仮想通貨Lunyr(ルーナー/LUN)の特徴・チャート・購入方法(買い方)・取引所・将来性

仮想通貨Lunyr(ルーナー/LUN)は、インターネット上の百科事典を目指すインセンティブベースの情報投稿サービスです。そのチャート、取引所や購入方法はどうなっているのか?この記事では仮想通貨Lunyr(LUN)のチャートや取引所、購入方法を解説します!

仮想通貨Lunyr(ルーナー/LUN)の特徴・チャート・購入方法(買い方)・取引所・将来性のイメージ

目次

  1. 1仮想通貨Lunyr(ルーナー/LUN)とは?
  2. 2Lunyr(LUN)の特徴
  3. 3Lunyr(LUN)の相場チャート・価格推移
  4. 4Lunyr(LUN)が購入できる取引所一覧
  5. 5Lunyr(LUN)の購入方法の手順
  6. 6Lunyr(LUN)のおすすめウォレット
  7. 7Lunyr(LUN)の今後の将来性
  8. 8仮想通貨Lunyr(ルーナー/LUN)まとめ
LINEで情報をゲット!
仮想通貨関連の注目サービスや海外ニュース、その他投資情報を配信!!


仮想通貨最新ニュース btcfeed line@

当サイトで人気の仮想通貨取引所ランキング!
まだ一つしか取引所を持っていない人は必ず複数に登録をして安全に取引をしましょう!
【1位】Zaif(ザイフ)

取引手数料の安さNO.1!本サイト1番のオススメ取引所!

【2位】bitFlyer(ビットフライヤー)

ビットコイン取引量、国内ユーザー数が日本一の信頼できる取引所!

【3位】GMOコイン

初心者の人に1番おすすめ!簡単に取引ができて、しかも手数料も超お得!

【当サイトで今一番人気!】QUOINEX

人気のリップルとネムを両方を日本で唯一現物取引できる取引所!注目のQASHも取引できる!

【今大注目!】DMM Bitcoin

日本で世界で注目のアルトコインを唯一レバレッジ取引できる大注目の取引所!

※【注意】絶対に複数取引所に登録して資産を分散しておきましょう!資産を失うリスクがあります!

仮想通貨Lunyr(ルーナー/LUN)とは?

仮想通貨Lunyr(ルーナー/LUN)をご存知ですか?

仮想通貨Lunyr(ルーナー/LUN)は、インターネット上の百科事典を目指すインセンティブベースの情報投稿サービスです。

ブロックチェーンを基盤とした次世代のWikipediaとも言われています。

まず最初に、そんな仮想通貨Lunyr(ルーナー/LUN)の基礎情報をみていきましょう。

仮想通貨Lunyr(LUN)の概要

仮想通貨Lunyr(ルーナー/LUN)は、どのようなアルトコインなのでしょうか?

仮想通貨Lunyr(ルーナー/LUN)について簡単な表にまとめてみました。

 

仮想通貨名 Lunyr
通貨単位 LUN
発行上限枚数 2,703,356 LUN
取扱取引所 Binance, Bittrex, Houbi
公開日 2017年3月8日
備考 ERC20トークン

なお、発行上限枚数2,703,356LUNのうち、2018年2月8日現在流通しているのは2,297,853LUNです。

仮想通貨Lunyr(LUN)の基本情報

仮想通貨Lunyr(LUN)は、インターネット上の百科事典を目指す、トークンを用いたインセンティブベースの情報投稿サービスです。

Lunyr(LUN)は次世代のWikipediaとも言われますが、Wikipwdiaは誰でも投稿でき、寄付によって運営されているのに対し、Lunyr(LUN)は記事の執筆者にインセンティブを出し、さらにその記事はAIによってランダムに選ばれたレビュワーによるチェックを経て公開されるという点、寄付ではなく広告収入によって運営されているという点など、その仕組みはWikipediaとは大きく異なります

