仮想通貨Burst(バースト)の特徴・チャート・購入方法(買い方)・取引所・将来性

仮想通貨Burst(バースト)は余ってるHDD(データ容量)で報酬を受け取れる! チャートが伸び始めている仮想通貨Burst(バースト)の特徴やチャート、取引所での購入方法をご紹介! おすすめの取引所での購入方法もお教えします!

仮想通貨Burst(バースト)の特徴・チャート・購入方法(買い方)・取引所・将来性のイメージ

目次

  1. 1HDD(データ容量)が報酬になる! 仮想通貨Burst(バースト)
  2. 2仮想通貨Burst(バースト)とは?
  3. 3Burstの特徴
  4. 4Burstの相場チャート・価格推移
  5. 5Burstが購入できる取引所一覧
  6. 6Burstの購入方法の手順
  7. 7Burstのおすすめウォレット
  8. 8Burstの今後の将来性
  9. 9仮想通貨Burst(バースト)まとめ
当サイトで人気の仮想通貨取引所ランキング!
まだ一つしか取引所を持っていない人は必ず複数に登録をして安全に取引をしましょう!
【1位】Zaif(ザイフ)

取引手数料の安さNO.1!本サイト1番のオススメ取引所!

【2位】bitFlyer(ビットフライヤー)

ビットコイン取引量、国内ユーザー数が日本一の信頼できる取引所!

【3位】GMOコイン

初心者の人に1番おすすめ!簡単に取引ができて、しかも手数料も超お得!

【当サイトで今一番人気!】QUOINEX

人気のリップルとネムを両方を日本で唯一現物取引できる取引所!注目のQASHも取引できる!

【今大注目!】DMM Bitcoin

日本で世界で注目のアルトコインを唯一レバレッジ取引できる大注目の取引所!

※【注意】絶対に複数取引所に登録して資産を分散しておきましょう!資産を失うリスクがあります!

HDD(データ容量)が報酬になる! 仮想通貨Burst(バースト)

仮想通貨Burst(バースト)はご存じですか? HDD(データ容量)を利用したマイニング方法と、今仮想通貨の多くが導入している有名なシステムの先駆けとなったアルトコインなんです。

今回は仮想通貨Burst(バースト)の以下3点について見ていきましょう!
 

  • 仮想通貨Burst(バースト)の特徴
 
  • 仮想通貨Burst(バースト)のチャート取引所での購入方法
 
  • 仮想通貨Burst(バースト)のウォレット将来性

仮想通貨Burst(バースト)とは?

①仮想通貨Burstの概要

発行日 2014年6月
アルゴリズム PoC
名称 BURST
上限 21億BURST          
送信時間
(ブロック生成時間)
約4分
時価総額(2018/02/03現在) 約59億円
時価総額ランキング 205位
現在価格 約3円

②仮想通貨Burstの基本情報

仮想通貨Burst(バースト)は時価総額ランキング205位に位置付くアルトコインです。

ビットコインと同じく、ブロックチェーンを利用した支払プラットフォームで使えるアルトコインです。同じ仮想通貨であるNxt(ネクスト)をベースにした発行機能を持っています。

ビットコインの欠点を改良した「ビットコイン2.0」の一つとも言われている仮想通貨Burst(バースト)、どのような特徴があるのか、詳しく見ていきましょう。

Thumb仮想通貨NXT(ネクスト)とは?特徴・チャート・購入方法(買い方)・取引所解説 | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

Burstの特徴

①マイニングの承認システム

Burst(バースト)のもっとも個性的な特徴は、「PoC(プルーフ・オブ・キャパシティ)」と言われるマイニングのアルゴリズムです。

キャパシティとは容量、マイニングではデータ容量を表す「HDD」を指します。つまりBurst(バースト)のマイニングはあらかじめマイナーが取引認証の手順をHDDに保存し、マイニングにはその保存したものを利用する方法です。

