仮想通貨Request Network(リクエストネットワーク/REQ)の特徴・チャート・購入方法(買い方)・取引所・将来性

仮想通貨Request Network(REQ)の特徴とチャート上の価格動向、取引所での購入方法についてまとめました。仮想通貨Request Network(REQ)は海外取引所でしか購入出来ない通貨であり、最近の価格チャートでの動きも芳しくありません。

仮想通貨Request Network(リクエストネットワーク/REQ)の特徴・チャート・購入方法(買い方)・取引所・将来性のイメージ

目次

  1. 1仮想通貨Request Network(リクエストネットワーク/REQ)とは?
  2. 2Request Network(REQ)の特徴
  3. 3Request Network(REQ)の相場チャート・価格推移
  4. 4Request Network(REQ)が購入できる取引所一覧
  5. 5Request Network(REQ)の購入方法の手順
  6. 6Request Network(REQ)のおすすめウォレット
  7. 7Request Network(REQ)の今後の将来性
  8. 8現状は仮想通貨を取り巻く環境が厳しく影響を受けやすい
  9. 9仮想通貨Request Network(REQ)まとめ
  10. 10この記事を読んだ人はこちらも読んでます
LINEで情報をゲット!
仮想通貨関連の注目サービスや海外ニュース、その他投資情報を配信!!


仮想通貨最新ニュース btcfeed line@

当サイトで人気の仮想通貨取引所ランキング!
まだ一つしか取引所を持っていない人は必ず複数に登録をして安全に取引をしましょう!
【1位】Zaif(ザイフ)

取引手数料の安さNO.1!本サイト1番のオススメ取引所!

【2位】bitFlyer(ビットフライヤー)

ビットコイン取引量、国内ユーザー数が日本一の信頼できる取引所!

【3位】GMOコイン

初心者の人に1番おすすめ!簡単に取引ができて、しかも手数料も超お得!

【当サイトで今一番人気!】QUOINEX

人気のリップルとネムを両方を日本で唯一現物取引できる取引所!注目のQASHも取引できる!

【今大注目!】DMM Bitcoin

日本で世界で注目のアルトコインを唯一レバレッジ取引できる大注目の取引所!

※【注意】絶対に複数取引所に登録して資産を分散しておきましょう!資産を失うリスクがあります!

仮想通貨Request Network(リクエストネットワーク/REQ)とは?

仮想通貨Request Network(リクエストネットワーク/REQ)とは、イーサリアム(ETH)のスマートコントラクトのテクノロジーを活用した非中央集権型で且つ決済特化型のプラットフォームになります。

仮想通貨Request Network(リクエストネットワーク/REQ)では、クレジットカードや楽天Edyのような仲介者を経由せずに直接相手方に決済の請求が出来る利点を持っています。

仮想通貨Request Network(リクエストネットワーク/REQ)の概要と基本情報についてご紹介して行きます!


とその前に、Request Networkは海外の仮想通貨取引所でしか購入することができないので国内取引所でビットコインを購入する必要があります。

Request Networkの購入を検討中の方はまず、国内の取引所でも口座開設をしておきましょう。

国内の取引所でのお勧めはzaifです。zaifは取引手数料が日本で一番お得なので、海外取引所で取引をするなど仮想通貨の取引を頻繁に行なっていきたいという人は、ぜひ口座開設をしておきたい取引所です。

Thumbzaifの口座開設からビットコインの入金・買い方まとめ | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

仮想通貨Request Network(REQ)の概要

仮想通貨Request Network(リクエストネットワーク/REQ)の概要は、以下の表の通りになります。

  Request Network(リクエストネットワーク/REQ)
発行日 2017年8月31日
名称 Request Network(REQ)
流通量 約6億4000万枚
上限 約10億枚
開発者 不明
時価総額 約174億円(2/7現在)
価格 約27円(2/7現在)

仮想通貨Request Network(リクエストネットワーク/REQ)は、取引所などの取引市場への流通枚数が約6億4000万枚ほどになっており、発行上限枚数は約10億枚に設定されています。

