estcoin(エストコイン)とは?エストニア政府による世界初のICO!

estcoin(エストコイン)とはエストニア政府が開発を計画している仮想通貨で、政府によるICOは世界初となっています!estcoin(エストコイン)発祥の地エストニアはデジタル化がすさまじく、今回のICOもデジタル化の一環と言えます。

estcoin(エストコイン)とは?エストニア政府による世界初のICO!のイメージ

目次

  1. 1estcoin(エストコイン)とは?
  2. 2エストニア共和国とは?
  3. 3estcoin(エストコイン)の概要
  4. 4estcoin(エストコイン)の購入方法(買い方)
  5. 5estcoin(エストコイン)の将来性
  6. 6estcoin(エストコイン)まとめ
当サイトで人気の仮想通貨取引所ランキング!
まだ一つしか取引所を持っていない人は必ず複数に登録をして安全に取引をしましょう!
【1位】Zaif(ザイフ)

取引手数料の安さNO.1!本サイト1番のオススメ取引所!

【2位】bitFlyer(ビットフライヤー)

ビットコイン取引量、国内ユーザー数が日本一の信頼できる取引所!

【3位】GMOコイン

初心者の人に1番おすすめ!簡単に取引ができて、しかも手数料も超お得!

【当サイトで今一番人気!】QUOINEX

人気のリップルとネムを両方を日本で唯一現物取引できる取引所!注目のQASHも取引できる!

【今大注目!】DMM Bitcoin

日本で世界で注目のアルトコインを唯一レバレッジ取引できる大注目の取引所!

※【注意】絶対に複数取引所に登録して資産を分散しておきましょう!資産を失うリスクがあります!

estcoin(エストコイン)とは?

estcoin(エストコイン)とはエストニア政府が開発を計画しているブロックチェーン技術を用いた仮想通貨の名称で、政府によるICOの計画は世界初となっています!

エストニア共和国は、電子国家とも言われていて、公共ナンバーを電子管理していたり、ネットで選挙の投票ができるなどITを活用したネットワークが整っています。

estcoin(エストコイン)をその一環として、ITを活用したネットワークに仮想通貨を取り込むことで、更なるネットワークの強化を図っていると思われます。

estcoin(エストコイン)はかなり注目されているICOとなっています。今回はこのestcoin(エストコイン)について、購入方法や将来性なども絡めて詳しく見ていきます!

twitterでの評判

estcoin(エストコイン)に対するTwitterでの評判を見てみましょう!

中には、エストニアとestcoin(エストコイン)に惹かれて住民登録をしようと考えている方もいるみたいですね。

実は、e-Residency(電子国民制度)というものを使えば、日本人でも簡単にエストニアの電子国民になることができます。
これに関しては後ほど詳しく説明しますが、実際にエストニアの電子国民になろうと考えている方はTwitterを見た感じだとわりと多いようです。

1月12日午後、総理大臣の安倍首相がエストニア首相との会談のために、エストニアに向かいました。

北朝鮮関係のことなどで、協力体制を構築するために今回の会談があったという報道が表向きの報道ですが、IT先進国であるエストニアの視察のためという見方も出てきています。

エストニアでは、遥かに政府の電子化が進んでおり、国家運営がかなり効率的に行われているので、この可能性もあると思います。

実際に、安倍首相は既にエストニアの電子国民になっているようです。

安倍首相はかなりエストニアに対して思い入れがあるのでしょう!

なんと日本人でもエストニアの電子国民になれば、エストニアで起業できるとのことです。

既に、エストニアで起業している日本人もいるようです。

また、この方はEUドラギ総裁の「EU内に勝手に通貨を作るな」という発言をうけてestcoin(エストコイン)の実現は遠のいたのではないかとの見方をしています。

estcoin(エストコイン)はまだ計画段階なので、どうなるか注目ですね。

エストニア共和国とは?

