仮想通貨c0ban(コバン)の評判・チャート・購入方法(買い方)・取引所・将来性

国産の仮想通貨として話題のc0ban(コバン)。独自の取引所を所持していることでも有名ですが、実際のところその評判はどうなのか?購入するメリットはあるのか?本記事では、仮想通貨c0ban(コバン)の評判や取引所情報、購入方法などを解説します!

仮想通貨c0ban(コバン)の評判・チャート・購入方法(買い方)・取引所・将来性のイメージ

目次

  1. 1仮想通貨c0ban(コバン)とは?
  2. 2c0ban(コバン)の評判
  3. 3c0ban(コバン)のメリット
  4. 4c0ban(コバン)のデメリット
  5. 50x(ZRX)の相場チャート・価格推移
  6. 6c0ban(コバン)アプリの使い方
  7. 7c0ban(コバン)が購入できる取引所
  8. 8c0ban(コバン)のマイニング方法とおすすめウォレット
  9. 9c0ban(コバン)の今後の将来性
  10. 10c0ban(コバン)まとめ
LINEで情報をゲット!
仮想通貨関連の注目サービスや海外ニュース、その他投資情報を配信!!


仮想通貨最新ニュース btcfeed line@

当サイトで人気の仮想通貨取引所ランキング!
まだ一つしか取引所を持っていない人は必ず複数に登録をして安全に取引をしましょう!
【1位】Zaif(ザイフ)

取引手数料の安さNO.1!本サイト1番のオススメ取引所!

【2位】bitFlyer(ビットフライヤー)

ビットコイン取引量、国内ユーザー数が日本一の信頼できる取引所!

【3位】GMOコイン

初心者の人に1番おすすめ!簡単に取引ができて、しかも手数料も超お得!

【当サイトで今一番人気!】QUOINEX

人気のリップルとネムを両方を日本で唯一現物取引できる取引所!注目のQASHも取引できる!

【今大注目!】DMM Bitcoin

日本で世界で注目のアルトコインを唯一レバレッジ取引できる大注目の取引所!

※【注意】絶対に複数取引所に登録して資産を分散しておきましょう!資産を失うリスクがあります!

仮想通貨c0ban(コバン)とは?

仮想通貨c0ban(コバン)とは、2016年に公開された日本発祥の仮想通貨です。
この章では、仮想通貨c0ban(コバン)について基本的な情報をみていきたいと思います。

c0ban(コバン)は一部では詐欺の噂もあったりした通貨です。

もしもアルトコイン投資をしたいと考えていて、将来有望ですでに世界的にも認知度があり信頼できる通貨を取り引きしたいのなら有名アルトコインを多く扱っているザイフとGMOコインをおすすめします!

ザイフはモナコインやネム、COMSAなどかなり人気の通貨からまだあまり有名でない通貨まで日本で最も多くの通貨を取り扱っています!

ビットバンクはリップルも扱っていて、アルトコインの種類が多いだけでなく手数料が無料ととてもお得な取引所です!

仮想通貨c0ban(コバン)の概要

それでは、まず初めに仮想通貨c0ban(コバン)の概要をみていきましょう。
仮想通貨c0ban(コバン)について表にまとめると、以下のようになります。
 

仮想通貨名 c0ban
通貨単位 両(RYO)
総発行数 88,000,000RYO
1ブロック処理時間 32秒
最大ブロックサイズ 4MB
開発者 株式会社LastLoots
公開時期 2016年半ば

ここで注目しておきたいのは、ブロック処理時間の速さです。

c0ban(コバン)はbitcoinを元に設計されましたが、bitcoin1ブロックを生成するのに10分かかるのに対し、c0ban(コバン)32秒で1ブロックの生成を終えることができます。これはbitcoinの19倍もの速度で認証作業ができることを意味しています。

c0ban(コバン)の基本情報

続いて、仮想通貨c0ban(コバン)の基本情報をみていきましょう。

仮想通貨c0ban(コバン)は2016年半ば、株式会社LastRootsによって開発・公開されました。
開発の際には資金調達方法としてクラウドファンディングが採用され、当初の目標額だった5,000万円をわずか3日で達成するという成果をあげています。
この後、このクラウドファンディングは最終的に1億7000万円となり、国内での最高記録を塗り替えることとなりました。

