仮想通貨MaidSafeCoin(メイドセーフコイン)の特徴・チャート・購入方法(買い方)・取引所・将来性

仮想通貨MaidSafeCoinをご存知でしょうか?MaidSafeCoinはP2Pネットワークを使った非中央集権型の仮想通貨です。こちらの記事では購入可能な取引所や国内取引所を利用しての購入方法・全期間のチャート変遷解説・将来のチャート予測を行います!

仮想通貨MaidSafeCoin(メイドセーフコイン)の特徴・チャート・購入方法(買い方)・取引所・将来性のイメージ

目次

  1. 1仮想通貨MaidSafeCoin(メイドセーフコイン)とは?
  2. 2仮想通貨MaidSafeCoinの特徴
  3. 3Maidsafe CCPとは?
  4. 4仮想通貨MaidSafeCoinの相場チャート・価格推移
  5. 5仮想通貨MaidSafeCoinが購入できる取引所一覧
  6. 6仮想通貨MaidSafeCoinの購入方法の手順
  7. 7MaidSafeCoinのウォレットアプリ
  8. 8MaidSafeCoinの今後の将来性
  9. 9仮想通貨MaidSafeCoin(メイドセーフコイン)まとめ
  10. 10この記事を読んだ人はこちらも読んでいます
当サイトで人気の仮想通貨取引所ランキング!
まだ一つしか取引所を持っていない人は必ず複数に登録をして安全に取引をしましょう!
【1位】Zaif(ザイフ)

取引手数料の安さNO.1!本サイト1番のオススメ取引所!

【2位】bitFlyer(ビットフライヤー)

ビットコイン取引量、国内ユーザー数が日本一の信頼できる取引所!

【3位】GMOコイン

初心者の人に1番おすすめ!簡単に取引ができて、しかも手数料も超お得!

【当サイトで今一番人気!】QUOINEX

人気のリップルとネムを両方を日本で唯一現物取引できる取引所!注目のQASHも取引できる!

【今大注目!】DMM Bitcoin

日本で世界で注目のアルトコインを唯一レバレッジ取引できる大注目の取引所!

※【注意】絶対に複数取引所に登録して資産を分散しておきましょう!資産を失うリスクがあります!

仮想通貨MaidSafeCoin(メイドセーフコイン)とは?

仮想通貨MaidSafeCoinの概要

MaidSafeCoin(メイドセーフコイン)は販売から5時間で600万ドル(6億円相当)のコインが売れた世界的に注目されている仮想通貨です。日本ではまだ知名度が低いですがMaidSafeCoin(メイドセーフコイン)未来を担う仮想通貨の一つです。

MaidSafeCoin(メイドセーフコイン)は未来のP2Pシステムの資金集めの役割を持っています。高いセキュリティを持った画期的な分散型システム「SAFE Network」の開発はAlpha1が完了しています。

MaidSafeCoin(メイドセーフコイン)を買うにはビットコインが必要です。まずは国内の取引所でビットコインを購入しましょう。
ビットコインの購入なら手数料が日本一お得なzaifがおすすめです。

Thumbzaifの口座開設からビットコインの入金・買い方まとめ | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

仮想通貨MaidSafeCoinの基本情報

 
  MaidSafeCoin(メイドセーフコイン)
名称 MAID
発行日 2014年4月
上限 43億万MAID
承認システム PoR(proof of resource)
発行元 MaidSafe社

Maidsafeとは?

クラウド上にデータを保存することができるDropboxというオンラインサービスがありますが、MaidsafeはP2P型のDropboxと言われています。MaidSafeCoin(メイドセーフコイン)は個人のパソコンどうしでデータの保存が出来るようになっています。

Maidsafeはデータを保存するだけではなくアプリ開発やシステム開発などが可能になる事を目指しています。将来的にCPUなど、パソコン・スマホそのものが持っている能力全てを共有できる事を目標にしています。

仮想通貨MaidSafeCoinの特徴

第三者のアクセスにアクセス権の要求が可能

今までのクラウドサービスではパスワードを設定しても運営会社や第三者から見られてしまう可能性がありました。Maidsafe(メイドセーフ)を利用すると第三者による閲覧を制限することが可能になります。

Maidsafe(メイドセーフ)では第三者がデータにアクセスしようとしたときに「アクセス権」を要求することができます。利用者であるあなたが許可をしない限りパスワードを他人に知られることはないし、運営や第三者からあなたのデータを見られることはありません。

自己暗号化による

ネットワーク上にファイルをアップロードすると「自己暗号化」と呼ばれる手順を踏んで情報がばらばらに分散されます。データはMaidSafe(メイドセーフ)利用者のPCの中に暗号化されてランダムに分散されます。

アップロードした人以外はデータを見ることができなくなります。情報を書き換えられたり盗まれたりしないという利点があります。

データが分散して格納されているため、ハッキングに強い

アップロードしたデータはコピーして分散されます。個人のスマホやPCの中に暗号化されて保存される形式なので、ハッカーにとってはとても侵入し辛いものとなります。

データが分散される(中心部が存在していない)ため、ハッカーがターゲットとして選べる場所がなくなります。ハッキングにとても強く安全な仕組みになっています。

不要に重複しているデータは自動削除される

ファイルのコピー数は制限されているので、重複したファイルがあれば自動的に削除される仕組みになっています。同じファイルがアップロードされた時に不要なデータは削除されます。

Maidsafe CCPとは?