エストニア共和国は、バルト海とフィンランド湾に接する北欧の国で、ロシア、ラトビアと隣り合っています。

だいたい日本からは飛行機で11時間ほどかかるようです。

IT技術に力を入れている

エストニアの大きな特徴として、IT技術に力を入れているというところがあります。

エストニアはIT先進国としてかなり有名で、世界的に有名なアプリ「Skype」の発祥の地でもあります。

エストニアでは、IT関連の起業家が多く、Taxifyと呼ばれる配車サービスなど様々なスタートアップがあるようです。

また、そういったIT関連の企業が多いというだけでなく、政府もIT技術に力を入れています。

エストニアでは、住所変更や納税などの様々な手続きが、「エスティ」という政府のサイトからいつでもどこでもできるようになっています。

日本で何か市役所で手続きをする場合、平日の日中しか空いていないところがほとんどなので、平日にお勤めの会社員の方は手続きをすることは休みを取らないと難しいです。

しかし、エストニアだと空き時間にネット上で手続きができるため、非常に便利です。


役所の手続きの99%が電子化されているので、区役所を利用する人はほぼおらず、国としても人件費の削減に繋がっているのでかなり合理的なシステムと言えます。

電子政府(e-State)を目指している

また、エストニア共和国は電子政府(e-State)を目指しています。

電子政府(e-State)はネット上に政府を展開するというものです。

電子政府(e-State)を作った理由としては、
 

  • 占領されても国家を残すため
  • 透明化を図るため
  • 生産性を高めるため
  • コスト削減のため

が大きな理由と言われています。


エストニア共和国は1991年までソ連に国家を占領されていたという歴史があります。
そのため、今後ロシアに領土を占領されたとしても、国家が残るように電子政府(e-State)を作っているようです。
電子政府(e-State)があれば、領土が占領されようが、国家自体は占領されません。

また、電子政府(e-State)を作ることで透明化を図ること、生産性を高めることを目指しているようです。

エストニアには、バルト三国の他の国々や旧ソ連のように政治的な汚職がなく、電子政府(e-State)を作ることで透明化を進め、国民の信頼を得ようとしています。

また、コスト削減のためというのは、エストニア共和国の国土が広い、島の数が1500を超える、人口が130万人と少ない、人口密度が低いといったことを加味すると公的機関・民間機関がサービスを提供するにはコストがかかるといったことからきています。

ほとんどのことがネット上で行えるため、非常に便利となっています。

e-Residency(電子国民制度)

エストニア共和国の特徴として、極めつけはこのe-Residency(電子国民制度)です。

先程、安倍首相はこのエストニア共和国の電子国民になっているとお話しましたが、日本人でも簡単に電子国民になることが出来ます。

e-Residency(電子国民制度)に登録し、電子国民になることで世界中の人々がどこからでもエストニア共和国のサービスを受けれるようになります。

日本にいながら、エストニア共和国で法人を作ることも出来てしまいます。
そうすれば、エストニア共和国の行政サービスの恩恵を受けることもできます。

エストニア共和国はこのe-Residency(電子国民制度)によって、電子国民の人口を1000万人にまで増やしたいと計画しています。

世界中にエストニアの電子国民を分散することで、国家が領土や物質といった概念が解き放たれます。

e-Residency(電子国民制度)は新しく、とても画期的な制度ですね。

estcoin(エストコイン)の概要

続いて、estcoin(エストコイン)の概要です。

プロジェクト概要

estcoin(エストコイン)は、エストニアのIT化が進んでいる社会システムを更に加速させる仮想通貨となっています。

estcoin(エストコイン)を導入し、活用をすすめようとはしていますが、開発、トークン設計は進んでおらず、ICOに関してもまだ計画段階に留まっています。当然、購入はまだできません。

estcoin(エストコイン)を発行するためのICOを行う目的は、e-Residency(電子国民制度)の資金源にすることとなっています。

estcoin(エストコイン)のICOによって、e-Residency(電子国民制度)の資金源が集まり、更にエストニア共和国の電子国民が増えれば、estcoin(エストコイン)を購入する人が増え、価値も上がっていくでしょう!

プロジェクトのメンバー

estcoin(エストコイン)のプロジェクトメンバーを見ていきましょう!

estcoin(エストコイン)はまだ開発が始まってはいませんが、このestcoin(エストコイン)という概念を提唱した人物はKaspar Korjus氏となっています。

この方は、e-Residency(電子国民制度)の制度設計にも関わっていて、この方を中心にestcoin(エストコイン)の開発がなされていくと言われています。

また、estcoin(エストコイン)のアドバイザーとして有力と言われているのがイーサリアムの創業者であるVitalik Buterin氏です。

彼はこのestcoin(エストコイン)に関して以前フィードバックを行ったことがあるので、estcoin(エストコイン)のアドバイザーになる可能性があるのではないかと言われています。

estcoin(エストコイン)の購入方法(買い方)

estcoin(エストコイン)はまだ計画段階に留まっており、開発が進んでいないので、estcoin(エストコイン)を購入することができません。

ただ、estcoin(エストコイン)の公式ページからEメールアドレスを登録することで、estcoin(エストコイン)に関する情報を受け取れます。

気になる方は、estcoin(エストコイン)のホームページの真ん中の方にある「Your email address」と書いてある部分にEメールアドレスを入力し、横にある「Sign up」を押すことで登録してみてください!