その詳しい仕組みについては後述しますが、Wikipediaと似ているようでいて明確に異なる、全く新しいシステム、まさにブロックチェーンなどといった新たなシステムの流れを汲んで誕生したものだと言えるでしょう。

また、Lunyr(LUN)は2018年2月7日にアップグレードが行われ、開発チームよりアップグレードに関してのメッセージが発信されました。

これによると、オープンベータを3つのフェーズに分割し、今後もLuner(LUN)の開発を進めていくとのことです。フェーズの詳細は以下のようになっています。


【フェーズ1:投稿者とレビュワー】

  • より良いUX
  • レピュテーションシステム1.0
  • 明確な執筆とピアレビューの期待
  • ビデオ付き教育訓練ポータル
  • サインアップ、記事の提出/レビュー、報酬の償還、他の人の参照、およびプラットフォームの再利用のためのワークフローの改善
  • アップグレードされたエディタ
  • 引用生成プログラム
  • コラボレーション機能
  • より明確なコミュニケーション
  • 償還ステータス
  • 報酬システム2.0
  • ピアレビューシステム2.0

【フェーズ2:読者】
  • UIのアップグレード
  • 予測検索
  • モバイルの再設計
  • モバイルピアレビューと広告
  • 改善されたレイアウト
  • 社会的共有
  • カテゴリとタグ付け
  • フィルタ

【フェーズ3:広告主】
  • 広告システム2.0
  • 教育ポータル
  • 広告管理コンソール
  • チーム管理
  • キャンペーンの進捗状況のトラッカー
  • 統計の改善
  • オーディエンス情報
  • 紹介情報
  • UIのアップグレード
  • より明確なコミュニケーション

Lunyr(LUN)は開発チームがSNSなどで積極的に開発状況を発信しているので、投資者側としては安心感のある仮想通貨だと言えます。今後も展開に期待を寄せたくなりますね。

なお、2018年2月8日現在の仮想通貨ランキングでは、仮想通貨Lunyr(LUN)は234位をマークしています。

Lunyr(LUN)の特徴

さて、続いて仮想通貨Lunyr(LUN)の特徴をみていきましょう。Lunyr(LUN)の特徴はその仕組みや、Wikipediaとの違いから見て取れます。

Lunyr(LUN)の仕組み

まず、Lunyr(LUN)の仕組みについてです。Lunyr(LUN)はブロックチェーンを基盤としてWikipediaのようなインターネット上の百科事典を目指している仮想通貨ですが、それは以下のような方法で運営されています。
 

  1. 執筆者が記事を作成
  2. AIによって選ばれた、その記事のジャンルに精通したレビュワーが記事を査読
  3. 問題がなければ記事を公開
  4. 執筆者、レビュワーに報酬が支払われる

記事を執筆する執筆者、書かれた記事を査読するレビュワーの双方に報酬が支払われるというのがポイントです。この報酬(インセンティブ)はLUNトークン、CBNおよびHNRトークンという形で支払われます。これらのトークンは他人に譲ることはできません。

Lunyr(LUN)にはLUNトークンがプールされているLUNプールがあり、執筆者は報酬としてLUNプールに保有されるLUNのうち85%を執筆者全体で分け合うという形で報酬を得ます。

報酬(インセンティブ)のうち、CBNは投稿者が報酬を受け取る際に報酬の計算を行うために使用されます。

HBNトークンは、レビュワーのチェックを受け、web上に掲載された記事に対して論争が起きた場合、投票を行うために使用されます。

また、Lunyr(LUN)の運営費は広告収入によって賄われており、Lunyr(LUN)へ広告を出したい企業からLUNで広告費を貰うという形を取っています。

Wikipediaとの違い

Lunyr(LUN)はWikipediaのようなインターネット上の百科事典を目指している仮想通貨ですが、Wikipediaとは明確に異なる点があるということはここまでに少しお伝えしました。ここでは、Lunyr(LUN)とWikipediaとの差異について改めて述べておきたいと思います。

