ユニコーン企業のCoinbase(コインベース)社とは?

Coinbase(コインベース)社はビットコイン取引所を運営するベンチャー企業です。企業価値が10億ドル(約1140億円)以上で未公開の企業のことをユニコーン企業と言いますが、Coinbase(コインベース)社は世界が注目するユニコーン企業です。

ユニコーン企業のCoinbase(コインベース)社とは?のイメージ

目次

  1. 1Coinbase(コインベース)とは?
  2. 2Coinbase(コインベース)社に三菱東京UFJ銀行が出資?
  3. 3なぜ三菱東京UFJ銀行は先行して仮想通貨技術に投資するのか?
  4. 4Coinbase(コインベース)は仮想通貨業界初のユニコーン企業
  5. 5Coinbase(コインベース)の今後
  6. 6Coinbase(コインベース)まとめ
当サイトで人気の仮想通貨取引所ランキング!
まだ一つしか取引所を持っていない人は必ず複数に登録をして安全に取引をしましょう!
【1位】Zaif(ザイフ)

取引手数料の安さNO.1!本サイト1番のオススメ取引所!

【2位】bitFlyer(ビットフライヤー)

ビットコイン取引量、国内ユーザー数が日本一の信頼できる取引所!

【3位】GMOコイン

初心者の人に1番おすすめ!簡単に取引ができて、しかも手数料も超お得!

【当サイトで今一番人気!】QUOINEX

人気のリップルとネムを両方を日本で唯一現物取引できる取引所!注目のQASHも取引できる!

【今大注目!】DMM Bitcoin

日本で世界で注目のアルトコインを唯一レバレッジ取引できる大注目の取引所!

※【注意】絶対に複数取引所に登録して資産を分散しておきましょう!資産を失うリスクがあります!

Coinbase(コインベース)とは?

Coinbase(コインベース)とは2012年に設立された世界最大の仮想通貨取引所を運営するベンチャー企業です。創立わずか5年で仮想通貨のリーディングカンパニーになったわけですから、世界が注目するのも無理はありません。宿泊先の検索サイトとして知られている米国のAirbnb(エアービーアンドビー)でソフトエンジニアをしていたブライアン・アームストロング氏と、ゴールドマン・サックスの為替ディーラーだったフレッド・エアサム氏が共同で設立した会社です。
 

Coinbase(コインベース)への華麗なる転身

アームストリング氏Airbnb(エアービーアンドビー)にいた時から宿泊料金の簡便な支払い方法を考えていたといわれており、ビットコインの利便性に注目していました。一方のエアサム氏は為替ディーラーとして世界中の通貨に精通しており、早くから通貨の代替としてのビットコインに関心を持っていたといわれています。ゴールドマンを退職してベンチャービジネスに参入したわけですが、Coinbase(コインベース)の企業価値がわずか5年で10億ドルを突破してユニコーン企業と呼ばれるようになったわけですから先見の明があったと言っていいでしょう。仮想通貨市場への参入は華麗なる転身になりました。

Coinbase(コインベース)社に三菱東京UFJ銀行が出資?

MUFGコインを開発

そうです、そのCoinbase(コインベース)に日本のメガバンクを代表する三菱東京UFJ銀行が出資をしたのです。出資だけではありません。仮想通貨を日本で広めるために広範に業務提携することも決めました。三菱東京UFJ銀行は水面下で、仮想通貨やこれを実現するためのベースになっているブロックチェーンという新しい技術の研究に力を入れています。仮想通貨の幕開けに備えているのです。

行員同士で決済

すでに「MUFGコイン」という仮想通貨をつくっていて、自行の行員同士の決済や行内での支払いに使ったりしています。来るべき仮想通貨の時代に備えて三菱東京UFJ銀行はCoinbase(コインベース)に出資すると同時に、グループ企業を含めて広い範囲で仮想通貨市場に参入するための準備を始めているのです。こうした企業戦略に沿って三菱東京UFJ銀行はCoinbase(コインベース)社への出資と提携を進めています。

なぜ三菱東京UFJ銀行は先行して仮想通貨技術に投資するのか?

