ビットコインウォレットbitpay・copayの登録方法と使い方を徹底解説!

数多くあるビットコインウォレットの中からbitpay・copayについてや登録・使い方のご紹介します。bitpay・copayなどのビットコインウォレットとは何なのか?使ってみたいけど登録方法と使い方がわからない…という初心者の方でもわかりやすく解説!

ビットコインウォレットbitpay・copayの登録方法と使い方を徹底解説!のイメージ

目次

  1. 1bitpay・copayとは?
  2. 2bitpayの特徴
  3. 3bitpayの登録方法・使い方
  4. 4bitpayでのビットコインの送金方法(入金・出金)
  5. 5bitpayに関するよくある質問
  6. 6まとめ
当サイトで人気の仮想通貨取引所ランキング!
まだ一つしか取引所を持っていない人は必ず複数に登録をして安全に取引をしましょう!
【1位】Zaif(ザイフ)

取引手数料の安さNO.1!本サイト1番のオススメ取引所!

【2位】bitFlyer(ビットフライヤー)

ビットコイン取引量、国内ユーザー数が日本一の信頼できる取引所!

【3位】GMOコイン

初心者の人に1番おすすめ!簡単に取引ができて、しかも手数料も超お得!

【当サイトで今一番人気!】QUOINEX

人気のリップルとネムを両方を日本で唯一現物取引できる取引所!注目のQASHも取引できる!

【今大注目!】DMM Bitcoin

日本で世界で注目のアルトコインを唯一レバレッジ取引できる大注目の取引所!

※【注意】絶対に複数取引所に登録して資産を分散しておきましょう!資産を失うリスクがあります!

bitpay・copayとは?

bitpay・copayとは簡単に言うと「ビットコインウォレット」です。

「お金」を日常的に取り扱う時に必要なのは「サイフ」で、管理・保管などをしておくのが一般的に「銀行」ですから、bitpay・copayはビットコインのための「サイフと銀行」ということになります。

その「サイフと銀行」をモバイルアプリ・デスクトップアプリにし、いつでもどこでもビットコインの残高確認や送金・出金・入金ができるのがbitpay・copayになります。

安全性が高い

ビットコイン用のウォレットはウェブウォレット・ハードウォレット・ペーパーウォレットなどがありますが、bitpay・copayは「ローカルウォレット(モバイルウォレット・デスクトップウォレット)」と言います。

それぞれのビットコインウォレットにメリット・デメリットはありますが、bitpay・copayが高く評価される理由は、ウェブウォレットよりも安全かつローカル(ネットに繋がない)アプリなのでいつでもチェックできるところです。

copayとbitpayはほぼ同じ

copayはbitpay社が開発元です。元々スマホアプリ用だったcopayとPC用アプリとして開発したbitpayの新規アップデート時にcopayはbitpayに統合されました。

ですが、現在でもcopay自体はまだあり使うこともできますし、bitpayとの操作方法などはほぼ同じです。

登録や使い方など操作性がシンプル

bitpay・copayは共に登録や使い方が簡単でとてもシンプルな操作性になっているのも、ビットコインウォレットとして選ばれる理由の一つです。

bitpayの特徴

bitpayの安全性や利便性などの特徴をご紹介いたします。

アカウント方式ではないため、非常に高いセキュリティを維持できる

アカウント方式とは、Googleなどでもあるように「メールアドレスとパスワード」などの組み合わせによりインターネット上でログインして色々なことができるという方法ですが、bitpayはアプリをインストールした端末により「秘密鍵」というものを用いて管理します。

「公開鍵」により作成されたビットコインアドレスに「秘密鍵」をすることで、初めて送金先に送金が可能になります。よって「秘密鍵」が奪われなければ不正送金はできないことになります。

インターネット上でのアカウントによるログインが必要ないため「ローカルウォレット」と呼ばれ、アカウントを乗っ取られて資産を勝手に送金・出金などされないという安全性を確保しています。

