分散型取引所(DEX)とは?中央集権型取引所との違いやメリット・デメリット

今回は分散型取引所(DEX)と呼ばれる取引所について詳しく見ていきます。分散型取引所(DEX)と中央集権型取引所の違いについて見ていきましょう!利用を考えている人はこの分散型取引所(DEX)と中央集権型取引所の違いをしっかり理解しておいてください!

分散型取引所(DEX)とは?中央集権型取引所との違いやメリット・デメリットのイメージ

目次

  1. 1分散型取引所(DEX)とは?
  2. 2中央集権型取引所とは?
  3. 3分散型取引所(DEX)のメリット
  4. 4分散型取引所(DEX)のデメリット
  5. 5分散型取引所(DEX)と中央集権型取引所を一覧で比較
  6. 6分散型取引所(DEX)の一覧
  7. 7分散型取引所(DEX)まとめ
LINEで情報をゲット!
仮想通貨関連の注目サービスや海外ニュース、その他投資情報を配信!!


仮想通貨最新ニュース btcfeed line@

当サイトで人気の仮想通貨取引所ランキング!
まだ一つしか取引所を持っていない人は必ず複数に登録をして安全に取引をしましょう!
【1位】Zaif(ザイフ)

取引手数料の安さNO.1!本サイト1番のオススメ取引所!

【2位】bitFlyer(ビットフライヤー)

ビットコイン取引量、国内ユーザー数が日本一の信頼できる取引所!

【3位】GMOコイン

初心者の人に1番おすすめ!簡単に取引ができて、しかも手数料も超お得!

【当サイトで今一番人気!】QUOINEX

人気のリップルとネムを両方を日本で唯一現物取引できる取引所!注目のQASHも取引できる!

【今大注目!】DMM Bitcoin

日本で世界で注目のアルトコインを唯一レバレッジ取引できる大注目の取引所!

※【注意】絶対に複数取引所に登録して資産を分散しておきましょう!資産を失うリスクがあります!

分散型取引所(DEX)とは?

分散型取引所とはDEX(Decentralized Exchange)と呼ばれるタイプの仮想通貨取引所のことです。

分散型取引所の最大の特徴は「取引所の管理者が存在しない」事で、トレーダー同士が直接仮想通貨のトレードをします。

このタイプの仮想通貨取引所は一般的な取引所(中央集権型取引所)とは違い、ブロックチェーンを利用してウォレットから直接トレードするためトレードする際に取引所に仮想通貨を預けなくても良いというメリットがあります。

簡単に言うと、ウォレットから直接仮想通貨をトレードするといえます。

 

中央集権型取引所とは?

分散型取引所(DEX)に対して中央集権型取引所は「取引所の管理者が存在する」仮想通貨取引所のことで、一般的な取引所はこちらに該当します。

中央集権型取引所は分散型取引所(DEX)よりも使いやすい取引所が多いですが、トレードの際に仮想通貨を取引所に預けなければならず、取引所のハッキングリスクなどがついて回ります。

トレードや預けた仮想通貨の安全性は取引所のセキュリティ体制に依存するといえます。

中央集権型取引所には以下のような取引所があります。

Thumb仮想通貨取引所の取り扱い通貨を一覧比較【coincheck・bitFlyer・zaif】 | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]
ThumbBinance(バイナンス)取引所の登録方法から口座開設までの使い方まとめ! | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]
ThumbBittrex(ビットレックス)取引所とは?特徴と評判を徹底解説! | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]
ThumbKraken(クラーケン)取引所の評判・特徴・手数料・入出金方法を解説! | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

分散型取引所(DEX)のメリット

それでは早速分散型取引所(DEX)を利用するメリットを見てみましょう!