技術的な仕組みとしては、オープンソース・ブロックチェーンが基本的な仕組みになっています。
仮想通貨名「c0ban(コバン)」は江戸時代の貨幣「小判」がモチーフにされたもので、通貨単位「両(RYO)」もそこに由来しています。
なお、c0ban(コバン)は株式会社LastLootsが販売しているマイニングマシーンでのマイニングが可能な仮想通貨です。

また、c0ban(コバン)は動画広告の仮想通貨でもあります。
c0ban(コバン)は動画広告に特化した仮想通貨であり、「c0ban広告アプリ」というアプリで動画を見るだけでc0ban(コバン)が獲得できる、といったユニークな特徴を持っています。(動画広告とc0banについては後ほど解説します)

c0ban(コバン)の評判

続いて、仮想通貨c0ban(コバン)の評判についてです。
ここでは、5ch、twitter上で仮想通貨c0ban(コバン)がどのような評判になっているかをみていきたいと思います。

5chでの評判

まずは、5chでの評判です。
掲示板内のいくつかの声をまとめると、以外と良い意見が見られました!

ツイッターでの評判が悪いけど、将来性はある

価格はしっかり上がっているし、今後も東京オリンピックまで持っておこうかな

という意見などもあります。

一部、c0banが提供しているウォレットサービスで2段階認証がないなどのセキュリティ面で脆弱じゃないかという指摘もありました。

(注:c0ban(コバン)には、2018年1月31日に二段階認証システムが導入されました)

ここでは、公開当初の2016年時点ではc0ban(コバン)の評判はあまり良いとは言えず、かなり厳しいコメントが多くみられました。しかし、レートが1,000円を突破した2017年12月以降はc0ban(コバン)の今後に期待する声も見かけられるようになっています。

twitterでの評判

続いて、twitterでのc0ban(コバン)の評判です。

c0ban(コバン)は2018年1月15日の終値で1500円を突破し、大きく伸びを見せています。それを受けてか、twitter上でのc0ban(コバン)の評価はまずまずで、期待の声が多くみられました。

開発陣や運営者が有能という評判

仮想通貨において重要なのは開発グループとも言われています。

詐欺だ詐欺だと言われてもしっかりとした人たちによって開発されているのであれば、風評被害なのかとも考えられますね!(Cardanoのように)

c0banの運営会社であるLastRootsの創業者は元々経営コンサルタントで、その後様々な会社を起業し、今に至るという人です。

さらに開発陣の顔ぶれもしっかりしているとされているため、プロジェクトもしっかりと運営されていくのではないかと評判があります。

仮想通貨に本気のSBIが投資

仮想通貨取引所を2月にオープンすると噂のSBIグループがc0banを運営する会社に投資をしています。

SBIといえば、仮想通貨のコメントに定評がある会長の北尾さんが先頭に立って、将来有望なRipple(リップル)と提携をするなど、仮想通貨界では今後キープレイヤーとなるでしょう。

そんなSBIに投資を受けたことでc0banの信頼度は大きく高まったといえます。

c0ban(コバン)のメリット

ここでは、c0ban(コバン)のメリットについて解説していきたいと思います。
いくつかの項目からピックアップして、「広告視聴でc0ban(コバン)が貰える」「加盟店の数が多い」「IBM BLUE HUB AWARDを受賞」の3点をお伝えしていきます。

