仮想通貨Wings(ウィングス/WINGS)の特徴・チャート・購入方法(買い方)・取引所・将来性

今話題の仮想通貨Wings(ウィングス/WINGS)のチャートの動きや購入できる取引所気になりますよね。今回は、そんな仮想通貨Wings(ウィングス/WINGS)の特徴・チャート・購入方法(買い方)・取引所・将来性について見ていきます!

仮想通貨Wings(ウィングス/WINGS)の特徴・チャート・購入方法(買い方)・取引所・将来性のイメージ

目次

  1. 1仮想通貨Wings(ウィングス/WINGS)とは?
  2. 2Wings(WINGS)の特徴
  3. 3DAOを詳しく解説!
  4. 4Wings(WINGS)の相場チャート・価格推移
  5. 5Wings(WINGS)が購入できる取引所一覧
  6. 6Wings(WINGS)の購入方法の手順
  7. 7Wings(WINGS)のおすすめウォレット
  8. 8Wings(WINGS)の今後の将来性
  9. 9仮想通貨Wings(ウィングス/WINGS)まとめ
当サイトで人気の仮想通貨取引所ランキング!
まだ一つしか取引所を持っていない人は必ず複数に登録をして安全に取引をしましょう!
【1位】Zaif(ザイフ)

取引手数料の安さNO.1!本サイト1番のオススメ取引所!

【2位】bitFlyer(ビットフライヤー)

ビットコイン取引量、国内ユーザー数が日本一の信頼できる取引所!

【3位】GMOコイン

初心者の人に1番おすすめ!簡単に取引ができて、しかも手数料も超お得!

【今大注目!】DMM Bitcoin

日本で世界で注目の通貨を安く手に入れられる最近大注目の取引所!

※【注意】絶対に複数取引所に登録して資産を分散しておきましょう!資産を失うリスクがあります!

仮想通貨Wings(ウィングス/WINGS)とは?

仮想通貨Wings(ウィングス/WINGS)とは何か見ていきましょう!

仮想通貨Wings(WINGS)の概要

こちらはWings(ウィングス/WINGS)の概要です。


Wings(ウィングス/WINGS)はDAO(分散型自治組織)を使って、新規プロジェクトの提案、支援、プロモーションを行うコミュニティを発見し、そのサポートをすることに特化したブロックチェーンプラットフォームとなっています。

このブロックチェーンプラットフォームは、Wings(ウィングス/WINGS)コミュニティに収益性の高いプロジェクトを提案し、Wings(ウィングス/WINGS)トークンを持つ人はその市場予測をすることで、その市場予測の予測評価が高ければ報酬が貰えるというインセンティブによって成り立っています。

そもそもこのWings(ウィングス/WINGS)で使われているDAO(分散自治組織)とは、Decentralized Autonomous Organizationの略語で、非中央集権で自立型の組織ということです。組織を分散化して、自動化をすることを目的としています。


人間、企業、仲介者などがいなくても、自動的に人間を動かせる仕組みができるというものです。
その便利さから今後様々なところで使われていくでしょう。

DAO(分散自治組織)はビットコインに使われているブロックチェーンを用いており、世界中にコンピューターがあるかぎり、消滅はしません。

Wings(ウィングス/WINGS)にはこのDAO(分散自治組織)が使われているので、中央管理者がおらず、自律的に動くブロックチェーンプラットフォームになっています。

ビットコインなど普通の仮想通貨は決済を目的としたものが多いですが、このWings(ウィングス/WINGS)は資金調達を目的としています。
先程みたように、正しく市場予測した人に報酬が払われるというインセンティブが付いているので、資金を提供する側にも大きいメリットがあるものとなっています。

仮想通貨Wings(WINGS)の基本情報

  Wings(ウィングス/WINGS)
発行日 2014年
名称 WINGS
上限 100,000,000WINGS
創業者・開発者 WingsFoundation
時価総額 約63.2064785 億円
現在価格 約70.4円

(2018/2/5 現在の価格)

以上が、Wings(ウィングス/WINGS)の基本情報となっています。

Wings(ウィングス/WINGS)は2014年に発行、2017年1月から取引が開始されている仮想通貨となっています。

時価総額でいうと、現在185位となっている仮想通貨です。

仮想通貨は1500種類以上もあるので、全体でみるとかなり高い位置にいる仮想通貨です。

上の動画は、Wings(ウィングス/WINGS)の公式動画となっています。

2分ほどなので、よかったらご覧になってください!