本人確認が不必要

まずはじめに注目するのが匿名性です。

分散型取引所(DEX)では中央集権型取引所とは違い、本人確認をせずにトレードに参加することができます。

取引所に登録するさいに本人確認書類の提出や書留郵便などの受け取りがめんどくさいと感じた人も多いかもしれません。

分散型取引所(DEX)は中央管理者がいないためこうした手続きをする必要がなく、すぐにトレードに参加できます。

資金管理を自分自身の管理下でできる

分散型取引所(DEX)ではトレードする仮想通貨を取引所に預けずに自分のウォレットに置いたままにします。

そのため、取引所のシステムがハッキングされて仮想通貨を失ったり、取引所運営会社の破綻に巻き込まれてしまうのを防ぐことができます。

一般的な取引所に仮想通貨を置きっぱなしにするのは危険なのでウォレットに移している人も多いですが、分散型取引所(DEX)ではウォレットから直接トレードすることができるのでそうした手間がかかりません。

24時間365日動いている

分散型取引所(DEX)も中央集権型取引所も基本的に年中無休でトレードすることができます。

しかし、中央集権型取引所の場合、取引所のシステムダウンやサーバダウン、混雑等によってアクセスできなくなったりトレードが停止したりすることがあります。

分散型取引所(DEX)では、P2Pで動作しているためこうしたリスクがなく年中無休でトレードに参加することができます。

ハッキング・GOXしない

中央集権型取引所の最大のリスクがこれです。

2012年のMt.Goxの破綻や2018年のCoincheckのハッキング事件などはかなりの話題になりました。

中央集権型取引所では破綻やハッキングにより取引所のウォレットに被害が出るとトレードが停止するだけでなく、保有していた仮想通貨が失われてしまいます。

分散型取引所(DEX)ではウォレットから直接トレードするため取引所に仮想通貨を預けずに済みハッキングリスクがなく、中央管理者がいないため破綻のリスクもありません

※個人のウォレットのハッキングリスクはあるのでこちらはしっかり管理してください!

システムが落ちることがない

取引所のシステムがダウンしてトレードしたい時にトレードできなかった経験がある人もいるかもしれません。

これは中央集権型取引所はサーバで管理しているために起こる現象です。

しかし、分散型取引所(DEX)ではサーバを使わずP2Pを利用してトレーダー同士が直接トレードしますのでシステム全体がダウンしてしまう心配がありません

トレードシステムの安定性という面で分散型取引所(DEX)は中央集権型取引所に勝ると言えるでしょう。

分散型取引所(DEX)のデメリット

分散型取引所(DEX)のメリットについていろいろ見ていきましたがもちろんデメリットも存在しています。
次は分散型取引所(DEX)のデメリットを見ていきましょう1

取引板が薄く流動性が低い(ユーザーが少ない)

分散型取引所(DEX)は一般的な取引所に比べて知名度が低く、ユーザー数も少なくなっています。

ユーザーが少ないということはトレード量も少ないので全体の流動性が低くなってしまいます。

これにより注文がなかなか約定しなかったりすることがあるかもしれません。仮想通貨のトレードを分散型取引所(DEX)で行う場合の最大のデメリットと言えるでしょう。

取引ペアがない

一般的な取引所の中には膨大な種類の仮想通貨を取り扱っているところもあります。

しかし、分散型取引所(DEX)ではDEXのプラットフォーム上にある通貨のみに限られるのでトレードできる仮想通貨の種類が少なくなっています。

一例としてイーサリアムトークンを利用したDEXならそれを利用している仮想通貨、Bitsharesプラットフォームを利用しているDEXならBitshares上にある仮想通貨などがトレードできます。

Thumbイーサリアムとは?仕組みや購入方法などの基本的なことを解説! | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]
Thumb仮想通貨BitShares(ビットシェアーズ)とは?特徴・チャート・購入方法(買い方)・取引所 | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

サポート体制がない

分散型取引所(DEX)は中央管理者がいないため一切のサポートがありません。そのため、トラブルが発生した場合は全て自分で対応する必要があります。

また、当然保険などもないため自分が保有するウォレットがハッキングされ仮想通貨が盗まれてしまった場合でも全て自己責任になります。

分散型取引所(DEX)では一切のサポートが受けられないという事を忘れないようにしましょう。

いろんなところで小額だが、手数料がかかる

一般的な取引所では何にどれだけの手数料がかかるか明記されています。

しかし、分散型取引所(DEX)では注文する度に少額の手数料がかかるなどのデメリットがあります。ごく少額の手数料とは言え、トレードを繰り返すとある程度の負担になりますので分散型取引所(DEX)を利用する際はよく確認することをオススメします。

分散型取引所(DEX)と中央集権型取引所を一覧で比較

ここまでで分散型取引所(DEX)のメリットとデメリットをチェックしてきました。
次は分散型取引所(DEX)と中央集権型取引所の特徴を比較しながらチェックしてみましょう!

