもできますので、日本からの登録が多くなればより早くCoinbase(コインベース)側で対応してくれることも考えられます
Coinbase(コインベース)を使いたい人は一先ず口座開設しておくのが良いのではないでしょうか。

取り扱っている仮想通貨の種類が少ない

Coinbase(コインベース)は世界最大の規模のユーザー数を有していますが、取り扱い仮想通貨はビットコイン(BTC)ビットコインキャッシュ(BCH)イーサリアム(ETH)ライトコイン(LTC)4種類しかありません

他の海外仮想通貨取引所では数十種類、あるいは200種類近く扱っているところもありますので、様々な仮想通貨や通貨ペアを取引したい人にとってはCoinbase(コインベース)は不向きです。

逆に言えば、ニューヨーク証券取引所やアメリカ軍用保険会社などが出資しているため、本当に信頼できる通貨しか取り扱わない姿勢だとも考えられます。

様々な通貨を売買したいなら、同じ海外取引所でもBinanceやHitBTCの口座開設をおすすめします!

これらの取引所も世界最大級のl取引所として人気です。
今後大きく価格が上がりそうなコインに投資をするならこれらの取引所には登録をしておきましょう!

Coinbase(コインベース)の評判・口コミ

Coinbase(コインベース)の評判・口コミの一部をご紹介します。

Twitterでの評判を見てみると、一時的に注文(約定)ができないといった声やシステムが難しいなどの意見もありましたが、Coinbase(コインベース)の動向を期待している意見の方が目立つ印象です。

Coinbase(コインベース)の取り扱い通貨

Coinbase(コインベース)の取り扱い通貨は先に挙げた4種類の仮想通貨と3種類の法定通貨です。
ここではCoinbase(コインベース)の各通貨を日本円に交換する方法についてご紹介します。

Coinbase(コインベース)の通貨を日本円に交換する方法

Coinbase(コインベース)では日本円の取り扱いがないため、取引所内で直接仮想通貨を日本円に交換して引き出すといったことはできません。

預けてある仮想通貨を日本円として引き出す方法は、主に以下の2つが挙げられます。

①日本円を取り扱っている取引所へ仮想通貨を移し、日本円と交換(売る)してから引き出す
②日本国内の仮想通貨両替機で日本円に両替して引き出す


①の場合はZaifやbitFlyerなどの国内の仮想通貨取引所へ送金し、必要な分だけ売ればOKです。
また、手数料も0%~0.25%程度で安いです。

②の場合ですが、現在日本にはビットコインなどの仮想通貨を日本円に両替可能なATMがいくつか存在していますので、次の項で説明していきます。

仮想通貨をお得に日本円に交換するなら手数料が最も安く信頼性もある取引所です!

Coinbase(コインベース)の仮想通貨を日本円に両替できるATMとは

例えば株式会社BMEXの提供する「BTM」は、ビットコインを日本円に両替することが可能で、全国の約50カ所の店舗に設置されています。

他には、株式会社ガイアエクスチェンジが2018年3月10日から「仮想通貨自動両替機GEX-3C」を設置し、サービスを開始する予定です。
GEX-3Cは、ビットコインやイーサリアムなど主要な仮想通貨を日本円にその場で両替できるといった特徴があります。

ただし、設置場所は東京や大阪のホテルや空港などを中心とした場所のため、それほど利便性は良くありません。
また、両替機の場合は手数料が2~5%程度かかるため、正直高くて不便です。

お勧めは国内の取引所への送金して日本円に交換する方法だと思います。

ThumbビットコインATMは日本に何店舗?設置場所や使い方や手数料を解説! | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

Coinbase(コインベース)に関するよくある質問

Coinbase(コインベース)に関するよくある質問のうち、リップル(XRP)上場について取り上げました。

リップルが上場するってほんと?

2017年の年末にCoinbase(コインベース)にリップル(XRP)が上場するのでは?という噂が広がり、期待感が高まりましたが、実際のところはどうなのでしょうか。

Coinbase(コインベース)の公式ブログでの発表によると、Coinbase(コインベース)やGDAX(ジーダックス)のどちらにも新たに仮想通貨を追加することは決まっていないそうです。
また、リップル上場に関する噂は事実ではなく、Coinbase(コインベース)としても一切関与していないとのこと。

噂の出所は、Coinbase(コインベース)社員が集まったクリスマスパーティーに居合わせたジャーナリストが、社員たちの話題にリップルが多く上っていたことをTwitterで呟いたことから広まったそうです。

リップル上場は現時点ではありませんが、今後Coinbase(コインベース)で新規仮想通貨の上場がある場合は公式ブログやTwitterなどで発表するとしていましたので、気になる方はフォローしておくと良いでしょう。

Coinbase(コインベース)の将来性

2017年末付近にはCoinbase(コインベース)へのユーザー登録数などが急増したため、サイトにアクセスできない、登録申請しても対応が遅いなどサポート体制に不満や非難の声が集中しました。

さらに、12月のビットコインキャッシュ(BCH)の上場の際にはインサイダー取引があったのではという疑いも持たれるなど窮地に立たされる場面もありました。

そんな中、2018年1月には新機能のリリースよりもセキュリティとパフォーマンスを最優先にしていくことを発表し、2月8日には本人確認プロセスの機械学習による高速化や失敗した際の改善提案機能なども提供開始しています。

他にも2月5日にはビットコイン(BTC)のSegWitアップグレード対応を「数週間」以内に行うことも発表。
トランザクションの時間と費用を大きく減らすことが期待できます。

