仮想通貨Syscoin(シスコイン/SYS)の特徴・チャート・購入方法(買い方)・取引所・将来性

microsoftとも提携している仮想通貨Syscoin(シスコイン/SYS)は多機能アルトコインプラットフォームです。現在のチャートや取引所、購入方法は?この記事では、仮想通貨Syscoin(SYS)の特徴やチャート、取引所や購入方法などを解説します!

仮想通貨Syscoin(シスコイン/SYS)の特徴・チャート・購入方法(買い方)・取引所・将来性のイメージ

目次

  1. 1仮想通貨Syscoin(シスコイン/SYS)とは?
  2. 2Syscoin(SYS)の特徴
  3. 3Syscoin(SYS)の相場チャート・価格推移
  4. 4Syscoin(SYS)が購入できる取引所一覧
  5. 5Syscoin(SYS)の購入方法の手順
  6. 6Syscoin(SYS)のロードマップ
  7. 7Syscoin(SYS)の今後の将来性
  8. 8仮想通貨Syscoin(シスコイン/SYS)まとめ
LINEで情報をゲット!
仮想通貨関連の注目サービスや海外ニュース、その他投資情報を配信!!


仮想通貨最新ニュース btcfeed line@

当サイトで人気の仮想通貨取引所ランキング!
まだ一つしか取引所を持っていない人は必ず複数に登録をして安全に取引をしましょう!
【1位】Zaif(ザイフ)

取引手数料の安さNO.1!本サイト1番のオススメ取引所!

【2位】bitFlyer(ビットフライヤー)

ビットコイン取引量、国内ユーザー数が日本一の信頼できる取引所!

【3位】GMOコイン

初心者の人に1番おすすめ!簡単に取引ができて、しかも手数料も超お得!

【当サイトで今一番人気!】QUOINEX

人気のリップルとネムを両方を日本で唯一現物取引できる取引所!注目のQASHも取引できる!

【今大注目!】DMM Bitcoin

日本で世界で注目のアルトコインを唯一レバレッジ取引できる大注目の取引所!

※【注意】絶対に複数取引所に登録して資産を分散しておきましょう!資産を失うリスクがあります!

仮想通貨Syscoin(シスコイン/SYS)とは?

仮想通貨Syscoin(SYS)は、多機能アルトコインプラットフォームです。企業から個人まで、様々なビジネスの場面での利用が期待できる仮想通貨となっています。

ここでは、そんな仮想通貨Syscoin(SYS)の基礎情報をみていきましょう。

仮想通貨Syscoin(SYS)の概要

まずは仮想通貨Syscoin(SYS)の概要をみてみましょう。仮想通貨Syscoin(SYS)の基礎情報をまとめると以下のようになります。
 

仮想通貨名 Syscoin
通貨単位 SYS
発行上限枚数 888,000,000 SYS
承認システム PoW
アルゴリズム SHA-256
開発者 Blockchain Foundry
公開日 2014年7月4日

仮想通貨Syscoin(SYS)の基本情報

それでは、仮想通貨Syscoin(SYS)の基本情報をみていきましょう。

仮想通貨Syscoin(SYS)は、多機能アルトコインプラットフォームです。

具体的には、分散型台帳、分散型データベース、ブロックチェーンの3つがその主な機能として提供されています。ビットコインのように「決済手段のみ」なのではなく、「様々な資産や物をデジタル認証で安全に取引するためのインフラストラクチャを企業に提供する暗号化方式」となっています。

また、Syscoin(SYS)は金融業界に向けた機能を備えているため、企業や個人といった枠に囚われることなく、実に様々なビジネスに応用することが出来ます。ほぼ無料のトランザクション手数料、非常に早いトランザクションスピードが特徴です。

Syscoin(SYS)はすでにmicrosoftと提携するという形で世の中と関わっており、その実用性はすでに認められつつあると言えます。今後の更なる発展が期待できる仮想通貨の一つだと言えるでしょう。