Request Network(リクエストネットワーク/REQ)は発行上限枚数が設定されていますので、価値が極端に希薄化する恐れが低い通貨と言えます。

仮想通貨Request Network(REQ)の基本情報

仮想通貨Request Network(リクエストネットワーク/REQ)は、時価総額ランキングで約100位以内にランクインしている仮想通貨です。

2月7日現在の時価総額ランキングでは98位にランクインし、時価総額の金額は約174億円になっています。

仮想通貨Request Network(リクエストネットワーク/REQ)は、イーサリアム(ETH)と同じアルゴリズムを採用している仮想通貨になります。

その為、マイニング形式はPoW形式になっており、今後イーサリアム(ETH)がPoS形式に移行次第、仮想通貨Request Network(リクエストネットワーク/REQ)もPoS形式に移行する予定になっています。

Request Network(REQ)の特徴

仮想通貨Request Network(リクエストネットワーク/REQ)の特徴について、何点かご紹介して行きます。

オンライン決済

仮想通貨Request Network(リクエストネットワーク/REQ)では、クレジットカード会社のような第三者機関に自身の個人情報や銀行の預金口座情報を提供する事なく、オンライン上で決済する事が可能です。

更に仮想通貨Request Network(リクエストネットワーク/REQ)の決済では、オンライン決済でありながら手数料が徴収されないメリットもあり、最安コストでオンライン決済が利用できる特徴があります。

請求書の発行と共有

仮想通貨Request Network(リクエストネットワーク/REQ)では、Request Network(リクエストネットワーク/REQ)が有するブロックチェーンへ決済に必要な情報をインプットしますので、請求書の発行が即座に出来る特徴があります。

更にブロックチェーン上の請求書の情報を共有し、前払いや延滞料等のオプションも付ける事が可能で、様々なバリエーションでの請求が可能です。

監査と会計の自動化

仮想通貨Request Network(リクエストネットワーク/REQ)においては、会計データが自動的に行われる特徴があり、会計作業が大幅に削減されるメリットがあります。

更に、Request Network(リクエストネットワーク/REQ)のブロックチェーンに書き込まれた情報を見るだけで会計データが即時にわかりますので、監査業務も大幅に削減される利点があります。

IoTへの応用が可能

仮想通貨Request Network(リクエストネットワーク/REQ)においては、IoTの決済情報を応用して対応する事が可能な特徴があります。

IoTはインターネットに繋がったマシンの事を指し、Request Network(リクエストネットワーク/REQ)ではこれらのマシンを活用して利用されたサービス等に対して、請求書を発行して決済する事が可能になります。

これによって、コンピュータだけでなくインターネットのネットワークに繋がったどんなマシンでもRequest Network(リクエストネットワーク/REQ)の決済が出来ますので、対応できる範囲が極めて広い特徴があるのです。

透明性

仮想通貨Request Network(リクエストネットワーク/REQ)では、非中央集権型のプラットフォームである為、透明性が非常に高い特徴もあります。

Request Network(リクエストネットワーク/REQ)での決済、請求所発行及び会計はRequest Network(リクエストネットワーク/REQ)のブロックチェーンで行われる為、取引を行う度にブロックチェーンに記録されます。

更にブロックチェーンでは、取引の記録が全世界に公開されている為、取引記録を改ざんしたり等の不正が非常に難しく、簡単には不正利用されないメリットもあります。

この点から、Request Network(リクエストネットワーク/REQ)は透明性が高いと言える要因になっています。

Request Network(REQ)の相場チャート・価格推移

Request Network(リクエストネットワーク/REQ)の相場推移や価格チャートは、どのような動きになっているのでしょうか。

Request Network(リクエストネットワーク/REQ)の最近の価格チャートについて解説します。

最近のRequest Network(REQ)の価格チャートは下落が止まらない

ここ最近のRequest Network(リクエストネットワーク/REQ)の価格チャートは、1月10日以降価格の下落に歯止めが掛からずチャート上の下落トレンドが進行している状態になっています。