注意が必要なのは、クラウドではないのでウェブ上にバックアップはありません。ウェブウォレットであれば、アカウントによるログインさえすればどんな端末でもビットコインの残高確認や出金・入金・送金などの手続きができます。

ですが、万が一bitpayで管理しているウォレット端末を紛失すると、ビットコインを送金や出金ができなくなります。

モバイル、デスクトップ全てのウォレットに対応

前述のとおり、端末一台で管理をしているとその端末を紛失などした場合、ウォレット内の資産であるビットコインも失うことになります。そこで、bitpayには便利なシステムが備わっています。

bitpayはスマホ・タブレットなどのモバイルウォレットやPCのデスクトップウォレットに対応しており同期もできます。万が一スマホを紛失した・PCが壊れたなどとなっても、同期していると両方の端末でウォレットを管理しているので、資産を失うリスクがなくなります。

外出中はスマホやタブレットで出金・入金・送金を。家にいるときはPCで出金・入金・送金ができるので、本当にいつでもどこでも使えるビットコインウォレットです。

複数のウォレットを一元管理できる

アプリにウォレットをインポートすることにより複数のウォレットを一元管理できます。仕事用やプライベートなどで使い分けているビットコインウォレットをbitpayひとつで管理できるということです。

利便性を「普段のお金とサイフ」で例えると、仕事用とプライベート用で財布を使い分けているとき、休日に仕事用のお金をプライベート用のサイフに移したとします。移したことを忘れて仕事の時に仕事用のサイフを見るとお金が入っていない…ということになります。

注意点は、アプリ内で一元管理していますがウォレットはそれぞれ独立しているので、ウォレット間を仮想通貨が移動すると手数料が発生しますのでご注意を。

BCH(ビットコインキャッシュ)にも対応

BCH(ビットコインキャッシュ)は2017年8月に誕生した新しい仮想通貨ですが、たった3か月(2017年11月)で時価総額は数ある仮想通貨の中で5本の指に入るほどになりました。

そんなBCHに対応しているウォレットはそう多くありませんが、bitpayは2017年9月より、早くもBCHにも対応しました。

BCH(ビットコインキャッシュ)についてこちらで詳しく掲載されておりますので参考にしてみてください。

Thumbビットコインキャッシュ(BCH)とは?特徴・ビットコインとの違い・今後の将来性を解説! | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

マルチシグにも対応

bitpayは「マルチシグ」というセキュリティシステムに対応しています。マルチシグとはマルチシグネチャの略称で、ビットコインなどの仮想通貨を送金するときに複数の「秘密鍵(署名)」が必要なシステムです。

これにより、例えばウォレット端末の秘密鍵が「赤・黒・黄色」だとします。このうち二つの署名が正しく入力されないと送金は行えません。

1つの秘密鍵が万が一流出したとしても、残り二つの署名がわからない限りは何もできないということになります。近年急速に伸びてきた仮想通貨のセキュリティ問題をクリアしたビットコインのイノベーションと言えるでしょう。

シングルシグ(シングルシグネチャ)と言うのもありますが、違いは「秘密鍵」の数です。シングルシグネチャでは1つの秘密鍵、マルチシグでは3つの秘密鍵になります。

また取引承認時間にも差があると言われ、シングルシグのウォレットよりもマルチシグのウォレットの方が取引承認時間が短いものが多いです。

デビットカードにも対応

bitpayはビットコインデビットカードにも対応しています。これがcopayとの唯一の大きな差と言えるでしょう。

ビットコインでの決済サービスはまだまだ普及していませんが、デビットカードとなると、デビットカードに対応した店舗ならbitpayのウォレットからビットコイン決済ができるようになります。