Wings(WINGS)の特徴

次に、Wings(ウィングス/WINGS)の特徴です。

DAOプロジェクトの提案・作成

先程の概要のところで少し見ましたが、Wings(ウィングス/WINGS)はDAO(分散自治組織)を用いたものとなっています。

Wings(ウィングス/WINGS)では、DAO(分散自治組織)プロジェクトの提案・作成ができます。


その手順ですが、

①そのプロジェクトの作成者はWings(ウィングス/WINGS)プラットフォーム上にwingsトークンを支払い、プロジェクトの内容を記した文章をアップします。

②初期ガバナンスをリキッドDAO(分散自治組織)、直接的DAO(分散自治組織)にするか選択をします。

③プロジェクトマイルストーンを設定します。資金調達、成果物の用途割合をここでは、示します。設定したプロジェクトマイルストーンに到達するとプロジェクトの次の段階の資金を解放できます。

④最初のトークン供給とバッキングキャンペーン(資金調達)の供給度合のルールを決めます。
ここで、人気となるプロジェクトを提案した作成者はレートが上がるので、貰える報酬の額も大きくなります。

予測市場

wingsトークンの所持者はそのプロジェクトが資金調達に成功するか否かを予測し、賭けができます。

ここでは、その予測市場がどう展開するか見ていきます。


①wingsトークン所持者がプロジェクトの成否を予測し、ベットします。

②予測期間が終了すると、作成したDAO(分散自治組織)プロジェクト用の新たなトークンが作成され、バッキングキャンペーン(資金調達)用のブロックチェーンアドレスが発行され、作成者に提供がなされます。

③バッキングキャンペーン(資金調達)完了後、資金調達に成功をすると予想した予想者は発行された新しいトークンが報酬として配布されます。

ここで、マイルストーンやトークン設計に関して、資金調達に成功すると予想をした予想者の大半が改善をした方がよいという提案に賛成した場合、マイルストーンやトークン設計を変更することが出来ます!

予測レート

wingsには予測レートというものがあり、多くの人々から人気を得ることができるDAO(分散自治組織)プロジェクトを提案することができたり、予想を当てる人が多いと予想者のレートが上がります。

逆に予想を外してしまうと、予想者のレートは下がってしまいます。

この予想レートの機能を利用して、wingsトークンの保有者は、レートの高い予想者に委託して代理で予想してもらうといったことができます。

委託された予想者と委託した予想者の双方が報酬をもらえることができます。

この機能によって、意思決定の精度が高い人に委託でき、素早い意思決定が可能となっています。

DAOを詳しく解説!

Wings(ウィングス/WINGS)の概要などで、少しDAO(分散自治組織)について触れましたが、ここで詳しくみていきましょう!

DAO(分散自治組織)とは?その目的は?

DAO(分散自治組織)とは、Decentralized Autonomous Organizationの略語で、非中央集権で自立型の組織ということです。

組織を分散化して、自動化をすることを目的としています。

ビットコインはDAO(分散自治組織)を用いている代表的な仮想通貨の例です。
 

DAO(分散自治組織)は、一般にある組織とは性質が異なっているので、従来の組織に分けて見ていきましょう。

まず、従来の組織ですが、ここでは国や会社が代表的な例となっています。

国は、政府が管轄しており、政府の決定によって大きくその国が左右されると言っても過言ではありません。

つまり、国という組織は政府を中心とした中央集権的な組織です。

また、企業も同じく、社長がトップとなって社長の意思決定を中心に組織が動いています。つまり、企業も中央集権的な組織です。

従来の組織では、中心の意思決定に依存するので中央集権的であるということがポイントです。

一方で、DAO(分散自治組織)はどうかというと、例としてはWebサービスの起業・運営している組織が挙げられます。

この組織では、アイデアを元に起業をした起業家、そのアイデアに投資をする投資家、そのアイデアを元にした事業を運営する運営者、そのアイデアに賛同して協力する従業員たち、この4者による一貫性のある運営がなされているこの組織をDAO(分散自治組織)と言えます。

この4者が分散してある一定のルールのもとで動いている組織となっています。

Wings(WINGS)の相場チャート・価格推移

Wings(ウィングス/WINGS)の相場チャート・価格推移を見ていきましょう!

