仮想通貨に逆風!インドの次はタイも仮想通貨への規制を強化?

インド財務長官の発言をメディアが誤って解釈したためにビットコインの価格は大きく下がりました。それを受けてアジアでは仮想通貨を売却する人が増えています。今後アジアの国々では仮想通貨をどう取り扱うのかという各国で動きが全く違うので注目が集まります。

仮想通貨に逆風!インドの次はタイも仮想通貨への規制を強化?のイメージ

目次

  1. 1仮想通貨に逆風!インドの次はタイも仮想通貨への規制を強化
当サイトで人気の仮想通貨取引所ランキング!
まだ一つしか取引所を持っていない人は必ず複数に登録をして安全に取引をしましょう!
【1位】Zaif(ザイフ)

取引手数料の安さNO.1!本サイト1番のオススメ取引所!

【2位】bitFlyer(ビットフライヤー)

ビットコイン取引量、国内ユーザー数が日本一の信頼できる取引所!

【3位】GMOコイン

初心者の人に1番おすすめ!簡単に取引ができて、しかも手数料も超お得!

【今大注目!】DMM Bitcoin

日本で世界で注目の通貨を安く手に入れられる最近大注目の取引所!

※【注意】絶対に複数取引所に登録して資産を分散しておきましょう!資産を失うリスクがあります!

仮想通貨に逆風!インドの次はタイも仮想通貨への規制を強化

この記事のポイント!

・仮想通貨に逆風!インドの次はタイも仮想通貨への規制を強化?

インドの財務大臣の発言が思わぬ波紋を呼びビットコインを含む仮想通貨の価格が下がりました。
さらにタイの財務事務次官のSomchai Sujjapongse氏の発言も仮想通貨の規制を強化するもの?
今後はどうなるのか?

タイでもインドに続いて仮想通過の規制?

インドの財務大臣の発言が大きく波紋を広げた昨日。
タイの財務事務次官の発言も注目を集めました。

ちなみにタイはこれまで仮想通貨に対しては比較的寛大な国でしたが、その事務次官はどのようにコメントをしたのでしょうか?

「取締機関からのビットコインなどの仮想通貨取引にありうる危険性などの通達をなしにビットコイン取引を自由に行う事は容認できない。」

Somchai Sujjapongse氏は以上のようにコメントをしました。

このコメントだけではタイは仮想通貨に厳しい姿勢で臨むと考えられます。
しかし、この言葉の真意は全く別のものでした。

タイの財務省や国立銀行やSECという金融取引規制委員会の意図は仮想通貨を規制なしに行うことの危険性を通達をしたかったということです。

このコメントの他にSomchai氏はこのようにも言っています。

「今後数カ月でしっかりとビットコインをどのように取り扱うべきか、その取り締まり機関にしっかりと伝えることが必要になります。
けれども、それは仮想通貨自体を否定しているわけではありません。
ブロックチェーンのテクノロジーそれを有効に使うことで大きな利益を生み出すことができるのです。」

このように発言をしています。

つまりは、今回のタイの大臣の発言は、厳格な規制を敷くといったものではなく、タイは仮想通貨をしっかりと安全に広めるために必要な少しの規制を敷くといったまでなのです。

アジアでの仮想通貨の現状

この1カ月の間に多くのアジアの国が仮想通貨の規制に乗り出すのかどうかの姿勢をはっきりとさせています。

元々、中国とベトナムは仮想通貨の取引を禁止しています。

韓国は再度、仮想通貨の取引の規制をすることはしないとはっきりと明言をしています。

現在、日本とシンガポールは最もアジアでは仮想通貨の取引に対して自由な姿勢で臨んでいる国です。

しかし、仮想通貨の将来はどうなる?

