仮想通貨Basic Attention Token(BAT)の特徴・チャート・購入方法(買い方)・取引所・将来性

仮想通貨Basic Attention Token(BAT)の特徴・チャート・購入方法・購入できる取引所、将来性についてまとめました。仮想通貨Basic Attention Token(BAT)の直近のチャートや取引所での購入方法をチェックしたい方は必見です!

仮想通貨Basic Attention Token(BAT)の特徴・チャート・購入方法(買い方)・取引所・将来性のイメージ

目次

  1. 1仮想通貨Basic Attention Token(BAT)とは?
  2. 2仮想通貨Basic Attention Token(BAT)の特徴
  3. 3仮想通貨Basic Attention Token(BAT)の相場チャート・価格推移
  4. 4仮想通貨Basic Attention Token(BAT)が購入できる取引所一覧
  5. 5仮想通貨Basic Attention Token(BAT)の購入方法の手順
  6. 6仮想通貨Basic Attention Token(BAT)オススメのウォレット
  7. 7仮想通貨Basic Attention Token(BAT)の今後の将来性
  8. 8仮想通貨Basic Attention Token(BAT)まとめ
LINEで情報をゲット!
仮想通貨関連の注目サービスや海外ニュース、その他投資情報を配信!!


仮想通貨最新ニュース btcfeed line@

当サイトで人気の仮想通貨取引所ランキング!
まだ一つしか取引所を持っていない人は必ず複数に登録をして安全に取引をしましょう!
【1位】Zaif(ザイフ)

取引手数料の安さNO.1!本サイト1番のオススメ取引所!

【2位】bitFlyer(ビットフライヤー)

ビットコイン取引量、国内ユーザー数が日本一の信頼できる取引所!

【3位】GMOコイン

初心者の人に1番おすすめ!簡単に取引ができて、しかも手数料も超お得!

【当サイトで今一番人気!】QUOINEX

人気のリップルとネムを両方を日本で唯一現物取引できる取引所!注目のQASHも取引できる!

【今大注目!】DMM Bitcoin

日本で世界で注目のアルトコインを唯一レバレッジ取引できる大注目の取引所!

※【注意】絶対に複数取引所に登録して資産を分散しておきましょう!資産を失うリスクがあります!

仮想通貨Basic Attention Token(BAT)とは?

2017年5月31日に市場公開された仮想通貨「Basic Attention Token(BAT)」
Basic Attention Token(BAT)は専用のブラウザ「Brave」と連動している仮想通貨で、これまでに無い画期的な仕組みを持つ新たな仮想通貨として全世界で注目を集めています。

仮想通貨Basic Attention Token(BAT)の概要

正式名称 Basic Attention Token
通称 BAT、バット
単位 BAT
創業者・開発者 Brendan Eichi
公開日 2017年5月31日
ICO調達額 153250ETH(当時38億円)
発行枚数 10億トークン
上限 15億トークン
購入可能取引所 Binance、Bittrex、
Bitfinex、Liqui

2017年5月31日に公開されたBasic Attention Token(BAT)は、Molillaの前CEOであるBrendan Eichが立ち上げたブラウザ企業「Brave」が開発した仮想通貨です。

イーサリアムベースのブロックチェーンを使用しており、Webブラウザ「Brave」上で取引されます。


ICOの調達資金は153250ETC、ドルに換算にして約3600万ドル、日本円に換算して約38億円で発売からたった24秒で完売しました。

発行枚数は10億トークンですが、その後Basic Attention Token(BAT)の開発が目的で5億トークンが発行されました。今後の追加販売は考えていないそうです。

特筆すべきはBasic Attention Token(BAT)のICO参加者が極めて少ないということ。

実際にBasic Attention Token(BAT)を購入した人はわずか130名で、ICO総額の半分は上位5名の投資家、ICO総額の3分の2は上位20名で占められています。上位5名のうちの一人は2万ETH、日本円に換算して5億円の購入をしたと言います。

