ゴールドマンサックスがBitcoin(ビットコイン)のトレードはしないと表明?

Goldman SachsのCEOがCNBCのインタビューで答えた内容を踏まえてトレード部門の存在を否定しているが、Goldman SacksはCircleという仮想通貨を取り扱うベンチャー企業に出資している。また、新しい事業を拡大しようと考えている。真相はどうなのだろうか?

ゴールドマンサックスがBitcoin(ビットコイン)のトレードはしないと表明?のイメージ

目次

  1. 1ゴールドマンサックスがBitcoin(ビットコイン)のトレードはしないと表明?
当サイトで人気の仮想通貨取引所ランキング!
まだ一つしか取引所を持っていない人は必ず複数に登録をして安全に取引をしましょう!
【1位】Zaif(ザイフ)

取引手数料の安さNO.1!本サイト1番のオススメ取引所!

【2位】bitFlyer(ビットフライヤー)

ビットコイン取引量、国内ユーザー数が日本一の信頼できる取引所!

【3位】GMOコイン

初心者の人に1番おすすめ!簡単に取引ができて、しかも手数料も超お得!

【今大注目!】DMM Bitcoin

日本で世界で注目の通貨を安く手に入れられる最近大注目の取引所!

※【注意】絶対に複数取引所に登録して資産を分散しておきましょう!資産を失うリスクがあります!

ゴールドマンサックスがBitcoin(ビットコイン)のトレードはしないと表明?

この記事のポイント!

・Goldman Sachs(ゴールドマンサックス)のCEOがBitcoin(ビットコイン)のトレード部門の開設を否定、その理由は?
Goldman Sachs(ゴールドマンサックス)のCEOがCNBCのインタビューでトレード部門の存在を否定しているが、仮想通貨取引に関わっているという。真相はどうなのだろうか?


・Goldman Sachs(ゴールドマンサックス)の投資先とは?
Goldman Sachs(ゴールドマンサックス)はCircleという仮想通貨を取り扱うベンチャー企業に出資している。そこが仮想通貨に関わる新しい事業を拡大しようと考えている。

Goldman Sachs(ゴールドマンサックス)のCEOがBitcoin(ビットコイン)のトレード部門の開設を否定、その理由は?

GoldmanSachs(ゴールドマンサックス)は最高経営責任者(CEO)のロイド・ブランクファイン(Lloyd Blankfein)は、長い間噂になっていた仮想通貨のトレーディングデスクを開設するという事実を否定した

昨年の10月、ゴールドマンサックスがウォールストリートで最初の主要投資銀行で初の暗号通貨の取引デスクの開設を検討していたという噂がありました。

また、昨年末に、この問題に精通している情報筋は、同社が仮想通貨のトレーディングデスクのスタッフを雇用し、ニューヨークの外で運用を始めたという情報がありました。

しかし、CEOのブランクファイン氏は今月ダボスで開催された世界経済フォーラム(World Economic Forum)でCNBCとのインタビューの中でこれらの噂を拒否しました。

"私達は将来の顧客のためにBitcoin(ビットコイン)の将来がどうなるかの正確な判断をするための調査をしている。私達は一級のブローカーであるから、顧客が取引したいと考えるのなら私達はそれをやるつもりです。"と彼は言ました。

Goldman Sachs(ゴールドマンサックス)はすでにBitcoin(ビットコイン)をトレードしている?本当のところは?

Goldman Sachs(ゴールドマンサックス)のトレーディングデスクはないということ自体は否定しませんでした。

Goldman Sachs(ゴールドマンサックス)はフィンテックベンチャーの筆頭株主です。

Quartzが今週指摘したようにゴールドマンサックスは2015年にCircleというFintech(フィンテック)のスタートアップのために5千万ドルもの資金を投資しました。

そのCircl社は仮想通貨取引所のCircle Tradeを運用し、最低25万ドルから注文を受け付ける大規模な顧客向けの店頭販売(OTC)取引サービスを提供しています。

同社のウェブサイトによると、月額20億ドル相当の仮想通過を直接取引しているため、仮想通貨の大規模な取引業務の一つとなっています。

Goldman Sachs(ゴールドマンサックス)の投資先について

Circle社次の目玉となるサービスは、Circle Investと呼ばれる事業で、3月に開始する予定の小口投資家に手数料のない暗号通貨取引を提供するものです。

投資先がこのようなサービスをしていて、その親会社であるGoldman Sachs(ゴールドマンサックス)は仮想通貨トレードをしていないのでしょうか?

金融大手が参入するとなるとその大きな資金により、仮想通貨の市場全体が大きく動く可能性が高いでしょう。

そうなる前に仮想通貨の取引を始めているのがよいと考えられます。

ぜひこの機会に始めるのなら日本の仮想通貨取引所として大手で信頼感のある取引所をおすすめします!

ビットフライヤーとザイフは日本で最も取引所として長い部類で多くのユーザーに選ばれている取引所です。
今回のコインチェックのハッキング事件からもしっかりとした運営体制の取引所でのビットコイン投資がおすすめです!

Goldman Sachs Isn’t Launching a Bitcoin Trading Desk (Because It Already Owns One)

ccn,Josiah Wilmoth , January 31

この記事を読んだ方はこちらも読んでいます

ThumbbitFlyerのLisk上場でインサイダー疑惑が浮上!?真相は? | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]
Thumbビットコイン価格予想はグーグル検索だけで十分!?データアナリストのプロの意見 | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

仮想通貨取引所ランキング

関連するまとめ

仮想通貨取引所ランキング

  • No.1bitFlyer(ビットフライヤー)
    Bitflyerビットフライヤーは私もビットコイン取引で頻繁に使っている取引所の一つです!ビットフライヤーのおすすめポイント3つ!
    • ビットコイン取引日本一の使いやすさ!
    • 手数料が安い
    • 保障もあり安心の取引所
    ビットフライヤーの公式サイトはこちら!
  • No.2Zaif(Zaif)
    Zaifザイフは初心者に優しく日本で一番最初にできた仮想通貨取引所です!ザイフのおすすめポイント3つ!
    • 手数料安さ日本一!
    • 独自のサービスで魅力満点!
    • 老舗の信頼できる取引所!
    ザイフの公式サイトはこちら!
  • No.3GMOコイン
    GmoGMOコインは上場企業のグループ会社で安心の取引所です!初心者の簡単にお得に利用ができます!
    • 手数料が安く操作も簡単!
    • 上場会社のグループで安心!
    • FX取引はアプリでもできる!
    GMOコイン公式サイトはこちら!

管理人について

Widget1
仮想通貨のバブルに乗ってミリオネアを目指す26歳の仮想通貨トレーダーです。国立大学を卒業し総合系コンサル会社に入社→仮想通貨にハマり2年で退職し仮想通貨投資暦2年
50万の初期投資から貯金1200万(※2017年11月現在)
元々はフィンテック関連企業のアサイン経験からブロックチェーンの勉強をし、途中から投資を始めました。情弱だったことから起きた個人的な失敗談や、技術的な話を理解せずに投資をする友人達の失敗を見て本当に必要な情報を初心者〜中/上級者の方に向けて発信して行こうと思います。
僕が使っている取引所/トレード・保有してるコイン/参加したICOはこちら!

管理人のツイート

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ
Bitflyer side