コインチェック(coincheck)徹底解説【完全版】

コインチェック(coincheck)は国内最大規模の仮想通貨取引所です。そんなコインチェック(coincheck)の特徴、手数料、使い方について解説します。コインチェック(coincheck)の手数料を把握し、使い方をマスターすればすぐに取引を開始できます。

コインチェック(coincheck)徹底解説【完全版】のイメージ

目次

  1. 1コインチェック(coincheck)とは?
  2. 2コインチェック(coincheck)の運営会社
  3. 3コインチェック(coincheck)の評判と口コミ
  4. 4コインチェック(coincheck)の取り扱い通貨
  5. 5コインチェック(coincheck)のメリット
  6. 6コインチェック(coincheck)のデメリット
  7. 7コインチェック(coincheck)の口座開設方法
  8. 8コインチェック(coincheck)の手数料
  9. 9コインチェック(coincheck)でビットコインを売買する方法
  10. 10コインチェック(coincheck)でのビットコインの入出金する方法
  11. 11コインチェックのアフィリエイト
  12. 12コインチェック(coincheck)のアプリ
  13. 13コインチェック(coincheck)のまとめ
LINEで情報をゲット!
仮想通貨関連の注目サービスや海外ニュース、その他投資情報を配信!!


仮想通貨最新ニュース btcfeed line@

当サイトで人気の仮想通貨取引所ランキング!
まだ一つしか取引所を持っていない人は必ず複数に登録をして安全に取引をしましょう!
【1位】Zaif(ザイフ)

取引手数料の安さNO.1!本サイト1番のオススメ取引所!

【2位】bitFlyer(ビットフライヤー)

ビットコイン取引量、国内ユーザー数が日本一の信頼できる取引所!

【3位】GMOコイン

初心者の人に1番おすすめ!簡単に取引ができて、しかも手数料も超お得!

【当サイトで今一番人気!】QUOINEX

人気のリップルとネムを両方を日本で唯一現物取引できる取引所!注目のQASHも取引できる!

【今大注目!】DMM Bitcoin

日本で世界で注目のアルトコインを唯一レバレッジ取引できる大注目の取引所!

※【注意】絶対に複数取引所に登録して資産を分散しておきましょう!資産を失うリスクがあります!

コインチェック(coincheck)とは?

コインチェック(coincheck)とは、ビットコイン(bitcoin)やイーサリアム(Ethereum)といった仮想通貨をトレードする事が出来る取引所です。

コインチェック(coincheck)は取り扱っている仮想通貨が幅広く、リップル(Ripple)、ネム(NEM)、ビットコインキャッシュ(Bitcoin Cash)、ダッシュコイン(DASH)、ジーキャッシュ(Zcash)と言った様々な仮想通貨をトレードすることが可能です。

コインチェック(coincheck)は初心者におすすめな取引所

コインチェック(coincheck)は、もし初心者が初めて仮想通貨の取引を行うならおすすめの取引所です。取引所のサイト設計として初心者に馴染みやすい設計になっており、セキュリティ対策でも二段階認証を採用しているので、安心して仮想通貨をトレードする事が可能です。

また、画面をタッチするだけでサクサク購入や売却手続きが進むので、簡単で楽に仮想通貨を取引したい人にはうってつけのシステムになっています。

まだ、コインチェックのアカウントを持ってない方はこちらからアカウント作成!
▼コインチェックの公式ページはこちら

コインチェック(coincheck)はセキュリティ環境が非常高い

コインチェック(coincheck)は、二段階認証という不正ログインへのセキュリティ対策が整備されているので、初心者やライトユーザーにとって二段階認証のセキュリティ仕様で安心の設計になっています。
 

コインチェック(coincheck)は、以前までセキュリティの点で問題点が幾つかありました。

①画面上で二段階認証もなくそのまま出金や送金ができた。
②ボタン一つで二段階認証なく出金や送金が可能で、ハッキングされたら出金や送金が簡単にできる。
③入力を間違えてもロックがかからず、時間を許す限りパスワードが入力できるようになっていた。
④幅広い仮想通貨を取り扱っているのに、一部の通貨が出金に未対応。

このようにコインチェック(coincheck)は、二段階認証が未整備などセキュリティの面で脆い状態が続いていましたが、2017年5月11日に仕様を変更。二段階認証を採用して上記の問題点が改善され、セキュリティ環境が大幅に向上しました。

また、出金の際も二段階認証を採用したセキュリティヘ変更になり、パスワードの入力を複数回以上違うワードで入力すると、アカウントがロックされる二段階認証システムにパワーアップ。

更に2017年の6月には、取り扱っている全ての通貨で入金及び出金の対応が可能になり、サービスの質が著しく高まりました。

これにより、国内の他の仮想通貨取引所である「Zaif」や「bitflyer」と遜色ないセキュリティレベルを実現。仮想通貨を安全に運用したいなら、コインチェック(coincheck)で運用しても二段階認証の実現で全然問題ないレベルになっています。