仮想通貨Basic Attention Token(BAT)の基本情報

2018年2月5日現在、Basic Attention Token(BAT)は仮想通貨ランキングで56位です。

Basic Attention Token(BAT)は「ファーミング」と呼ばれる仕組みのおかげで広告主、メディア運営者、閲覧者全員にメリットが多い仮想通貨になっています。

一番のポイントは専用のブラウザ「Brave」と連動しているということ以下の4つのメリットが挙げられます。

メリット①:情報提供でBasic Attention Token(BAT)がもらえる
Braveブラウザは閲覧者のデータを匿名で収集し、広告主やメディア運営者に提供しているので、閲覧者はその対価としてBasic Attention Token(BAT)を受け取ることができます。

メリット②:広告閲覧でBasic Attention Token(BAT)がもらえる
Basic Attention Token(BAT)ユーザーがBraveブラウザを使ってメディアに掲載されている広告を閲覧すると、その報酬としてBasic Attention Token(BAT)を受け取ることができます。

メリット③:お気に入りのメディアにBasic Attention Token(BAT)を渡せる
良質な情報が記載されているメディアだった場合はチップとしてメディアに対してBasic Attention Token(BAT)を支払うことができます。

メリット④:爆速ネットサーフィンが可能
Basic Attention Token(BAT)に関係している広告以外をカットする仕組みを持つBraveブラウザのおかげで、ページの読み込みスピードがものすごく速いです。

今のウェブブラウザの問題

現在のウェブブラウザはいくつかの問題を抱えており、全ての問題には以下の4つの立場の人々が関係しています

①広告を掲載して欲しい「広告主」
②アフィリエイトプログラムを運営している「広告管理者」(GoogleアドセンスやA8.netなど)
③広告掲載枠を貸出して広告収入を得ている「メディア運営者」
④情報を得るためにメディアに訪れる「閲覧者」


ウェブブラウザの問題を深く理解するためにはウェブブラウザ界の広告事情を知る必要があるので、簡単に説明をしていきます。

自社の商品を多くの人に知ってもらうために広告を掲載して欲しいと考えている「広告主」は、アフィリエイトプログラムを運営している「広告管理者」にお金を支払って広告掲載を依頼します。

広告収入を得たいと考えている「メディア運営者」はアフィリエイトプログラムに登録をしてメディアのページ上に広告掲載枠を貸出します。

そして情報を得るためにメディアに訪れた「閲覧者」が興味のある広告をクリックまたはその先で商品を購入すると、メディア運営者に広告収入が発生するというのが一般的な広告の仕組みです。

こうした仕組みの中にウェブブラウザの問題が潜んでいます。

より多くの広告収入を得たいと考えるメディア運営者が広告を自動でクリックしてくれるボットを使って違法行為をするということや、不適切だと判断した広告を表示させなくさせることができる広告ブロッカーによって適切な広告が表示されないといったことが起きています。

また、広告をたくさん貼り付けるメディアが多いことで閲覧者に負担がかかっているということも問題になっています。主な問題はページの読み込みが遅いことや読み込む情報量が多すぎて通信費がかさむことに閲覧者はストレスを感じています。

現在のウェブブラウザは閲覧者のためのウェブブラウザというよりは広告主や広告管理者、メディア運営者のためのウェブブラウザになってしまっていると言えるのです

仮想通貨Basic Attention Token(BAT)の特徴

仮想通貨Basic Attention Token(BAT)には独特の特徴があります。ここではその特徴を詳しく解説していきます。

仮想通貨Basic Attention Token(BAT)とBraveブラウザ

BraveブラウザはBasic Attention Token(BAT)専用のウェブブラウザです。

BraveブラウザはBasic Attention Token(BAT)が存在していることで快適なブラウザとして機能しており、逆にBasic Attention Token(BAT)はBraveブラウザを介していることで広く流通しています。

BraveブラウザとBasic Attention Token(BAT)はお互いがお互いの良さを引き出し合っている関係なので、「持ちつ持たれつの関係」であるといえます。

広告を見た人間にBATが支払われる

Braveブラウザでメディアを閲覧している人間が広告を見た場合、広告閲覧をしてくれた対価として閲覧者にBasic Attention Token(BAT)が支払われます。