一回一回行っていたマイニングの解読が効率化するため、ビットコインより速い時間で送金が可能です。ビットコインが10分にたいし、Burst(バースト)は約4分で完了させることができます。

また、HDDの量が報酬になるため、HDDがあればマイナーに限らず一般ユーザーでもマイニングに参加が可能であることも大きなメリットといえます。

②電力コストを抑える

HDDで半自動化させるマイニング「PoC」は高速化だけでなく、電気コストも圧倒的に少なくすることが可能です。

マイニング一回で400KWhかかるビットコインに対し、Burst(バースト)は1KWhで済みます。400分の1は圧倒的ですね。

電気代が抑えられるため、ビットコインのようにマイニングを行う会社も電気代の安い国に限定することもありません。

HDDによる効率化の上、コスト軽減も可能な面は非常に将来性が高い技術でしょう。

③中央集権にならない

HDDで半自動化したPoCには、まだメリットがあります。Burst(バースト)はPoCにより、完全な非中央集権型であるといえます。

ビットコイン含め「ブロックチェーン」は相手と直接的な取引を行うため、中央集権にならない(分散型である)ことがメリットとされています。

しかし、ビットコインのマイニング方法であるPoW(プルーフ・オブ・ワーク)はマイナーの技術力が高いほど報酬があがるため、一部のマイナーが独占的な取引認証を行う結果になってしまいます。

ビットコインの現在のシステムでは、完全な非中央集権とは言い難いのです。

しかし、Burst(バースト)はHDDの量が報酬になります。マイナーに限らず一般ユーザーでもマイニングに参加が可能であり、HDDの持つ人は世界中に分散しているため、理想的な分散型を維持することができます。

その問題を解決するために生まれた通貨がビットコインゴールドですが、それほどこのマイナーの独占は重大な問題です。

ThumbBitcoin Gold(ビットコインゴールド/BTG)の特徴・チャート・購入方法(買い方)・取引所・将来性 | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

④スマートコントラクトを世界で初めて導入した

実は、初めて「スマートコントラクト」を導入したのはBurst(バースト)です。

スマートコントラクトといえばイーサリアムを思い浮かべる方も多いと思いますが、それよりも以前にBurst(バースト)が導入していました。(イーサリアムは2015年上場)

スマートコントラクトにより、Burst(バースト)も自由度の高い取引が可能です。送金時に契約条件なども添え付けたり、宝くじの抽選の当選も不正無く行えます。オークションにも利用できます。

Burst(バースト)はさまざまな取引を行える、世界初の柔軟性の高いアルトコインなのです。

Thumbイーサリアムとは?仕組みや購入方法などの基本的なことを解説! | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]
Thumbイーサリアム(ETH)のマイニング方法とは?難易度と今後の可能性について | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

Burstの相場チャート・価格推移

Burst(バースト)の特徴を見ていただいたところで、次にBurst(バースト)の価格チャートを見ていきましょう。

Burst(バースト)は2017年初めからゆっくり右肩上がりになっていきました。高騰が目立つのは2017年12月20日頃と、2018年1月3日です。12月の価格は2円近い価格が7円に、1月はさらにあがり12円を超えています。

12月の上昇は特にニュースが見つけられませんでしたが、Nxt(ネクスト)がトークン配布で暴騰しているため一緒に注目されたのかもしれません。1月はロードマップ発表があり、その期待値で上ったと予想されます。

現在はやや下がり気味ですが、3月に入るまでにハードフォークを行い、PoCを改良した「PoC2」の導入取引手数料などが安くなるなど、より快適な取引に利用できるようになるようです。今後の開発に期待しましょう。

Burstが購入できる取引所一覧

ここからはおすすめの取引所とBurst(バースト)の購入方法(買い方)をご紹介します。

Burst(バースト)は現在、日本の仮想通貨取引所では取り扱っているところがありません。もし購入するのであれば、日本の仮想通貨取引所でビットコインを購入後、海外の仮想通貨取引所でビットコインで取引する、という買い方になります。