Syscoin(SYS)の特徴

続いて、仮想通貨Syscoin(SYS)の特徴をみていきましょう。仮想通貨Syscoin(SYS)には様々なユニークな特徴があります。

Syscoinウォレットの機能

まず最初に、Syscoinウォレットについてご紹介しましょう。

Syscoin(SYS)には、Syscoin Blockmarket Walletという公式ウォレットがあります。

このSyscoin Blockmarket Walletは、Syscoin(SYS)の送受信に必要な全ての機能を提供するとともに、トランザクションログの整理、アイテムの売買、他のアイテムの再販、暗号化されたメッセージの提供などを行います。

Syscoin Blockmarket Walletは常に最先端の機能が提供され、ダウンタイムやサービスの停止はありません。

 

エイリアス(ALIASES)機能

Syscoin(SYS)にはエイリアス(ALIASES)と呼ばれる機能が実装されています。これは通常ならば非常に長いものとなる仮想通貨のアドレスを、短く簡単なものにするという機能です。

この機能によって、サイトの仕様などでコピー&ペーストが出来ない場合などにアドレスを入力することが非常に簡単になります。ささやかな機能ですが、実際に使う場面ではとても便利な機能だと言えます。

R

(28)

いつも28字以上もあるアドレスを任意の文字列に指定できるという機能は、実際に使用してみるととても便利な機能です。場合によってはアドレスを暗記してしまうことさえも出来そうです。とても画期的ですね!

マーケットプレイスの提供

Syscoin(SYS)は、従来のAmazonなどと異なる中央管理者を置かない形のマーケットプレイス、ブロックマーケットを提供しています。この分散型マーケットは2017年9月12日にリリースされました。

Syscoin(SYS)が提供するブロックマーケットは非常にユニークで、Syscoin(SYS)の公式ウォレットを通じてユーザー同士で物の売買ができるようになっています。ブロックマーケットはビットコインで家の売買さえも可能となっていて、その規模の大きさが伺えます。

ただし、このマーケットプレイスはユーザー同士で自由な経済活動ができることを逆手に取って、違法薬物の売買が行われていることがあります。このような用途でブロックマーケットが使用されることが増えれば、法規制の対象となる可能性も十分にあり得ます。このことに関しては注意を払っておくべきでしょう。

開発陣が活発に行われている

Syscoin(SYS)は開発チームの動きが非常に活発で、プラットフォームの開発状況や更新情報などが一週間に一度くらいのペースでSNSで発信されています。

開発されることなく中途半端に消えていく仮想通貨も多い中で、開発チームが開発に積極的であり、その最新情報がSNSなどを通じてユーザーに提示されるということは非常に良い状況だと言えます。

SNSでは開発チームのビジョンや意気込みなどもみられ、Syscoin(SYS)開発陣の開発への意欲の高さが伺えます。

これらは、Syscoin(SYS)ユーザーとしても、投資家的な視点からみても評価できる点だと言えるでしょう。

microsoftと提携している

Syscoin(SYS)は2016年3月からmicrosoftと提携しています。

具体的にどのような形でmicrosoftと提携しているのかというと、Syscoin(SYS)がmicrosoftのBlockchain As a Service(BaaS)として、microsoft Azureプラットフォームで提供されるという形で提携が実現しています。

Syscoin(SYS)がすでにmicrosoftのプロジェクトに組み込まれているということです。

このように、世界的な企業であるmicrosoftと提携しているということは、Syscoin(SYS)の価値や、Syscoin(SYS)が実際の運用に耐えうるシステムだということの裏付けになっていると言えるでしょう。