広告視聴でc0ban(コバン)が貰える

仮想通貨c0ban(コバン)の特徴であると同時にメリットでもあるものが、広告視聴によるc0ban(コバン)の獲得です。

c0ban(コバン)は動画広告サービスの展開を念頭に開発された仮想通貨で、そのための広告動画視聴用アプリ「c0banアプリ」が存在します。

「c0banアプリ」は、アプリ内で流れる広告動画を最後まで視聴することでc0ban(コバン)が貰えるというシステムになっています。

見れば見るだけc0ban(コバン)が獲得できるので、空いた時間で手軽に手持ちのc0ban(コバン)を増やしていくことができます。

ここで獲得したc0ban(コバン)は、動画を配信している店舗または法人が提供するサービスの一部に利用することができます。

この記事の後半で「c0banアプリ」についても解説していますので、是非ご一読いただき、c0ban(コバン)の獲得にチャレンジしてみてくださいね。

加盟店の数が多い

c0ban(コバン)のメリットの2つ目は、c0ban(コバン)の加盟店の数です。

c0ban(コバン)は、公式サイトによると現在82店舗が加盟しています。
これらの店舗では、c0ban(コバン)を利用してサービスを受けることができます。インターネット上だけでなく、実際の店舗でもc0ban(コバン)を利用できるというのは大きなメリットだと言えるでしょう。

現在は写真のように飲食店がメインとなっていますが、c0ban(コバン)の伸び代次第では、今後さらに多様なジャンルの店舗との提携も期待できます。

利用できる店舗の数が増えれば増えるほど、c0ban(コバン)の仮想通貨としての価値も伸びていくことが予想されます。

IBM BLUE HUB AWARDを受賞

c0ban(コバン)のメリットの3つ目は、2016年のフィンテックサミットでIBM BLUE HUB AWARDを受賞したことです。

表彰の場となった「フィンテックサミット」とは、開催された金融庁と日本経済新聞社の共催で行われたフィンテック(金融とテクノロジーの融合)をテーマとしたグローバルサミットです。

このサミットでは、FinTechを主題としたシンポジウムの他、日本経済新聞社主催による新たなビジネス展開に向けたスタートアップ企業のプレゼンテーション・コンテスト、体験型の展示スペース、学生による金融ビジネスアイデア・コンテストなどが開催されました。

c0ban(コバン)の開発元である株式会社LastLootsは、このフィンテックサミット2016において、400組以上のエントリーからピッチ・ラン本選にノミネートされ、「IBM BLUE HUB AWARD」を獲得しています。

公的機関である金融庁と、大手新聞社である日本経済新聞社が主催となったこのサミットでの表彰は、c0ban(コバン)の社会的信用の裏付けに繋がることへの大きな期待となります。
また、これによりc0ban(コバン)の価値が上がれば、投資した際に利益を得ることも大いに可能となるでしょう。

c0ban(コバン)のデメリット

続いて、c0ban(コバン)のデメリットをみていきましょう。

どのようなものにも、メリットとデメリットが存在します。
特に、新しく誕生した仮想通貨への投資を検討しているときなどは、メリットだけでなくデメリットもしっかりと把握しておく必要があります。

詐欺という声が多い

c0ban(コバン)のデメリットの1つ目は、詐欺という声が多いという点です。

今でこそ期待の声が大きくなりつつあるc0ban(コバン)ですが、公開当初は詐欺を疑う声がかなり強かったのも事実です。

その大きな理由の一つとして考えられるのは、開発資金獲得手段として選ばれたクラウドファンディングでしょう。

結果としては大きな偉業を成し遂げた形となったc0ban(コバン)のクラウドファンディングは、c0ban(コバン)に投資した人にはリターンとして格安でc0ban(コバン)を販売するというものでした。
このときc0ban(コバン)は1RYO=65円、75円という価格設定で売却されましたが、その時点でc0ban(コバン)は1RYO=120円で売り出すと告知されていたこともあって、その価格の差から「あまりにも利率が良すぎる」と詐欺を疑う声が上がっていました。

広告を飛ばすことができない

c0ban(コバン)のデメリットのもう一つに、広告を飛ばすことができないという点があげられます。

先ほどメリットの項でご紹介したように、c0ban(コバン)は「c0banアプリ」で広告動画を視聴することによってc0ban(コバン)を獲得できるという特徴およびメリットがあります。

ですが、この「c0banアプリ」には動画の早送り機能などはなく、きちんと最後まで通常速度で再生された動画を視聴しなければなりません。
YouTubeなどで広告を飛ばすことに慣れている人には、少々気長に待っていただく必要があります。