Thumbコインチェック(coincheck)二段階認証の設定・解除・再設定方法まとめ! | BtcFeed
Thumbコインチェック(coincheck)ハッキングのセキュリティ対策まとめ | BtcFeed

コインチェック(coincheck)の運営会社

仮想通貨取引所のコインチェック(coincheck)を運営している会社は、コインチェック株式会社です。取引所の名前がそのまま社名になっているんですね。以前はレジュプレス株式会社と言う会社名でしたが、2017年3月10日に社名を変更しています。

コインチェック(coincheck)は使い方をもっと便利にして快適にすることを目的に作られた

コインチェック(coincheck)は、使い方をもっと便利にして快適にすることを目標に誕生したサービスです。サービスが誕生したのは2014年の8月で、サービスが開始されてからまだ3年程度しか経っていません。

大学在学中から企業の経営に携わっていた代表取締役の和田氏

コインチェック株式会社の代表を務める和田晃一良氏は、東京工業大学在学中からコインチェック(coincheck)の前身であるレジュプレス株式会社のCTOを務めていました。

和田氏は、大学在学中に大手IT企業クックパッド主催の第3回開発コンテストに初出場して見事優勝を果たしたり、就職活動で大手IT企業の内定を獲得する等、学生時代の頃から素晴らしい実績を残していました。

そんな和田氏は、サービスの始めから終わりに至るまで全ての過程に携わりたいとの思いが、自分の行動のモチベーションになっているんだと発見し、大手IT企業の内定を蹴ってレジュプレス株式会社の経営の道へ進みました。

コインチェック(coincheck)の評判と口コミ

コインチェック(coincheck)は、実際に使っているユーザーさんからどのような評判を得ているのでしょうか。

初めて使うなら、どうしてもユーザーさんの声が気になってしまうものです。
そこで、ユーザーさんからの評判と口コミを集めました。

twitterでの評判と口コミ

twitter上では、コインチェック(coincheck)を利用するのは、概ね良い評判が出ています。しかし、中にはコインチェック(coincheck)は手数料が高いとの声もあり、全部が好評価と言う訳ではありません。

このようにコインチェック(coincheck)は国内の仮想通貨取引所では使いやすく、他の取引所と比較してもサーバーが強いと言った声が出ています。やはりユーザーの間でも、コインチェック(coincheck)の評判が良いのは間違いなさそうです。

ただコインチェック(coincheck)は手数料が高いと言った声もあり、なるべく安く取引コストを抑えた使い方をしたいユーザーには、コインチェック(coincheck)の評判はあんまり芳しくないようです。

コインチェック(coincheck)は、ボタンのタッチで簡単に仮想通貨の取引が可能になりました。しかし、取引の簡単さや操作性だけでなく、手数料の料金にも目を向けて取引所を使うべきとの声もあります。

2ちゃんねるの評判

2ちゃんねるでのコインチェック(coincheck)の評判は、デメリットの点がよりクローズアップされており、Twitterでの評判と比較するとネガティブなコメントが目立ちます。

一番目立つネガティブなコメントは、買い値と売り値で5パーセント以上も手数料が掛かって手数料が高すぎるとのコメントです。「取引をしても全然儲からなくて笑えてきた」とのコメントも投稿され、料金の面でユーザーの不満がはっきりと現れています。

また、お問い合わせの返信が数日掛かって対応が遅いとのコメントや、ユーザーサポート専用の電話番号が開設されていなくてサポートが不十分とのコメントも投稿されています。

2ちゃんねるではネガティブコメントが多くなってしまいますが、その中でも手数料の高さで不満があるコメントがダントツに多い状況です。中には「手数料さえ高くなければ、コインチェック(coincheck)は国内トップなんだけどな」と揶揄されるほどです。

コインチェック(coincheck)の取り扱い通貨

コインチェック(coincheck)の取り扱い通貨の種類は、国内トップクラスと言っても良いくらいに取り扱い通貨のバリエーションがあります。

そんなコインチェック(coincheck)で取引できる通貨は、全部で何と13種類!他の仮想通貨取引所のZaifは10種類、bitFiyerは6種類しか取引できませんので、コインチェック(coincheck)は取り扱い通貨の種類が実に豊富なんです。

コインチェック(coincheck)でしか取り扱えない通貨もありますので、他の国内の取引所では実現できない使い方が、コインチェック(coincheck)では実現出来るんですね。

取り扱い通貨

コインチェック(coincheck)の取り扱い通貨は、最初の「コインチェック(coincheck)とは?」の項目で少し触れましたが、改めて取り扱いを行ってる通貨をご紹介します。