こうした対応を見るとCoinbase(コインベース)は潤沢な資金提供を受けつつユーザー数も右肩上がりで、さらにパフォーマンス(顧客満足度)の改善にも力を入れていますから、将来性はなかなかに明るいのではないかと思います。

まとめ

以上、Coinbase(コインベース)の特徴や評判、将来性についてご紹介しました。

Coinbase(コインベース)は仮想通貨業界では歴史の長い取引所を運営している企業で、2017年には業界初のユニコーン企業となりました。
また、アメリカの証券会社やベンチャーキャピタルだけでなく三菱東京UFJ銀行も出資・業務提携を行っていますし、海外の取引所の中でも比較的安心感が高いです。

Coinbase(コインベース)の取引所は世界32ヵ国に対応していますが、残念ながら日本はまだ対応されておらず、口座開設はできますが売買取引をするにはアメリカなどの対応国の身分証明書や銀行口座が必要です。

ただし、Coinbase(コインベース)のスマホアプリはウォレット機能として利用でき、使いやすいのでお勧めです。

今後、日本も対応されて取引もできるようになる可能性もありますので、今のうちに口座開設だけしておいて対応されたらすぐに利用できるようにしておくと良いでしょう


Coinbase(コインベース)はその取引量が世界一の信頼できる取引所です。仮想通貨取引所のセキュリティランキングで世界トップもとりました。

ちなみにこのランキングには同率で1位になった取引所があり、それが日本のbitFlyerです!
Coinbase(コインベース)と同じ通貨も取り扱っており、Coinbase(コインベース)を利用しようと思うのならまずbitFlyerの利用をおすすめします!

ThumbbitFlyerの口座開設からビットコインの入金・買い方まとめ | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

他の注目アルトコインについて詳しく知りたい方はこちら!

Thumb仮想通貨Bread(ブレッド/BRD)の特徴・チャート・購入方法(買い方)・取引所・将来性 | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]
Thumb仮想通貨SingularDTV(シンギュラーDTV/SNGLS)の特徴・チャート・購入方法(買い方)・取引所・将来性 | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

徹底比較!2018年度版オススメ取引所ランキング


LINEで有力情報をゲット!
仮想通貨関連の注目サービスや海外ニュース、その他有力投資情報を配信!!


仮想通貨最新ニュース btcfeed line@

迷ったらまずこの取引所!初心者の人にオススメ取引所をご紹介!

安心・安全が一番!という人ならbitFlyer

bitFlyerは世界で最もセキュリティの高い取引所!

国内で唯一ハッキングへの補償もしている安心の取引所!

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

☛bitFlyerの口座開設方法はこちらで解説!

☛bitFlyerの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

取引するのに難しい操作が心配という人はGMOコイン

初心者の人でも簡単な操作で、リップルなどの人気仮想通貨が購入可能!

運営企業も上場企業の子会社で運営面も安心!

☛GMOコインの口座開設方法はこちらで解説!

☛GMOコインの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

仮想通貨取引をしているなら持っておくべき取引所!

人気アルトコインの購入なら手数料無料のbitbank!

人気のリップル(Ripple/XRP)を手数料無料で購入ができる!

リップル以外のアルトコイン手数料も無料!

☛bitbankの口座開設方法はこちらで解説!

☛bitbankの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

手数料の安さぶっちぎり!Zaif!

日本の取引所で手数料が最もお得な取引所!

ビットコインは取引すればするほどビットコインをもらえる!

海外取引所を利用するならZaifでのビットコイン購入がおすすめ!!

☛Zaifの口座開設方法はこちらで解説!

☛Zaifの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

人気通貨を唯一レバレッジ取引できるDMM Bitcoin

人気のリップルとネム、ライトコイン等を唯一レバレッジ取引できる!

レバレッジ取引も安心してできる仕組みを取り入れていて安心!

☛DMM Bitcoinの口座開設方法はこちらで解説!

☛DMM Bitcoinの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

関連するまとめ

仮想通貨取引所ランキング

  • No.1bitFlyer(ビットフライヤー)
    Bitflyerビットフライヤーは私もビットコイン取引で頻繁に使っている取引所の一つです!ビットフライヤーのおすすめポイント3つ!
    • ビットコイン取引日本一の使いやすさ!
    • 手数料が安い
    • 保障もあり安心の取引所
    ビットフライヤーの公式サイトはこちら!
  • No.2Zaif(Zaif)
    Zaifザイフは初心者に優しく日本で一番最初にできた仮想通貨取引所です!ザイフのおすすめポイント3つ!
    • 手数料安さ日本一!
    • 独自のサービスで魅力満点!
    • 老舗の信頼できる取引所!
    ザイフの公式サイトはこちら!
  • No.3GMOコイン
    GmoGMOコインは上場企業のグループ会社で安心の取引所です!初心者の簡単にお得に利用ができます!
    • 手数料が安く操作も簡単!
    • 上場会社のグループで安心!
    • FX取引はアプリでもできる!
    GMOコイン公式サイトはこちら!

管理人について

Widget1
仮想通貨のバブルに乗ってミリオネアを目指す26歳の仮想通貨トレーダーです。国立大学を卒業し総合系コンサル会社に入社→仮想通貨にハマり2年で退職し仮想通貨投資暦2年
50万の初期投資から貯金1200万(※2017年11月現在)
元々はフィンテック関連企業のアサイン経験からブロックチェーンの勉強をし、途中から投資を始めました。情弱だったことから起きた個人的な失敗談や、技術的な話を理解せずに投資をする友人達の失敗を見て本当に必要な情報を初心者〜中/上級者の方に向けて発信して行こうと思います。
僕が使っている取引所/トレード・保有してるコイン/参加したICOはこちら!

管理人のツイート

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ
Bitflyer side