この価格チャートで下落トレンドが進行している要因として、全世界で仮想通貨に対して規制をする動きが強まっている事が挙げられます。

特にヨーロッパや中国・韓国等で仮想通貨に対する厳しい規制の動きが出ており、特に中国と韓国では仮想通貨に対して厳しい取り締まりを行う方針である事を発表しています。

このような規制の動きによって仮想通貨取引所等の取引市場から資金が流失する現象が続いており、Request Network(リクエストネットワーク/REQ)もこの影響を大きく受け、価格チャート上の下落トレンドに繋がっていると考えられます。

Request Network(REQ)が購入できる取引所一覧

現在、国内取引所で仮想通貨Request Network(リクエストネットワーク/REQ)が購入できる取引所はありません。

その為、仮想通貨Request Network(リクエストネットワーク/REQ)を購入する場合、海外取引所でRequest Network(リクエストネットワーク/REQ)を購入する形になります。

海外取引所で仮想通貨Request Network(リクエストネットワーク/REQ)を購入出来る取引所は、下記の取引所になります。

  • Binance
  • KuCoin
  • Liqui

上記の取引所以外は、Request Network(リクエストネットワーク/REQ)の購入が現在出来ませんので注意して下さい!

この中でもお勧めの取引所はBinanceです。

Binanceは日本人ユーザーも多い取引所として有名で、英語表記ですが取引画面が簡単なので、直感的に操作をすることができます。
また、取引手数料もBinance coinを使えば、0.05%ととても安いのも特徴です

Request Network(REQ)の購入方法の手順

Request Network(リクエストネットワーク/REQ)の購入方法の手順について解説していきます。

Request Network(リクエストネットワーク/REQ)は海外取引所でしか購入出来ない為、日本円をビットコインに変えて購入する必要があります。

国内取引所で日本円でビットコインを買う

今回は、国内取引所Zaifを利用してビットコインを購入する手順についてご紹介します。

まずZaifでの自身アカウントにログインを行い、トップページの真ん中部分にあるBTCを買う「簡単売買」の項目をクリックします。

そうするとBITCOIN簡単売買の画面に切り替わりますので、BITCOINの買い価格の項目に購入したいビットコインの数量を入力するか、もしくは日本円の設定金額に日本円で購入したい金額を入力します。

入力内容に問題が無ければ、下部の「BITCOINを買う」ボタンをクリックして下さい。

これでビットコインの購入手続きは完了です。

Binanceへビットコインを送金

今度は、購入したビットコインを海外取引所Binanceへ送金する方法についてご紹介します。

最初に画面右上の「アカウント」の項目をクリック。

次に下の方へスクロールすると入出金と履歴の項目がありますので、その項目内にあるビットコインのアイコンをクリック!

そうするとビットコインの入出金と履歴のページに画面が変わりますので、その中にある出金と言う項目をクリックして下さい。

最後にビットコインの送金画面に切り替わります。出金アドレスにBinanceのビットコイン入金アドレス、出金金額に送金するビットコインの数量、出金手数料にビットコインで支払う出金手数料を入力。

2段階認証トークンでは、2段階認証用のアプリを開いてZaifの6ケタの番号を入力して下さい。入力内容に問題が無ければ、下部の出金ボタンをクリックします。

これで海外取引所Binanceへビットコインを送金する方法は完了です。
 

BinanceでRequest Network(REQ)を購入

Binanceで仮想通貨Request Network(リクエストネットワーク/REQ)を購入する方法は、下記の方法の通りになります。

①始めにBinanceの自身のアカウントにログインし、画面左上のExchangeにカーソルを合わせる。そうすると、下部にBasicの項目が出現するのでそちらをクリック。

②画面左側にBTCでの取り扱い通貨一覧の項目があるので、その中のREQ/BTCをクリック。

③画面中央のBuy REQの項目でPriceにRequest Networkを購入したい価格、Amountに購入するRequest Networkの数量を入力。Totalにビットコインでの購入金額が表示されるので、問題が無ければ「Buy REQ」をクリック。

これでRequest Network(リクエストネットワーク/REQ)を購入する方法は完了です。

moriguchi

(30)

仮想通貨Request Network(リクエストネットワーク/REQ)の購入の仕方は難しくなく、海外取引所でアルトコインを購入した方ならサクっと購入する事が出来るでしょう。また海外取引所を利用した事が無い方でも、購入方法を一つ一つしっかり行えば購入する事が出来ます!