閲覧者のメリットは以下のようなものが挙げられます。

・広告を見ればBasic Attention Token(BAT)がもらえる
・広告をストレスの対象に感じなくなる
・広告主のメリット
・閲覧者が最後まで広告を見てくれる
・広告のスキップが起きにくい
・商品の購入に繋がる可能性が高くなる

データ提供の対価としてBATが支払われる

BraveブラウザはBraveブラウザを介してメディアを閲覧している人間のデータを匿名で収集し、広告主やメディア運営者に提供することができます。閲覧者にはデータを提供してくれた対価としてBasic Attention Token(BAT)が支払われます。広告主やメディア運営者のメリットは以下のようなものがあります。

・閲覧者の匿名データを受け取ることができる
・広告主は商品開発、広告作成に役立てることができる
・メディア運営者はターゲットを絞ったコンテンツの作成をすることができる

良質なコンテンツにチップとしてBATが払える

閲覧者がBraveブラウザを使ってメディアを閲覧していた際に、そのメディアが良質な情報を記載してくれていると判断した場合は、チップの意味合いでBasic Attention Token(BAT)を支払うことができます

メディアはBasic Attention Token(BAT)のもらえる量が評価の一つと捉え始めるので、良質な情報を増やそうと努力し始めます。こうすることで全体的に良質なメディアが増えていくことが予想できます
 

効率的な広告配信

BraveブラウザはGoogleアドセンスやA8.netなどのその他アフィリエイト広告を非表示にすることができ、Basic Attention Token(BAT)を利用している広告主の広告を表示してくれます

ブラウザの拡張機能である広告ブロックが設定されていてもメディアの管理者や広告主はBasic Attention Token(BAT)は得ることができます。

Braveブラウザが爆速

メディア運営者は広告掲載をしてアフィリエイト収入を得ているわけですが、掲載する広告数を増やせば増やすほどアフィリエイト収入が増えると勘違いしているメディアが多いです。広告が多く掲載されているメディアはその分ページ読み込み速度が遅くなることが問題視されています。

Braveブラウザが目指しているのは「閲覧者にとってストレスフリーなウェブブラウザを作ること」なので、表示速度と読み込み速度がものすごく速く、今表示されているページから次のページへ切り替える際に全くストレスを感じません。

Braveブラウザはその他のアフィリエイト広告をブロックして最低限の広告しか表示させないので、快適にサクサク閲覧することができるのです

管理人”孝太”

(27)

私も普段Braveを利用していますが、本当に速いと思います!
思いサイトを開こうとうすると特に感じますし、仮想通貨関係なくBraveはおすすめです!

ICOは一瞬で40億近くを調達

ICOとは新たな資金調達の一種で、資金を集めたい組織が仮想通貨を発行して資金調達する方法です。

ここ数年でICOを悪用して詐欺まがいなことをする組織が多くなったことで投資家を守るための「ICOに関する規制」が厳しくなり、資金調達をすることが難しくなりました。そんな中、Basic Attention Token(BAT)は一瞬で40億近くの資金調達を実現させました

これは世界の投資家がBasic Attention Token(BAT)の確実な可能性に気づいたことと、実現してほしいと願っていることを意味しており、これまでに無い画期的な仮想通貨だということの証明にもなります。

ThumbIMFの理事:仮想通貨の規制は不可欠と発言。世界中が仮想通貨の規制へ? | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

仮想通貨Basic Attention Token(BAT)の相場チャート・価格推移

(2018年2月5日現在)

このチャートはBasic Attention Token(BAT)の直近3ヶ月の価格チャートです。

12月10日以降から価格が徐々に上がり、12月14日には価格が40円代に到達し、翌年1月1日には80円代手前まで急激に価格が上昇しました。

1月8日には価格が110円代まで急上昇し、直近3ヶ月で最高値を記録。以降は徐々に下降していき、2月1日には40円代を下回って落ち着きを見せています。

仮想通貨Basic Attention Token(BAT)が購入できる取引所一覧

Basic Attention Token(BAT)を購入できる仮想通貨取引所は海外にしか無く、国内の仮想通貨取引所では購入ができません

なので国内の仮想通貨取引所でビットコインなどの仮想通貨を購入し、Basic Attention Token(BAT)の取り扱いがある海外の仮想通貨取引所へ送金をしてから仮想通貨建てでBasic Attention Token(BAT)を購入する必要があります。