Syscoin(SYS)の相場チャート・価格推移

ここで、Syscoin(SYS)の相場チャート、価格推移をみてみましょう。

2018年2月9日現在のSyscoin(SYS)の相場チャート、価格推移は以下のようになっています。

2018年2月9日現在、Syscoin(SYS)の価格は1SYS=$0.520470となっています。

Syscoin(SYS)は2017年6月に一度暴騰した後、2017年9月にブロックマーケットのリリースを受けて再び価格を上昇させました。

2018年1月には前回を超える暴騰ぶりを見せ、大きく価格を伸ばしています。

現在はその反動で下落し、落ち着いた価格となっています。

Syscoin(SYS)が購入できる取引所一覧

仮想通貨Syscoin(SYS)は以下の仮想通貨取引所で購入できます。
 

  • Bittrex
  • Poloniex
  • YoBit

それぞれの取引所の簡単な説明を以下に掲載しますので、ぜひ参考にしてみてください。

【Bittrex】
世界最大手の仮想通貨取引所で、アメリカに拠点をおいています。取り扱う仮想通貨の種類は200種類以上と、非常に豊富な種類の仮想通貨を取り扱っています。Syscoin(SYS)ももちろんBittrexで取り扱われていますが、Syscoin(SYS)の取引全体の70%はBittrexで行われており、Syscoin(SYS)の取引の大半がBittrexで行われていると言えます。

【Poloniex】
Bittrexと並ぶ、世界最大級の仮想通貨取引所です。取り扱う銘柄は70種類ほどとなっています。手数料はBittrexよりも少し安めに設定されています。

【YoBit】
こぢんまりとした規模の仮想通貨取引所ですが、草コイン発掘場として定評があります。大手の取引所では扱われていないような草コインを多数取り扱っていることが特徴です。

Syscoin(SYS)の購入方法の手順

ここでは、Syscoin(SYS)の購入方法についてみていきましょう。

Syscoin(SYS)は国内の取引所では扱われておらず、日本円での購入ができません。Syscoin(SYS)を購入するためには、まず国内の仮想通貨取引所でビットコインを日本円で購入し、用意したビットコインを利用して海外の仮想通貨取引所でSyscoin(SYS)を購入する、という手順になります。

以下、その手順をみていきましょう。

ここでは、国内取引所にはzaif、海外取引所にはPoloniexを例として使用します。

zaifは国内取引所で最も手数料が安い取引所です。
海外取引所を利用する際に必要になるビットコインは取引すればするほどビットコインをもらえます。

この機会にzaifの口座開設をおすすめします!

zaifの口座開設手順についてはこちらで解説!

Thumbzaifの口座開設からビットコインの入金・買い方まとめ | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

国内取引所で、日本円でビットコインを買う

まず、国内取引所で日本円でビットコインを購入しましょう。ここではzaifを例にとって説明します。

zaifで日本円からビットコインを購入する手順は以下のようになります。
 

  1. zaifにログイン
  2. チャートの左上に表示されている通過欄からBTC/JPYを選択
  3. チャートの右側に表示されている売買注文パネルに「価格」「数量」を入力
  4. 「買い注文」をクリック
  5. 購入完了


これで、日本円でビットコインの購入が完了しました。

Poloniexへビットコインを送金

続いて、用意できたビットコインを海外取引所(ここではPoloniex)に送金しましょう。

国内取引所(ここではzaif)からPoloniexへビットコインを送金するためには、送金先となるPoloniexのデポジットアドレスが必要となります。以下の手順で、Poloniexのデポジットアドレスを確認しておきましょう。

 

  1. Poloniexにログイン
  2. 上部メニューバーから「残高」をクリック
  3. 預金に入れる仮想通貨(ここではビットコイン)を選択
  4. 「預金」をクリック
  5. 表示されたデポジットアドレスをコピー

以上で、Poloniexのデポジットアドレスがコピーできました。

続いて、zaif側からの手続きの手順です。
 

  1. zaifにログイン
  2. 上部のメニューバーから「入出金」→「出金」を選んでクリック
  3. 「出金アドレス」欄にPoloniexのデポジットアドレスをペースト、「出金金額」を入力
  4. 「出金」をクリック
  5. 送金(出金)完了

