仮想通貨Einsteinium(EMC2)の特徴・チャート・購入方法(買い方)・取引所・将来性

仮想通貨Einsteinium(EMC2)は有名になるほどチャートが伸びやすい? 購入すると科学に貢献できる仮想通貨Einsteinium(EMC2)の特徴、チャート、取引所での購入方法をご紹介! おすすめの取引所もご紹介!

仮想通貨Einsteinium(EMC2)の特徴・チャート・購入方法(買い方)・取引所・将来性のイメージ

目次

  1. 1科学の発展に活かせる! 仮想通貨Einsteinium(EMC2)
  2. 2仮想通貨Einsteinium(EMC2)とは?
  3. 3Einsteinium(EMC2)の特徴
  4. 4Einsteinium(EMC2)の相場チャート・価格推移
  5. 5Einsteinium(EMC2)が購入できる取引所一覧
  6. 6Einsteinium(EMC2)の購入方法の手順
  7. 7Einsteinium(EMC2)のおすすめウォレット
  8. 8Einsteinium(EMC2)の今後の将来性
  9. 9仮想通貨Einsteinium(EMC2)まとめ
LINEで情報をゲット!
仮想通貨関連の注目サービスや海外ニュース、その他投資情報を配信!!


仮想通貨最新ニュース btcfeed line@

当サイトで人気の仮想通貨取引所ランキング!
まだ一つしか取引所を持っていない人は必ず複数に登録をして安全に取引をしましょう!
【1位】Zaif(ザイフ)

取引手数料の安さNO.1!本サイト1番のオススメ取引所!

【2位】bitFlyer(ビットフライヤー)

ビットコイン取引量、国内ユーザー数が日本一の信頼できる取引所!

【3位】GMOコイン

初心者の人に1番おすすめ!簡単に取引ができて、しかも手数料も超お得!

【当サイトで今一番人気!】QUOINEX

人気のリップルとネムを両方を日本で唯一現物取引できる取引所!注目のQASHも取引できる!

【今大注目!】DMM Bitcoin

日本で世界で注目のアルトコインを唯一レバレッジ取引できる大注目の取引所!

※【注意】絶対に複数取引所に登録して資産を分散しておきましょう!資産を失うリスクがあります!

科学の発展に活かせる! 仮想通貨Einsteinium(EMC2)

仮想通貨Einsteinium(アインシュタイニウム/EMC2)はご存じですか? 仮想通貨を利用した投資だけでなく、一緒に科学研究に貢献することも出来るんです。

今回は仮想通貨Einsteinium(EMC2)の情報を以下の3点を中心にまとめます!
 

  • 仮想通貨Einsteinium(EMC2)の特徴
 
  • 仮想通貨Einsteinium(EMC2)のチャート
 
  • 仮想通貨Einsteinium(EMC2)の取引所での購入方法

仮想通貨Einsteinium(EMC2)とは?

①仮想通貨Einsteinium(EMC2)の概要

発行日 2014年3月
アルゴリズム Sprypt
名称 EMC2
上限 3億EMC2
(ハードフォークにより現在は2億4500万EMC2)
送信時間
(ブロック生成時間)
約1分
時価総額(2018/02/07現在) 約70億
時価総額ランキング 174位
現在価格 約30円

②仮想通貨Einsteinium(EMC2)の基本情報

仮想通貨Einsteinium(アインシュタイニウム/EMC2)は時価総額ランキング174位に位置付くアルトコインです。

Einsteinium(EMC2)はアインシュタイニウム財団が運営する、科学研究の資金調達を目的として生まれた仮想通貨です。

科学は長期的な将来性に期待できる技術でありながら、アイデアに対しての出資の確保が難しい問題です。そのため、メジャーになっている仮想通貨、ビットコインの技術と併せることで、安定した資金確保を目指しています。

Einsteinium(EMC2)では主にマイニング時の報酬の一部が寄付に充てられます。そのため、ユーザーはEinsteinium(EMC2)で取引を行うほど、科学研究に貢献することになります。

Einsteinium(EMC2)の特徴

①PoW(Proof of Work)を採用

Einsteinium(EMC2)はビットコインと同じく、PoW(プルーフ・オブ・ワーク)を採用しています。PoWを採用する目的は、恐らく「流動性」を高めるためでしょう。