まず初めに、皆さんご存知の仮想通貨の代表格「ビットコイン(bitcoin)」、ビットコインの次に時価総額が高い「イーサリアム(Ethereum)」、イーサリアムから分裂した通貨「イーサリアムクラシック(Ethereum Classic)」、この1年で価格が40倍以上も値上がりした「リスク(Lisk)」、アメリカで人気の通貨「ファクトム(Factom)」、ここ最近注目度が高まっている「モネロ(Monero)」、同じく注目度が高まっている「オーガー(Augur)」があります。

ここまででやっと半分!更に取り扱い通貨を駆け足でご紹介して行きます。

今後の将来性が期待されている「リップル(Ripple)」、価格を順調に上げている「ジーキャッシュ(Zcash)」、今年(2017年)になって暴騰した「ネム(NEM)」、ビットコインへの避難先として注目が集まる「ライトコイン(Litecoin)」、2017年9月に時価総額が7位にランクインした「ダッシュ(DASH)」、ここ数日は価格が急騰し続けている「ビットコインキャッシュ(Bitcoin Cash)」これら合計13種類がコインチェック(coincheck)で取扱が可能な通貨になります。

Thumbコインチェック(coincheck) でビットコインキャッシュの付与・取引・送付まとめ! | BtcFeed

時価総額ランキング

これだけ多くの通貨を取り扱っているコインチェック(coincheck)ではありますが、コインチェック(coincheck)が取り扱っている通貨は、仮想通貨の時価総額ランキングでどれくらい位置になるのでしょうか。

せっかく仮想通貨を始めるなら、各通貨の立ち位置を確認しておきたいものですね。

ビットコイン(bitcoin)  時価総額1位
イーサリアム(Ethereum)   時価総額2位
ビットコインキャッシュ(Bitcoin Cash)   時価総額3位
リップル(Ripple)  時価総額4位
ライトコイン(Litecoin)    時価総額5位
ダッシュ(DASH)   時価総額6位
ネム(NEM)     時価総額8位
モネロ(Monero)      時価総額9位
イーサリアムクラシック(Ethereum Classic)  時価総額10位
ジーキャッシュ(Zcash)  時価総額16位
リスク(Lisk)  時価総額18位
オーガー(Augur)  時価総額28位
ファクトム(Factom)   時価総額49位

ご覧のように、時価総額が高いメジャーな通貨から認知度が低いマイナーな通貨まで、コインチェック(coincheck)は幅広く取り扱っているんです!

コインチェック(coincheck)のメリット

実際にコインチェック(coincheck)を仮想通貨取引の使い方としてメインに使うなら、どのようなメリットがあるのでしょうか。

ここでは、具体的なメリットを4つの項目に分けてまとめました。

多くの種類のアルトコインが売買可能

まずコインチェック(coincheck)なら、幅広い種類のアルトコインを使って売買することが可能です。また国内では、コインチェック(coincheck)でしか売買が出来ないアルトコインもあるので、トレードできるチャンスが他の取引所と比較しても段違いにあります。

具体的に、コインチェック(coincheck)でしか売買が出来ないアルトコインをご紹介しましょう。

・「イーサリアムクラシック(Ethereum Classic)」
・「リスク(Lisk)」
・「ファクトム(Factom)」
・「モネロ(Monero)」
・「オーガー(Augur)」
・「ジーキャッシュ(Zcash)」

実にこれだけの種類のアルトコインがコインチェック(coincheck)でしか売買出来ないので、コインチェック(coincheck)の使い方によって儲けられるチャンスが高まります。

Thumbコインチェック(coincheck)でネム(NEM・XEM)を送金する方法と送金時間! | BtcFeed

アプリが使いやすい

コインチェック(coincheck)のスマホアプリは、アプリの操作性がとても良いです。アプリでのスマホ上のボタンをタッチするだけで、楽に通貨の購入や売却、取引チャートの1分足、5分足、15分足、1時間足の確認が出来ます。

また、アプリの画面上で自分が所有している総資産額と、各アルトコインの現在の価格、アルトコインのチャートがアプリ上の画面にセットで表示されているので、アプリ内でのボタンをタッチして確認する手間が少ない仕様になっています。

このようにコインチェック(coincheck)が提供しているスマホアプリは、極力複雑さや操作の面倒臭さを排除したシンプルな操作性を実現したアプリなので、初心者にとって楽な使い方が出来るアプリなんですね。

Thumbコインチェック(coincheck)のチャートのアプリでの見方とは? | BtcFeed

盗難の補償がある

コインチェック(coincheck)の独特なサービスとして、不正ログインで仮想通貨が盗難された場合にその損失分を補償するサービスがあります。

この仮想通貨の補償サービスは、現時点では国内でコインチェック(coincheck)だけしか提供されていないサービスです。

他にはbitFlyerが盗難補償サービスを提供してますが、こちらのサービスは仮想通貨の盗難には非対応になっています。あくまでも日本円の資産が盗難された場合での補償に限定されていますので、仮想通貨と日本円どちらの盗難補償にも対応しているコインチェック(coincheck)の方が、サービスが充実しています。