※現在は2017年10月にVISAの新設ライセンスによりアメリカ・ヨーロッパ以外の居住者によるデビットカード利用ができなくなっています。

日本語対応している

ビットコインウォレットで日本語に対応しているものは多くありません。特にローカルウォレットのようにアプリで使用できるものは限られており、bitpay・copayは海外産でありながら日本語に対応している少数派のビットコインウォレットになります。

bitpayの登録方法・使い方

bitpayの登録方法や設定方法などの使い方を解説します。今回は「bitpayをスマホで使用する場合」についての解説になります。端末はAndroidです。

登録はとても簡単で所要時間は5分程度で終わります。

※アプリインストール方法については省略します。

bitpayの登録の手順

bitpayの登録手順①

アプリをインストールし起動すると、上記の画面になりますので赤枠の「始めよう」をクリックしてください。

bitpayの登録手順②

簡単な説明が記載されています。スワイプして次に進んでください。右上の「スキップ」をクリックすると登録手順④に飛びます。

bitpayの登録手順③

こちらも簡単な説明になります。スワイプしてください。

bitpayの登録手順④

赤枠の「ビットコインウォレット作成」をクリックします。

bitpayの登録手順⑤

送金時に必要なパスワードを設定します。赤文字で注意書きがあるように、パスワードのリセット機能がないので確実に控えましょう。

パスワードを控える際は、スクリーンショットや端末内のメモ機能などではなく、手書きでメモ帳などに控えた方が安全です。

bitpayの登録手順⑥

bitpayではメールアドレスを登録しておくとビットコインの送金時に、メールによる通知をしてくれます。また、bitpayからの…にチェックを入れておくと更新情報などをいち早く知ることができます。

こちらは任意なのでスキップすることもできますが、初めにしておいた方が便利かと思います。

ここまで見ると、「アカウント登録」のように見えますが、登録したパスワードやメールアドレスはアカウントによるログインをするために必要なものではありません。

bitpayの登録手順⑦

こちらも任意になりますがこの時点でしておいた方が便利です。画面に記載されている通り、クラウドへの保存もスマホでの標準バックアップも行われませんので、やり忘れたまま機種変更などをするとウォレットに保管しておいたビットコインが永久に失われる可能性があります。

bitpayの登録手順⑧

画面の内容をよく読み赤枠の「分かりました」をクリックします。

画面の注意を見ると大げさに見えますが、資産管理でのセキュリティはとても大事です。ATMで誰かに見れるように暗証番号を入力したら、見ている人がキャッシュカードを拾った時にすぐに出金されてしまいます。

ここで言われている復元フレーズとは登録手順⑪に出てくる、「12個のランダムな単語」になります。これが他人にばれてしまうと、アカウントや銀行の暗証番号がバレてしまうのと同じことです。

bitpayの登録手順⑨

画面をスクリーンショットや他のスマホで撮影すると危険なので注意が出ます。絶対に手書きで保管しましょう。

画面の内容に承知したら「承知しました」をクリックします。

bitpayの登録手順⑩

登録手順⑤で設定したパスワードの入力画面です。パスワードを入力し「OK]をクリックします。

 

bitpayの登録手順⑪

登録手順⑧でも説明した通り、「12個のランダムな単語」が並んでいます。順番も重要になりますので左上から右へと順番にメモしましょう。ゆっくりで大丈夫なので丁寧に記入することをお勧めします。

何度も言いますが、スクリーンショットや他の端末での撮影は全体にしないことを推奨します。もちろんメモもなくしたり盗まれたりしたら終わりですが、危険性はインターネットにつながる環境であるデジタル機器の方が圧倒的に高くなります。

bitpayの登録手順⑫

登録手順⑪にあった「復元フレーズ」を左上からあった順にクリックしていきます。順番通りでないといけないのでゆっくりと慎重にやりましょう。

bitpayの登録手順⑬

バックアップが完了になります。復元フレーズはウォレットとして利用している以上は必ず重要になります。大切に保管しましょう。万が一無くした場合、ウォレットにビットコインが入金されていると、入金されているすべてのビットコインがなくなることと同じです。

クレジットカードやキャッシュカードは紛失しても再発行などをしてくれますし、銀行のお金が無くなるというわけではありませんが、ビットコインウォレットであるbitpayの場合はアプリを削除するか端末を紛失した場合、復元フレーズが分からなければ終わりです。