海外の仮想通貨取引所で取り扱いがあるのは、世界でも大手の「Poloniex(ポロニエックス)」「Bittrex(ビットレックス)」などがあります。

今回は世界で仮想通貨取引量1位を維持する、Poloniex(ポロニエックス)を中心にBurst(バースト)の買い方をご紹介していきます。
 

ThumbPoloniex(ポロニエックス)とは?特徴と評判を徹底解説! | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]
ThumbPoloniex(ポロニエックス)の取り扱い仮想通貨一覧!国内取引所と比較 | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]
Thumb海外仮想通貨取引所で注目の取引所を比較しおすすめを特徴とともに解説! | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

Burstの購入方法の手順

それでは、Burst(バースト)の買い方をご説明しましょう。まず日本の仮想通貨取引所でビットコインを購入するところから始めます。

日本の仮想通貨取引所は「coincheck(コインチェック)」「bitflyer(ビットフライヤー)」「Zaif(ザイフ)」などありますが、今回はZaif(ザイフ)を利用した購入方法をご紹介します。

Zaif(ザイフ)は国内大手の仮想通貨取引所で、ブロックチェーンの研究を行う会社が運営しており、セキュリティ面も信頼できます。また、取引時のサービスも多く、取引するほどにプラスして仮想通貨を受け取ることもできます。

非常に安定感の強いお得な取引所と言えますので、この機会に是非Zaif(ザイフ)のアカウントを作っておくことをオススメします。

Thumbzaifの口座開設からビットコインの入金・買い方まとめ | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]
ThumbZaif(ザイフ)の評判と特徴!メリット・デメリット徹底解説! | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

①国内取引所で、日本円でビットコインを買う

それでは早速、仮想通貨取引所Zaif(ザイフ)でビットコインを購入しましょう。Zaif(ザイフ)での買い方をご紹介します。

まずZaif(ザイフ)にログインしましたら、右上のメニューが表示から「簡単売買」をクリックします。画面が下の画像のように切り替わるはずです。

変わりましたら、下に続く画像のように、赤枠のところに希望のビットコインの量を入力しましょう。日本円でも指定ができます。

金額に問題がなければそのまま「BITCOINを買う」をクリックします。数分たてば、自身のZaif(ザイフ)ウォレットにビットコインが反映されます。

②Poloniexへビットコインを送金

ビットコインの準備ができたら、海外の仮想通貨取引所Poloniex(ポロニエックス)のウォレットにビットコインを送りましょう。

「簡単売買」のあったメニューに「アカウント」がありますのでそちらをクリック後、中央の①「入出金と履歴」という項目があるのでそちらをクリックします。すると下のような画面が表示されます。

②送る仮想通貨の種類と「送金」をクリックすると、③「出金アドレス」「出金金額」「出金手数料」「2段階認証トークン」が表示されます。

アドレスはPoloniex(ポロニエックス)にある自身のウォレットアドレス、出金金額は送りたいビットコイン量を入力します。

出金手数料は無記入なら「0.0005BTC」になります。上乗せするとより速く送金が完了しますので、もし急ぎの場合は0.0005BTCより多い量を入力しましょう。

一番下の「2段階認証トークン」は、設定している人のみ表示されます。スマートフォンのアプリを利用した認証ですので、設定済の方はスマートフォンに表示される番号を入力して下さい。

すべて入力したら、一番下の「出金」をクリックしましょう。数分たてばPoloniex(ポロニエックス)に送金が完了します。

※仮想通貨は送金をミスすると戻ってきませんので、特にウォレットアドレスの間違いが無いようよく確認しましょう。

Thumbzaif(ザイフ)の2段階認証の設定と解除方法!【スマホ・PC】 | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

③PoloniexでBurstを購入

Poloniex(ポロニエックス)にビットコインが送れたら、最後にPoloniex(ポロニエックス)の取引所でBurst(バースト)とビットコインを交換しましょう!