24時間取引ができる

コインチェック(coincheck)では、仮想通貨での24時間取引が可能になっています。つまり、仕事が忙しいビジネスマンでも家に帰るスキマ時間や土日の休日に取引することが出来ちゃうんですね。

他の金融商品だと、株式取引は平日の午前9時~午前11時30分、午後12時30分~午後3時の間でしか取引が出来ません。またFX取引も、月曜日午前7時~土曜日午前6時50分前後までしか取引出来ませんので、実は24時間365日取引出来る訳ではないんですね。

このように仮想通貨が24時間365日取引できるチャンスがあるのは、非常に魅力的なメリットと言えるでしょう。

コインチェック(coincheck)のデメリット

メリットが溢れているコインチェック(coincheck)ですが、一方でデメリットはないの?と気になりますよね。そこで、気になるデメリットのポイントをまとめました。

アルトコインの売買手数料が高い

コインチェック(coincheck)は、アルトコインの手数料が高いです。コインチェック(coincheck)では、入金手数料、出金手数料、売買手数料が掛かり、特に一番高いのがアルトコインを売買する際に掛かるスプレット手数料です。

スプレット手数料については後述で詳しくご紹介しますが、このスプレット手数料はTwitterや2ちゃんねるで見るネガティブコメントの原因になっています。

Thumbコインチェック(coincheck)でのリップル購入(買い方)・送金方法と手数料まとめ! | BtcFeed

クレジットカードの手数料が高い

コインチェック(coincheck)は、クレジットカードの手数料がめちゃめちゃ高いです。例えば銀行から日本円を入金、コンビニ支払いから日本円を入金してビットコインを購入するのが面倒臭く、クレジットカードでビットコインを購入した場合、かなりの手数料が取られます。

クレジットカードの決済手数料は公開されてなく、購入時のレートと売り注文の量を基準に算出していますが、上記のツイートのように10%も近くも手数料が取られるとの投稿があり、かなり手数料が高い事がわかります。

Thumbコインチェック(coincheck)のクレジットカード決済の手数料は高い! | BtcFeed

スプレット手数料が高い

そして、2ちゃんねるで1番手数料が高い!と批判されているのが、このスプレット手数料です。スプレット手数料は、スプレットと言う買い値と売り値の差額分を手数料として徴収するシステムです。

上記のツイートのように、コインチェック(coincheck)のスプレットの高さを嘆く声があり、取引数量の増加や通貨が急騰した場合は、それに応じて買い値と売り値の価格差が拡大してスプレットが高くなる傾向があります。その為、取引をする場合はどのような使い方をするかについて、賢い使い方を決めた方が賢明です。

手数料の安さで取引所を選ぶならここ!

日本で大きな仮想通貨取引所の一つに、Zaif(ザイフ)という取引所があります。

Zaif(ザイフ)の手数料は他の取引所に比べて圧倒的に安いので、手数料が気になる方に絶対におすすめできる取引所です!

▼手数料の安さが売りのZaif取引所はこちら!

コインチェック(coincheck)の口座開設方法

コインチェック(coincheck)のメリット・デメリットがわかったところで、コインチェック(coincheck)の口座開設方法を具体的にご紹介して行きます。

まずコインチェック(coincheck)の口座を開設するには、本人確認書類とスマホ等の携帯電話が必要になります。

上記のツイートにあるように、コインチェック(coincheck)は本人確認が厳重な形式になっており、本人確認書類の他に本人確認書類とその本人の姿を写した画像が必要になります。

以下に、コインチェック(coincheck)の口座開設について具体的な方法を見ていきましょう。

Thumbコインチェック(coincheck)の本人確認!ハガキ到着までの反映日数とは? | BtcFeed

本人確認までの登録方法①~新規アカウント作成~

最初にコインチェック(coincheck)のトップページから、ユーザー登録を行います。ユーザー登録のページでは、Eメールアドレス及びコインチェック(coincheck)で使用するパスワードを入力します。そして、最後にアカウント作成ボタンをクリック。

その後に、入力したEメールアドレスに上記の画像のような確認のメールが送られますので、メール本文に記載のURLをクリックします。

この確認のメール本文のURLをクリックすれば、アカウント作成は完了します。クリックし忘れないように注意しましょう!