Einsteinium(EMC2)は取引時のマイニング報酬が寄付に充てられるため、PoS(プルーフ・オブ・ステーク)のように保有期間で決まるマイニング報酬より、ぐっと科学研究の調達が行いやすくなります。

②Wormholeという仕組み

Einsteinium(EMC2)は元々「Wormhole(ワームホール)」という仕組みがありました。

Wormhole(ワームホール)はEinsteinium(EMC2)の発行を抑えつつ、マイナーを長期的に確保するための「タイムサービス」のようなもので、ランダムで決めた一定期間、ブロックを承認したマイナーへの報酬を大きく増やします。

元々は宇宙の、ブラックホールとホワイトホールは繋がっている、という説を「虫食い穴」に例えたものです。

③ハードフォークによってBurnされた

マイナーに嬉しい先ほどの「Wormhole(ワームホール)」ですが、2017年12月に起きたハードフォークでこの仕組みが外されてしまいます。こちらを公式では「Burnした」と表記しました。

Wormhole(ワームホール)のサービスが無くなったため、多めに支払うマイナー報酬の分が減ってしまい、上限も5500万枚の減少(現在2億4500万枚)となりました。

マイナーにはあまりよくないニュースですが、Einsteinium(EMC2)の稀少性は上がったため、結果的にEinsteinium(EMC2)の価格チャートは上昇する結果となっています。

④投資が寄付に繋がる

冒頭でもお話ししたとおり、Einsteinium(EMC2)の最も重要な特徴として「科学研究の寄付」が出来ます。

取引時の各ブロックごとのマイニング報酬の一部(2.5%)が充てられ、内訳は科学プロジェクトに2%財団のマーケティングに0.5%となっています。

⑤以前Poloniexで凍結された

こちらはデメリットですが、Einsteinium(EMC2)は過去に大手取引所Poloniex(ポロニエックス)で凍結してしまい、取引できなくなってしまったことがあります。

原因ははっきりしていませんが、Einsteinium(EMC2)は知名度も低いため、51%問題が影響したのでは、と言われています。

51%問題とは51%攻撃ともいい、51%以上のハッシュパワーを持ったマイナーが新しいブロックを作ることで、ブロックチェーン取引の承認権が独占できるようになり、不正な取引承認や否認ができるようになってしまうことです。

現在はPoloniex(ポロニエックス)の凍結も解除され、取引は行われていますが、当時はやはり価格がさがってしまいました。

51%問題は優秀なマイナーが報酬を得やすいPoWに起こる問題ですが、仮想通貨の過半数を保有しなければならなく、それにはとんでもないコストがかかります

時価総額が低く知名度の低いアルトコインでは起こりうる問題なのですが、ある程度の知名度が出てきたEinsteinium(EMC2)で、今後同じ問題が起こるかというと、可能性は0ではありませんが、低いと言えるでしょう。

ThumbPoloniex(ポロニエックス)とは?特徴と評判を徹底解説! | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

⑥開発が盛んで、状況が公式サイトからすぐ分かる

Einsteinium(EMC2)は科学研究の資金調達が目的であるためか、用途がはっきり分かるようになっています。

特にロードマップはトップページに大きく取り上げられています。各項目をクリックすると進捗状況もわかり、関連するブログのリンクも貼ってあり、非常に丁寧です。

読む側も面倒に感じないつくりになっており、透明性が感じられるのは非常に安心しますね。

<クリック前>

<クリック後>

Einsteinium(EMC2)の相場チャート・価格推移

Einsteinium(EMC2)の特徴をご覧頂いたところで、次にEinsteinium(EMC2)の価格チャートを見てみましょう。

最近では12月上旬からの高騰が目立ちますね。13円から最大で290円(約20倍)近くまで伸びています。

先ほど紹介したハードフォークも影響していますが、12月上旬から「12月19日に発表があります」とTwitterでつぶやいていたことが大きな期待値を読んでいたことも大きく関わっているようです。

科学研究のアルトコインであるため、NASAと提携するのでは? という噂や、こちらの画像から「Apple社とでは?」という噂もたち、かなり大きな期待となってしまったようです。

19日の発表は「マイニングのアルゴリズムが参加しやすく仕様変更された」ということであり、誤解を招いてしまったことに対しお詫びの言葉をブログで添えています。

マイニング報酬はEinsteinium(EMC2)にとって重要なことですので、確かに大きな発表ではありますが、チャートの下がり具合をみると期待はずれに感じてしまうユーザーが多かったのかも知れませんね。