Binance

Binanceは中国の仮想通貨取引所です。世界の取引所の中で5本の指に入っており、24時間あたりの取引量世界一になった実績もあります

Binanceにはアフィリエイトプログラムがあり、成果のうち20%を報酬として受け取ることができたり、草コインが多く取り扱われているという特徴があります。ビットコインのフォークコイン付与アナウンスがどこよりも早いのも人気の理由の一つです

Thumbビットコインプライベート(BTCP)が2月28日にハードフォークを予定 | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

Binanceは今後も将来有望な通貨がたくさん上場する可能性が高く、ぜひ持っておきたい取引所です!

口座開設はメールアドレスだけでたった1分でできます!
ぜひこの機会に口座開設をおすすめします!

ThumbBinance(バイナンス)取引所の登録方法から口座開設までの使い方まとめ! | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

Bittrex

Bittrexは現在最も人気のあるアメリカの仮想通貨取引所の一つです。日本語非対応なので英語が苦手な人は一苦労すると思います。

日本で人気のADAコインの売買が可能な仮想通貨取引所だけでなく、アルトコインの取り扱い種類は200種類前後で、世界最大手の仮想通貨取引所Poloniexよりも約3倍もアルトコインの取り扱い数が多いほどです。

公開直後の仮想通貨の取り扱いに強いので、その他の仮想通貨取引所よりも早く購入ができたり、1日の引き出し上限額が高く、100BTCまで可能であったり、取引手数料が0.25%と非常に安いことが特徴として挙げられます。

ThumbBittrex(ビットレックス)取引所とは?特徴と評判を徹底解説! | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

Bitfinex

Bitfinexは香港の仮想通貨取引所で、米ドルを使用した取引高で世界一の実績を持っています。取引できる仮想通貨の数はコインチェックと同じくらいです。英語と中国語の2カ国語のみの対応で、現在は日本語対応していません

2015年、2016年の合計2回盗難被害の経験があるため、セキュリティに力を入れている取引所です。香港と中国の関係が変化する可能性があるので、Bitfinexの規制も大きく変わる可能性があると言われています。

信用取引は3.3倍までなら可能、仮想通貨レンディングは年率15%の利子をもらえます。入金手数料に関しては無料です。

ThumbBitfinex(ビットフィネックス)とは?特徴・手数料・入出金・送金方法! | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

Liqui

Liquiはウクライナの仮想通貨取引所です。ICOしたばかりの価格が安いマイナーな仮想通貨の取り扱いが多かったり、面倒な個人情報の入力がいらないのでその他の仮想通貨取引所に比べて登録が簡単なのが特徴的です。

比較的小さな仮想通貨取引所なので価格変動が1日単位で大きくなりやすく、その他の仮想通貨取引所よりも潰れてしまう可能性も高いと言われています。

ICOしたての仮想通貨は高騰する傾向があるので、高騰するタイミングで購入したい方はLiquiがおすすめであると言えます。

セキュリティに不安という声もあるので、ここに仮想通貨を置いておくことはしないようにしましょう!

仮想通貨Basic Attention Token(BAT)の購入方法の手順

仮想通貨Basic Attention Token(BAT)の購入方法の手順について、おすすめ海外取引所の一つであるBinanceとおすすめの国内取引所の一つであるZaifを例にして説明していきたいと思います。

国内取引所で日本円でビットコインを買う

先述したように、Basic Attention Token(BAT)を購入できる仮想通貨取引所は海外にあり、国内の仮想通貨取引所では直接購入ができません。

まずは国内仮想通貨取引所で口座開設をしてビットコインなどの仮想通貨を購入する必要があります。取り扱っている仮想通貨の種類が多い国内取引所のひとつであるZaifがおすすめです

をの理由はZaifが海外取引所を利用する際に必要になるビットコインを最も安く手に入れることができる取引所だからです!