本人確認までの登録方法②~アカウント登録完了後~

アカウント作成が完了しログインを行うと、上記の画像のような画面になります。この状態でもコインチェック(coincheck)の機能は利用できますが、一部の機能に制限が掛かり全ての機能を利用することが出来ません。

その為、全ての機能を利用したいなら本人確認手続きを行う必要があり、本人確認手続きを行わなければ機能制限の解除が出来ない仕様になっています。

例えば、ビットコインや他のアルトコインのチャートを確認したり、現在の価格を確認する事は出来ますが、本人確認手続きをしなければビットコインの売買や送金が出来ないんですね。

機能制限を解除してビットコインの売買をしたい場合なら、上記の画像のように本人確認書類を提出するというボタンをクリックし、本人確認手続きに入る必要があります。

本人確認までの登録方法③~電話番号認証~

本人確認書類を提出するとのボタンをクリックすると、電話番号認証のページに入ります。

このページで携帯電話の電話番号を入力し、SMSを送信するボタンをクリックするとSMSに6桁の番号が送られます。そして、再度電話番号の認証ページで6桁の番号を入力し、認証するボタンをクリックすると電話番号の認証手続きは完了します。

本人確認までの登録方法④~個人情報とIDセルフィーの登録~

本人確認手続きはまだ続きます。続いて氏名、生年月日、住所、職業等の個人情報を入力していきます。本人確認手続きは、ここではまだ終わりません。

続いて本人確認書類とその本人の姿が写っているIDセルフィー画像をアップロードします。

IDセルフィーを撮影する場合、運転免許証やパスポートのような顔写真があるものが必要になり、本人の顔と本人確認書類の顔写真がハッキリと写る必要があります。

本人の顔や本人確認書類の顔写真がぼやけていたら、本人確認手続きに遅延が生じますので撮り方には気を付けましょう。

その後、本人確認書類の表面と裏面をアップロードします。特に名前・住所・生年月日がはっきりわかる状態の画像をアップロードしないと正しく認識しませんので、くれぐれも注意して下さい。

また本人確認書類をアップロードする際は、ファイルを選択して本人確認書類をアップロードしますので、誤って本人確認書類ではない違う画像をアップロードしないようご注意下さい。

moriguchi

(30)

コインチェック(coincheck)は、本人確認手続きがかなり厳重です。これまで株式取引やFX取引で何社か口座を開設しましたが、本人確認でIDセルフィーの登録を求められたのはコインチェック(coincheck)さんが初めてです。それだけ犯罪の温床にならないように、厳格な手続きを定めているんですね。

本人確認までの登録方法⑤~本人確認完了メールの受信と登録完了はがきの到着~

本人確認が完了すると、上記の画像ように本人確認完了メールが届きます。この本人確認完了メールが届いたら、本人確認の一連の手続きが完了です。

もし仮に本人確認の手続きでコインチェック(coincheck)側で確認が取れなかった場合、本人認証に失敗しましたと言うメールが届きます。この場合は、メールにある問い合わせについてのURLをクリックし、再度本人確認の手続きが必要になります。

本人確認までの登録方法⑦~登録完了はがきの到着~

本人確認完了メールが届くと、およそ数日で登録完了のはがきが到着します。この登録完了のはがきが到着すれば、コインチェック(coincheck)の機能制限は解除され、全ての機能が利用出来るようになります。

具体的に利用可能になる機能は、仮想通貨の購入や売却、仮想通貨の送金と受け取り、信用取引、レバレッジ取引です。これにてようやく仮想通貨を扱えるようになるんですね。

また仮想通貨取引を始める前に、二段階認証の設定を行いましょう。初期状態では、自動で二段階認証の機能は付いていません。

二段階認証は、手動で二段階認証が有効になる設定を行わなければ、二段階認証の設定は無効の状態のままです。

二段階認証は仮想通貨取引のセキュリティが向上するだけでなく、盗難補償サービスを受ける為の条件にもなっています。二段階認証の設定をくれぐれもお忘れがないように!

コインチェック(coincheck)の手数料

実際に仮想通貨の取引を始める前に、コインチェック(coincheck)の手数料についてご紹介します。

コインチェック(coincheck)の仮想通貨取引の手数料は、入金手数料、出金手数料、取引手数料、送金手数料、借入手数料の5つです。それぞれの手数料について、詳しく見ていきましょう。

 

入金手数料

入金手数料の料金は、以下の表の通りになります。
 

銀行振込(日本円での入金) 無料(別途、各金融機関での振込手数料が掛かります)
銀行振込(USドルでの入金) 25USドル(別途、各金融機関での振込手数料が掛かります)
 
コンビニ入金&クイック入金 3万円未満 756円
3万円以上50万円未満 1000円
50万円以上 入金金額×0.108% + 486 円

仮想通貨での入金(通常) 無料
仮想通貨での入金(高速) 0.02BTC

出金手数料

出金手数料の料金は、以下の表の通りになります。

日本円出金 400円
USドル出金 2500円

Thumbコインチェック(coincheck)出金方法・出金時間・手数料を他取引所と比較! | BtcFeed

取引手数料及びスプレット手数料

取引手数料の料金は、以下の表の通りです。
 

Taker手数料 Maker手数料
0.000% 0.000%

スプレット手数料は、取引数量が増加した時や急騰した時など状況によって変動します。その為参考程度になりますが、2017年11月6日現在の手数料は以下の表の通りです。