Einsteinium(EMC2)が購入できる取引所一覧

ここからはおすすめの取引所とEinsteinium(EMC2)の購入方法(買い方)をご紹介します。

Einsteinium(EMC2)は現在、日本の仮想通貨取引所では取り扱っているところがありません。もし購入するのであれば、日本の仮想通貨取引所でビットコインを購入後、海外の仮想通貨取引所でビットコインで取引する、という買い方になります。

海外の仮想通貨取引所で取り扱いがあるのは、世界でも大手の「Poloniex(ポロニエックス)」「Bittrex(ビットレックス)」「Cryptpia(クリプトピア)」などがあります。

今回は世界で仮想通貨取引量1位になることもあるPoloniex(ポロニエックス)でのEinsteinium(EMC2)の買い方をご紹介していきます。
 

ThumbPoloniex(ポロニエックス)とは?特徴と評判を徹底解説! | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]
ThumbPoloniex(ポロニエックス)の取り扱い仮想通貨一覧!国内取引所と比較 | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]
Thumb海外仮想通貨取引所で注目の取引所を比較しおすすめを特徴とともに解説! | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

Einsteinium(EMC2)の購入方法の手順

それでは、Einsteinium(EMC2)の買い方をご説明しましょう。まず日本の仮想通貨取引所でビットコインを購入するところから始めます。

日本の仮想通貨取引所は「coincheck(コインチェック)」「bitflyer(ビットフライヤー)」「Zaif(ザイフ)」などありますが、今回はZaif(ザイフ)を利用した購入方法をご紹介します。

Zaif(ザイフ)は国内大手の仮想通貨取引所で、ブロックチェーンの研究を行う会社が運営しており、セキュリティ面も信頼できます。また、取引時のサービスも多く、取引するほどにプラスして仮想通貨を受け取ることもできます。

非常に安定感の強いお得な取引所と言えますので、この機会に是非Zaif(ザイフ)のアカウントを作っておくことをオススメします。

Thumbzaifの口座開設からビットコインの入金・買い方まとめ | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]
ThumbZaif(ザイフ)の評判と特徴!メリット・デメリット徹底解説! | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

①国内取引所で、日本円でビットコインを買う

それでは早速、仮想通貨取引所Zaif(ザイフ)でビットコインを購入しましょう。Zaif(ザイフ)での買い方をご紹介します。

まずZaif(ザイフ)にログインしましたら、右上のメニューが表示から「簡単売買」をクリックします。画面が下の画像のように切り替わるはずです。

変わりましたら、下に続く画像のように、赤枠のところに希望のビットコインの量を入力しましょう。日本円でも指定ができます。

金額に問題がなければそのまま「BITCOINを買う」をクリックします。数分たてば、自身のZaif(ザイフ)ウォレットにビットコインが反映されます。

②Poloniexへビットコインを送金

ビットコインの準備ができたら、海外の仮想通貨取引所Poloniex(ポロニエックス)のウォレットにビットコインを送りましょう。

「簡単売買」のあったメニューに「アカウント」がありますのでそちらをクリック後、中央の①「入出金と履歴」という項目があるのでそちらをクリックします。すると下のような画面が表示されます。

②送る仮想通貨の種類と「送金」をクリックすると、③「出金アドレス」「出金金額」「出金手数料」「2段階認証トークン」が表示されます。

アドレスはPoloniex(ポロニエックス)にある自身のウォレットアドレス、出金金額は送りたいビットコイン量を入力します。

出金手数料は無記入なら「0.0005BTC」になります。上乗せするとより速く送金が完了しますので、もし急ぎの場合は0.0005BTCより多い量を入力しましょう。

一番下の「2段階認証トークン」は、設定している人のみ表示されます。スマートフォンのアプリを利用した認証ですので、設定済の方はスマートフォンに表示される番号を入力して下さい。

すべて入力したら、一番下の「出金」をクリックしましょう。数分たてばPoloniex(ポロニエックス)に送金が完了します。

※仮想通貨は送金をミスすると戻ってきませんので、特にウォレットアドレスの間違いが無いようよく確認しましょう。

Thumbzaif(ザイフ)の2段階認証の設定と解除方法!【スマホ・PC】 | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

③PoloniexでEinsteinium(EMC2)を購入

Poloniex(ポロニエックス)にビットコインが送れたら、最後にPoloniex(ポロニエックス)の取引所でEinsteinium(EMC2)とビットコインを交換しましょう!