またそれを保証してくれるシステムはbitpayにはありませんので保管はすべて自己責任になります。

bitpayの登録手順⑭

画面の内容をよく読み、それぞれにチェックを入れます。

bitpayの登録手順⑮

最後の確認になります。「利用規約」をクリックするとbitpayを利用する上での重要事項が出ますのでよく読みましょう。

読んで承諾する場合、チェックを入れ「承諾して終了する」をクリックします。

そしてビットコインウォレット完成です。

これでbitpayの登録は完了になります。基本的な登録方法はアカウント作成を求められるアプリやウェブサイトの方法と同じ要領です。

重要事項なので再度繰り返し申し上げますと、パスワードや復元フレーズは必ず手書きのメモなどで控えて、厳重に保管しましょう。ビットコインは大事な資産です。

bitpayの設定画面を解説

bitpayアプリの使い方について解説します。

bitpayの使い方①設定画面

画面下に「ホーム・受取・スキャン・送信・設定」とあるので「設定」をクリックすると上記の画面になります。

スワイプすると「Bitcoin Cash・通知設定・言語…」とあります。更にスワイプすると「個人用ウォレット設定…」などがありますが、それは後程ご説明いたします。

bitpayの使い方②言語設定

設定画面の「言語設定」をクリックします。

bitpayの使い方③

初めは「English」になっているか、アプリの不具合で「English」に戻る場合がありますので「日本語」にしたいときはこちらで設定します。

bitpayの使い方④ビットコインネットワークの手数料設定

ビットコインネットワークの手数料を設定します。ビットコインを送金する際の送金手数料になります。手数料レートによって承認時間が変わるのでお好みに合わせて設定しましょう。

bitpayの使い方⑤

手数料についての記述と平均承認時間・手数料レートがあります。スワイプすると選択画面になりいずれかを選択します。最初は「通常」になっています。

レートに関しては現在のレートになり、変動しますのでご注意ください。

bitpayの使い方⑥

「緊急」と「超節約」の画面です。現在でのレート差は143になり緊急の方が高くなりますが、平均承認時間は3時間40分も緊急の方が早くなります。

まとめると、
緊急:承認20分・レート244
優先:承認20分・レート163
通常:承認30分・レート163
節約:承認1時間・レート163
超節約:承認4時間・レート101
になります。

こう見ると「優先」が一番良いように見えますが、あくまで時間は平均であり、やはり「緊急」の方が平均より早く承認されることが多いようです。

bitpayの使い方⑦アプリロック設定

アプリをロックできます。設定はPINか指紋認証になります。アプリをロックすることによってさらにセキュリティを強化することができます。

bitpayの使い方⑧

ロック方法選択画面になります。無効にチェックがあると何も求められずアプリが起動します。「PINでロック」を選択すると真ん中の画面になり4桁のコードを選びます。指紋認証は、使っている端末で設定している場合はそのままの状態で指紋認証ができます。

指紋認証を使っていない場合は指紋の登録が必要になります。

bitpayの使い方⑨個人用ウォレット

設定画面下の方に「個人用ウォレット」とありますので、それをクリックすると上記画面になります。登録時にしなかったバックアップがこちらではできます。名前や色も変えられるので「プライベート・仕事」などと名前を変えると使いやすくなります。

bitpayの使い方⑩通知設定

クリックすると登録時に登録したメールアドレスが表示されます。また3種類の通知のオン・オフを切り替えられます。

以上が基本的な使い方になります。次に送金方法(入金・出金)について説明いたします。

bitpayでのビットコインの送金方法(入金・出金)

ビットコインウォレットでの「入金」とは取引所から受け取る(ウォレットに入れる)・他の人から受け取る、「出金」とは正確には「送金」となります。通常の「お金を銀行に入金する」「お金を出金する」というイメージとは少し違います。

bitpayでのビットコインの入金方法

bitpayへの入金方法①

画面下部の「受取」をクリックしてください。

bitpayへの入金方法②

上記のような画面になります。中央にQRコードが表示され、その下部(黒塗り部分)にはビットコインアドレスが表示されます。

こちらのQRコードを送信元の取引所や送金してくれる相手に読み込ませます。または、ビットコインアドレスをコピー&ペーストなどして入力します。送信元で送金処理をし承認されると、bitpayに入金が表示されます。