コインの種類 価格 買値 売値 スプレット手数料(差額)
ビットコイン(bitcioin) 852670円 857270円 847730円 9540円
イーサリアム(Ethereum) 34519円 35750円 33440円 2310円
ビットコインキャッシュ(Bitcoin Cash)  72399円 76370円 68718円 7652円
リップル(Ripple)  23243円 24050円 22520円 1530円
ライトコイン(Litecoin)  6307円 6523円 6116円 407円
ダッシュ(DASH)  31676円 32872円 30676円 2196円
ネム(NEM)  21.12円 21.88円 20.44円 1.44円
モネロ(Monero)  10131円 10483円 9825円 658円
イーサリアムクラシック(Ethereum Classic) 1700円 1760円 1646円 114円
ジーキャッシュ(Zcash)  26477円 27461円 25653円 1808円
リスク(Lisk)  522.26円 543.38円 504.49円 38.89円
オーガー(Augur) 1964.8円 2044.6円 1893.4円 151.2円
ファクトム(Factom) 1662.2円 1722円 1609円 113円

送金手数料

送金手数料の料金は、以下の表の通りです。
 

BTC 0.0005BTC
ETH 0.01ETH
ETC 0.01ETC
XMR 0.05XMR
REP 0.01REP
LSK 0.1LSK
FCT 0.1FCT
XRP 0.15XPR
ZEC 0.001ZEC
XEM 0.5XEM
LTC 0.001LTC
DASH 0.003DASH
Bitcoin Cash 0.001BCH

借入手数料

借入手数料は、以下の表の通りになります。
 

ビッコイン借入 0.05%/日

スワップ手数料

スワップ手数料は、以下の表の通りになります。
 

  ロングポジション ショートポジション
新規約定時&繰り越し時 取引約定金額(円)×0.04% 取引約定数量(円)×0.05%

コインチェック(coincheck)でビットコインを売買する方法

コインチェック(coincheck)の手数料がわかったところで、次にコインチェック(coincheck)上でビットコインを売買するには、どのような方法があるのでしょうか。具体的な売買方法について見てみましょう。

コインチェック(coincheck)でビットコインを売買する方法

まずはコインチェック(coincheck)の取引所のトップページに入ります。取引所のトップページでは、真ん中にビットコインの買い板・売り板の画面がありますので、希望する金額のところをクリックします。

そうすると、上記画像の現物取引と言う項目で希望する金額と、買いor売りのポジションが自動入力されます。

このまま下の「注文する」と言うボタンをクリックしますと、そのまま注文されますので、売買が成立したら取引が完了します。

買う・売るからビットコインを売買する方法

その他のコインチェック(coincheck)でのビットコインの売買方法は、買う・売るからビットコインを売買する方法があります。

まずはコインチェック(coincheck)の取引所のトップページから、それぞれの仮想通貨のロゴとロゴの下に価格が表示されてる項目がありますので、その中からビットコインの所をクリック。

クリックすると、コインチェック(coincheck)での仮想通貨の取引ページに入り、左側のサイドバーにコインを買う・コインを売るの項目が出てきます。

希望する項目をクリックすると、それぞれの取引のページに変わります。

その次に上記の画像のように、真ん中の上部にそれぞれの仮想通貨のロゴの項目がありますので、ビットコインのロゴをクリックします。

そして、数量の項目に希望する数量を入力しますと、下の合計の部分に日本円で換算した金額が表示されますので、確認してよければ購入するボタンをクリックします。

購入するボタンをクリックすれば、そのまま注文されますので売買が成立したら取引が完了します。

アルトコインの売買方法

コインチェック(coincheck)でのアルトコインの売買方法も、買う・売るからビットコインを売買する方法と変わりません。

但しアルトコインの場合、コインチェック(coincheck)ではビットコインのように買い板・売り板で売買する方法がありません。その為、トレードビューやチャート機能を確認しながら、適切なタイミングで売買する必要があります。

コインチェック(coincheck)でアルトコインを売買する場合は、上記の画像のようにコインチェック(coincheck)の取引所のトップページから、希望するアルトコインのロゴをクリックします。

今回は、例としてイーサリアム(Ethereum)のロゴをクリックします。

そうすると、イーサリアムの取引のコインを買う画面になりますので、数量の項目に希望する数量を入力すると、下の合計の部分に日本円で換算した金額が表示されますので、確認してよければ購入するボタンをクリック。

購入するボタンをクリックすれば、そのまま注文されますので売買が成立したら取引が完了します。現状では、コインチェック(coincheck)にてアルトコインを売買する使い方は、このような使い方しかありません。