Poloniex(ポロニエックス)にログインし、ウォレットにビットコインが入っているかまず確認した後、①で「EMC2」と検索します。

そして、すぐ下の②タブをBTCに切り替えると「★EMC2」と書かれた項目が表示されますのでクリックしましょう。中央のチャートが「EMC2/BTC」に切り替わり、下部の購入、売却もEMC2/BTCに切り替わります。

下にスクロールすると、こちらの購入、売却があります。ビットコインで購入する場合は一番左側に、購入に使う量のビットコインの価格を入力し購入することで、Einsteinium(EMC2)と交換することができます。

また、もし指定のレートで交換したい場合は、Stop-Limit(ストップリミット)をつかうとより細かい取引を行うことができます。

Poloniex(ポロニエックス)はアメリカの最大手仮想通貨取引所で、取り扱い通貨も有名なビットコインやEinsteinium(EMC2)の他、70種類以上の仮想通貨を取り扱っています。

Poloniex(ポロニエックス)の取引から仮想通貨全体の価格が高騰したり、価格推移の要因になることも多いでしょう。

海外の仮想通貨取引所なので日本語対応はしていませんが、取引に利用する通貨もドルや円ではなくビットコインで行うため、事前に送金するのも安く済みます。

もしZaif(ザイフ)に慣れたら、Poloniex(ポロニエックス)も利用してみることをおすすめします。

ThumbPoloniex(ポロニエックス)の取り扱い仮想通貨一覧!国内取引所と比較 | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

Einsteinium(EMC2)のおすすめウォレット

Einsteinium(EMC2)は公式のウォレットがあります。デスクトップ版はもちろん、スマートフォンでも対応しています。

取引時のマイニング報酬が基本的に寄付になりますが、個人的にウォレットから寄付することも可能になっているようです。科学関係への寄付や興味を持っている方にはおすすめのウォレットですね。

将来的にはデビットカードの利用も

ロードマップでは、今後Einsteinium(EMC2)専用のクレジットカードやデビットカードも発行予定になっています。

カードで利用できるようになるとEinsteinium(EMC2)の流通量もあがるため、Einsteinium(EMC2)の価値も寄付の効率も非常にあがることでしょう。

Einsteinium(EMC2)の今後の将来性

Einsteinium(EMC2)は知名度も低く、取引所での凍結問題などもあり伸び悩んでいる仮想通貨ですが、やはり仮想通貨の投資を行う方の中には
 

  • 「ロマンがある」
  • 「名前がおしゃれ」
  • 「投資しながら貢献できることがあるのは嬉しい」

と購入される方が多いようです。

「E=mc2(2乗)」は「質量とエネルギーの等価性」を示すアインシュタインの有名な式です。

また、同じくアインシュタインが由来の「アインシュタイニウム」という元素もありますので、関連性から興味を持つ方も多いようですね。

恐らくこれから上がるから、という理由より「気に入ったから」という理由で選ばれることの多い仮想通貨といえるでしょう。場合によっては、価格の変動関係なく長く持ち続ける人が多いかも知れません。

また科学技術のニュースがあると、変動する可能性も高そうですね。投資向きではないかもしれませんが、愛されやすいアルトコインかもしれません。

愛されやすいコインといえば、これは国内の取引所zaifで取り扱っているコインですが、モナコインってご存知ですか?ネコのマークが特徴のコインで、一部で熱狂的なファン層がいます。同じようなコインではカエルがシンボルのpepecashというコインもあります。

Einsteiniumのような科学技術振興のためというようなコインとは真逆なゆるいコインですが、こういったコインを保有してその独特なコミュニティに入ってみるというのもまた、仮想通貨をもつ楽しみ方の1つです。

Thumbzaif(ザイフ)の取り扱い通貨・コインの銘柄(種類)を解説! | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]
Thumbzaif(ザイフ)でのモナコイン(monacoin)の買い方と手数料とチャートの見方! | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

仮想通貨Einsteinium(EMC2)まとめ

仮想通貨Einsteinium(EMC2)について特徴やチャート、取引所での購入方法、将来性についてお話ししましたが、いかがでしょうか?