まず、Wikipediaはその運営費をユーザーからの寄付によって賄っています。これに対し、Lunyr(LUN)は広告収入によって運営を試みています。
また、Wikipediaは誰でも記事を投稿・公開できるのに対し、Lunyr(LUN)はレビュワーによる査読を通過した記事しか公開されません。

Lunyr(LUN)の仕組みでもお伝えした通り、Lunyr(LUN)では記事の投稿者とレビュワー双方に報酬(インセンティブ)としてLUNトークンが支払われる仕組みになっています。これにより、相互評価が行われ、プラットフォームの更なる成長が期待できます。

また、Lunyr(LUN)は広告収入によって運営が行われています。Lunyr(LUN)には広告を掲載することが可能で、Lunyr(LUN)に広告掲載するにはLUNトークンを支払う必要があります。これにより、Lunyr(LUN)は広告収入を得て更に開発を進めることができるというわけです。

以上のように、Lunyr(LUN)自身でマネタイズできるという点は、寄付に頼るWikipediaとは大きく異なる点だと言えるでしょう。

Wikipediaの問題を解決する

最後に、Lunyr(LUN)はWikipediaが従来抱えていた問題を解決するものであるということをご紹介しておきたいと思います。

Wikipediaは世界最大のインターネット上の百科事典ではありますが、誰でも記事の投稿ができるという点から、その記事の信頼性には懸念が残されていました。

誰のチェックも受けず記事が投稿され、公開されるということは、そこに書かれている情報が真実ではない・偽や嘘の情報である可能性も含まれるからです。

Lunyr(LUN)では、記事の執筆者とは別に、書き上げられた記事を査読するレビュワーを設けることで、この問題を解決しようとしています。

レビュワーはAIによって選ばれますが、選ばれるのはその記事のジャンルに精通した者となります。そのジャンルに詳しい人物がレビュワーとして記事を査読し、問題がなければ記事を公開する、という手順を踏むことで記事の内容の信頼性を強化しようというこの試みは、掲載される記事の質を保つために非常に大きな役割を果たしていると言えます。

また、このとき投稿者・レビュワーの双方に報酬(インセンティブ)としてLUNトークンが支払われますが、これによって投稿者・レビュワーのモチベーションを維持することにも繋がっています。

これら2点により、Wikipediaの従来の問題であった記事の質の問題は大幅に改善される可能性があると言えるでしょう。

Lunyr(LUN)の相場チャート・価格推移

ここではLunyr(LUN)の相場チャート、価格推移をみてみましょう。Lunyr(LUN)の相場チャート、価格推移は以下のようになっています。
 

Lunyr(LUN)は2017年5月にBittrexに上場を果たしました。

2017年8月12日に価格が上昇し1LUN=$20.33を記録しましたが、その後反動で下落。9月下旬から2018年1月にかけて低迷期が続きました。

2018年1月9日には価格を上げ、過去最高価格となる1LUN=$60.98を記録。その後再び下落しましたが、現在は以前よりは少し高めの価格帯を推移しています。

2018年2月8日現在、Lunyr(LUN)の価格は1LUN=0.00222267BTC、$18.91となっています。

Lunyr(LUN)が購入できる取引所一覧

Lunyr(LUN)が購入できる仮想通貨取引所は、現在以下の3箇所です。
 

  • Binance
  • Bittrex
  • Houbi

Binanceは香港に拠点をおく仮想通貨取引所です。取り扱う仮想通貨の種類は70種類以上あり、Binanceに上場することで価格が少し上昇することもあります。手数料は0.1%と安めの価格に設定されています。

Bittrexは世界最大手の仮想通貨取引所で、250種類以上の仮想通貨を扱っています。手数料は0.25%で、少し高めの価格となっています。

それぞれの手数料等を考慮して、Lunyr(LUN)を購入する取引所を決めると良いでしょう。

Lunyr(LUN)の購入方法の手順

ここでは、Lunyr(LUN)を購入するための手順をみていきましょう。Lunyr(LUN)は日本円で購入することができません。Lunyr(LUN)を購入するためには、まず国内の取引所で日本円を仮想通貨に替え、用意した仮想通貨でLunyr(LUN)を購入する、という手順を踏む必要があります。