韓国では匿名のアカウントを作成することが禁止され、自分の名前を使わなければならなくなり、韓国のユーザーは個人名でアカウントを開設し利用で自由に取引を続けています。

昨日、インドの閣僚は以下のコメントのように仮想通貨を利用した違法行為を禁止すると述べた

"不正な行為や支払いに利用されているデジタル資産の使用を抑制するための全ての措置を講じる"


この言葉だけをメディアが間違えた認識で伝えて、実際は仮想通貨取引自体を禁止したものではないのに仮想通貨取引自体を禁止するというニュアンスで広まりました。

しかしインドの人たちはそんなことはものともせず取引をしています。

規制がかかろうとも多くの人の関心を集める仮想通貨は今後も注目を集めます。

しかし、多くの人がトレードをすることで資金が集まればビットコインの価格は自然に高まると考えられます。

しかし、各国の姿勢には今後も注目が必要ですね。

Thumbビットコインの価格が下落!インドも仮想通貨規制に乗り出すか!? | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

ちなみにタイは現在、暗号通貨の取引所がBX Thailand一つしかありません。11種類の仮想通貨を許可しており、約1600万ドルの取引量があります。

今後タイでは仮想通貨が”正しく”広がっていくでしょう!

Thailand Cryptocurrency Committee to Clarify Stance, Stricter Regulation

newsbtc,Martin J Young,Feb 2

ビットコインの価格は大きく下げました。
しかし、ビットコインを支持する人がいることで大きく価格は上がる可能性はあります。

9月の中国の規制のタイミングで大きく価格を下げたことや、その他の事象を考えると今後価格が下がり続けるという悲観論が多いですが、むしろ、大きく反発する可能性も大いにあります。

ビットコインが安いうちに購入をするという判断も一ついいのではないでしょうか?

今のうちにビットコインを安く購入できる取引所であるザイフとGMOコインの登録をしておいて、ぜひ次の上昇のタイミングで大きく波に乗りましょう!

この記事を読んだ方はこちらも読んでいます

ThumbTether(テザー)の問題によりビットコイン価格は80%も下落するかも!? | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]
Thumbビットコイン価格予想はグーグル検索だけで十分!?データアナリストのプロの意見 | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]
ThumbゴールドマンサックスがBitcoin(ビットコイン)のトレードはしないと表明? | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

仮想通貨取引所ランキング

関連するまとめ

仮想通貨取引所ランキング

  • No.1bitFlyer(ビットフライヤー)
    Bitflyerビットフライヤーは私もビットコイン取引で頻繁に使っている取引所の一つです!ビットフライヤーのおすすめポイント3つ!
    • ビットコイン取引日本一の使いやすさ!
    • 手数料が安い
    • 保障もあり安心の取引所
    ビットフライヤーの公式サイトはこちら!
  • No.2Zaif(Zaif)
    Zaifザイフは初心者に優しく日本で一番最初にできた仮想通貨取引所です!ザイフのおすすめポイント3つ!
    • 手数料安さ日本一!
    • 独自のサービスで魅力満点!
    • 老舗の信頼できる取引所!
    ザイフの公式サイトはこちら!
  • No.3GMOコイン
    GmoGMOコインは上場企業のグループ会社で安心の取引所です!初心者の簡単にお得に利用ができます!
    • 手数料が安く操作も簡単!
    • 上場会社のグループで安心!
    • FX取引はアプリでもできる!
    GMOコイン公式サイトはこちら!

管理人について

Widget1
仮想通貨のバブルに乗ってミリオネアを目指す26歳の仮想通貨トレーダーです。国立大学を卒業し総合系コンサル会社に入社→仮想通貨にハマり2年で退職し仮想通貨投資暦2年
50万の初期投資から貯金1200万(※2017年11月現在)
元々はフィンテック関連企業のアサイン経験からブロックチェーンの勉強をし、途中から投資を始めました。情弱だったことから起きた個人的な失敗談や、技術的な話を理解せずに投資をする友人達の失敗を見て本当に必要な情報を初心者〜中/上級者の方に向けて発信して行こうと思います。
僕が使っている取引所/トレード・保有してるコイン/参加したICOはこちら!

管理人のツイート

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ
Bitflyer side