金融機関の経営環境は悪化

低金利時代を迎えて実は金融機関をめぐる経営環境は非常に厳しくなっています。目先利益は出ているのですが、大企業は多くが自己資金で設備投資が賄えるようになっており銀行の収益源である貸し出しは伸び悩んでいるのです。加えて、キャッシュを取り扱っている以上金融機関の業務には必要以上に人手がかかります。

金融機関というのは外見は高度にシステム化されているように見えるのですが、裏側は実はローテク頼みの高コスト体質なのです。こうした構造を打開するための方策がブロックチェーンを使ったフィンテックです。三菱東京UFJ銀行に限らず、将来の体質改善の決め手が仮想通貨というわけです。

Coinbase(コインベース)は仮想通貨業界初のユニコーン企業

ユニコーン企業とは?

どうしてCoinbase(コインベース)をユニコーン企業というのでしょう。ユニコーンギリシャ神話に出てくる一角獣のことで、頭に角が一本しかありません。動物は普通2本の角を持っているのですが、一本しか角がないユニコーンは神話の世界でも滅多にお目にかかれない希少性の高い珍しい動物に数えられているのです。これが転じて成長性があり、株式を上場(公開)した時に値上がりする確率が高い企業のことを米国ではユニコーン企業と呼ぶようになったのです。希少価値が極めて高い企業ですから、将来的な成長性や株価が上昇する可能性がたかい未公開の企業ということです。

FacebookやTwitterもかつてはユニコーン企業でした。米国ではこうした企業が次から次へと登場して、米国経済の成長を支えているのです。ウーバー(Uber)やCoinbase(コインベース)の創業者であるアームストロング氏がいたAirbnb(エアビーアンドビー)もいまをときめくユニコーン企業です。中国にはスマートフォンメーカーのXiaomi(小米科技、シャオミ)があります。このように、これからもニコーン企業が世界中で誕生するでしょう。  
 

日本のユニコーン企業は?

では、日本のユニコーン企業にはどんな会社があるでしょうか。すぐに思いつくのはLINEメルカリDMMといった会社です。ただ日本の場合は米国や中国に比べると企業規模は多少見劣りします。日本は昔からベンチャービジネスとして起業する企業の数が多くありませんでした起業に失敗しその後の再起が難しかったりベンチャー企業に投資をする投資家も多くありませんでした。

そんな日本も徐々に雰囲気が変わってきました。いま流にいえばユニコーン企業だったソフトバンクの成功で日本の企風土もユニコーン企業の育成に前向きになってきました。Coinbase(コインベース)のようなベンチャー企業を育成しようという投資家が増えてきているのです。日本もこれからはユニコーン企業が活躍するようになるでしょう。

Coinbase(コインベース)の今後

Coinbase(コインベース)の今後をどうみればいいのでしょうか。ひとえにそれは仮想通貨であるビットコインの成長性にかかっていると言っていいでしょう。ビットコインの値段はこれまで乱高下を繰り返しながら上昇してきました。1ビットコインが黎明期には1〜2ドルでしたが、その後、認知度が上がってほぼ一直線の右肩上がりに上昇してきました。直近ではドルで7000ドル、日本円にすると80万円を上回っています。

仮想通貨が広く流通していたのは中国ですが、中国政府はビットコインをはじめ仮想通貨の管理を強化しており、いまは全く流通していません。国によって政府や中央銀行の対応は異なりますが、仮想通貨に対する規制は厳しくなっています。

それでもビットコインをはじめ仮想通貨の利用は決済や支払い手段、国際間の送金手段、換金など徐々に利用範囲が広がっています。こうしたことを考えると世界最大の仮想通貨取引所であるCoinbase(コインベース)の今後は明るいとみていいでしょう。