逆に言えば、広告動画を最後まできちんと見ればc0ban(コバン)が確実に入手できるということでもあるので、気長に待てる人や地道にコツコツとc0ban(コバン)を集めたい人にとってはさほど気にならないデメリットかもしれません。

0x(ZRX)の相場チャート・価格推移

ここで、c0banの現在の相場チャートをみてみましょう。
2018年2月3日現在、c0banは以下のように価格推移しています。

年末年始を挟んで価格は少しずつ上昇傾向を見せ、2018年1月15日には1RYO=1,500円を超えています。現時点ではここがピークで、その後緩やかに1RYO=1,000円程度まで下降しています。

現在は下降傾向にあるように感じられますが、今後c0banに新たな動きがあれば再び大幅な価格変動が起きることも予想されます。

元のクラウドセール頃の価格が120円だったとこを考えると10倍の伸びを見せており、大きく価格を伸ばした通貨といえますね。

c0ban(コバン)アプリの使い方

ここでは、記事内で何度か登場した「c0ban(コバン)アプリ」の使い方を解説していきます。

c0ban(コバン)アプリ内でのc0banを無料で獲得する手順

「c0ban(コバン)アプリ」はiOS、Androidに対応しています。どちらも無料で利用することが可能です。

利用方法はとても簡単です。

  1. アプリをダウンロード
  2. トップページに広告動画の一覧が表示されるので、気になるものをタップ
  3. 選んだ広告動画が流れる(早送り機能等はありません)
  4. 広告動画視聴後、表示される小判のアイコンをタップ
  5. c0ban(コバン)を獲得!

アプリのダウンロードさえ完了していれば、たった4ステップでc0ban(コバン)を獲得することができます!

c0ban(コバン)は1つの広告動画あたり0.008RYO〜0.04RYOになっています。
コツコツ貯めたい方にはオススメの方法です。
 

c0ban(コバン)が購入できる取引所

ここでは、c0ban(コバン)が購入できる取引所や購入方法、手数料についてみていきましょう。

c0ban取引所

c0ban(コバン)は、2018年2月現在はc0ban取引所でのみ購入することができます。

c0ban(コバン)は、2018年2月の現時点では、c0ban取引所にて日本円との相対取引のみが可能です。ドルや他の外国通貨との取引はできません。

同様に、現時点ではbitcoinなどの他の仮想通貨との取引もできません。しかし、取引所に「CBN/BTC(準備中)」と表示されていることから、今後他の仮想通貨との取引が開始されると予想されます。

c0ban取引所の口座開設方法

続いて、c0ban取引所でのc0ban(コバン)の購入方法についてです。c0ban取引所を利用するためには、口座開設をする必要があります。

c0ban取引所の口座開設は以下の手順で行います。
 

  1. 「新規会員登録」をクリック
  2. メールアドレスおよびログインパスワードを入力
  3. 取引用パスワードを設定
  4. メール認証を確認してログイン(ここまででアカウント開設完了)
  5. プロフィールを入力、携帯番号登録
  6. SMS認証
  7. 登録完了

上記の7ステップで口座開設完了です。

この時点ではクラスは「スタンバイ」となっており、取引はできません。
取引ができるクラスにアップグレードするためには、SMS認証本人確認が必要となります。

本人確認書類は「運転免許証」「運転履歴証明書」「パスポート」の3種のみで、本人確認書類を提出し(セルフポートレートも必要)、郵送にて本人確認が完了すれば全てのサービスを利用できるようになります。
 

c0ban取引所での購入方法

さて、口座開設ができたらc0ban(コバン)を購入してみましょう。

c0ban取引所でc0ban(コバン)を購入するには、まず日本円を入金する必要があります。
購入手順をまとめると以下のような順序になります。
 

  1. 入金画面から入金したい金額を入力
  2. 振込先の銀行口座が表示されるので、金額を振り込む
  3. 買値レートを参照しつつ、購入したいRYOの枚数を画面に入力
  4. 「指値で買う」をクリック
  5. 購入完了