それでは、以下にその手順をみていきましょう。

この記事では、国内取引所にはzaif、海外取引所にはBinance、Lunyr(LUN)購入のために用意する仮想通貨にはビットコインを例として使用します。

海外取引所を利用するとき最もおすすめの国内取引所はzaifです!
zaifは海外取引所で必要になるビットコインを日本で最もお得に購入することができます。

そのためまだ口座を持っていない人はこの機会に口座開設をおすすめします!

Thumbzaifの口座開設からビットコインの入金・買い方まとめ | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

またLunyr(LUN)を購入するならBinanceをおすすめします!
Binanceは世界最大の取引所で、多くの将来有望な通貨を取り扱っています!

今後リップルのような将来性の高い通貨もBinanceから生まれるかもしれません!
登録はメールアドレスだけで1分で簡単にできるのでぜひこの機会にLunyr(LUN)の口座開設をおすすめします!

ThumbBinance(バイナンス)取引所の登録方法から口座開設までの使い方まとめ! | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

国内取引所で、日本円でビットコインを買う

まず、国内取引所で日本円でビットコインを購入しましょう。zaifでの手順は以下のようになります。

  1. zaifにログイン
  2. チャートの左上に表示されている通過欄から「BTC/JPY」を選択
  3. チャートの右側に表示されている売買注文パネルに「価格」「数量」を入力
  4. 「買い注文」をクリック
  5. 購入完了

これで、日本円でビットコインの購入が完了しました。

Binanceへビットコインを送金

続いて、zaifからBinanceへビットコインを送金しましょう。

国内取引所(ここではzaif)からBinanceへビットコインを送金するためには、送金先となるBinanceのアドレスが必要となります。以下の手順で、Binanceのアドレスを確認しておきましょう。

 

  1. Binanceにログイン
  2. ホーム画面上部のメニューバー右側にある「資産」→「預金の引き出し」をクリック
  3. 自分の資産が表示されるので、一覧の中から「ビットコイン(BTC)」→「預金」をクリック
  4. アドレスが表示されるので、それをコピーする

 

ここまでで、Binanceのアドレスの確認ができました。
続いて、zaif側からの手続きの手順です。

  1. zaifにログイン
  2. 上部のメニューバーから「入出金」→「出金」を選んでクリック
  3. 「出金アドレス」欄にBinanceのデポジットアドレスをペースト、「出金金額」を入力
  4. 「出金」をクリック
  5. 送金(出金)完了

zaifでの送金が完了したら、Binanceの口座を確認してきちんと着金しているかチェックしておきましょう。

BinanceでLunyr(LUN)を購入

最後に、BinanceでLunyr(LUN)を購入する手順です。

  1. Binanceにログイン
  2. 上部のメニューバーから「取引センター」をクリック(ベーシック、アドバンスどちらでも可)
  3. 上部右側に表示される通貨の種類から「LUN/BTC」を選択
  4. 購入したい分の「価格」「数量」を入力
  5. 「購入」をクリック
  6. 無事成約すれば、左下の「購入歴史」ページに記録が掲載されるので要確認

以上で、Lunyr(LUN)の購入手続きは完了です。

Lunyr(LUN)のおすすめウォレット

Lunyr(LUN)を保管するウォレットにはいくつかのおすすめがあります。今回はそのうちの2つをご紹介しましょう。

●My Ether Wallet
とても有名なウォレットなので、ご存知の方もいらっしゃるかもしれません。イーサリアム系のトークンを保管するにはこのウォレットが一番おすすめです。タイプとしてはデスクトップウォレットになります。

●Ledger Nano S
こちらはハードウェアウォレットです。費用が掛かるのが難点ですが、ペーパーウォレットと同等の高いセキュリティを誇るため、堅牢なセキュリティを必要とする場合はこちらの方がおすすめです。ただし、場合によっては入荷待ちであったり、なかなか入手できないこともあるので注意しましょう。

また最近はLedger Nano Sを利用した詐欺もあります。そのため購入は必ず公式販売店からの購入をしましょう!