Zafiはビットコインを取り引きすればするほどビットコインをもらえるので非常にお得な取引所です!

※Zaifはコインの購入方法が「取引」「簡単売買」の2種類がありますが、簡単売買についての購入方法はZaifの購入画面に詳細が記載されているので今回は説明は省略し、取引のみ説明をしていきます。

1.Zaifに日本円で入金をします。入金方法は「銀行振込」「コンビニ入金」「ペイジー入金」の3種類です。

2.ログイン後、画面上部中央の「取引」をクリックします。

3.左上上部のプルダウンをクリックします。「BYC/JPY」を選択します。

4.画面上部中央の注文が「現物買い」になっているかを確認し、「指値注文」か「成行注文」を選択します。

5.指値注文の場合は「1BTCの価格」「買いたい量」を入力後、「買い注文」をクリックすると購入できます。成行注文の場合は「買いたい量」と「買い注文」をクリックして購入ができます。


国内仮想通貨取引所は海外送金用口座の役割にもなるので持っておくと今後も役に立つでしょう。

Binanceへビットコインを送金

Binanceで口座開設ができたら、国内仮想通貨取引所Zaifで購入したビットコインをBinanceへ送金します。

1,Binanceにログイン後、「資産」をクリックします。

2.「預金の引き出し」をクリックします。

3.資産状況が確認できるページが表示されたらビットコインを探し、「預金する」をクリックします。

4.Binanceでビットコイン受け取りの際に使うアドレスが表示されるので、メモをしておきます。

5.Zaifにログインし、「アカウント」をクリックします。

6.「入出金と履歴」をクリックします。

7.ビットコイン(BTC)を選択し、「出金」を選択します。

8.先ほど取得した「受け取り用アドレス」「送金する金額」「送金手数料」「2段階認証トークン」を入力し、出金をクリックして送金完了です。

9.「資産」から「履歴」で送金履歴の確認ができます。

BinanceでBasic Attention Token(BAT)を購入

1.まずはBinanceにアクセスします。

2.メールアドレスとパスワードを入力し、ログインをクリックします。

3.ロボットではないことを証明するために、ピースを合わせるようにボタンを右にスライドさせます。

4.預金の引き出しをクリックします。

5.検索欄でBTCを入力し、BTCの預金をクリックします。

​​​6.BTC預金アドレスが表示されるので、Zaifやウォレットからビットコインを送金します。


Binanceで口座開設ができたら、好きなだけBasic Attention Token(BAT)を購入することができます。

BinanceはBasic Attention Token(BAT)以外にも多くの将来有望な仮想通貨を取り扱っています!
この機会にBinanceでアルトコイン投資を始めてみては?

バイナンスで取り扱われている通貨について詳しく知りたい方はこちら!

Thumb仮装通貨YOYOW(ヨヨー)の特徴・チャート・購入方法(買い方)・取引所・将来性 | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]
Thumb仮想通貨Centra(セントラ/CTR)の特徴・チャート・購入方法(買い方)・取引所・将来性 | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]
Thumb仮想通貨FunFair(ファンフェア/FUN)の特徴・チャート・購入方法(買い方)・取引所・将来性 | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

仮想通貨Basic Attention Token(BAT)オススメのウォレット

Ledger Nano S

Ledger Nano Sは有名なハードウェアウォレットの一つです。セキュリティ能力が非常に高く、オフラインの状態でペーパーウォレットより使い勝手が良いです

Ledger Nano Sは多くの種類の仮想通貨の保存が可能なので、仮想通貨取引に本腰を入れて取り組む方には必須のウォレットと言えます。価格は非常に1万5千円ほどですが、人気がありすぎて品切れになることも多いです

今後仮想通貨投資をするなら自分の資産を守るためにも絶対に持っておくことをおすすめします!

最近はLedger Nano Sを利用した詐欺もあるほどなので、しっかりと公式の代理店で購入することをおすすめします!