なお、口座に金額を振り込んでから反映されるまで、おおよそ1時間程度待つ必要があります。

(c0ban(コバン)を購入できる取引可能クラスにアップグレードするためには、SMS認証と本人確認が完了していなければなりません)

c0ban取引所の手数料

c0ban取引所は、現時点では売買の際の手数料は無料です。

また、c0ban取引所に開設した口座に入金する際の手数料も無料になっています(振込手数料は必要です。金額は各銀行ごとに異なります)。

ただし、日本円を出金する際には手数料として800円または出金額の0.1%(どちらか大きい方)が必要となります。

c0ban(コバン)の入金・出金も無料ですが、どちらもブロックチェーンc0ban(コバン)のトランザクション使用料(0.0001RYO)が別途かかります。

c0ban(コバン)のマイニング方法とおすすめウォレット

c0ban(コバン)は株式会社LastLootsが販売しているマイニングマシーンによってマイニングを行うことができます。

また、c0ban(コバン)にはc0ban walletというウォレットがあり、現在はWebウォレットのみの提供がされています。
送金・受金のみのオーソドックスな仕様のウォレットとなっています。

c0ban(コバン)の今後の将来性

c0ban(コバン)は、そのスタートがクラウドファンディングでの偉業であったことから、ポジティブにもネガティブにも捉えられている仮想通貨です。

c0ban(コバン)の価格は、400円代を推移している時期が続いた後、2017年秋以降は1,000円代と倍以上の価格となっており、現在はほぼこの価格をキープしています。

2018年1月前後は非常に好調で、2018年1月15日の終値では1,500円を超え、時価総額が300億円を突破したことからも、c0ban(コバン)の今後に期待が寄せられていることが伺えます。

c0ban(コバン)は現時点では円との取引のみですが、今後ビットコインや他の仮想通貨との取引が開始されれば、価格が大幅に変動することも予想されます。

取引所においても同様で、c0ban取引所以外の取引所で扱われるようになれば、更なる飛躍が期待できるでしょう。
これら2つが現実になれば、価格の上昇も大いに期待できます。

また、2018年1月31日に二段階認証が実装されたことは、c0ban(コバン)にとって追い風になるのではないかと考えられます。

仮想通貨c0ban(コバン)は、これから有力株へと成長していく仮想通貨なのかもしれません。

c0ban(コバン)まとめ

以上、仮想通貨c0ban(コバン)についてみてきました。

c0ban(コバン)は国産の仮想通貨で、当初の価格は400円前後だったものの、現在では1,000円を超えて倍以上の価格に成長しています。2018年1月15日終値では1,500円を超え、その後は1,000円代に落ち着いていますが、今後新たな展開が追い風となってまた価格が上昇する可能性が待っているかもしれません。

また、実際に利用できる店舗がある、c0banアプリで手軽にc0ban(コバン)を集めることができるなど、魅力的な面がある仮想通貨でもあります。

現時点で取引できるのは円のみ、扱われている取引所はc0ban取引所のみと非常にこぢんまりとした仮想通貨ですが、今後ビットコインとの取引が実装されたり、扱われる取引所が増えることで化けて価格が上昇する可能性は捨てきれないと言えます。

さらに、仮想通貨で重要な開発陣のメンバーの部分もc0banはしっかりしている人材を集めていると言えます。

そして、一番c0banが今後伸びると感じさせたポイントとしてはやはりSBIが投資をしたということですね。
Ripple(リップル)などの世界でもトップクラスで有望な通貨を推しているSBIの会長の北尾さんの会社が投資をしたということは、将来有望である可能性が高いといえますね!

今後の展開に期待して、c0ban(コバン)を購入して持っておいても良いかもしれません。

また、今後大きく伸びるかもしれない通貨に投資をしたいのなら、海外取引所がおすすめです!
特におすすめはバイナンスです!

バイナンスは今後世界を変える可能性があるという世界規模の通貨が多くあり、今後大きく価格を伸ばす可能性があります。

口座開設はメールアドレスだけで無料でたった1分でできます!ぜひこの機会に口座開設をおすすめします!