それぞれの特徴は以下の通りです。

 

分散型取引所(DEX)

中央集権型取引所

管理者


自分で管理

取引所運営会社

匿名性

ハッキング・GOXの
リスク


個人のウォレットのリスクは有

使いやすさ

使いにくい 使いやすい

流動性

低い
知名度が上がれば改善される
高い

サポート体制


トラブルなどは自己責任

取引所によって体制は異なる

手数料

トレードごとにかかる 何にかかるか明確
※取引所によって異なる

一覧で比較するとこのようになります。
分散型取引所(DEX)は破綻やハッキングのリスクは無いもののサポート体制がなかったり手数料がいろいろな所でかかってくることがわかりますね。

こうしてみてみると安全性という面で優れているのは分散型取引所(DEX)ですのでこれからユーザーが増えるとともにこうしたデメリットも少しずつ解消されると予想されます。

現時点では多少使いにくい部分もありますが、分散型取引所(DEX)に興味がある人はしっかり調べた上で使ってみるのも良いかもしれません!
 

分散型取引所(DEX)の一覧

まだまだ数が少ない分散型取引所(DEX)ですがどんな取引所があるのか見ていきましょう!

EtherDelta(イーサデルタ)

EtherDelta(イーサデルタ)はイーサリアムのブロックチェーンを利用した分散型取引所です。
そのためイーサリアムをベースとした仮想通貨をトレードすることができます。

EtherDeltaでは2018年1月現在、イーサリアムベースの仮想通貨の全てがトレードできるためとても魅力的な取引所と言えるでしょう!

まだまだ発展途上の取引所であるためエラーが発生したりすることもあるため、利用する際はご注意ください。
また、レート入力ミス等の誤発注もそのまま通ってしまうのでこちらにも注意しましょう!
 

Waves Lite Client(ウェイブスライトクライアント)

Waves Lite Client(ウェイブスライトクライアント)もEtherDeltaと並んで有名な分散型取引所の一つです。


最大のメリットは使い方が簡単なことで、ウォレットをダウンロードするだけで仮想通貨のトレードを行うことができます

さらに、他の分散型取引所とは違い、USDやEURなどの法定通貨も取り扱えるのが特徴となっています。
これからまだまだ伸びていくと予想されている取引所です!

Wavesという仮想通貨の運営する取引所です。Waves自体も将来有望な通貨なので、詳しく知りたい方はこちらで解説しているのでぜひ見てみてください。

Thumb仮想通貨Waves(ウェーブス)とは?特徴・チャート・購入方法(買い方)・取引所解説 | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

0x(ゼロエックス)

0xは分散型取引所プロトコルのオープンソースプロジェクトで、イーサリアムベースで開発されています。
さらに、分散型ファンドマネジメント機能などもありますので今後さらに注目されていくかもしれません。

分散型取引所の基本となるP2Pトレードを発展させる目的で開発されていますので今後開発が進めばさらに使いやすくなるでしょう。

0xが発行しているトークン自体も注目されていますので気になる人はこちらもチェックしてみてください!

Thumb仮想通貨0x(ゼロエックス/ZRX)の特徴・チャート・購入方法(買い方)・取引所・将来性 | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

Counterparty(カウンターパーティー)

Counterparty(カウンターパーティー)はビットコインのブロックチェーン上で動作する分散型取引所です。
最大の特徴は誰でもCounterparty上でトレードされるXCPを基にした仮想通貨を発行することができることです。

今後、仮想通貨を利用したビジネスが加速していけば飛躍的に伸びていくことを期待することができるかもしれませんね。

分散型取引所に興味がある人は必見です!