Request Network(REQ)のおすすめウォレット

Request Network(リクエストネットワーク/REQ)の保管におすすめなウォレットとして、My Ether Walletがおすすめです。

My Ether Walletは、イーサリアム(ETH)やイーサリアム系のトークンを保管できるウォレットです。

また、My Ether Walletは日本語にも対応していますので、わざわざ英語を日本語に翻訳する事無く、スムーズに且つ簡単に利用出来るようになっています。ブラウザがある端末ならパソコンだけでなくスマホからでもMy Ether Walletを利用する事が出来ます。

ただ、この方法だと、取引所に保管するよりは安全ですが、
オンラインにある以上ハッキングのリスクは0ではありません。

ですから、My Ether Walletを使用する場合はハードウォレットを併用するのをお勧めします。
ハードウォレットでは
Ledger Nano Sがおすすめです

Ledger Nano Sはビットコインやイーサリアム系の多くの仮想通貨に対応していて安全性も抜群です。

しかし、最近Ledger Nano Sを改造してハッキングできるようにして販売する悪徳業者もいるという話も聞きますので、公式の販売店での購入を強くお勧めします

Request Network(REQ)の今後の将来性

Request Network(リクエストネットワーク/REQ)の今後の将来性についてご紹介します。

Request Network(リクエストネットワーク/REQ)の将来性は環境次第?

Request Network(リクエストネットワーク/REQ)の今後の将来性は、仮想通貨を取り巻く環境が現状よりも良くなるかによって大きく変動する可能性があります。

Request Network(リクエストネットワーク/REQ)自体は、決済処理や会計業務とブロックチェーンを併せた魅力的なものであり、支援するスポンサーが出現すれば価格が上向く可能性があります。

しかしその為には、現状の仮想通貨市場に対しての世界的な厳しい規制の動きが変わり、仮想通貨を取り巻く環境を改善する事が不可欠です。

現状は仮想通貨を取り巻く環境が厳しく影響を受けやすい

2018年2月上旬の現状の環境では、仮想通貨の市場が非常に冷え込んでおり、その影響下のままではRequest Network(リクエストネットワーク/REQ)の将来性が明るくなる可能性が低くなります。

つまり仮想通貨全体の環境が良くなければ、幾ら良い技術を有していたとしても世間に注目されるようにならず、利用が低迷したり開発の進捗が進まない可能性もあるのです。

しかし逆に考えれば、仮想通貨の市場が活発になりさえすれば、システムとしてとても使い勝手がよいRequest Network(リクエストネットワーク/REQ)は今後企業などに実際に利用されていき、価値が上がってくる可能性は高いと思います。

Request Network(リクエストネットワーク/REQ)の将来性と、今後の価格の値動きについては、仮想通貨を取り巻く環境に注視する必要はありますが、そんなに暗いものではない気がします。

仮想通貨Request Network(REQ)まとめ

仮想通貨Request Network(リクエストネットワーク/REQ)の特徴・購入方法・将来性などについてご紹介しました。

現状は、仮想通貨に対する厳しい眼差しによって難しい状況にある仮想通貨Request Network(リクエストネットワーク/REQ)。

しかし、オンライン決済を行う企業に置いて、このシステムは費用や時間の大幅な短縮に繋がる大変魅力的なものでしょうから、どこか大手の企業がRequest Networkを採用することになれば、大きく化ける可能性は高いですね。

市場環境や各国政府の動きを注視して行く必要はあると思いますが、長期的に見たら価格が下がっている今、買いの仮想通貨であるように思います。

「Request Networkの魅力はわかったけれども、海外の仮想通貨取引所はやっぱりまだちょっと」という方は、まずは国内でも将来性有望なコインを揃えているzaifで取引を初めてみてはいかがでしょうか?

zaifは定番のビットコイン、イーサリアムといったコインから、本社テックビューロがICOを行なったCOMSAを始め、将来性を感じる個性的なコインまで取り扱っています。

この記事を読んだ人はこちらも読んでます

Thumbビットコインのこれまでの価格下落の歴史は?今回の下落はどれほど続く? | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]
ThumbCryptoBridge(クリプトブリッジ)の使い方と登録方法!分散型取引所(DEX)とは? | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

徹底比較!2018年度版オススメ取引所ランキング


LINEで有力情報をゲット!
仮想通貨関連の注目サービスや海外ニュース、その他有力投資情報を配信!!