Maidsafe CCP目的と特徴

CCPは「MaidSafeCoin(メイドセーフコイン)を注目してもらうため」「コインペイメンツ(CoinPayments)のウォレットを普及させるため」に作られたシステムと言われていますが詳細は不明です。MadeSafeとコインペイメンツの共同会社と言われていましたが当サイトにこのような情報が入ってきました。

元CCP利用者

(48歳)

CCP社はメイドセーフとセントコインと「良好な関係を築いている」というだけで正式な共同会社ではないようです。情報系サイトではよく正式な共同会社であるようなニュアンスで書かれていますがCCP社に関しては怪しいと感じました。海外の仮想通貨は情報が不確かであることが多いです。ご利用の際はよく確認されることをおすすめします。


誰でも参加できるものではなく、完全紹介制となっており現在CCP社の会員になっている人からの紹介がなければ参加はできません。日本にもCCP会員がおり、ブログ上にLINEアドレスなどを載せており会員希望者がいれば受け付けているようです。

出資から出金までの流れを解説

CCPでは最低300ドルから最大2700ドルまでの価格で投資が可能です。作成可能アカウント数は最大20までとされています。

購入者が増えれば価格が上昇し、購入者を紹介すると紹介した人の利益も一部配分される仕組みになっているようです。出資の簡単な流れは下記のようになっています。

①セントシードを購入
セントシードというセントコインを購入するための「種」を最初に購入します。この時に80%をセントシード・10%がMaidSafeCoin(メイドセーフコイン)・10%がCCPへの手数料に変換されます。

②セントコインを購入
セントコインは0.2ドルスタートで価格が上昇し、0.4ドルに価格が上がると「分割」を行い再び0.2ドルに価格が戻ります。これを繰り返し、0.2ドルの価格が安い時にセントコインを購入すると利益が得られるといわれています。

③セントコインでセントフルーツを購入
セントフルーツを購入すると60%がビットコイン・30%がセントルート・10%がCCPへの手数料に変換されます。

④セントフルーツを売却してビットコインにする
コインペイメンツのウォレットからビットコインを出金します。

仮想通貨MaidSafeCoinの相場チャート・価格推移

MaidSafeCoin(メイドセーフコイン)のチャートが確認できる場所

MaidSafeCoin(メイドセーフコイン)のチャートはPoloniex(ポロニエックス)などの取り扱い取引所で確認することができます。その他では「CryptoCurrencyMarket」「CoinGecko」などから閲覧することも可能です。

全期間のチャート

仮想通貨MaidSafeCoin(メイドセーフコイン)の過去3年間のチャート画面です。2014年スタート時には価格が日本円で1~2円を推移していました。

2016年の上昇期の煽りを受け、MaidSafeCoin(メイドセーフコイン)の価格も上昇を見せました。価格が60倍になり1MAID60円に上昇しました!

2018年1~2月のチャート

1月末日で75円を記録しましたが現在は下がり調子です。2月現在の価格は42円です。日中の値幅が4~9円になっています。

現在の時価総額は90位前後を推移しています。下がり調子なので買い時かもしれません。

仮想通貨MaidSafeCoinが購入できる取引所一覧

国内で購入できる取引所

国内取引所ではMaidSafeCoin(メイドセーフコイン)を取り扱っていません。

ですからMaidSafeCoin(メイドセーフコイン)は海外の取引所で購入するようになりますが、国内取引所でビットコインを購入して海外の取引所に送金という方法をとる必要があります。

手数料が安さで国内取引所利用はZaif(ザイフ)がおすすめです!登録がまだでしたら先にZaif(ザイフ)へ登録してみましょう!

ThumbZaif(ザイフ)のアカウント登録から口座開設までの方法【キャンペーン情報記載】 | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]
Thumbzaif(ザイフ)の手数料・特徴・評判は?他取引所と徹底比較! | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

海外で購入できる取引所

MaidSafeCoin(メイドセーフコイン)は海外の仮想通貨取引所で販売されています。公式で購入を推奨している取引所は以下の6つです。
 

  • Poloniex(ポロニエックス)
 
  • Bittrex(ビットトレックス)
 
  • HitBit(ヒットビット)
 
  • Livecoin(ライブコイン)
 
  • 元宝网
 
  • curex(キュアックス)

この中でもMaidSafeCoin(メイドセーフコイン)の取引量が多いのはPoloniex(ポロニエックス)です。世界最大の取引所なので他の取り扱い通貨の種類も豊富です。

次の項目からPoloniex(ポロニエックス)を使った購入方法を説明していきます!