Poloniex(ポロニエックス)にログインし、ウォレットにビットコインが入っているかまず確認した後、①で「BURST」と検索します。

そして、すぐ下の②タブをBTCに切り替えると「★BURST」と書かれた項目が表示されますのでクリックしましょう。中央のチャートが「BUEST/BTC」に切り替わり、下部の購入、売却もBURST/BTCに切り替わります。

下にスクロールすると、こちらの購入、売却があります。ビットコインで購入する場合は一番左側に、購入に使う量のビットコインの価格を入力し購入することで、Burst(バースト)と交換することができます。

また、もし指定のレートで交換したい場合は、Stop-Limit(ストップリミット)をつかうとより細かい取引を行うことができます。

Poloniex(ポロニエックス)はアメリカの最大手仮想通貨取引所で、取引量世界1位です。取り扱い通貨も有名なビットコインやBurst(バースト)の他、70種類以上の仮想通貨を取り扱っています。

Poloniex(ポロニエックス)の取引から仮想通貨全体の価格が高騰したり、価格推移の要因になることも多いでしょう。

海外の仮想通貨取引所なので日本語対応はしていませんが、取引に利用する通貨もドルや円ではなくビットコインで行うため、事前に送金するのも安く済みます。

もしZaif(ザイフ)に慣れたら、Poloniex(ポロニエックス)も利用してみることをおすすめします。

ThumbPoloniex(ポロニエックス)の取り扱い仮想通貨一覧!国内取引所と比較 | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

Burstのおすすめウォレット

Burst(バースト)には公式のウォレットがあります。Burst(バースト)のウォレットはDEX(分散型取引所)の利用や、暗号化したメッセージの送信、マイニングツールなどが利用可能となっています。

アンドロイドのみですがスマートフォンも対応しています。IOSにも対応できるよう進めているようですので、今後より扱いやすくなるでしょう。

Burstの今後の将来性

Burst(バースト)はスマートコントラクトをいち早く導入し、HDDを利用したコスト軽減とマイニング報酬の幅広さを実現した「PoCが非常に魅力的ですが、やはりイーサリアムが強すぎるのが大きなネックとなっています。

PoC自体のシステムは分かりやすく参加しやすいのに対し、あまり導入を聞かないことからも、仮想通貨全体としてはあまり受け入れられていないシステムなのでしょう。

仮想通貨保有の期間で決まるPoS(プルーフ・オブ・ステーク)がもっとも一般化しており、イーサリアムも今後PoSに切り替わるため、Burst(バースト)の魅力はなかなか広まりにくい状況です。

PoCのシステムは決して悪いものではありませんし、Burst(バースト)にしかない新しい技術が導入されれば、将来性はぐっとあがることでしょう。

仮想通貨Burst(バースト)まとめ

仮想通貨Burst(バースト)の特徴、価格チャート、取引所での購入方法や将来性についてお伝えしましたが、いかがでしょうか?

Burst(バースト)のHDDを利用したマイニングシステムは非常に魅力を感じますが、おそらく技術の高いマイナーや、そもそも仮想通貨の保有量に準する報酬の方が、恐らく仮想通貨本体の熱は上がりやすいのかもしれませんね。

Burst(バースト)と同じ特徴をもつ仮想通貨も多く出ていますし、それもふまえて今後Burst(バースト)ならではの開発が進むことが重要でしょう。今後の将来性に期待しましょう!