Thumb仮想通貨Counterparty(カウンターパーティー/XCP)の特徴やチャートからみた今後の価格や将来性 | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

Kyber Network(カイバーネットワーク)

Kyber Network(カイバーネットワーク)はスマートコントラクトを利用して分散型取引所を運営するプロジェクトです。イーサリアムのブロックチェーン上で動作しています

これはただの分散型取引所ではなく、分散型取引所をさらに改良してできたプラットフォームと言えます。

今後の開発予定として、任意のトークンペアをトレードする機能クロスチェーントレードをサポートする機能の実装を予定しています。

イーサリアムベースの分散型取引所はイーサリアムでの決済をするのが普通ですが、任意のトークンペアでトレードできる機能(決済API機能)を利用すれば様々なトークンで決済することができるようになります。

今後の発展から目が離せません!

Openledger(オープンレッジャー)

あまり知られていませんがOpenledger(オープンレッジャー)は世界初の分散型取引所です。Bitsharesのブロックチェーン上で稼働しています。

Openledgerで取り扱っている通貨の種類は少なく、操作がわかりにくいのが難点ですが、手数料が安いため分散型取引所でのトレードを考えている人にはオススメの取引所です。

さらに、トランザクション処理が早いため送金や注文の約定にかかる時間が短く、安定してトレードを行うことができます。
 

Thumb仮想通貨BitShares(ビットシェアーズ)とは?特徴・チャート・購入方法(買い方)・取引所 | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

分散型取引所(DEX)まとめ

今回は分散型取引所(DEX)とはどんなものか、どういった特徴があるのかについて詳しく見ていきました。

毎年のように取引所の破綻やハッキングによる流出事件のニュースを聞きますが、分散型取引所にはこうしたリスクがないため魅力的な取引所なのではないでしょうか?

今はまだ知名度が低く、利用者も少ないため流動性が低くなっていますが、分散型取引所に注目が集まるに連れて今後発展していくことが予想されます。

ウォレットさえ自分でしっかり管理すれば安全にトレードできる取引所ですので興味のある人は分散型取引所を利用してみるものいいかもしれません!

また、今回比較した中央集権型の今ある取引所も一緒に利用しそれぞれの良さを使い分けるのがおすすめです!
普通の取引所でもしっかりとしたサポート体制があるのか?アルトコインの種類は豊富か?ということはとても重要になります。

またしっかりとしたセキュリティ対策がされているのかも大変重要なポイントになります。

そんなポイントをしっかりと抑えたおすすめの取引所は、国内はビットフライヤーとザイフです。

ビットフライヤーは最近Liskが上場するなど今後も注目のアルトコインを上場すると思われますし、国内では最大規模でセキュリティ対策もしっかりとした信頼できる取引所です。
この機会に登録をおすすめします!

またザイフは手数料が安いで有名ですが、現在アルトコインの取扱量では日本一です!
古くからしている取引所で運営もしっかりとされています。(サポートの連絡が遅いとよく言われますが、それは日本の取引所のだいたいどこもそうです。)

それぞれ人気で口座開設に時間がかかるのでこの機会にぜひ登録をおすすめします!

Thumbzaifの口座開設からビットコインの入金・買い方まとめ | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]
ThumbbitFlyerの口座開設からビットコインの入金・買い方まとめ | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

また、DEXを利用する市内に限らず今後仮想通貨は自分の責任でしっかりと安全に管理をすることが必要になります。

便利で安全に管理できる方法としてハードウェアウォレットがあります。

コインチェックのハッキングでも有名になりましたが、やはりコストはかかりますが、ハードウェアウォレットで安全に自分の責任で仮想通貨は管理しましょう!

ハードウェアウォレットの中でオススメは多くの通貨に対応しているLedger Nano Sです!