Coinbase(コインベース)まとめ

以上みてきた通りCoinbase(コインベース)ユニコーン企業であり、将来的に期待が大きいベンチャー企業です。仮想通貨市場に参入する人が増えればふえるほど三菱東京UFJ銀行のように提携する銀行や企業が増えるでしょう。Coinbase(コインベース)の運営する仮想通貨取引所を利用する個人が増えれば増えるほどCoinbase(コインベース)の可能性は大きくなります。ビットコインをはじめ仮想通貨に関心をお持ちの皆さんは今後のCoinbase(コインベース)から目を離さないほうがいいでしょう。

Thumb仮想通貨取引所を徹底比較!国内取引所まとめ一覧表【最新版】 | BtcFeed

徹底比較!2018年度版オススメ取引所ランキング

迷ったらまずこの取引所!初心者の人にオススメ取引所をご紹介!

安心・安全が一番!という人ならbitFlyer

bitFlyerは世界で最もセキュリティの高い取引所!

国内で唯一ハッキングへの補償もしている安心の取引所!

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

☛bitFlyerの口座開設方法はこちらで解説!

☛bitFlyerの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

取引するのに難しい操作が心配という人はGMOコイン

初心者の人でも簡単な操作で、リップルなどの人気仮想通貨が購入可能!

運営企業も上場企業の子会社で運営面も安心!

☛GMOコインの口座開設方法はこちらで解説!

☛GMOコインの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

仮想通貨取引をしているなら持っておくべき取引所!

人気アルトコインの購入なら手数料無料のbitbank!

人気のリップル(Ripple/XRP)を手数料無料で購入ができる!

リップル以外のアルトコイン手数料も無料!

☛bitbankの口座開設方法はこちらで解説!

☛bitbankの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

手数料の安さぶっちぎり!Zaif!

日本の取引所で手数料が最もお得な取引所!

ビットコインは取引すればするほどビットコインをもらえる!

海外取引所を利用するならZaifでのビットコイン購入がおすすめ!!

☛Zaifの口座開設方法はこちらで解説!

☛Zaifの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

人気通貨を唯一レバレッジ取引できるDMM Bitcoin

人気のリップルとネム、ライトコイン等を唯一レバレッジ取引できる!

レバレッジ取引も安心してできる仕組みを取り入れていて安心!

☛DMM Bitcoinの口座開設方法はこちらで解説!

☛DMM Bitcoinの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

関連するまとめ

仮想通貨取引所ランキング

  • No.1bitFlyer(ビットフライヤー)
    Bitflyerビットフライヤーは私もビットコイン取引で頻繁に使っている取引所の一つです!ビットフライヤーのおすすめポイント3つ!
    • ビットコイン取引日本一の使いやすさ!
    • 手数料が安い
    • 保障もあり安心の取引所
    ビットフライヤーの公式サイトはこちら!
  • No.2Zaif(Zaif)
    Zaifザイフは初心者に優しく日本で一番最初にできた仮想通貨取引所です!ザイフのおすすめポイント3つ!
    • 手数料安さ日本一!
    • 独自のサービスで魅力満点!
    • 老舗の信頼できる取引所!
    ザイフの公式サイトはこちら!
  • No.3GMOコイン
    GmoGMOコインは上場企業のグループ会社で安心の取引所です!初心者の簡単にお得に利用ができます!
    • 手数料が安く操作も簡単!
    • 上場会社のグループで安心!
    • FX取引はアプリでもできる!
    GMOコイン公式サイトはこちら!

管理人について

Widget1
仮想通貨のバブルに乗ってミリオネアを目指す26歳の仮想通貨トレーダーです。国立大学を卒業し総合系コンサル会社に入社→仮想通貨にハマり2年で退職し仮想通貨投資暦2年
50万の初期投資から貯金1200万(※2017年11月現在)
元々はフィンテック関連企業のアサイン経験からブロックチェーンの勉強をし、途中から投資を始めました。情弱だったことから起きた個人的な失敗談や、技術的な話を理解せずに投資をする友人達の失敗を見て本当に必要な情報を初心者〜中/上級者の方に向けて発信して行こうと思います。
僕が使っている取引所/トレード・保有してるコイン/参加したICOはこちら!

管理人のツイート

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ
Bitflyer side