ThumbPoloniex(ポロニエックス)とは?特徴と評判を徹底解説! | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]
ThumbPoloniex(ポロニエックス)の取り扱い仮想通貨一覧!国内取引所と比較 | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

仮想通貨MaidSafeCoinの購入方法の手順

国内取引所で日本円でビットコインを購入

MaidSafeCoin(メイドセーフコイン)は日本円では購入できません。購入可能な他の通貨を国内取引所で用意しましょう。

ここではZaif(ザイフ)でビットコインを購入しました。販売所でビットコインを購入して用意が完了です!

Thumbzaif(ザイフ)の日本円の出金方法・手数料・時間などを詳しく解説! | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

Poloniex取引所へビットコインを送金

国内取引所で購入したビットコインを海外の取引所Poloniex(ポロニエックス)へ送金します。ログイン後メニュー画面右上の「BALANCES」タブ内の「DEPOSITS&WITHDRAWALS」をクリックしてください。

「BALANCES, DEPOSITS & WITHDRAWALS」と書かれたページが表示され様々なコインの一覧が表示されます。この一覧からMaidSafeCoin(メイドセーフコイン)を絞り込み検索しましょう。

①画面右上の検索ボックスに「MAID」と入力します
②検索結果にMaidSafeCoin(メイドセーフコイン)が表示されます。
「Deposit」をクリックしましょう!送金アドレスが表示されます。

Zaif(ザイフ)取引所の入出金メニューから「ビットコイン」→「出金」の順にクリックします。出金アドレス欄に先ほどPoloniex(ポロニエックス)で表示されたMaidSafeCoin(メイドセーフコイン)の送金用アドレスを入力しましょう。暫くするとZaif(ザイフ)からPoloniex(ポロニエックス)取引所への送金が完了します。

MaidSafeCoin(メイドセーフコイン)のチャート画面を呼び出す

再びPoloniex(ポロニエックス)取引所画面に戻ります。初期状態では別の通貨のチャート画面なので絞込検索でMaidSafeCoin(メイドセーフコイン)のチャート画面を呼び出します。

画面右上の検索ボックスに「MAID」と入力してエンターキーを押してください。自動的にMaidSafeCoin(メイドセーフコイン)のチャート画面が表示されます。

Poloniex取引所でMaidSafeCoinを購入(チャート画面下部)

チャートの下部にMaidSafeCoin(メイドセーフコイン)購入画面があります。売り板と買い板が並んでおり、購入方法は国内の取引所と同じでした。

ThumbPoloniex(ポロニエックス)の入金は遅い?入金方法と時間を解説! | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]
ThumbPoloniex(ポロニエックス)の送金(出金)は遅い?送金方法を解説! | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

MaidSafeCoinのウォレットアプリ

Coinpayments(コインペイメンツ)

セントコインを保存する際にもこのウォレットを使用するようです日本語対応のアプリなので分かりやすいです。
 
OmniWallet(オムニウォレット)

OmniWallet(オムニウォレット)は海外のオンラインウォレットです。メイドセーフコインをビットコインアドレスに直接保存することができます

MaidSafeCoinの今後の将来性

MaidSafeCoin(メイドセーフコイン)はSafeCoinへ交換するための通貨

MaidSafeCoin(メイドセーフコイン)は現在もシステムを開発中で、現在は一つ目のシステムが完成しています。将来的にシステム名がMadSafe(メイドセーフ)、使用される通貨がSafeCoin(セーフコイン)になります。

MadeSafeシステムを稼働させるために43億枚のMaidSafeCoin(メイドセーフコイン)の発行が必要です。このMaidSafeCoin(メイドセーフコイン)は将来発行されるSafeCoin(セーフコイン)と交換するための通貨になっています!