過去30日間のWings(ウィングス/WINGS)の相場チャート・価格推移です。

Wings(ウィングス/WINGS)の相場チャート・価格推移をみると、徐々に価格が下がっていることがわかります。

これは、ビットコインなど仮想通貨全体の相場チャート・価格推移が下がり気味なので、特にWings(ウィングス/WINGS)に問題があったというものではないでしょう。

これは、世界でビットコインに対する規制があったり、コインチェック問題、テザー問題などを受けて仮想通貨全体の価格が下がっていることを受けているのでしょう。

こちらも記事になっているので是非ご覧になってください!

Thumbビットコインの価格が下落!インドも仮想通貨規制に乗り出すか!? | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]
ThumbTether(テザー)の問題によりビットコイン価格は80%も下落するかも!? | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

Wings(WINGS)が購入できる取引所一覧

Wings(ウィングス/WINGS)が購入できる取引所一覧を見ていきます。

Wings(ウィングス/WINGS)は現在、日本の仮想通貨取引所では購入ができません。

Wings(ウィングス/WINGS)を購入できるのは海外にある仮想通貨取引所のみとなっています。

①Binance(バイナンス)

Wings(ウィングス/WINGS)を購入できる仮想通貨取引所として、まず挙げられるのがBinance(バイナンス)です!

Binance(バイナンス)は2017年12月には取引高で世界一を記録もしました。Binance(バイナンス)は世界で最も勢いのある仮想通貨取引所です!
 

Binance(バイナンス)は世界最大級の取引所で

 

  • 最大級で信頼できる取引所! 
  • 手数料が安い!
  • 次に大きく上昇する可能性のある、日本で手に入らない通貨が多数!

というオススメポイント満載の取引所です!
登録はたった1分で完了します!この機会にぜひ登録をおすすめします!

ThumbBinance(バイナンス)取引所の登録方法から口座開設までの使い方まとめ! | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

②Bittrex(ビットトレックス)

Wings(ウィングス/WINGS)を購入できる仮想通貨取引所として、次に挙げられるのがBittrex(ビットトレックス)です!

あの世界最大の取引高を誇る、海外の大手取引所Poloniex(ポロニエックス)よりも、多くのアルトコインを扱っています。

Bittrex(ビットトレックス)の特徴としては、
 

  • 世界最大級の仮想通貨取引所!
  • 約250種類以上ものアルトコインを取り扱っている

といった特徴が挙げられます!

ただ、取引手数料が0.25%かかるので、Binance(バイナンス)と比べると少々手数料が割高ですね。。

どちらかというと、Binance(バイナンス)での購入をオススメします!

Wings(WINGS)の購入方法の手順

続いて、Wings(ウィングス/WINGS)の購入方法です。

Wings(ウィングス/WINGS)は海外の取引所でしか扱っていないので、国内取引所で日本円でビットコインを購入して、それを海外の取引所に送金する必要があります。

ここでの国内取引所としては、Zaif(ザイフ)を使っていきます。

Zaif(ザイフ)は国内大手の仮想通貨取引所で、ブロックチェーンの研究を行う会社が運営しており、セキュリティ面も信頼できます。また、取引時のサービスも多く、取引するほどにプラスして仮想通貨を受け取ることもできます。

非常に安定感の強いお得な取引所と言えますので、この機会に是非Zaif(ザイフ)のアカウントを作っておくことをオススメします。

Thumbzaifの口座開設からビットコインの入金・買い方まとめ | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