Thumbハードウェアウォレットの仕組み・使い方とおすすめを徹底比較! | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

My Ether Walletについて

イーサリアムおよびイーサリアムトークン向けの、ブラウザ上で利用できるウォレットです。いわゆるデスクトップウォレットになります。イーサリアム、イーサリアムクラシック、全てのイーサリアムトークンに対応するウォレットです。

イーサリアム用ウォレットとしては最も有名かつ人気があり、ハードウェアウォレットとの連携、ペーパーウォレット化も可能で、幅広い利用方法で利用ができます。

秘密鍵がweb上に晒されないため安全性が非常に高く、非常に高いセキュリティを有しているというのが特徴です。ウェブウォレットではセキュリティが心配、という方にはおすすめのウォレットだと言えます。

Ledger Nano Sとの連携は一瞬でできるほど簡単です!

Lunyr(LUN)の今後の将来性

これまで述べてきたように、Lunyr(LUN)はWikipediaのようなインターネット上の百科事典を目指している仮想通貨です。

Wikipediaはこれまでのかなりの情報の集積があるので、すぐにWikipediaを追い抜くということはないかと思いますが、記事に掲載される情報の質の高さを保証していくことで、いずれWikipediaと並ぶインターネット上の百科事典となる日が来るかもしれません。

また、Lunyr(LUN)は開発チームの動きが非常に活発で、開発状況がSNSなどで頻繁に更新されています。

開発されないまま消えていく仮想通貨も多い中で、この点においてLunyr(LUN)はとても好感の持てる仮想通貨だと言えます。今後も随時アップデートされていくようなので、今後の展開に大いに期待が持てるのではないでしょうか。開発チームの頑張りに期待したいものです。

仮想通貨Lunyr(ルーナー/LUN)まとめ

以上、仮想通貨Lunyr(LUN)についてみてきました。Lunyr(LUN)はインターネット上の百科事典を目指している仮想通貨で、Wikipediaと比較して様々な改善点がみられます。記事の執筆者やレビュワーにインセンティブが支払われる点、寄付ではなく広告収入で運営を図ろうとしている点などは非常にユニークな試みであると言えます。

何度か暴騰の経験があるLunyr(LUN)ですが、今後も継続して開発が行われ、アップデート等がされて更に内容が充実することによって、今よりも価格が上昇する可能性は十分に考えられます。チャートの動向にも要注意です。

次世代のWikipediaと謳われるLunyr(LUN)、一度覗かれてみてはいかがでしょうか。

R

(28)

Lunyr(LUN)のwebサイトを実際にみてみました。UIがとても綺麗で、とても見やすいレイアウトでした。何よりも記事の内容が面白い!とても興味深く充実したコンテンツが多いように感じました。Lunyr(LUN)、期待大です!

将来有望なLunyr(LUN)を購入するなら世界最大級の仮想通貨取引所のBinanceでの口座開設をしましょう!

Lunyr(LUN)以外にも将来有望な通貨を多く扱っているBinanceは無料で簡単に口座開設できるのでぜひこの機会に開設をおすすめします!

ThumbBinance(バイナンス)取引所の登録方法から口座開設までの使い方まとめ! | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

またこういった将来有望なアルトコインに投資をしたいのならHitBTCも持っておきたい取引所です!

同じく簡単に、しかも無料で口座開設できる取引所です!
ぜひこの機会に同時に口座開設をしましょう!

Binanceにない通貨も手に入れましょう!

ThumbHitBTC取引所の特徴・評判・手数料・購入方法(買い方)を解説! | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

Lunyr(LUN)以外の将来有望な通貨について詳しく知りたい方はこちら!