 

zaifでの送金が完了したら、Poloniexの口座を確認してきちんと着金しているかチェックしておきましょう。

PoloniexでSyscoin(SYS)を購入

最後に、PoloniexでSyscoin(SYS)を購入する手順です。
 

  1. Poloniexにログイン
  2. 上部のメニューバーから「Exchange」を選択
  3. 右側にある入力フォームのタブで「BTC」を選択
  4. 右側にある検索フォームで「Syscoin(SYS)」を検索
  5. 画面下部左側に表示される「Buy SYS」の画面内の「Amount(数量)」「Price(価格)」に購入したいSYSの数量、価格を入力
  6. 「購入」をクリック
  7. 取引成立すれば購入完了

以上で、PoloniexでSyscoin(SYS)の購入ができました。
 

Syscoin(SYS)のロードマップ

多機能アルトコインプラットフォームとして成長を遂げつつあるSyscoin(SYS)ですが、今後の展開としては開発チームはブロックマーケット(マーケットプレイス)の開発に注力していきたいようです。

「マーケットプレイスでAmazonやeBayの非分散型市場に成り代わる」と開発チームがブログでコメントしていることから、Syscoin(SYS)は今後も分散型市場としてブロックマーケットの構築・開発を進めていくと考えられます。

ビジネスに対応する様々な機能はそのままに、ブロックマーケットの開発に更に力を入れていくということのようなので、ビジネスでの機能も、マーケットとしての機能も今後更に充実していくのではないでしょうか。

Syscoin(SYS)の今後の将来性

Syscoin(SYS)は、多機能アルトコインプラットフォームです。企業から個人まで、様々なビジネスの場面での利用が期待できる仮想通貨となっています。

Syscoin(SYS)は金融業界に向けた機能を備えているため、企業や個人といった枠に囚われることなく実に様々なビジネスに応用することが可能です。

実際、Syscoin(SYS)はmicrosoftと提携するという形ですでに世の中と関わっており、Syscoin(SYS)が実用に耐えうるシステムを有した仮想通貨であることが伺えます。

また、Syscoin(SYS)は開発チームが非常に意欲的で活発であり、週に一度はプラットフォームの開発状況や更新情報が告知されています。このことは、Syscoin(SYS)が現時点では非常に動きが活発で、プラットフォームの機能の更なる充実を期待することができることを示しています。

Syscoin(SYS)は、まだまだ伸び代のある、今後の更なる発展が期待できる仮想通貨の一つだと言えるでしょう。

仮想通貨Syscoin(シスコイン/SYS)まとめ

以上、仮想通貨Syscoin(SYS)についてまとめました。

仮想通貨Syscoin(SYS)は多機能アルトコインプラットフォームで、ビジネスでの利用にも、マーケットとしての利用にも対応できる仮想通貨となっています。

特にブロックマーケット(マーケットプレイス)は大変ユニークで、このブロックマーケットがもっとメジャーになれば更に価格が高騰することも予想されます。

開発チームも開発に意欲的で、実際に利用するにあたって便利な点も今後更に増えていくでしょうから、利用人口が増えれば大いに化ける可能性が期待できます。

少なくとも、microsoftがすでにSyscoin(SYS)をプログラムに組み入れているということから、Syscoin(SYS)が実際の利用に耐えうるシステムを有しているということは明らかでしょう。

大変魅力的な仮想通貨Syscoin(SYS)、今後も要チェックです!

microsoftと提携をしている通貨にはSyscoin(SYS)以外にもStratis(ストラティス)があります。
他にも世界の巨大企業が仮想通貨の技術を利用しようと提携をしていることもあります。

IOTA(アイオータ)はドイツの名門車部品メーカーとも提携をしています。

Thumb仮想通貨Stratis(ストラティス)とは?特徴・チャート・購入方法(買い方)・取引所解説 | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]
ThumbIOTA(アイオータ)が世界トップクラスのドイツ企業から出資!さらに今後の飛躍に注目! | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

これらの通貨はバイナンスで購入が可能です!

将来有望な通貨を購入するならぜひバイナンスの口座開設はしておきましょう!