ThumbBinance(バイナンス)取引所の登録方法から口座開設までの使い方まとめ! | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

この記事を読んだ方はこちらも読んでいます

Thumb仮想通貨Komodo(コモド/KMD)とは?特徴・チャート・購入方法(買い方)・取引所・将来性 | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]
Thumb仮想通貨Counterparty(カウンターパーティー/XCP)の特徴やチャートからみた今後の価格や将来性 | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]
Thumb仮想通貨Iconomi(イコノミ/ICN)とは?特徴・チャート・購入方法(買い方)・取引所解説 | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

徹底比較!2018年度版オススメ取引所ランキング


LINEで有力情報をゲット!
仮想通貨関連の注目サービスや海外ニュース、その他有力投資情報を配信!!


仮想通貨最新ニュース btcfeed line@

迷ったらまずこの取引所!初心者の人にオススメ取引所をご紹介!

安心・安全が一番!という人ならbitFlyer

bitFlyerは世界で最もセキュリティの高い取引所!

国内で唯一ハッキングへの補償もしている安心の取引所!

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

☛bitFlyerの口座開設方法はこちらで解説!

☛bitFlyerの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

取引するのに難しい操作が心配という人はGMOコイン

初心者の人でも簡単な操作で、リップルなどの人気仮想通貨が購入可能!

運営企業も上場企業の子会社で運営面も安心!

☛GMOコインの口座開設方法はこちらで解説!

☛GMOコインの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

仮想通貨取引をしているなら持っておくべき取引所!

人気アルトコインの購入なら手数料無料のbitbank!

人気のリップル(Ripple/XRP)を手数料無料で購入ができる!

リップル以外のアルトコイン手数料も無料!

☛bitbankの口座開設方法はこちらで解説!

☛bitbankの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

手数料の安さぶっちぎり!Zaif!

日本の取引所で手数料が最もお得な取引所!

ビットコインは取引すればするほどビットコインをもらえる!

海外取引所を利用するならZaifでのビットコイン購入がおすすめ!!

☛Zaifの口座開設方法はこちらで解説!

☛Zaifの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

人気通貨を唯一レバレッジ取引できるDMM Bitcoin

人気のリップルとネム、ライトコイン等を唯一レバレッジ取引できる!

レバレッジ取引も安心してできる仕組みを取り入れていて安心!

☛DMM Bitcoinの口座開設方法はこちらで解説!

☛DMM Bitcoinの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

関連するまとめ

仮想通貨取引所ランキング

  • No.1bitFlyer(ビットフライヤー)
    Bitflyerビットフライヤーは私もビットコイン取引で頻繁に使っている取引所の一つです!ビットフライヤーのおすすめポイント3つ!
    • ビットコイン取引日本一の使いやすさ!
    • 手数料が安い
    • 保障もあり安心の取引所
    ビットフライヤーの公式サイトはこちら!
  • No.2Zaif(Zaif)
    Zaifザイフは初心者に優しく日本で一番最初にできた仮想通貨取引所です!ザイフのおすすめポイント3つ!
    • 手数料安さ日本一!
    • 独自のサービスで魅力満点!
    • 老舗の信頼できる取引所!
    ザイフの公式サイトはこちら!
  • No.3GMOコイン
    GmoGMOコインは上場企業のグループ会社で安心の取引所です!初心者の簡単にお得に利用ができます!
    • 手数料が安く操作も簡単!
    • 上場会社のグループで安心!
    • FX取引はアプリでもできる!
    GMOコイン公式サイトはこちら!

管理人について

Widget1
仮想通貨のバブルに乗ってミリオネアを目指す26歳の仮想通貨トレーダーです。国立大学を卒業し総合系コンサル会社に入社→仮想通貨にハマり2年で退職し仮想通貨投資暦2年
50万の初期投資から貯金1200万(※2017年11月現在)
元々はフィンテック関連企業のアサイン経験からブロックチェーンの勉強をし、途中から投資を始めました。情弱だったことから起きた個人的な失敗談や、技術的な話を理解せずに投資をする友人達の失敗を見て本当に必要な情報を初心者〜中/上級者の方に向けて発信して行こうと思います。
僕が使っている取引所/トレード・保有してるコイン/参加したICOはこちら!

管理人のツイート

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ
Bitflyer side