Thumb仮想通貨Syscoin(シスコイン/SYS)の特徴・チャート・購入方法(買い方)・取引所・将来性 | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]
Thumb仮想通貨DigixDAO(ディジックスダオ/DGD)の特徴・チャート・購入方法(買い方)・取引所・将来性 | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

徹底比較!2018年度版オススメ取引所ランキング


LINEで有力情報をゲット!
仮想通貨関連の注目サービスや海外ニュース、その他有力投資情報を配信!!


仮想通貨最新ニュース btcfeed line@

迷ったらまずこの取引所!初心者の人にオススメ取引所をご紹介!

安心・安全が一番!という人ならbitFlyer

bitFlyerは世界で最もセキュリティの高い取引所!

国内で唯一ハッキングへの補償もしている安心の取引所!

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

☛bitFlyerの口座開設方法はこちらで解説!

☛bitFlyerの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

取引するのに難しい操作が心配という人はGMOコイン

初心者の人でも簡単な操作で、リップルなどの人気仮想通貨が購入可能!

運営企業も上場企業の子会社で運営面も安心!

☛GMOコインの口座開設方法はこちらで解説!

☛GMOコインの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

仮想通貨取引をしているなら持っておくべき取引所!

人気アルトコインの購入なら手数料無料のbitbank!

人気のリップル(Ripple/XRP)を手数料無料で購入ができる!

リップル以外のアルトコイン手数料も無料!

☛bitbankの口座開設方法はこちらで解説!

☛bitbankの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

手数料の安さぶっちぎり!Zaif!

日本の取引所で手数料が最もお得な取引所!

ビットコインは取引すればするほどビットコインをもらえる!

海外取引所を利用するならZaifでのビットコイン購入がおすすめ!!

☛Zaifの口座開設方法はこちらで解説!

☛Zaifの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

人気通貨を唯一レバレッジ取引できるDMM Bitcoin

人気のリップルとネム、ライトコイン等を唯一レバレッジ取引できる!

レバレッジ取引も安心してできる仕組みを取り入れていて安心!

☛DMM Bitcoinの口座開設方法はこちらで解説!

☛DMM Bitcoinの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

関連するまとめ

仮想通貨取引所ランキング

  • No.1bitFlyer(ビットフライヤー)
    Bitflyerビットフライヤーは私もビットコイン取引で頻繁に使っている取引所の一つです!ビットフライヤーのおすすめポイント3つ!
    • ビットコイン取引日本一の使いやすさ!
    • 手数料が安い
    • 保障もあり安心の取引所
    ビットフライヤーの公式サイトはこちら!
  • No.2Zaif(Zaif)
    Zaifザイフは初心者に優しく日本で一番最初にできた仮想通貨取引所です!ザイフのおすすめポイント3つ!
    • 手数料安さ日本一!
    • 独自のサービスで魅力満点!
    • 老舗の信頼できる取引所!
    ザイフの公式サイトはこちら!
  • No.3GMOコイン
    GmoGMOコインは上場企業のグループ会社で安心の取引所です!初心者の簡単にお得に利用ができます!
    • 手数料が安く操作も簡単!
    • 上場会社のグループで安心!
    • FX取引はアプリでもできる!
    GMOコイン公式サイトはこちら!

管理人について

Widget1
仮想通貨のバブルに乗ってミリオネアを目指す26歳の仮想通貨トレーダーです。国立大学を卒業し総合系コンサル会社に入社→仮想通貨にハマり2年で退職し仮想通貨投資暦2年
50万の初期投資から貯金1200万(※2017年11月現在)
元々はフィンテック関連企業のアサイン経験からブロックチェーンの勉強をし、途中から投資を始めました。情弱だったことから起きた個人的な失敗談や、技術的な話を理解せずに投資をする友人達の失敗を見て本当に必要な情報を初心者〜中/上級者の方に向けて発信して行こうと思います。
僕が使っている取引所/トレード・保有してるコイン/参加したICOはこちら!

管理人のツイート

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ
Bitflyer side