ThumbBinance(バイナンス)取引所の登録方法から口座開設までの使い方まとめ! | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

この記事を読んだ方はこちらも読んでいます

Thumb仮想通貨Einsteinium(EMC2)の特徴・チャート・購入方法(買い方)・取引所・将来性 | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]
Thumb仮想通貨Request Network(リクエストネットワーク/REQ)の特徴・チャート・購入方法(買い方)・取引所・将来性 | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

徹底比較!2018年度版オススメ取引所ランキング


LINEで有力情報をゲット!
仮想通貨関連の注目サービスや海外ニュース、その他有力投資情報を配信!!


仮想通貨最新ニュース btcfeed line@

迷ったらまずこの取引所!初心者の人にオススメ取引所をご紹介!

安心・安全が一番!という人ならbitFlyer

bitFlyerは世界で最もセキュリティの高い取引所!

国内で唯一ハッキングへの補償もしている安心の取引所!

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

☛bitFlyerの口座開設方法はこちらで解説!

☛bitFlyerの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

取引するのに難しい操作が心配という人はGMOコイン

初心者の人でも簡単な操作で、リップルなどの人気仮想通貨が購入可能!

運営企業も上場企業の子会社で運営面も安心!

☛GMOコインの口座開設方法はこちらで解説!

☛GMOコインの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

仮想通貨取引をしているなら持っておくべき取引所!

人気アルトコインの購入なら手数料無料のbitbank!

人気のリップル(Ripple/XRP)を手数料無料で購入ができる!

リップル以外のアルトコイン手数料も無料!

☛bitbankの口座開設方法はこちらで解説!

☛bitbankの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

手数料の安さぶっちぎり!Zaif!

日本の取引所で手数料が最もお得な取引所!

ビットコインは取引すればするほどビットコインをもらえる!

海外取引所を利用するならZaifでのビットコイン購入がおすすめ!!

☛Zaifの口座開設方法はこちらで解説!

☛Zaifの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

人気通貨を唯一レバレッジ取引できるDMM Bitcoin

人気のリップルとネム、ライトコイン等を唯一レバレッジ取引できる!

レバレッジ取引も安心してできる仕組みを取り入れていて安心!

☛DMM Bitcoinの口座開設方法はこちらで解説!

☛DMM Bitcoinの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

関連するまとめ

仮想通貨取引所ランキング

  • No.1bitFlyer(ビットフライヤー)
    Bitflyerビットフライヤーは私もビットコイン取引で頻繁に使っている取引所の一つです!ビットフライヤーのおすすめポイント3つ!
    • ビットコイン取引日本一の使いやすさ!
    • 手数料が安い
    • 保障もあり安心の取引所
    ビットフライヤーの公式サイトはこちら!
  • No.2Zaif(Zaif)
    Zaifザイフは初心者に優しく日本で一番最初にできた仮想通貨取引所です!ザイフのおすすめポイント3つ!
    • 手数料安さ日本一!
    • 独自のサービスで魅力満点!
    • 老舗の信頼できる取引所!
    ザイフの公式サイトはこちら!
  • No.3GMOコイン
    GmoGMOコインは上場企業のグループ会社で安心の取引所です!初心者の簡単にお得に利用ができます!
    • 手数料が安く操作も簡単!
    • 上場会社のグループで安心!
    • FX取引はアプリでもできる!
    GMOコイン公式サイトはこちら!

管理人について

Widget1
仮想通貨のバブルに乗ってミリオネアを目指す26歳の仮想通貨トレーダーです。国立大学を卒業し総合系コンサル会社に入社→仮想通貨にハマり2年で退職し仮想通貨投資暦2年
50万の初期投資から貯金1200万(※2017年11月現在)
元々はフィンテック関連企業のアサイン経験からブロックチェーンの勉強をし、途中から投資を始めました。情弱だったことから起きた個人的な失敗談や、技術的な話を理解せずに投資をする友人達の失敗を見て本当に必要な情報を初心者〜中/上級者の方に向けて発信して行こうと思います。
僕が使っている取引所/トレード・保有してるコイン/参加したICOはこちら!

管理人のツイート

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ
Bitflyer side