仮想通貨最新ニュース btcfeed line@

迷ったらまずこの取引所!初心者の人にオススメ取引所をご紹介!

安心・安全が一番!という人ならbitFlyer

bitFlyerは世界で最もセキュリティの高い取引所!

国内で唯一ハッキングへの補償もしている安心の取引所!

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

☛bitFlyerの口座開設方法はこちらで解説!

☛bitFlyerの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

取引するのに難しい操作が心配という人はGMOコイン

初心者の人でも簡単な操作で、リップルなどの人気仮想通貨が購入可能!

運営企業も上場企業の子会社で運営面も安心!

☛GMOコインの口座開設方法はこちらで解説!

☛GMOコインの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

仮想通貨取引をしているなら持っておくべき取引所!

人気アルトコインの購入なら手数料無料のbitbank!

人気のリップル(Ripple/XRP)を手数料無料で購入ができる!

リップル以外のアルトコイン手数料も無料!

☛bitbankの口座開設方法はこちらで解説!

☛bitbankの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

手数料の安さぶっちぎり!Zaif!

日本の取引所で手数料が最もお得な取引所!

ビットコインは取引すればするほどビットコインをもらえる!

海外取引所を利用するならZaifでのビットコイン購入がおすすめ!!

☛Zaifの口座開設方法はこちらで解説!

☛Zaifの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

人気通貨を唯一レバレッジ取引できるDMM Bitcoin

人気のリップルとネム、ライトコイン等を唯一レバレッジ取引できる!

レバレッジ取引も安心してできる仕組みを取り入れていて安心!

☛DMM Bitcoinの口座開設方法はこちらで解説!

☛DMM Bitcoinの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

関連するまとめ

仮想通貨取引所ランキング

  • No.1bitFlyer(ビットフライヤー)
    Bitflyerビットフライヤーは私もビットコイン取引で頻繁に使っている取引所の一つです!ビットフライヤーのおすすめポイント3つ!
    • ビットコイン取引日本一の使いやすさ!
    • 手数料が安い
    • 保障もあり安心の取引所
    ビットフライヤーの公式サイトはこちら!
  • No.2Zaif(Zaif)
    Zaifザイフは初心者に優しく日本で一番最初にできた仮想通貨取引所です!ザイフのおすすめポイント3つ!
    • 手数料安さ日本一!
    • 独自のサービスで魅力満点!
    • 老舗の信頼できる取引所!
    ザイフの公式サイトはこちら!
  • No.3GMOコイン
    GmoGMOコインは上場企業のグループ会社で安心の取引所です!初心者の簡単にお得に利用ができます!
    • 手数料が安く操作も簡単!
    • 上場会社のグループで安心!
    • FX取引はアプリでもできる!
    GMOコイン公式サイトはこちら!

管理人について

Widget1
仮想通貨のバブルに乗ってミリオネアを目指す26歳の仮想通貨トレーダーです。国立大学を卒業し総合系コンサル会社に入社→仮想通貨にハマり2年で退職し仮想通貨投資暦2年
50万の初期投資から貯金1200万(※2017年11月現在)
元々はフィンテック関連企業のアサイン経験からブロックチェーンの勉強をし、途中から投資を始めました。情弱だったことから起きた個人的な失敗談や、技術的な話を理解せずに投資をする友人達の失敗を見て本当に必要な情報を初心者〜中/上級者の方に向けて発信して行こうと思います。
僕が使っている取引所/トレード・保有してるコイン/参加したICOはこちら!

管理人のツイート

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ
Bitflyer side