このとき通知設定をしていると入金について通知がくるのでわかりやすいです。

bitpayでのビットコインの出金方法

次に出金(送金)方法になります。

bitpayの送金方法①

「受取」と同じように画面下部の「送信」をクリックします。

bitpayの送金方法②

ビットコインがウォレットに入っていない場合は上記のような画面になります。ウォレットに「入金」が必要になります。

入金されているビットコインを出金(送金)する場合は、「受取」の逆で送金先のQRコードを読み取り、またはアドレスをコピー&ペーストます。アドレス取得後は送金する金額を入力し、間違いがないことを確認し「送金」をクリックします。あとは承認されるのを待つだけです。

通知設定をしている場合は「送金」も承認されると通知がきます。

出金とは現実にお金が出ることではない

「お金」でイメージすると、「出金」とはATMなどにより口座から手元に引き出すイメージではないでしょうか。

ビットコインは物理的な貨幣は存在しないのでイメージしにくいですが、わかりやすく表現するなら口座からの振り込み・送金に近くなります。

またbitpayでは複数ウォレットを一元管理できるので、自分のウォレットから別の自分のウォレットに送金するということもあり、bitpayではそれが簡単に行えるということになります。

bitpayに関するよくある質問

bitpayに関するよくある質問を解説を交えご紹介します。

APIの取得はできるの?

APIとはアプリケーションプログラミングインターフェンスのことです。bitpayではAPIの取得をすることができます。

PCのbitpayサイトの画像にて説明いたします。

これはトップ画面の上部です。下にスクロールすると…

最下部の右から2番目(赤枠)に「Dvelopers」とあり、その一番上に(下線部)「Dvelopers Docs」とあるのでクリックします。

画面が移ったらスクロールし画像赤枠の「DVELOPMENT」内の「Rest API」をクリックします。

こちらの画面に切り替わるので、赤枠の「GET API TOKENS」よりAPIを取得できます。

日本語の対応はしっかりできている?

モバイルアプリでの利用は日本語対応しておりとても使いやすくなっていますが、デスクトップではまだ対応していません。またcopayはデスクトップでも日本語対応していますが、Q&Aになると英語になってしまいます。

シングルシグとマルチシグの違いは?

bitpayの特徴でも記載しましたが、シングルシグとマルチシグの違いは「鍵」の数です。シングルシグは1つで、マルチシグは3つになります。

ビットコインアドレスでの見分け方ですが、アドレスの最初の数字が「1」ならシングルシグ、「3」ならマルチシグになります。

まとめ

今回はビットコインウォレットのbitpay・copayについて解説いたしました。ビットコインの流通が増えましたが、色々とビットコインウォレットを検討しているという方のお力になれればと思います。

「財布選び」はとても大事ですので、ぜひ参考にしてみてください。

今回紹介したbitpay・copayは取引所と同じくらい便利でさらに、セキュリティが高いのですが、それでもそこまで高いとは言えません。

そこでbitpay・copayよりもセキュリティの高いハードウェアウォレットの利用をおすすめします!

ハードウェアウォレットでオススメはLedger Nano Sです!
対応通貨が多くリップル(Ripple)にも利用できます。

少しコストはかかりますが、それで大事な資産を守れると考えるとか必ず利用をしておくことをおすすめします!

Ledger Nano Sは現在偽物が多く出回っており、ちゃんと公式サイトでの購入を必ずしてください。
Amazon上では現在市場価格よりも高くなっており偽物もあるので購入はお勧めできません。

Ledger Nano Sの公式販売店のサイトはこちらです!