MaidSafeが目指しているのは巨大なクラウドコンピューター

MaidSafeシステムのみんなのパソコンやスマホ端末をつなぎ、CPUやハードディスクの機能を共有して巨大なクラウドコンピューターになることが目標です。

現在の私たちのパソコンは中央集権型のネットワークと呼ばれています。たとえばグーグルで検索するときに私たちは自分のパソコンからグーグルの巨大なサーバーにアクセスします。


このように中心に大きなネットワークがあって個人個人でアクセスする形になっていますが将来のインターネットはMaidSafe(メイドセーフ)システムの目指しているような個人のコンピューターの能力でつながりあうクラウドコンピューターであるといわれています。

仮想通貨MaidSafeCoin(メイドセーフコイン)まとめ

日本ではあまり馴染みにない名前のMaidSafeCoin(メイドセーフコイン)ですが、将来巨大なクラウドコンピューターを目指していて、投機目的としても価格の上昇を期待されている仮想通貨です。

ただ、今のところ使い道のないコインですので、このコインが本当に価値が上がっていくかは今後の開発次第のところはあります。

将来性はあるコインだとは思いますが、まだ情報も少なく不確かなところも多いコインですので、投機目的ではなく、将来性を買っているんだ、という方にはおすすすめできますが、もう少し堅実な仮想通貨の方がいいかなという方には、国内の取引所で購入できるような安定したコインをおすすめします。

セキュリティがしっかりしていて、メジャーなコインを取り揃えているビットフライヤーなどをのぞいて見てはいかかでしょうか。

ThumbbitFlyerの口座開設からビットコインの入金・買い方まとめ | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

この記事を読んだ人はこちらも読んでいます

ThumbIOTA(アイオータ)が世界トップクラスのドイツ企業から出資!さらに今後の飛躍に注目! | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]
ThumbADA(エイダ)コインのBittrexでの購入(買い方)方法と売却方法を解説! | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

徹底比較!2018年度版オススメ取引所ランキング

迷ったらまずこの取引所!初心者の人にオススメ取引所をご紹介!

安心・安全が一番!という人ならbitFlyer

bitFlyerは世界で最もセキュリティの高い取引所!

国内で唯一ハッキングへの補償もしている安心の取引所!

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

☛bitFlyerの口座開設方法はこちらで解説!

☛bitFlyerの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

取引するのに難しい操作が心配という人はGMOコイン

初心者の人でも簡単な操作で、リップルなどの人気仮想通貨が購入可能!

運営企業も上場企業の子会社で運営面も安心!

☛GMOコインの口座開設方法はこちらで解説!

☛GMOコインの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

仮想通貨取引をしているなら持っておくべき取引所!

人気アルトコインの購入なら手数料無料のbitbank!

人気のリップル(Ripple/XRP)を手数料無料で購入ができる!

リップル以外のアルトコイン手数料も無料!

☛bitbankの口座開設方法はこちらで解説!

☛bitbankの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

手数料の安さぶっちぎり!Zaif!

日本の取引所で手数料が最もお得な取引所!

ビットコインは取引すればするほどビットコインをもらえる!

海外取引所を利用するならZaifでのビットコイン購入がおすすめ!!

☛Zaifの口座開設方法はこちらで解説!

☛Zaifの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

人気通貨を唯一レバレッジ取引できるDMM Bitcoin

人気のリップルとネム、ライトコイン等を唯一レバレッジ取引できる!

レバレッジ取引も安心してできる仕組みを取り入れていて安心!

☛DMM Bitcoinの口座開設方法はこちらで解説!

☛DMM Bitcoinの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

関連するまとめ

仮想通貨取引所ランキング

  • No.1bitFlyer(ビットフライヤー)
    Bitflyerビットフライヤーは私もビットコイン取引で頻繁に使っている取引所の一つです!ビットフライヤーのおすすめポイント3つ!
    • ビットコイン取引日本一の使いやすさ!
    • 手数料が安い
    • 保障もあり安心の取引所
    ビットフライヤーの公式サイトはこちら!
  • No.2Zaif(Zaif)
    Zaifザイフは初心者に優しく日本で一番最初にできた仮想通貨取引所です!ザイフのおすすめポイント3つ!
    • 手数料安さ日本一!
    • 独自のサービスで魅力満点!
    • 老舗の信頼できる取引所!
    ザイフの公式サイトはこちら!
  • No.3GMOコイン
    GmoGMOコインは上場企業のグループ会社で安心の取引所です!初心者の簡単にお得に利用ができます!
    • 手数料が安く操作も簡単!
    • 上場会社のグループで安心!
    • FX取引はアプリでもできる!
    GMOコイン公式サイトはこちら!

管理人について

Widget1
仮想通貨のバブルに乗ってミリオネアを目指す26歳の仮想通貨トレーダーです。国立大学を卒業し総合系コンサル会社に入社→仮想通貨にハマり2年で退職し仮想通貨投資暦2年
50万の初期投資から貯金1200万(※2017年11月現在)
元々はフィンテック関連企業のアサイン経験からブロックチェーンの勉強をし、途中から投資を始めました。情弱だったことから起きた個人的な失敗談や、技術的な話を理解せずに投資をする友人達の失敗を見て本当に必要な情報を初心者〜中/上級者の方に向けて発信して行こうと思います。
僕が使っている取引所/トレード・保有してるコイン/参加したICOはこちら!

管理人のツイート

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ
Bitflyer side