Trezor

Trezorも有名なハードウェアウォレットの一つです。セキュリティ能力が高く、Ledger Nano Sと性能がほぼ変わらないくらい高性能です。Ledger Nano SをメインのウォレットにしてTrezorをサブのウォレットにする方も多いです

MyEtherWallet

MyEtherWalletは自分で秘密鍵を管理するウェブウォレットです。

Basic Attention Token(BAT)の金額が大きい方は取引所に保存せず、MyEtherWalletを前述のLedger Nano Sと連携して保管することでとても安全に保管ができるようになります。

MyEtherWalletとLedger Nano Sの連携は簡単にできて、MyEtherWalletの利便性とLedger Nano Sの安全性を両方活かすことができるのでオススメの利用法です!

ちなみにMyEtherWalletをLedger Nano Sを利用しないで使うと正直ハッキングの可能性はぬぐえないためにあまりお勧めはできません。

仮想通貨Basic Attention Token(BAT)の今後の将来性

将来はGoogleに勝てるのか?

Googleはウェブブラウザの規模、アフィリエイトプログラムの規模が大きすぎるので、現状ではBasic Attention Token(BAT)がGoogleに勝つことは難しいと言えます

Basic Attention Token(BAT)はGoogleと競うよりもBraveブラウザとの組み合わせで「専用のウェブブラウザを持つ仮想通貨」「仮想通貨が取引できて、良質なメディアやコンテンツだけが揃っている爆速ウェブブラウザ」というこれまでに無かった唯一の存在になるのではないでしょうか。

仮想通貨Basic Attention Token(BAT)まとめ

今回は仮想通貨Basic Attention Token(BAT)の特徴・価格チャート・購入方法(買い方)・取引所・将来性について解説をしていきました。

Basic Attention Token(BAT)はBraveブラウザを使ってネットを閲覧したり、広告を閲覧するだけでBasic Attention Token(BATを受け取ることができたり、良質な情報が記載されているメディアにBasic Attention Token(BAT)を支払うことができるという画期的な仕組みが世界的に支持されつつあります。

閲覧者が快適なネットサーフィンができるようにするために、余分な広告をカットしてページの読み込みスピードを速くしてくれていることも需要拡大に繋がっていると言えます。一部の機能は実装されていないものもありますが、今後の実装を期待することができるでしょう。

残念ながらGoogleの包囲網や規模が大きすぎるのでBasic Attention Token(BAT)がグーグルに勝ることは考え難いですが、「専用のウェブブラウザを持つ仮想通貨」「仮想通貨が取引できて良質なメディアやコンテンツだけが揃っている爆速ウェブブラウザ」といった新たな地位が確立される可能性は高いと言えます

そうなると、Basic Attention Token(BAT)の価値は大きなものになりますね!
今後に注目です!

将来有望なアルトコインについて詳しく知りたい方はこちら!

Thumb仮想通貨Phore(フォア/PHR)の特徴・チャート・購入方法(買い方)・取引所・将来性 | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]
Thumb仮想通貨aeternity(エターニティ/AE)の特徴・チャート・購入方法(買い方)・取引所・将来性 | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

アルトコイン投資をするなら今回紹介したBinanceとHitBTCはぜひ押さえておきたい取引所です!

世界的にも有名なICOや将来有望な通貨が最近多く出てきていて、それらはBinanceやHitBTCで取り扱われることが多いです!

またこれらの取引所の通貨はまだ価格が安いという特徴もあります!

どちらもメールアドレスだけで無料で口座開設ができるのでこの機会に口座開設をしているのをおすすめします!
Bittrexのようにいつ口座開設ができなくなるかわかりません!

ThumbBinance(バイナンス)取引所の登録方法から口座開設までの使い方まとめ! | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]
ThumbHitBTC取引所の特徴・評判・手数料・購入方法(買い方)を解説! | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

また海外取引所を利用するときは、ビットコインを国内取引所で購入して、海外取引所に送金をする必要があります。

その時に国内取引所は手数料が安いところを選んで利用するのがおすすめです!