仮想通貨関係の方だけでなく、科学に興味のある方や関係者も興味を持ちやすいアルトコインかと思います。

また、仮想通貨を寄付に利用するというのも、仮想通貨の利用方法として新しいアイデアにつながることでしょう。今後のニュースに期待しましょう!

この記事を読んだ方はこちらも読んでいます

Thumb仮想通貨Counterparty(カウンターパーティー/XCP)の特徴やチャートからみた今後の価格や将来性 | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]
Thumb仮想通貨ネム(XEM/NEM)の特徴・価格推移・今後の将来性を解説 | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]
ThumbLISK(リスク/LSK)の半減期の時期と価格変動をチャートを使って解説! | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]
ThumbBytecoin(BCN)バイトコインとは?仮想通貨の特徴・価格変動・購入方法! | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

徹底比較!2018年度版オススメ取引所ランキング


LINEで有力情報をゲット!
仮想通貨関連の注目サービスや海外ニュース、その他有力投資情報を配信!!


仮想通貨最新ニュース btcfeed line@

迷ったらまずこの取引所!初心者の人にオススメ取引所をご紹介!

安心・安全が一番!という人ならbitFlyer

bitFlyerは世界で最もセキュリティの高い取引所!

国内で唯一ハッキングへの補償もしている安心の取引所!

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

☛bitFlyerの口座開設方法はこちらで解説!

☛bitFlyerの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

取引するのに難しい操作が心配という人はGMOコイン

初心者の人でも簡単な操作で、リップルなどの人気仮想通貨が購入可能!

運営企業も上場企業の子会社で運営面も安心!

☛GMOコインの口座開設方法はこちらで解説!

☛GMOコインの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

仮想通貨取引をしているなら持っておくべき取引所!

人気アルトコインの購入なら手数料無料のbitbank!

人気のリップル(Ripple/XRP)を手数料無料で購入ができる!

リップル以外のアルトコイン手数料も無料!

☛bitbankの口座開設方法はこちらで解説!

☛bitbankの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

手数料の安さぶっちぎり!Zaif!

日本の取引所で手数料が最もお得な取引所!

ビットコインは取引すればするほどビットコインをもらえる!

海外取引所を利用するならZaifでのビットコイン購入がおすすめ!!

☛Zaifの口座開設方法はこちらで解説!

☛Zaifの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

人気通貨を唯一レバレッジ取引できるDMM Bitcoin

人気のリップルとネム、ライトコイン等を唯一レバレッジ取引できる!

レバレッジ取引も安心してできる仕組みを取り入れていて安心!

☛DMM Bitcoinの口座開設方法はこちらで解説!

☛DMM Bitcoinの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

関連するまとめ

仮想通貨取引所ランキング

  • No.1bitFlyer(ビットフライヤー)
    Bitflyerビットフライヤーは私もビットコイン取引で頻繁に使っている取引所の一つです!ビットフライヤーのおすすめポイント3つ!
    • ビットコイン取引日本一の使いやすさ!
    • 手数料が安い
    • 保障もあり安心の取引所
    ビットフライヤーの公式サイトはこちら!
  • No.2Zaif(Zaif)
    Zaifザイフは初心者に優しく日本で一番最初にできた仮想通貨取引所です!ザイフのおすすめポイント3つ!
    • 手数料安さ日本一!
    • 独自のサービスで魅力満点!
    • 老舗の信頼できる取引所!
    ザイフの公式サイトはこちら!
  • No.3GMOコイン
    GmoGMOコインは上場企業のグループ会社で安心の取引所です!初心者の簡単にお得に利用ができます!
    • 手数料が安く操作も簡単!
    • 上場会社のグループで安心!
    • FX取引はアプリでもできる!
    GMOコイン公式サイトはこちら!

管理人について

Widget1
仮想通貨のバブルに乗ってミリオネアを目指す26歳の仮想通貨トレーダーです。国立大学を卒業し総合系コンサル会社に入社→仮想通貨にハマり2年で退職し仮想通貨投資暦2年
50万の初期投資から貯金1200万(※2017年11月現在)
元々はフィンテック関連企業のアサイン経験からブロックチェーンの勉強をし、途中から投資を始めました。情弱だったことから起きた個人的な失敗談や、技術的な話を理解せずに投資をする友人達の失敗を見て本当に必要な情報を初心者〜中/上級者の方に向けて発信して行こうと思います。
僕が使っている取引所/トレード・保有してるコイン/参加したICOはこちら!

管理人のツイート

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ
Bitflyer side