国内取引所で、日本円でビットコインを買う

まずZaif(ザイフ)にログインしましたら、右上のメニューが表示から「簡単売買」をクリックします。画面が下の画像のように切り替わるはずです。

画面が切り替わったら、下の画像のように、赤枠のところに希望のビットコインの量を入力しましょう。日本円でも指定することができます。

金額に問題がなければ、下の画像のようにそのまま「BITCOINを買う」をクリックします。数分たてば、自身のZaif(ザイフ)ウォレットにビットコインが反映されます。

Binanceへビットコインを送金

ビットコインの準備ができたら、取引所Binance(バイナンス)のウォレットにビットコインを送りましょう。

「簡単売買」のあったメニューに「アカウント」がありますのでそちらをクリック後、中央の①「入出金と履歴」という項目があるのでそちらをクリックします。すると下のような画面が表示されます。

②送る仮想通貨の種類と「送金」をクリックすると、③「出金アドレス」「出金金額」「出金手数料」「2段階認証トークン」が表示されます。

アドレスはBinance(バイナンス)にある自身のウォレットアドレス、出金金額は送りたいビットコイン量を入力します。

出金手数料は無記入なら「0.0005BTC」になります。上乗せするとより速く送金が完了しますので、もし急ぎの場合は0.0005BTCより多い量を入力しましょう。

一番下の「2段階認証トークン」は、設定している人のみ表示されます。スマートフォンのアプリを利用した認証ですので、設定済の方はスマートフォンに表示される番号を入力して下さい。

すべて入力したら、一番下の「出金」をクリックしましょう。数分たてばBinance(バイナンス)に送金が完了します。

※仮想通貨は送金をミスすると戻ってきませんので、特にウォレットアドレスの間違いが無いようよく確認しましょう。

BinanceでWings(WINGS)を購入

Binance(バイナンス)にビットコインが送れたら、最後にBinance(バイナンス)の取引所でビットコインをWings(ウィングス/WINGS)に交換しましょう!

Binance(バイナンス)はトップページからそのまま取引ができます。ログインし、ウォレットにビットコインが入っているかまず確認した後、①の上部を「BTC」に切り替えます。

すると、中央のチャートが「WINGS/BTC」に切り替わり、②の購入、売却もWINGS/BTCに切り替わります。

②の部分を見ていくと、Priceの部分に1Wings(ウィングス/WINGS)が何BTCか書いてあります。

何Wings買うかをその下にあるAmountに入力すると、Totalの部分に支払いBTCが出ます。

そこを確認して下の緑色のボタン「Buy WINGS」をクリックするとWings(ウィングス/WINGS)の購入が完了します。

Binance(バイナンス)は中国の大手の取引所で、取り扱いのアルトコインも約100種類以上と大変多くの仮想通貨を取り扱っています。

また、手数料が異常なほど安いのでBinance(バイナンス)を使わないのは損でしょう!

この機会にBinance(バイナンス)に登録しておきましょう!

Wings(WINGS)のおすすめウォレット

Wings(ウィングス/WINGS)のオススメウォレットは、ズバリMyEtherWallet(マイイーサウォレット)です!

Wings(ウィングス/WINGS)はイーサリアムブロックチェーンで利用するアルトコインですので、イーサリアム公式の「MyEtherWallet(マイイーサウォレット)」を利用することができます。

今回のコインチェック事件であったように取引所にずっと仮想通貨を保管しておくのはリスクがあります。

リスク分散のためにもMyEtherWallet(マイイーサウォレット)にもWings(ウィングス/WINGS)を保管しておくことをオススメします。

また、MyEtherWallet(マイイーサウォレット)を使う場合は、ハッキングのリスク回避のために必ずハードウォレットを使いましょう。ハードウォレットのお勧めはLedger Nano Sです。Ledger Nano Sは多くの仮想通貨に対応していて安全性も世界でもトップクラスです。