そう遠くない未来にestcoin(エストコイン)のICOが始まり、購入できるようになるかもしれません。
すぐに購入できるよう、備えておきましょう!

ちなみに、ICOが行われた後に実際にコインが発行され、購入できるようになったら、そのコインは海外の取引所に上場することが多いです。

海外の取引所としてオススメはバイナンスです。
ICOが終わった後にバイナンスに上場するコインも多く、上場した途端に価格が急上昇したコインも多数あります。

中でもバイナンスがサポートしていたICO「GIFTO(ギフト)」はたったの1分でICOを終了し、なんと33億円を調達しました。

バイナンスの力恐るべしです。

将来有望な通貨が多く上場するバイナンスはエストコインも上場するかもしれませんね!

是非バイナンスは登録しておきましょう!

ThumbBinance(バイナンス)取引所の登録方法から口座開設までの使い方まとめ! | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

estcoin(エストコイン)の将来性

estcoin(エストコイン)の将来性について見ていきましょう!

発行された時の価格の上昇の可能性は?

estcoin(エストコイン)が発行されたときの、estcoin(エストコイン)の価格上昇の可能性はあるのでしょうか?

先程も書いた通り、このestcoin(エストコイン)のICOはe-Residency(電子国民制度)の資金源となるものです。

e-Residency(電子国民制度)の資金源が集まり、更にエストニア共和国の電子国民が増えれば、estcoin(エストコイン)を購入する人も増え、価値も上がっていくでしょう!

エストニア政府による世界初のICOは期待大

このestcoin(エストコイン)のICOはエストニア政府によるもので、政府によるICOの計画は世界初となっています。

そのため、とても注目されています。

estcoin(エストコイン)はエストニア政府によるICOということで、かなり信頼できるICOではないかと言われています。

政府によるICOの計画に関してはestcoin(エストコイン)を計画しているエストニア共和国が世界初となっていますが、ベネズエラは政府が既にICOを実行することを決めています。

よって、世界初の政府によるICOの実行はベネズエラとなります。
このベネズエラのICOで発行される仮想通貨は「ペトロ」というもので、価値は天然資源である原油に担保されています。

estcoin(エストコイン)に先駆けて、ペトロはホワイトペーパーを既に公開しています。


今後、政府によるICOが世界中に見られる日もそう遠くないかもしれません。

estcoin(エストコイン)まとめ

estcoin(エストコイン)のまとめを見ていきましょう!

estcoin(エストコイン)についてまとめると、
 

  • estcoin(エストコイン)はエストニア政府による世界初の政府によるICOの計画
 
  • estcoin(エストコイン)の発行で、ITを活用した社会システムの更なる促進
 
  • estcoin(エストコイン)はまだ購入することができず、計画段階

といったことがいえます。

estcoin(エストコイン)は計画段階で、実際に発行されるかはわからず、購入ができないですが世界初の政府によるICOの計画ということで、今後も注目していきたいですね!

ちなみに、ICOが行われた後に実際にコインが発行され、購入できるようになったら、そのコインは海外の取引所に上場することが多いです。

海外の取引所としてオススメはバイナンスです。
ICOが終わった後にバイナンスに上場するコインも多く、上場した途端に価格が急上昇したコインも多数あります。

是非バイナンスで口座開設はしておきましょう!

ThumbBinance(バイナンス)取引所の登録方法から口座開設までの使い方まとめ! | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

また、ICO関連の海外取引所だと、KuCoin(クーコイン)もオススメです。

KuCoin(クーコイン)も同じく、ICO直後のコインを上場させることがあり、KuCoin(クーコイン)に上場した後は、そのコインの価格が急上昇ことも多数あります。

KuCoin(クーコイン)の口座開設もして損はないので、この機会に是非しておきましょう!

ThumbKucoin(クーコイン)の登録方法(口座開設)と入金・出金方法と使い方 | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

また、ICOに参加するためにはビットコインかイーサリアムを購入することが必要になります。

ビットコイン、イーサリアム買うには国内の取引所の登録をする必要があります。

この二つが特に安くおすすめの取引所はザイフで!
もしまだ持っていない人は、ぜひお得な取引所のザイフに登録をしておきましょう!