コインチェック(coincheck)でのビットコインの入出金する方法

コインチェック(coincheck)でビットコインの入金及び出金をするには、どのような方法があるのでしょうか。それぞれの種類について、詳しく見ていきましょう。

日本円・ドルの入金する方法

日本円及びドルをコインチェック(coincheck)へ入金するには、コインチェック(coincheck)指定の金融機関の口座に振込を行う銀行振込の方法があります。

銀行振込の場合は複数の金融機関に指定口座があり、その中からどちらかの口座に入金する形になります。また振込人の名義は、コインチェック(Coincheck)のアカウントの名義と同一名義でなければなりません。

入金処理が完了した場合は、コインチェック(coincheck)のアカウントに登録したメールアドレスにメールが送られます。

 

コンビニ入金する方法

コンビニ入金する方法では、事前にコインチェック(coincheck)上で氏名、電話番号、入金額などの必要項目を入力し決済申請を行います。

そして決済申請をコインチェック(coincheck)に送信すると、支払いを行うコンビニを選択する画面に入りますので、支払いを希望するコンビニを選択して次の画面に入ります。

次の画面では、支払金額、企業コード、注文番号が表示されますので、それらをメモした後はコンビニの店舗で支払い、コインチェック(coincheck)に入金する形になります。

Thumbコインチェック(coincheck)のコンビニ入金方法と反映時間とは? | BtcFeed

クイック入金する方法

クイック入金する方法では、ペイジー決済に対応している金融機関の口座から、コインチェック(coincheck)へ入金分の金額を入金する形になります。

まず事前にコインチェック(coincheck)上で、氏名、電話番号、入金額などの必要項目を入力し決済申請を行います。

決済申請をコインチェック(coincheck)に送信すると、支払金額、収納機関番号、お客様番号、確認番号が画面に表示されますので、それらをメモします。その後は、各金融機関でのペイジー決済の方法に沿い、入金手続きを行う形式になります。

 

クレジットカードで入金する方法

クレジットカードで入金する方法は、まずコインチェック(coincheck)上で希望するコインを選択し、入金する金額の入力を行い、仮想通貨の購入手続きをコインチェック(coincheck)上で行います。

その後、クレジットカードの決済画面に入りますので、クレジットカードの番号、カードの有効期限、セキュリティコード、カードの名義を入力し、決済開始ボタンを押すと入金処理が行われます。

因みに、利用可能なクレジットカードはVISA、マスターカード、JCBだけになりますのでご注意下さい。

Thumbコインチェック(coincheck)のクレジットカード決済の手数料は高い! | BtcFeed

日本円を出金する方法

日本円を出金するには、コインチェック(coincheck)上で出金する振込先の金融機関の口座を登録する必要があります。

コインチェック(coincheck)ホームページの日本円を出金するページにて、銀行名、支店名、口座種類、口座番号、口座名義人を入力して振込先の口座を登録したら、出金申請のページに入ります。

出金申請のページにて出金する金額を入力し、出金申請をするボタンをクリックすると出金処理が行われます。

振込先の口座に出金処理が完了するまでには、通常2日程度時間が掛かります。その為、出金申請を行うと直ぐに出金をされる訳ではありません。

コインチェックのアフィリエイト

コインチェック(coincheck)では、何とアフィリエイトのプログラムがあります。アフィリエイトプログラムでは、1名の紹介で最大2万3000円の報酬が獲得できますので、報酬額がかなり高いのが特徴です。

アフィリエイト報酬については、以下の表の通りです。

コインチェック(coincheck)のアカウント開設で本人確認審査が完了 3000円
コインチェック(coincheck)へ50001円以上への入金を行う 10000円
コインチェック(coincheck)で仮想通貨取引の売買が100万円以上を達成 10000円

コインチェック(coincheck)は使い方次第で、仮想通貨取引だけでなくアフェリエイトとしての使い方でも儲けるチャンスがあります。

しかし、アフィリエイトプログラムに参加するためにはまず自分自身が口座開設を行う必要があります。

▼まだ、コインチェック(coincheck)の口座開設ができていない方はこちら

 

コインチェック(coincheck)のアプリ

コインチェック(coincheck)は、スマホでも簡単に仮想通貨取引が出来るアプリが提供されています。またコインチェック(coincheck)のアプリは、iPhoneとAndroidどちらの機種でもアプリが使えます。

コインチェック(coincheck)のアプリでは、仮想通貨の購入と売却、他のウォレットへの送金、クレジットカードで仮想通貨の購入、コインチェック(coincheck)への入金、日本円での出金、仮想通貨のチャートの確認など豊富な機能がアプリ上で使えます。

更にコインチェック(coincheck)のアプリでも、二段階認証のセキュリティ対策が施されています。

コインチェック(coincheck)アプリの使い方さえ慣れれば、スマホだけで仮想通貨取引が出来ちゃうんですね。

上記の動画は、コインチェック(coincheck)アプリの使い方を紹介している動画です。

コインチェック(coincheck)アプリで使える一連の機能が紹介されていますので、気になる方は参考までに上記の「コインチェック(coincheck)アプリの使い方」の動画をご覧になることをオススメします。
 