最近Ledger Nano Sを改造してハッキングできるようにして販売する悪徳業者もいるのでしっかりと公式の販売店での購入をしましょう。

Wings(WINGS)の今後の将来性

Wings(ウィングス/WINGS)はDAO(分散自治組織)という非常に優れた機能を有しているので、投資家からすると期待できる仮想通貨でしょう。

また、Wings(ウィングス/WINGS)には、市場予測ができるという大きな特徴がありますが、一方でその市場予測は人が集まらないことには、正確な結果が出ないのでまずコミュニティに多くの人が集まるということが大事になってきます。

もしWings(ウィングス/WINGS)に多くの人々が集まれば、資金調達方法としてかなり活気のあるプロジェクトになってきそうです。

現在、チャートは下がり気味ですが、活気のあるプロジェクトとなれば価格も上がっていくでしょう。
ここらへんは引き続き注目していきたいところです!

仮想通貨Wings(ウィングス/WINGS)まとめ

仮想通貨Wings(ウィングス/WINGS)をまとめると、

 

  • Wings(ウィングス/WINGS)はDAO(分散自治組織)を用いたブロックチェーンプラットフォーム
  • Wings(ウィングス/WINGS)では、市場予測に高い評価がつくと報酬を貰えるというシステムがある
  • Wings(ウィングス/WINGS)での購入はバイナンスがオススメ!

となります。

やはり、Wings(ウィングス/WINGS)はバイナンスでの購入がオススメですね。

Binance(バイナンス)はとても勢いがあり、Binance(バイナンス)に上場した通貨の価格が爆上がりするといったこともよくあります。

この機会にBinance(バイナンス)へ登録しておきましょう!

ThumbBinance(バイナンス)取引所の登録方法から口座開設までの使い方まとめ! | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

この記事を読んだ方はこちらも読んでいます

Thumb仮想通貨DigixDAO(ディジックスダオ/DGD)の特徴・チャート・購入方法(買い方)・取引所・将来性 | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]
Thumb仮想通貨TRON(トロン/TRX)とは?特徴・チャート・購入方法(買い方)・取引所解説
Thumbビットコインのウォレットのおすすめ比較!作成方法と安全性も解説! | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]
Thumb仮想通貨NEO(ネオ)の特徴・買い方・おすすめ取引所・今後の将来性を解説! | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

仮想通貨取引所ランキング

関連するまとめ

仮想通貨取引所ランキング

  • No.1bitFlyer(ビットフライヤー)
    Bitflyerビットフライヤーは私もビットコイン取引で頻繁に使っている取引所の一つです!ビットフライヤーのおすすめポイント3つ!
    • ビットコイン取引日本一の使いやすさ!
    • 手数料が安い
    • 保障もあり安心の取引所
    ビットフライヤーの公式サイトはこちら!
  • No.2Zaif(Zaif)
    Zaifザイフは初心者に優しく日本で一番最初にできた仮想通貨取引所です!ザイフのおすすめポイント3つ!
    • 手数料安さ日本一!
    • 独自のサービスで魅力満点!
    • 老舗の信頼できる取引所!
    ザイフの公式サイトはこちら!
  • No.3GMOコイン
    GmoGMOコインは上場企業のグループ会社で安心の取引所です!初心者の簡単にお得に利用ができます!
    • 手数料が安く操作も簡単!
    • 上場会社のグループで安心!
    • FX取引はアプリでもできる!
    GMOコイン公式サイトはこちら!

管理人について

Widget1
仮想通貨のバブルに乗ってミリオネアを目指す26歳の仮想通貨トレーダーです。国立大学を卒業し総合系コンサル会社に入社→仮想通貨にハマり2年で退職し仮想通貨投資暦2年
50万の初期投資から貯金1200万(※2017年11月現在)
元々はフィンテック関連企業のアサイン経験からブロックチェーンの勉強をし、途中から投資を始めました。情弱だったことから起きた個人的な失敗談や、技術的な話を理解せずに投資をする友人達の失敗を見て本当に必要な情報を初心者〜中/上級者の方に向けて発信して行こうと思います。
僕が使っている取引所/トレード・保有してるコイン/参加したICOはこちら!

管理人のツイート

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ
Bitflyer side