また、ザイフと同様にお得な取引所としてビットバンクも登録をおすすめします!
コインチェックのハッキング被害ように絶対に安全と言われる取引所は正直あるとは断言できません。

今のうちに分散管理をすることを心がけて、複数の取引所の登録をおすすめします!

Thumbzaifの口座開設からビットコインの入金・買い方まとめ | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]
Thumbbitbank(ビットバンク)の口座開設方法~本人確認の手順【保存版】 | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

この記事を読んだ方はこちらの記事も読んでいます

ThumbEUがブロックチェーン監視所を設立!ブロックチェーンテクノロジーで世界に先行する! | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]
Thumb海外仮想通貨取引所で注目の取引所を比較しおすすめを特徴とともに解説! | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

徹底比較!2018年度版オススメ取引所ランキング

迷ったらまずこの取引所!初心者の人にオススメ取引所をご紹介!

安心・安全が一番!という人ならbitFlyer

bitFlyerは世界で最もセキュリティの高い取引所!

国内で唯一ハッキングへの補償もしている安心の取引所!

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

☛bitFlyerの口座開設方法はこちらで解説!

☛bitFlyerの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

取引するのに難しい操作が心配という人はGMOコイン

初心者の人でも簡単な操作で、リップルなどの人気仮想通貨が購入可能!

運営企業も上場企業の子会社で運営面も安心!

☛GMOコインの口座開設方法はこちらで解説!

☛GMOコインの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

仮想通貨取引をしているなら持っておくべき取引所!

人気アルトコインの購入なら手数料無料のbitbank!

人気のリップル(Ripple/XRP)を手数料無料で購入ができる!

リップル以外のアルトコイン手数料も無料!

☛bitbankの口座開設方法はこちらで解説!

☛bitbankの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

手数料の安さぶっちぎり!Zaif!

日本の取引所で手数料が最もお得な取引所!

ビットコインは取引すればするほどビットコインをもらえる!

海外取引所を利用するならZaifでのビットコイン購入がおすすめ!!

☛Zaifの口座開設方法はこちらで解説!

☛Zaifの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

人気通貨を唯一レバレッジ取引できるDMM Bitcoin

人気のリップルとネム、ライトコイン等を唯一レバレッジ取引できる!

レバレッジ取引も安心してできる仕組みを取り入れていて安心!

☛DMM Bitcoinの口座開設方法はこちらで解説!

☛DMM Bitcoinの評判や口コミについてはこちらにまとめています!

関連するまとめ

関連するキーワード

仮想通貨取引所ランキング

  • No.1bitFlyer(ビットフライヤー)
    Bitflyerビットフライヤーは私もビットコイン取引で頻繁に使っている取引所の一つです!ビットフライヤーのおすすめポイント3つ!
    • ビットコイン取引日本一の使いやすさ!
    • 手数料が安い
    • 保障もあり安心の取引所
    ビットフライヤーの公式サイトはこちら!
  • No.2Zaif(Zaif)
    Zaifザイフは初心者に優しく日本で一番最初にできた仮想通貨取引所です!ザイフのおすすめポイント3つ!
    • 手数料安さ日本一!
    • 独自のサービスで魅力満点!
    • 老舗の信頼できる取引所!
    ザイフの公式サイトはこちら!
  • No.3GMOコイン
    GmoGMOコインは上場企業のグループ会社で安心の取引所です!初心者の簡単にお得に利用ができます!
    • 手数料が安く操作も簡単!
    • 上場会社のグループで安心!
    • FX取引はアプリでもできる!
    GMOコイン公式サイトはこちら!

管理人について

Widget1
仮想通貨のバブルに乗ってミリオネアを目指す26歳の仮想通貨トレーダーです。国立大学を卒業し総合系コンサル会社に入社→仮想通貨にハマり2年で退職し仮想通貨投資暦2年
50万の初期投資から貯金1200万(※2017年11月現在)
元々はフィンテック関連企業のアサイン経験からブロックチェーンの勉強をし、途中から投資を始めました。情弱だったことから起きた個人的な失敗談や、技術的な話を理解せずに投資をする友人達の失敗を見て本当に必要な情報を初心者〜中/上級者の方に向けて発信して行こうと思います。
僕が使っている取引所/トレード・保有してるコイン/参加したICOはこちら!

管理人のツイート

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ
Bitflyer side