コインチェック(coincheck)のまとめ

このようにコインチェック(coincheck)は豊富な機能や特徴が備わっており、様々な使い方でコインチェック(coincheck)を利用することが出来る点が、コインチェック(coincheck)の最大の魅力です。

また、コインチェック(coincheck)はweb上だけでなく、スアホアプリでコインチェック(coincheck)の取引が出来る使い方もありますし、二段階認証によって高いセキュリティも実現されています。

更に仮想通貨取引だけでなく、アフィリエイトプログラムで儲ける使い方もありますので、投資だけの使い方でなくお小遣い稼ぎの使い方としても活用できるんですね。

二段階認証による高いレベルのセキュリティと、一つ一つに素晴らしい機能があるコインチェック(coincheck)。

コインチェック(coincheck)を活用すれば、様々なチャンスがあるのは間違いありません!

▼魅力的な仮想通貨の取引ができるコインチェックはこちらから

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

Thumb仮想通貨取引所を徹底比較!国内取引所まとめ一覧表【最新版】 | BtcFeed

徹底比較!2018年度版オススメ取引所ランキング


LINEで有力情報をゲット!
仮想通貨関連の注目サービスや海外ニュース、その他有力投資情報を配信!!


仮想通貨最新ニュース btcfeed line@

迷ったらまずこの取引所!初心者の人にオススメ取引所をご紹介!

安心・安全が一番!という人ならbitFlyer

bitFlyerは世界で最もセキュリティの高い取引所!

国内で唯一ハッキングへの補償もしている安心の取引所!

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

☛bitFlyerの口座開設方法はこちらで解説!

☛bitFlyerの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

取引するのに難しい操作が心配という人はGMOコイン

初心者の人でも簡単な操作で、リップルなどの人気仮想通貨が購入可能!

運営企業も上場企業の子会社で運営面も安心!

☛GMOコインの口座開設方法はこちらで解説!

☛GMOコインの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

仮想通貨取引をしているなら持っておくべき取引所!

人気アルトコインの購入なら手数料無料のbitbank!

人気のリップル(Ripple/XRP)を手数料無料で購入ができる!

リップル以外のアルトコイン手数料も無料!

☛bitbankの口座開設方法はこちらで解説!

☛bitbankの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

手数料の安さぶっちぎり!Zaif!

日本の取引所で手数料が最もお得な取引所!

ビットコインは取引すればするほどビットコインをもらえる!

海外取引所を利用するならZaifでのビットコイン購入がおすすめ!!

☛Zaifの口座開設方法はこちらで解説!

☛Zaifの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

人気通貨を唯一レバレッジ取引できるDMM Bitcoin

人気のリップルとネム、ライトコイン等を唯一レバレッジ取引できる!

レバレッジ取引も安心してできる仕組みを取り入れていて安心!

☛DMM Bitcoinの口座開設方法はこちらで解説!

☛DMM Bitcoinの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

関連するまとめ

仮想通貨取引所ランキング

  • No.1bitFlyer(ビットフライヤー)
    Bitflyerビットフライヤーは私もビットコイン取引で頻繁に使っている取引所の一つです!ビットフライヤーのおすすめポイント3つ!
    • ビットコイン取引日本一の使いやすさ!
    • 手数料が安い
    • 保障もあり安心の取引所
    ビットフライヤーの公式サイトはこちら!
  • No.2Zaif(Zaif)
    Zaifザイフは初心者に優しく日本で一番最初にできた仮想通貨取引所です!ザイフのおすすめポイント3つ!
    • 手数料安さ日本一!
    • 独自のサービスで魅力満点!
    • 老舗の信頼できる取引所!
    ザイフの公式サイトはこちら!
  • No.3GMOコイン
    GmoGMOコインは上場企業のグループ会社で安心の取引所です!初心者の簡単にお得に利用ができます!
    • 手数料が安く操作も簡単!
    • 上場会社のグループで安心!
    • FX取引はアプリでもできる!
    GMOコイン公式サイトはこちら!

管理人について

Widget1
仮想通貨のバブルに乗ってミリオネアを目指す26歳の仮想通貨トレーダーです。国立大学を卒業し総合系コンサル会社に入社→仮想通貨にハマり2年で退職し仮想通貨投資暦2年
50万の初期投資から貯金1200万(※2017年11月現在)
元々はフィンテック関連企業のアサイン経験からブロックチェーンの勉強をし、途中から投資を始めました。情弱だったことから起きた個人的な失敗談や、技術的な話を理解せずに投資をする友人達の失敗を見て本当に必要な情報を初心者〜中/上級者の方に向けて発信して行こうと思います。
僕が使っている取引所/トレード・保有してるコイン/参加したICOはこちら!

管理人のツイート

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ
Bitflyer side