ハードウェアウォレットについてはこちらで詳しく解説しています。

Thumbハードウェアウォレットの仕組み・使い方とおすすめを徹底比較! | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

この記事を読んだ方はこちらも読んでいます

Thumb分散型取引所(DEX)とは?中央集権型取引所との違いやメリット・デメリット | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]
Thumbビットコインのペーパーウォレットの作り方・使い方・保管方法を解説! | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]
Thumbデスクトップウォレットはおすすめと使い方!メリット・デメリットを紹介 | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

徹底比較!2018年度版オススメ取引所ランキング

迷ったらまずこの取引所!初心者の人にオススメ取引所をご紹介!

安心・安全が一番!という人ならbitFlyer

bitFlyerは世界で最もセキュリティの高い取引所!

国内で唯一ハッキングへの補償もしている安心の取引所!

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

☛bitFlyerの口座開設方法はこちらで解説!

☛bitFlyerの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

取引するのに難しい操作が心配という人はGMOコイン

初心者の人でも簡単な操作で、リップルなどの人気仮想通貨が購入可能!

運営企業も上場企業の子会社で運営面も安心!

☛GMOコインの口座開設方法はこちらで解説!

☛GMOコインの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

仮想通貨取引をしているなら持っておくべき取引所!

人気アルトコインの購入なら手数料無料のbitbank!

人気のリップル(Ripple/XRP)を手数料無料で購入ができる!

リップル以外のアルトコイン手数料も無料!

☛bitbankの口座開設方法はこちらで解説!

☛bitbankの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

手数料の安さぶっちぎり!Zaif!

日本の取引所で手数料が最もお得な取引所!

ビットコインは取引すればするほどビットコインをもらえる!

海外取引所を利用するならZaifでのビットコイン購入がおすすめ!!

☛Zaifの口座開設方法はこちらで解説!

☛Zaifの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

人気通貨を唯一レバレッジ取引できるDMM Bitcoin

人気のリップルとネム、ライトコイン等を唯一レバレッジ取引できる!

レバレッジ取引も安心してできる仕組みを取り入れていて安心!

☛DMM Bitcoinの口座開設方法はこちらで解説!

☛DMM Bitcoinの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

関連するまとめ

仮想通貨取引所ランキング

  • No.1bitFlyer(ビットフライヤー)
    Bitflyerビットフライヤーは私もビットコイン取引で頻繁に使っている取引所の一つです!ビットフライヤーのおすすめポイント3つ!
    • ビットコイン取引日本一の使いやすさ!
    • 手数料が安い
    • 保障もあり安心の取引所
    ビットフライヤーの公式サイトはこちら!
  • No.2Zaif(Zaif)
    Zaifザイフは初心者に優しく日本で一番最初にできた仮想通貨取引所です!ザイフのおすすめポイント3つ!
    • 手数料安さ日本一!
    • 独自のサービスで魅力満点!
    • 老舗の信頼できる取引所!
    ザイフの公式サイトはこちら!
  • No.3GMOコイン
    GmoGMOコインは上場企業のグループ会社で安心の取引所です!初心者の簡単にお得に利用ができます!
    • 手数料が安く操作も簡単!
    • 上場会社のグループで安心!
    • FX取引はアプリでもできる!
    GMOコイン公式サイトはこちら!

管理人について

Widget1
仮想通貨のバブルに乗ってミリオネアを目指す26歳の仮想通貨トレーダーです。国立大学を卒業し総合系コンサル会社に入社→仮想通貨にハマり2年で退職し仮想通貨投資暦2年
50万の初期投資から貯金1200万(※2017年11月現在)
元々はフィンテック関連企業のアサイン経験からブロックチェーンの勉強をし、途中から投資を始めました。情弱だったことから起きた個人的な失敗談や、技術的な話を理解せずに投資をする友人達の失敗を見て本当に必要な情報を初心者〜中/上級者の方に向けて発信して行こうと思います。
僕が使っている取引所/トレード・保有してるコイン/参加したICOはこちら!

管理人のツイート

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ
Bitflyer side