この記事を読んでいる人はこちらも読んでいます

Thumb仮想通貨Counterparty(カウンターパーティー/XCP)の特徴やチャートからみた今後の価格や将来性 | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]
Thumbリップル(Ripple)とは?仮想通貨の購入方法(買い方)と価格!今後は? | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]
Thumb仮想通貨ネム(XEM/NEM)の特徴・価格推移・今後の将来性を解説 | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]
Thumb仮想通貨MobileGo(モバイルゴー)とは?特徴・価格・購入方法(買い方)・取引所を解説 | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]
ThumbBytecoin(BCN)バイトコインとは?仮想通貨の特徴・価格変動・購入方法! | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

徹底比較!2018年度版オススメ取引所ランキング

迷ったらまずこの取引所!初心者の人にオススメ取引所をご紹介!

安心・安全が一番!という人ならbitFlyer

bitFlyerは世界で最もセキュリティの高い取引所!

国内で唯一ハッキングへの補償もしている安心の取引所!

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

☛bitFlyerの口座開設方法はこちらで解説!

☛bitFlyerの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

取引するのに難しい操作が心配という人はGMOコイン

初心者の人でも簡単な操作で、リップルなどの人気仮想通貨が購入可能!

運営企業も上場企業の子会社で運営面も安心!

☛GMOコインの口座開設方法はこちらで解説!

☛GMOコインの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

仮想通貨取引をしているなら持っておくべき取引所!

人気アルトコインの購入なら手数料無料のbitbank!

人気のリップル(Ripple/XRP)を手数料無料で購入ができる!

リップル以外のアルトコイン手数料も無料!

☛bitbankの口座開設方法はこちらで解説!

☛bitbankの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

手数料の安さぶっちぎり!Zaif!

日本の取引所で手数料が最もお得な取引所!

ビットコインは取引すればするほどビットコインをもらえる!

海外取引所を利用するならZaifでのビットコイン購入がおすすめ!!

☛Zaifの口座開設方法はこちらで解説!

☛Zaifの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

人気通貨を唯一レバレッジ取引できるDMM Bitcoin

人気のリップルとネム、ライトコイン等を唯一レバレッジ取引できる!

レバレッジ取引も安心してできる仕組みを取り入れていて安心!

☛DMM Bitcoinの口座開設方法はこちらで解説!

☛DMM Bitcoinの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

関連するまとめ

仮想通貨取引所ランキング

  • No.1bitFlyer(ビットフライヤー)
    Bitflyerビットフライヤーは私もビットコイン取引で頻繁に使っている取引所の一つです!ビットフライヤーのおすすめポイント3つ!
    • ビットコイン取引日本一の使いやすさ!
    • 手数料が安い
    • 保障もあり安心の取引所
    ビットフライヤーの公式サイトはこちら!
  • No.2Zaif(Zaif)
    Zaifザイフは初心者に優しく日本で一番最初にできた仮想通貨取引所です!ザイフのおすすめポイント3つ!
    • 手数料安さ日本一!
    • 独自のサービスで魅力満点!
    • 老舗の信頼できる取引所!
    ザイフの公式サイトはこちら!
  • No.3GMOコイン
    GmoGMOコインは上場企業のグループ会社で安心の取引所です!初心者の簡単にお得に利用ができます!
    • 手数料が安く操作も簡単!
    • 上場会社のグループで安心!
    • FX取引はアプリでもできる!
    GMOコイン公式サイトはこちら!

管理人について

Widget1
仮想通貨のバブルに乗ってミリオネアを目指す26歳の仮想通貨トレーダーです。国立大学を卒業し総合系コンサル会社に入社→仮想通貨にハマり2年で退職し仮想通貨投資暦2年
50万の初期投資から貯金1200万(※2017年11月現在)
元々はフィンテック関連企業のアサイン経験からブロックチェーンの勉強をし、途中から投資を始めました。情弱だったことから起きた個人的な失敗談や、技術的な話を理解せずに投資をする友人達の失敗を見て本当に必要な情報を初心者〜中/上級者の方に向けて発信して行こうと思います。
僕が使っている取引所/トレード・保有してるコイン/参加したICOはこちら!

管理人のツイート

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ
Bitflyer side