最近は偽物のLedger Nano Sが出回っているので、ちゃんと公式の販売店での購入を必ずしてください。

Thumbハードウェアウォレットの仕組み・使い方とおすすめを徹底比較! | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

この記事を読んだ方はこちらも読んでいます

Thumbマスターノードとは?仮想通貨TRIGのマスターノードでAMMOが貰えると話題に! | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]
Thumb仮想通貨トークンエコノミーとは?日本円がいらない時代が来る!? | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

徹底比較!2018年度版オススメ取引所ランキング


LINEで有力情報をゲット!
仮想通貨関連の注目サービスや海外ニュース、その他有力投資情報を配信!!


仮想通貨最新ニュース btcfeed line@

迷ったらまずこの取引所!初心者の人にオススメ取引所をご紹介!

安心・安全が一番!という人ならbitFlyer

bitFlyerは世界で最もセキュリティの高い取引所!

国内で唯一ハッキングへの補償もしている安心の取引所!

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

☛bitFlyerの口座開設方法はこちらで解説!

☛bitFlyerの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

取引するのに難しい操作が心配という人はGMOコイン

初心者の人でも簡単な操作で、リップルなどの人気仮想通貨が購入可能!

運営企業も上場企業の子会社で運営面も安心!

☛GMOコインの口座開設方法はこちらで解説!

☛GMOコインの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

仮想通貨取引をしているなら持っておくべき取引所!

人気アルトコインの購入なら手数料無料のbitbank!

人気のリップル(Ripple/XRP)を手数料無料で購入ができる!

リップル以外のアルトコイン手数料も無料!

☛bitbankの口座開設方法はこちらで解説!

☛bitbankの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

手数料の安さぶっちぎり!Zaif!

日本の取引所で手数料が最もお得な取引所!

ビットコインは取引すればするほどビットコインをもらえる!

海外取引所を利用するならZaifでのビットコイン購入がおすすめ!!

☛Zaifの口座開設方法はこちらで解説!

☛Zaifの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

人気通貨を唯一レバレッジ取引できるDMM Bitcoin

人気のリップルとネム、ライトコイン等を唯一レバレッジ取引できる!

レバレッジ取引も安心してできる仕組みを取り入れていて安心!

☛DMM Bitcoinの口座開設方法はこちらで解説!

☛DMM Bitcoinの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

関連するまとめ

仮想通貨取引所ランキング

  • No.1bitFlyer(ビットフライヤー)
    Bitflyerビットフライヤーは私もビットコイン取引で頻繁に使っている取引所の一つです!ビットフライヤーのおすすめポイント3つ!
    • ビットコイン取引日本一の使いやすさ!
    • 手数料が安い
    • 保障もあり安心の取引所
    ビットフライヤーの公式サイトはこちら!
  • No.2Zaif(Zaif)
    Zaifザイフは初心者に優しく日本で一番最初にできた仮想通貨取引所です!ザイフのおすすめポイント3つ!
    • 手数料安さ日本一!
    • 独自のサービスで魅力満点!
    • 老舗の信頼できる取引所!
    ザイフの公式サイトはこちら!
  • No.3GMOコイン
    GmoGMOコインは上場企業のグループ会社で安心の取引所です!初心者の簡単にお得に利用ができます!
    • 手数料が安く操作も簡単!
    • 上場会社のグループで安心!
    • FX取引はアプリでもできる!
    GMOコイン公式サイトはこちら!

管理人について

Widget1
仮想通貨のバブルに乗ってミリオネアを目指す26歳の仮想通貨トレーダーです。国立大学を卒業し総合系コンサル会社に入社→仮想通貨にハマり2年で退職し仮想通貨投資暦2年
50万の初期投資から貯金1200万(※2017年11月現在)
元々はフィンテック関連企業のアサイン経験からブロックチェーンの勉強をし、途中から投資を始めました。情弱だったことから起きた個人的な失敗談や、技術的な話を理解せずに投資をする友人達の失敗を見て本当に必要な情報を初心者〜中/上級者の方に向けて発信して行こうと思います。
僕が使っている取引所/トレード・保有してるコイン/参加したICOはこちら!

管理人のツイート

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ
Bitflyer side