国内で手数料が安いのは今回紹介したザイフとDMM Bitcoinです!
ぜひこの機会に口座開設をおすすめします!

Thumbzaifの口座開設からビットコインの入金・買い方まとめ | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]
Thumb仮想通貨取引所DMM Bitcoin(ビットコイン)の登録・口座開設方法【アプリ対応】 | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

徹底比較!2018年度版オススメ取引所ランキング


LINEで有力情報をゲット!
仮想通貨関連の注目サービスや海外ニュース、その他有力投資情報を配信!!


仮想通貨最新ニュース btcfeed line@

迷ったらまずこの取引所!初心者の人にオススメ取引所をご紹介!

安心・安全が一番!という人ならbitFlyer

bitFlyerは世界で最もセキュリティの高い取引所!

国内で唯一ハッキングへの補償もしている安心の取引所!

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

☛bitFlyerの口座開設方法はこちらで解説!

☛bitFlyerの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

取引するのに難しい操作が心配という人はGMOコイン

初心者の人でも簡単な操作で、リップルなどの人気仮想通貨が購入可能!

運営企業も上場企業の子会社で運営面も安心!

☛GMOコインの口座開設方法はこちらで解説!

☛GMOコインの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

仮想通貨取引をしているなら持っておくべき取引所!

人気アルトコインの購入なら手数料無料のbitbank!

人気のリップル(Ripple/XRP)を手数料無料で購入ができる!

リップル以外のアルトコイン手数料も無料!

☛bitbankの口座開設方法はこちらで解説!

☛bitbankの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

手数料の安さぶっちぎり!Zaif!

日本の取引所で手数料が最もお得な取引所!

ビットコインは取引すればするほどビットコインをもらえる!

海外取引所を利用するならZaifでのビットコイン購入がおすすめ!!

☛Zaifの口座開設方法はこちらで解説!

☛Zaifの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

人気通貨を唯一レバレッジ取引できるDMM Bitcoin

人気のリップルとネム、ライトコイン等を唯一レバレッジ取引できる!

レバレッジ取引も安心してできる仕組みを取り入れていて安心!

☛DMM Bitcoinの口座開設方法はこちらで解説!

☛DMM Bitcoinの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

関連するまとめ

仮想通貨取引所ランキング

  • No.1bitFlyer(ビットフライヤー)
    Bitflyerビットフライヤーは私もビットコイン取引で頻繁に使っている取引所の一つです!ビットフライヤーのおすすめポイント3つ!
    • ビットコイン取引日本一の使いやすさ!
    • 手数料が安い
    • 保障もあり安心の取引所
    ビットフライヤーの公式サイトはこちら!
  • No.2Zaif(Zaif)
    Zaifザイフは初心者に優しく日本で一番最初にできた仮想通貨取引所です!ザイフのおすすめポイント3つ!
    • 手数料安さ日本一!
    • 独自のサービスで魅力満点!
    • 老舗の信頼できる取引所!
    ザイフの公式サイトはこちら!
  • No.3GMOコイン
    GmoGMOコインは上場企業のグループ会社で安心の取引所です!初心者の簡単にお得に利用ができます!
    • 手数料が安く操作も簡単!
    • 上場会社のグループで安心!
    • FX取引はアプリでもできる!
    GMOコイン公式サイトはこちら!

管理人について

Widget1
仮想通貨のバブルに乗ってミリオネアを目指す26歳の仮想通貨トレーダーです。国立大学を卒業し総合系コンサル会社に入社→仮想通貨にハマり2年で退職し仮想通貨投資暦2年
50万の初期投資から貯金1200万(※2017年11月現在)
元々はフィンテック関連企業のアサイン経験からブロックチェーンの勉強をし、途中から投資を始めました。情弱だったことから起きた個人的な失敗談や、技術的な話を理解せずに投資をする友人達の失敗を見て本当に必要な情報を初心者〜中/上級者の方に向けて発信して行こうと思います。
僕が使っている取引所/トレード・保有してるコイン/参加したICOはこちら!

管理人のツイート

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ
Bitflyer side